日本交通グループの観光タクシー乗務員に転職!40万円×3ヶ月+35万×9ヶ月12ヶ月補償制度)※要件件ありの給与保証は見逃せない!ツアー企画にも関われる?

日本交通グループの観光タクシー乗務員に転職!月給40万円×3の給与保証と賞与年3回は見逃せない!ツアー企画にも関われる?

日本交通株式会社は1928年創業の、歴史と実績あるハイヤー・タクシー事業者です。業界トップクラスの売上を誇る最大手で、転職でタクシー乗務員を目指すなら真っ先に検討したい会社と言えます。

特に、観光タクシー乗務員の求人が気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで、日本交通グループの観光タクシー乗務員になるためのポイントについてまとめました。

観光タクシー乗務員はやりがいのある仕事!日本交通グループで活躍しよう

日本交通グループは観光タクシー乗務員を募集しています。その背景の1つに日本を訪れる外国人観光客の急激な増加があるでしょう。国土交通省観光庁が2019年に公表したデータによると2019年4月の訪日外客数は292万7000人となり、単月として過去最高を記録しました。タクシー観光のニーズは高く、タクシー乗務員には観光ガイドとしての役割が強く求められているのです。

日本交通グループにタクシー乗務員の正社員として入社して研修が完了すると、3カ月間の給与保障制度が利用できます。これは 40万円×3ヶ月+35万×9ヶ月(12ヶ月補償制度)※要件あり の給与保証 間受け取れるというもの。未経験者がタクシー乗務員に転職する場合、すぐには実務で稼げない人も少なくありません。

しかし、日本交通グループなら給与保障の期間中に必要な業務スキルを習得できるので、研修が終わればすぐに稼げるのが普通です。残業やノルマはなく、基本的に1カ月12~13日勤務。完全シフト制が採用されており、予定を入れておけば休日をまとめて取りやすいのも魅力です。

タクシー乗務員になるには二種免許が必要ですが、会社側が資格取得の費用をサポートしてくれるので資格がなくても求人に応募できます。観光タクシー乗務員になれれば賞与は年3回。ツアー企画にも関われる大変やりがいのある仕事と言えるでしょう。

観光タクシー乗務員の業務内容は!一般的なタクシー乗務員とどこが違う?

観光タクシー乗務員の業務内容が、一般的なタクシー乗務員とどう違うのか気になっている人もいるかもしれません。観光タクシーは貸し切りサービスです。タクシー乗務員は利用者が観光を楽しんでいるあいだ、移動の足とガイド役の両方を務めます。観光スポットや飲食店を紹介したり、歴史や史跡の解説をしたりといったサービスを提供することになるでしょう。

推奨コースは会社側で決めるのが一般的ですが、利用者のニーズはそれぞれで異なるために臨機応変に対応する必要があります。ドライバーとしての腕はもちろん、接客スキルや企画力が求められる仕事なのです。

旅行が好きな人や外国語ができる人は観光タクシー乗務員に向いているかもしれません。タクシー乗務員としての実績が必要になるので、未経験者の場合は一般タクシー乗務員として経験を積むところから始めましょう。

ただし、観光タクシー乗務員になっても観光業務だけを担当できるとは限りません。予定が入っていない期間は通常のドライバーとして運転業務をこなすことになります。また、観光タクシー乗務員になるために資格が必要になることもあります。東京の場合は「東京観光タクシードライバー認定制度」、京都なら「京都検定」に合格する必要があるといった具合です。

タクシー乗務員の給与は「基本給+歩合給」が基本

タクシー乗務員への転職を考えている人が一番不安に思うのは給与ではないでしょうか。一般的なサラリーマンと違って、タクシー乗務員正社員の給与体系は「基本給+歩合給」になるのが一般的です。

歩合給とは自分の売上高に歩合率をかけた金額が本人の収入になる仕組み。歩合率が50%で稼いだ金額が50万円なら、25万円が本人の取り分になります。給与体系は会社によって違い、完全歩合制のところも少なくありません。

日本交通株式会社の本社は東京ですが、京都や大阪をはじめとする日本全国に多数の営業所や関連会社を抱えており、一大グループを形成しています。歩合率は62%と業界最高水準。

本人の努力が直接収入アップにつながるため、働くモチベーションを維持しやすいでしょう。基本給は営業所によって異なり、関西エリアでは25~27万円程度です(2019年6月時点)。

日本交通グループならではの強みとは

未経験でタクシー業界に入る人によくあるのが「自分に営業ができるかどうかわからない」という心配です。最初の3カ月間は保証があっても、その後は自分で稼げなければ収入は上がりません。

しかし、日本交通グループにはその心配を払拭できる「大手ならではの強み」が3つあります。1つ目は研修制度が充実していることです。未経験の場合は入社後1カ月間が研修期間となり、基礎研修や実地研修でタクシー乗務員に求められる知識やスキルを習得します。この期間も日当1万円が支給されるため安心です。

2つ目は専用のタクシー乗り場を人が集まる主要拠点に複数設置していることです。中小タクシー会社では専用乗り場を持てないことも多く、その場合は自力で利用者を確保しなければなりません。タクシー会社の専用乗り場があれば時間を有効利用できます。3つ目は大企業とのあいだに太いパイプがあることです。長い時間をかけて信頼関係を構築してきた結果、大企業からの配車依頼やタクシーチケットの利用も多く、コンスタントに仕事がしやすいのです。

タクシー乗務員は努力次第でキャリアアップできる職種です。一般のタクシー乗務員で実績が認められれば、より待遇の良い観光タクシー乗務員にも昇格できるでしょう。日本交通グループは適材適所をモットーとしているので、本社勤務も夢ではありません。

転職を考えているなら要チェック!日本交通グループの観光タクシー乗務員を目指そう

タクシー業界は深刻な人手不足に悩まされており、優秀なドライバーは引っ張りだこの状態です。女性ドライバーのニーズが高まっていますが、女性が安心して働くためにはいざというときにドライバーを守ってくれる大手企業を選ぶことが非常に大切です。

旅行が好きな人や地域復興に関心がある人、語学ができる人で転職を考えているなら、日本交通グループの観光タクシー乗務員を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

   Send article as PDF   

東京都内でタクシー乗務員として働くなら業界最大手で売上高が圧倒的No.1の日本交通グループを選んでみては?

東京都内でタクシー乗務員として働くなら業界最大手で売上高が圧倒的No.1の日本交通グループを選んでみては?

