安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

歩合制が多いタクシー乗務員の仕事は、未経験の人にとって稼げるかどうかの不安を感じることもあるでしょう。

しかし、タクシー会社を上手に選ぶことで働き始めの給与保証が得られる場合もあるのです。
今回は未経験者の転職先としておすすめの日本交通グループを紹介します。

タクシー会社が売上げを大きく左右する

タクシー乗務員の仕事は歩合制であることが多いため個人事業主の様な形態であるともいえます。
しかしタクシー会社に所属し、そのなかで効率よく売り上げを上げるためにはタクシー会社選びが非常に重要です。タクシー会社によってはより多くの顧客を獲得するための独自のサービスを展開している会社もあります。

また、会社の知名度が高い場合にはお客さまからも選ばれやすくなるでしょう。さらに東京都内にタクシー乗り場を多く設置している会社であれば、付け待ちであっても効率よく顧客が得られます。

そこでおすすめなのが日本交通グループです。日本交通グループ交通グループでは六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどといった利用者の多いエリアにタクシー乗り場を設置しています。
そのため安定した売上げが確保しやすいのが特徴です。

またタクシーチケットも全国約10,000と契約していますので、乗客が積極的に日本交通グループのタクシーを利用します。その他にも配車アプリを導入することで近くにいるタクシーを見つけることもでき、さらに多くの利用者を伸ばし続けています。

日本交通グループは乗客にとっても乗務員にとってもよりよいサービスを提供している会社であるといえるでしょう。

充実した制度で働くのが楽しくなる仕事

業界最大手と言われている日本交通グループは、タクシー乗務員にとって魅力的な制度がたくさんある会社です。
未経験者には40万円(3ヶ月)の給与保証があり、初めての仕事に不安がある人も安心して働けます。

タクシードライバーとして必要な2種免許取得にかかる費用も会社が全額負担し、研修期間中には交通費込みで1日あたり1万1000円が支給されます。福利厚生も充実しているのが特徴で、社会保険もしっかりと完備されています。
仮眠室やシャワールームも設けられ、制服の貸し出しや、財形制度、無事故表彰他諸制度などもあります。

保養所も利用できますので、休暇を利用してゆったりと過ごすことも可能です。
さらに野球やゴルフなどのサークル活動もあり、仕事だけでなく充実した毎日が送れます。

その他にも休みが多いのも特徴で、月6~8日でシフトを組んで休む場合と、日曜または月曜の固定休日に加えて他曜日1~2日を休む場合とが選べます。いずれにしても隔日勤務をする場合には乗務終了後は明けであり、その翌日も休みです。
そこに公休を組み合わせることで3~5日間の連休がとれますので、海外旅行などを楽しむこともできます。

日本交通グループならではのサービスでやりがいを実感

日本交通グループでは各分野に特化したドライバーを集めた「エキスパート・ドライバー・サービス」を行っています。
これには「観光」「ケア」「キッズ」の3つの分野があり、このドライバーに選ばれることでより専門的な仕事が任されキャリアアップがある制度です。

タクシーを単なる送迎だけにとどめないこの制度では個人の顧客に対してもハイヤーのような使いやすさを提供します。ワンランク上のサービスであるため、乗務員の多くが参加を希望しています。乗務員数人で構成されているチームでは勤務時間の希望が伝えやすいのも魅力で、残業もないことも魅力です。

まず観光の分野においては東京の観光スポットを巡るため、東京シティーガイド検定を取得している乗務員が優先されます。さらに外国語にも堪能であれば、活躍できるチャンスも多いでしょう。
また、ケアの分野では高齢や体が不自由な人の毎日をお手伝いするサービスです。ホームヘルパー2級の資格を取得している人が望ましいため介護職からの転職者にはおすすめです。
もう一つのキッズではお子様の学校・塾・自宅へと送迎します。

担当乗務員はメディック・ファースト・エイド(MFA)の資格が必要で、ケア輸送講習、普通救命講習(AED)の受講も求められます。
エキスパートドライバーへは最短で1年半でなることが可能ですので、現在の仕事においてこのような専門分野で活躍していた人は、キャリアアップを目指してやりがいを感じながら働ける仕事です。

満足度が高いから長く続けられる仕事です

日本交通グループは乗務員として働いている側からの評判も高く、入社満足度98%誇っています。
彼らがこれほどまでに満足度を感じている理由のひとつにはノルマがないことがあげられます。ノルマがないことで乗務員同士が乗客を争いガツガツ働く必要がなくなります。リラックスした環境のなか、自分のペースを保ってのんびりゆったり働けるのが魅力でしょう。

また、ノルマがないことは未経験のタクシー乗務員にとっても安心して働けるといえます。さらに休暇を自由に取ることもできますので、ストレスを感じることがありません。その結果長く働ける環境が出来上がっているのです。

それでも知名度の高い日本交通グループはお客さまから選ばれるブランド力を確立していますので、月収30万円を稼ぐこともできます。

のんびりゆったりと仕事をしている中でそれだけの収入を得るためには会社の力が非常に重要です。未経験者に安心の日本交通グループは、働きやすさにおいても満足のできるタクシー会社であるといえるでしょう。

働き始めの3ケ月間は40万円の給与保証があることも安心ですので、未経験者からタクシードライバーへの転職を目指している人におすすめの会社です。

東京都内でタクシー乗務員へ転職するなら、業界最大手で売上高も圧倒的No.1の日本交通グループへ!

東京都内でタクシー乗務員へ転職するなら、業界最大手で売上高も圧倒的No.1の日本交通グループへ!

これから東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている方もいるはずです。
その中でもタクシー業界が未経験者の方にとっては、収入から仕事の内容まで、何かと不安を感じることも多いことでしょう。

そこで未経験者の方にもおすすめできる、業界最大手の日本交通グループについて、ここでは紹介します。

月給保証をはじめ、手厚い研修制度やサポート体制があります!

タクシー業界では、タクシー乗務員に対して歩合制を採用する会社がほとんどです。
そのため能力や経験が直接収入に反映するので、努力次第でどんどん稼ぐことが可能です。

その反面、経験の浅い未経験者の方にとっては、仕事に慣れるまで収入が不安定になりがちなのも現実です。

この点、毎年売上高は伸びている業界最大手の日本交通グループなら安心です。
入社後3ヶ月間は月給40万円の給与保証がある上、手厚い研修制度やサポート体制がとても充実しています。

これならば未経験者の方でも、入社1年目から高収入を期待できます。具体的に日本交通グループ入社後のケースを見ると、平均給与は420万円であり、2年目には平均450万円へとさらに上昇します。これは東京都におけるタクシー乗務員の平均給与水準を、充分にクリアしている数値です。また研修制度については、未経験者は1ヶ月をかけて運転スキルをはじめ、接客や地理などをじっくり学べるプログラムが用意されています。さらに研修期間中であっても1万円の日当と交通費が支給されるため、経済的な負担を心配する必要はありません。

このように安心して働ける環境があるのも、業界最大手で売上げも圧倒的No.1の日本交通グループならではと言えるでしょう。

未経験者でも安定して稼げる環境があります!

