タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシー業界の今までの常識を変えることにもなっているのが、日本交通の存在といえるのではないでしょうか。
日本交通では、若手ドライバーの育成に注力しています。

予め決められた休日や無理のない勤務時間などが、若者の就職先として選ばれる理由といえるでしょう。

しっかりと稼げる環境

タクシードライバーに若手が増えているという環境については、多くの人が感じているのではないでしょうか。
従前においては、どちらかというと中高年が多いというイメージが大勢を占めていたタクシー業界に変化の波が押し寄せているのかもしれません。

日本を代表するタクシー会社の一つである日本交通では、積極的に20代の若者の採用を強化しています。
むろん、ただ単に若者の採用を強化するといっても、簡単にいくわけではありません。
当事者である若者たちに就職先として魅力を持ってもらえるかどうかということが重要となってくるのです。

日本交通では、社内全体に若手が活躍できる環境を作り上げることを意識しており、強力におし進めてきました。

その結果として、徐々に若手社員が増えるようになったという結果につながっています。
では、具体的に若手が活躍できる環境とは、どのような環境なのかと疑問に思う人も多いかもしれません。

その答えとして挙げられるのは、未経験でも本人の努力次第で稼ぐことができるという点や勤務時間などが予めしっかりと決められており、プライベートな時間が持てるという点などが挙げられます。

日本交通の際立つ魅力!オンオフの切り替えができる

日本交通で勤務する若手が増える主な要因になっているのが、予め勤務時間が決められているという点が挙げられます。
現代の若者の仕事に対する考え方などをしっかりと把握しているといえる取り組みといえるのではないでしょうか。

休みや残業が明確になっているからプライベート充実することになるといえるでしょう。とりわけ、若者にとっては友達との遊びや自由な時間を大切にしたいという思いが多いことは容易に推測することができます。
オンオフのメリハリがつくことで、仕事に対する前向きな気持ちやモチベーションも維持できることにつながるともいえます。

日本交通では、若者に限らず、全てのドライバーの勤務時間の適正な管理に努めていることでも知られています。
法定外残業やサービス残業は一切ないという点にもこだわりを持って臨んでいるのです。

タクシー会社をめぐっては、まだまだドライバーへの不当な扱いなどの問題が残っていのが現状です。
立場の弱い従業員に対して過剰労働やサービス残業の強要などを求めるタクシー会社も散見されます。

日本交通では、そのようなことが一切ないことも若手に人気を集める理由といえます。

同世代よりも多く稼げる環境

日本交通の特徴として新卒採用を積極的に行うという点もあります。この点についても日本交通に若手ドライバーが多いことの理由になっているといえるでしょう。
新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということも、日本交通で勤務することのメリットといえるのではないでしょうか。

日本交通では、新卒採用者に対しての研修制度なども充実しており、社会人としての経験がないことも見据えた上での教育をしています。
都内にも多くのタクシー会社がありますが、日本交通のように研修制度が充実している会社は他に類を見ないといっても過言ではありません。

確かに研修の時間は設けているものの、極めて形式的なものに終わってしまっているというケースが大勢を占めているのが実態かもしれません。

日本交通では、新卒採用者を一からしっかりと育てることが、本人はもとより、タクシー業界全体にとってもプラスに寄与すると考えているのです。

タクシードライバーとしてのスキルを身につけることで、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということにもつながります。

現に他の業界に勤務している同世代と比較しても、年収が多いという若手ドライバーが目立ちます。

長きにわたって活躍できるタクシードライバー

若者の就職先として日本交通が選ばれる理由にもなっているのが、タクシーは将来を見据えた働き方ができるという点にもあります。

当然ながら、若者といえども、将来の自分のあるべき姿などを念頭に置いた就職先選びをすることになります。
今が良ければ良いというような考え方をする人はいないといっても過言ではないでしょう。

新卒採用で入社する際には、独身であっても、将来的には結婚して家庭を築くなどという将来像を思い描くことも大切なことではないでしょうか。
子供を設けてマイホームを購入したいなどの夢や目標を掲げている人も多いはずです。

日本交通では、新卒採用をした社員が、将来も安心して勤務することができるような環境づくりにも積極的に注力しています。

タクシードライバーとして、運転のスキルやテクニックを身につけるということ以外にも、時代の流れを先読みしたさまざまな取り組みをしているのも特徴の一つです。

例えば、グローバル社会を視野に入れての取り組みとして英会話の習得や、高齢化社会に向けての介護タクシーの導入など、タクシードライバーとして長きにわたって活躍することができるようにサポート体制を盤石なものにしようとしています。

安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

歩合制が多いタクシー乗務員の仕事は、未経験の人にとって稼げるかどうかの不安を感じることもあるでしょう。

しかし、タクシー会社を上手に選ぶことで働き始めの給与保証が得られる場合もあるのです。
今回は未経験者の転職先としておすすめの日本交通グループを紹介します。

タクシー会社が売上げを大きく左右する

タクシー乗務員の仕事は歩合制であることが多いため個人事業主の様な形態であるともいえます。
しかしタクシー会社に所属し、そのなかで効率よく売り上げを上げるためにはタクシー会社選びが非常に重要です。タクシー会社によってはより多くの顧客を獲得するための独自のサービスを展開している会社もあります。

また、会社の知名度が高い場合にはお客さまからも選ばれやすくなるでしょう。さらに東京都内にタクシー乗り場を多く設置している会社であれば、付け待ちであっても効率よく顧客が得られます。

そこでおすすめなのが日本交通グループです。日本交通グループ交通グループでは六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどといった利用者の多いエリアにタクシー乗り場を設置しています。
そのため安定した売上げが確保しやすいのが特徴です。

またタクシーチケットも全国約10,000と契約していますので、乗客が積極的に日本交通グループのタクシーを利用します。その他にも配車アプリを導入することで近くにいるタクシーを見つけることもでき、さらに多くの利用者を伸ばし続けています。

日本交通グループは乗客にとっても乗務員にとってもよりよいサービスを提供している会社であるといえるでしょう。

充実した制度で働くのが楽しくなる仕事

業界最大手と言われている日本交通グループは、タクシー乗務員にとって魅力的な制度がたくさんある会社です。
未経験者には40万円(3ヶ月)の給与保証があり、初めての仕事に不安がある人も安心して働けます。

