東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職しても、始めのうちは、どうすれば稼げるか分からず、悩む人も大勢います。タクシー乗務員として成功を収めるために大事なことや、稼ぐための基本的なテクニックを具体的に紹介します。

安全運転が何よりも大切

東京都内でタクシー乗務員に転職した場合、最初は誰でも未経験ですので、分からないことだらけになります。そんな中でタクシー乗務員として成功するために一番大事なことは、「安全運転」になります。会社によっては、事故をしたとしても補償してくれるところもありますが、事故を起こさないに越したことはありません。将来的に黒タクシーの運転手や、ハイヤードライバー、個人タクシーとステップアップを目指すにしても無事故無違反は重要な条件になってきます。

また、無線での配車も事故を起こさないドライバーに優先的に回ってきますので、稼ぎにも大きく関わってくる部分だと言えます。東京都内は、道も複雑ですし、初心者のうちは見込み客を探すだけで精一杯になってしまい、安全確認を怠りがちです。安全に運転するためには、とにかく後ろの車に迷惑にならない範囲で、ゆっくり走ることが肝要です。他にも、合図をなるべく早めに出したり、急発進や急ブレーキは避けること、左折の巻き込みに注意するといった基本的な運転方法に忠実に従うことが大切です。

また、疲れていると、どうしても注意力が散漫になって、事故を起こしやすくなりますので、しっかりと睡眠や食事を取るといった健康管理も重要になってきます。

笑顔や、話し方にも気を配るのは重要

タクシー乗務員として少し慣れてくると、安全運転が段々と身に付いてきて、余裕が出てきます。タクシードライバーとして成功するための次の段階として、より質の高いサービスを目指すことが挙げられます。

タクシー乗務員としての仕事は、運輸業であるだけでなく、接客業でもあることを忘れないようにしましょう。
具体的には、お客さんに対して笑顔を心がけることや、基本的な挨拶をすること、ハキハキと喋るように努力することです。取って付けたような愛想笑いではなく、相手のことを不快にさせたくないという気持ちがあれば、どのように行動すべきかは自ずと分かるはずです。

休日などに、家族や友人を相手に接客技術を試してみて、技術を磨くのも良い方法です。技術を磨かずに、お客さんを怒らせてしまえば、会社にクレームとして連絡が入って指導を受けることになるでしょう。逆に良いサービスをして、お客さんから高い評価を受ければ、指名で予約が入ることになるかもしれませんし、そうならないとしても、会社からの信頼は厚くなり、無線での配車を回してもらえるようになったり、将来のキャリアアップにも有利に働くことになります。

先輩に分からないことは質問する

タクシードライバーとして成長するためには、自分自身の努力が肝要ですが、自分一人の力だけでは限界があります。先輩にわからないことは聞くという態度も、できるだけ早く成長するためには重要です。あまり色々聞いては失礼だとか思うかもしれませんが、頼られて嬉しくない人はいませんので、接客業の練習も兼ねて積極的に聞いてみることをお勧めします。もちろん、プライベートなことなどをただ闇雲に聞くのではなく、お客さんの情報や事務所からの無線の情報、乗り場や付け待ち場所の情報などを聞くようにすれば、自分自身の売上アップにも繋げることができるでしょう。近道や抜け道などの情報も役に立ちます。

他にもタクシードライバーとしての自分の悩みや問題点などを聞いてもらって、アドバイスをもらうこともできます。先輩も通った道ですので、きっと良いアドバイスをもらえるはずです。大抵の会社では、未経験の新入社員に研修を行なっていますが、なかなか同僚の先輩に質問しにくいという場合には、研修の時の教官に聞いてみても良いでしょう。先輩ドライバーと良い関係を築いておけば、事故やクレームの時なども近くにいれば助けてもらえるかもしれません。

稼ぐための基本テクニック

タクシードライバーとして最初のうちは特に、街中を流してお客さんを見つける「流し営業」が基本になります。流し営業では、いかにたくさんのお客さんを乗せるかが稼ぐための大きなポイントになります。回転率を上げるためにできることは、渋滞の少ない道を記憶しておいたり、車を上手に車線変更するなどコントロールして、なるべく信号待ちに掛からないようにすることです。

東京都内では特に信号が多いので、何回も信号待ちに当たると膨大な時間が取られることになります。他にも、お客さんを見つける集中力も重要になってきます。運転している間は常に、安全に注意しながらも、歩行者の動きに集中することです。ベテランドライバーになると、お客さんが手を挙げていないのに、車を近づけて乗せることもあると言われています。そこまでのレベルになるには時間がかかりますが、歩行者の動きに集中していくうちに、そうした能力を身に付けていくことができます。

また、1日の終わりには、その日の営業を必ず振り返って、売上が伸びたにしても減ったにしても、その理由を分析する習慣をつけるようにしましょう。そうすることによって、売上の伸ばし方や、避けた方が良い営業の仕方を自分の中で蓄積していくことができるようになります。

東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

タクシー乗務員の給与体系は、固定給と歩合給の合計となっており、年齢によらず頑張った分だけ自分の稼ぎも上がる成果主義なところがあります。年に300万円も稼げない人がいる一方で、その倍以上の収入がある人もいるのです。この違いは一体どこからくるのか紹介していきます。

働く意欲や勤務体系が違いを生む

東京都内のタクシー乗務員の平均年収は約400万円となっていますが、前述のように個々の収入に大きな幅があるのは、ドライバー自身のやる気によるところが大きい傾向にあります。ドライバーの平均年齢は55歳程度と高く、中には年金受給者もいるので、生活が成り立つ程度に稼げるのならばそれで良いという人も多く居ます。タクシー乗務員は稼げない仕事という訳ではなく、稼ごうとする意欲の差が収入に表れやすいのです。そのため、働く意欲のある若い従業員や転職者の収入の方が良くなることも珍しくありません。

また、勤務体系によっても収入は大きく異なってきます。これは、昼間に仕事をする日勤と、夕方から深夜にかけての夜勤、丸一日仕事をして一日休む隔日勤務の3種類に分けられます。体への負担を考慮しなければ、他の交通機関が止まり料金が割り増しになる、夜間の稼げる時間帯に集中して働くことのできる夜勤が、最も稼ぎが良いでしょう。体調が心配であれば、月の2/3程度が休みになる隔日勤務も、夜間の営業ができるので比較的安定した収入が見込めます。ほとんどのドライバーが採用している勤務体系で、休みも多く効率的に稼ぐことができます。