日本交通グループでは研修段階から、単に接客や運転のスキルにとどまらず、売上に直結する指導を重視します。
研修期間中には熟練の指導スタッフから、お客様の多いルートやエリアを徹底的に学びます。

また各営業所ごとに集計したデータを基づいて、社内での勉強会でお客様の多い時間帯やルート等などのノウハウ情報を、普段から社員同士で共有しています。日本交通グループでは都内の主要拠点に専用乗り場を所有しており、待機時間を減らして切れ目なくお客様を見つけることが可能です。

これならば経験の浅い未経験者の方や、地方から出てきたばかりで地理に詳しくない方でも、効率的かつ安定的に集客できるので安心です。売上に貢献する仕組みでもう1つ忘れてはならないのが、チケット乗車率の高さでしょう。売上や台数規模などトップクラスの日本交通グループでは、約1万社の企業や官公庁と法人チケット契約を結んでおり、単価の高いお客様を安定して確保できるシステムが整っています。

さらにインターネット環境への取り組みにも力を入れており、率先して専用アプリでの配車を推進しています。このため、東京都内の大手タクシー4社の中でもトップクラスの無線配車率を実現しています。
もちろん無線配車を利用するお客様はリピート率や客単価も高いので、売上に大きく反映するのは言うまでもありません。

このように幅広く多彩なシステムにより、お客様の安定した集積があるため、未経験のタクシー乗務員であっても平均水準以上の収入を実現することが可能です。

長期にわたって勤務が可能な、手厚い支援があります!

給与面や売上げ向上の他にも、福利厚生や勤務体制などを通じて、日本交通グループには手厚いサポート環境があります。
福利厚生については、健康保険や年金保険といった各種社会保険をはじめ、財形貯蓄制度や慶弔見舞い、出産祝い金など様々な制度を完備します。

また休暇についても年次有給や特別休暇制度はもちろん、休業期間中に利用できる保養所等までしっかり整っています。
勤務体制についてはワークライフバランスを重視しており、業務中は法規に従い3時間の休憩厳守はもちろん、事前申告による完全シフト制を採用し、法定外の残業や突発的な休日出勤などは一切ありません。

いつでも都合の良い場所とタイミングで休憩したり、自分の体調や能力と合わせながらマイペースで仕事を遂行できます。
これならば経験の浅い未経験者をはじめ、年齢の高いシニアの方や体力的に自信のない女性の方でも、継続的に安心して働き続けることができるでしょう。

また勤務日の翌日は必ず明番か公休になるシフト体制なので、月の半分を休むことができます。
精神的にも肉体的にも余裕をもって癒せる時間がある上、家族との団らんやプライベートを楽しむ時間も増えるなど、豊かで充実した生活を過ごすことが可能です。

キャリアアップしたい向上心のある方にもピッタリ!

日本交通グループではキャリアアップしたい方への支援体制が、他社に比べてたいへん充実しています。
特に「エキスパート・ドライバー」と呼ばれる制度を採用することで、専門分野に特化したタクシー乗務員を養成し、高い付加価値を付けたサービスの提供を実現します。

そしてこのような乗務員の養成に伴って、数多くの多彩な資格取得や講習機会をアシストします。
例えば観光分野に特化したタクシー乗務員については、東京観光ドライバー認定研修や東京シティガイド検定をはじめ、英検2級や東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修などの修得へ向けてサポートします。

また介護福祉分野を専門とするタクシー乗務員であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修などの受講を積極的に推進し、育児支援や高齢社会に役立つ乗車サービスを提供します。
もちろんこれらの資格や研修を受ける際には、会社が費用を負担するので、経済的な心配をすることなくキャリアアップに集中できます。

そのうえ各分野に精通したタクシー乗務員には、お客様からの受注をはじめ運行スケジュールから現場での送迎まで、トータルに担当するポジションになるため、昇給や昇格へのステップアップにも役立ちます。

勤務体系選べる日本交通グループのタクシー乗務員、その魅力とは

勤務体系選べる日本交通グループのタクシー乗務員、その魅力とは

タクシー乗務員にどのようなイメージをお持ちですか?

休日の急な呼び出しや、キツいノルマでしょうか。

ところが、日本交通グループでは、勤務は事前申告のシフト制です。
また、他にも、同グループのタクシー乗務員に転職することで得られるメリットはいくつもあります。以下で具体的に説明していきましょう。

タクシー乗務員に優しい柔軟な勤務体系

日本交通グループのタクシー乗務員は勤務体系選べる非常に魅力的な職場環境となっています。
それは、一言で言えば柔軟性があるという点に尽きます。

例えば、勤務日の「明け」の休日に公休をつけることで連休にすることが可能になりますし、土日祝休みも可です。
そして、出勤の次の日はお休みとなるので、家族と一緒に過ごす時間が増えますし、いつも決まった時間の規則的な生活であることから、慣れてしまえばとても健康的な生活であると言えます。

更に、1日の勤務は15.5‐18時間で、比較的長い乗務時間となりますが、しっかりと合間に休憩を取ることが可能で、合計3時間の仮眠と休憩を取ることができます。この休憩時間は一人の時間を楽しむことができると共に、個人で自由に使える時間なので、自己啓発の学習時間に充てることも可能です。使い方次第では、非常に有意義に過ごせる点が魅力となっています。

なお、月間では11~12回の乗務ですが、週では40時間制となっているので、1日8時間週に5日働く人と変わりません。
また、法定外の残業は禁止されているので、決まった時間に帰れる点もタクシー乗務員には有難い点です。

幅広い年齢層が働ける環境がある

日本交通グループのタクシー乗務員は、20代~70代まで働いているので、非常に幅広い年齢層が働いている職場環境であると言えます。
なお、定年は65才選択定年制を採用しているので、定年後も定時制雇用として働くことが可能になっています。

また、この制度はタクシー乗務員に広く受け入れられていることから、現在400名以上がこの制度で働いています。また、他の会社を定年退職後にタクシー乗務員へ転職をする人もいます。

もちろん、タクシー乗務員には2種免許の取得を求められますが、日本交通グループでは、その教育システムによる指導で短期養成として2種免許が最短9日間で取得できるようになっています。
更に嬉しい点として、この2種免許取得費用が無料となっている点も転職者には非常に有難い点となっています。

他にも、実際にタクシー乗務員となってから走る都内の地理、そしてお客様への接客サービスについて集中的に学ぶ総合研修センターの存在や、営業所への配属後も班長を始めとした先輩乗務員がサポートするシステムなど、手厚いサポート体制が整っていることから、転職者でもスムーズにタクシー乗務員として働ける点が、日本交通グループの特徴です。

理想的な職場環境が日本交通にはあります!