タクシー業界は勤める会社によって年収や待遇がかなり違うので、転職するときは希望する会社の条件をよく調べておくことが重要です。タクシー業界にはたくさんの会社がありますが、年収や待遇という条件面については業界最大手の日本交通グループはとても恵まれています。

そこで、この記事では日本交通グループの待遇が業界内でいかに抜きん出た存在であり、タクシー乗務員として働くメリットについて紹介します。

いかに売り上げをアップさせるかに重点をおいた実践的な研修が行われているので初心者でも安心

日本交通グループでは、初めてタクシードライバーとして働く人のためにさまざまな研修制度を実施しています。入社すると、まず日本交通グループが保有する総合研修センターで、第2種免許の取得や交通法規、地理といったタクシードライバーとして基本的な知識の習得を目指します。また、実地研修では実際の営業所に在籍するベテランドライバーが同乗してくれて、接客マナーや効率よく回れるルートを丁寧に教えてくれるのもメリットです。

ほかのタクシー会社にない特徴としては、徹底的に売り上げを増やすための視点から研修内容が組まれていることです。たとえば、地理の講義は道路や目印になるランドマークを覚えるだけではありません。乗車率を上げるために有効なルートやエリアといった、実際に役立つ情報に重点をおいて教えてくれます。

業界最大手には最も多くの情報が集まります。そのデータを活かした実践的な内容の研修は、きっとタクシードライバーとして働くことへの不安をかき消してくれるでしょう。

新人でも安定した集客が期待できる

タクシードライバーとしてより多くの年収を稼ぐには、たくさんの乗客を乗せる必要があります。そこで、日本交通グループでは新人でも安定的な集客が見込めるタクシーチケット契約を、官公庁や企業などを中心におよそ1万3000社と結んでいます。

タクシーチケット客は比較的長距離を利用するケースが多いので、客単価は自ずと高くなるのが特徴です。そのため、新人ドライバーであっても高収入を目指しやすくなっています。

また、業界最大手の信頼を活かして東京都内の各地に専用乗場を設けている点も、安定した顧客を確保するために見逃せないポイントです。大規模な商業施設やターミナル駅はもちろん、観光スポットやオフィス街といったタクシーを利用する人が多い場所に専用乗場が設置されています。流し営業はある程度の地理的な知識や経験がないと、まとまった収入は期待できません。

新人ドライバーにとって、専用乗場のある会社に就職することは非常に重要なのです。

40万円×3ヶ月+35万×9ヶ月(12ヶ月補償制度)※要件ありの給与保証 がある

タクシー会社のほとんどは給与体系を歩合制にしています。つまり、売り上げを稼げば稼ぐほど、ドライバーの給料も上がっていく仕組みです。自分ががんばったぶんだけ給料が上がるというのはとてもやりがいのある職種だと言えます。タクシードライバーの平均年収は一般的に300万円程度だといわれていますが、これはたくさん稼ぐベテランドライバーも含めた数字です。

働き始めてすぐの初心者ドライバーが平均以上の年収を稼ぐのは簡単なことではありません。しかし、日本交通グループのドライバーであれば、1年目の平均年収から全国平均を上回る420万円が目指せます。

なぜ1年目から高収入が期待できるかというと、日本交通グループには「給与保証制度」があるからです。日本交通グループに就職したあとは正式なドライバーになるための研修期間がありますが、いくら研修を受けたといっても最初のうちは上手くいかないことも珍しくありません。

そこで、日本交通グループは研修終了後の「3カ月間は40万円」「その後の9カ月間は35万円」の給与保証制度を実施しています。新人ドライバーにこれほどの額の給与保証ができるのは、業界最大手の日本交通グループならではだと言えるでしょう。

充実した福利厚生や特別休暇!キャリアップに必要な費用は会社が支援してくれることも

転職するときには、福利厚生や休暇などの労働環境を重視する人も多いでしょう。日本交通グループでは業界最大手ならではの充実した労働環境があるのも魅力です。たとえば、各種の社会保険が完備されているのはもちろん、産休や育休、特別休暇といった休暇面もしっかりと整備されています。

社内には各種のサークル活動も行われているので、プライベートな時間を仲間とともに楽しむこともできます。

そのほかにも、日本交通グループでは、将来的なキャリアアップを図りたいドライバー向けに「エキスパートドライバー制度」を導入しています。エキスパートドライバーとして認められるためには、さまざまな資格に合格したり講習を受けたりしなければいけません。

しかし、その過程で必要になる費用は日本交通グループが支援しているので、ドライバーは安心してキャリアアップを図ることが可能です。せっかく働くなら日本交通グループの充実した環境で働いてみてはいかがでしょうか。

充実した環境で再スタートをきりたい人は日本交通グループへ応募しよう!

転職には年収や労働環境といった不安がつきものですが、日本交通グループでは給与保証や各種の福利厚生、充実したキャリアップ支援を行っています。そのため、タクシードライバーとしてはトップクラスと言って良いほどの労働環境が整っている会社です。タクシードライバーとして働くことを検討しているなら、まずは日本交通グループへ応募してみてはいかがでしょうか。

   Send article as PDF   

タクシー乗務員への転職ってたいへん?日本交通グループなら残業なしで休みもきちんと取れて安心

タクシー乗務員への転職ってたいへん?日本交通グループなら残業なしで休みもきちんと取れて安心

東京には、タクシー乗務員として働けるさまざまな会社があり、そのひとつが日本交通グループです。タクシー乗務員というとハードな勤務形態であるというイメージもあります。

そのため、転職を検討している場合には、日本交通グループでは休みがきちんと取れるのか、気になる人もいることでしょう。そこで、この記事では日本交通グループの勤務形態について詳しく紹介します。

タクシードライバーの勤務体制とは

タクシー乗務員は運転免許の資格さえあれば多くの場合、年齢や経験を問われることはありません。また、一般企業と比べて定年が遅いことが多く長期的に勤務を続けることができたり、単独で運転する業務であるため社内での人間関係が苦手でも働きやすかったりする仕事です。

しかし、このようなさまざまなメリットに魅力を感じる人も多い一方で、勤務スケジュールに不安を覚え人も少なくありません。早朝でも深夜でも街中を走るタクシーを見かけることにより、タクシー乗務員は長時間労働が求められる仕事で十分に休みを取れないイメージを持ちやすいからです。

実際のタクシー乗務員の働き方は会社によって異なりますが、1日フルで働いたら、次の日は休日を取る隔日勤務の体制にしている会社が多い傾向です。出勤することを「出番(でばん)」といい、出番の法定最大拘束時間は、途中休憩3時間を含んで21時間となっています。

また、通常であれば、出番の翌日に取得する「明番(あけばん)」と呼ばれる休みのほかに、「公休」もあります。公休は、明番以外に取得できる、いわゆる一般的な休みで、会社によって違いはあるものの明番と出番を何度か繰り返した後に取ることが通常です。

また、隔日勤務以外にも、明番を取らずに勤務時間を固定させて働くスタイルもあります。7~8時頃から16~17時頃にかけて8時間を目安に出勤する「日勤」、あるいは、17~18時頃から翌朝の2~3時頃まで働く「夜勤」です。加えて、シフトをあらかじめ決めておく定時制の勤務形態もあります。

日本交通グループの働き方は?