所属するタクシー会社によって収入に差が出ることも

東京都内には中小企業から大手まで様々なタクシー会社があります。それぞれに、所属することによる長所と短所がありますが、収入面で考えれば中小よりも大手の方がより稼ぎやすい傾向にあります。

大手タクシー会社は都内に愛用している乗客も多く、そこのタクシーにしか乗らないという人もいるほどです。特に大日本帝国と呼ばれる東京の最大手4社は、特定の会社のみが使用できる専用のタクシー乗り場も多く、ドライバーが乗客を見つけやすくなります。加えて法人との契約も多く、その企業の顧客やお得意様が移動・帰宅時に無料でタクシー利用できる、タクシーチケットの契約をたくさん持っていることも強みです。このサービスは企業側がタクシー代を払い、実際に利用する乗客はお金の心配がないので、より長距離コースになるなど利用料金が高くなりやすく、客単価の上昇につながります。また、独自の配車アプリを開発している会社も多く、円滑な営業が可能です。

その一方で、大手のブランド故に乗客の見る目は厳しいことが多く、些細な事で苦情が入ることも少なくありません。この点、中小企業の方が自由度が高く、収入は劣るかもしれませんが比較的気楽に働けるでしょう。

乗客の見極めも重要なポイント

2017年1月に、都内のタクシー初乗り料金が730円から410円に引き下げられました。このことからも、乗客数を増やすだけでなく、いかに高単価の客に乗ってもらえるか、つまり長距離を移動する乗客を多く獲得できるかも重要になってきます。これが稼げる人と稼げない人の収入差に如実に表れるのですが、人・場所・時間の3点を押さえれば比較的見極めが楽になります。

まず、どのような人が多く支払ってくれるかを考えます。学生や主婦では遠出をすることはあまり考えにくく、高額を支払う可能性も高くありません。これに対し、お金持ちや、会社の経費としてお金をある程度自由に使えるサラリーマンは高単価な傾向にあります。

次に、そのような人が多く居る場所で営業することが大切になります。多くの企業が軒を連ねる港区や中央区、千代田区の中でも、赤坂や銀座、八重洲や丸の内、日本橋といったオフィス街付近が狙い目です。また、会社のエントランス側よりも、裏道に回った方が社長や幹部を乗せる機会が増えるでしょう。

最後に、時間帯としては出勤時の早朝と仕事終わりの深夜が稼ぎ時となります。遅刻しそうで急いでいたり、終電を逃し楽をして帰りたい人を乗せれば収入も上がるはずです。

ハイヤーの運転手になることも手段の一つ

タクシーの営業では、常に金払いの良い乗客を見つけられるわけではないので、収入はあまり安定しません。安定した収入を希望していたり、乗客の見極めが苦手な人は、専属ドライバーとしてハイヤーを運転するのも選択肢の一つとなります。

どちらも乗客を無事に目的地まで送り届ける仕事ですが、ハイヤーの場合、役員などより重役の方を会社に時間通り到着させる必要があります。よって、運転能力や周辺地理の理解、接客能力が必要になるため、これらについての教習や試験を行うタクシー会社も存在します。以上のように求められるものも多いですが、勤務時間に無理がなく安定した収入が見込め、全体の給与平均もタクシードライバーより高くなっています。最初のうちは、冠婚葬祭や会食、ゴルフなどの送迎で経験を積み、会社役員や社長の通勤などで定期的な送迎を行うようになります。専属ドライバーに指名されるようになると、特定企業の役員車の代用として、同じ乗務員と車両で送迎を任されます。

上記のように、専属となるための道のりは長いですが、タクシー乗務員としてある程度経験のある方であれば転職も視野に入れてみると良いでしょう。

タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

転職市場として人気のあるタクシー業界ですが、特に東京都内のタクシー乗務員になるとメリットが沢山あります。給与面も良く、ライフワークバランスもとりやすい、想像以上の高環境が見込めるタクシー乗務員のメリットとデメリットを見ていきましょう。

年収一千万も夢じゃない!?

タクシー乗務員の給与体系は、基本的に歩合制です。よって、年齢や経験に関係なく高収入が見込めます。一般的なサラリーマンでは、新卒組と転職組で給与体系やキャリアプランが違うケースも見られますが、タクシー乗務員ではそういったことも無く、自分の実力次第でいかようにも給与アップ・キャリアアップが可能です。

特に東京では人口が集中しているため、タクシーの需要も比例して高く、稼ぎやすさも断然高くなります。手取りで月収35万円以上もらえる、年収500~600万円のドライバーも少なくありません。タクシー業界の給与は「安い」というイメージを持たせるデータも多いですが、実際はそんなことはありません。年収平均が300万円前後と言われていますが、年金をもらいながらドライバーをしている人や、副業として勤務しているドライバーも含まれているためこのような結果になっています。

モチベーションの高い方は、年収800万円~1000万円近く稼ぐ方も少なくなく、大手企業のサラリーマンに勝るとも劣らない高収入を得ています。転職してすぐにその高収入を得ることは難しいですが、自分の努力次第ではしっかり稼ぐことのできる夢のある職場です。

休日が多くプライベートが大充実

近年、ライフワークバランスを重要視する方も増えてきていると思いますが、タクシー乗務員は最もライフワークバランスの取りやすい職業の一つです。勤務体系にもよりますが、基本的には1日通して勤務をし、その翌日は休日になるという隔日勤務が取られています。ということは、月の半分は休みということ。

デメリットとして1回当たりの勤務時間は少々長くなりますが、休みが多い分、家族との時間や自分の趣味の時間は間違いなく充実するでしょう。
また、シフト制のため隔日勤務も絶対では無く、平日・週末・短日休み・連休と休みを使い分けられるので、スケジュールもフレキシブルに調整ができます。

都内の大手タクシー会社などでは、短時間勤務も採用していて、子供を持つ女性や、家庭の事情でフルタイムで働けない状況になっても仕事を続けやすい環境ができ始めています。人生、いつ何が起きるかもわかりませんし、どんな状況でも安定して働ける体制が整っているのは嬉しい点です。

有給休暇なども他の職種に比べて気兼ねなく取りやすい環境ですが、休みやスケジュール調整に関しては会社によって様々なので、ご自身に合った福利厚生のある会社を選ぶことが重要です。