タクシードライバーとして必要な2種免許取得にかかる費用も会社が全額負担し、研修期間中には交通費込みで1日あたり1万1000円が支給されます。福利厚生も充実しているのが特徴で、社会保険もしっかりと完備されています。
仮眠室やシャワールームも設けられ、制服の貸し出しや、財形制度、無事故表彰他諸制度などもあります。

保養所も利用できますので、休暇を利用してゆったりと過ごすことも可能です。
さらに野球やゴルフなどのサークル活動もあり、仕事だけでなく充実した毎日が送れます。

その他にも休みが多いのも特徴で、月6~8日でシフトを組んで休む場合と、日曜または月曜の固定休日に加えて他曜日1~2日を休む場合とが選べます。いずれにしても隔日勤務をする場合には乗務終了後は明けであり、その翌日も休みです。
そこに公休を組み合わせることで3~5日間の連休がとれますので、海外旅行などを楽しむこともできます。

日本交通グループならではのサービスでやりがいを実感

日本交通グループでは各分野に特化したドライバーを集めた「エキスパート・ドライバー・サービス」を行っています。
これには「観光」「ケア」「キッズ」の3つの分野があり、このドライバーに選ばれることでより専門的な仕事が任されキャリアアップがある制度です。

タクシーを単なる送迎だけにとどめないこの制度では個人の顧客に対してもハイヤーのような使いやすさを提供します。ワンランク上のサービスであるため、乗務員の多くが参加を希望しています。乗務員数人で構成されているチームでは勤務時間の希望が伝えやすいのも魅力で、残業もないことも魅力です。

まず観光の分野においては東京の観光スポットを巡るため、東京シティーガイド検定を取得している乗務員が優先されます。さらに外国語にも堪能であれば、活躍できるチャンスも多いでしょう。
また、ケアの分野では高齢や体が不自由な人の毎日をお手伝いするサービスです。ホームヘルパー2級の資格を取得している人が望ましいため介護職からの転職者にはおすすめです。
もう一つのキッズではお子様の学校・塾・自宅へと送迎します。

担当乗務員はメディック・ファースト・エイド(MFA)の資格が必要で、ケア輸送講習、普通救命講習(AED)の受講も求められます。
エキスパートドライバーへは最短で1年半でなることが可能ですので、現在の仕事においてこのような専門分野で活躍していた人は、キャリアアップを目指してやりがいを感じながら働ける仕事です。

満足度が高いから長く続けられる仕事です

日本交通グループは乗務員として働いている側からの評判も高く、入社満足度98%誇っています。
彼らがこれほどまでに満足度を感じている理由のひとつにはノルマがないことがあげられます。ノルマがないことで乗務員同士が乗客を争いガツガツ働く必要がなくなります。リラックスした環境のなか、自分のペースを保ってのんびりゆったり働けるのが魅力でしょう。

また、ノルマがないことは未経験のタクシー乗務員にとっても安心して働けるといえます。さらに休暇を自由に取ることもできますので、ストレスを感じることがありません。その結果長く働ける環境が出来上がっているのです。

それでも知名度の高い日本交通グループはお客さまから選ばれるブランド力を確立していますので、月収30万円を稼ぐこともできます。

のんびりゆったりと仕事をしている中でそれだけの収入を得るためには会社の力が非常に重要です。未経験者に安心の日本交通グループは、働きやすさにおいても満足のできるタクシー会社であるといえるでしょう。

働き始めの3ケ月間は40万円の給与保証があることも安心ですので、未経験者からタクシードライバーへの転職を目指している人におすすめの会社です。

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

 タクシードライバーという職業は歩合制の場合が多く、年収アップを狙うには魅力的な仕事です。
 都心部で働こうと考えている方は、稼げるコツをしっかり抑えて働けば、自分の頑張り次第で高収入を目指すことができます。

都内でのタクシードライバーの必要性

 東京は眠らない街とも表現されるくらい、活動的な街です。特に都心は人口密度が高いこともあり、生活スタイルは様々で、24時間どの時間帯でもタクシーを必要とする人々がいます。

 お昼の時間帯は、地方や海外からの観光客や病院へ向かう人など、電車に乗ることが難しいという人々の利用が多いです。また夕方から夜にかけての時間帯は、仕事を終えて飲みに出かける人や夜の仕事へ向かう人などが利用します。そして深夜から朝方にかけての時間帯は電車が止まっているので、終電を逃してしまった人の利用が多くなります。このように、どの時間にもタクシーを必要とする人が一定数存在するのが、都心部の特徴です。
 
 このようにタクシー利用の時間帯に隙間がないのは、都心部だけです。そのため稼げるチャンスはお客様の多い都心部に多く、営業所も都心部にある営業所で働くべきだということが言えます。そして2017年から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で始まった「初乗り410円」の影響もあり、今まで初乗り730円を高いと感じて乗っていなかった人たちも、短い距離で気軽に乗るようになりました。都内のタクシー利用人口は増加の傾向にあり、タクシードライバーの必要性も高まっています。

どんなタクシー会社に入れば良いのか

 人口の多い都心部でタクシードライバーになれば、すぐに稼ぐことができそうですが、しっかり稼ぐにはコツがあるため、誰でも高収入にはなれないのです。そして、ただ都心部に営業所がある会社に入れば安心というわけではありません。どの会社で働くのか、ひとつの基準にすべきなのは、ブランド力のある会社で働くべきということです。

 タクシーを利用する人の中には、ブランドでタクシー会社を選ぶ人もいます。都心部にはタクシー会社がたくさんありますが、その中で全く名前を聞いたことのない会社を選ぶのは、利用客も勇気がいります。そしてブランド力があるということは、社員の教育も行き届いている証拠でもあります。利用客にとって支払う料金に差はないので、ブランド力があるほうが安心です。また実際に面接に行ってみて、職場の雰囲気が自分に合うか確認をすることも大切です。

 タクシードライバーという職業は、個人の努力次第かのように思われがちですが、同僚や会社のサポート体制も大いに影響します。多くのタクシー会社がある中で、安定して長く続けられる会社か、面接時に話を聞いて見極める必要があります。

タクシードライバーとして軌道に乗るには

 ドライバーとしてお金を頂くからには、都心部の道路をある程度は頭に入れなくてはなりません。都心部の道路は、地方に比べ一方通行が多く、交通ルールが複雑な場所も多くあります。また同じ目的地でもルートは多岐にわたりますので、周辺の地理を把握しておく必要があるのです。

