日本交通グループのタクシー乗務員なら、語学力や子育て・介護の知識を活かした転職ができます

日本交通グループのタクシー乗務員なら、語学力や子育て・介護の知識を活かした転職ができます

語学力や子育て・介護の経験、知識がタクシー乗務員としての仕事に役立つと言ったら、意外に聞こえるでしょうか。

日本交通グループでは、様々なシーンに応じたタクシーのサービスを提供しています。
その中で、今までに貴方が習得した知識や経験を活かせる場があるのです。

以下にその内容をご説明しましょう。

語学力を活かして東京案内のエキスパートに

東京は年間1,000万人以上の外国人観光客が訪れる街です。交通網は発達していて、どこへ行くにも不自由は無いように思えます。

しかし、複雑な東京の地下鉄網など、公共交通機関の利用は、初めて日本を訪れる外国人の中には難しさを感じる人もいます。
それに加え、高齢者となると更に移動が大変になります。そうした背景もあり、タクシーで東京を観光するニーズが高まっています。

それは、タクシーであればお客様の好きな場所へ好きな時間に行くオーダーメイドの観光が可能ですし、タクシー乗務員がプライベートなツアーガイドとなり、訪れた先をご案内する非常に質の高いサービスが受けられるからです。

その際に、貴方の語学力を東京観光への訪日向けにスキルを活かせるのです。まだまだタクシー業界では語学のスキルを持っている乗務員が不足しています。そうした中で、世界との絆を作るパートナーになれる仕事が観光タクシーサービスなのです。

この仕事は、東京観光を楽しみにしている外国人のお客様に対して、おもてなしの心で思い出の1ページ作りをお手伝いをする非常にやりがいのあるミッションであると言えます。

お子様の安心にキッズタクシー

また、タクシー乗務員は、子育て・介護の知識を活かすこともできます。

例えば、子育ての場面ではキッズタクシーがあります。キッズタクシーとは、新生児の退院、赤ちゃんの定期健診、またお子様が入退院をする際に付き添ったり、習い事や塾の送迎をしたりなど、子育ての様々場面をサポートするサービスです。
そして、大切なお子様の安全、そしてご家族の安心に対して貢献することで充実感を得られる非常にやりがいのある仕事です。

このサービスは、まだまだ新しいジャンルですが、昨今の社会情勢とお子様への安全に対する意識の高さから、今後ますます需要の高まりが予想されています。そうした中にあって、子育てで大変なお客様には、貴方の子育て経験や子供が好きといった気持ちを活かせるのです。出産・子育て中のお客様に快適な生活をするためのサポートをすることで、ご家族の笑顔を見た時の喜びは格別の嬉しさがあります。また、サービスを通してお子様の成長する過程を実感した時の喜びも格別です。

なお、初心者の方でも日本交通グループの手厚いサポート体制により、安心してお仕事を始められる環境が整っています。

介護の資格や経験を活かすケアタクシー

そして、介護資格や経験を活かして働けるケアタクシーもあります。
ケアタクシーとは、高齢者や身体が不自由な方がお出かけする際のサポートをする仕事で、買い物や通院、冠婚葬祭やお墓参りなど、様々な移動のシーンで必要とされるサービスです。

また、高齢化社会に伴い、ニーズが拡大していることもあり、今後ますます需要が増えると見込まれているサービスです。そこで、これまでに介護の世界に携わったことで、その資格や経験をお持ちの方には、転職先として候補の一つになる仕事なのです。

貴方が前職で得たスキルや経験を、タクシー乗務員という別の形で社会に役立ててみませんか。世の中には様々な理由から、「出かけたいのに出かけられない」というお客様が大勢いらっしゃいます。

この仕事は、そうしたお客様が、二度と行けないであろうと思っていた場所を訪れるお手伝いをすることで、その感動を分かち合える仕事です。そして同時に、お客様のお役に立てたやりがいを感じることで喜びを得られる満足度の高い仕事でもあります。

お客様が諦めていた夢を叶え、幸せを提供することができる仕事、それがケアタクシーです。

貴方を活かせる仕事、日本交通グループのタクシー乗務員

このように、タクシー乗務員は、語学力を活かす、子育て・介護の知識を活かすなど、これまでに貴方が培ってきたスキルや資格を活かした働き方ができると共に、広くお客様の要望に応えることが可能な仕事です。
しかし、タクシー会社はどこも同じではありません。先ず、大手とそれ以外で大きく違いますし大手の中でも差があるのです。売上高8年連続業界1位の日本交通グループは、創業約90年の伝統ある東京のタクシー会社です。

これまでに積み上げてきた実績と信頼により、「タクシーに乗るなら日本交通」というお客様が大勢、いらっしゃいますし、これは、日本交通グループのタクシー乗務員にとって大きなメリットであり、安定して働ける点と言えます。更に、東京ミッドタウンや六本木ヒルズ、有名百貨店など、お客様が多い場所に日本交通グループのみ入れる専用のタクシー乗り場が配置されています。
お客様が見つからない時でも、この専用乗り場で待機することで、待たずにお客様がいらっしゃいます。これで、空車率を効率良く下げると共に、売上を安定的に確保することが可能になるのです。

更にタクシーチケットの存在も見逃せません。
タクシーチケットとは、日本交通グループのタクシーでのみ利用が可能な専用の小切手に相当するものです。全国約10,000社のお客様と法人チケット契約をしている日本交通グループでは、タクシーチケットをご利用するお客様は、長距離をご利用される確率が高いというデータが出ています。つまり、日本交通グループのタクシー乗務員は、効率的に長距離のお客様を獲得することが可能であると言えます。

また、日本交通グループの平均売り上げ、そして年収は業界トップレベルです。全くの未経験者であっても、万全のフォローアップや実践に即した研修、また電話・アプリや車両設備からの配車などを活用することで、確実な売り上げを作れるタクシー乗務員へと成長します。

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

東京都内のタクシードライバーの求人の多くは完全歩合制や一部歩合制。転職してすぐに稼ぐ人もいれば、思うように稼げない人がいるのも事実です。

では、タクシーで稼げる人と稼げない人との違いはなんなのでしょうか?