キャリアプランが明確!頑張りやすい環境

タクシー乗務員はキャリアパスが明確なので、自身のキャリアアッププランが立てやすく、モチベーションも上がりやすい傾向です。主な方向性として、観光や介護に特化したエキスパート・ドライバー、ハイヤー乗務員や役員付き運転手、個人タクシー、運行管理者などがあり、一般企業のサラリーマンに比べると、非常にシンプルで自分の今やるべきことが明確です。勤務年数を経て、すべてを試しながら自身の可能性をさぐることも可能ですし、はじめから目標を持ちその道のプロフェッショナルになることも可能です。

研修制度が充実している会社も多いので、選ぶ会社によっては給与をもらいながらスキルアップすることもできます。タクシー業界は、会社組織であっても上下関係やつきあいが少ない分、キャリアアップに対しても他人への遠慮が少なくて済みます。余計なことを考えずに、自身のキャリアプランに対して真剣に考え、集中して取り組むことができる環境のため、己との闘いに勝つことができれば、素晴らしい環境や結果を作り出すことができるでしょう。

定年退職も無く、生涯働ける環境なので、自分にとって一番魅力的な環境を作れるでしょう。

今後さらなる展望が見込めるキャリアパスは?

東京都内のタクシー乗務員に関して、観光タクシーや介護のエキスパート・ドライバーは今後さらなる展望が期待できるでしょう。日本全体は現在超高齢化社会と言われていますが、若者が多いイメージのある東京も同様です。急速に高齢者が増えるとともに、必要となってくるのが介護の人材。介護の人材や介護タクシーが足りないと言われている中、タクシー会社によって行われる高齢者や体の不自由な方のお出かけをサポートするサービスは、ますます需要が拡大するでしょう。

観光タクシーに関しては東京オリンピックもあり、日本に来る観光客も年々増加傾向にあるため、こちらも安定した客数が見込めます。介護のエキスパート・ドライバーになるためには、介護職員初任者研修、普通救命技能認定(AED)のスキル、観光タクシーの乗務員になるためには東京シティガイド検定やその他研修を受けるなど、会社によって必要になってくる資格等ももちろんあります。

しかし、興味のある内容であれば、仕事をしながら資格をとったり、それがまた自身のキャリアアップ、収入アップにつながるというのは、前向きに仕事人生を過ごしていく中で大きなメリットになるのではないでしょうか。

タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

東京都内には、大手とされているタクシー会社が4社存在し、これらを構成する大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の頭文字をとって大日本帝国と呼ばれています。今回はこの大手4社の特徴を紹介するので、転職の際の参考にしてみてください。

大和自動車交通の特徴

昭和14年に設立された大和自動車交通株式会社は大和タクシーとも呼ばれ、東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市、立川市、などでも営業を行っています。連結会社や提携会社を併せたタクシーの台数は約2,400台を数え、他にもハイヤー・福祉ハイヤーを保有しています。タクシー業界では初めて株式市場に上場した企業で、現在は東証2部に上場しています。株式が市場で取引される上場を行うためには、安定的な経営が欠かせませんが、これによって資金を入手することができます。よって、経営が安定しており、豊富な資金を持っていることが覗えます。

「大和のおもてなし」の理念の下、サービスの向上に努めており、夜勤のない昼日勤の設置やセキュリティの完備、産休制度や育児休暇といった福利厚生の充実が特徴的です。このため、新卒や中途採用だけでなく、女性でも安心して働くことができ、採用にも積極的です。

給与の固定額は18万円で、歩合率は59%程度となっており、25万円以上の月収が見込めます。ボーナスは年に3回あり、入社して3ヶ月間は月32万円の給与保証が設けられています。また、東京都23区内営業所においては、1年の内4ヶ月間に40万円か、6ヶ月間で35万円の給与保証制度があります

日本交通の特徴

“日本交通株式会社は、全国12,500社の企業と契約し、「大日本帝国」の中でも最多のタクシーを保有する、この業界において最も安定したトップクラスの企業といえます。特定のタクシー会社しか乗り入れることができない「専用乗り場」が、東京都内に28ヶ所と他の大手タクシー4社と比べて最多の設置数で、ドライバーが乗客を見つけやすいのも強みの一つです。

「徳を残そう」の社是の下サービスを展開していて、新卒やI・Uターン者などを、年齢や性別にかかわらず幅広く採用しています。独自に開発した「全国タクシー配車」というアプリで円滑な配車を実現しているのに加え、最短10日で2種免許を無料で取得できるシステムが設けられています。他にも、稼げるタクシー乗務員になるため、力の入った教育が実施されています。

以上のような経緯から、給与の固定額は他社とあまり変わりませんが、トータルでの給与は高くなっているのが特徴です。具体的には、17万4,200円の固定給と率にして約62%の歩合給で、月46万円が目安となります。研修期間は日給1万円に交通費が支給され、研修後の3ヶ月間は月給40万円の保証があるので安心です。

帝都自動車の特徴

帝都自動車株式会社は、東京23区を中心とした都内14ヶ所にタクシー・ハイヤーの営業所を展開し、「帝都タクシー」の愛称で都民に親しまれています。「大日本帝国」の中では比較的規模が小さめで、タクシー保有台数も940台あまりとなっていますが、タクシー業界内において最大手の一角を占める企業であることに変わりはありません。

「人と人とをつなぐ架け橋」を企業理念に掲げ、21歳~64歳程度までであれば、経験や学歴、性別は問わず採用を行っており、最長で73歳まで就業が可能です。独身寮を設置し、交通費は3万円まで支給されるなど、待遇面や福利厚生が充実しており、社員のライフスタイルに寄り添った働きやすい環境が整っている会社です。
給与固定額は19万円で、これに歩合率約59%の歩合給や諸手当、交通費が支給されることで、月34万円~の収入を見込むことができます。賞与は年に3回で、優良運転者表彰制度が設けられているのに加え、最低給与の保証期間が比較的長く、6ヶ月で34万円が支給されます。ただし、研修期間中の給与は日に1万円(一部では7,000円)で、3万円までの交通費が付きます。

国際自動車の特徴

「kmタクシー」としても知られる国際自動車は大正9年に創業し、東京都をはじめ、埼玉、神奈川、千葉でも営業展開しています。また、タクシー事業に止まらず、「国際ハイヤー」や「ケイエム観光バス」といった事業も行っており、国賓の送迎なども手掛けています。

特徴的な制度としては、社員が会社の株式を定期的に購入することで、中長期の資産作りを支援してもらえる制度があります。加えて、会社からの感謝の気持ちを伝える場として、長年の勤続者への永年勤続表彰や、無事故表彰といった社内表彰制度が設けられています。さらに、「ベネフィット・ステーション」と呼ばれる、レジャーやグルメ、スポーツの他、介護など社員の家族も利用できる福利厚生サービスも揃っています。女性の採用に関しては、特設サイトが設置されており、積極的な女性の採用が行われています。全ドライバーに救命講習が課される他、運行管理者や衛生管理者、救急救命といった資格の取得に関するサポートも万全です。

給与については、固定額の18万円に加え、歩合率は59%ほどで、月給は約41万円となっています。年3回のボーナスがあり、配属後3ヶ月間は月に32万円給与を保証してもらえます。

東京都内でタクシー乗務員に転職する方必見!日本交通がおすすめの理由とは?

