40万円(3ヶ月)もの給与保証がある日本交通グループでならタクシー乗務員として安心して働ける

40万円(3ヶ月)もの給与保証がある日本交通グループでならタクシー乗務員として安心して働ける

タクシー乗務員として働くのに興味を持っているけれど、売り上げがないとほとんど稼げなくて生活が苦しくなりそうだと悩む人もいるでしょう。
そんなときに魅力的なのが給与保証がある会社です。

日本交通グループの魅力を知っておきましょう。

タクシー乗務員が初めてでも安心な給与保証

タクシー乗務員として働くときには一般的には歩合制が取り入れられています。給与が売り上げに応じて決まる仕組みになっていて、乗客を大勢獲得してたくさん売り上げを出すと飛躍的に収入が上がるのです。ベテランになると月に80万円以上も稼いでいる人もいますが、裏を返すと初心者には辛い状況があるとわかるかもしれません。売り上げがないと最低レベルの賃金しかもらえない場合が多いからです。初めてタクシー乗務員として働く人はなかなか乗客を獲得できないのも事実で、ある程度の現場経験と実地で学ぶノウハウがないと売り上げが伸び悩みがちです。しかし、給与保証があればあまり心配する必要はありません。

給与保証は売り上げにかかわらず一定以上の給与を期間限定でもらえる制度です。日本交通グループの場合には40万円(3ヶ月)となっていて、業界でも最高水準になっています。この期間に現場経験を積んでノウハウを習得し、いかにして売り上げを増やすかを学べば良いと考えられるでしょう。最初は誰もが乗客を見つけられなくて苦労することは上層部もよく理解しているので、最初は安心して働けるように給与保証をしているのです。

不安があっても安心して働けるようになるのはなぜか

日本交通グループなら仕事に不安がある人も安心。とよく言われます。これは給与保証が充実していることだけが理由ではありません。不安を抱えてタクシー乗務員になる人もいますが、働いているうちにその不安を払拭できるシステムが整っているのです。タクシー会社としては大勢のタクシー乗務員を抱えているだけでは不十分で、誰もが使いたいと思ってくれるようなサービスを提供しなければなりません。そのために徹底した研修を行い、多くの人に喜んで利用してもらえるようなサービスを自然に提供できる乗務員を育て上げています。研修を受けながら働いているうちに自然に実力がついていき、収入も増えて満足という結果になりやすいのです。

また、体力的な不安を持っている人もいるでしょう。しかし、日本交通グループでは働き方を自由に選べるので安心できます。隔日勤務はタクシー乗務員の場合には典型的ですが、生活リズムが自分には合わないという人もいるでしょう。希望すれば昼日勤や夜勤を選ぶこともできるため、自分なりに働きやすく、かつ稼ぎやすいスケジュールで勤務することができるのです。自分なりに働きやすいスケジュールを作れると長く働けるのは明らかでしょう。

将来まで安心できる日本交通グループの実態

タクシー乗務員はうまくワークスタイルを整えると長く働けるようになりますが、良い会社に勤務すればむしろいつまでも働きたいと思えるようになる可能性があります。会社によって初心者、中級者、ベテランの扱い方には違いがありますが、将来まで安心できるようにシステムを整えている会社も少なくありません。日本交通グループではキャリアアップがあるのも特徴で、タクシー乗務員をずっと続ける以外にもキャリアの選択肢があります。

経営陣に入って会社の運営に携わったり、キャンペーンなどの企画を担当したりするなど、様々なキャリアパスを描くことが可能なのです。充実したサービスを提案し、実行に移せるようになるためには現場経験をある程度は積まなければなりません。そのため、タクシー会社でキャリア構築をする第一歩はタクシー乗務員として現場で働くことになっています。それが自分に合っていると思えばずっと続けることもでき、もっと違う角度からタクシーサービスを向上させて行きたいと思ったらキャリアアップを図ることもできるのです。このような自由度があるのは日本交通グループの特色と言えるでしょう。

入社満足度が物語っている日本交通グループの魅力

タクシー乗務員になって満足できるかどうかはどの会社に入社するかによってかなり違いがあります。受けられる待遇がまるで異なるからで、自分に合っている待遇が整っている会社を選び出すことはとても重要でしょう。どの会社が最良だと一概に言うことはできないものの、日本交通グループを選んで失敗したと思う人はほとんどいません。統計的なデータとして入社満足度98%ということが示されていて、大半の人がタクシー乗務員として日本交通グループで働くのを選んで良かったと思っているのが根拠です。

業界最大手のタクシー会社なので待遇が充実しているだけでなく、信用関係ができている企業が多数あるのが最大の理由でしょう。東京では大企業がオフィスを構えているため、その企業からタクシーを呼んでもらえるとかなり有利になります。大手で十分な実績があるとコネクションも作りやすく、必要なときにはまず日本交通グループに連絡という企業も多いのです。タクシー乗務員としてもメリットは大きく、売り上げにつながる連絡がたくさんやってきます。このような下地があるからこそ日本交通グループで働いて満足している人が多いのです。

東京都内で転職するならタクシー乗務員がおすすめ!実績圧倒的No.1の業界最大手、日本交通グループなら未経験者でも安心!

東京都内で転職するならタクシー乗務員がおすすめ!実績圧倒的No.1の業界最大手、日本交通グループなら未経験者でも安心!

収入面や労働環境など、タクシー乗務員への転職に不安を感じている方は多いでしょう。
今回は、業界最大手の日本交通グループのタクシー乗務員について解説します。
タクシー乗務員は、実は未経験者でも安心して働くことができる条件が揃っている職業なのです!

日本交通グループは新人をサポートする体制が整っているので安心!

未経験なのでタクシー乗務員としてやっていけるか不安だという方は多いでしょう。でも実は、タクシー乗務員は未経験の転職者が多い職業で、若い人に限らず幅広い年齢層の人が新人としてタクシー会社に入っています。単に入社できるだけでなく、多くの人は短期間で一人前のタクシー乗務員として働くことができるようになっています。

日本交通グループをはじめ、東京都内にある多くのタクシー会社は新人のための研修を実施します。この研修ではタクシー乗務員になるために必要な二種免許試験合格のための対策も実施します。また、二種免許の受講費用等はタクシー会社が負担してくれることがほとんどです。二種試験に合格したらすぐに現場に出されるわけではありません。周辺の地理の勉強や基本的な接客方法など、タクシー乗務員としての最低限のノウハウを学び、路上での研修を行ったうえでようやく一人で働くことができるようになります。

一人立ちできるまでに数カ月ほど時間はかかりますが、その分しっかりとした技術を身に着けてから働くことができるので未経験者でも安心です。研修期間中も正社員として給与をもらうことができるので収入が止まってしまう心配もありません。

隔日勤務だから自分の時間をしっかり取れる!事前申告で勤務日の変更も可能!

