タクシーの勤務体系

勤務体制

タクシードライバーは、
早朝から夜中までハンドルを握り続け、人気の少ない道で社内で休んでいる過酷な仕事というイメージを多く持つ方もいるかと思います。
実際のところはどうなのでしょう。

タクシードライバーの勤務体系は1つではなく、複数の働き方があります。
「隔日勤務」(かくじつきんむ/かっきん)という、1日働いて次の日はお休みというもっともオーソドックスな働き方をベースに、
昼のみの勤務の「昼日勤」(ひるにっきん)
夜のみの勤務の「夜日勤」(よるにっきん/やきん)、
そしてパート雇用の「定時制/アルバイト」などがあります。

また実は、「24時間」は働いていません。

実際には最大で20時間の拘束時間があり、3時間の休憩が義務付けられています。月間の勤務回数も法定で最大12乗務+1日の休日出勤しか認められておりません。つまり、隔日勤務において13乗務を超えると違法になってしまいます。

隔日勤務(かくじつきんむ)

タクシー業界にで一番スタンダードな勤務体系です。

業界では「かっきん」と呼ばれています。 この隔日勤務は、タクシードライバーの勤務体系で連続勤務時間としては最も長いものになり、拘束時間は20時間となります。 しかし、毎日20時間乗り続けるというわけではありません。

タクシーにおける隔日勤務は、勤務時が「出番」と呼ばれ、翌日は必ず休みの「明け番」になります。 つまり、2日を1勤務と考えるわけです。そして月間の法定最大乗務数は13乗務(11~12乗務+任意休日出勤1~2日)。 それ以外の純粋な休みは「公休」と呼ばれ、連休も取得ができます。

拘束時間20時間とはいえ、3時間の休憩も義務付けられていますので、実は一般的な会社員の月間勤務時間とほとんど同じになる計算です。
この勤務体系の特徴を活かして、「家族との時間が増えた」「趣味のサーフィンに出かけています」 「将来の夢のため、平日に勉強ができます」「どこへ出かけるにも平日だと空いてます」などの声を聞きます。 また、土日も働くイメージがありますが、隔日勤務においては土日の必ずどちらかが休みになります。

日曜日が公休の会社もありますので、会社員から転職する際も安心ですね。

昼日勤(ひるにっきん)

昼のみの勤務体系で、月間乗務日数は22~24日。

土曜日か日曜日が休みになるようなシフトが多くなります。
隔日勤務とは異なり、勤務時間は9時間。うち休憩時間は1.5時間となり、朝7:00頃から始まり、16:00に終わる勤務イメージとなります。

この昼日勤には、女性ドライバーや定年を迎えた方が無理なく働く事が多いようです。また、流し営業ができない、人口が少ない地方にもこの勤務形態が多くあります。 しかし、タクシードライバーにとっての稼ぎ時は夜間。料金割増も深夜からです。 そういった事情から、最も稼ぎづらい勤務体系と言えるでしょう。さらに、近年のタクシー求人情報には、昼日勤の募集が少なくなっています。 昼日勤を最重要希望条件として会社を探すと、他の条件が自分の希望と合わなくなる場合が多くなるでしょう。

夜日勤(よるにっきん)

昼日勤と逆にあたる勤務体系で、夜勤/ナイトとも呼ばれます。

昼日勤と同じく月間乗務日数は22~24日。勤務時間も9時間で、うち1.5時間が休憩となります。 基本的に、昼日勤で走ってきた車が夜日勤に当てられますから、出庫時間も昼日勤の帰庫時間より後になりますので、 例えば17:00出庫であれば、2:00に帰庫します。 夕方から深夜にかけての、タクシードライバーにとっていわゆる”稼ぎ時” を網羅したこの勤務体系は、昼日勤に比べて多くの稼ぎを見込めます。

夜中心の勤務になるため、体調管理をしっかりできる方でないと厳しい側面もあります。 しかし効率的に稼げるのは事実ですので、バリバリ稼ぎたい若い方、独身の方などに最適な勤務形態になります。20代でも年収500万円オーバーが現実的になります。

タクシードライバーの給料形態

タクシードライバー給与形態

「タクシードライバーの年収は実は高い!」という話を良く聞きませんか?