東京都内でタクシー乗務員に転職する方必見!日本交通がおすすめの理由とは?

東京には多くのタクシー会社がありますが、ドライバー達の勤務形態や待遇はさまざまです。ここでご紹介する日本交通は、80年以上の歴史を持つタクシー会社です。これまでの実績もさることながら、タクシードライバーとして働くに当たっても条件が良いと評判です。日本交通の魅力について、簡単にご説明していきます。

おすすめの理由その1給与のレベルが高い

業界No.1の実績を持つ日本交通は、タクシー乗務員の給与が概して高いという特徴があります。例えば、入社して1年目のスタッフの場合にも、平均年収は400万円前後です。2年目以降はさらに給与の額が上がる可能性があり、長く働いて経験を積むほど稼げるケースが多いです。

こういったタクシー乗務員の平均年収については、公式サイトなどでも一部公開されています。有名企業ならではの待遇が受けられるところは、日本交通がおすすめの理由の1つです。また、入社して間もないスタッフについては、毎月定額の給与を保証する給与保証の制度が適用されます。実のところ、仕事に慣れないうちは思うように稼げないのではないか、と不安を感じてタクシー乗務員への応募をためらっている方は少なくありません。

日本交通では、そういった方の不安を解消するために、数か月間は実績にかかわらず給与保証を行っています。新たにタクシー乗務員に挑戦する方が安心して働けるように、バックアップ態勢を整えているのがこちらの会社のスタイルなのです。経済的な不安で転職を躊躇している方にとっても、安定して働ける給与保証は魅力的な制度になるでしょう。

おすすめの理由その2集客をサポートする制度がある

タクシー乗務員として幸先の良いスタートを切れるように、日本交通ではさまざまな形で集客サポートを行っています。例えば、こちらの会社では、専用のアプリで利用者からの依頼をタイムリーにキャッチできるシステムを導入。従来の無線配車よりも遥かにスムーズに、乗客を獲得できるのがこちらのシステムの利点です。

また、東京都内の各スポットに日本交通専用の待機スペースを設置。このようなスペースに待機をしていれば、乗客を探して街の中を長時間走行することなく、ほぼ確実に乗客を獲得できます。さらに業界No.1の日本交通は、企業や官公庁からも厚い信頼を寄せられており、1万社以上とチケット契約を結んでいます。したがって、半ば優先的に顧客を獲得するチャンスがあります。集客サポート制度が充実している日本交通の場合、未経験で入社をするタクシー乗務員が約9割です。手厚い集客サポートが受けられる点は、未経験で求人に応募をする転職者にとっても、大きな支えとなるでしょう。

タクシー乗務員にとって1つの難関になる顧客の獲得を、楽にクリアできるところは日本交通ならではのメリットと言えます。

おすすめの理由その3キャリアアップを目指せる環境

転職する際には、今後のキャリアについても考えておきたいところ。日本交通の場合は、入社した後にステップアップができる研修や資格取得のサポート制度が充実しています。

日本交通のタクシー乗務員は、仕事内容やスキルによって3タイプに分かれています。一般の乗務員から黒タク乗務員、エキスパート・ドライバーと、順にステップを上がっていけるキャリアパスを用意しているのが日本交通の大きな特徴です。一般乗務員からスタートしても、その後の努力次第ではよりレベルの高い業務をこなすエキスパート・ドライバーになれます。エキスパート・ドライバーになると、観光や介護サポート、子どもの送迎といった専門分野を持って一般のタクシー乗務員以上の業務をこなすことができます。介護や観光、英語に関する資格を所持するなど、専門性が高いのが日本交通で活躍するエキスパート・ドライバー達です。こういったドライバーを目指せるよう、会社側では無料で利用ができる研修などを用意。資格取得の費用もすべて会社側が負担しており、キャリアアップができる環境が整っています

30代や40代の若い方はもちろん、50代以上の方も努力次第で大きく成長できるのがこちらの会社の魅力です。

おすすめの理由その4残業や急な呼び出しがない

タクシー乗務員の仕事は、勤務形態によっては急な呼び出しがかかるなど、不規則になるケースもあります。勤務のシフトが明確に決まっていない場合は、イレギュラーな対応が求められる状況も増えてくるでしょう。日本交通のタクシー乗務員は、事前に決めたシフトにしたがって勤務を行います。事前に休日として設定した日はほぼ確実に休めるため、プライベートとのバランスが取りやすいところも大きなメリットの1つ。基本的に呼び出しなどもなく、オンとオフの切り替えがしやすい職場です。

タクシー業界で問題になりがちなサービス残業も発生せず、働きやすさの点でも高得点です。こういった勤務形態であれば、家庭を持つ女性の方やリタイア後に転職した方でも負担が大幅に減ります。プライベートの予定が立てやすくなりますので、休日を利用してしっかりと家族サービスをしたい方や趣味に没頭したい方にとっても働きやすい職場です。常に呼び出しを気にする必要がなければ、帰宅後は気持ちをリセットしてゆっくりと休めます。

したがって、次の勤務日のためにしっかりと体調を整える上でも、好ましいスタイルと言えるでしょう。

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

人も車も多く、なにかと混雑した印象の東京都内。都内の運転に慣れていないと、普通に運転するだけでも神経をすり減らしてしまう事も多いものです。

「こんな所でタクシー運転手なんて、やっていけるんだろうか?」と不安になるケースも少なくないはず。
お客様を逃さず、事故を起こさない運転の基本を知っておきましょう。