日本交通グループのタクシー乗務員に見られる特徴的な点として、定年まで働く人が多いことが挙げられます。
これは職場環境が良い証であるからであると言えます。なぜから、職場環境が悪ければ、社員が定着しにくいので、定年まで働く人が少なくなるからです。

日本交通の創業者が遺した言葉に『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』というものがあります。
これは、タクシー乗務員が安定して長期間働ける環境、つまり正社員として末永く活躍することが出来る職場環境を整えることこそが、会社、更には業界の発展には不可欠であるとの思いから生まれたもので、今も連綿とその精神は受け継がれています。

離職率の低さは、高い接客力につながり、日本交通グループの評判が上がれば、売り上げも従業員の給与もそれに伴って上がっていきます。

また、従業員の健康を配慮した取り組みにも力を入れていて、その点が評価されたことにより、日本交通グループはタクシー業界初の健康経営格付を取得することも出来ました。

こうした労働環境が整備されている点は、日本交通グループが正に理想的な職場環境である証と言えるでしょう。

転職先の候補に日本交通グループのタクシー乗務員がおすすめです!

以上に加えて、日本交通グループは、全国12,500社の企業とチケット契約を交わしています。
このチケットを利用するお客様は、長距離を利用する確率が高いことから、売上もそれに比例することが見込まれます。

また、東京ミッドタウンや六本木ヒルズなど、お客様の多い場所に日本交通グループ会社しか乗り入れることができない「専用乗り場」が、東京都内に30か所以上配置されています。
これは大手タクシー4社の中でも最多の設置数であり、タクシー乗務員が乗客を確保しやすい環境になっています。

更に、創業約90年で培われたブランド力により、「タクシーは日本交通グループ以外には乗らない」と決めているお客様もいらっしゃいます。このように、日本交通グループのタクシー乗務員に転職すると、あらゆる面で業界ナンバー1の恩恵に浴することが出来ます。ここまであらゆる待遇が揃っている点も、日本交通グループならではと言えます。

これまで、タクシー乗務員への転職を考慮に入れなかった方も、これを読んで考え方が変わったのではないでしょうか。

日本交通グループのタクシー乗務員に転職することは、非常に魅力的な選択肢の一つであると言えるのです。

高年収の転職先を探している方は必見!日本交通グループなら年収790万円を目指せる!収入も夢も期待できる!

高年収の転職先を探している方は必見!日本交通グループなら年収790万円を目指せる!収入も夢も期待できる!

現在の収入に満足できない方の中には、もっと高収入の仕事を探し始めるケースがあるはずです。

そこでおすすめなのが、日本交通グループのタクシー乗務員です。
売上高ナンバーワンの業界最大手なので、高収入も充分に期待できます。

ここではそんな日本交通グループのタクシー乗務員について紹介します。

業界最大手にふさわしい、恵まれた給与水準!

タクシー乗務員への転職を考えている方にとって、まず何と言っても給与面については気になるところでしょう。

まずタクシー業界の場合、歩合制を採用している職場がほとんどなので、努力と工夫次第で売り上げに直結し、当然のことながらそれが給与にも反映します。
ここで日本交通グループの平均的な給与推移を見てみると、入社1年目の時点で既に約420万円の平均給与に達し、2年目にはさらに約450万円へとアップします。

入社後5年目にもなれば、年収790万円を目指せる高年収ゾーンに到達する乗務員も、かなり目立つようになります。この点、東京都全体におけるタクシー乗務員の平均給与が、賞与も含めて約400万円前後で推移している事実と比べると、いかに給与面で日本交通グループが優れているか理解できるはずです。さらに入社して研修後の3ヶ月間は、月給40万円の給与保証付きです。
これならば経験の浅い未経験者の方であっても、仕事に慣れるまでは収入を気にすることなく、落ち着いて集中して働けます。

こういった魅力的な収入条件に惹かれて、業界内でも移動してくる人が多いのも、業界最大手である日本交通グループならではの特徴です。

安定して稼げる、優れた集客システム!

入社後1年目からでも高水準の年収を確保できる日本交通グループですが、もちろんそれには理由があります。

まず研修の段階で、運転や接客スキルのみならず、売り上げアップのためのスキルも重視する点です。

例えば都内の地理を理解する場合でも、時間帯ごとにお客が多いルートやエリアと併せて学びます。これは営業所に配属されてからも社内勉強会のような形で続き、社員同士で情報ノウハウを共有します。
また専用乗場があるから付け待ちしやすい点も、効率的に安定して売り上げをアップできる仕組みとして見逃せません。日本交通グループでは、大手企業の集まるオフィス街をはじめ、大型ターミナル駅前や有名観光地のホテル周辺など、都内の主要な拠点に幾つもの専用乗場を設定しています。
このため、お客を見つけるために流し営業で無駄な時間を費やすことなく、スムーズで効率的な集客が可能です。さらに配車アプリ・無線配車で安定して稼げる営業環境がある点も無視できません。自社内で開発した独自の専用アプリによって、客単価の高いお得意様をピンポイントで集客できるため、ストレートに高年収につながりやすいと言えます。

このようにタクシー乗務員の経験者はもちろん、経験の浅い方や地理に詳しくない方であっても、安心して稼げる万全の体制があります。

手厚いサポート体制で、誰でも長く勤めることが可能です!