 そのため、タクシードライバーという仕事で稼げるようになるためには時間がかかりそうですが、多くのタクシー会社には給与保証制度というものがあります。これは、売上が少なくても会社から給与額が保証される制度で、会社により期間は違いますが、この期間に焦らずに仕事を覚える事が出来ます。歩合制が多いタクシードライバーという仕事は、きちんと稼げるようになるまでの不安がありますが、この制度によって、仕事を覚えるまで売り上げが低くても、給与保証があるから安定しているのです。

 給与保証されている期間に、道を覚えて自分の得意なエリアを見つけたり、稼いでいる先輩の仕事のしかたを研究したりと、自分に合う働き方を探すことができます。この期間を有意義に使うことで、タクシードライバーとして軌道に乗ることができるはずです。

タクシーの集客方法の多様化と稼ぐコツ

 タクシードライバーの仕事は、ほとんどが歩合制なので、さらに年収アップを狙うには工夫も必要です。稼ぐためには、駅前のタクシー乗り場で利用客を待ったり、人通りの多い道を走って利用客を探すことだけが方法ではありません。

 タクシー会社には、無線配車やアプリ配車など流し以外の集客があるので、これらを利用することによりコツを抑えて稼ぐことができるようになりました。お客様から連絡を受け、各タクシーへ割り振られる無線配車で、安定的な乗車が期待できます。また、タクシーを指定の場所に配車できるスマホアプリも定着しつつあります。なかには、アプリ内でクレジットカード支払い可能なものもあり、その手軽さが時代に合っていると言えます。タクシードライバーが利用客を自ら探さなくても、利用客の方から来てくれるシステムがあるのです。

 タクシーが時代とともに身近な存在になり、利用客が増えるとともに、サービスの質も以前より求められるようになりました。無線配車やアプリ配車などの便利なサービスがあることは、リピートにもつながります。集客方法の多様化により、タクシードライバーは努力と工夫次第で稼げるということです。

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討するにあたって、いろいろ心配なこと、事前に知っておきたいことがあると思います。

給料ってどれくらい?契約条件は?休みって多いの?少ないの?事故や乗り逃げのリスクは?

少しでも疑問を解決して、タクシードライバーへの転職に向けて一歩踏み出してみてください!

給料の仕組みは?

タクシードライバーへの転職を検討する際、まずは給料について知っておきたいですね。

タクシードライバーは基本的には歩合制です。完全歩合制と言って、保証された月給はなく、売り上げが0円なら給与も0円という会社もありますが、日本交通の場合は月給の保証(およそ18万円)があり、それに上乗せする形での歩合制になっています。

歩合は売上が上がるほど増えるので、売上によって給料も増える仕組みです。

日本交通の歩合率は62%で、これは業界でも最高水準です。タイトルで日本交通がおすすめ!としたのは、ここにも理由があります。

たとえば歩合率が62%の場合、月に50万円を売り上げたとすると、31万円が歩合として保証の給与に上乗せされるということです。

と言っても、未経験者が月に50万円もすぐに稼げるものなの?と心配になるかもしれません。

都内の複雑な道が完璧にわかるわけでもないし、利用者の多い場所の知識もないし・・・

そんな不安はよくわかります。

でも、日本交通なら未経験者には1カ月の研修期間があり、都内の交通事情や地理をベテランドライバーが教えてくれます。

もちろん研修中も給与を支給します。

しかも、研修終了後の3か月間は月給40万円の保証があるのです。

毎月の売り上げを心配することなく、お客さまの多いところを実際に運転して学びつつ、3か月かけて仕事に慣れて行く環境が整えられているわけですね。

事故や乗り逃げのリスクは?

先に述べた給料も大事な契約条件の1つですが、も1つ大切な契約条件があります。

それは、タクシードライバーという仕事をするうえでは避けることのできない、事故や乗り逃げのリスクについてです。

万が一事故を起こしてしまった時の補償について、どこへ入社するにしても事前に確認が必要です。

たとえば、事故による車の修理費用の全額をドライバーに負担させるという会社もあります。

もちろん無事故であるに越したことはありませんが、それでもその修理費用を全額負担していたら、その月の給料が差し引きゼロ(それどころかマイナス)となることもあり得ます。

事故を起こさないように注意する意識を持ってもらうために、あえて修理費用の一部をドライバーに負担させることにしている場合もあります。

一旦は会社が費用を立て替え、後から一括または分割でかかった費用の一部を給料から天引き、というような制度をとっていることが多いです。

では、乗り逃げに遭った場合の補償はどうなのでしょうか。

被害を受けたのはドライバーで、一方的に相手が悪いことなのに、メーターとの不足金額を自己負担しなければならないとなれば、理不尽さを感じざるを得ません。

これについても、会社によってその対応は分かれます。

どんな理由であっても不足分は会社へ納めなければならない、とする、つまり被害に遭った分の金額は自腹となります。

もしくは、警察へ被害届を出すことにより、不足分は減額して納めることが許される、という場合もあります。

万が一これらのことが起きてしまった場合、そのマイナス額に驚くことのないよう、事故の費用負担についてと乗り逃げの対応について、入社前に詳しく聞いておきましょう。

福利厚生はどうなの?

正社員として採用された場合、福利厚生も気になるところです。

たとえば、タクシードライバーとして仕事を始めるには、普通1種免許だけでなく2種の免許を取得する必要があります。

日本交通では、その際にかかる費用を会社が全額負担し、教習期間中にも手当を支給しています。

その他にも、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの社会保険も完備されており、賞与もあります。

食堂や仮眠室、大浴場まで用意されているので、休憩時間に食事をして仮眠を取ったり、業務終了後にゆったりとお風呂に入って疲れを癒やすなんてこともできますね。

それから、タクシードライバーの勤務体系についてです。

1日に20時間ほど働くこともあるタクシードライバーは、1日出勤したら次の1日は休まなければならなかったり、取るべき休憩時間数が決められていたりします。

日本交通では、1日の勤務は15.5時間~18時間で、必ず3時間の休憩を取ることになっています。

食事をしたり、夜の勤務が始まる前に少し仮眠を取ったりでき、無理のないよう配慮されているわけですね。

また、勤務日の翌日は必ず休みになります。シフト制なので、連休を取りたいときには取ることもできます。

一般的な会社員に比べると、時間の使い方は比較的自由なのではないでしょうか。

キャリアアップはできるの?