空車時はゆっくりと走りましょう

実車(お客様を乗せている状態)の時は、お客様がイライラしない程度にテキパキと走る事が求められるのは容易に想像がつくでしょう。

しかし、これはあくまで実車の時。地方のタクシーが電話などで呼んでもらいお迎えにあがる無線配車中心であるのに対して、東京都内のタクシーは手を挙げたお客様を乗せる「流し営業」がメインです。空車の時は、いつ手を挙げる方を発見しても停車できるように、歩道や路肩に注意して走らなければなりません。空車と表示しておきながら停まれなくて通り過ぎたとしたら、お客様から見れば「乗車拒否」と言われても仕方ありません。

タクシードライバーにとって「停まれなかっただけ」でも、お客様から見れば違うのです。都会のタクシードライバーにとって、「停まれない」は避けたいことです。

そのため、どんな時でも手を挙げてくれたお客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走るのが基本です。「安全運転の範囲で」と書きましたが、お客様探しに気をとられすぎると後続車のドライバーをイライラさせたり、運が悪ければ追突される事も考えられます。一般車のドライバーにとってタクシーの動きは特殊であるという事も頭に入れておくべきです。

あくまで道路の流れに合わせて、自然なゆっくりめの速度で走りましょう。また、交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まるという事も大切ですね。これも安全運転の範囲で意識して営業しましょう。

常に左側を走行するのが基本!

都内でタクシードライバーに転職すると最初に教えられる事ですが、空車時は乗車してもらいやすくするために左側を走るのが基本です。高速道ではありませんから追い越し車線というわけではありませんが、基本的に右側車線は停車する気のない車の走るレーンです。

右車線を走っていても、毎日のようにタクシーを使うビジネスマンのお客様などは、あるいは手を挙げてくれるかもしれません。

しかし、病院までタクシーに乗りたい高齢のお客様が右車線を走るタクシーに手を挙げるでしょうか?「危ないから次に通るタクシーにしよう」と、あらかじめ辞退されてしまう事も多いのです。手を挙げる事を辞退されてしまうと、タクシードライバーから見ればお客様がいないようにしか見えません。

つまり右車線を走るという事は、潜在的なお客様がいても気づかずに逃してしまうという事なんですね。また、常に左側を走行していれば、せっかく手を挙げてくれたのに停まれなくて乗せられないという事もなくなります。

右車線を走っている時間が長ければ長いほど、営収(タクシー業界でいう売上金)は確実に落ちます。裏を返せば基本をしっかりと守り左車線を走る事が、タクシードライバーの仕事で高い収入を得るコツでもあるのです。

空車時は右折をしない

こんな事を言うと「右に行きたい時はどうするんだ!」と言われそうですが、空車時は右方向に行きたい場合も左折を繰り返して方向転換するようにしましょう。乗車してもらいやすくするために左折で走行を続けるというのは、一流のタクシードライバーも実践しているテクニックの1つです。右折をするためには、一時的とはいえ1番右側の車線を走らなければなりません。右折レーンで信号待ちをしているタクシーと、左車線で信号待ちをしているタクシーがいたら、ほとんどの方は左車線のタクシーに乗ります。これは先述した左側を走るという事と同じ事です。

1日の営業で10回しか右折しないドライバーと、100回右折するドライバーがいたとしたら、営収の差は目に見えて大きいものになるでしょう。実際に営業してみると、どこに行けばお客様がいるかなぁ?という事ばかり考えてしまいがちで、お客様の多いエリアを目指して急いで右折をしてしまうという事もあるでしょう。

しかし、目の前にいるお客様を逃さない事が大切です。こうして左折で入った細い路地に案外お客様がいたり、自分が知らないお客様の多いスポットがあったりするものです。「お客様のいないタクシーに目的地など無い」という事を肝に銘じておきましょう。

基本の積み重ねが力になる!

この記事で書いてきたことは未経験でタクシー会社に転職をしたら必ず教えられる基本的な事ばかりです。しかし、実際の営業経験を積むうちに忘れてしまいがちな事でもあります。

慣れてきて営業の中心エリアが決まってくると、お客様を降ろした後は急いでそこに戻ろうと右車線を飛ばして走ったり、右折を繰り返してしまったり。これは楽だからなのです。タクシードライバーにとって出発地が決まっている事ほど気楽な事はありません。毎回同じ場所から出発すれば、道順も数パターンだけ知っていればOK。

行先もある程度絞られます。しかし、これを毎日繰り返していたのでは道も覚えませんし、お客様を降ろした後は空車で戻ってくるだけになり、営業効率もよくありません。誰でも最初からすべての道をおぼえる事はできません。初心者のうちは道順で神経をすり減らしたり、お客様に教えていただく事も多いでしょう。

しかし、都内で一流のドライバーとして活躍している方の中には地方出身の方や女性もたくさんいます。将来の自分自身のビジョンや収入にしっかりと目標設定をする事が何よりも大切です。

タクシーはやればやっただけ収入で返ってくる仕事。不安もあると思いますが、謙虚な姿勢で基本を忘れずに積み重ねれば、それが自分の力にも収入にもなります。思い切って踏み出してみてはいかがでしょうか。

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

東京都内のタクシードライバーの求人の多くは完全歩合制や一部歩合制。転職してすぐに稼ぐ人もいれば、思うように稼げない人がいるのも事実です。

では、タクシーで稼げる人と稼げない人との違いはなんなのでしょうか?

最初から稼げる人は…いる!?

東京都内のタクシードライバーの求人を見ると、「入社後◯カ月間は給与保証◯◯万円」というような広告を多く見かけると思います。完全歩合制という勤務体系がほとんどのタクシー業界。給与保証はとても心強いですよね。

しかし、まったくの未経験で入社した人の中にも、最初から保証給以上の金額を稼げる人がいます。どんな人でしょうか?

それは研修や試験を通じて教わった基本を忠実に実行できている人です。例を挙げると、空車時は左側車線をゆっくり走るようにと教わるはずです。当たり前のように思えますが、稼げない人はこれができていません。どこかで怠けてしまったり、忘れてしまっています。

「経験を積んで、道に精通していないと稼げないのではないか?」「お客さんの多いポイントを熟知していないと稼げないのではないか?」こんな風に考えてしまう方も多いでしょう。これらは決して誤りとは言いません。道に詳しい方が稼げるでしょうし、良いポイントを知っていた方が稼げるでしょう。

しかし、保証給程度の金額を稼ぐためには、これらは全く必要ありません。大切なのは簡単な基本動作を馬鹿にせずにしっかりと繰り返す事。これさえできれば新米ドライバーでもちゃんと稼ぐ事ができます。