日本交通グループでも、多くの会社で採用している隔日勤務体制が原則として取られています。

たとえば、月曜日に働いたら、翌日火曜日は明番です。その後、水曜日に出勤したら、木曜日は休み、金曜日に出勤したら土曜日も休みを取ることができます。さらに、公休を日曜日に取得することも可能です。

このように、運転で疲れた体を2日に1日は必ずきちんと休ませることができます。定期的にしっかりと体を休める時間が取れるため、リズムに慣れてしまえば、健康的な生活を過ごすことができるでしょう。

さらに、日本交通グループはシフト制です。このため、自分の都合に合わせて休みを設定することができ、週末に休みを取ったり、明番と公休で連続させれば連休を取得したりすることもできます。

一方、隔日勤務体制だと、翌日を丸1日休みにできるぶん、出勤日の1日における勤務時間は長くなりやすい傾向です。日本交通グループでも1日を15.5~18時間勤務することが通常となっています。ただし、途中で必ず3時間は休憩をしたり仮眠を取ったりすることになっているため、体に無理な負担をかけて業務にあたらなければいけなくなることはありません。

加えて、法定外となるような残業は一切禁止されていることも、長時間労働に不安を覚えやすいタクシー乗務員にとって安心して働きやすい理由です。

働きやすいのは勤務体系だけではない!日本交通グループの魅力とは

タクシー乗務員はお客様を乗せることが売り上げにつながる仕事です。特に、長距離のお客様を乗せると効率よく売り上げを伸ばすことができます。日本交通グループには、グループのタクシーでだけ利用できるタクシーチケットがあり、全国のおよそ1万社もの法人のお客様がチケット契約をしています。

チケット契約をしているお客様は、長距離時に利用する傾向が高く、効率よく売り上げを伸ばしやすい点は日本交通グループで働く魅力です。さらに、日本交通グループのタクシーは無線配車数が他社のおよそ3倍と多く、スマートフォンアプリも展開していることなどから1乗車あたりの平均売り上げが他社と比べて高い点も見逃せないポイントでしょう。

加えて、女性が働きやすい環境が整えられている点も特徴です。男性が多い職場でも、女性専用のスペースの用意があるので、着替えなども不自由なく行うことができます。また、社内に防犯用のカメラを設置したり、万が一の際には緊急通報システムで無線センターに通知が行くようになっていたりするので、安心して勤務にあたることが可能です。出産などでブランクがある場合でも、タクシー乗務員の実務に入る前に簡単な事務仕事からスタートするなど無理なく仕事復帰できるようなシステムもあります。

さらに、大手ならではのきちんとした研修制度もあるので、ブランク明けの人だけではなく、初心者でも安心して働くことができます。経験者は10日ですが、未経験者だと1カ月の研修が完備されているので安心です。

どこの会社で働いても同じではない!転職する際にきちんと会社選びをすることの重要性

タクシー乗務員は、会社に所属していても実際の業務では個人で車を運転しお客様を乗せる仕事です。そのため、どの会社で働いても実際の勤務に大きな違いはないのではないかと考える人もいます。

しかし、数多くのタクシー会社があり、たくさんのタクシーが街を走っているからこそ、信頼できる会社を選択して利用するお客様も少なくありません。特に、企業など定期的に利用するお客様であれば、なおさら信頼性を重視して利用するタクシー会社を選びます。

日本交通グループは1928年創業の伝統のあるタクシー会社です。東京を中心に神奈川や埼玉などにも関連会社を展開していて、日本を代表する大手タクシー会社のひとつとされています。知名度が高く信頼されやすいタクシー会社で働けば、多くのお客様に利用してもらうチャンスも大きくなるでしょう。

さらに、日本交通グループでは車両の設備や研修制度、勤務体制などにおいて働きやすい環境が整っていることも働きやすい理由となっています。

長く働きたいなら休みや残業において無理なく働けることは大切!

自分のライフスタイルに合った企業を上手に見つければ、プライベートも充実できる働き方が可能なタクシー乗務員は転職先として魅力的な仕事となります。タクシー乗務員として長く活躍したいのであれば、働きやすい環境に加えて、体力に過度な負担をかけない勤務形態であることも重要です。

数多くのタクシー会社があり、転職の際に選択肢が複数あるからこそ、自分の希望に合ったタクシー会社を選ぶようにしましょう。

   Send article as PDF   

日本交通グループなら土地勘のない都心部でも大丈夫!地方から上京してタクシー乗務員になる場合の安心ポイントを紹介

日本交通グループなら土地勘のない都心部でも大丈夫!地方から上京してタクシー乗務員になる場合の安心ポイントを紹介

タクシーの乗務員になろうと考えた場合に多くの人が不安に感じるのが土地勘の問題ではないでしょうか。

地元ならともかく、知らない土地で運転手をする場合、ルート選択で失敗しないか心配になるものです。そこで、日本を代表するタクシー会社のひとつである日本交通グループを例に挙げつつ、土地勘のない場所でもタクシー乗務員としてやっていけるのかどうかについて解説をしていきます。

最初から土地勘のあるタクシー乗務員はいない!

タクシー乗務員といえば、みな地理に詳しいというイメージがあります。

なかには「担当地域の道ならほとんど把握しているのだろう」と思っている人もいるかもしれません。しかし、それは実情とは異なります。

多くの乗務員は地元とは違う場所で営業をしているため、少なくとも、最初はその土地に関して不案内です。

また、仮に多少の土地勘があったとしても中途半端な知識は逆効果になりかねません。なぜなら、タクシーというものはただ目的地にたどり着ければよいというわけではなく、渋滞などを考慮したうえで最も早く到着できるルート、あるいは有料道路を避けて最も安く到着できるルートなどを常に判断しなければならないからです。

中途半端な知識に頼ると間違った判断をしてしまいがちで、それなら、白紙の状態からタクシー乗務員としての正しい知識を積んでいったほうがマシだというわけです。

以上のことからもわかるように、タクシー乗務員を始める際には全員がゼロからのスタートになります。したがって、自分だけが土地勘がないのではないかと不安がる必要はないのです。それに、日本交通グループの場合はまだ経験の浅いタクシー乗務員に対するフォローもしっかりしているので安心です。

初めての道でも安心!全車両にカーナビ搭載

日本交通グループの主な営業エリアは過密な都市部です。

地方から出てきた人間がそうしたエリアでタクシー乗務員の仕事をした場合、右も左もわからずに戸惑うことにもなりかねません。

しかし、日本交通グループでは全車両にカーナビが搭載されています。カーナビを使用すれば目的地までスムーズに案内してくれますし、カーナビを使ったからといって文句をいうお客さまもまずいないはずです。それに、カーナビがあれば遠距離でも不安なく車を走らせることができるというメリットがあります。