タクシー乗務員への転職を考えている方に対し、日本交通グループをおすすめする理由は収入面だけではありません。
業界最大手だから働きやすい、魅力的な制度や工夫がたくさんそろっています。まずタクシー乗務員としてスタートする際には必須である、2種免許取得については会社が全額負担します。福利厚生については、慶弔見舞いをはじめ財形貯蓄制度や無事故表彰制度、自社工場によるマイカー車検修理割引制度といった諸制度がある上、年次有給や産休育休などの休暇制度もバッチリです。
もちろん健康保険や年金保険をはじめ、労災保険や雇用保険といった各種の社会保険も完備しています。また会社と提携している保養所やジムなどの諸施設も利用できるので、休日には心身をしっかりとリフレッシュできるでしょう。

社内ではサッカーや野球をはじめ、釣りや書道、囲碁将棋などのサークル活動が盛んです。仕事以外のプライベートでも仲間をつくる機会が豊富にあるため、仕事にもメリハリがつきます。なお勤務体系については、勤務日の翌日が明番や公休日として必ず休めるシフト制を採用しています。
また事前申告のシフト制なので、突発的な休日出勤ということは一切ありません。さらに勤務時間中は3時間の休息や仮眠を徹底しており、都合のよいタイミングや場所でクルマを停車してゆっくり休めます。

このように無理なくマイペースで働けるので、未経験者の方はもちろん、女性やシニアの方まで長く勤めることが可能です。

向上心のある方に応えられる、充実のキャリアアップ体制!

どうせタクシー乗務員として働くなら、将来へ向けたキャリアアップも含めて、さらにプロとして腕を磨きたいものです。
日本交通グループには、そんな向上心のある方に応えられる環境があります。その代表的なものが「エキスパートドライバーサービス」と呼ばれる、観光・子育て・介護に特化した専門のタクシー乗務員への道です。

これはお客様のニーズをきめ細かくキャッチし、親切丁寧なホスピタリティの精神によって、クオリティの高い乗車サービスを提供するものです。そのためエキスパートドライバーを目指す乗務員に対しては、会社が一体となってバックアップする体制が整っています。

例えば介護に特化した乗務員の養成であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修といった必要資格や研修を、会社の費用負担によって受講できます。
またエキスパートドライバーになると、運行計画の立案から接客までをトータルに担当するので、単なるドライバーではなくジェネラルな管理者としても視野が広がります。実際に、その後も本部スタッフや管理部門へステップアップできる道も開かれています。

このように日本交通グループならば収入も夢も期待できる上、自分を磨いて成長できる環境が豊富にあります。

東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職しても、始めのうちは、どうすれば稼げるか分からず、悩む人も大勢います。タクシー乗務員として成功を収めるために大事なことや、稼ぐための基本的なテクニックを具体的に紹介します。

安全運転が何よりも大切

東京都内でタクシー乗務員に転職した場合、最初は誰でも未経験ですので、分からないことだらけになります。そんな中でタクシー乗務員として成功するために一番大事なことは、「安全運転」になります。会社によっては、事故をしたとしても補償してくれるところもありますが、事故を起こさないに越したことはありません。将来的に黒タクシーの運転手や、ハイヤードライバー、個人タクシーとステップアップを目指すにしても無事故無違反は重要な条件になってきます。

また、無線での配車も事故を起こさないドライバーに優先的に回ってきますので、稼ぎにも大きく関わってくる部分だと言えます。東京都内は、道も複雑ですし、初心者のうちは見込み客を探すだけで精一杯になってしまい、安全確認を怠りがちです。安全に運転するためには、とにかく後ろの車に迷惑にならない範囲で、ゆっくり走ることが肝要です。他にも、合図をなるべく早めに出したり、急発進や急ブレーキは避けること、左折の巻き込みに注意するといった基本的な運転方法に忠実に従うことが大切です。

また、疲れていると、どうしても注意力が散漫になって、事故を起こしやすくなりますので、しっかりと睡眠や食事を取るといった健康管理も重要になってきます。

笑顔や、話し方にも気を配るのは重要

タクシー乗務員として少し慣れてくると、安全運転が段々と身に付いてきて、余裕が出てきます。タクシードライバーとして成功するための次の段階として、より質の高いサービスを目指すことが挙げられます。

タクシー乗務員としての仕事は、運輸業であるだけでなく、接客業でもあることを忘れないようにしましょう。
具体的には、お客さんに対して笑顔を心がけることや、基本的な挨拶をすること、ハキハキと喋るように努力することです。取って付けたような愛想笑いではなく、相手のことを不快にさせたくないという気持ちがあれば、どのように行動すべきかは自ずと分かるはずです。

休日などに、家族や友人を相手に接客技術を試してみて、技術を磨くのも良い方法です。技術を磨かずに、お客さんを怒らせてしまえば、会社にクレームとして連絡が入って指導を受けることになるでしょう。逆に良いサービスをして、お客さんから高い評価を受ければ、指名で予約が入ることになるかもしれませんし、そうならないとしても、会社からの信頼は厚くなり、無線での配車を回してもらえるようになったり、将来のキャリアアップにも有利に働くことになります。

先輩に分からないことは質問する

タクシードライバーとして成長するためには、自分自身の努力が肝要ですが、自分一人の力だけでは限界があります。先輩にわからないことは聞くという態度も、できるだけ早く成長するためには重要です。あまり色々聞いては失礼だとか思うかもしれませんが、頼られて嬉しくない人はいませんので、接客業の練習も兼ねて積極的に聞いてみることをお勧めします。もちろん、プライベートなことなどをただ闇雲に聞くのではなく、お客さんの情報や事務所からの無線の情報、乗り場や付け待ち場所の情報などを聞くようにすれば、自分自身の売上アップにも繋げることができるでしょう。近道や抜け道などの情報も役に立ちます。

他にもタクシードライバーとしての自分の悩みや問題点などを聞いてもらって、アドバイスをもらうこともできます。先輩も通った道ですので、きっと良いアドバイスをもらえるはずです。大抵の会社では、未経験の新入社員に研修を行なっていますが、なかなか同僚の先輩に質問しにくいという場合には、研修の時の教官に聞いてみても良いでしょう。先輩ドライバーと良い関係を築いておけば、事故やクレームの時なども近くにいれば助けてもらえるかもしれません。

稼ぐための基本テクニック

タクシードライバーとして最初のうちは特に、街中を流してお客さんを見つける「流し営業」が基本になります。流し営業では、いかにたくさんのお客さんを乗せるかが稼ぐための大きなポイントになります。回転率を上げるためにできることは、渋滞の少ない道を記憶しておいたり、車を上手に車線変更するなどコントロールして、なるべく信号待ちに掛からないようにすることです。

東京都内では特に信号が多いので、何回も信号待ちに当たると膨大な時間が取られることになります。他にも、お客さんを見つける集中力も重要になってきます。運転している間は常に、安全に注意しながらも、歩行者の動きに集中することです。ベテランドライバーになると、お客さんが手を挙げていないのに、車を近づけて乗せることもあると言われています。そこまでのレベルになるには時間がかかりますが、歩行者の動きに集中していくうちに、そうした能力を身に付けていくことができます。

また、1日の終わりには、その日の営業を必ず振り返って、売上が伸びたにしても減ったにしても、その理由を分析する習慣をつけるようにしましょう。そうすることによって、売上の伸ばし方や、避けた方が良い営業の仕方を自分の中で蓄積していくことができるようになります。

タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

転職市場として人気のあるタクシー業界ですが、特に東京都内のタクシー乗務員になるとメリットが沢山あります。給与面も良く、ライフワークバランスもとりやすい、想像以上の高環境が見込めるタクシー乗務員のメリットとデメリットを見ていきましょう。

年収一千万も夢じゃない!?