最初から稼げる人は…いる!?

東京都内のタクシードライバーの求人を見ると、「入社後◯カ月間は給与保証◯◯万円」というような広告を多く見かけると思います。完全歩合制という勤務体系がほとんどのタクシー業界。給与保証はとても心強いですよね。

しかし、まったくの未経験で入社した人の中にも、最初から保証給以上の金額を稼げる人がいます。どんな人でしょうか?

それは研修や試験を通じて教わった基本を忠実に実行できている人です。例を挙げると、空車時は左側車線をゆっくり走るようにと教わるはずです。当たり前のように思えますが、稼げない人はこれができていません。どこかで怠けてしまったり、忘れてしまっています。

「経験を積んで、道に精通していないと稼げないのではないか?」「お客さんの多いポイントを熟知していないと稼げないのではないか?」こんな風に考えてしまう方も多いでしょう。これらは決して誤りとは言いません。道に詳しい方が稼げるでしょうし、良いポイントを知っていた方が稼げるでしょう。

しかし、保証給程度の金額を稼ぐためには、これらは全く必要ありません。大切なのは簡単な基本動作を馬鹿にせずにしっかりと繰り返す事。これさえできれば新米ドライバーでもちゃんと稼ぐ事ができます。

向上心を持ち続けられるか

タクシードライバーに転職して数カ月もたつと慣れてきます。場所によっては道にも詳しくなり、よく使う抜け道なども覚えてきます。お客さんを乗せるたびに冷や汗びっしょりだったのが、涼しい顔で運転できるようになっているかもしれません。もちろん、これでもそれなりに稼ぐ事はできるでしょう。

しかしこの時期が、さらなる高年収を得る人と、それ以上稼げない人を分ける大きなポイントになります。
仮に上野周辺をメインに営業していたとします。お客さんを乗せて営業区域(営業できる地域。この場合、23区と武蔵野市・三鷹市)の端っこの三鷹市まで行ったら、あなたならどうしますか?基本通りならそのまま営業ですが、三鷹の道は素人同然。上野まで戻れば、また涼しい顔で営業できます。人によっては1時間以上もかけて回送表示を出して帰ってきてしまうかもしれません。

三鷹⇒新宿⇒日本橋…といった具合に、次々に営業できたら、どんなに効率がいいでしょう。最初はナビや地図で調べて頑張っていたはずが、詳しいエリアができてしまった事によって変なプライドや怠け心が生まれるんですね。

営業区域内の道を網羅するまで、ひたすら冷や汗を掻き続けましょう。謙虚な姿勢でお客さんに教えを乞いましょう。日々収入を伸ばしていくためには向上心を持ち続ける事が大切です。

細かい目標設定と自己管理が大切

稼げるタクシードライバーは、営収(売上)から実際に受け取る給与計算をし、日々の営業に細かく目標設定をしています。ばくぜんと「今月は手取りで35万円くらい欲しいなぁ。」ではダメです。月の目標÷出勤日数で出したおおよその日額に、出勤日の曜日などの要素を加味して、1日の目標を定めます。さらに時間帯(早朝・午前・午後・夜・深夜帯)で区切って、1日の目標を達成するにはどのようなペースでいけばいいのかを考えながら仕事に取り組みます。こうした細かい目標設定が無いと、気が付いたら月が終わってしまい「もうちょっと稼ぎたかったなぁ」の繰り返しになりがちです。

また、稼げないドライバーに共通する事は「だらしない」事。タクシードライバーの仕事は、やればやっただけ稼げる仕事ですが、やらなければ稼げない仕事でもあります。出庫して営業に出てしまえば1人きり。頑張るのもサボるのも自由です。人はついつい楽な方に流されて、自分に甘くなってしまうものです。いつでもコツコツと同じ仕事を続けているドライバーは、必ずしっかりと稼いでいます。タクシーに限った事ではありませんが、自己管理が大切なのです。

基本を忘れないドライバーはしっかり稼げる!

いかがでしょうか?タクシードライバーの仕事で稼げる人と稼げない人の違い。それはほんの些細な事の積み重ねなんですね。
当たり前の事をしっかりと継続していけるかどうかが両者を分けるカギです。たしかに東京で一番稼ぐドライバーになるには、特別なテクニックやコツが必要かもしれません。しかしそれは、もっと上のレベルの話。テクニックやコツは基本を積み重ねていった人だけが身につけられるものなんです。

この記事を読んでいただいている方の多くはタクシー未経験の方かと思います。「タクシードライバーに転職してちゃんと食べていけるんだろうか?」と、不安な思いの方もいるのではないでしょうか。

ここまでも書き綴ってきましたが、タクシードライバーは研修などで教えられた基本に忠実に、真面目にコツコツとやっていればしっかりと稼げる仕事です。さらに東京は、企業や店舗・そこで働く多くの人々がひしめく大都市。地方エリアと比べてもタクシー客自体の数も多く、ドライバーの歩合率も高い傾向にあり高年収も十分に期待できます。

しっかりと自己管理をし、真面目に取り組むのなら何一つ不安に思う事はありません。自信をもって飛び込みましょう!

タクシーを利用したい初心者の方、必見!東京のタクシーについて知ろう

タクシーを利用したい初心者の方、必見!タクシーについて知ろう

タクシーは、東京都内および首都圏近県で、もはやなくてはならない交通機関となっています。しかし普段タクシーを利用しない人にとっては、わからないことが多いといえます。
「タクシーってあまり乗ったことがなくて、誰にもいえないけど実は乗り方もよくわからない…」
金額やタクシーの呼び方、サービスも地域や会社によって違いの多いタクシー。
今回は、東京のタクシーの基本情報をまとめてご紹介します。

そもそもタクシーとは

タクシーは、乗車地からお客様の目的地までたどり着ける唯一の輸送機関です。街中で手を挙げるなどの乗車意思を示しご利用いただくのが一般的で、個人や社員の帰宅送迎などに向いています。その一方、ハイヤーは完全予約制で、役員の専属社用や海外のVIPの空港へのお迎えなど車格式が重んじられる状況で、よく利用されることが多いと言えます。

タクシーの料金はどうやって計算している?

