都内で安いタクシーの料金を比較!

都内で安いタクシーの料金を比較!

2017年1月30日、東京23区、三鷹市、武蔵野市地区では運賃が改定となりました。これは各テレビ局でも取り上げていたので、注目のニュースとなりました。
普段タクシーに乗らない方でも、”安くなるならちょっとした時に乗ってみたい”と思ったかもしれません。今回は、東京都のタクシー運賃の紹介と運賃引き下げの背景について取り上げます。

東京都のタクシー運賃をご紹介

東京ハイヤー・タクシー協会および東京都個人タクシー協同組合は1月27日、初乗り410円タクシーの記者発表会を実施しました。短縮運賃は、2017年1月30日より東京23区・武蔵野市・三鷹市で開始予定で、初乗り料金が現行の730円から410円と320円分の引き下げとなりました。
現在の運賃は下記の通りとなります。

■東京23区、武蔵野市、三鷹市
[普通車]

①距離制運賃
 初乗運賃:1.052kmまで410円
 加算運賃:以後237mごとに80円

②時間距離併用制運賃※1分30秒ごとに80円加算

■八王子市
[普通車]

①距離制運賃
 初乗運賃:2.0kmまで730円
 加算運賃:以後276mごとに90円

②時間距離併用制運賃※1分40秒ごとに90円加算

■八丈島、小笠原島
[小型]

①距離制運賃
 初乗運賃:2000mまで660円
 加算運賃:以後255mごとに80円

②時間距離併用制運賃※:1分35秒ごとに80円加算

※高速道路走行時以外で時速10km以下になると、時間を距離に換算する時間距離併用運賃が適用されます。
※高速料金は別途必要となります。

運賃改定の理由とは何か

一つは、人口構成の変化と少子高齢化である。社会問題でもある高齢者の増加により、移動に対する苦労が増えています。そういった点で、初乗り値下げは『ちょい乗り』需要を喚起できるのではないかというもの。病院から駅、買い物など気軽に頻繁に乗っていただき、昨今は若い方があまりタクシーに乗らないが、いち公共交通機関として、お子様のいらっしゃる家庭の足としても使っていただきたいという意図があります。

二つ目は、現代の日本でもっとも変化した訪日外国人の増加です。初乗りが2kmで730円というのは世界有数の長さで、高額な印象を与えていました。これを世界標準に近い価格までに引き下げる。410円は、ロンドン・ニューヨークに比べて十分安く感じていただける運賃だと考えました。また1月30日の午前0時以降に出庫するタクシー車両から、初乗り料金が変わるが、新しいステッカーには初乗りが410円だと訪日外国人にもアピールできるように『First』の文字を追記することを実施したそうです。

初乗りを410円した見通しとは?

この初乗りの運賃を引き下げは、短距離利用者からの運賃収入について一定の減収が見込まれることはすぐわかります。実はその代わりに中長距離利用者の運賃引き上げによってカバーして、全体として運賃収入が変わらないよう運賃を組み替えるという意図があるのです。今回の運賃組替えと併せて、短距離利用者に対する運転者の接客マナーなどのサービスを向上させて、タクシーが短距離でも利用しやすいものとして取り組むことを事業者に求めていくと言います。

また今後3年以内に運賃組替え後の状況について事後検証を行う予定とのことです。東京のタクシー運賃については、4月から7月にかけて、初乗り運賃の見直しを求める事業者からの申請がなされて、同省が審査を進めてきました。同省が実施した審査結果について、公共料金の変更手続きに必要な消費者庁との協議や内閣府の消費者委員会での審議等を経て、12月20日、物価問題に関する関係閣僚会議の了承を得たという経緯があります。

実際にタクシー運賃引き下げは利用者にとってどうなのか

現状、高額のタクシー・チケットは既に大半の企業で認められなくなっています。
それに加えて、労働者の実質賃金は5年連続のマイナスとなっており、更に増税の影響もあり個人の懐具合はますます厳しくなっています。そのため短距離を安く乗るという新しい需要を掘り起こさない限りは、タクシー業界が売上げを維持することは難しいのです。特に東京の場合、外国人観光客の増加で短距離移動需要が拡大しているという追い風もあります。

ここまで業界の足並みが揃ったのは東京という特殊事情に加えて、タクシー最大手の日本交通が積極的に値下げの環境作りを進めたことが大きく影響しています。「タクシー大改革」の一環となる初乗り運賃の改定です。ちょい乗りユーザーが増えて、2017年はタクシーが大きく変わった年と実感してもらえる年になるのか、今後の動向が気になるところです。

未経験からタクシー運転手で高収入になる方法とは?