本当なの?広告じゃないの?
と疑問に思う方も多くいらっしゃるかと思います。

今は、広告の法律がとても厳しいため誇大広告になるようなものはできなくなってきたため、基本的には全て本当だと思って良いと思います。
もちろん、それがあなたにもできるか、一定数の条件があるかは確認が必要です。

高い年収を作るための、月収・月給と、給与のもらい方を知りましょう。

タクシードライバーの給料形態を教えてください!

タクシードライバーの給料体系は歩合制が基本となります。
その中でも完全歩合制なのか、給与保証+歩合給なのか、また歩合給がなく固定給が基本でボーナスやインセンティブがついてくるのかなど体系が変わります。

実は上記のように、この「歩合制」の中にも「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」と、いくつかの種類があります。

この給料体系の意味と解説を以下にまとめましたので参考にしていただければと思います。

A型賃金とは?

固定給+歩合給+賞与

「基本給」+「手当」などの固定給+歩合という形態です。営業系の職種では、よくある給与体系だと思います。

手当の中には、住宅手当や家族手当などの手当金があり、各社毎に内容は異なります。

月収の内訳に固定給があるため、一定数の給与はもらえるという安定した働き方でもあります。
固定給に加え、「歩合給」も支給されるため稼げる環境でもあります。

固定給があるため、他の「B型賃金」「AB型賃金」に比べて歩合率が低く設定されている場合も多いです。
変わりに「固定給」の部分が年々昇給することも多いため、会社全体の売上が高ければ自身の給与も安定して上がっていきます。

安定した給与をもらいたい方には、ベストな賃金体系と言えます。

B型賃金とは?

完全歩合

「A型賃金」は完全歩合給の働き方です。

他の賃金体系の中でも、ダントツに歩合率が高く、いわゆる稼いだら稼いだ分だけ自分の取り分が大きく上昇する給料体系です。
一番稼ぎやすい給与体系とも言えます。

「A型賃金」・「AB型賃金」のようにボーナス制度が無いかわりに、毎月の売上が自身の給与に直結します。
「営業収入」×「歩合率」がもらえるお金です。

この働き方は、合っている人にはこれまでの年収の2倍3倍を多くもらえる環境にも変えることができますが、自身のがんばりがなくなるとその分給与も下がってしまうためモチベーションの維持が必要です。

AB型賃金とは?

A型+B型の給与体系

歩合給ではあるが賞与がある賃金体系です。
毎月の給与支給額から一部を会社に預け、3ヶ月や半年ごとに賞与として支払う形式の賃金体系です。

今のタクシー会社にもっとも多く取り入れられている給与体系で、「A型賃金」と「B型賃金」を合わせ、固定給部分、歩合給部分をそれぞれ給与計算をし、それらの合計額と最低賃金額を比較し計算します。
この金額をもとに積立金とし、ボーナス・賞与として支給します。

積立する割合は月間の売上によって定められています。 売上の50%が給料として支給され、10%~15%が賞与として積み立てられるという、たくさんの社員を抱えるタクシー会社の社会保険料負担を軽減する効果があると言います。 毎月、必ず積立がされ、いずれまとまって返ってくるため、貯金や貯蓄として考えられていることが多いようです。

タクシードライバーへ転職する時の面接マナー 面接の前にできること

面接

どんな仕事を始めようと思っても、
必ずと言っても良いほど、面接はありますよね。

基本的にタクシー会社でもどこでも面接におけるマナーは変わりません。

特に接客サービス業であるタクシードライバーは、身なりや物腰、話し方などをを厳しくチェックする会社も多くあります。

「誰でも受かる」
はもう、古い考え方です!

しっかりと対策をして、希望の仕事に就きましょう。

タクシードライバーへの転職 面接のポイント

1. 面接時の服装は、スーツやジャケット着用すべし!
※どうしてもスーツなどを揃えるのが難しい場合は、面接前に事情をお話してから、面接に向かいましょう。

2. 運転経歴書を事前にチェック!
運転をするのが基本となります。お客様を乗せるので、安全運転に心がけている人を採用する傾向にあります。事故、免許の点数なども採用基準の一つです。