タクシー料金は、距離と時間で計算されています。乗る距離が長く、時間もかかれば料金は高くなります。「東京23区、武蔵野市及び三鷹市」のタクシー料金で説明すると、現在の初乗り運賃(1.052kmまで)は410円で、時速10km以下で走行した場合90秒毎に80円加算されます。(高速道路走行時には適用されない。)無線配車の場合は、迎車料金が加算されます。

午後10時から翌朝午前5時までの時間帯は、深夜早朝で割増料金となりタクシー会社によって異なりますが1~2割増となります。(「深夜・早朝割増」を適用していない会社もあります)この深夜・早朝料金は、例えば2割の場合は料金が2割増すのではなく、距離が2割分短くなり計算されます。多くの地域では上記の時間が主流ですが、大阪府、福岡市では午後11時から翌朝午前5時となっています。

出迎えや無線配車は、迎車料金が加算される

タクシー会社によっては、お迎えにあがる際にお迎え料を頂戴する会社があります。そのため、自宅に呼んだ時点ですでに料金がかかっているという事があります。

「お迎え料」は2種類

お迎え地点までの距離に関係なく、「1回呼ぶ事に1台○○円。」と一定額を頂戴する。
金額は100円~400円程度となっています。

お迎えの依頼をした時点で料金メーターが作動し、お迎え地点までの料金を頂戴する。
ただしお迎えの地点までの距離が一定の距離(多くは1.0km~2.0km)を超えたら、初乗り料金以上の金額は請求しない。
この方式だとお迎えの依頼をした時点で、すでにメーターが作動している為、乗ってすぐ料金が上がったという誤解が起き、利用者の評判は良くないです。

タクシー会社の違いは?

街中にあるタクシーは、利用者からみればどこも同じに見えますが、実は会社によってさまざまなサービスがあります。
近年では、日本の社会問題に沿って様々な取り組みをしています。

1、妊婦支援タクシー
事前にタクシー会社にお産する病院や緊急連絡先を伝えておくと、出産の時にスムーズに対応してくれます。

2、こども支援タクシー
子供の塾や、幼稚園の送迎を行うサービスです。

3、携帯電話充電器サービス
車内で携帯電話の充電が行えます。

4、高齢者割引
一定の年齢(地域や会社によって異なります)になると割引が適用されます。

5、和装割引
着物や浴衣で乗車すると1割引になります。

上記以外にもさまざまなサービスがあり、自分にあったタクシー会社を見つければ、利便性はさらに高まります。

タクシー業界の面接の実態とは?面接交通費の支給はあるの?

タクシー業界の面接の実態とは?面接交通費の支給はあるの?

タクシー会社の面接を受けるということ

タクシー業界が注目を集めるようになった近年、就職・転職のための面接は年々厳しくなっているのが実情です。
第二種運転免許を持っていても、面接の結果次第で採用が見送られる場合もあります。
そのためこれからタクシードライバーとして働こうと考えている方に、面接で聞かれる傾向のある質問をご紹介します。

志望動機を具体的に述べる

これはタクシー業界に限らず、どの会社の面接を受けても必ずされる質問です。
この質問の意図は「タクシー業界に入りたい、タクシードライバーになりたい理由」でなく、
『色々なタクシー会社の中から何故ここを選んだのか』ということが問われているのです。
そのため事前に、その会社の勤務形態や給与・営業上のシステムなどの特徴を調べておき、
それを踏まえて答えるのが良いでしょう。

また「何故この業界を志望したのか?」「何故タクシードライバーになろうと思ったのか?」
会社だけでなく、タクシー業界に対してのやる気があるかを問われることも多いです。
特にタクシー業界は業務内容や給与形態などが他の業種と異なり、少し特殊のため
業界の特徴や業務内容を把握しておくことが重要となります。
それに対して「人とコミュニケーションを取ることが好き」「結果を出せばすぐに評価につながることにやりがいを持っている」等、
自分の長所やスキルを活かせる場であることをアピールすると、よりオリジナルの志望動機になります。

過去の事故歴について

タクシードライバーは、お客様を安全運転で確実に目的地へお連れする仕事のため、
今までに重大な事故を起こしている場合は、不採用になる確率が高くなります。
会社側は運転記録証明書を確認するため、嘘をついてもすぐわかってしまいますので素直に伝えましょう。

前の職場を辞めた理由

この質問も転職活動をしている方には、聞かれやすいと思います。
前の会社や職業に不満があっても、それをそのまま伝えるのではなく「自分には合わなかった」という理由に置きかえることです。
また『今はこの業界で頑張りたい、熱意を向けている』というアピールもすると更に良いでしょう。

タクシードライバーの面接を受ける際は、タクシー業界やこの仕事がどういうもので、
どんな人材が求められているのかを予め調べて知っておくことがポイントとなります。
そしてそれらを踏まえながら、自分の長所やスキルを絡め、自分がタクシードライバーの適正を持つ人物であること、
業界や会社の役に立てることを前向きにアピールできるよう、対策を立てておくことが大事となります。

タクシー会社の面接は交通費って支払われる?