未経験からタクシー運転手で高収入になる方法とは?

未経験からタクシードライバーへ

企業で勤務していた人にとっては、複雑な人間関係から解放されて上下関係もなく気軽に1人で仕事をする姿に憧れていたりすることもあり、タクシードライバーへ転職を考える人もいるようですが、これまで別の仕事をしていたのであれば当然、未経験の職種でうまくいくのかどうかと不安があると思います。そしてタクシードライバーは、歩合制のところが多いため収入が安定しないのではないかが一番気になるところです。人によっては今すぐにでも収入をあげたいと野望を持っている方もいるでしょう。では入社して一通り、研修や実習を終えてからいざ独り立ちするまでどういう風にしていけば良いのかご紹介します。

初めはどのくらいの額を目指すのか

それではタクシードライバー初心者の人は、1日どれくらいの売上をあげれば良いのか一般的な目安は下記の通りです。

新人~半年:50,000~60,000円
半年~1年目:60,000~70,000円
1年目~2年目:70,000~80,000円

これはあくまでもおおよその基準なので、会社や地域によって異なります。
ただその売り上げ目標から歩合率を考えて、自分のもらえる給与を考えながら
働くというのもこの仕事の楽しいところかと思います。

稼ぐタクシードライバーが心掛けていること

・とにかく車を走らせる
これは基本中の基本で、お客を乗せないと売り上げは成り立たないのでただ待つという方法は非効率と言えます。また隔勤だと最大365kmまで走行出来るため、とにかく走る事が大事です。

・よく街を観察する
走り慣れた繁華街でも、常に今日はどんな感じだろうと観察し敏感に周囲の環境をチェックします。それは走行中でも良いですし、休憩で車を降りた際に自分で歩いてお店の中を見て空席が多いかなどという行動を意識的にやってみると良いでしょう。場合によって、お偉いさんが好むような街であれば必ずその近くにハイヤーや運転手付きの車が待機してたりするのでタクシーで帰るような人達も多く潜んでいるはずだと自分で過程を立てて実行します。しかしこれはあくまでも例えなので、時間や時期など日々パターンは変わっていくため常に考えることです。

・路地裏などの小さな道まで走り込む
繁華街の大通りは、付け待ちタクシーの大行列が出来きています。しかし何時間も待って乗せたお客様が必ず良いお客とは限らないため、いかないような道で大通りではなく路地をどんどん進んでお客様を見つけるということも少しでも他のタクシードライバーとの差をつける方法です。

・休憩の取り方を工夫する
タクシードライバーは、個人営業で体力勝負でもあるので初めのうちは休憩を取るタイミングに困ると思います。しかし少し走ってすぐ休んで、また少し走ってすぐ休むというのは意味がありません。街の状況は、刻一刻と変わるものなのでさっきまでは人がたくさん手を挙げてたのに、戻ったら誰も居ないということも少なくありません。そのためせっかくのチャンスを休憩で無駄にしてしまうのはとてももったいないことです。ただ長時間労働の時もあるので、休憩をとることは大事です。そのため走るときは思いっきり走り、休む時はしっかり休むという風にオンオフとメリハリをつけてやっていくと良いでしょう。

以上を上げましたが、初心者でも工夫次第で飛躍的に売上を伸ばすことはできます。
大切なのは、自分の視覚や感覚、知識で得た情報を自分なりに推理や予想して、次にどう行動していくかを決めながらとにかくひたすらにタクシーを走らせるということ。ただすぐにそんな実践できないという大器晩成の方は、1つ1つこなして失敗して学んでまた実行してと繰り返すことです。初心者や未経験の方も、売上の伸びに悩んでいる方は参考にしていただきたいです。