3. 転職回数や、前職での働き方をまとめる!
面接時には必ずと言って良いほど聞かれる項目なので、事前にメモや履歴書にまとめておきましょう。

4. 未経験者歓迎!
やる気を重視なところが多いので、自身のやる気をしっかりとアピールしましょう。

5. タクシーは接客業。面接中の言葉遣いや仕草もチェックされている!
服装だけでなく、話し方や話の聞き方も採用のポイント。事前に好印象に思われるコツをつかみましょう。

面接中の仕草や言葉遣いは、合否に影響します。
サービス業やお客様と接するため、常識をもった最低限のマナーも守れない人は、乗務開始後にも同じような態度を取ってしまうだろうと推測されてしまうからです。
面接の時にわざと和やかな雰囲気やフランクな話し方、反対に圧迫した面接を行い、対お客様との接し方を見る面接担当の方もいます。
打ち解けるの大切ですが、横柄な態度を取ってしまったり、あまりに萎縮してしまうようでは、実際に働くことは難しいと判断されてしまいます。緊張感を、誠実な受け答えをすることが大切です。

履歴書・職務経歴書を用意しよう

履歴書と職務経歴書もあなたをを判断する重要な要素です。

履歴書と職務経歴書の内容はもちろんですが、まずはしっかりと用意していることや、
読みやすく、丁寧に書かれた文字であるか、誤字脱字がないかが重要になります。

事前に書類送付が必須の場合は、特に読みやすい字と誤字脱字には注意しましょう。
あと、写真貼り付けや空欄がないことも重要な要素の1つです。

履歴書だけでも、採用担当の方に「会って話したい」と思っていただけるよう丁寧に対応しましょう。

書類選考に通過したら、履歴書と職務経歴書を元に面接時に聞かれますので、しっかりとコピーを取り、面接前には読み直すことや、事前に面接に持参しても良いかもしれません。準備を怠らない姿勢は良いポイントですよ!

トップダウン、ボトムアップ、日本交通のコミュニティ経営とは

企業、組織の運営管理において代表的な形態と言えば、「トップダウン」と「ボトムアップ」。そんな二つの組織運営の方法論についてどちらを採用するべきかということになりますが、日本交通では、新しい形態としてコミュニティ経営を実行しています。会社にとって、働く人にとって、トップダウンやボトムアップにとらわれないコミュニティ経営とはどのようなものなのでしょうか。

トップダウンとは
社長や会長などの経営権を握る人間や、それらを含めた経営陣によって決められたことを従業員に命令し、上からそれに従わせるタイプの経営となります。日本の古くからある企業はほとんどがこの形で、組織と言えばこの形に馴染みがある人が多いのではないでしょうか。

トップダウンのメリット
トップダウンの大きなメリットの一つがスピードです。これは変化するビジネスの世界において変化に対応する上でも非常に重要なポイントです。余計な時間を使い、現場全体の意見をまとめていては、積もり積もって大きな時間のロスです。それが致命傷になってしまうことがないとは言い切れないでしょう。
また、トップダウン型の組織において重要なのが、経営陣と現場との信頼関係です。この信頼関係が築かれていれば、トップダウン型経営は組織の一体感を生み出します。
現場との信頼関係が十分に築かれていれば、場合によっては会社の方向性を急激に転換することも可能な経営方式と言えます。いつまでも古い考えや昔上手くいっていたことに固執するのは良い事ではありません。トップダウンでは経営陣の意思決定が現場へ、それがすぐに実行に移されます。これでスピード感のある経営が可能となります。

トップダウンのデメリット
トップダウンである以上は経営陣の指示通りに動く形になりますが、指示がない、もしくは遅ければ組織は止まってしまいます。また、社員に高い意識を持たせるための、組織全体を力強く引っ張っていく強力なリーダーが必要です。指示待ち体質を作り上げた中からリーダーを創り上げるのが難しい場合もあるので、組織が崩れないようにしなければなりません。そして、やはり現場での声が経営陣に届きにくくなるという点もデメリットとして挙げられます。それを防ぐには、経営陣と現場の密なコミュニケーションが必須です。