向上心を持ち続けられるか

タクシードライバーに転職して数カ月もたつと慣れてきます。場所によっては道にも詳しくなり、よく使う抜け道なども覚えてきます。お客さんを乗せるたびに冷や汗びっしょりだったのが、涼しい顔で運転できるようになっているかもしれません。もちろん、これでもそれなりに稼ぐ事はできるでしょう。

しかしこの時期が、さらなる高年収を得る人と、それ以上稼げない人を分ける大きなポイントになります。
仮に上野周辺をメインに営業していたとします。お客さんを乗せて営業区域(営業できる地域。この場合、23区と武蔵野市・三鷹市)の端っこの三鷹市まで行ったら、あなたならどうしますか?基本通りならそのまま営業ですが、三鷹の道は素人同然。上野まで戻れば、また涼しい顔で営業できます。人によっては1時間以上もかけて回送表示を出して帰ってきてしまうかもしれません。

三鷹⇒新宿⇒日本橋…といった具合に、次々に営業できたら、どんなに効率がいいでしょう。最初はナビや地図で調べて頑張っていたはずが、詳しいエリアができてしまった事によって変なプライドや怠け心が生まれるんですね。

営業区域内の道を網羅するまで、ひたすら冷や汗を掻き続けましょう。謙虚な姿勢でお客さんに教えを乞いましょう。日々収入を伸ばしていくためには向上心を持ち続ける事が大切です。

細かい目標設定と自己管理が大切

稼げるタクシードライバーは、営収(売上)から実際に受け取る給与計算をし、日々の営業に細かく目標設定をしています。ばくぜんと「今月は手取りで35万円くらい欲しいなぁ。」ではダメです。月の目標÷出勤日数で出したおおよその日額に、出勤日の曜日などの要素を加味して、1日の目標を定めます。さらに時間帯(早朝・午前・午後・夜・深夜帯)で区切って、1日の目標を達成するにはどのようなペースでいけばいいのかを考えながら仕事に取り組みます。こうした細かい目標設定が無いと、気が付いたら月が終わってしまい「もうちょっと稼ぎたかったなぁ」の繰り返しになりがちです。

また、稼げないドライバーに共通する事は「だらしない」事。タクシードライバーの仕事は、やればやっただけ稼げる仕事ですが、やらなければ稼げない仕事でもあります。出庫して営業に出てしまえば1人きり。頑張るのもサボるのも自由です。人はついつい楽な方に流されて、自分に甘くなってしまうものです。いつでもコツコツと同じ仕事を続けているドライバーは、必ずしっかりと稼いでいます。タクシーに限った事ではありませんが、自己管理が大切なのです。

基本を忘れないドライバーはしっかり稼げる!

いかがでしょうか?タクシードライバーの仕事で稼げる人と稼げない人の違い。それはほんの些細な事の積み重ねなんですね。
当たり前の事をしっかりと継続していけるかどうかが両者を分けるカギです。たしかに東京で一番稼ぐドライバーになるには、特別なテクニックやコツが必要かもしれません。しかしそれは、もっと上のレベルの話。テクニックやコツは基本を積み重ねていった人だけが身につけられるものなんです。

この記事を読んでいただいている方の多くはタクシー未経験の方かと思います。「タクシードライバーに転職してちゃんと食べていけるんだろうか?」と、不安な思いの方もいるのではないでしょうか。

ここまでも書き綴ってきましたが、タクシードライバーは研修などで教えられた基本に忠実に、真面目にコツコツとやっていればしっかりと稼げる仕事です。さらに東京は、企業や店舗・そこで働く多くの人々がひしめく大都市。地方エリアと比べてもタクシー客自体の数も多く、ドライバーの歩合率も高い傾向にあり高年収も十分に期待できます。

しっかりと自己管理をし、真面目に取り組むのなら何一つ不安に思う事はありません。自信をもって飛び込みましょう!

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

タクシーは、これから国際化や高齢化が進むと予想される日本では、重要になる交通手段だと言われます。
しかしタクシードライバーという仕事は実態があまり知られていません。

タクシードライバーになるメリットとデメリットを解説します。

高収入を得られるタクシードライバー

タクシードライバーとして働くメリットは、まず、その収入の多さです。
東京都のタクシー会社の給与体系は、「固定給+歩合給」であることが多いのです。
最低限の給与は保証された上で、売り上げの一定割合が上乗せされる仕組みです。会社によっては、勤務開始1年間は月給35万円を保証するところもあります

東京都のタクシードライバーの平均年収は約400万円です(一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の資料による)。

しかし、個人の工夫と努力によって、もっと多くの収入を得ることも可能です。売り上げの約半分が、歩合給として手に入りますから、月収50万円以上もらえるドライバーも珍しくありません。一般の会社ではあまり高い給与を得ることができない若い人でも、高額の給与を得ることができる仕事なのです。

ただし、受け身ではいけません。売り上げを増やすために、お客さんが多くいる場所に出て行くことが必要です。「今日はイベントが開かれるあの地区に行ってみよう」「雨が降ってきたから駅の前で待っていよう」など、自分の発想で売り上げを増やせる面白さがあるとも言えます。

タクシードライバーは薄給だと思っている人もいるかもしれませんが、それはイメージであって、実際は高い収入であるケースが多いのです。特に人が集中する東京都内では、タクシードライバーの不足もあって、高収入を得ている人が多くいます。

自由時間が多いタクシードライバー

タクシードライバーは、休みが多い勤務体系だというのもメリットです。
月に12~13日乗務し、休みは月17~18日あります。タクシードライバーの勤務は、一般の会社とはかなり異なっています。朝から乗車すると、翌日の朝か早朝まで、途中で3時間の休憩を取りながら、15時間程度の乗務をします。乗務を終えると、そこから丸1日は休みです。

「乗務・休み」というセットを2回か3回繰り返すと、公休があります。まとめて休みを取ることもできますので、うまくスケジュールを組んで連休にし、海外旅行を楽しむ人もいます。家族サービスや趣味、資格のための勉強などに時間を充てることもいいでしょう。

会社によっては、一般の会社と同じような日勤中心の勤務を設けていることもありますので、家庭の事情などがあれば夜間の乗務を避けることはできます。

いったん勤務に入れば、タクシードライバーは個人事業主のようなものですから、自分で勤務地を選べます。食事や休憩のタイミングも自分で決定できます。他の人に遠慮せずに自分のスタイルを作れますから、お客さんを待っている時間に英会話などの勉強をするドライバーもいます。