転職で失敗しないためのおすすめのタクシー会社の特徴とは

転職で失敗しないためのおすすめのタクシー会社の特徴とは

会社を選び間違えた

夢や期待を持って転職して、働いてみたら実際こんなことを思った方も多いのではないでしょうか。

「この会社に入ったのは間違いだったかも…」

一般的なタクシー運転手のイメージ通り、現在もブラック企業はあります。そのためどこも変わらないと思って、適当に選んでしまうとほどんど失敗します。そして転職を間違えると、労力/時間/お金の大事なエネルギーを無駄にすることになります。では転職に失敗しないために、転職をおすすめ出来る優良企業の特徴を挙げていきます。

タクシー会社の優良企業とは

・社員教育がしっかりしている
タクシー運転手で働くには必要な二種免許の取得費用、取得期間中の日当を補填してくれる会社は転職する方にとってはすごく助かるポイントです。新しく業界に入る方への配慮や売上の出し方等を丁寧に教えてくれる会社に入ることが出来ると、入社後の仕事もスムーズに行う事ができます。初心者や未経験の方にはこの項目は大事な要素を占めていて、安心材料のひとつと言えます。

・お金の動きがいい
金銭の取り扱いが直にやり取りされることも多いこの仕事は、高速代やカード手数料などを社員に払わせない会社は良いです。また社員へのボーナスや出産祝い、結婚祝いを出してくれるところもあります。二種免許の取得期間中の日当や、入社支度金、入社祝い金などがあると二種免許を取得するのに非常に助かるので、その所に注目してみても良いでしょう。そしてこういったところは、基本的に売上の高い利益を上げている会社に多い傾向があります。

・事故補償や違反金の立替をしてくれる
運転手だとどうしても避けられないのが、交通事故です。その事故補償があると安心して働けるのです。もちろん事故を起こさないに越した事はないですが、社員を守って堂々と経営をしている事に受け取ることもできます。そういったバックアップがあるからこそ、しっかりした仕事をする事が可能になってきます。

・設備が充実している
終日車内での勤務が多いタクシー運転手は、寮や仮眠室などの設備が整っているとモチベーションは上がると思います。会社によっては、大浴場があったり仮眠室が綺麗、自前のガススタンドがある、洗車機が置いてあるところもポイントが高いです。

優良企業に出会うために

良い条件をあげてみましたが、共通して社員のことを考えている、守ってくれる会社かどうかによります。また実際にそのような会社を見つけるには自分が将来どうやって働いていきたいのか、どういうことを求めているのか、自分に合った人はいるのかどうかを見極めていくことも大事です。そのためには、求人広告を比較することはもちろんその会社のHPをじっくりみる、あるいは専門の転職アドバイザーに聞いたり、実際に会社説明会に足を運んでみるなど色々試してみることをお勧めします。もしどうしてもわからない時は自分で利用してみて、実際に働いているタクシー運転手の方に尋ねてみるのもいいと思います。

こんなはずじゃなかったと思う前に、じっくりしっかりと企業研究して良い会社への転職を目指しましょう。

働きやすいタクシー会社を見つけるための求人情報の見極め方

働きやすいタクシー会社を見つけるための求人情報の見極め方

タクシー乗務員を始める場合、大切なのは会社選び

タクシー乗務員は、お金や時間、そして一人の自由を確保しながら働けるということもあり、未経験から始める方が多くいます。でも「タクシー会社なんてどこも変わらないのでは…」と思っていると転職した際に失敗する可能性は高いです。そもそも業界に限らず、転職活動で会社選びは慎重になります。そしてタクシー業界でも同じで会社によって平均年収に明らかな差が出てくる場合もあります。そのため会社選びは、勤務を続けるにあたって自分に快適なのかを決める重要なことと言えます。そして決して「家から近い」という、安易な理由だけで会社は選びをしないようにしましょう。

タクシーをやりたいけど会社選びに迷っている
タクシー会社は全部同じだと思っていた
今のタクシー会社に不満を持っている

上記に当てはまった方は、数多くあるタクシー会社の求人からどこを重視して選んだら良いのか、押さえておきたいポイントをご紹介します。

働きやすいタクシー会社の特徴

〇研修が充実している、免許取得費用を負担してくれる
未経験から入社する方にとっては、運転の技術だけでなく、接客に必要なサービスマナーや地理研修など一定の期間学んでから、各営業所へ配属して実践経験を積んでいくという着実にステップアップできる会社を選ぶと良いでしょう。