ボトムアップとは
ボトムアップは、経営陣というよりも現場です。現場のアイディアや意見を経営陣が吸い上げ、組織の運営を行います。

ボトムアップのメリット
現場の些細な変化を肌で感じることが出来ない経営者は、現場に大きな裁量権を持たせることによって、情報を知ることが出来ます。それがボトムアップの大きなメリットの一つです。
トップダウンは従業員からみれば、自分の考えが反映されずただ降りてくる指示を待ってそれに従うだけと感じるでしょう。これだとモチベーションを高く保つことは難しくなります。物質的な満足で満たそうとすると、給与などの待遇面で評価をすることになり、結果としてコストも高くなりがちです。
ボトムアップでは現場が大きな裁量を持つことになりますので、どうすればより良いものになるのか、より良い結果が生まれるかを現場が考えます。社員にとって結果に貢献できると分かりやすく、現場での仕事に対するモチベーションを維持しやすいと言えます。

ボトムアップのデメリット
現場を任せることが出来る人材がいない場合は、往々にして失敗します。また、現場からの情報量が多くなるほど会社の意思決定は遅くなります。組織の方向性や統一感もバラバラになる可能性があります。

日本交通のコミュニティ経営とは
トップダウン、ボトムアップの話をしてきましたが、日本交通のように、どちらでもない革新的な経営をとっていることろもあります。日本交通ではFacebookを通じて意見交換や意思決定がなされていきます。トップが意思決定を行う事もありますが、現場がからのボトムによる意思決定も多く存在します。情報の回転スピードの速さもあります。Facebook上では常に情報が上がり、トップもボトムも関係なくコメントを挟んでいきます。このようなことから、トップダウンなのかボトムアップなのかは関係なく、情報を素早く回転させることにより、全員のコミュニティで意思を決めている、と言う形に見えます。現代はFacebookなどのツールがあるため、全員参加のコミュニティ経営も有効な手段になるのかもしれませんね。

仕事が辛い人に読んでほしい、毎日を楽しむ秘訣

仕事が辛い、そう感じる方は毎日大変な日々を送っていると思います。「自分だけがこんなに辛い思いをしているのかなあ。」月曜日になるのが憂鬱で仕方がない人も多いのではないでしょうか。働くことが人生の全てではありませんが、それが辛いと死にたいとまで感じてしまう人もいます。今回は、少しでも心を軽くして過ごせるような考え方や、自分らしく働けるタクシードライバーの仕事をご紹介していきます。

仕事が辛いのは責任感を持って仕事をする人だから
仕事でミスをしてしまったり、自分ができないことに対していつまでも落ち込んでしまったり、心が苦しくなってしまう人がいます。だからといって、自分を責めたりしすぎないでください。責任感を持って仕事をする人だからこそ、そんな気持ちになってしまうのです。
仕事をしていてまわりの気持ちや期待が気になり、それに応えなければというプレッシャーがとても強いのかもしれません。その気持ちは、とても良い事です。だからこそ怠けることなく頑張ることができるという側面もあります。責任ある立場で仕事をしている人は、そうやって頑張ってきたから今があるという人もいます。ただ責任ある立場に立って、プレッシャーや上司からの叱責、部下からの批判を受け、そこで精神的に参ってしまう人もいます。その人が弱いとかできないという事ではなく、時と場合によって誰にでも起こりうることです。そんな責任感ある人を、尊敬したり応援してくれる人もたくさんいるのです。

頑張らないことができる人になろう

一生懸命でまじめな人は、仕事は全力で頑張ることが当たり前と思ってしまうものです。仕事を頑張ることは大切です。ただ、人は頑張り続けることによって急に無力感や脱力感に襲われてしまうことがあります。仕事が辛くて仕方がない、「死にたい」とまで感じる状況はその証拠と言えます。バリバリ仕事をこなしている人も、よく見ると「楽したいー、いかに自分が楽できるか」と言っていたりします。休みなく働いているように見える人は、実は単にオンオフの切り替えが上手いのです。諦めて切り上げて帰る、休憩するといったことが自然にできるのが特長です。
まじめな人は、心配になったり「そんなことできない!」と思うかもしれません。ただ、見方を変えればしっかり休み疲労の蓄積を防ぐことで効率を上げることができるのです。休むことも仕事のうちと考えてみましょう。頑張らない人から、楽をして効率よく仕事ができる方法を真似てみましょう。