タクシー乗務員の給与体系は、基本的に歩合制です。よって、年齢や経験に関係なく高収入が見込めます。一般的なサラリーマンでは、新卒組と転職組で給与体系やキャリアプランが違うケースも見られますが、タクシー乗務員ではそういったことも無く、自分の実力次第でいかようにも給与アップ・キャリアアップが可能です。

特に東京では人口が集中しているため、タクシーの需要も比例して高く、稼ぎやすさも断然高くなります。手取りで月収35万円以上もらえる、年収500~600万円のドライバーも少なくありません。タクシー業界の給与は「安い」というイメージを持たせるデータも多いですが、実際はそんなことはありません。年収平均が300万円前後と言われていますが、年金をもらいながらドライバーをしている人や、副業として勤務しているドライバーも含まれているためこのような結果になっています。

モチベーションの高い方は、年収800万円~1000万円近く稼ぐ方も少なくなく、大手企業のサラリーマンに勝るとも劣らない高収入を得ています。転職してすぐにその高収入を得ることは難しいですが、自分の努力次第ではしっかり稼ぐことのできる夢のある職場です。

休日が多くプライベートが大充実

近年、ライフワークバランスを重要視する方も増えてきていると思いますが、タクシー乗務員は最もライフワークバランスの取りやすい職業の一つです。勤務体系にもよりますが、基本的には1日通して勤務をし、その翌日は休日になるという隔日勤務が取られています。ということは、月の半分は休みということ。

デメリットとして1回当たりの勤務時間は少々長くなりますが、休みが多い分、家族との時間や自分の趣味の時間は間違いなく充実するでしょう。
また、シフト制のため隔日勤務も絶対では無く、平日・週末・短日休み・連休と休みを使い分けられるので、スケジュールもフレキシブルに調整ができます。

都内の大手タクシー会社などでは、短時間勤務も採用していて、子供を持つ女性や、家庭の事情でフルタイムで働けない状況になっても仕事を続けやすい環境ができ始めています。人生、いつ何が起きるかもわかりませんし、どんな状況でも安定して働ける体制が整っているのは嬉しい点です。

有給休暇なども他の職種に比べて気兼ねなく取りやすい環境ですが、休みやスケジュール調整に関しては会社によって様々なので、ご自身に合った福利厚生のある会社を選ぶことが重要です。

キャリアプランが明確!頑張りやすい環境

タクシー乗務員はキャリアパスが明確なので、自身のキャリアアッププランが立てやすく、モチベーションも上がりやすい傾向です。主な方向性として、観光や介護に特化したエキスパート・ドライバー、ハイヤー乗務員や役員付き運転手、個人タクシー、運行管理者などがあり、一般企業のサラリーマンに比べると、非常にシンプルで自分の今やるべきことが明確です。勤務年数を経て、すべてを試しながら自身の可能性をさぐることも可能ですし、はじめから目標を持ちその道のプロフェッショナルになることも可能です。

研修制度が充実している会社も多いので、選ぶ会社によっては給与をもらいながらスキルアップすることもできます。タクシー業界は、会社組織であっても上下関係やつきあいが少ない分、キャリアアップに対しても他人への遠慮が少なくて済みます。余計なことを考えずに、自身のキャリアプランに対して真剣に考え、集中して取り組むことができる環境のため、己との闘いに勝つことができれば、素晴らしい環境や結果を作り出すことができるでしょう。

定年退職も無く、生涯働ける環境なので、自分にとって一番魅力的な環境を作れるでしょう。

今後さらなる展望が見込めるキャリアパスは?

東京都内のタクシー乗務員に関して、観光タクシーや介護のエキスパート・ドライバーは今後さらなる展望が期待できるでしょう。日本全体は現在超高齢化社会と言われていますが、若者が多いイメージのある東京も同様です。急速に高齢者が増えるとともに、必要となってくるのが介護の人材。介護の人材や介護タクシーが足りないと言われている中、タクシー会社によって行われる高齢者や体の不自由な方のお出かけをサポートするサービスは、ますます需要が拡大するでしょう。

観光タクシーに関しては東京オリンピックもあり、日本に来る観光客も年々増加傾向にあるため、こちらも安定した客数が見込めます。介護のエキスパート・ドライバーになるためには、介護職員初任者研修、普通救命技能認定(AED)のスキル、観光タクシーの乗務員になるためには東京シティガイド検定やその他研修を受けるなど、会社によって必要になってくる資格等ももちろんあります。

しかし、興味のある内容であれば、仕事をしながら資格をとったり、それがまた自身のキャリアアップ、収入アップにつながるというのは、前向きに仕事人生を過ごしていく中で大きなメリットになるのではないでしょうか。

タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

東京都内には、大手とされているタクシー会社が4社存在し、これらを構成する大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の頭文字をとって大日本帝国と呼ばれています。今回はこの大手4社の特徴を紹介するので、転職の際の参考にしてみてください。

大和自動車交通の特徴

昭和14年に設立された大和自動車交通株式会社は大和タクシーとも呼ばれ、東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市、立川市、などでも営業を行っています。連結会社や提携会社を併せたタクシーの台数は約2,400台を数え、他にもハイヤー・福祉ハイヤーを保有しています。タクシー業界では初めて株式市場に上場した企業で、現在は東証2部に上場しています。株式が市場で取引される上場を行うためには、安定的な経営が欠かせませんが、これによって資金を入手することができます。よって、経営が安定しており、豊富な資金を持っていることが覗えます。

「大和のおもてなし」の理念の下、サービスの向上に努めており、夜勤のない昼日勤の設置やセキュリティの完備、産休制度や育児休暇といった福利厚生の充実が特徴的です。このため、新卒や中途採用だけでなく、女性でも安心して働くことができ、採用にも積極的です。