入社後のキャリアアップには、どんな道があるのでしょうか。

日本交通の場合、まずは一般ドライバーとしてスタートします。その後実績を積んで行くと、黒タクドライバーになることができます。

一般ドライバー(黄色いタクシー)よりも、お客さまを乗せやすくなるメリットがあります。

さらに、実績を積んでいくと、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)として予約のお客さまをお迎えに行く専用のドライバーとなります。

また、ドライバーから内部スタッフへと転向することも可能です。

運行管理者としてサービスの品質管理を担当したり、営業所の所長になったりすることができます。

このように、社員としてのキャリアアップの道もあれば、将来的に個人タクシーとして独立するという選択肢もあります。

どちらにしても、日々の業務に誠実に取り組み、真面目に努力を重ねることでお客さまの信頼を獲得できれば、乗客数も増えて行きます。

そうすることで、どんな人も将来の可能性を拓いて行けるのです。

タクシードライバーとしての将来の明るいビジョンを思い描くことができたなら、転職への一歩を踏み出してみませんか。

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

タクシードライバーとして転職を希望する場合、就業できないと判断されるのはどんな場合なのでしょうか?
持病など、健康面での問題があると不採用になるのか、またタクシードライバーへの転職に向けてどんなことに気を付けていけばよいかなどについて考えてみます。

タクシードライバーになれない持病

タクシードライバーは、30代からでも転職しやすい職種であると言われていますが、乗客を乗せるという責任のある職務内容であることから、採用基準としては、安全運転を徹底して実行することができる心身の健康が絶対条件となります。
自動車の運転はただでさえ交通事故などの危険が懸念されるものなので、持病などを持っていると勤務が難しくなることも少なくありません。
タクシードライバーの採用面接の際には、必ず身体検査も行われていますが、採用の際にタクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)の病歴がチェックされます。

そのような持病がある場合は、突発性の発作などを運転中に引き起こす可能性を否定できないので、治療の有無などについても詳細を確認されることになります。仮に上記の持病があったとしても、しっかりと治療を行っており、病気の進行を抑制できているという医師の判断があれば、就業可能な場合もあります。

まずは主治医などに相談をして、現在の健康状態でタクシー運転手の仕事ができるかどうかを確認しておくことが必要です。
また、就業可能ということであれば、診断書を書いてもらうのがよいでしょう。

タクシー運転手になるために気をつけることは?

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣とはどのようなことなのでしょうか?
タクシー運転手は、毎日安全に乗客を乗せるという責任の求められる仕事です。先に書いたような病気があると、就業できない例も多いですが、日頃の食生活や、習慣などにも気をつけていかなければなりません。
特に食習慣が乱れてくると、病気につながる可能性も大きくなります。

また、タクシー運転手はずっと座って運転し続けるという職業柄、腰痛を起こしやすいですが、その腰痛に繋がりやすくなる肥満は避けたいところです。
面接の際に一定の基準を超えていると不採用になる場合もあるくらいなので、過度の肥満に陥ることがないように日頃の生活習慣を見直しておきましょう。

また、健康面以外のことでは、物を立体的に見る視力などのより深い視力を養うことが必要になります。
タクシー運転手には、普通自動車第一種免許以外にも、乗客を乗せて運転する際に求められる、普通自動車第二種運転免許も必要となります。
試験を受けるのは入社後であり、勤務先に費用を負担してもらえますが、深視力が劣っていると試験に受からない可能性が高いので、気をつけなくてはいけません。

タクシー運転手の採用試験とは?

いざ、タクシー運転手への転職を決めて、採用試験を受けようとすると、どのような流れになるのでしょうか?
タクシー会社によって試験の内容や、日程は多少異なるかもしれませんが、大まかな流れとしては、まずは会社が行う説明会に参加をして、入社の意向がある場合は面接の予約をします。
その後、履歴書や職務経歴書を持参して面接に臨みます。その場でエントリーシートに記入をして書面での適正検査、診断や深視力の測定などを行います。
ここまでの流れでは会社によって内容の差はあるかもしれません。

重要なのは、仮に面接に合格しても健康診断があるということです。
健康診断は面接の日の午後にすぐ行われる場合もあれば、後日行われる場合もあります。

タクシー運転手の業務は長時間に渡る肉体的にも身体的にも疲労する仕事です。応募者の健康状態に関しては、何より重要に考えている会社が多いです。
採用の基準に関わる持病の有無だけではなく、慢性的な腰痛はないか、睡眠時無呼吸症候群のリスクはないかどうかについてもチェックされます。

健康面に問題があり不採用となれば、タクシー会社の採用試験の基準はどの会社も大体同じであることが考えられるので、他社でも働けない場合があるから注意する必要があります。

タクシードライバーを続けるために重要なことは?

タクシー運転手になるためには、採用を目指して健康に気をつけて生活をすることが重要であると書きましたが、それは採用されてからも同様です。
実際に業務が始まると、腰痛や、勤務時間が不規則なことによる胃痛などを引き起こしやすくなります。
一定時間座ったままの仕事になるので、ある程度は仕方ありませんが、定期的に体を少し動かす習慣をつけるなどして気をつけていく必要があります。
普段からの運動不足や、過度の飲酒や食生活の乱れは、ドライバーを続けられなくなるような病気に発展する可能性があります。

健康診断で少しでも異常が見られたら、すぐに受診して治療、改善に臨むようにしていきましょう。健康面に気を付けることは運転をする仕事を続けていくのに最も大事なことであると言えます。
それ以外にもドライバーとして、交通事故や違反などにも最大限注意を払っていかなければなりません。

万が一、一定の点数を超えてしまい免停にでもなれば、文字通り免許の効力が失われてしまうので、その間は車の運転ができなくなってしまいます。
健康面と併せて、乗客を乗せてどんな時でも安全運転を遵守することが、タクシードライバーには求められています。

未経験歓迎・終身雇用・経験が活かせる・充実の日本交通のタクシードライバー

未経験歓迎・終身雇用・経験が活かせる・充実の日本交通のタクシードライバー

タクシードライバーという存在は、一日中車の中で仕事をして、自分で乗客を見つけて、大変な割には、給与がなかなか上がらないといったきつい仕事というイメージが強いです。