人間関係に疲れたら、仕事を変えてみる

人間関係に疲れてしまって、仕事を変えることを考えた時には働き方を考えてみてください。タクシードライバーの働き方なら、仕事の特性上オフィスにこもって煩わしい人間関係に苦労することもありません。タクシードライバーの中には、気の合う仲間と話もしたいけれど、気楽な一人も好きだという方もいます。乗せるお客様との会話を心配する人もいるようですが、お話が好きな方ばかりではなく、静かで快適な空間を求めている方もいます。必ずしも話好きな方ばかりが活躍できるという仕事ではありません。それぞれの持ち味を活かして、個人事業主のようにマイペースに働いていけば良いのです。オフィスで仕事をするという形態とは異なりますが、収入の安定や福利厚生、正社員雇用など大手グループを選べばとても安心できます。今まで仕事が辛いと考えてきたかたも、自分に向いている仕事について考えてみてはいかがでしょうか。きっと新しい世界が開けるはずです。

【転職トラブル】会社が辞めさせてくれない時の対処法

普通の会社に勤めていれば、会社を辞められないということはありません。会社との雇用契約は、双方の合意の上で成り立っています。ただ、残念ながらブラック企業と呼ばれるような理不尽な事を言われてしまう会社も存在します。会社が辞めさせてくれない時に、どのようにすれば良いのか、また会社を辞めたいときのタイミングはどうなのか、考えていきます。

 

退職に関する法律はどうなっているのか
まず、退職に関する法律ですが、通常は14日で申し入れから退職することが出来ます。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法627条1項より引用)

法律は、会社が忙しいから、仕事の引継が、という事よりも、強制力の強いものです。ちなみに、よく就業規則に退職の1ヶ月前には申し出る、等の文言がある場合もありますが、厳密には法律よりも弱いものになります。ただ、会社としてそう書いておいて、なるべく守ってほしいよというものですね。

退職は何か月前に言うべきか
できれば円満退職を目指したいところですが、どのくらい前に退職の意思を申し出るのが良いのでしょうか。1ヶ月前、できることなら2ヶ月前に退職の申し出をするのが一番理想的であると言われています。引き継ぎの事も考えると、時間に余裕がある方が良いですね。

退職に損害賠償請求というトラブルになってしまった場合
もし、本当にその企業がブラック企業で「退職するなら、損害賠償を請求してやる」などと脅されたりした場合は、もう一人で解決するのは危険です。身の安全もそうですし、そんな企業に居るのは時間の無駄でしかありません。労働基準監督署や、嫌がらせなどの事態や暴力に発展している場合は警察に、相談に行きましょう。

退職する時の注意
退職に関するやり取りの書類などは、残しておくようにしましょう。退職願、退職届は違います。退職願は「退職しますけど良いですか」というもので、「退職届」は、「退職します!」という宣言です。退職届に基本的に拒否権はありません。退職に関するトラブルになったら、退職届を郵送で送るのも有効でしょう。

次は良い会社に転職したい
次に入る会社は、良い会社で長く働きたいですね。そんな方にぴったりの求人が、日本交通グループの日本交通池袋です。日本交通グループは、『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』という初代の言葉を守り、乗務員が長く、安定して働ける環境を実現しています。離職率の低さが高い品質の維持へと繋がっています。
※サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」(オブザーバー・経済産業省2010年4月)
法定外の残業を禁止するなど、環境整備にも力を入れていますので末永く働けます。

日本交通池袋では、20代~70代まで幅広い年齢層の人が活躍しています。出勤の次の日はお休み(土日祝もお休み可)です。お客様をお乗せしていない時や、休憩時間は一人の空間を楽しむことができるので、自分の時間をたっぷりと持つことができるのも魅力です。定年まで働く方が多いということも、良い環境の証です。

日本交通グループでは、他社の三倍以上の無線配車の数です。無線配車が多いほど、待ち時間が少なくなるため、効率的に稼ぐことができます!無線配車の場合は、平均売上が高いことも特長ですので、高い給与にも繋がっています。「これからの配車を作るアプリ」だけでなく、「これまで親しみのある電話での配車」の双方でお客様のサポートをすることで、お客様からの高い評価をいただいています。

初乗り410円は儲けが減る?実際のところはどうなの?