たとえば、大阪から滋賀県まで行きたいというお客さまがいたとします。滋賀県にいったことがない場合、カーナビがなければ断りたいところですが、それが全く問題なく送り届けることができるのです。そうなれば、かなりの長距離を走ることになるので売り上げにも大きな貢献ができます。また、日本交通グループのタクシーにはGPSカーナビ対応のデジタル無線が装備されています。それによって、迎えに行く段階で場所がわからなくて手間取ってしまうといった心配もなくなります。

つまり、万全の装備によって、土地勘がなくてもスムーズな送り迎えができるようになっているわけです。

未経験者の不安を払拭する!充実の研修制度

日本交通グループは研修も充実しています。研修期間は経験者なら10日程度ですが、未経験者の場合は1カ月みっちりと時間をかけておこないます。

そのあいだに運転スキルの向上を図ると同時に、総合研修センターで接客サービスの習得や地理の理解などを深めていってもらおうというわけです。まず、地理講習会では配布したテキストに基づき、熟練教師による講義をおこないます。よく通る道から順に教えてもらえるので、効率よく学習を積むことができます。

また、営業所に配属されてからも、ベテランの班長が同乗をしたうえで指導をおこなってくれるので安心です。班長からは運転技術や接客の指導だけではなく、早道・近道・お客さまの多いエリアなどを教わり、より実践的な地理の知識が身につくことになります。

このように、地理に関しては二重三重の教育システムがとられているのです。そして、その事実を知っていれば、たとえ慣れない土地であっても、安心してタクシー乗務員を目指せるのではないでしょうか。

研修後のフォローアップ体制も万全!

日本交通グループでは同乗指導が終了し、一人で営業をおこなうようになったあとも、さまざまなフォローアップで新人をサポートしています。

たとえば、運行管理者や教育担当乗務による新人ミーティングです。もし、営業中にわからないことや疑問点があった場合はそこで確認ができるというわけです。

また、その他にも、黒タク教習、地理勉強会、流し方教室などといった教育プログラムが用意されています。特に、地理勉強会は積極的に参加することで地理のスキルをぐんぐん向上させていけます。

もちろん、それほど地理のスキルが高くない人でもカーナビがあれば営業は可能です。しかし、能力が向上すると、それだけ、瞬時に適切な判断を下せるようになります。そうなれば、より効率よく稼げるようになるはずです。

タクシー乗務員を目指すのに土地勘は不要!

土地勘のない場所でタクシー乗務員をするのは不安が大きいものですが、それほど心配する必要はありません。なぜなら、多くのタクシー会社では乗務員に対するフォローアップ体制が充実しているからです。

カーナビが搭載されているのはもちろん、研修も丁寧におこなってくれます。しかも、勉強会などで必要な知識を身につけることができるのです。以上の点を踏まえたうえで、タクシー会社への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

   Send article as PDF   

日本交通グループのタクシードライバーは高年収!?都心部なら需要が高く収入がイイ! ズバリ年収はどのくらい?

日本交通グループのタクシードライバーは高年収!?都心部なら需要が高く収入がイイ! ズバリ年収はどのくらい?

タクシードライバーとして転職したいと考えている場合、いったいどこの会社に所属して働くのがいいか迷ってしまう人もたくさんいることでしょう。

日本交通グループのタクシードライバーは、特に都心部では需要の高さが目立っています。
今回はその理由について、タクシードライバーの仕事や年収などと一緒に説明していきます。

そもそも日本交通グループってどんな会社?

日本交通グループは、インフラ業界でも安定した優良企業です。

日経MJではサービス総合調査をおこなっていますが、日本交通グループはハイヤー・タクシー部門で売上高ナンバーワンを9年間連続で達成しています。

スマホでタクシーを呼ぶための配車アプリを自社で開発したり、コンビニにタブレットを設置してタクシー乗り場として利用したりするなど、新しいサービス展開にも積極的です。

また、老舗デパートや航空会社、有名グルメ情報サイトとの提携した事業の躍進ぶりは、複数のテレビ番組や新聞などでも紹介されています。

なぜ需要が高い?都心部で働く日本交通グループのタクシードライバー

日本交通グループは、長年、業界においての最大手としての実績を積み上げてきました。東京をはじめとして、大阪、京都、神戸など、人口の多い都市部では業界最大手としてのブランド力もあって、たくさんの人々から選ばれているのです。

そのため、都市部で働く日本交通グループのタクシードライバーの需要が高いのは、当然の流れとも言えるでしょう。

サービス内容も幅広いことも、需要拡大となっている一つの要因です。

日本交通グループは、大企業をクライアントとするハイヤーの依頼や、海外からの要人を空港で送迎する業務などもおこなっています。タクシードライバーでありながら、事前予約や時間貸切り制で提供しているハイヤーのようなサービスもあります。

これはエキスパートドライバーと呼ばれるドライバーで、ハイグレード観光ドライバー、ハイグレードキッズドライバー、ハイグレードケアドライバーの3種類です。

観光では個人のクライアントを対象にコミュニケーションをとりながら観光のガイド役も務めます。語学力を生かせる仕事です。

キッズドライバーは子供たちを中心に、時には妊婦や新生児を運びます。

ケアドライバーは高齢者や身体が不自由なクライアントの送迎や外出先でのサポートもおこなう業務で、高齢社会のニーズにもマッチしたサービスです。よって、利用者の増加も、今後はますます見込まれるでしょう。

一般のタクシードライバーも、もちろん需要が多いため、高い売り上げを誇っています。

たとえば、都内には日本交通のタクシーしか利用することができない専用の乗り場が38カ所あります。それに加え、自社開発のアプリや、そのほかのコミュニケーションアプリを利用して配車が可能なので、日本交通グループのタクシーは、多くの利用者から選ばれるベースが確立されているのでしょう。

気になるお給料!年収はどのくらい?日本交通グループだと未経験者でも安心して働ける理由は?

タクシードライバーの給料は、一般的には歩合制を取っています。

それぞれのタクシードライバーの売り上げのうち、一定の割合が給料として支払われるという形です。売り上げのいいドライバーは、それだけ年収もいいということになります。また、その逆も然りというわけです。

未経験でタクシードライバーに転職した場合、一般的なケースだと、収入が不安定になる可能性も出てきてしまいます。

しかし、日本交通グループには給与保証があるため、転職したばかりの人でも安心です。
40万円×3ヶ月+35万×9ヶ月(12ヶ月補償制度)※要件ありの給与で保証してくれるのです。

日本交通グループでは、タクシードライバーとしての基礎を学べる研修の場も提供しています。地理についての教育にも力を入れているので、担当エリアについてしっかりと知識をつけることも可能でしょう。

都市部では利用客も多く見込めるため、順調な売り上げも期待できそうです。

転職前に気になることを再確認!タクシードライバーになるには資格は必要?どんなリズムで仕事をしている?