しかし、そのようなことはありません。充実の雇用条件がそろっている日本交通のタクシードライバーについて紹介します。

トップクラスの給与実績

タクシードライバーの仕事というと、自分で街中にタクシーを走らせたりして乗客を積極的に見つけなければ、給与が上がることもなく、下がる可能性が高いつらい仕事というイメージがあります。送迎した乗客の数によって、その月の給与が決まるといった不安定な給与体系の元働かなければならないというものは、将来を考えたうえでも安心できるものではありません。しかし、日本交通の給与は、タクシードライバーが安心して働くことができるように、しっかりとした仕組みがあります。
日本交通のタクシードライバーという仕事は、給与保証がある仕事ということが可能です。日本交通の給与実績データから見てみると、入社1年目の平均年収は420万円、入社2年目の平均年収は450万円となっています。最高で入社2年目で年収664万円となった人もいるほどです。このようにして勤務していけば、入社6年目で年収790万円以上が可能となります。

これらのデータは、もともとタクシードライバーとして働いていた人の給与データではありません。日本交通のタクシードライバーのおよそ99%は未経験入社です。それらの何もわからないような社員を研修制度やサポート体制により支えることで、入社1年目からしっかりと高収入を目指すことを可能としています。

勤務体系を選んで無理なく仕事

日本交通の仕事がいくら給与保証がある仕事といっても、休日も返上して毎日働いているから高収入が保たれているのであったならば意味がありません。高収入を保つために、休みもなく、また急な呼び出しでもって出勤して働いているという状態が長く続くようでいては、結局のところ将来を見据えて永く働き続けることはできなくなります。ライフワークバランスがしっかりと保たれている状態を作らなければ、仕事というものは続けることができないということは基本です。これらの観点から見ても、日本交通のタクシードライバーは充実しているということができます。

日本交通のタクシードライバーでは、「いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社」という考えのもと、終身雇用を基本として、従業員が安心して働ける環境を整える、勤務体系を選べる職場を実現しています。日本交通の勤務は、事前申告のシフト制になっています。勤務予定をあらかじめ決めることができ、休日に急に呼び出されるということはありません。家族と過ごす時間や趣味の時間を確保することもできれば、ノルマを設けることもありません。無理のない勤務体系を選ぶことができるので、新入社員から50代・60代まで安心して働くことが可能です。

充実したサポート体制

タクシードライバーの仕事というものは、送迎する乗客がいなくては成り立ちません。ベテランのタクシードライバーならば、どのような場所や時間帯に人が集まり、効率よく乗客を乗せることができるのかを経験で知ることができるかもしれません。しかし、新入社員のタクシードライバーでは、そのようにはいきません。日本交通では、これらの乗客を探すという点に対しても、しっかりとしたサポート体制が築かれています。

日本交通では、配車アプリの導入がある上に、LINEタクシーを導入しているほか、月間16万回以上の無線配車実績を誇っています。配車アプリとは、自社開発したアプリであり、多くのビジネスパーソンに利用されているアプリです。LINEタクシーとは、LINEからタクシーを呼ぶことができるもので、GPS機能や建物情報から位置を割り出してタクシーを呼び出し、キャッシュレス決済も可能となっているサービスです。これらのサービスを行うことによって、より乗客の要望に沿ったサービスを実施することができています。また、これまで行われてきた無線配車も多く実施して、待ち時間もない効率的なタクシー運用を可能としています。

好感が持てる・自分を出せる仕事

タクシードライバーの仕事の魅力というものは、「ありがとう」をいただける仕事であるということです。ただ乗客を目的地まで送迎することで、感謝の気持ちを頂けることもありますが、それらを知識や好きが活かせる状態で、経験を活かしながら行うことができるとなると、より一層魅力的です。近年では、海外からの旅行客が日本に訪れてタクシードライバーの需要も高くなっています。そのような際に、趣味で習ってはいた・かつての留学で学んでいた英語や中国語などといった外国語を生かすこともできるでしょう。また、日本は高齢化が進むとともに、共働きが増えたことで、高齢者や子どもの送り迎えをタクシードライバーが担うことも増えています。日本交通ではこれらに対応するため、介護資格や経験のあるタクシードライバーを求め、小児MFAプログラムなどの資格サポート体制を整えています。様々な経験や知識を生かすことができる現場がそろっています。

また、日本交通では、恋するフォーチュンクッキーやきゃりーぱみゅぱみゅなどメディアとの連携が盛んにおこなわれています。一社員の発案から実現した、恋するフォーチュンクッキーのダンスを社員全員で踊る動画を公開して好感を得たこともあれば、きゃりーぱみゅぱみゅとなどとコラボレーションした車体を活用するなど、様々な工夫を凝らして個性的な運営が行われています。

日本交通は稼げる!多い日には1日10回以上の無線が鳴る業界トップクラスの無線配車で毎月の月収が10万円以上アップ。タクシーアプリの配車サポートもある

日本交通は稼げる!多い日には1日10回以上の無線が鳴る業界トップクラスの無線配車で毎月の月収が10万円以上アップ。タクシーアプリの配車サポートもある

都内でタクシー会社への転職を考えているなら、業界のことをまず詳しく知ることから始めましょう。
今回は東京の大手タクシー会社である日本交通とはどんな会社か、また仕事内容や知っておくべき情報についてご紹介します。

日本最大手の日本交通は売り上げもNO1。独自のサービスも充実

日本交通は日本最大手のタクシー会社です。車体がレモンイエローのカラーに赤帯のデザインで統一された、「東京四社」と呼ばれる都内大手タクシー会社の筆頭であり、売り上げも全国トップクラスです。日本交通の特徴として、全国約1万社の企業と法人チケット契約していることや、日本交通独自のサービスが充実していることなどが挙げられます。独自のサービスとは、東京に不慣れな外国人や地方の高齢者に向けて、専属で観光名所を案内する「観光タクシー」や、子供の入退院や学習塾への送迎などのサポートをする「キッズタクシー」、高齢者や身体が不自由な方の外出をお手伝いする「ケアタクシー」、妊娠されている方が対象の「陣痛タクシー」などで、様々なニーズに沿って提供しています。また、日本交通は業界トップクラスの無線配車を行っていて、全国129のタクシー会社と連携した「全国タクシー配車」というタクシーアプリの配車サポートもあるので、47都道府県どこにいてもタクシーをワンタッチで呼ぶことができます。このように利用者の立場になって考えられたサービスが充実していることが、業界トップを走り続ける理由の一つでもあります。