タクシー求人

東京のタクシー初乗り運賃が1月30日から、730円(2キロ)から410円(1.052キロ)に値下げされた。

インバウンド(訪日観光客)やお年寄りの需要喚起などが狙いだったが、利用者はおおむね好意的に受けとめているが、運転手からは「粗利=儲けが減る」と不安の声が上がる中での“見切り発車”となりそうだと声も上がっていた。

新運賃が適用されたのは、東京23区と武蔵野市、三鷹市からなる東京地区。

東京地区で営業するタクシー会社全331社と、大半の個人タクシーが関東運輸局に新運賃を申請し、東京地区を走るほぼ全てタクシーが適用されている。

実は、長距離の掲載はこれまでより割高になっている現状がある。

「ちょい乗り」と言われる、短距離の乗車が増えたことで上手くエリアを掴んで営業ができているドライバーは稼げているようだ。

都内の中でも、渋谷や青山、六本木、麻布、丸の内など人の多いエリアを効率的に回ることで上手く稼げている。

日中は「ちょい乗り」層を狙って、夜間はこれまで通り長距離・タクシーチケットなどを深夜料金を狙って稼ぐスキルが求められる。

タクシーの稼ぎ方 ①回転率のいい場所で待つ

駅のロータリーやホテルの前で待っているタクシーを見かけたことはありませんか。
あれは「付け待ち」といって、停車しながら客待ちをすることを言います。

この「付け待ち」の時間が長いと当然売り上げにはつながりません。
できるだけ短くするには、回転率のいい付け待ちポイントを知っていることが重要。

大きなターミナル駅では人が多い一方、同じように客待ちしているタクシーも多いので、逆に回転率が悪くなる時間帯もあります。
いつ、どこで付け待ちすればすぐに乗客を拾えるか、それを知っていることがポイントです。

タクシーの稼ぎ方 ②乗客を拾える場所と時間を知っている

他のドライバーに知られていないポイントを知るためには、経験と記憶力が必要です。
稼ぎ方を知っている運転手は、「ここに行けば乗客を拾える」という場所を多く知っています。

しかも、そこはターミナルのように人が多いわけでもないニッチな場所や道沿いです。

場所だけでなく乗客を拾えた曜日・時間帯なども記憶しておくことが大切。
他にも天気やイベント情報なども併せて覚えておくことがポイントです。

知識と経験をしっかりとデータ化することで稼げるタクシードライバーへと成長します!

転職時期は何月が良い?求人数が増える月、減る月はあるのか

転職サイトを見ていると、いつでもたくさんの求人があるように思います。転職を冷静に考えた時、最適な時期はあるのでしょうか。なるべくなら豊富な選択肢の中から最適な求人を選びたいものです。月ごとの求人数の数の変動や、転職する時の注意点など、まとめてご紹介していきます。

 

求人数が少ない、転職に不利な時期
全く求人が無いわけではありませんが、少なくなりがちな時期というものがあります。

【4月】
4月は、新卒の獲得で忙しい時期なので、中途の求人数は減る傾向です。新年度に入ったばかりで会社が落ち着かない場合が多く、忙しくて採用を行う余裕がない時期だからです。ただし、少ないですが3月に退職した人の補填の求人はポジション限定などで出てきたりします。

【8月】
企業にもよりますが、お盆休みの期間であったりして、採用を行わないケースが多いです。また、春に採用した新卒の方の教育が引き続き続いているというケースもあります。

【12月】
毎年、求人数が減る傾向にある時期です。秋に採用して人が十分に充足している状態であったり、年末が繁忙期で忙しく余裕が無かったり、年末休みがある等の様々な理由で求人が減ります。一般的に、転職者も年末年始は活動を控えたりすることが多いので社会全体での人の動きが鈍ります。

求人数が多い、転職に有利な時期
【1~3月】
年末にボーナスをもらってから会社を辞める人が多いので、人を補充したい企業が多いです。また、4月には充分な人数を確保していたいという企業も多いので、駆け足で採用が行われます。

【9~10月】
中途採用の狙い目と言われる時期です。春には主に新卒採用を行っていた企業が、中途採用の即戦力を求めて採用を強化する時期です。

転職時期を決めるポイント
【年齢】
節目の歳と言われている年齢であれば、すぐに動いた方が良いかもしれません。転職市場では、24歳、29歳、34歳等がそれに当たります。24歳であれば、第二新卒や未経験歓迎といった案件に多く該当できる可能性がありますし、29歳は、20代最後の歳です。また、場合によっては35歳以下と募集要項に定める企業があるので34歳で転職活動をするならすぐに動いた方が得です。