給与の固定額は18万円で、歩合率は59%程度となっており、25万円以上の月収が見込めます。ボーナスは年に3回あり、入社して3ヶ月間は月32万円の給与保証が設けられています。また、東京都23区内営業所においては、1年の内4ヶ月間に40万円か、6ヶ月間で35万円の給与保証制度があります

日本交通の特徴

“日本交通株式会社は、全国12,500社の企業と契約し、「大日本帝国」の中でも最多のタクシーを保有する、この業界において最も安定したトップクラスの企業といえます。特定のタクシー会社しか乗り入れることができない「専用乗り場」が、東京都内に28ヶ所と他の大手タクシー4社と比べて最多の設置数で、ドライバーが乗客を見つけやすいのも強みの一つです。

「徳を残そう」の社是の下サービスを展開していて、新卒やI・Uターン者などを、年齢や性別にかかわらず幅広く採用しています。独自に開発した「全国タクシー配車」というアプリで円滑な配車を実現しているのに加え、最短10日で2種免許を無料で取得できるシステムが設けられています。他にも、稼げるタクシー乗務員になるため、力の入った教育が実施されています。

以上のような経緯から、給与の固定額は他社とあまり変わりませんが、トータルでの給与は高くなっているのが特徴です。具体的には、17万4,200円の固定給と率にして約62%の歩合給で、月46万円が目安となります。研修期間は日給1万円に交通費が支給され、研修後の3ヶ月間は月給40万円の保証があるので安心です。

帝都自動車の特徴

帝都自動車株式会社は、東京23区を中心とした都内14ヶ所にタクシー・ハイヤーの営業所を展開し、「帝都タクシー」の愛称で都民に親しまれています。「大日本帝国」の中では比較的規模が小さめで、タクシー保有台数も940台あまりとなっていますが、タクシー業界内において最大手の一角を占める企業であることに変わりはありません。

「人と人とをつなぐ架け橋」を企業理念に掲げ、21歳~64歳程度までであれば、経験や学歴、性別は問わず採用を行っており、最長で73歳まで就業が可能です。独身寮を設置し、交通費は3万円まで支給されるなど、待遇面や福利厚生が充実しており、社員のライフスタイルに寄り添った働きやすい環境が整っている会社です。
給与固定額は19万円で、これに歩合率約59%の歩合給や諸手当、交通費が支給されることで、月34万円~の収入を見込むことができます。賞与は年に3回で、優良運転者表彰制度が設けられているのに加え、最低給与の保証期間が比較的長く、6ヶ月で34万円が支給されます。ただし、研修期間中の給与は日に1万円(一部では7,000円)で、3万円までの交通費が付きます。

国際自動車の特徴

「kmタクシー」としても知られる国際自動車は大正9年に創業し、東京都をはじめ、埼玉、神奈川、千葉でも営業展開しています。また、タクシー事業に止まらず、「国際ハイヤー」や「ケイエム観光バス」といった事業も行っており、国賓の送迎なども手掛けています。

特徴的な制度としては、社員が会社の株式を定期的に購入することで、中長期の資産作りを支援してもらえる制度があります。加えて、会社からの感謝の気持ちを伝える場として、長年の勤続者への永年勤続表彰や、無事故表彰といった社内表彰制度が設けられています。さらに、「ベネフィット・ステーション」と呼ばれる、レジャーやグルメ、スポーツの他、介護など社員の家族も利用できる福利厚生サービスも揃っています。女性の採用に関しては、特設サイトが設置されており、積極的な女性の採用が行われています。全ドライバーに救命講習が課される他、運行管理者や衛生管理者、救急救命といった資格の取得に関するサポートも万全です。

給与については、固定額の18万円に加え、歩合率は59%ほどで、月給は約41万円となっています。年3回のボーナスがあり、配属後3ヶ月間は月に32万円給与を保証してもらえます。

東京都内でタクシー乗務員に転職する方必見!日本交通がおすすめの理由とは?

東京都内でタクシー乗務員に転職する方必見!日本交通がおすすめの理由とは?

東京には多くのタクシー会社がありますが、ドライバー達の勤務形態や待遇はさまざまです。ここでご紹介する日本交通は、80年以上の歴史を持つタクシー会社です。これまでの実績もさることながら、タクシードライバーとして働くに当たっても条件が良いと評判です。日本交通の魅力について、簡単にご説明していきます。

おすすめの理由その1給与のレベルが高い

業界No.1の実績を持つ日本交通は、タクシー乗務員の給与が概して高いという特徴があります。例えば、入社して1年目のスタッフの場合にも、平均年収は400万円前後です。2年目以降はさらに給与の額が上がる可能性があり、長く働いて経験を積むほど稼げるケースが多いです。

こういったタクシー乗務員の平均年収については、公式サイトなどでも一部公開されています。有名企業ならではの待遇が受けられるところは、日本交通がおすすめの理由の1つです。また、入社して間もないスタッフについては、毎月定額の給与を保証する給与保証の制度が適用されます。実のところ、仕事に慣れないうちは思うように稼げないのではないか、と不安を感じてタクシー乗務員への応募をためらっている方は少なくありません。

日本交通では、そういった方の不安を解消するために、数か月間は実績にかかわらず給与保証を行っています。新たにタクシー乗務員に挑戦する方が安心して働けるように、バックアップ態勢を整えているのがこちらの会社のスタイルなのです。経済的な不安で転職を躊躇している方にとっても、安定して働ける給与保証は魅力的な制度になるでしょう。

おすすめの理由その2集客をサポートする制度がある

タクシー乗務員として幸先の良いスタートを切れるように、日本交通ではさまざまな形で集客サポートを行っています。例えば、こちらの会社では、専用のアプリで利用者からの依頼をタイムリーにキャッチできるシステムを導入。従来の無線配車よりも遥かにスムーズに、乗客を獲得できるのがこちらのシステムの利点です。

また、東京都内の各スポットに日本交通専用の待機スペースを設置。このようなスペースに待機をしていれば、乗客を探して街の中を長時間走行することなく、ほぼ確実に乗客を獲得できます。さらに業界No.1の日本交通は、企業や官公庁からも厚い信頼を寄せられており、1万社以上とチケット契約を結んでいます。したがって、半ば優先的に顧客を獲得するチャンスがあります。集客サポート制度が充実している日本交通の場合、未経験で入社をするタクシー乗務員が約9割です。手厚い集客サポートが受けられる点は、未経験で求人に応募をする転職者にとっても、大きな支えとなるでしょう。