未経験者でも安心!手厚いサポートですぐに活躍できる

日本交通は、新人教育制度も整っているので未経験者でも活躍することが可能です。
未経験者の研修は1か月、経験者は10日間に渡ってじっくりと取り組みます。まず、タクシードライバーに必要な第二種免許取得のための研修や運転スキルの習得を行います。基本的な運転技術が身に付いたら、総合研修センターで地理研修を行い、迷いやすい道や利用客の多い道、早道、近道などを学ぶほか、タクシーに必要な接客サービスについても学んでいきます。営業所に配属されてからは、ベテランの班長に同乗してもらいながら路上研修に入ります。実際に運転しながら研修を受けることで、より詳しく地理を理解することができ、同時に具体的な接客マナーも指導してもらえます。日本交通の新人教育制度は運転スキルや接客スキルだけでなく、売り上げ向上のための研修も行うのが特徴です。利用客が多いエリアの共有をし、目標売上額を掲げて日々勉強会を行っているので、新人でも高収入が得られる仕組みが整っています。

尚、第二種免許取得のための費用は全額日本交通が負担してくれますし、研修中の手当てもあり、日当1万円と交通費が支給されます。

未経験の平均年収が420万円!他業種に引けを取らない高収入

日本交通は売り上げ向上のための研修や勉強会を常に行い、集客ができそうなエリアの情報も共有しているため、新入社員でも最初の一か月から高収入を期待することができます。都内の有名ビルや、百貨店など利用客の見込めそうなエリアには日本交通専用のタクシー乗り場が設けられているため、流しの営業で利用客を見つけられない場合は、専用乗り場で待つことができます。また流し営業だけでなく、無線による利用も多いのが日本交通の強みです。業界トップクラスの無線配車により、多い日には1日10回以上の無線が鳴ることもあります。

無線配車の単価は流し営業の単価に比べて2.5倍と高単価であるのと、無線配車数が他社の3倍にもなるので、日本交通は稼げるのです。さらに全国1万を超える企業とのチケット契約があり、一流料亭などで会食を終えた客をタクシーチケットの利用で輸送することもあります。法人チケット単価は現金の約4倍なので、一回の運行で数万円を売り上げる場合もあります。

このような手厚いサポートだけでなく、入社後3か月間のうちは、40万円の月給保証制度があるので、未経験者1年目の年収が平均420万円にもなるのです。転職する前に比べて毎月の月収が10万円以上アップすることも夢ではありません。

事前申告のシフト制でプライベートも充実

日本交通でのタクシー業務は、1業務15.5時間~18時間ですが、法定外の残業はなく、勤務時間には3時間の休憩と仮眠を取る時間が含まれています。ファミリーレストランのチケットが配られる場合もあり、休憩時に使うこともできます。

ノルマもないので、自分なりに一日の勤務スケジュールを組み立てることができます。また出勤日の翌日は必ず休日となっていて、あらかじめ休みがわかるので、家族と過ごす時間が増えるメリットがあります。勤務は事前申告のシフト制になっており、前もって申請すれば連休を取ることもできるので、家族旅行に行ったり子供の学校行事などに参加することも可能です。

勤務体系は慣れるまでは大変な部分もありますが、あらかじめ休みが決まっているので、慣れてしまえばむしろ健康的で、規則正しい生活を送ることができます。このようにプライベートを大切にできる環境が整っていることは、転職を考える上でとても大切です。

更に残業もなし、充実した研修制度で手厚いサポートが受けられ、入社3か月までの月給保証制度も備えている日本交通は、タクシー業界に転職をしたい人におすすめの会社だといえます。

日本交通は資格取得費用は会社負担で東京シティガイド検定やユニバーサルドライバー研修、MFA講習から介護職員初任者研修まで受けられる

日本交通は資格取得費用は会社負担で東京シティガイド検定やユニバーサルドライバー研修、MFA講習から介護職員初任者研修まで受けられる

日本交通では、スキルアップや給与アップに繋がる検定から介護のノウハウを学べる研修まで、働きながらさまざまな資格を取得することができます。

今回は日本交通で、会社負担で受けられる資格について解説していきます。

日本交通では東京シティガイド検定も会社負担で受けられる

東京観光タクシードライバーになるのに欠かせないのが、東京シティガイド検定です。東京シティガイド検定は東京に訪れる旅行者に、観光案内できる知識を身に付けるために実施されている検定です。観光タクシードライバーになるには地元のことを知り尽くし、観光スポットへ案内することができるだけの知識を持っていなければならないため、こうした検定の取得が重要になります。東京シティガイド検定で東京観光についての知識を得ることはもちろんですが、サービスや言葉づかいなど接客の知識も身に付ける必要があります。東京観光タクシードライバー認定研修では、観光タクシードライバーに必要な接客の技術の講習やロールプレイングを行っています。

東京シティガイド検定と東京観光タクシードライバー認定研修を受けて、観光タクシードライバーとしての第一歩を踏み出すことができるというわけです。
検定試験合格や研修を受ける必要がありますが、日本交通のエキスパートドライバーになれるチャンスでもあります。高年収を目指せるチャンスでもあり、通常のタクシードライバーからのステップアップに繋がることも期待できます。

ユニバーサルドライバー研修もエキスパートドライバーへの一歩

日本交通では観光タクシーやキッズタクシー、ケアタクシーといったサービスを設けています。ケアタクシーのドライバーになるのに必要なのが、ユニバーサルドライバー研修です。ユニバーサルドライバー研修はバリアフリー研修推進実行委員会が開発、推進しているタクシードライバー向けの研修です。バリアフリーの推進に貢献したとして、第6回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞した研修でもあります。ユニバーサルドライバー研修では利用者とのコミュニケーション方法や車いすの乗降の仕方など、体の不自由な方の介助方法を学ぶことができます。研修の内容は講義や映像学習、グループディスカッションや実際に車いすを使用した介助の実践などです。
研修期間は1日7時間で終了し、研修を修了した人には終了証が発行されます。ユニバーサルドライバー研修を修了することは、日本交通のエキスパートドライバーになれるチャンスにも繋がります。高齢者や車いすの利用者へのサービス向上にも繋がるため、タクシードライバーとしてのスキルアップにも繋がる研修です。

日本交通では、こうした研修も働きながら受けることができます。

エキスパートドライバーに必要なMFA講習や介護職員初任者研修

日本交通には高齢者や体の不自由な利用者の買い物や通院、銀行への用事などに付き添うサポートタクシーというサービスがあります。サポートタクシーのドライバーはサポートエキスパートドライバーと呼ばれ、黒タク資格保持者や介護職員初任者研修などの有資格者が担当します。サポートエキスパートドライバーになるための第一歩として、MFA講習があります。MFA講習はメディック・ファーストエイドの略称で、応急救護と手当の訓練プログラムを受けられる講習です。基本的な応急救護の仕方を学べるので、利用者の体調が急変した場合などに役立ちます。介護職員初任者研修は、高齢者などの身体介護をするために必要な資格です。