安定して長く働け、キャリアアップを目指せる

多くのタクシー会社では、一般ドライバー、黒タクドライバー、エキスパートドライバーなど、ドライバーの段階があり、スキルと経験によって地位がアップしていきます。運転できる車両も良くなりますし、リーダーや管理職に昇進することもできます。

独立して個人タクシーとして働けるようになると、収入もかなり多くなります。そういうキャリアパスがあることも、タクシードライバーになるメリットです。

定年はあっても、延長することができますので、長く働けることもタクシードライバーの魅力の一つです。75歳まで勤務が可能という会社もあるくらいで、高齢でも若い頃と同じような収入を得ることができます。

タクシー業界は安定している業種です。新規参入が難しく、特に外国企業の参入は困難です。他産業では、グローバル化の影響で安い製品が輸入されて利益が落ちることもありますが、タクシー業界にはその心配はありません。むしろ外国人客はタクシーを利用する傾向が強いので、国際化が進むことは業界にとっては望ましいことです。

大学卒、新卒でタクシー会社に就職する人が増えていますが、そのようなメリットに気づいてのことでしょう。
今後ますます外国からの観光客も増えると予想されている東京都のタクシードライバーには、多くの可能性があるのです。

タクシードライバーのデメリットとは?

もちろん、どんな職業にもデメリットはあります。
歩合制を取っていますから、サボってしまうと収入が減るのです。

40・50代で転職すると、前職が管理職などであった場合、以前に比べて給料が減ったと感じる人もいるようです。しかし、中高年で転職して収入が減少するのは、タクシー会社に限ったことではありません。頑張れば高収入を得られるタクシードライバーは、中高年にも魅力ある仕事です。年齢にかかわらず自分の能力を生かして収入を得られることは、タクシードライバーの利点です。

また、慣れていないうちは、夜間の勤務が体力的にキツいと感じる人もいるでしょう。休憩をうまく入れて体調を崩さないように気をつけることが必要です。

また、お客さんとトラブルを起こしてしまう人も、中にはいます。サービス業だということを忘れず、穏やかにお客さんに応対できないといけません。しかし、嫌なお客さんよりは「ありがとう」と感謝してくれるお客さんの方が断然多いのですから、それほど心配は要りません。

地理に不安な人もいるでしょうが、カーナビもありますし、お客さんとうまくコミュニケーションを取っていると、道を教えてもらえますので、意外に大丈夫なのです。地名や道路状況などの勉強やお客さんへの接し方などは、タクシー会社で行われる新人研修を受けて身に付けていきましょう。

タクシードライバーは個人の裁量に任された部分が大きいので、自分から進んでデメリットを克服する姿勢が必要だと言えます。

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

これから東京都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
その準備段階として、タクシー会社についての色々な豆知識を抑えておくことも大切。

そこでここでは、東京都内にある「大日本帝国」と呼ばれる、大手タクシー4社について紹介します。

タクシー業界における「大日本帝国」って何?

「大日本帝国」という言葉は誰でも1度は耳にしたことがあると思いますが、タクシー業界でこの言葉を使う場合には、通常一般に知られたものとは、ちょっと違う意味になります。タクシー業界では東京都内のタクシー大手4社である、大和自動車交通・日本交通・帝都自動車・国際自動車それぞれの頭文字を取って、「大日本帝国」と呼びます。

この大手4社は「東京四社営業委員会」という営業組織を組んで相互に連携し、共通チケットをはじめとしたクーポン券の発行や窓口業務を行っている他、無線配車でも協力関係にあります。

またタクシーの車体には球型行灯に加え、レモンイエローに赤帯の共通デザインを採用しており、業界では「四社カラー」と呼ばれています。ただし「黒タク」で知られるハイグレード車については、行灯の形状以外は統一したロゴや字体デザインにはなっていません。

また普通車であっても都区内や武蔵野、さらには三鷹以外の営業区域にある系列事業所では、必ずしも「四社カラー」を採用しておらず、車体のデザインにバラつきがあるので注意が必要です。いずれにしてもレモンイエローに赤帯のタクシーを見かけたら、「大日本帝国」の大手タクシー会社としてイメージしておけば何かと便利でしょう。

そもそも大手4社が「大日本帝国」になった経緯は?

今でこそタクシー業界を代表する大手4社ですが、その経緯を知るには、数多くのタクシー会社を吸収しながら集約された歴史を知る必要があります。
日本で最初に法人タクシーが誕生したのは、1912年(大正元年)の「タクシー自働車株式会社」が始まりと言われています。そして1921年(大正10年)ごろになると、第1次世界大戦後の不景気到来により、雇用対策として「流しの」個人タクシードライバーが急増。

しかし第2次世界大戦の勃発と長期化により燃料等の確保が難しくなり、個人のみならず法人でもタクシー経営が困難なります。そこで政府および軍部が主導し、当時の都内にあった56の法人および約4500台のタクシーを4社に集約して、輸送力という形で戦力に役立てようと企てました。その結果誕生したのが、現在の大手タクシー4社です。

1945年1月に16社を合併して誕生した大和自動車交通を皮切りに、帝都自動車は9社を、さらに国際自動車は12社を合併して誕生。最後は同年12月の日本交通の誕生へと至ります。また4つ社名についても、軍部が戦意高揚のため「大日本帝国」となるように、意図的に採用したとも言われています。戦時中は軍や重要産業をはじめとした、様々な分野でタクシーが活用されましたが、結局は空襲などにより、当初の4分の1の台数しか残りませんでした。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その1

一括りに「大日本帝国」といっても、大手4社それぞれの特徴や、給与を含めた勤務条件などは、当然のことながら異なります。そこでここからは、大手4社の各企業ついて詳しく見ることにしましょう。
まず大和自動車交通は東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市などの近郊エリア、さらには立川市や府中市といった郊外エリアまで広くカバーする、都内有数の大手タクシー会社です。業界初の上場企業でもあり、経営の安定性や豊富な資金量が大きな強みの1つです。

また夜勤を伴わない日勤のみの時間帯を取り入れたり、育児休暇や産休制度等をはじめとする福利厚生も充実していることから、タクシードライバー希望の女性にはおすすめの会社です。

もう1つ紹介するのは、約90年の歴史をもつ信頼と実績の高い日本交通です。こちらは全国でも売り上げナンバーワンを誇り、国内でも最大手のタクシー会社として知られます。都内各所に専用乗り場を数多く有しているため、他社に比べて単価の高いお客を拾える確率に優れています。また接客の仕方や効率的なルートなど、売り上げを伸ばす教育を徹底していることから、他社よりも給与が高い傾向にあります。まさにドライバー未経験からでも、しっかりと稼ぎたい方にはピッタリです。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その2