求職者としては、転職活動についての資金は出来るだけかけずにしたいものです。
これも業界に限らず、企業によって対応は異なるため一般的には支給か不支給かと回答することは難しいです。
全額を企業側が支給する場合や最終面接のみ支給する場合、全て応募者側が負担する等、様々な対応があります。
しかし現に、会社説明会にクオカードを配布したり、支給限度額ありの交通費支給を支払う会社もあります。
ただ基本的には、面接の交通費は支給されない企業がほとんどのため、気になる企業には同時期に応募し
面接を同じ日に何社か重ねられるように調整するなどスケジュールの組み方を工夫することだけ、交通費の負担は軽減できます。
また説明会の後に面接を実施するところもあるので、時間とお金の面でメリットがあると思ったら受けてみて良いでしょう。

タクシードライバーになるために必須の「普通二種自動車免許」の取得を徹底解説!

タクシードライバーになるために必須の「普通二種自動車免許」の取得を徹底解説!

タクシードライバーになるために必須の「普通二種自動車免許」の取得を徹底解説!
タクシードライバーになるためには、二種免許を必ず取得しなければなりません。
第一種運転免許、いわゆる普通免許を取得後、3年以上経過していれば誰でも取得できる免許です。
二種免許は、旅客自動車を運転する際に必要な免許です。
旅客自動車とは、バス、タクシー、ハイヤーなど、お客様を乗せて商業的に運転するものが当てはまります。
タクシードライバーになるためには、必須の資格となります。
それでは、二種免許を取得するには、どれほどの費用や期間がかかるのでしょうか。
さっそく、二種免許取得方法の詳しい取得方法を記載していきます。

「普通二種自動車免許」の取得

実際に二種免許を取得するには、以下の条件をクリアする必要があります。

 ・第一種免許を取得してから3年が経過していること。
  ※途中免許取り消しがあった場合は、その停止していた期間を除いた累積の期間になります。

 ・視力、聴力など普通免許を取得した時と同じ条件がクリアしていること。
  これに併せて、深視力(遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力)検査も行う。

一種免許は18歳から取得が可能ですので、3年経過というと最低でも21才以上ということです。
まずは、ご自身の年齢と免許を取ってからの年数を確認すると良いでしょう。
 

試験は難しいですか?

多くの方は、二種免許の取得は一種免許に比べてと難しい、というイメージを持っているかもしれません。
実際にはどうでしょうか、それぞれの合格率を比べてみましょう。
警視庁発表の運転免許統計によると、年によってばらつきはあるものの、
普通免許の合格率が70%前後を推移しているのに対して、二種免許の合格率は35%前後となっています。
つまり、二種免許の合格率は一種免許の約半分です。
簡単か難しいか、捉え方は人それぞれかとは思いますが、
少なくとも最難関資格、ということはないようです。

学科試験の難易度は?

学科試験は異種免許と同じくマークシートです。
文章問題90問(各1点)とイラスト問題(各2点)で構成され、合格点は90点以上。
二種免許特有の問題はわずか5問程度なので、一種免許を取ったときの記憶を呼び戻せば
さほど難易度は高くないでしょう。

難しい季節があるの?

教習所の受け入れ体制、という観点では難しい時期があります。
2月~3月など、学生が教習所に集中するシーズンは教習所のキャパを超えてしまうことがしばしばあります。
一種免許を取った際に、予約が取れない経験を味わった方も多いでしょう。
この時期だけは、思うように教習が進まないことは念頭に置いておいて下さい。
場合によっては、一般の教習者のみを受け付け、二種免許は受け付けない教習所もあるようです。

知っておきたい2種免許

それでは、二種免許の取得にかかる費用はどの程度なのでしょうか?
教習所に通うか一発試験かにもよりますが、以下の費用は必ずかかります。

・試験手数料   7,860円(申請費用4,500円、試験車両代3,360円)
・応急救護講習  7,200円
・旅客車講習  18,900円
・免許発行費用  2,100円
      合計36,060円

教習所に通う場合は、教習費用20~25万円程度が別途かかります。
もしこの費用が全部タダ!なんて事になったら、いかがでしょうか?
実はそんな美味しい話があるんです!

業界最大手の日本交通では、二種免許取得費用を全額会社で負担しています。
エキスパート・ドライバー・サービスなど、業界のパイオニアとして
新たなサービスを提供する同社なら、安心してドライバーのキャリアを築くことが出来るでしょう!

全国平均の平均年収低めなタクシードライバーしかし都心だけでみると高いので働くなら都内の営業所で働くことがおすすめです

全国平均の平均年収低めなタクシードライバーしかし都心だけでみると高いので働くなら都内の営業所で働くことがおすすめです

 タクシードライバーで働くことに興味があるなら、どこで働けば稼げるのか気になるのではないでしょうか。
 今回はタクシードライバーの平均年収や都内で働くことのメリット、未経験の方に最適な転職先などについて紹介します。

タクシードライバーの平均年収ってどれくらいなの?

 タクシードライバーへの転職を考えた時、まずはじめに平均年収がどのくらいなのか気になる人が多いのではないでしょうか。タクシードライバーの平均年収は275万4738円となっており、全国平均は低いです。また平均月収は19万6767円で、国内の100職種の中では、58位となっています。

 タクシードライバーの年収が低い理由に、ドライバーの平均年齢が高い点と地方でのタクシーのニーズが低下している点が挙げられます。体力勝負のタクシードライバーは年齢が上がるにつれて体力的にもきつくなってしまい、高齢ドライバーになると年収が下がってしまいます。また地方では過疎化が進みタクシーの利用客が少なくなってきているという現状もあります。

 平均年収低めのタクシードライバーですが、その中でも比較的高い年収のタクシードライバーがいます。なぜ年収の高いタクシードライバーと年収の低いタクシードライバーがいるのかというと、それはタクシードライバーの給与形態のほとんどが歩合制である為です。タクシードライバーの給与は歩合制の割合が高く、給与全体の割合からすると基本給はわずかなのです。したがって給与の中で大きなウエイトを占めている歩合制によって、タクシードライバーの年収の差が激しいといわれています。

タクシードライバーで働くなら都内がおすすめ

 タクシードライバーで働くなら都内の営業所で働くことがおすすめです。タクシードライバーの年収は、全国平均は低いですが都心だけでみると高いのです。なぜ都内のタクシードライバーが地方のタクシードライバーより年収が高いのかというと、都内は人が多いのでタクシーの乗客を流しでもたくさん拾える状況だからです。