日本交通グループのタクシードライバーに転職する場合ですが、学歴や経験などは不問です。

自動車普通免許については、取得してから3年以上経過していることが基本的な条件になります。その場合、AT限定であっても大丈夫です。

すべてのタクシーに最新型のカーナビを搭載しているので、地理に詳しくなくても差し支えありません。

タクシーを運転するためには2種免許が必要なのですが、取得に向けての研修が用意されています。最短では9日間で取得が可能です。

2種免許を取得するための費用については、会社が負担してくれます。

また、ハイグレードケアドライバーのために役立つホームヘルパーや資格救命技能認定などの専門資格を取得する際も、日本交通グループでは会社に費用を負担してもらうことが可能です。

未経験からの転職!日本交通グループのタクシードライバーならOK!

給与は歩合制で支払われるのが、一般的なタクシードライバーの世界です。

日本交通グループも例外ではありませんが、12カ月の給与保証があるので、未経験からの転職でも安心して仕事ができます。

売り上げ業界ナンバーワンを9年間連続している企業なので、集客のベースが整っています。それゆえ、都市部での需要は多いことも、大きなメリットの一つだと言えるでしょう。

   Send article as PDF   

40万円×3ヶ月+35万×9ヶ月(12ヶ月補償制度)※要件ありの給与保証がある日本交通グループならタクシー乗務員として安心して働ける

タクシー乗務員として働きたいと考えているときに、どの会社に入社したら良いのかで悩む人もいるでしょう。日本交通グループでタクシー乗務員になると安心して働き続けられる魅力があります。
全く経験がなかった人であっても転職してから長く働いている人が大勢いますが、どのような制度や職場環境が整えられているのでしょうか。

タクシー乗務員の給料について知っておこう

日本交通グループがいかに魅力的かを理解するためにはタクシー乗務員の給料についてどんな仕組みで支払われているかを知っておくことが必要です。
サラリーマンの場合には一定の月給が支払われ、年次昇給を受けたり、成果を評価されて給料を上げてもらえたりすると収入が増えていくのが一般的でしょう。しかし、タクシー乗務員の場合には歩合制になっていて、売り上げに対して一定の割合の給料をもらうことができます。つまり、タクシー乗務員になって安定した収入を得られるようになるには、コンスタントに売り上げを出せるようにならなければなりません。
このような給与体系になっていることを念頭に置いて、日本交通グループならなぜ安心して働けるのかを考えてみましょう。

未経験でも給与保証があるから安心

未経験でこれからタクシー乗務員になりたいと思っている人は、転職した途端にほとんど収入がなくなってしまうのではないかと懸念するでしょう。最初はノウハウがないのでほとんど乗客を手に入れられない人もたくさんいるのも事実です。
しかし、日本交通グループでタクシー乗務員になれば給与保証があるので当面は心配ありません。40万円×3ヶ月+35万×9ヶ月(12ヶ月補償制度)※要件ありを保証してくれるので、その間に地理について学び、営業の仕方を体得して稼げるようになっていけば良いのです。

日本交通グループではただ給与保証をしているだけでなく、研修を実施してタクシー乗務員としての基礎を学べる機会を提供しています。特に地理について力を入れていて、入社してから短期間で担当エリアについて十分な知識を得ることが可能です。仕事に不安がある人も安心。というのが日本交通グループの特徴で、上司や同僚などからアドバイスを受けられる環境も整っています。
最初は本当に売り上げがわずかでこの先どうなるのかと心配になる人もいますが、三ヶ月の間に立派に成長して十分に売り上げを伸ばしていけるようになっているケースが多いのです。

キャリアアップも視野に入れられる

タクシー乗務員になって、タクシーを必要としている人たちに貢献しつつ、しっかりと稼げるようになりたいという高い志を持っている人もいるでしょう。
日本交通グループでは業界最大手として広いエリアで多くの人から利用されているため、その目的を遂げるのに適した環境が整っています。大企業からのハイヤーの依頼なども多く、海外からの要人を空港まで迎えに行くのを任されることも稀ではありません。
語学力がある、介護経験があるなど、様々な経験を生かして他のタクシー乗務員にはできない役割を担っていくことが可能です。

その実績に基づいてキャリアアップもしていける体制が整っているのも日本交通グループで長く働ける理由です。
人によっては、タクシー乗務員として定年まで働き続けるのが適している人もいますが、実はあまりドライバーとしての適性がなかったり、適性があったとしても、ドライバー以外でもっとタクシー会社の中で活躍できるポジションがあったりするケースもあります。
実績や適性に応じてキャリアアップがあるのは日本交通グループの優れているところで、タクシー乗務員から本社勤務に異動する人も少なくありません。
企業として大きな利益を上げつつ、社会貢献できるための人材配置をしているので、適任と認められれば昇進していくこともできるのです。
昇進すればさらに年収も上がり、生活も豊かにしていくことができるでしょう。

数字が物語っている安心感

日本交通グループは業界最大手として日本全国でよく知られていて、タクシー乗務員になりたいと思った人がよく候補に挙げています。初めての人でも安心して働ける制度を作り上げ、職場環境も良好な形に整えてきているのは魅力と言えるでしょう。
その結果は数字でもはっきりと示されていて、入社満足度98%を誇っているのが日本交通グループです。入社して手厚い給与保証を受け、その間に必死に勉強して成長し、大きな売り上げを達成している人も少なくありません。
さらにキャリアアップしてタクシーをもっと使ってもらうための広報活動や営業活動などで成果を出している人もいます。適性と興味に応じて最適と考えられる仕事に従事できるようにする体制が整っているので、入社直後だけでなく、いつまでも高い満足度で働き続けられるのが日本交通グループの魅力と言えるでしょう。

安心して働ける日本交通グループに転職しよう

タクシー乗務員に転職したいと思っている人は安心して働ける業界最大手の日本交通グループを候補にしてみましょう。特に未経験の場合には最初は売り上げがなくて収入が悩みになってしまいがちです。
給与保証が手厚い日本交通グループならその問題はなく、キャリアアップするための体制も整っているので将来的にも安心できるでしょう。

   Send article as PDF   

東京都内でタクシー乗務員へ転職するなら業界最大手がいちばん!圧倒的No.1の実績を誇る日本交通グループへ!

東京都内でタクシー乗務員へ転職したいけれど、これまでドライバー職は未経験だし、業界についても詳しくないので、何かと不安。こんな方はいませんか。それならば、日本交通グループへ応募することをおすすめします。
業界最大手のタクシー会社なので、未経験の方でもしっかりサポートしてくれる環境があります。そこで、日本交通グループへの転職に役立つ情報を、ここから詳しく紹介していきましょう。

未経験者でも収入面のサポートが充実しているから安心!