タクシー乗務員の労働環境について過酷であるというイメージを持っている人は少なくありません。確かに1日の勤務時間は長い職業です。しかし、多くのタクシー乗務員は隔日勤務という、働いた次の日は必ず休みになるという働き方をしているのでしっかりと休みを取っています。日本交通グループのホームページでは、午前8時から日付を超えて午前2時まで働き、明けたその日は休みになるというスケジュールが紹介されています。また、子どもの運動会の日が出勤日になっているなど休みを取りたい事情がある時は1カ月前に申告すれば考慮することが可能だと記載されています。

隔日勤務は、一般的なサラリーマンの働き方と比較すると日中の空き時間を作りやすいことに大きなメリットがあります。始めのうちは疲れを取ることで精一杯になってしまうかもしれませんが、隔日勤務に慣れてくると休みの日に趣味を楽しむような余裕も生まれてきます。タクシー乗務員への転職をきっかけに趣味を始めたり、家族サービスを積極的に行うようになったという人は多いようです。転職先の条件として休みがしっかりと取れることを掲げている方はタクシー乗務員は適していると言えるでしょう。

日本交通グループならノルマなしで、新人には給与保証もあり!

業界最大手の有名なタクシー会社はノルマが厳しく、安心して働ける環境があるとは言えないのではないかと不安に感じている方は多いかもしれません。しかし近年は、タクシー乗務員に対して厳しいノルマを課している会社は少ないようです。東京都内のタクシー4社の中でもトップの売上高を誇る日本交通グループも、ノルマを課していません。

タクシー乗務員の給料は歩合制のところがほとんどです。つまり、同じ会社のタクシー乗務員でも腕次第で収入に差が生まれるということになります。歩合制に不安を感じる人もいますが、日本交通グループの場合18万2000円が月給として保証されており、それに歩合給が加算される仕組みになっているので月収が極端に大きく減ってしまう可能性は低いと言えます。

まだ技術や知識が未熟な新人に関しては、更に厚い保証が用意されています。研修修了後3ヶ月は給与40万円が保証されるのです。研修が充実しているとはいえ、実践でしか学べないことはたくさんあるでしょう。給与が保証されている期間を利用して稼ぐコツを焦らず身に着けることができます。最初の3ヶ月で先輩ドライバーからアドバイスを聞くなど人それぞれのやり方で稼ぐコツを見つけて行くことが重要になります。

業界最大手だから収入を安定させやすい!

タクシー乗務員への転職はタクシー会社選びが重要になります。労働環境や実績などを確認して長く働けることができそうな会社かどうかをしっかりと確認しましょう。ホームページや口コミなどだけでは分からない会社の雰囲気などについては実際に話を聞きに行って確認するとよいでしょう。

東京都内で未経験者がタクシー乗務員になる場合は、大手を選ぶのが安全と言えます。大手のタクシー会社は研修制度の充実度や給与保証など未経験者が技術を学んでいく場所として恵まれた環境があります。また、タクシー会社全体の売り上げも乗務員一人ひとりの収入に少なからず影響を与えるので知名度のあるタクシー会社が有利だと言えるのです。

東京都内でタクシー乗務員として働くことができる会社の一つが日本交通グループです。日本交通グループは90年以上の伝統があるタクシー会社で、売上や台数規模などトップクラスです。歴代で圧倒的No.1の実績を残しています。近年も毎年売上高は伸びている会社で、9年連続年間売上高で全国1位という記録も残しました。日本交通グループには「安定した集積がある。」という強みがあります。専用のタクシー乗り場が多く、街中ではなくてもお客様を乗せることができます。知名度が高いので配車の依頼も多く、新人であっても多くのチャンスがある環境があると言えます。

語学力を活かす!子育て・介護の知識を活かす!タクシー乗務員への転職なら日本交通グループへ!

語学力を活かす!子育て・介護の知識を活かす!タクシー乗務員への転職なら日本交通グループへ!

子育てや介護が一段落して、これから再就職を考えている方もいるはずです。
そんな方には、日本交通グループのタクシー乗務員がおすすめ。

意外かもしれませんが、この仕事には子育てや介護の経験を活かせるチャンスが沢山あります。そこで、日本交通グループのタクシー乗務員について、ここから詳しく見ることにしましょう。

日本交通グループのタクシー乗務員なら、活躍できるフィールドも広い!

タクシー乗務員と聞いて、単にお客様を目的地まで運ぶだけのイメージを持つ方もいることでしょう。確かに、正確かつ安全にお客様を目的地へ運ぶことは、この仕事の基本であり、最も大切なことです。しかし、世の中の幅広く多彩なニーズに応えることも、タクシー乗務員の重要な仕事であり、活躍できるフィールドは広がりつつあります。

この点、日本交通グループでは、専門分野に特化したタクシー乗務員を「エキスパートドライバー」として、積極的に人材を育成しています。例えば、観光タクシーの場合には、専門資格を有するタクシー乗務員が、来日した外国人の方や地方から来た観光客などを相手に、都内各地を専属でガイドします。これまで培ってきた語学力を活かすこともできる上、東京観光への訪日向けにスキルを活かせるチャンスにもなります。またケアタクシーやキッズタクシーの場合にも、子育て・介護の知識を活かす機会が十分にあります。女性の方であれば、子育て経験や子供が好きといった気持ちを活かせる他、前職で介護の仕事をしていた方ならば、介護資格や経験を活かして働ける魅力的な環境が、日本交通グループにはあります。

日本交通グループではキャリアアップのためのサポート体制も充実!

様々な経験や資格を活かした働き方ができるのが、日本交通グループの魅力ですが、そのための具体的なサポートも充実します。この点、観光タクシーのエキスパートドライバーになるには、東京シティガイド検定や東京観光タクシードライバー認定研修、あるいは東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修や英検2級など、数々の資格取得や講習を受ける必要があります。またケアタクシーにおいても、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修といった、介護職と同じような教育が必要になります。さらにキッズタクシーでは、小児MFAプログラム等の特殊な訓練を受けることが求められます。

このような数多くの資格試験や講習を受ける場合にも、費用の負担から勤務時間の調整まで、トータルなサポート体制が日本交通グループにはあるので、安心してキャリアアップに励むことができます。そのうえ、エキスパートドライバーになれば、客単価の高いお得意様と契約したり、コースや時間帯といった運行スケジュール管理など、ドライバー自身の裁量で業務を進めることが可能です。もちろん昇給や手当のアップに加え、管理職へ昇進できる道も開けます。

優れた研修制度によって、短期間で一人前のタクシー乗務員へ!