 一方、地方は人口が少なくマイカー保有率が高いのでタクシーの利用客が少なく、稼ぐことが難しいといえます。また都内には長距離乗って高額な料金を払ってくれる優良なお客様も多いのも、年収が高い理由の一つといえるでしょう。さらに都内と地方では歩合が支給される割合も異なります。歩合の支給される割合は、全国だと売り上げの50%が給料として支給されるのですが、都内であると売り上げの60%が給料として支給されることが多いのです。この10%の差も都内のタクシードライバーの年収が高い一因なのではないでしょうか。

 都内のタクシードライバーの平均年収は430万円程度です。これは稼働日数の少ない定時制のドライバーも含めているので、正社員としてフル稼働すれば年収500万円くらいまで稼げることになります。さらに都内の稼げるドライバーであれば、年収600万円~800万円位は到達できるでしょう。

業界No.1の会社で働こう

 都内のタクシードライバーで働くのであれば、業界No.1の会社が稼ぎやすいです。業界No.1の会社が稼ぎやすい理由として、「タクシー東京4社」と呼ばれるタクシーチケットの存在が挙げられます。このタクシーチケットの利用者はほとんど企業なので、仕事で利用する人が多く、長距離利用で稼ぐことができます。

 また大手のタクシー会社は信用があるので、予約を取りやすいというメリットがあります。専用乗り場もあるので、大手のタクシードライバーになれば利用客がいなくて稼げないという状況が少ないのです。このように大手のタクシー会社はしっかりと稼げる環境が整っており、業界内でも制度が良いから大手は転職してくる人が多いといえます。

 大手のタクシードライバーの中で稼げる人だと年収800万円程度稼ぐことも可能です。さらにトップクラスになると年収1000万円程度を稼ぐ人もいます。タクシードライバーで高収入を目指すのであればタクシー会社選びが重要なのです。大手であってもタクシーの会社によって給与や条件もそれぞれ異なるので、まずは求人の条件をしっかり確認して自分の条件に合った会社を選ぶようにしましょう。

都内でタクシードライバーとして働きたいなら日本交通へ

 全くの未経験でタクシードライバーへ転職したいと考えているのであれば、日本交通の求人に応募してみるのはいかがでしょうか。老舗最大手である日本交通は、年齢や性別、今までのキャリアは全く問わないので未経験でも応募することができます。

 教育や研修制度が充実しており、未経験者は1ヶ月の研修を行ってくれます。1ヶ月の研修の中では運転や接客、地理などについて丁寧に指導してもらえ、研修中でも日当を受け取ることができます。さらにタクシードライバーに必須である第二種免許の取得費用も全額会社が負担してくれます

 営業所配属後も班長を始め、先輩乗務員がサポートしてくれるので、安心して働くことができます。日本交通の未経験1年目の平均年収は420万円で、入社後3ヶ月間は月給40万円を保証しているので、未経験からでも稼げる環境です。

 したがって他の職種からの転職者にも働きやすい環境は日本交通といえるでしょう。都内にはさまざまなタクシー会社がありますが、タクシードライバーとして長く働こうと考えているのであれば、日本交通のような将来性のある職場で働く方が良いのではないでしょうか。

日本交通のタクシードライバーになろう!安心の研修制度と40万円の月給保障制度で1年目からでも高い年収が見込めます!法定外の残業はなしで充実したプライベートを過ごすことも可能です

日本交通のタクシードライバーになろう!安心の研修制度と40万円の月給保障制度で1年目からでも高い年収が見込めます!法定外の残業はなしで充実したプライベートを過ごすことも可能です

 タクシー会社の転職を考えたときに、大手企業の一つとして日本交通があります。日本交通では、タクシー業務未経験者やペーパードライバー、高齢者や女性でも安心して仕事に取り組めるように、様々な研修制度やサポートが用意されています。

 今回は転職を考えている人のために、日本交通についてご紹介します。

日本交通ってどんな会社?

 日本交通株式会社(Nihon Kotsu Co.,Ltd.)は、1928年4月に創業された約90年の歴史を持つ会社です。

 川崎造船所の運転手をしていた川鍋秋蔵氏が、ハイヤーの個人営業を開始したことにより、この会社の歴史は始まりました。その後拡大を続け、1945年12月に日本交通株式会社に商号を変更し、めざましい発展を遂げ業界No.1の実績がある会社となりました。

 現在の事業内容は、ハイヤーやタクシーにおける一般乗用旅客自動車運送事業やそのマネジメント、自動車整備事業などを行っています。日本交通は通常のタクシー業務の他にも、外国からの観光客の為に、東京の観光スポットを案内する「観光タクシー」や、小さな子どものいる家庭の専属タクシーとなり子どもの成長を見守りつつ送迎を行う「キッズタクシー」、身体が不自由な人のための「ケアタクシー」など、幅広い範囲に渡って、タクシー業務の運行を行っています。

 2017年5月現在の従業員数は9,350人(連結)、車両台数はハイヤー1,262台、タクシー5,424台と日本のタクシー業界を代表する大手企業として、活動の場を広げています。「徳を残そう」を社是としており、本社を東京都千代田区紀尾井町に構え、東京都内に6つのタクシー営業所と4つのハイヤー営業所があります。

日本交通での手厚いサポート体制とは

 日本交通は研修制度が充実している会社です。そのため、タクシー会社への就職が初めての人でも、安心して転職を考えることが可能です。タクシー業務が未経験の場合は、研修期間が約1ヶ月間あり、運転や接客方法、地理についての研修が用意されています。

 タクシーへの転職をする際に必ず必要となる第二種運転免許も、費用を会社が全額負担してくれる上に、この研修期間中には1万円の日当と交通費が支給されるので、自分の生活を心配することなく業務の知識を身につけることができます。実際、日本交通の新入社員の未経験者の割合は、全体の約8割を占めているので、経験が無いからといって尻込みする必要は全くありません。東京の地理が全くわからない地方出身者やペーパードライバーの人でも、総合研修センターでの地理の講習があり、その後営業所の班長からの運転、接客指導や近道や早道などのレクチャーもあります。また、日本交通では全車両にカーナビが搭載されていることもあり、安心して業務を行うことが可能となっています。

 経験者の場合は約10日間の研修期間があり、必要最低限の研修の後に実際路上に出て営業を行うことができます。経験者の場合も未経験者と同様の日当と交通費が支給されるので、業界経験者も働きやすい環境なのです。

日本交通で乗務員になるとどのような生活の流れになるの?