タクシー乗務員にとって1つの難関になる顧客の獲得を、楽にクリアできるところは日本交通ならではのメリットと言えます。

おすすめの理由その3キャリアアップを目指せる環境

転職する際には、今後のキャリアについても考えておきたいところ。日本交通の場合は、入社した後にステップアップができる研修や資格取得のサポート制度が充実しています。

日本交通のタクシー乗務員は、仕事内容やスキルによって3タイプに分かれています。一般の乗務員から黒タク乗務員、エキスパート・ドライバーと、順にステップを上がっていけるキャリアパスを用意しているのが日本交通の大きな特徴です。一般乗務員からスタートしても、その後の努力次第ではよりレベルの高い業務をこなすエキスパート・ドライバーになれます。エキスパート・ドライバーになると、観光や介護サポート、子どもの送迎といった専門分野を持って一般のタクシー乗務員以上の業務をこなすことができます。介護や観光、英語に関する資格を所持するなど、専門性が高いのが日本交通で活躍するエキスパート・ドライバー達です。こういったドライバーを目指せるよう、会社側では無料で利用ができる研修などを用意。資格取得の費用もすべて会社側が負担しており、キャリアアップができる環境が整っています

30代や40代の若い方はもちろん、50代以上の方も努力次第で大きく成長できるのがこちらの会社の魅力です。

おすすめの理由その4残業や急な呼び出しがない

タクシー乗務員の仕事は、勤務形態によっては急な呼び出しがかかるなど、不規則になるケースもあります。勤務のシフトが明確に決まっていない場合は、イレギュラーな対応が求められる状況も増えてくるでしょう。日本交通のタクシー乗務員は、事前に決めたシフトにしたがって勤務を行います。事前に休日として設定した日はほぼ確実に休めるため、プライベートとのバランスが取りやすいところも大きなメリットの1つ。基本的に呼び出しなどもなく、オンとオフの切り替えがしやすい職場です。

タクシー業界で問題になりがちなサービス残業も発生せず、働きやすさの点でも高得点です。こういった勤務形態であれば、家庭を持つ女性の方やリタイア後に転職した方でも負担が大幅に減ります。プライベートの予定が立てやすくなりますので、休日を利用してしっかりと家族サービスをしたい方や趣味に没頭したい方にとっても働きやすい職場です。常に呼び出しを気にする必要がなければ、帰宅後は気持ちをリセットしてゆっくりと休めます。

したがって、次の勤務日のためにしっかりと体調を整える上でも、好ましいスタイルと言えるでしょう。

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

人も車も多く、なにかと混雑した印象の東京都内。都内の運転に慣れていないと、普通に運転するだけでも神経をすり減らしてしまう事も多いものです。

「こんな所でタクシー運転手なんて、やっていけるんだろうか?」と不安になるケースも少なくないはず。
お客様を逃さず、事故を起こさない運転の基本を知っておきましょう。

空車時はゆっくりと走りましょう

実車(お客様を乗せている状態)の時は、お客様がイライラしない程度にテキパキと走る事が求められるのは容易に想像がつくでしょう。

しかし、これはあくまで実車の時。地方のタクシーが電話などで呼んでもらいお迎えにあがる無線配車中心であるのに対して、東京都内のタクシーは手を挙げたお客様を乗せる「流し営業」がメインです。空車の時は、いつ手を挙げる方を発見しても停車できるように、歩道や路肩に注意して走らなければなりません。空車と表示しておきながら停まれなくて通り過ぎたとしたら、お客様から見れば「乗車拒否」と言われても仕方ありません。

タクシードライバーにとって「停まれなかっただけ」でも、お客様から見れば違うのです。都会のタクシードライバーにとって、「停まれない」は避けたいことです。

そのため、どんな時でも手を挙げてくれたお客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走るのが基本です。「安全運転の範囲で」と書きましたが、お客様探しに気をとられすぎると後続車のドライバーをイライラさせたり、運が悪ければ追突される事も考えられます。一般車のドライバーにとってタクシーの動きは特殊であるという事も頭に入れておくべきです。

あくまで道路の流れに合わせて、自然なゆっくりめの速度で走りましょう。また、交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まるという事も大切ですね。これも安全運転の範囲で意識して営業しましょう。

常に左側を走行するのが基本!

都内でタクシードライバーに転職すると最初に教えられる事ですが、空車時は乗車してもらいやすくするために左側を走るのが基本です。高速道ではありませんから追い越し車線というわけではありませんが、基本的に右側車線は停車する気のない車の走るレーンです。

右車線を走っていても、毎日のようにタクシーを使うビジネスマンのお客様などは、あるいは手を挙げてくれるかもしれません。

しかし、病院までタクシーに乗りたい高齢のお客様が右車線を走るタクシーに手を挙げるでしょうか?「危ないから次に通るタクシーにしよう」と、あらかじめ辞退されてしまう事も多いのです。手を挙げる事を辞退されてしまうと、タクシードライバーから見ればお客様がいないようにしか見えません。

つまり右車線を走るという事は、潜在的なお客様がいても気づかずに逃してしまうという事なんですね。また、常に左側を走行していれば、せっかく手を挙げてくれたのに停まれなくて乗せられないという事もなくなります。

右車線を走っている時間が長ければ長いほど、営収(タクシー業界でいう売上金)は確実に落ちます。裏を返せば基本をしっかりと守り左車線を走る事が、タクシードライバーの仕事で高い収入を得るコツでもあるのです。

空車時は右折をしない

こんな事を言うと「右に行きたい時はどうするんだ!」と言われそうですが、空車時は右方向に行きたい場合も左折を繰り返して方向転換するようにしましょう。乗車してもらいやすくするために左折で走行を続けるというのは、一流のタクシードライバーも実践しているテクニックの1つです。右折をするためには、一時的とはいえ1番右側の車線を走らなければなりません。右折レーンで信号待ちをしているタクシーと、左車線で信号待ちをしているタクシーがいたら、ほとんどの方は左車線のタクシーに乗ります。これは先述した左側を走るという事と同じ事です。

1日の営業で10回しか右折しないドライバーと、100回右折するドライバーがいたとしたら、営収の差は目に見えて大きいものになるでしょう。実際に営業してみると、どこに行けばお客様がいるかなぁ?という事ばかり考えてしまいがちで、お客様の多いエリアを目指して急いで右折をしてしまうという事もあるでしょう。

しかし、目の前にいるお客様を逃さない事が大切です。こうして左折で入った細い路地に案外お客様がいたり、自分が知らないお客様の多いスポットがあったりするものです。「お客様のいないタクシーに目的地など無い」という事を肝に銘じておきましょう。

基本の積み重ねが力になる!