日本交通グループでエキスパートドライバーを目指すにしても、まずは入社直後から始まる、約1ヵ月間の研修が第一歩になります。ここではドライバー未経験者であっても、短期間のうちに一人前のタクシー乗務員として営業できるように、実践的なカリキュラムが組まれています。まず研修ではタクシードライバーに必須である、第二種免許の取得へ向けて準備が進みます。座学による講義では、ベテラン専任講師が交通法規や地理など、タクシー乗務員になるための基本的事項を徹底的に指導します。また営業所での実地研修でも、熟練の指導教官が車両に同乗して、運転テクニックから接客マナーまで、マンツーマンで教え込みます。

日本交通グループの研修で優れている点は、何といっても売り上げにつながる視点から、一貫して指導が行われること。例えば座学による地理講習では、お客様を見つけやすいエリアや、目的地へ最短で到着できる近道などを、きめ細かく教えます。また実地研修でも、配属先の営業所で実施される定例会議や自主勉強会などを通じて、売り上げに直結する情報やスキルを先輩等から学べます。日本交通グループであれば、ドライバー未経験者からプロのタクシー乗務員へ、効率的に育成できる環境があります。

いつまでも無理なく働き続ける環境を求めるなら、やっぱり日本交通グループ!

せっかくタクシー乗務員として転職に成功しても、いつまでも長く働き続けることができなければ、あまり意味がありません。そのためには、無理なく安定して働ける環境こそ重要になります。この点、日本交通グループには、タクシー乗務員に優しい勤務環境がそろっています。まずスタンダードな勤務シフトは、夜勤を含む2日に1回の隔日勤務。これは月単位に換算すると、1ヵ月のうち半分の出勤で済むことになります。さらに勤務翌日は明番や公休日として、必ず休日になるように設定されています。これならば疲れた身体も十分に癒せる上、プライベートな時間もしっかりと確保できます。

もちろん休日に突然出勤を命じられたり、法定外の残業になることも一切なし。運転している営業中でも、法定3時間の休憩や仮眠が厳守されています。いつでも休みたい場所やタイミングで車両を停めて、マイペースで仕事を進めることが可能です。福利厚生面でも、各種の社会保険を完備している他、年次休暇や特別休暇も充実。そのうえ、マイカー車検修理割引制度や無事故表彰制度などもあり、タクシー乗務員の生活をしっかりサポートします。

幅広い年齢層が働いているタクシー乗務員は転職におすすめ!勤務体系選べる日本交通グループなら土日祝休みも可で働きやすい!

幅広い年齢層が働いているタクシー乗務員は転職におすすめ!勤務体系選べる日本交通グループなら土日祝休みも可で働きやすい!

日本交通グループなどのタクシー会社の乗務員は他業種からの転職者が多く在籍しています。タクシー乗務員は幅広い年齢層の人が働いており、長続きする人も多い仕事の一つなのです。今回は、タクシー乗務員がなぜ働きやすいのかについて解説します。

タクシー乗務員は自分の時間をしっかり取ることができる仕事

タクシー乗務員というと長時間労働で休みも少ない仕事というイメージを抱えている人は多いのではないでしょうか?しかし、日本交通グループなど大手のタクシー会社は勤務体系選べるところが多く、シフトによっては土日祝休みも可能です。隔日勤務という働き方なら出勤の次の日はお休みになるので平日の休みも多く取れます。勤務日数だけを見ると、一般的な会社員よりも実は休みが多いと言えるのです。

日中の空き時間が多くなるので趣味に使ったり家族との時間を楽しむなどタクシー乗務員への転職で仕事以外のことに使える時間が増えた方は多くいます。日本交通グループの乗務員はシフトを事前自己申告制で回しているので、自分が働きやすいと感じるスケジュールを組むことができます。また都合によりシフトを変更したい場合は1ヶ月くらい前に申し出れば対応してくれることもあるようです。

日本交通グループの場合、勤務時間は15.5~18時間と1日の勤務時間がやや長いですが、休憩・仮眠を3時間取ることを義務付けることで乗務員の安全を守っています。休憩時間は一人の時間を楽しむことができるので精神的な疲労も解消できます。定年まで働く人が多いタクシー乗務員は体力的な面で不安がある人でも続けられる仕事であると言えるでしょう。

タクシー乗務員は人間関係の悩みが少ない仕事

タクシー乗務員は、人間関係の悩みから転職を決めたという方にもおすすめできる仕事と言えます。タクシー乗務員は、営業所での作業以外は基本的に一人で仕事をすることになります。どのようなペースで仕事をするかは各自が自由に決めることができるので仕事の進め方で上司とトラブルになるというようなことはありません。

一人で働く時間が多いとは言っても、乗務員間のコミュニケーションが少ない会社は居心地が良いとは言えないので転職先のタクシー会社を選ぶときはしっかりと確認しておきましょう。日本交通グループは、先輩乗務員が後輩乗務員を親切にサポートする良い雰囲気があり居心地の良さを感じる方が多いようです。20代~70代まで働いているのも、職場環境が良い証と言えるでしょう。

タクシー乗務員はお客さんとの会話を楽しむことができるので純粋に人と話すのが好きな人にはおすすめです。ストレスの少ない環境を探すとどうしても人と接する機会が少ない仕事にたどり着いてしまいがちです。タクシー乗務員なら、余計なストレスを感じることなく人とのつながりも実感することが可能になります。基本的な接客は研修でしっかり教えてもらうことができるので接客経験が少ない人でも安心です。

日本交通グループは研修が充実しているので未経験者でも安心!

タクシー乗務員は他業種から未経験で入社して長く働いている人が多いです。大手タクシー会社は未経験者に対して充実した内容の研修を用意しているところがほとんどです。日本交通グループでは、1ヶ月の研修を実施します。二種免許の取得、運転スキルの習得、接客方法、都内地理などタクシー乗務員として一人立ちするために必要な資格、技術、知識などを短期間で身に着けることができます。二種免許の取得費用については日本交通グループが負担してくれます。さらに、研修期間中も1万円の日当と交通費が支給されるので収入が一時的に途絶えてしまうこともありません。

研修を修了すると、タクシー乗務員として働くことができるようになりますが最初からしっかりと稼ぐことは難しいです。タクシー乗務員の給与は基本給に歩合給が加算されるシステムなので技術を身に着けるまでの期間の収入が減ってしまうのではないかと不安に思う方も少なくありません。でも日本交通グループは、研修修了後3ヶ月間は月給40万円を保証しているので焦らずに技術や知識を身に着けることができます。配車の依頼や専用の乗り場も多く、街中でなくてもお客さんを容易に確保できるのも日本交通グループの強みです。

タクシー乗務員は幅広い年齢層が活躍中!日本交通グループは女性の働きやすさも追及している!