介護職をするのには必須といわれている資格ですが、タクシーを利用するのが高齢者や体の不自由な方だった場合にも役立てることができます。
取得することでタクシードライバーからのステップアップがあることも期待できる資格で、日本交通ではMFA講習や介護職員初任者研修などの資格も、働きながら取得することができます。

サポートエキスパートドライバーになるにはさまざまな資格を取得する必要がありますが、高年収を目指せるチャンスでもあります。

会社でできる資格取得は稼ぐチャンスになる

東京でタクシードライバーとして稼ぐなら、東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修の修了も給与アップのチャンスです。東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修は外国人利用者に対して、英語でコミュニケーションが取れることを目指した研修です。基本的な利用時の英語での会話や緊急時の対応などを学ぶことができます。こうした研修のほかに英検2級の取得なども、外国人利用者との会話に役立ちます。日本交通では20代~60代の幅広い年代が活躍しています。

資格取得もサポートしているため、一歩ステップアップしてやりがいがある仕事がしたい方には向いた環境です。資格を取得してエキスパートドライバーになると、高年収を目指すことも期待できます。日本交通のタクシードライバーは、誰でも応募できるのが特徴です。普通1種免許しか持っていない人でも、研修制度やサポート体制が充実しているので安心です。初めの3カ月は月収40万円保証制度などもあるため、給与面でも安心して働くことができます。

働きながら資格取得のチャンスもあるので、スキルアップや給与アップを目指しやすい会社です。
まずは応募してみて、自分なりの働き方や稼ぎ方を目指すのもいいでしょう。

8割が未経験スタート!入社一年目は平均420万円!高い平均年収が魅力!手に職をつけて働きたいなら、日本交通のタクシードライバーがおすすめ!

8割が未経験スタート!入社一年目は平均420万円!高い平均年収が魅力!手に職をつけて働きたいなら、日本交通のタクシードライバーがおすすめ!

これから東京都内で、タクシードライバーへの転職を考えている方もいるのではないでしょうか。
どうせ転職するなら、収入や待遇面に優れたタクシー会社がいちばん。

そこで、高い収入が期待できる業界最大手の日本交通について、ここでは紹介しましょう。

充実の研修体制で、入社1年目から高収入が可能!

タクシードライバーへ転職するにあたって、まず最も気になるのが収入面でしょう。
この点、日本交通では8割が未経験スタートにも係わらず、入社一年目から高い収入を実現しています。具体的な数値をみると、入社一年目は平均420万円。全国のタクシードライバーの平均年収が285万円であることを考えれば、これがいかに高い数値なのか理解できるはずです。入社一年目からこの高い平均年収を可能にしているのが、充実した研修体制です。まず未経験で入社すると、じっくり1ヶ月間の研修を受けることになります。研修期間中には、タクシードライバーに必須の第二種免許の取得をはじめ、総合研修センターでの座学や、営業所での実地教習を経験します。

ここで注目したいのは、日本交通の研修では一貫して、売上向上の視点で研修が進むことです。例えば地理の講習では、単にテキストを配って都内の地理を教えるのではなく、売上に結びつく道順やエリアについても、熟練教官がしっかりと説明します。また実地教習でもベテランの班長が必ず同乗して、お客様が多いエリアや時間帯などを覚えさせ、売上アップへつながるように指導します。このため未経験者であっても、実際に運転業務を開始した1ヶ月目から、高い売上の実現が可能になるのです。もちろん運転技術や接客マナーなど、基本的な営業スキルも学べるので、異業種からの転職者でも安心です。もし当初は地理をマスターできなくても、全車両にカーナビが搭載されているので、地方から出てきた方でも心配ありません。
日本交通では入社時点から、手に職をつけて働くことができるように、様々な仕組みが整っています。

最大手ならではの集客システム!きめ細かいサポート体制!

入社1年目から高収入を得られる理由は、まだまだあります。
業界最大手ならではの、優れた集客システムもその1つ。

まず有名オフィス街や大型ターミナル駅といった主要拠点を含め、都内多数の専用乗場を設けています。このため流し営業のように無駄な時間を費やすことなく、直ぐに専用乗り場でお客様を見つけることが可能です。また約12500社にも及ぶ多数のタクシーチケット契約数の多さも、業界No.1の会社ならではの強みです。法人チケットの客単価は現金の約4倍なので、少ない乗車回数でも高い売上に結びつきます。さらに日本交通の集客システムとしては、他社の3倍という業界トップクラスの無線配車数も見逃せないでしょう。ちなみに無線配車の客単価は通常の2.5倍です。こちらも少ない回数で、大きな売上につながります。
特に最近ではアプリ配車も増えてきており、より効率的な集客が可能となっています。この他には、日頃から売上げアップのための社内勉強会を開催しています。

各営業所ごとに集計されたデータに基づいて、お客様が多い道やエリアあるいは時間帯など、様々な情報やノウハウをドライバー同士で共有しています。このような手厚くきめ細かいサポート体制があるので、未経験者でも営業1ヶ月目からしっかりと稼ぐことができます。

年齢や性別を問わず、誰でも働きやすい勤務環境!

いくら収入面に優れていても、無理しながら働くのでは、仕事を長く継続することは難しいでしょう。
この点、日本交通にはドライバーに優しい、恵まれた勤務環境があるので安心です。実際に8割が未経験スタートにも係わらず、長期勤務の方も珍しくありません。また65歳以上のドライバーが400名以上も勤務しており、女性の方も数多く在籍します。基本となる勤務時間は、1乗務あたり夜勤を含め15.5~18時間。これだけ聞くと大変そうに思えますが、乗務中は3時間の休憩あるいは仮眠が厳守されています。もちろん好きなタイミングで休めるので、自分のペースで運転業務することが可能です。また勤務日の翌日は、必ず明番や公休日として休める仕組みになっています。

つまり隔日勤務なので、1ヶ月単位で考えると約半月は休める計算です。このような隔日勤務はプライベートな時間を作りやすく、家族や友人知人と交流する機会も増え、理想的なワーク・ライフ・バランスを実現できます。なお日本交通では事前申告のシフト制を採用しており、シフトの変更や休みの設定も、1か月前に申告すれば考慮してもらえます。冠婚葬祭で休みを取りたい場合でも不自由しません。勤務予定をあらかじめ設定できるので、休日出勤で呼び出されることもありません。
もちろん法定外の残業はないため、規則的で健康的な日常生活を送ることができます。

手厚い福利厚生で、さらにモチベーションUP!