 日本交通では、1日の勤務時間が約15.5時間から18時間で、その中で必ず3時間の休憩や仮眠をとることが定められています。また、法定外の残業はなしとされており、勤務をした翌日は必ず休みになります。そのためシフトに慣れれば、規則的な生活を送ることにより、家族と過ごす時間やプライベートの時間も増え健康的な生活を送ることもできます。

 このように、しっかりと休憩や休日があり法定外の残業がないことから、年齢の高い人や自分の体力に自信のない人でも安心して仕事をすることができます。実際、日本交通には65歳以上の乗務員が400名も勤務しているというのが、年齢が高くても大丈夫という証明となっています。

 ちなみに、日本交通は女性社員も働きやすい環境の職場でもあります。女性乗務員を希望する女性の高齢者のお客様や子どもがいるお母様などからの要望も多く、女性乗務員を積極的に採用しており、毎月のように女性が入社しています。

 日本交通のタクシードライバーの休日に関しては、シフト制を導入しているので連休をとることも可能で、1ヶ月前に会社に申告をすれば、冠婚葬祭や子どもの行事、旅行など休みを考慮してもらえるので、融通を利かせて仕事に取り組むことができます。

日本交通での実際の年収はどうなの?

 日本交通に転職をした際に気になるのが、実際どのくらいの年収になるのかということですが、日本交通では1年目からでも高い年収を得ることが可能です。

 日本交通では入社してはじめの3ヶ月間は40万円の月給保障制度もあるので、安心して働くことができます。この会社では未経験1年目の平均収入が420万円です。細かい分類を見ていくと、600万円以上が全体の約3パーセント、401万から600万までが約68パーセント、301万から400万までが約27パーセント、それ以下は全体の2パーセントとなっています。

 このことからも、正社員で働けるうえに努力した分だけ収入があがり、やる気があれば高収入を得ることができることがうかがえます。実際働いている人の1年目の実例では、元ITエンジニア52歳で457万円、元マンション管理業務31歳で512万円、などの例があり、タクシーとは全く関係のない職場からの転職をした人でも高収入が得られることがわかります。

 また、この会社の最高年収は789万円で、売上によって給与が決定する歩合制を導入しているので、経験に関係無く1年目でもやる気があればベテラン以上の収入を得ることが可能となっています。

タクシードライバーは収入が低い!?全国平均は低いが都心は高い傾向にあるって本当?

タクシードライバーは収入が低い!?全国平均は低いが都心は高い傾向にあるって本当?

 タクシードライバーの募集は、増加傾向にあると言われていますが、年収はどのくらいなのでしょうか。タクシードライバーの年収は低いと考えている人もいるようですが、実際のところ都心では高いというデータもあります。
 
 そこでタクシードライバーの収入について調べてみました。

タクシードライバーになるには

 タクシードライバーは、アベノミクス効果で需要がさらに高まっている仕事です。募集も多く、未経験からでも高年収を目指せるため、人気の職業であると言えますが、タクシードライバーになるには、二種免許を取得することが必要となります。

 二種免許は普通運転免許を取得してから3年以上が経過していれば、挑戦することができます。タクシー会社によっては、研修制度が整っており、免許を取得できるまで給料を支給してくれる場合もあり、取得にかかる費用も負担してくれることもあります。

 タクシードライバーになるための年齢制限は21歳以上であり、上限はありません。また採用試験では、面接などの他に健康診断が実施されます。糖尿病や心臓疾患、肝硬変などの持病があると採用されない場合がありますので注意が必要です。そのような病気は、突発的な発作を起こしてしまう可能性もあるため、ドライバーの仕事は無理であると判断されてしまいます。しかし、定期的に医師の診察を受けており、進行を抑制することができている場合は、採用可能な場合もあるため相談してみてください。その他、コミュニケーション能力や、清潔感など、タクシードライバーに大切であると考えられる資質についても面接等でチェックされることがあります。

タクシードライバーの収入は歩合の要素が強い?

 タクシードライバーの給料は、歩合制の割合が大きいです。一定額の基本給が定められてはいますが、額としては非常に少ないのが事実です。本気でタクシードライバーの仕事をしたいと考えているならば、完全歩合制で働く覚悟を持つ必要があるかもしれません。

 全国レベルで見ると、売り上げの50パーセントが給料として支給されることが多いようですが、東京都内で見ると、売り上げの60パーセントが給料として支給されることもあるようです。タクシードライバーの仕事は、収入が低い!?と感じている人もいますが、そもそも歩合制の要素が強いため、収入の高い人と低い人の差は大きいと考えられます。
 
 また、タクシードライバーの1ヶ月の平均勤務日数は、11日間です。日数で見ると少ないと感じるかもしれませんが、1日当たり平均して18時間勤務しているため、非常に体力のいる仕事です。しかし勤務が11日間だと、残りの20日間は休みになるため身体が回復するには、十分な時間を確保することができます。11日間の勤務だけでなく、最大で2日間まで勤務を増やすこともできるため、1ヶ月に13日間の勤務が可能となります。

タクシードライバーの収入は都心は高い?