タクシー乗務員は幅広い年齢層が働いている職種の一つです。日本交通グループの中途採用は普通免許を取得してから3年以上が経過していれば21歳以上の男女は誰でも応募することが可能です。40歳以上の新人も多いので年齢を意識することなく気軽に始めることができると言えます。また男性だけでなく、女性の乗務員の採用も行われています。

タクシーの利用者の中には女性の乗務員を依頼する人もいます。生まれて間もない赤ちゃんとタクシーに乗るお母さんや身体の不自由なお年寄りなど女性の細かな配慮が行き届いた運転を求める人は多いのです。

日本交通グループでは女性のタクシー乗務員を積極的に採用する中で女性が働きやすい環境づくりも行われています。車内に防犯カメラを設置することはもちろん、緊急通報システムを構築することでより乗務員の安全性を高めています。営業所には女性専用のスペースが設置されています。タクシー乗務員は男性が多いので営業所で女性がリラックスできるスペースは貴重と言えます。運転する車両についても配車時など女性同士がペアになるように考慮されています。ニオイ等が気になる人でも快適に仕事をすることができます。

日本交通グループなら年収790万円を目指せる!高年収で成長できる環境がある!収入も夢も期待できる!

日本交通グループなら年収790万円を目指せる!高年収で成長できる環境がある!収入も夢も期待できる!

転職において会社や職種を選ぶ基準は人それぞれですが、やはり収入面については最も気になるはずです。そんな方には日本交通グループのタクシードライバーがおすすめ。

業界最大手ならではのサポートによって、新人ドライバーでも高収入を期待できます。
ここからは日本交通グループのタクシードライバーについて紹介します。

新人ドライバーでも高年収を実現できる!業界最大手ならではの手厚い経済的サポート!

通常タクシー業界では、ドライバーに歩合制を導入している会社が大多数を占めます。つまり熱意や努力あるいは工夫次第によっては、いくらでも高年収を実現できる環境があります。この点、日本交通グループに入社すれば、1年目からの平均年収がいきなり420万円。これが2年目には450万円に上昇し、5年目を過ぎるころには年収790万円を目指せるレベルに到達します。全国のタクシードライバーの平均年収が285万円であることを考えると、日本交通グループでの年収がいかに優れているのか、よく理解できるでしょう。

この他にも日本交通グループには、新人ドライバーへの手厚い経済的サポートがあります。例えば、給与保証制度もその1つ。研修後の3ヵ月間については、月収40万円もの給与保証が与えられます。また研修期間中であっても、1万円の日当と交通費が支給されるので、落ち着いて研修に励むことができます。収入が高いこと以外にも、このような手厚い経済的サポートがあるので、業界内でも移動してくる人が多いのが、この日本交通グループの特徴と言えます。タクシードライバーとして順調にスタートを切るならば、やはり業界最大手の日本交通グループがいちばんです。

新人ドライバーでも大丈夫!集客への充実した取り組みがある!

日本交通グループでは、新人ドライバーでも安定して高い年収が実現できるように、様々な取り組みを実施しています。例えば官公庁や企業など、約1万3千社もの法人とタクシーチケット契約を結んでおり、コンスタントに集客できる仕組みがあります。またチケット客は長距離で客単価も高いので、新人ドライバーでもお得意様さえ見つければ、安定的に高い収入へつなげることが可能です。

さらに都内の主要ポイントに、幾つもの専用乗場があるから付け待ちしやすい点も、高収入への取り組みとして無視できません。日本交通グループでは、代表的なターミナル駅前や商業施設、あるいは有名なオフィス街や観光スポットなど、人々の流れが多い場所に専用乗場を設置しています。このため、流し営業のように時間を浪費することなく、効率的にお客様を拾うことができます。地理に不慣れな新人ドライバーにとっては、まさに有難い集客への取り組みと言えます。

この他にも、配車アプリ・無線配車で安定して稼げることも、日本交通グループが誇る優れた取り組みです。月間約45万件という業界トップクラスの無線配車や、独自に開発した配車アプリによって、お客様の所在地へピンポイントでのアクセスを可能にします。乗車回転率を高めながら、ストレートに売上げや収入に結びつきます。

実践的な研修制度によって、高収入を実現できるドライバーへ!

日本交通グループでコンスタントに高収入が実現できる理由は、すでに研修の段階にあるといっても過言ではありません。入社すると直ぐに始まる1か月間の研修では、会社所有の総合研修センターに入り、タクシードライバーに必須である第2種免許の取得を目指しながら、座学によって地理や交通法規などをトータルに学びます。また実地研修で配属される営業所でも、熟練の指導スタッフが車両に同乗し、運転スキルや接客マナーあるいは効率的なルートなどを、マンツーマンでみっちり指導します。

この研修期間で注目すべきは、一貫して売上向上の視点から実践的に指導が進むこと。例えば、座学による地理講習では、単にテキストだけを読み進めるのではなく、乗車率をアップするためのエリアやルートあるいは時間帯まで、きめ細かくレクチャーします。また実地研修においても、営業所が独自に調査したデータを活用しながら、定例会議や自主勉強会などを通じて、売上げにつながる情報やノウハウを、社員がお互いに共有します。研修ドライバーであっても、先輩ドライバーから集客のコツや接客スキルを吸収できる機会が、この時点で沢山あります。

働きやすい魅力的な環境!キャリアアップも図れる!