〇二種免許取得費用を負担してくれる
タクシー業界に初めて就職する人にとって、二種免許の取得は避けて通れない最初の関門といえます。通常、自分で二種免許の取得すると10~20万円くらいの費用が掛かりますが、この費用を負担してくれるタクシー会社が多くなっています。ただし、短期間で退職されてしまってはタクシー会社にとっては損失のため、勤務期間に一定の縛りを設けているケースが主流となります。また二種免許取得時の自己負担はないものの、毎月の報酬の中から少しずつ天引きされているところもあるようなので、事前に適用条件をしっかりと確認しておことおすすめします。

〇入社祝い金や給料補償制度がある
タクシー会社によって、入社時に祝い金あるいは支度金という名目で、まとまった報酬を提供してくれるというケースもあります。そして入社してから、実際に運転手として独り立ちするまでの期間、最低限の給与保証してもらえるのが一般的と言えます。その金額は、タクシー会社によって差がありますので、事前に条件を確認しておいたほうが良いでしょう。

〇自分でシフトを選べる
タクシー乗務員は、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や勤務日を選ぶことが可能です。制約が厳しそうな職業に見えますが、実際は自身の時間を有効に使うために最適な職業といえます。タクシードライバーの勤務形態には、日勤・夜勤と隔日勤務の3つがあるのが一般的で、生活リズムや趣味、子育てなどの家庭事情により自分にあったシフトを自由に選べるところが良いでしょう。場合によっては、初めの面接で会社の方に提案してもらったという場合もあるため気軽に相談できる会社を見つけることが大切です。

〇マイカー通勤OK
タクシー会社だと営業所が、駅から遠いという場合もあります。その点、マイカー通勤が可能だと自分のペースで行けて、朝の通勤ラッシュに巻き込まれないというメリットがあります。

〇設備が十分である
独身の方であれば、寮が完備されていると住むところに安心という方も多いはずです。また家族で住むことができる家族寮がある会社もあります。その他、自社寮か借上げ寮なのか、部屋の広さ、会社に近いかなどもチェックしておくと良いでしょう。ただし寮制度は、期限が設けられている場合もあるので初めに詳細を確認しておく必要があります。そして寮に限らず、休憩室や更衣室も整っているところもはずせません。最近では、女性のタクシー運転手も増えているため女性専用の更衣室を完備してある会社もあります。

〇大手のタクシー会社を狙う
どの業界でも必ず入る条件の1つだと思います。タクシー会社であれば大手はお客様から専属契約のような形でご利用いただけているところがあります。つまり固定客がいるというわけで、また大手のネームバリューからの安心感とファンのお客様も多くいます。そのため営業するにしても、流し運転や駅待ち営業などの比率を小さくすることができ安定して稼げる環境が整っているとみれるでしょう。

〇稼働率や平均売り上げの高い
これは大手の項目とも被りますが、稼働率が高いということは、社員が定着している証なので働きやすい何かがあります。そして平均売り上げが高いということは、それだけ社員の平均年収が高いということに直結するため、稼げる会社と判断できます。

働きやすいタクシー会社は、どう見極めて判断すればいいの?

以上で良いタクシー会社のポイントをご紹介しましたが、これらを全て満たす会社はおそらくないでしょう。そうなってくると重要なのは、自分はどの条件が譲れないのかと、自分とその会社が合うかどうかになってきます。また働きやすい職場というのは、職場の人間関係や風通しの良さにもよります。どれだけ良い条件の会社に入っても、そこが悪い会社の離職率はとても高いと言えます。タクシー会社は大半は、個人での営業時間が多いですが何かと体力勝負で時に大変なこともあります。そんな時に、自分の働き方や人間性と合う先輩や同僚がいるかどうかで働くモチベーションもかなり変わってくるでしょう。そういったところは、入社してみないとわからないということもありますが実際、会社説明会も実施している会社もあるのでそういった機会に見てみるのも良いですし、街中で働いているタクシー運転手の顔がイキイキしているかどうか調査してみるのも1つの判断基準かと思います。ぜひ自分にあったタクシー会社を見つけて、転職活動を成功させていただきたいです。