この記事で書いてきたことは未経験でタクシー会社に転職をしたら必ず教えられる基本的な事ばかりです。しかし、実際の営業経験を積むうちに忘れてしまいがちな事でもあります。

慣れてきて営業の中心エリアが決まってくると、お客様を降ろした後は急いでそこに戻ろうと右車線を飛ばして走ったり、右折を繰り返してしまったり。これは楽だからなのです。タクシードライバーにとって出発地が決まっている事ほど気楽な事はありません。毎回同じ場所から出発すれば、道順も数パターンだけ知っていればOK。

行先もある程度絞られます。しかし、これを毎日繰り返していたのでは道も覚えませんし、お客様を降ろした後は空車で戻ってくるだけになり、営業効率もよくありません。誰でも最初からすべての道をおぼえる事はできません。初心者のうちは道順で神経をすり減らしたり、お客様に教えていただく事も多いでしょう。

しかし、都内で一流のドライバーとして活躍している方の中には地方出身の方や女性もたくさんいます。将来の自分自身のビジョンや収入にしっかりと目標設定をする事が何よりも大切です。

タクシーはやればやっただけ収入で返ってくる仕事。不安もあると思いますが、謙虚な姿勢で基本を忘れずに積み重ねれば、それが自分の力にも収入にもなります。思い切って踏み出してみてはいかがでしょうか。

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

タクシーは、これから国際化や高齢化が進むと予想される日本では、重要になる交通手段だと言われます。
しかしタクシードライバーという仕事は実態があまり知られていません。

タクシードライバーになるメリットとデメリットを解説します。

高収入を得られるタクシードライバー

タクシードライバーとして働くメリットは、まず、その収入の多さです。
東京都のタクシー会社の給与体系は、「固定給+歩合給」であることが多いのです。
最低限の給与は保証された上で、売り上げの一定割合が上乗せされる仕組みです。会社によっては、勤務開始1年間は月給35万円を保証するところもあります

東京都のタクシードライバーの平均年収は約400万円です(一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の資料による)。

しかし、個人の工夫と努力によって、もっと多くの収入を得ることも可能です。売り上げの約半分が、歩合給として手に入りますから、月収50万円以上もらえるドライバーも珍しくありません。一般の会社ではあまり高い給与を得ることができない若い人でも、高額の給与を得ることができる仕事なのです。

ただし、受け身ではいけません。売り上げを増やすために、お客さんが多くいる場所に出て行くことが必要です。「今日はイベントが開かれるあの地区に行ってみよう」「雨が降ってきたから駅の前で待っていよう」など、自分の発想で売り上げを増やせる面白さがあるとも言えます。

タクシードライバーは薄給だと思っている人もいるかもしれませんが、それはイメージであって、実際は高い収入であるケースが多いのです。特に人が集中する東京都内では、タクシードライバーの不足もあって、高収入を得ている人が多くいます。

自由時間が多いタクシードライバー

タクシードライバーは、休みが多い勤務体系だというのもメリットです。
月に12~13日乗務し、休みは月17~18日あります。タクシードライバーの勤務は、一般の会社とはかなり異なっています。朝から乗車すると、翌日の朝か早朝まで、途中で3時間の休憩を取りながら、15時間程度の乗務をします。乗務を終えると、そこから丸1日は休みです。

「乗務・休み」というセットを2回か3回繰り返すと、公休があります。まとめて休みを取ることもできますので、うまくスケジュールを組んで連休にし、海外旅行を楽しむ人もいます。家族サービスや趣味、資格のための勉強などに時間を充てることもいいでしょう。

会社によっては、一般の会社と同じような日勤中心の勤務を設けていることもありますので、家庭の事情などがあれば夜間の乗務を避けることはできます。

いったん勤務に入れば、タクシードライバーは個人事業主のようなものですから、自分で勤務地を選べます。食事や休憩のタイミングも自分で決定できます。他の人に遠慮せずに自分のスタイルを作れますから、お客さんを待っている時間に英会話などの勉強をするドライバーもいます。

安定して長く働け、キャリアアップを目指せる

多くのタクシー会社では、一般ドライバー、黒タクドライバー、エキスパートドライバーなど、ドライバーの段階があり、スキルと経験によって地位がアップしていきます。運転できる車両も良くなりますし、リーダーや管理職に昇進することもできます。

独立して個人タクシーとして働けるようになると、収入もかなり多くなります。そういうキャリアパスがあることも、タクシードライバーになるメリットです。

定年はあっても、延長することができますので、長く働けることもタクシードライバーの魅力の一つです。75歳まで勤務が可能という会社もあるくらいで、高齢でも若い頃と同じような収入を得ることができます。

タクシー業界は安定している業種です。新規参入が難しく、特に外国企業の参入は困難です。他産業では、グローバル化の影響で安い製品が輸入されて利益が落ちることもありますが、タクシー業界にはその心配はありません。むしろ外国人客はタクシーを利用する傾向が強いので、国際化が進むことは業界にとっては望ましいことです。

大学卒、新卒でタクシー会社に就職する人が増えていますが、そのようなメリットに気づいてのことでしょう。
今後ますます外国からの観光客も増えると予想されている東京都のタクシードライバーには、多くの可能性があるのです。

タクシードライバーのデメリットとは?

もちろん、どんな職業にもデメリットはあります。
歩合制を取っていますから、サボってしまうと収入が減るのです。

40・50代で転職すると、前職が管理職などであった場合、以前に比べて給料が減ったと感じる人もいるようです。しかし、中高年で転職して収入が減少するのは、タクシー会社に限ったことではありません。頑張れば高収入を得られるタクシードライバーは、中高年にも魅力ある仕事です。年齢にかかわらず自分の能力を生かして収入を得られることは、タクシードライバーの利点です。

また、慣れていないうちは、夜間の勤務が体力的にキツいと感じる人もいるでしょう。休憩をうまく入れて体調を崩さないように気をつけることが必要です。

また、お客さんとトラブルを起こしてしまう人も、中にはいます。サービス業だということを忘れず、穏やかにお客さんに応対できないといけません。しかし、嫌なお客さんよりは「ありがとう」と感謝してくれるお客さんの方が断然多いのですから、それほど心配は要りません。

地理に不安な人もいるでしょうが、カーナビもありますし、お客さんとうまくコミュニケーションを取っていると、道を教えてもらえますので、意外に大丈夫なのです。地名や道路状況などの勉強やお客さんへの接し方などは、タクシー会社で行われる新人研修を受けて身に付けていきましょう。

タクシードライバーは個人の裁量に任された部分が大きいので、自分から進んでデメリットを克服する姿勢が必要だと言えます。