日本交通グループには収入面以外にも、業界最大手だから働きやすい、魅力的な制度や環境が整っています。福利厚生については、各種の社会保険が完備されている上、特別休暇や産休育休といった制度も充実。さらに会社と提携している保養所やジムなどの施設も利用できます。この他にも財形貯蓄制度や家賃補助制度、あるいはマイカー車検修理割引制度などを通じて、生活に必要な経済的サポートも行います。会社内にはスポーツから文化芸術に至るまで様々なサークルがあり、仕事を離れた時間にも、仲間づくりをしやすい環境があります。

日本交通グループでは、将来へ向けてキャリアアップできるように、観光・子育て・介護に特化した「エキスパートドライバー」制度を導入し、向上心の高いドライバーが成長できる環境を用意しています。エキスパートドライバーを目指す際には、必要となる資格や講習あるいは諸費用などについては、会社が全面的にバックアップしており、安心して目標に邁進できます。さらにエキスパートドライバーになると、受注から運行プランまでトータルに担当するため、そこから管理職への道も開けます。日本交通グループであれば、収入も夢も期待できる魅力的な環境がそろっています。

有名企業とのコラボも行う知名度が高い日本交通!最新のアプリ導入によりサービスも充実!ドライバーにとっても働きやすい環境

有名企業とのコラボも行う知名度が高い日本交通!最新のアプリ導入によりサービスも充実!ドライバーにとっても働きやすい環境

タクシードライバーの仕事は「就業時間が長い」「給料が安い」などのイメージを持っていませんか。このページではタクシードライバーの毎日の業務や給料面、休日の有無などを説明します。その後、転職方法やおすすめの日本交通の企業内容を詳しく説明します。このページを読めばタクシー会社の就業状況がわかります。

タクシードライバーのメリット

給与が高い
タクシー運転手になって受け取ることが出来る月々の給料は正社員であれば固定給と共にボーナスも受けることが出来ます。更に、売り上げが上位であれば歩合制の料金もその給料に上乗せすることが出来ます。したがって、固定給によって安心して安定的な生活を送ることが出来ますし、更に稼ぎたいという意思があれば自身の心がけ次第で受け取れる給料もアップさせることが出来ます。

休みが多い
体力的にきついと思われるタクシーの運転手ですが、休日に関しては多く取ることも出来ます。タクシー運転手は1日働いた後、翌日は必ず休まなければなりません。これは規則です。更に、1月の間に連休を3~4回ほど取ることも出来ますので、月の半分以上は休んでいるという計算になります。タクシー運転手は休みが多くプライベートが充実した仕事です。

煩わしい人間関係がない
タクシードライバーの1日を簡単に説明すると、朝から営業所で点呼を行い、その後個々人が業務を開始するために方々へ出かけていきます。そして、1日の業務を終えた後はそれぞれが営業所に戻りその日の売り上げ等を納金して終わりになります。営業所のデスクは非常に忙しいタイミングなどはありますがドライバーにとってそのことは気にする必要はなりません。働いている人の多くの悩みの一つが職場の人間関係です。そういった、煩わしい人間関係に関しては気にする必要はなく働きやすい環境です。

タクシー運転手の転職方法

タクシー運転手専門の転職会社を利用する
転職全般に関して、現在では転職サイトを利用して転職をするという方法が増えてきています。タクシーのドライバーに関しては専門の転職会社もあります。転職会社では専門のスタッフが自身と求人先とを繋げてくれるので有利に転職を進めていくことが出来ます。又、担当スタッフに自身の要望や生活状況を伝えることが出来ます。更に、面接などのアドバイスも行ってくれますので安心して試験に臨むことが出来るようになります。その為に、転職後も自身に合った職場環境や条件で働き続けることも可能になります。しかし、転職が決まった後で、転職会社に成功報酬を支払わなければならないので、転職の為にお金が必要になります。

就職希望先のホームページをみる
タクシー会社にはいくつもの大手会社があります。インターネットのホームページで求人募集を行っている会社を探して応募するという方法もあります。直接、会社に連絡をして転職試験を受けるという方法ですが注意も必要です。会社によっては、人手不足の状態で尚且つ利益を上げることに重きを開いている会社もあります。そういった会社に転職してしまうと福利厚生などがはっきりしていないなどの給料面での問題や、長時間の労働を強制してくるような会社もあります。自身でタクシー会社を選ぶ場合は慎重に調べてから面接に臨みましょう。

タクシー運転手で稼ぐために必要なスキルを身につける

交通状況の把握
タクシー運転手に転職してから最初の1カ月ほどは研修期間として、第二種免許の取得と共に都内の地理を学びます。タクシー運転手である以上、地理の把握は勿論です。しかし、地理の把握とはいっても単純に地図を覚えるだけではありません。渋滞の状況やどの時間帯にどの場所に利用客が集中するのか、と言ったことも把握しておかなければサービスに対しても売り上げに対しても不利になっていきます。又、観光客を乗車させるということも多いために観光地としてのガイドが少々出来るということも必要です。ガイドなどのような地理の豆知識があるだけでもサービスの質は高くなります。そして、そのサービスの高さが売り上げの高さとなり、最終的な収入の高さへとつながります。

コミュニケーションの能力
利用者を安全で確実に速く目的地まで送り届けるという業務が第一にあります。しかし、利用者のその時にニーズを読み取って柔軟に対応する必要もあるのです。例えば、観光などで来ているゆっくりと観光を楽しんでいる人に対しては土地のガイドでもしながらゆっくりと会話もしながら目的地に送ります。運転のスキルだけでなくガイドとしての知識や英語も多少勉強しておくと利用者とのコミュニケーションにも役に立ちます。

日本交通の企業内容

圧倒的な知名度の高さ
日本交通では有名企業とのコラボで定期的にプロモーションを行う期間を設けていて、タクシーの外装をコラボする企業の宣伝用に特別仕様にします。そういった試みもあり日本交通はタクシー会社の中で知名度が高い会社です。知名度が高いことは利用者に安心、安全に日本交通を選んで乗車いただける理由でもあります。

最新アプリ導入
日本交通は最新のアプリなどの導入を積極的に行っており、時代のニーズに合わせたサービスを提供し続けています。スマホのアプリ「配車アプリ 全国タクシー」からタクシーの迎えをお願いすることが出来ます。更に、最新のアプリではタクシー乗車中に支払いを済ますことが出来るというサービスを始めました。このことにより、これまで時間を取っていたタクシーの支払いをスムーズに行うことが可能になりました。最新のサービスを導入することで日本交通を選んで乗車いただけるように努力をし続けています。

働きやすさ
日本交通では運転手に対する年金保険や健康保険と言った福利厚生や給与が高いという特徴があります。転職をする上で一番気になる収入面に関しては他の会社に比べて給与が高いです。昇給のシステムや休日も充実しているのでドライバーにとって働きやすい環境が整っています。

タクシードライバーは持病を持っているなど健康面に問題があると不採用になり、就業できない例があります

タクシードライバーは持病を持っているなど健康面に問題があると不採用になり、就業できない例があります

タクシードライバーは乗客の命を預かる仕事です。
ただ道を間違えずに運転ができればよいというわけではありません。

持病などで事故を起こすことがないように常に不眠や生活習慣病など健康面に留意し、乗客を安全に目的地まで運ぶ使命があります。
そこで、タクシードライバーの健康管理はとても重要な課題となります。