東京都内でタクシー乗務員へ転職するにあたって、誰でもいちばん気になるのが、収入面ではないでしょうか。
通常タクシー業界では、乗務員の売上高に合わせて給与が増減する、歩合制を採用しているケースが大半を占めます。つまり仕事への努力や工夫次第では、いくらでも収入を伸ばすことが可能な業界なのです。
その一方で、まだ仕事に慣れない未経験の新人タクシー乗務員にとっては、最初の頃はなかなか収入が安定しないケースが多いのも、ひとつの事実です。

この点、圧倒的No.1で毎年売上高は伸びている、日本交通グループであれば心配無用です。
未経験の新人タクシー乗務員に対しては、充実した研修制度があることに加え、給与面でもしっかりサポートする環境があるからです。
まず未経験者でも入社1年目から、業界最高水準の420万円という平均給与を実現しています。また研修後の最初の3ヶ月は、月給40万円の給与保証があるので、当初は収入を気にせずに仕事に集中できます。

直ぐに一人前のタクシー乗務員へ!業界最大手にふさわしい人材育成の環境がある!

先述したように、タクシー業界では歩合制を採用しているケースがほとんど。一人前のタクシー乗務員になるには、常に一定以上の売上をコンスタントに実現しなければなりません。
日本交通グループであれば、業界最大手ならではのノウハウを活かした研修制度により、即戦力となるタクシー乗務員を速やかに育成することが可能です。

未経験で入社すると、直ぐに会社所有の専用施設で約1ヶ月ほど研修を受けます。ここでは第二種自動車免許の取得を目指しながら、基本的な運転技術を習得します。同時に、座学による講習によって、接客サービスや都内地理をマスターします。
その後は各営業所へ配属され、実地研修へ移ります。ここではベテランの班長が車両に同乗しながら、運転や接客における実践的スキルの他、覚えるべき道順や地理を徹底に指導します。

日本交通グループの研修制度の特徴は、何といっても常に売上向上の視点から、一貫して研修が進むこと。例えば座学での地理講習では、単にテキストを配布するだけでなく、売上に結びつくコースの組み立て方や、効率的に乗客を目的地へ運ぶ道順などを、詳しく教えていきます。
また実地研修でも、同乗したベテランの班長が、お客の多い地点や時間帯をしっかりと指導します。さらに営業所内では勉強会などを通じて、売上向上のノウハウや新鮮な情報等を、先輩社員と共有します。
このように日本交通グループでは、研修段階から即戦力の乗務員を育成できる環境が整っています。

未経験のタクシー乗務員でも、どんどん売上を伸ばせる仕組みがある!

研修が終わると、いよいよ路上に出て営業が始まります。日本交通グループでは、集客するための優れた仕組みを幾つも用意しており、研修を終えたばかりの新人の乗務員でも、どんどん売上を伸ばせる環境があります。

例えば、大きな駅前ロータリーやオフィス街あるいは観光名所など、都内の主要エリアには独自の専用乗り場を開設。地理に疎い新人の乗務員であっても、待機時間を減らしつつ、スムーズに乗客を見つけることができる仕組みになっています。
また、約12500社という数多くの企業法人とチケット契約を結んでいることも、日本交通グループが有利に集客できる秘訣の1つと言えます。チケット契約の客単価は現金の約4倍もあるので、定期的に利用するお得意様を見つければ、新人の乗務員でも高い売上を期待できます。

さらに、大手タクシー4社の中でもトップクラスの無線配車数を誇っている点、また、安定した集積がある。この2点についても日本交通グループの強みと言えるでしょう。
無線配車であれば、流し営業のように時間や距離をロスすることなく、連絡を受けると直ちに乗客の元へアクセスすることができます。その上、無線配車を利用する乗客の単価は通常の2.5倍あり、リピート率も高いので、少ない営業で効率的に売上へ反映することが可能になります。

このように日本交通グループの幅広く多彩な集客への取り組みにより、未経験の新人タクシー乗務員であっても、コンスタントに一定以上の売上を実現できる環境になっています。

いつまでも長く働ける、手厚いサポート体制が充実!

せっかくプロのタクシー乗務員になったのであれば、いつまでも長く働き続けたいもの。日本交通グループでは給与面以外にも、タクシー乗務員を守る手厚いサポート体制が整っています。
例えば福利厚生面については、各種の社会保険をはじめ、財形貯蓄制度や慶弔見舞い、あるいは無事故表彰制度や自社工場によるマイカー車検修理割引制度に至るまで、幅広く多彩な制度をそろえています。

また休暇についても、深夜勤務を含んだ乗務の翌日は、必ず明番や公休日になるように設定されています。さらに事前申告によるシフト制を採用しているので、定められた期限までに休みを申告しておけば、希望する勤務シフトに変更してもらうこともOK。
もちろん年次有給や特別休暇制度も、フルに活用することができます。
なお日本交通グループには、保養所などの社員用施設も充実しています。休暇中には家族旅行で利用することも可能です。このように安心して働ける環境があるのも、業界最大手の日本交通グループの大きな魅力と言えます。

業界最大手の日本交通グループへ今すぐチャレンジ!

東京都内でタクシー乗務員への転職を検討している方の中には、様々な不安や悩みにより、なかなか一歩を踏み出せない人もいるかもしれません。ここまで紹介してきたように、たとえドライバー未経験の方であっても、日本交通グループであれば十分に勤続できる環境があります。
もし少しでも納得したのであれば、安定して働ける業界最大手の日本交通グループへ、今すぐ応募してみてはいかがでしょうか。

   Send article as PDF   

実は休みが多いタクシー乗務員、日本交通グループなら残業なしで安心!転職者も多数在籍!

休みが取れる、残業がないという条件で転職先を探すのであればタクシー乗務員がおすすめです。実はタクシー乗務員は自分のペースで働きながら休みもしっかり取れるので、転職先として人気が高い職業です。
そこで今回は、タクシー会社の中でも最大手の一つである日本交通グループのタクシー乗務員についてその勤務体系や給与などについて解説します。

日本交通グループのタクシー乗務員は隔日勤務だからしっかり休みが取れる!

日本交通グループのタクシー乗務員は、基本的に「隔日勤務」という勤務形態で働きます。隔日勤務とは、働いた翌日が必ず休みになる働き方です。1回の勤務時間は午前8時から日をまたいで午前2時までというパターンが多く仕事を終えた日はそのまま休みとなり翌日の勤務に備えます。
1回の勤務時間が15時間以上と長めですが、休憩時間やランチタイムなども含まれており、安全性は確保されています。もちろん、法定外の残業なしも守られています。
慣れてしまえば日中の休みが取れるので働きやすいと感じる人が多いです。

連休も取ることが可能です。一週間のうち一日は公休日になります。例えば勤務日を月曜日、水曜日、金曜日の3日として日曜日を公休日にするシフトを組むことができれば土曜日と日曜日が実質、連休となります。
隔日勤務は、一般的な会社員の働き方に比べて日中の休みが取りやすいという特徴がある勤務体系です。タクシー乗務員は、家族との時間を多く作りたいという方にとって適切な働き方と言えるでしょう。

日本交通グループは研修が充実しているので初心者でも安心!