転勤なしの都内タクシー会社を徹底リサーチ

転勤なしの都内タクシー会社を徹底リサーチ

転勤なしにこだわった転職活動

現代の日本では、高齢化が進み、結婚や育児に加えてこれから介護の問題は誰にとっても身近な問題になってきます。既婚されている方は、家族にも影響してくることなので転職活動の際には絶対に外せない条件に挙げられると思います。そのため、労働時間や勤務地など何らかの制約がある従業員が増えてきます。つまり転勤による勤務地の変更は、全ての人とって他人事ではありません。そうなると、会社側は制約がない求職者を採用する前提に人事を考えることはどんどん困難になっていき、転勤が前提の企業は採用力も下がっていくはずです。このような傾向から、転勤なしを求人情報に掲載する企業も多くなっているのです。また男性だと年収を上げたくても、どうしても一般企業だと転勤がある職業が多いため困っている方も多いはず。その点タクシー運転手は、一か所に落ち着いて仕事をしたいと思っている方には最適の仕事と言えます。

タクシー運転手で転勤なしのメリット

就職してから同じ営業所に所属するということは、タクシー運転手にとって良いメリットがあります。基本的に、お客様を希望の場所へ送り届けることが業務のため同じエリアで日々勤務していると土地勘が鍛えられるのです。特に東京や大阪などタクシー需要が高い都市のタクシー会社では地理試験も、実施されていることから複雑な街をいかに覚えるかが重要になります。初めのうちは、全く知らないエリアでカーナビに頼っていても段々そのエリアのプロになれます。例えば、「信号待ちや渋滞する場所があるが違うあるルートを行けばスムーズに行けたりする」「こんな場所に新しいお店ができた」「この時間は人が多いな」など日々繰り返す中でも新しい発見を感じられるのです。
これは売上の法則にも関わってくるので、転勤がなくて収入も増やすことができるという事も可能になります。

おすすめの都内タクシー会社

都内でタクシー運転手に転職するのであれば、日本交通株式会社をお勧めします。転居を伴う転勤はなく、勤務地によってはマイカー通勤OKのところもあるのもうれしいです。また日本交通株式会社は、日本交通グループとして他のタクシー会社ともグループ関係にあるので様々な場所に営業所があり、希望の場所の勤務地が必ず見つかります。

下記に都内の営業をご紹介いたします。

【タクシー営業所】

・池袋営業所
 〒170-6090 豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 B2F / 電話:03-3590-2151

・赤羽営業所
 〒115-0051 北区浮間5-4-51 / 電話:03-3965-8652

・千住営業所
 〒120-0024 足立区千住関屋町19-2 / 電話:03-3888-2151

・品川営業所
 〒140-0002 品川区東品川3-32-25 / 電話:03-6712-0360

・新木場営業所
 〒136-0082 江東区新木場1-17-6 / 電話:03-3522-2151

・三鷹営業所
 〒181-0014 三鷹市野崎1-10-2 / 電話:0422-49-2151

【ハイヤー営業所(ドライバー派遣営業所)】

・赤坂営業所
 〒100-6190 千代田区永田町2-11-1 / 電話:03-3591-2151

・中央第一営業所
 〒103-0026 中央区日本橋兜町1-13先 / 電話:03-3665-2151

・中央第二営業所
 〒103-0026 中央区日本橋兜町1-13先 / 電話:03-3662-2155 ※中央第一営業所と同じ

・銀座営業所
 〒104-0061 中央区銀座1-11-3 / 電話:03-3595-2151

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方

「35歳転職限界説」と言われたのも一昔前。
近年では、ミドル層の転職者が増えてきているそうです。
その反面、「50才を過ぎた私に転職先なんてあるのだろうか?」と不安を感じる方が多いのも事実。
果たして50代の転職は無謀なのでしょうか?

50代でもOKな仕事とは?

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方
50代の転職は「仕事がない」「あったとしても選べない」そんなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。
しかし、必ずしもそんなことはありません。
これまでの経験を活かすのも一つ、先入観をリセットして違う世界に飛び込んでみるのも一つ。
すると、意外に幅広い選択肢があるものです。
営業経験がある方は、営業職はもちろん接客業などコミュニケーション力を生かせる仕事が良いでしょう。
資格をお持ちの方は、それを活かせる仕事を探すのも良いでしょう。
そして、何より活かせる資格、それが「自動車運転免許」です。