心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病などがあると就業できないかもしれません

タクシードライバーになろうとしてタクシー会社に面接に行ったとき、担当者から必ず健康面のことについて聞かれます。そのときに、タクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)を持っている場合は、不採用になることがあるでしょう。心臓疾患や糖尿病は、狭心症や低血糖により、就業中に突然意識を失うことがあります。また糖尿病と肝硬変は体力の低下が起こり、体調管理が難しく、健全な就業が困難になるかもしれません。さらにある種の精神病やアルコール依存症などでは錯乱状態になることも考えられます。このような健康面でのリスクを抱えていると、乗客を安全にタクシーに乗せて運ぶことは難しいと判断され、不採用になってしまうのです。

このような持病を持っている場合は、事前に医療機関にかかり、タクシードライバーとして就業できるかどうか、医師に相談してみましょう。治療によって改善される可能性がある、あるいは治療中で疾病が改善されつつあるのなら、その旨を記載した診断書を書いてもらうとよいです。そして面接時に診断書を提出するとともに、持病について面接担当者とよく話し合いをし、持病の改善や健康管理に努めていることを真摯に訴えましょう。

持病については採用担当者に正直に話し、健康管理への意欲を見せましょう

上記のような持病があるにもかかわらず、それを隠して採用試験を受け、面接に合格しても健康診断があるのです。早い場合はその日のうちに、あるいは数日内に健康診断を受けなければなりません。もしその健康診断の結果、数値に異常があれば、面接時の自己申告と違うことになり問題になります。採用が取り消しになるかもしれません。それほどタクシードライバーの健康管理は重要なわけです。不採用となった場合、他のタクシー会社の入社試験を受けても、他社でも働けない場合があるから注意する必要があります。

どのタクシー会社も同じように健康診断をしていますし、健康診断をする医療機関が違っても、検査結果に変わりはありません。タクシー会社によって、採用基準となる検査結果の数値に多少の誤差があっても、どのタクシー会社も同じような基準で健康診断の結果を判断します。1社で健康が原因で就業できない例があれば、他の会社でも就業できないと考えたほうがよいでしょう。ですから嘘をつかず、正直に持病について面接官に話しましょう。全く就業不可能な健康状態なのか、それとも、ある程度の努力をして健康診断の数値が改善されるのであれば就業できるのか、それが判断できれば、自分が今後どうするべきかも見えてきます。就業できるようになるまで健康状態を改善させる、あるいは今より悪化させないための努力をすれば就業できるなどということがわかれば、自分自身の安心にもつながります。

栄養、運動、休養に配慮し、適度な飲酒と禁煙が大切です

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣は、まず栄養バランスの取れた食事を3食きちんと食べること、適度な運動をすること、休養や睡眠を十分にとり、メンタル面に気をつけることです。心臓病や糖尿病、肝硬変などは食事や飲酒が原因になっていることが多いのです。塩分や脂肪が多すぎると肥満や高血圧になりやすく、動脈硬化を起こし、心臓病や糖尿病などの生活習慣病につながります。炭水化物や脂質、たんぱく質、ミネラルなどをバランスよく摂り、肥満や高血圧にならないよう気をつけましょう。また飲酒もカロリーが増える原因ですし、飲み過ぎるとアルコール性肝炎など肝臓疾患にかかりやすくなります。また二日酔いをするほど飲酒をする習慣があると、タクシードライバーになったとき、業務に支障が出ますから、適度な飲酒を守らなければなりません。

さらに禁煙することが大切です。タクシーを運転しながら喫煙をすることは不可能ですし、タバコの臭いのついた制服でタクシーを運転することは、サービス業としてのマナー違反になるともに、個人だけでなくタクシー会社全体の問題に発展します。また喫煙は肺の病気やがん、脳卒中、心臓病などの危険因子とされていますから、喫煙習慣のある人は、タクシードライバーを目指すのを機に禁煙するとよいでしょう。

タクシードライバーは常日頃から健康管理や生活習慣病予防が大切です

タクシードライバーになれたとしても、タクシー会社の場合は半年に1度、健康診断があります。一般の企業は健康診断が年に1回なので、タクシー会社はそれだけ健康を重視していることになります。年に2回健康診断があると、ちょっとした生活習慣の乱れが検査結果に影響することがあります。したがって、常に健康に気をつけて生活をすることが大切です。タクシードライバーはサービス業であり、いろいろな乗客を相手にすることから、ストレスが溜まりやすい職業です。普段の生活や休みの日などにストレスを発散するよう工夫しましょう。またタクシードライバーは常日頃から座ったままなので、腰痛を起こす人が多くなっています。空き時間にストレッチをする、入浴で腰をよく温めるなど、腰痛を改善することが大切です。また適度なウォーキングは腰痛予防や改善の効果があります。

常日頃から運動不足であったり、肥満があったりすると、タクシードライバーを続けられなくなる恐れもあります。自覚症状がある、健康診断の結果に異常があるなどの場合は、必ず医療機関を受診して治療に専念しましょう。自分の身だけでなく乗客の安全を守るために、健康面に十分配慮し、安全運転を続けていくことが大切です。

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーは20代の若手が増えつつありますが、なぜタクシードライバーが職業として選ばれているのでしょうか。
その新卒採用を広く行って規模を拡大している日本交通の魅力についても確認しておきましょう。

人気の理由は新卒でも稼ぎやすいから

タクシードライバーが20代に人気になっている理由としてまず挙げられるのが、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるからです。タクシードライバーは新卒でも比較的高い月給で採用してもらうことができます。それに加えて営業利益を上げれば、その利益に比例する形で給料が増える歩合制になっているのが魅力です。必死に努力して乗客を獲得し、売り上げを伸ばしていくと若手でも十分にベテラン並みに稼げるようになります。年功序列というよりも実力勝負なのが魅力的な部分です。

そのためにはある程度の地理感覚やノウハウを習得しなければなりません。新卒の人が最初からそのような能力を持っているわけではないので、タクシー会社も徹底した教育を行うようになっています。やり方こそ会社によって違いがありますが、その教育を受けて現場経験を積むことにより稼げるようになれるのが一般的です。特にまだ20代で若く、知識や技術の習得が早い段階でタクシードライバーになると、すぐに慣れて営業利益を上げられるようになります。その希望を持って他の人よりも稼げる仕事をしようとタクシー会社に就職する20代の人が増えているのです。