【勤続年数】
もし、短い期間での転職を繰り返しているなら履歴書での印象があまり良くないかもしれません。少し長いスパンで働いていたことになるように、もう少し頑張ってみるのも良いかもしれません。

【経済面】
いつ会社を辞めるかによって、もらえるお金が変わります。例えばボーナスをもらってから辞める、産休・育休の予定があるなら辞めないでいた方が得、あと一ヶ月いれば退職金が出る、等様々な要素があると思います。次の会社への入社時期を調整し、うまく損をしない転職をしましょう。

池袋エリアで転職なら
池袋エリアで転職なら、日本交通池袋がおすすめです。「年収790万円」と高い年収を目指せる環境です。給与保証があるため安心して働ける環境があることだけでなく、業界内でも高い歩合率を設定していることや、配車アプリ・無線配車など予約配車の割合が高いこと、六本木ヒルズや東京汐留ビル・日テレVIP玄関・東京ミッドタウン・大学病院等・お台場周辺など、計38もの専用乗り場を用意しているため乗車率が高いことも高給与の理由になっています。

転職にあたって、不安があるかもしれませんが、日本交通池袋なら大丈夫です。タクシー業界はもちろん、運転士の経験も旅行業に携わった経験も不要です。当社では、ほとんどのスタッフが業務未経験からスタートしています。ご安心ください。充実の研修があります。 あなたの新しいスタートを万全の体制でサポートします。

過疎地こそライドシェア、タクシー業界はどうなるのか

ライドシェアが、過疎地域を救う可能性があると最近言われています。日本の過疎地域の現状は、交通が不便な方がとても暮らしづらい思いをしながら生活しています。病院や各種施設に遠かったり、アクセスが無く自家用車の運転もできず困っているという方も多いです。
日本にも少しずつ増えてきたライドシェアとは一体どんなものなのか、タクシーとの共存の道はどうなのか、詳しくご紹介していきます。

 

過疎、限界集落の現状

限界集落の定義は、「65歳以上が人口の50%以上」とされています。これは、65歳以上になると生産年齢人口に含まれなくなるので、集落の労働力を若い世代に頼らざるを得なくなるからです。ただ、今は、65歳以上でも体が動けば現役ですし、必ずしも実状と定義が一致しているものではありません。
限界集落になるには、段階があり徐々に準限界集落から限界集落になります。それが進んでしまうと、危機的集落になり、集落自体がなくなる廃村・消滅に至ってしまいます。
限界集落となる地域に若い人が住まなかったりするのは、交通網が不便であったり様々な原因があります。最近は、田舎や過疎地域に住み始める若者が増えてきているので、地域の若返りが起こったりしているそうです。そんな流れを加速させるためにも、過疎地にライドシェアは良いのかもしれません。
65歳以上が人口の50%を超えるという限界集落は、実は全国で約10,000個もあります。集落の数全体のうち15%程度を占めているそうです。
特に数が多いのは、中国、九州、四国地方です。限界集落の増加は、現在も続いているとされます。
日本の中でも、特に山間地、人口の減少傾向、役場から10km以上離れている等の集落は限界集落になりやすいと言われています。

ライドシェアとは
ライドシェアは、相乗りのことです。他人同士で相乗りを行うシステムが、ライドシェアです。今現在日本で勢力を上げてきているのは、Uberやnottecoです。登録しているドライバーが自家用車を使って、同乗希望者を送迎するような仕組みとなっています。

Uberの課題
2009年にサンフランシスコで誕生したUberは、60か国を超える地域で急速に発展しています。スマートフォンなど、従来アナログな面が多かったタクシー業界に新しい風を送り込み、利用者とドライバーをマッチングさせています。
日本では、まだまだ反発の声も強く、運転技能や都市の知識が素人レベルでしかないとタクシー業界からの反発の声もあります。Uberの日本法人では、まず2015年に福岡市でライドシェアの実験が行われました。しかし、すぐに国土交通省からストップがかかる結果となりました。
他にも、安全性への懸念、白タク(自家用車で旅客輸送をすること)ではないかという指摘もあり、タクシー業界と競合するぶぶんが強いと言われています。