 タクシードライバーの平均年収は、316万円と低めです。全国平均は低いですが、東京都のタクシードライバーの平均年収は417万円となっており、都心は高い傾向にあります。さらに大手のタクシー会社に勤めている人の平均年収となると約450万円であるというデータもあるため、特に最大手は高収入を得ることができると言えます。知名度の高い大手はお客様が集まることも考えられるため、売り上げを上げやすくなります。

 そのため、タクシードライバーになるなら都心の最大手に入社するべきです。東京都の23区内であれば、やる気次第で、年収800万円を稼ぐことも可能であると言われています。先に触れたように、タクシードライバーの仕事はほぼ歩合制であると言えるため、やればやっただけの収入を得ることができるのです。

 タクシードライバーで収入を増やそうと考えるならば、稼ぐ仕事をするべきです。タクシードライバーの仕事は、効率良く稼げて、普通のサラリーマンより高収入を得ることができるという認識を持っている人もいますが、効率良く稼ぐためには、必要なポイントをおさえて仕事を行っていくことが大切です。

タクシードライバーで稼ぐためのポイントとは?

 タクシードライバーの仕事で、効率よく稼ぐためには、意識しておくべきポイントがあります。とにかく売り上げを上げるためには、営業回数勤務時間客単価、この3つを上げていくことが必要となります。

 仕事の効率を上げて、1時間当たりの乗車回数を増やしていくことを考えてみてください。乗車回数が増えれば、自然と売り上げは上がることになります。当たり前のことのようですが、営業回数を増やすだけで月給も変わってくるのです。

 また、勤務時間を増やすことで単純に収入を増やすことができます。11勤務でなく最大の13勤務にすると、その分月給が増えます。勤務を増やすことに関しては、稼ぐコツというよりも体力面と相談することも必要となります。
 
 最後に、客単価を上げることです。客単価が上がると、短時間でも売り上げを増やすことができます。遠距離の移動をする可能性がある人が多いと考えられる位置で待ち、お客を乗せるのは常に成功するとは限らず、運にも左右されます。

 これらの3つのポイントを意識して仕事をしていくことで、月給、年収を増やしていくことは可能です。タクシードライバーの収入は、平均で見ると低いと感じるかもしれませんが、個人差が大きく、高収入を得ている人が多くいるのも事実です。

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

 タクシードライバーという職業は歩合制の場合が多く、年収アップを狙うには魅力的な仕事です。
 都心部で働こうと考えている方は、稼げるコツをしっかり抑えて働けば、自分の頑張り次第で高収入を目指すことができます。

都内でのタクシードライバーの必要性

 東京は眠らない街とも表現されるくらい、活動的な街です。特に都心は人口密度が高いこともあり、生活スタイルは様々で、24時間どの時間帯でもタクシーを必要とする人々がいます。

 お昼の時間帯は、地方や海外からの観光客や病院へ向かう人など、電車に乗ることが難しいという人々の利用が多いです。また夕方から夜にかけての時間帯は、仕事を終えて飲みに出かける人や夜の仕事へ向かう人などが利用します。そして深夜から朝方にかけての時間帯は電車が止まっているので、終電を逃してしまった人の利用が多くなります。このように、どの時間にもタクシーを必要とする人が一定数存在するのが、都心部の特徴です。
 
 このようにタクシー利用の時間帯に隙間がないのは、都心部だけです。そのため稼げるチャンスはお客様の多い都心部に多く、営業所も都心部にある営業所で働くべきだということが言えます。そして2017年から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で始まった「初乗り410円」の影響もあり、今まで初乗り730円を高いと感じて乗っていなかった人たちも、短い距離で気軽に乗るようになりました。都内のタクシー利用人口は増加の傾向にあり、タクシードライバーの必要性も高まっています。

どんなタクシー会社に入れば良いのか

 人口の多い都心部でタクシードライバーになれば、すぐに稼ぐことができそうですが、しっかり稼ぐにはコツがあるため、誰でも高収入にはなれないのです。そして、ただ都心部に営業所がある会社に入れば安心というわけではありません。どの会社で働くのか、ひとつの基準にすべきなのは、ブランド力のある会社で働くべきということです。

 タクシーを利用する人の中には、ブランドでタクシー会社を選ぶ人もいます。都心部にはタクシー会社がたくさんありますが、その中で全く名前を聞いたことのない会社を選ぶのは、利用客も勇気がいります。そしてブランド力があるということは、社員の教育も行き届いている証拠でもあります。利用客にとって支払う料金に差はないので、ブランド力があるほうが安心です。また実際に面接に行ってみて、職場の雰囲気が自分に合うか確認をすることも大切です。

 タクシードライバーという職業は、個人の努力次第かのように思われがちですが、同僚や会社のサポート体制も大いに影響します。多くのタクシー会社がある中で、安定して長く続けられる会社か、面接時に話を聞いて見極める必要があります。

タクシードライバーとして軌道に乗るには

 ドライバーとしてお金を頂くからには、都心部の道路をある程度は頭に入れなくてはなりません。都心部の道路は、地方に比べ一方通行が多く、交通ルールが複雑な場所も多くあります。また同じ目的地でもルートは多岐にわたりますので、周辺の地理を把握しておく必要があるのです。

 そのため、タクシードライバーという仕事で稼げるようになるためには時間がかかりそうですが、多くのタクシー会社には給与保証制度というものがあります。これは、売上が少なくても会社から給与額が保証される制度で、会社により期間は違いますが、この期間に焦らずに仕事を覚える事が出来ます。歩合制が多いタクシードライバーという仕事は、きちんと稼げるようになるまでの不安がありますが、この制度によって、仕事を覚えるまで売り上げが低くても、給与保証があるから安定しているのです。

 給与保証されている期間に、道を覚えて自分の得意なエリアを見つけたり、稼いでいる先輩の仕事のしかたを研究したりと、自分に合う働き方を探すことができます。この期間を有意義に使うことで、タクシードライバーとして軌道に乗ることができるはずです。