業界最大手の日本交通のタクシードライバーであれば、福利厚生面でも心配する必要はありません。

まず研修終了後、最初の3ヶ月間は40万円の月給保障つき。さらに研修期間中も1万円の日当と交通費が支給されます。
そのうえタクシードライバーに必須の2種免許を取得する際も、費用は会社が全額負担します。社会保険については、年金保険をはじめ健康保険や雇用保険など、一通り完備しています。休暇についても、年次有給休暇はもちろん、産休や育休といった特別休暇制度もあります。

休暇中は会社所有の保養所などを、家族と利用することも可能です。この他にも財形貯蓄制度や慶弔見舞い、あるいは自社工場によるマイカー車検修理割引制度や、乗務の休憩中にも使用できるファミリーレストランの割引券など、様々な経済的サポートがあります。無事故表彰などの制度もあるので、運転スキル向上へのモチベーションも高まります。各営業所の施設内には食堂をはじめ、仮眠室や大浴場なども完備されており、仕事の疲れをしっかりと癒せる環境がそろっています。

また社内にはスポーツから文化芸術まで、幅広く多彩なサークル活動があり、仕事を離れて社員同士の交流が盛んです。

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

東京都内でタクシードライバーとして働きたいと考えている人に、日本交通の入社後の教育、給与体系や勤務形態を紹介します。
日本交通は1928年に創立された老舗の大手タクシー及びハイヤー会社です。

タクシードライバーの給与や勤務待遇などの参考にしてください。

タクシードライバー未経験者に対する、日本交通の手厚い研修制度

日本交通は、タクシードライバーへの転職後の未経験者に対しては、研修がじっくり1か月ある教育を行います。
まずは、会社が全額費用を出して業務に必須の2種免許を取得、運転スキルの習得をさせます。

総合的な研修としては、接客スキルと都内地理、法令などを基礎から丁寧に学びます。特に、都内地理は熟練教官から利用頻度の高い道から学ぶシステムになっています。その後、配属された営業所では、ベテランの班長が同乗して運転技術や接客技術の研修を行います。この時に、売上向上につながる研修として、お客の多いエリアや早道、近道も教えてもらえます。研修期間中も1万円の日当と交通費支給があるので生活も安心です。

会社と各営業所による、このような手厚い研修制度が、ドライバー未経験からでも安心してスタートできる状況をつくっているのです。
日本交通の新入社員の8割が未経験者であるということからも、専門職でありながら、入社時には様々な技術を要求されることは少ないでしょう。

大手会社であるので、未経験者を育てることを可能にしているのです。

また、タクシードライバー経験者の研修期間は10日間です。必要最低限の研修後、すぐに路上に出て営業というかたちになります。10日間の研修期間中も、1万円の日当と交通費が支給されます。

日本交通の給与体系と売上向上のサポート

都内のタクシードライバーは450万の平均年収です。

この平均年収と比較しても、日本交通の給与体系は安定しています。研修終了後の3カ月間は、月給40万円の給与保証がありますので、初月から安定した収入が得られ、安心して働けます。業界大手の日本交通だからこそ、可能にした保証制度です。この保証制度により、未経験者入社1年目でも平均給与は420万円となっています。

給与保証制度後は固定給と歩合制の組み合わせになります。
歩合制であるので、経験年数に関係なく、努力によってベテランのドライバー以上の収入を得ることも可能です。入社2年目の平均給与450万円、2年目の最高年収664万円、全ドライバーの最高年収790万円となっています。サラリーマン以上の年収が可能となることもあるのです。頑張りによって売上を上げると直接給与に反映されるので、努力のしがいがあると言えるでしょう。

また、日本交通は、営業所ごとにお客が多いエリアや道を時間帯別に集計していて、その情報を社内の勉強会で共有しています。
朝礼で班長が新人を教えたり、売り上げ成績の良い先輩が勉強会を開いたりもしています。このように、売上向上の研修がある会社の手厚いサポートも、安定した収入につながっています。

収入アップに役立つ日本交通の様々な集客方法

業界大手である日本交通は様々な集客方法をもっており、ドライバーの収入安定に役立っています。その中から、主なものを4つあげます。

1つは、月間45万件の無線配車。電話でのオペレーター依頼もしくは自動配車によって、すぐにタクシーを呼んだり、希望日時を予約するシステムです。

2つめは、都内35カ所にある日本交通専用乗り場。専用乗り場には案内係が常駐しているか、もしくはデジタル無線GPSシステムにて車両を供給しています。

3つめは、約13,000社とのチケット契約。タクシー利用料金の一括後払いで、社員の通勤、お客様の接待、役員の移動など会社単位で契約され、様々な場面で利用されます。

4つめは、スマートフォン向け配車アプリの利用。すぐに、もしくは希望時間に配車を予約することができます。

街中で客を乗せて目的地まで輸送するという通常の流し営業以外に上記のシステムを利用できるので、客を安定して確保することができます。
それによって売上が上がり、収入をあげることができるのです。上記のシステムは、客がつかまらないのではないかというタクシードライバーの不安を取り除く役目もしています。

日本交通の勤務形態と規則で自分らしく働く

日本交通のタクシードライバーの勤務形態は隔日勤務です。

隔日勤務では、1日勤務(出番)した翌日は休み(明番)となります。このローテーションを3回繰り返した翌日が公休日となります。
出番の日は朝8時に出社。翌日の夜中2時に仕事終了です。1乗務最大18時間ですが、3時間の休憩、仮眠が義務付けられています。また、法定外の残業は禁止されています。出番の翌日は必ず休みとなります。

1乗務は長いですが、休みと交互となっているので、慣れてくると規則的な生活が送れます。休みの日には家族との時間がきちんととれたり、自分の趣味に取り組めたりと、仕事とプライベートを充実させることができます。また、事前シフト制で休みが比較的取りやすいので、自分らしく働けるようになるでしょう。
日本交通には、20代から60代の幅広い年代の人が働いています。これも、1乗務が長くても、勤務中にきちんと休憩をとり、明番という休みがある規則正しい働き方が可能にしていると言えます。

運転に影響を与える健康リスクは事故防止のためにも必要。全タクシードライバーは年2回自社の健康保険組合で健康診断を受けています。このような健康管理も自分らしく働くための大切な要素のひとつになります。