初心者がタクシー乗務員になるのは難しいのでは?と感じている方も多いのではないでしょうか?実は、タクシー乗務員は未経験からの転職者も多い職業です。
日本交通グループなど、大手のタクシー会社であれば研修や新人乗務員へのサポート体制が充実しているので安心して働き始めることができます。

日本交通グループでは、入社した新人乗務員のために1ヶ月間じっくりと研修を行います。この研修には教習所での二種免許取得研修も含まれています。事前に二種免許を取得しておく必要はありません。免許の取得費用は日本交通グループが立て替えてくれます。
二種免許取得後も運転スキル向上、基本的な接客、営業ノウハウ、周辺地理や都内地理に関する講習など充実した内容の研修が用意されています。新人乗務員でも安心して一人で働き始めることができるのです。

日本交通グループの実績は業界トップクラス!

日本交通グループは、業界トップクラスの売上を誇るタクシー会社です。そのため、タクシー乗務員も業界トップクラスの給与を受けることが可能と言えます。
日本交通グループは、先輩乗務員が後輩乗務員に対して稼ぎやすいスポットを教えたり、接客や運転技能に関するアドバイスをするなど乗務員同士の関係が良いので乗務員のレベルが高いのがその理由の一つです。
また、日本交通グループは多くの専用乗り場があるうえに、評判の良さから配車依頼も多いです。街中で乗客をなかなか見つけることができない日があっても、別の方法でお客を乗せる機会を得られる可能性が高いです。
専用乗り場がデパートや一流ビルなど、タクシーを利用する人が多いスポットにあるのも大手ならではの強みと言えます。

近年は、スマートフォンアプリを経由しての配車依頼も増えています。利用者にとっては、タクシーの配車を依頼することが簡単になったと言えます。
日本交通グループの無線配車は他社の約3倍で、単価は通常の案内の2.5倍です。無線配車の数の増加はタクシー乗務員の給与アップにもつながっています。

日本交通グループでは幅広い年齢層のタクシー乗務員が活躍中!

日本交通グループには、20代~60代の幅広い年齢層のタクシー乗務員が在籍しています。65歳以上の乗務員は400名以上在籍しており、体力的には長く働くことができる職業であることが明らかになっていると言えます。
タクシー会社の中でも働きやすさNo1と評判の日本交通グループは、乗務員のシフト管理が徹底されています。体力に自信がないという人でもタクシー乗務員として長く働くことは難しいことではないでしょう。
勤務日の変更も1ヶ月前までに申告すれば考慮してもらえます。子どもの運動会など家族にとっての重要なイベントに対応することも可能です。

女性の乗務員が多いのも日本交通グループが働きやすいと言われる理由の一つです。子連れの母親やお年寄りのお客様の中には、配慮が行き届いた運転をしてくれるというイメージから女性の乗務員を求める声も多くあがっています。
女性乗務員の需要もあるので、女性だからとタクシー乗務員への転職を諦める必要もありません。

タクシー乗務員なら仕事もプライベートも充実させることができる

タクシー乗務員について過酷な労働環境の中で働ているというイメージを抱いている人も多いでしょう。しかし、日本交通グループでは隔日勤務という働き方で多くのタクシー乗務員が休みをしっかりと確保しながらやりがいをもって働いています。
タクシー乗務員は自分にとって無理のない働き方を探したいと考えている転職希望者に適した職業の一つと言えるでしょう。

   Send article as PDF   

タクシー乗務員の勤務体系選べる日本交通グループの待遇は?「土日祝休みも可」の会社では幅広い年齢層が働いている!

タクシードライバーの仕事は、いろいろな働き方ができるのが魅力になっています。
しっかり稼ぎたい人は正社員、短い時間だけ働きたい人はアルバイトやパートの雇用形態で働けるため、自分のライフスタイルに合わせて仕事ができます。
ただ、雇用形態が違うと、待遇面に差がでることが多いです。
ここでは、日本交通グループのタクシードライバーにスポットを当てて、正社員とアルバイト、パートの待遇について検証していきます。

勤務のスタイルが選べる日本交通グループ

日本交通グループのタクシー乗務員の募集は正社員が多いですが、アルバイトやパートの求人も見られます。20代~70代まで働いている日本交通グループのタクシードライバーは、入社してからでも自分のライフスタイルに合わせて勤務体系選べることが多いです。
こちらのグループで正社員として働く場合、定年は60歳から65歳前後です。ただ、定年後も引き続き雇用形態をアルバイトに変えて働き続けることは可能です。
日本交通グループのタクシー乗務員は、定年まで働く人が多いのが特徴になっており、70歳を過ぎても継続して勤務する人が見られます。

幅広い年齢層が働いている点や年代を問わず離職率が低い点は、職場環境が良い証と言えるかもしれません。ちなみに、日本交通グループで働く正社員のタクシードライバーは、「土日祝休みも可」です。この会社では事前にシフトを申告するスタイルをとっており、あらかじめ予定を組んでおけばカレンダー通りに休みを取ることも可能です。休憩時間は一人の時間を楽しむことができるため、人づきあいが余り得意でない人でも働きやすい環境が整っています。

正社員とアルバイトは収入面に違いがでることが多い

日本交通グループで働く正社員とアルバイトの違いは、給与などの収入面に大きく現れます。こちらのグループで正社員のタクシードライバーとして勤務する場合、基本給と実績に応じた歩合給が支給されます。
入社後の数カ月間は給与保証が受けられることから、未経験からドライバーにチャレンジした人でも、安定した収入が得やすいのが正社員の場合です。入社1年目から一定の年収が確保できるところは、正社員の大きなメリットと言えるでしょう。
アルバイトの場合は基本給はなく、実績に応じて賃金が支給されます。給与保証の制度などは用意されていないため、実績が上がらない月はそれだけ収入も減ってしまうのがアルバイトの場合です。

正社員は年数回の賞与が支給されることから、同じ時間だけ働いても年収はアルバイトよりも多くなるのが一般的です。1日3時間、週3日程度から働ける日本交通グループのアルバイトは、「年金収入を補いたい」や「少額のパート収入を得たい」人などから人気があります。

日本交通グループの正社員は福利厚生が充実している

福利厚生も、正社員とアルバイトの違いが現れやすい部分です。日本交通グループの正社員は、福利厚生が充実しているのが特徴になっています。年次有給休暇や特別休暇が用意されていたり、慶弔見舞金がもらえたりするところは、正社員ならではのメリットです。
また、社内にステップアップができる制度が用意されているのも日本交通グループの魅力と言えます。経験を積めば、一般のタクシー乗務員から企業の専属ドライバー、ジャンボハイヤーのドライバーにステップアップができるため、未経験者でも将来の展望を持って働けます。