タクシーの集客方法の多様化と稼ぐコツ

 タクシードライバーの仕事は、ほとんどが歩合制なので、さらに年収アップを狙うには工夫も必要です。稼ぐためには、駅前のタクシー乗り場で利用客を待ったり、人通りの多い道を走って利用客を探すことだけが方法ではありません。

 タクシー会社には、無線配車やアプリ配車など流し以外の集客があるので、これらを利用することによりコツを抑えて稼ぐことができるようになりました。お客様から連絡を受け、各タクシーへ割り振られる無線配車で、安定的な乗車が期待できます。また、タクシーを指定の場所に配車できるスマホアプリも定着しつつあります。なかには、アプリ内でクレジットカード支払い可能なものもあり、その手軽さが時代に合っていると言えます。タクシードライバーが利用客を自ら探さなくても、利用客の方から来てくれるシステムがあるのです。

 タクシーが時代とともに身近な存在になり、利用客が増えるとともに、サービスの質も以前より求められるようになりました。無線配車やアプリ配車などの便利なサービスがあることは、リピートにもつながります。集客方法の多様化により、タクシードライバーは努力と工夫次第で稼げるということです。

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーの仕事は街のコンシェルジュとしての一面もあり、地域貢献や地域活性化に繋がる仕事でもあります。
多様なニーズに応えることでお客様との信頼関係を強く結び、やりがいを感じられる仕事にもなります。

街のコンシェルジュとしてのタクシードライバー

 お客様の移動手段として、お客様が行きたい場所まで車で運ぶのがタクシードライバーの仕事ですが、それだけではなく多様なニーズに応えるサービスを行っている会社もあります。地域活性化を助ける仕事や地域貢献ができる仕事街の安全を守る仕事など、タクシードライバーの仕事は幅を広げています。

 地方のタクシー会社では移動手段としてだけでは売り上げが伸び悩み、移動のほかにもさまざまなサービスを行う会社が多く見られます。近年では東京都内でも、地方で見られるような地域密着型のサービスができるタクシー会社が増えてきました。ある都内のタクシー会社では、デパートでの買い物に付き合い売り場を案内したり、病院への付き添いや観光案内など、さまざまなニーズに対応したサービスを提供しています。単なる移動手段だったタクシーのサービスは変化しつつあり、街のコンシェルジュとしてタクシードライバーが活躍できる機会も増えています。

 街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーはお客様との信頼関係を結ぶことで、とてもやりがいのある仕事になります。地域に貢献できるタクシードライバーを目指すなら、細かなサービスを提供するタクシー会社への転職も一つの方法です。

地域活性化を助ける観光タクシードライバー

 街のコンシェルジュであるタクシードライバーの仕事として代表的なのが、観光タクシードライバーです。観光スポットへタクシーで運ぶというだけではなく、おすすめの観光スポットや飲食店、穴場のお土産屋に案内するなど、観光案内するのも仕事に含まれます。タクシードライバーなら誰でもなれるというわけではなく、観光タクシードライバーになるには一定の条件があります。

 都内では東京観光タクシードライバー認定制度が設けられています。東京観光タクシードライバー認定資格は、都内で観光タクシードライバーとなるために必要な資格です。東京観光タクシードライバーに認定されるには、まず東京シティガイド検定を受け合格する必要があります。次に数日間サービスや知識、高齢者や障がい者への対応などを学ぶ研修を受けることで、観光タクシードライバーとして認定されます。観光スポットの知識はもちろん、マナーやコミュニケーションなどの能力を必要とされますが、観光するお客様に地域のよさを知ってもらうことで、地域活性化を助ける仕事でもあります。

 転職を考えるなら、観光タクシードライバーとして活躍できるタクシー会社を検討してみるのも手です。

街の安全を守るタクシードライバーの仕事

 地域密着型のサービスができるタクシードライバーの仕事は、観光タクシードライバーのほかにもさまざまな形で活用が期待されています。例えば、子供の一人歩きを防止する子供送迎タクシーがあります。子供送迎タクシーは幼稚園や学校から自宅への送迎、塾への送迎など子供を安全に送り届けるためのサービスです。

 近年では子供の一人歩きが事件や事故に繋がることもあり、需要が増えつつあるようです。子供の送迎だけではなく、チャイルドシートを設置して、産後退院したばかりの新生児を安全に送迎するサービスもあります。また陣痛がおきた際に、かかりつけの病院まで妊婦を送迎するサービスを行っているタクシー会社もあります。子供の安全な移動をサポートするほかにも、高齢者や障がい者の移動をサポートする介護タクシーも需要が高まっています。

 子供や高齢者、障がい者の安全な移動を助けることで事件や事故などを防止し、街の安全を守る仕事としても、タクシードライバーの仕事は注目されています。運転以外にも自分のスキルや得意なことを活かし、街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すのも選択肢の一つです。

やりがいを感じられる仕事となる

 単なる移動手段としてだけではなく、街のコンシェルジュとして細かなニーズに対応しお客様との信頼関係を結ぶことで、やりがいのある仕事になるのがタクシードライバーです。目的の場所まで送迎するほかにも買い物や病院の付き添い、観光案内ができるタクシードライバー、子供や高齢者、障がい者の安全な送迎をサポートするなど、地域に貢献しながら長く働ける職種の一つでもあります。

 タクシードライバーにとって運転技術も大切ですが、こうしたサービスに対応するスキルやコミュニケーション能力を身に付けることで、安定して将来を見据えた働き方ができるでしょう。街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すなら、自分のスキルが活かせるサービスや興味のあるサービスを提供しているタクシー会社をチェックし、転職を検討してみるのもいいでしょう。

 お客様をさまざまな形でサポートし、地域密着型のサービスができるタクシードライバーを目指すことで、目的地へ送迎するだけでは得られなかった感謝や信頼を得ることができるかもしれません。感謝や信頼が、やりがいに繋がり長く安定して働ける仕事となる可能性も見えてきます。