将来性が高い職業だから

タクシー会社に就職するのは将来的にも活躍できると考えられるからという若手も大勢います。タクシーは全国的に需要が伸びている状況があるからです。東京や大阪などの主要都市圏ではビジネス目的で日常的にタクシーが活用されています。ハイヤーなどもよく利用されているので、ベテランになれば高単価の仕事を得られるようになるでしょう。観光でもタクシーがよく利用されていて、外国人旅行客が増えている影響で英語を話せるドライバーも求められています。最近の若手の人たちは英語教育もよく受けているので、若手が活躍できる環境が整っていると言えるでしょう。

一方、現場でタクシードライバーとして働き続けるのではなく、経営サイドに回ることも可能です。新卒の場合には長いスパンでキャリアを考えることができます。ドライバーとして働くのに魅力があれば継続することも可能ですが、プロジェクトリーダーとしてタクシー会社を牽引する立場となったり、地方の支社のトップとして経営に携わったりすることも可能です。タクシーは将来を見据えた働き方ができるので、早い段階からタクシー会社で働いておこうと考える若手からの人気が高まっています。

上手にワークライフバランスを充実させられるから

タクシードライバーが人気の理由としてもう一つ重要なのがプライベートも充実させられることです。タクシードライバーは隔日勤務をすることが多くて大変だという印象を持っている人もいますが、考え方によってはとてもプライベートを楽しみやすい働き方とも言えるでしょう。朝から翌日の明け方まで働いたら、その日は丸一日自由に使うことが可能です。趣味に勤しむこともできれば、翌日が休みのタイミングであれば小旅行に出かけることもできるでしょう。休みや残業が明確になっているからプライベート充実というのがタクシードライバーの魅力です。

このような形でプライベートを充実させるにはある程度の体力が必要になります。まだ20代で若くて体力に満ち溢れているときであればあまり苦労せずとも隔日勤務を続けることが可能です。昼日勤や夜勤も含めて上手にスケジュールを整えればプライベートも計画的に楽しむことができ、ワークライフバランスを自分なりに充実させられます。いつどのようにして働くかについて自由度が高い現場も多く、休みや残業をどのように組み込むかを計画的に考えやすいのもメリットでしょう。

日本交通の魅力は新卒採用と教育に積極的なこと

このような状況下で特に目立って若手が増えてきているのが日本交通です。日本交通はタクシー業界でも大手であり、東京では特に多くの利用者がいることで知られています。日本交通で若手が増えているのは新卒採用を積極的に行っているからです。他のタクシー会社も新卒採用をしていますが、新卒にとって何が魅力かをよく考えて宣伝広告を行い、有望な若手を獲得する努力を続けているのが日本交通の特徴です。もともと大手として名が知られている影響もあり、若手からよく着目されるようになっています。

新卒にとっての魅力としてキャリアパスを明確にした教育を行っていることが挙げられます。まずはタクシードライバーとして働いて現場を知り、三年目にはプロジェクトリーダーとして働くことを提案しています。そして、経営サイドでの経験を十分に積んだ九年目には地方の会社の経営を担う人材になるというキャリアパスを提示しているのが日本交通です。日本交通は人を育て、タクシー業界全体のサービスを向上させることを目指しています。その経営理念に魅せられた若手が就職先として日本交通を選んでタクシードライバーになっているのです。

東京都内にある日本交通はタクシーが一番稼げる環境です。稼ぎやすい会社は日本交通なのでここで確実に稼ぐようにしましょう。

東京都内にある日本交通はタクシーが一番稼げる環境です。稼ぎやすい会社は日本交通なのでここで確実に稼ぐようにしましょう。

タクシードライバーは飲酒運転厳罰化に伴い年々需要が高まっています。利用者が特に多い東京都内だとタクシードライバーとして稼げるうってつけの場所になります。その中でも稼ぎやすい環境が整っている日本交通を紹介します。

転職活動しやすい万全の体制

日本交通は会社説明会と面接エントリーをセットで行っています。東京都内なら毎日開催しているので、会社説明会終了後に採用担当者へいろんな質問をぶつけられます。転職組としては会社説明会から更に踏み込んだ内容を聞きたいものなので、疑問点をその場で解消できるのは転職組として非常に心強いです。また、既に日本交通への転職が固まっている場合はホームページから面接エントリーできます。後は日時設定して就職活動を進めるのみです。

日本交通が持っている池袋、赤羽、千住、新木場、品川、三鷹と合計6つの営業所がそれぞれの面接会場になりますので、近場で面接試験を受けられるのも有り難いです。特別な資格は普通運転免許を既に取得していれば、タクシーを運転するために必要な第二種運転免許証は日本交通に就職してから取得しても大丈夫です。その際は免許取得費用を全額負担してくれるだけで無く、教習期間中の手当を保証してくれます。このため、安心して資格取得に専念できる環境が整っていると言えます。しっかりと社員の地盤を固めてくれた上で給料を確実に稼ぐことを可能にしてくれるのが日本交通です。

日本交通の詳しい給料体系

日本交通に就職したら稼ぎやすい会社は日本交通であることがすぐに把握できます。他業種からの転職組はタクシードライバー未経験者が大多数を占めるため、その研修期間に1ヶ月設けています。運転のイロハや接客業、担当エリアの地理学などをベテラン社員が教えてくれるので、いち早く経験者に追いつくシステムが整っています。研修期間中に関して、1万円の日当と交通費が支給されます。一方で、経験者は更に早い日数で運転できます。必要最低限の研修は行いますが、だいたい10日間足らずで路上に出ます。

営業所配属後も、ハンチョウを中心としたチームを組みます。先輩乗務員が主導となって日々新しくなる運転技術を丁寧に教えてくれます。散りについてよくわからない人にとっては不安に感じることも少なくありませんが、ベテラン社員が手厚くその都度教えてくれるので少しずつ覚えていけば良いのです。特に仕事上のノルマは無いのでのびのびと活動できます。東京都内という日本列島の中で最も複雑化した交通網を頭にたたき込まなければならないのは骨が折れます。総合研修センターにてより詳しい地理と接客サービスを学べます。

慣れてくるともらえる年収に夢を見られる職場

日本交通の平均年収は420万円であることは就職説明会で採用担当者が話してくれますが、タクシードライバー業界の中でも非常に高い金額であることが確認できます。その理由に利用者が他の都道府県を圧倒していることが挙げられます。人口が最も多い東京都でかつ、依頼自体はひっきりなしにかかってくるので、時間が許す限り仕事が出来る環境です。このため、体力さえあればいとも簡単に業界の平均年収を短期間で超えられます。