入社後のキャリアパスが用意されているところは、日本交通グループで正社員として勤務する際のメリットになるでしょう。アルバイトのドライバーの場合も、社会保険や研修制度、各種手当などは完備されています。
社内のクラブ活動にも参加できますが、取得できる休暇などは正社員ほど充実していません。ただ、2種免許などはアルバイトも正社員と同様に会社負担で取得ができるため、ドライバーとしての経験がない人でも勤務をすることは可能になっています。

正社員は入社準備金が支給される

日本交通グループに正社員として入社する場合、一定の額の入社準備金が支給されます。このようなお金が受け取れれば、遠隔地から勤務場所の近くに新たに家を借りるときでも経済的な負担が少なくなるでしょう。
夜のシフトでしっかりと稼ぎたい人は、職場の近くに家があったほうが便利です。日本交通グループのタクシー会社では、社員寮や社宅も完備しているため、空きがあれば利用できるケースもあります。アルバイトの場合は、入社準備金などとくに用意されていません。

したがって、入社にともなって引っ越しをする際には自分で費用を負担する必要がでてきます。ただ、日本交通グループの社員寮や社宅は、アルバイトでも利用が可能になっています。正社員には及ばないものの、アルバイトでもさまざまなメリットが得られるのが、日本交通グループのタクシードライバーと言えるでしょう。

待遇の違いをチェックして自分らしい働き方ができる求人を見つけよう

ここで取り上げた日本交通グループの場合も、正社員とアルバイトとではタクシードライバーの待遇面に少し違いが見られます。
これから応募する求人を探すときは、自分が希望する働き方ができるかどうかが、1つのチェックポイントになってきます。待遇面の違いもしっかりと確認して、自分に合った求人を見つけていきましょう。

   Send article as PDF   

高年収で成長できる環境もそろっている!収入も夢も期待できる日本交通グループの平均年収を解説

タクシードライバーというと、収入が低く激務というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
確かに、業界全体の平均年収はあまり高くありません。しかし、タクシー業界は、所属する会社によって収入も労働環境も大きく異なります。業界最大手の日本交通グループなら、高収入を得るのも夢ではありません。
ここでは、日本交通グループのドライバーの年収や制度について説明していきます。

タクシードライバーの平均年収はどれくらい?

政府の統計によると、2017年度のタクシー運転手の平均年収は約332万となっています。これだけをみると、やはりタクシー運転手は稼げないと感じる人も多いでしょう。
しかし、タクシー運転手の場合は、統計に表れる平均年収の金額はあまり参考になりません。なぜなら、タクシー運転手の給与はほとんどの会社で歩合給となっているからです。
これが、給与が固定給で支払われることが一般的な業種であれば、業界の平均は参考になるでしょう。しかし、歩合給制は成果に応じて給与の額が変動する制度のため、実際の収入は個人によって大きく異なるのです。

タクシー運転手が所属する企業の規模によっても、年収には差があります。一般には、企業規模が大きくなるほど収入も増える傾向にあります。これは、企業規模が大きく知名度の高い会社であればあまり知られていない会社のタクシーよりも乗客に選ばれやすいことや、ドライバーの研修体制が整っていて成長できる環境があることなどが、理由として挙げられるでしょう。

日本交通グループの社員はどのくらいの収入が得られるの?

日本交通株式会社は、ハイヤー・タクシー業界の老舗最大手の会社です。関連会社を含めたグループ全体の売上高は、業界トップクラスを誇り続けています。
これは重要なポイントで、安定した売上があるからこそ、社員にも還元でき働く環境も整っているのです。
たとえば、日本交通で未経験からスタートしたドライバーの平均年収は、420万円もあります。通常、タクシードライバーを始めたばかりのころは乗客をうまく得られなかったり接客がうまくできなかったりして、なかなか売上が伸ばせないことが一般的です。
個人の売上が上がらなければ、歩合給であるタクシードライバーの給与は低くなってしまいます。

ところが、日本交通のドライバーは、初年度から納得のいく給与を手にしています。ドライバーとして働き続けるほどスキルやコツを習得してより効率的に稼げるようになりますので、もっと高年収を得ることも夢ではありません。
日本交通グループのドライバーは、どうしてこのような高収入が得られるのでしょうか。その理由は、日本交通の働く環境や体制にあります。

充実の研修で稼げるドライバーに

日本交通グループでは、新人ドライバーに対して手厚い研修が行われています。タクシードライバーの経験がない新人に対して行われる研修の期間は、約1カ月です。
第2種免許を所持していない人は、研修期間の最初に取得します。取得にかかる費用は日本交通グループが負担しますので、金銭的な負担はありません。
その後は、総合研修センターで接客サービスや地理を学びます。タクシードライバーはサービス業でもありますので、接客スキルを磨くことは大切です。接客が良ければ、一度利用した乗客から指名を受けるということもあるでしょう。
その後、営業所に配属されて、営業ノウハウを習得します。なお、研修期間中でも日当が1万円支給されます。

このように、売上に直結する実践的な研修を時間をかけて行いますので、新人でも高年収が目指せるのです。とはいえ、実際に仕事を始めると、最初は緊張してうまくいかないという人もいるでしょう。
日本交通では、初めの3カ月間は40万円もの給与保証が受けられます。
給与が保証されている3カ月間でペースをつかむことで、保証期間後もスムーズに売上を上げることができるようになるでしょう。
なお、日本交通グループは業界最大手だから働きやすいとして、業界内でも移動してくる人が多いです。ドライバー経験者であれば、研修は10日間で済み、すぐに現場に立って営業できます。

働きやすい環境が整っている!

タクシードライバーの給与は歩合給です。歩合率は会社によって異なり、50%程度というところもよくみられます。これは、たとえば月間の売上が50万円の場合、その50%の25万円が取り分になるということです。
日本交通の場合、給与は固定給+歩合給のしくみを採用していて、さらに歩合率は62%と業界最高の水準にあります。
それだけドライバーの取り分が多くなるということで、これも日本交通のドライバーの年収が高い理由でしょう。
なお、タクシードライバーというと、残業が多く激務という印象を抱いている人も多いのではないでしょうか。
しかし、日本交通グループでは法定外の残業は認めていません。また、休みたい日があるときは、事前申告すればシフトに組み込んでもらえます。時間に追われることがなく、自由なペースで働くことが可能です。
ライフ・ワーク・バランスが整っていることで仕事にもより意欲的に取り組め、さらに高収入が目指せるでしょう。日本交通グループは、収入も夢も期待できる環境が整っているのです。

タクシードライバーへの転職を検討しているなら日本交通グループへ

タクシードライバーは、未経験でも挑戦しやすい職場です。しかし、採用されたあとに満足のいく収入を得られるかどうかは、どこに就職したかで大きく変わってきます。
タクシードライバーとして転職を検討しているのであれば、会社は慎重に選ぶ必要があるでしょう。日本交通グループなら、充実の研修体制があり就労環境も整っていますので、高収入が目指せます。

   Send article as PDF