続けて紹介するのは、帝都自動車です。「大日本帝国」の中では最も保有台数が少なく、比較的規模が小さいながらも、歴史の長さや経営の安定性などから、業界内では最大手の一角を担います。

勤務条件として特徴的なのは、最長73歳までドライバーとして勤務できるなど、高齢者にも働きやすい環境を整えている点です。
また年3回の賞与や優良運転者表彰制度の他、他社に比べて最低給与保証期間が長く、ドライバー全体の待遇面でも恵まれた職場環境があります。

最後に紹介したいのは、kmタクシーでお馴染みの国際自動車です。こちらは東京都内を中心としつつも、埼玉県をはじめ神奈川県や千葉県など、一都三県にまたがって幅広く営業活動を展開する大手タクシー会社です。またタクシー事業以外にもハイヤー事業や観光バス事業、さらにかつては自動車教習所まで、手広く多角的な経営をすることで知られます。

勤務条件を見ると、レジャーやグルメからスポーツや介護まで、充実した福利厚生サービスがそろっています。また自社株購入制度によって、社員の中長期的な資産形成をサポートするなど、社員の健康や家族の幸せを大切にする働きやすい会社と言えます。

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京など大都市エリアではタクシーへのニーズが高く、ドライバーになりたい方にとっては勤務地として狙い目と言えるでしょう。

特に大手の有名タクシー会社であれば、福利厚生などもしっかりしているのでおすすめです。
ここではそんな大手有名タクシー会社の1つ、日本交通への転職について紹介します。

日本交通なら給与面で心配する必要はありません。

タクシードライバーへの転職を希望するにあたって、まず心配なのが給与面のことかと思います。
ここ数年の東京都におけるタクシードライバーの平均給与は、賞与も含めておよそ400万円前後で推移しています。この点、東京都の全産業男性労働者の平均年収が、平均700万円前後で推移していることを考えると、やはりタクシードライバーの給与が低いという印象は否めません。

しかしこれはあくまで平均給与の話。タクシードライバーの場合、通常のサラリーマンとは異なり、歩合制を基本としている職場がほとんどです。つまり頑張るほど売り上げにつながり、自分の給与に直接反映します。年収が400万円台のドライバーも多くいれば、600万円台のドライバーもいるのがこの業界です。ちなみに日本交通では、入社1年目の平均給与が420万円であり、2年目には平均で450万円に達します。入社わずかにして、既に東京都のタクシードライバーの平均給与水準をクリアーしているのは、注目に値するでしょう。

さらに入社5年目を超えると、年収が800万円近くにまでアップするドライバーも目立つようになります。世間一般でイメージされるタクシードライバーとは大きく異なる、嬉しい現実がここにあります。

入社1年目から給与面で有利になるのは理由があります。

そもそもなぜ日本交通であれば、1年目のドライバーでも平均水準以上の年収を稼げるのでしょうか?

その理由はズバリ、業界最大手ならではの優れた集客システムを構築しているからです。

例えば日本交通では、都内に35か所もの専用乗り場を設置しています。そして専用乗り場からのお客は単価が高いので、売り上げには有利に働きます。また大企業や官公庁をはじめとした、数多くの法人との取引実績が豊富な点も見逃せません。
特に約1万3千社とのチケット契約をしているので、単価の高いチケット利用のお客を安定して確保できるメリットがあります。さらに日本交通ではインターネット社会への取り組みも積極的に行っており、業界に先駆けてアプリでの配車を実施。これにより月間で約30万車という、業界でもトップクラスの無線配車を実現しています。もちろん無線配車を利用するお客の単価は高いので、売り上げに有利に直結するのは言うまでもありません。

このように業界最大手にふさわしい、幅広く多彩な集客システムを展開しているおかげで、入社間もないドライバーであっても、平均水準以上の年収をクリアーすることが可能です。
しかも入社して初めの3カ月までは、月収40万円という嬉しい給与保証付き。これなら初心者の方でも、安心してスタートを切ることができます。

キャリアアップへの手厚いサポート体制があります。

タクシードライバーへの転職で日本交通をおすすめする理由は、給与面だけではありません。

他社に比べてキャリアアップへのサポートが、格段に優れている点も無視できないメリットの1つです。
日本交通では「エキスパート・ドライバー」制度を採用しており、お客様への高いレスポンスと、きめ細かいホスピタリティによって、安心感のある高付加価値な乗車サービスを提供しています。具体的には「観光」「キッズ」「サポート」それぞれの専門分野に精通した乗務員が、受注から運行スケジュールの立案、さらには実際の送迎までをトータルに担当して、育児支援・バリアフリー・観光案内等の充実したサービスを提供します。

この専門乗務員へのキャリアアップに際しては、会社が一体となってバックアップします。例えばサポートタクシーの専門乗務員であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修などを、会社の費用負担によって受講できます。

この他にも東京観光ドライバー認定研修や東京シティガイド検定、さらには英検2級や東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修など、キャリアアップのための幅広いサポート体制がそろっています。

初心者をはじめ、シニアや女性の方でも安心して働けます。

給与面やキャリアアップの他に、勤務体制や福利厚生などで恵まれた職場環境があるのも、業界最大手の日本交通ならではです。勤務体制については事前申告による完全シフト制なので、シフト外で突発的に勤務を命じられることはありません。
もちろんノルマもないので、ゆとりをもってマイペースで勤務することが可能です。これならば家族サービスする時間も確保できますし、シニアや女性の方でも負担を最小限に抑えて働くことができます。また東京都内の地理に詳しくない初心者の方でも、研修中に詳しい道路事情を学べる他、全車両にカーナビを搭載しているので心配ありません。

さらに運転経験が浅い方であっても大丈夫。日本交通では運転経験の長短に関わらず、入社すれば誰であっても、まずは慣らし運転のカリキュラムを経験します。実際にこのカリキュラムを通じて、初心者の多くの方がプロのタクシードライバーとして勤務しています。したがってペーパードライバーの主婦であっても、あるいは免許を取得して間もないビギナーの方でも、あまり心配する必要はないでしょう。

そのうえ、タクシー運転に必要な2種免許取得の費用についても、会社が全額負担してくれるので助かります。福利厚生については社会保険完備はもちろん、慶弔見舞いや無事故表彰他諸制度の他、年次有給や特別休暇制度、保養所等の施設利用までバッチリそろっています。