タクシー業界の未来とおすすめの会社

ライドシェアなどの競合も増えてきたことから、タクシー業界は、これから品質が重視される時代になっていくでしょう。
日本交通池袋ではエキスパートドライバーサービスという仕組みがあり、観光・子育て・介護分野のそれぞれに特化したサービスがあります。「ひろう」から「えらぶ」タクシーへと進化を遂げるため、業界に先駆けてスタートした、まるでハイヤーのようなサービスです。
労働環境も、年収790万円と高い年収を目指せる環境です。給与保証があるため安心して働ける環境があることだけでなく、業界内でも高い歩合率を設定していることや、配車アプリ・無線配車など予約配車の割合が高いこと、六本木ヒルズや東京汐留ビル・日テレVIP玄関・東京ミッドタウン・大学病院等・お台場周辺など、計38もの専用乗り場を用意しているため乗車率が高いことも、高給与の理由です。

日本交通タクシー全車に 「COOL CHOICE」ステッカーを掲示

日本交通グループは、環境省が推進する温暖化対策の国民運動「COOL CHOICE」に賛同し、2月より日本交通グループのタクシー全車(約5,000台)にステッカーを掲示します。日本交通グループのエコへの取り組みをご紹介します。

 

COOL CHOICEとは
2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のため、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルなどを推奨する運動です。例えば、エコカー、エコ住宅、エコ家電、クールビズ等。政府を上げて推進しています。

日本交通グループでは2008年に「チームマイナス6%」に参加して以来、社訓で「安全・遵法・品質・環境を極めます」と定めることで、企業の社会責任として認識し、クールビズ・ウォームビズ、乗務員のエコドライブに取り組んでいます。

中でも、タクシーのアイドリング時間・急加速回数・急減速回数・最高速度などはデータ化して管理、指導することで、安全でエコなサービスの提供をしているそうです。

日本交通の環境への取り組み
日本交通グループでは、環境への取り組みとして、前述のようなデータ管理や指導の他に、様々な取り組みがあります。エコドライブを実践しています。日本交通グループで使用しているタクシー車両は、液化石油ガス(LPG)を燃料としている低公害車です。CO2排出量が約12~15%、ディーゼルエンジンに比較しても約6%少なくなっているのだそうです。

さらに、プリウスを2005年から導入、LPG車両に改造して運行しています。通常のタクシーで約500kmの走行可能距離に比べ、改造したプリウスLPG版は約1600km~1800kmも走行できます。環境負荷を減らして長距離走行が可能になったことが分かります。

もちろん、クールビズやウォームビズに参画しています。

【日本交通のクールビズ・ウォームビズの概要】
実施期間:5~10月(クール)/12~3月(ウォーム)
車内設定温度:エアコン 26度/ヒーター 22度
制服:クールビズ制服/ウォームビズ制服
事業所設定温度:エアコン 28度/ヒーター 20度

日本交通のエコカーに関する成果
データ管理を開始した2008年には、空車時アイドリング時間は平均5時間半ありました。しかし最近では平均2時間半以下まで減り、54%削減できたそうです。

車の急加速に関してはは取り組み開始時には1日平均26回、現在は1日平均2回に減り、92%削減できました。安全運転がエコドライブにつながっているのだそうです。

社会貢献する会社なら日本交通池袋
社会に末永く貢献できる会社は、社員にも優しい会社です。日本交通池袋では、転職者の多くが定年まで勤務できています。20代~70代の幅広い年代が活躍する会社です。『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』という初代の言葉を守り、乗務員が長く、安定して働ける会社にしています。この離職率の低さが、高い接客力へと繋がっています。

法定外の残業を禁止、充実した教育研修制度や業務をマニュアル化した「スタンダードマニュアル77」の構築、働く人の立場に立って制度が出来ています。また、未経験者を一人前の乗務員に育てる風土がありますので、安心してスタートできます。

教育システムによる指導で短期養成で二種免許が最短9日間で取得できます。(免許取得費用は無料です。) 研修終了後もバックアップがもちろんあります。7年連続売上ナンバー1の日本交通グループだからこそ実現できている環境があります。この給与額も大きいことが、高い業績に繋がっています。 他にも、社会保険や各種手当も完備です。安心して勤務できる環境が、安心して働ける理由です。