ベテランと若手や転職組で経験あり、経験無しなど全ての立場において、会社内の風通しが非常に良く、お互いをすぐに助け合える環境が整っています。日本交通の企業理念に人材を育成することを第一においており、それがお客さんに還元することで会社としての社会貢献が達成できるとしているからです。転職組であっても分け隔て無く接してくれるので、お客さんが多い穴場スポットを教えてくれます。また、効率良く目的地を回れるルートを事前に情報として頭に入れておくことでより多くの件数をこなせます。また、会社内でも質問や相談コーナーを設けており適宜解消できる意味でも集中して仕事に専念できると言えます。

福利厚生がしっかりしている社員に優しい会社

日本交通はタクシーが一番稼げる環境を提供してくれます。その理由に女性が働きやすい環境が挙げられます。育児介護休暇を会社全体で応援しているだけで無く、実際に先輩社員がそれを利用している実績があるので、後輩としては安心して取得出来ます。先輩にも相談しやすい雰囲気が整っているので、社員が休んでいる間の予定管理が万全です。

また、都内30か所以上の専用乗場も完備されていることが挙げられます。お客さんにとってはタクシーを利用したいと思った場所に専用乗場が近ければ近いほど利用しやすいです。日本交通は長年東京都内で多くの利用者に貢献してきたので未だに多くの専用乗場が残っているのです。これが評判の悪い会社だと企業淘汰の波にのまれてまともな専用乗場が用意されていない会社があります。利用者が途切れること無くタクシーを利用してくれる場所が整っているので、年収790万円を目指せる環境であると言えます。転職組が多数日本交通に入って、何年経っても退職しないことからわかるように、給料体系や休暇制度が充実しているので、長年勤める人が多いのです。法定外の残業は無いことからプライベートの時間が取りやすいのもお勧め出来る点です。

タクシードライバーへ就職・転職する際に注意すべきカード手数料などの給与天引きについて

タクシードライバーへ就職・転職する際に注意すべきカード手数料などの給与天引きについて

仕事をしていくうえで給与がいくらもらえるのかは重要です。
給与には様々な表現がありわかりにくいという問題もありますが、職場によっては様々な天引き項目や規則などがあり、実際にもらえる金額が少ないと感じることもあります。

タクシードライバーの給与で注意すべき天引きについて紹介します。

クレジットカード払いの手数料

タクシードライバーの給与天引きとして多く上げられるもののひとつが、クレジットカード払いの際にかかるカード手数料です。クレジットカードでの支払いは、現金の持ち歩きをしなくても済み、お釣りの受け取りなどといった手間も省くことができて、支払う側としては非常に便利な支払い方法といえます。しかし、クレジットカードで支払いが行われると、クレジット加盟業者であるタクシー会社は、クレジット決済代金の3から8パーセントをカード手数料としてクレジット会社に支払わなければなりません。このカード手数料が、タクシードライバーの給与から天引きされることが多いです。

どの程度がドライバーの負担となるかは、会社ごとに異なり、全額負担の場合もあれば、一部の場合もあります。大手のタクシー会社では事業者負担が多いですが、小規模のタクシー会社ではドライバー負担となることがままあるようです。クレジットカードで支払う乗客が多ければ、ひと月の負担が万単位となることもあります。また、同様にして電子マネー決済やタクシーチケット利用の場合もドライバーが手数料を負担することもあり、収入が大幅に減ってしまいかねません。

帰路の高速代金

乗客を遠方まで送り届けると、支払われる料金も大きくなり、メリットが大きいように感じますが、必ずしもそうとは限りません。タクシー会社によっては、遠方からの帰路の高速代を給与天引きにしている場合があるからです。タクシーは、通常エリアを区切り許認可制の営業となっており、遠方へ乗客を送り届けたならば、その遠方地で乗客を乗せることはできず、一度本拠地に戻らなければなりません。帰路は、遠方であることから、できるだけ早く帰るために高速道路を使用したいところですが、高速代金をタクシードライバーの負担とするタクシー会社は多くあります。

高速道路を利用せず一般道で帰ることもできますが、本拠地に戻るまでに時間がかかり、その日一日遠方への乗客以外の営業をすることができないといったことになりかねず、営業利益が落ちてしまう可能性は大きいです。遠方からの帰路の高速代が、会社の負担ではなくタクシードライバーの給与天引きとなると、その負担は大きなものとなります。遠方まで乗客を乗せ、長時間の移動に耐えて頑張って仕事をしたとしても、手に入ってくる給与が少なくなる可能性が大きいので注意が必要です。

事故に関する費用

タクシードライバーを仕事としていると、交通事故の危険を100パーセント回避することはできません。もし、交通事故を起こしてしまうと、車両の修理代金やけがをした場合の治療費、けがをして仕事をできなくなった場合の休業補償といった損失が発生してしまいます。これらの費用は、通常ならばタクシー会社が加入している保険会社の自動車保険や交通事故の相手の保険でカバーされ、修理も中古パーツを使用して安く修理されることが多いです。しかし、契約の内容によっては保険給付金の対象外となることもあり、その費用負担がタクシードライバーへとかかる場合もあり、大きな重荷となる場合もあるので注意が必要です。

タクシードライバーへ、事故負担金の給与天引きがなされるのは、一種のペナルティーです。事故抑制を目的として、制裁金や罰則金として天引きされるものであり、場合によってはタクシー会社に事故による費用損失がなかったとしても支払わされることがあります。労働基準法では損害賠償金を給与天引きすることは禁止されて言いますが、罰則金として天引きされていることが多いのが実態です。自己のレベルや状況により負担金額が変わることもあるので、詳しく調べることをお勧めします。

ガソリン代金・トラブル・その他の費用

タクシードライバーは、どのような状況で、どのような要望を持った乗客が乗ってくるかわからないので、頻繁に給油をする必要があります。ガソリン代金の負担を減らすために、タクシー会社では使用するガソリンスタンドをあらかじめ指定していることがありますが、必ずしもその指定のガソリンスタンドで給油することができるとは限りません。指定外のガソリンスタンドで給油した場合のガソリン代金を給与天引きでドライバーの負担としているタクシー会社もあります。また、乗客との間での盗難等のトラブルが発生した場合、その対応はタクシー会社によって様々です。

ドライバーに重大な過失があっても、賠償金をそのまま支払うことを要求されることは少ないですが、罰則金や制裁金として負担しなければならないこともあります。
給与の内訳や天引き項目はタクシー会社によってそれぞれ異なります。タクシードライバーへ就職・転職を希望するならば、細かな取り決めを面接や口込みなどであらかじめ確認することが重要です。「給与の内訳は入社前に確認をする」、これを怠ると後々もらえる給与の少なさから、モチベーションが下がってしまい、仕事が苦痛となりかねません。