未経験の転職者

運転免許は、数ある資格の中でも最も一般的なものの一つです。
生活に密着したものでもあるので、資格であることを忘れている方も多いのではないでしょうか?
その認識とは裏腹に、応募条件として「自動車運転免許」を掲げている求人があふれるほどあります。
未経験から新たな業界へと転職するにあたり、非常に強い武器として活用することが出来るでしょう。
運転免許を活用できる仕事として、まず頭に浮かぶのがドライバー職でしょう。
そして、未経験スタートの方に特におすすめしたいのがタクシードライバーです。
なぜタクシードライバーがオススメなのか。
それは、”第一種普通”自動車運転免許があればチャレンジすることが出来るからです。
タクシーを運転するには、いわゆる二種免許が必要となります。
そこでタクシー会社によっては、二種免許取得費用を会社で負担する制度を整えています。
つまり、会社負担で新たな資格を手に入れられる。
これは大きなチャンスです。

高卒活躍中

学歴社会と言われて久しい日本においては、多くの求人で「大卒以上」と学歴の縛りが見受けられます。
しかし、タクシードライバーに必要なのは「運転免許」、ただそれだけです。
学歴を問わず活躍できるのも大きなメリット。
実際に活躍しているドライバーの方々に伺うと、高卒という方が多くいらっしゃいました。

タクシー運転手の年収

転職にあたって、やはり気になるのがお給料。
仕事をする上でとても大切なところです。
実際にタクシードライバーはどれくらい稼ぐことが出来るのでしょうか

業界最大手の日本交通を参考にすると、
 ・未経験1年目の平均年収が、420万円
 ・ベテランの最高年収が、790万円

給料の安いイメージを持たれやすい仕事ですが、
想像以上に稼ぐことが出来るのがわかります。

長く働ける

給料が良いのはわかったけれど、きつい仕事なんでしょ?
そんな声も聞こえてきそうですが、ワークライフバランスがしっかりと取れているのも大きな魅力。
一般的な働き方は、隔日日勤という勤務体制です。
1日17時間ほど働き、その翌日はお休み。
月に12~13乗務で、月の半分以上がお休みとなります。
しかも、これは法律でキチンと決められていて、それ以上勤務することが出来ません。
『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』
これは先ほど給与例に上げた、日本交通の初代の言葉です。
良くないイメージが先行するタクシー業界ですが、
それを払拭するほどの魅力が詰まったお仕事であることがわかります。

東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

タクシー乗務員の給与体系は、固定給と歩合給の合計となっており、年齢によらず頑張った分だけ自分の稼ぎも上がる成果主義なところがあります。年に300万円も稼げない人がいる一方で、その倍以上の収入がある人もいるのです。この違いは一体どこからくるのか紹介していきます。

働く意欲や勤務体系が違いを生む

東京都内のタクシー乗務員の平均年収は約400万円となっていますが、前述のように個々の収入に大きな幅があるのは、ドライバー自身のやる気によるところが大きい傾向にあります。ドライバーの平均年齢は55歳程度と高く、中には年金受給者もいるので、生活が成り立つ程度に稼げるのならばそれで良いという人も多く居ます。タクシー乗務員は稼げない仕事という訳ではなく、稼ごうとする意欲の差が収入に表れやすいのです。そのため、働く意欲のある若い従業員や転職者の収入の方が良くなることも珍しくありません。

また、勤務体系によっても収入は大きく異なってきます。これは、昼間に仕事をする日勤と、夕方から深夜にかけての夜勤、丸一日仕事をして一日休む隔日勤務の3種類に分けられます。体への負担を考慮しなければ、他の交通機関が止まり料金が割り増しになる、夜間の稼げる時間帯に集中して働くことのできる夜勤が、最も稼ぎが良いでしょう。体調が心配であれば、月の2/3程度が休みになる隔日勤務も、夜間の営業ができるので比較的安定した収入が見込めます。ほとんどのドライバーが採用している勤務体系で、休みも多く効率的に稼ぐことができます。

所属するタクシー会社によって収入に差が出ることも

東京都内には中小企業から大手まで様々なタクシー会社があります。それぞれに、所属することによる長所と短所がありますが、収入面で考えれば中小よりも大手の方がより稼ぎやすい傾向にあります。

大手タクシー会社は都内に愛用している乗客も多く、そこのタクシーにしか乗らないという人もいるほどです。特に大日本帝国と呼ばれる東京の最大手4社は、特定の会社のみが使用できる専用のタクシー乗り場も多く、ドライバーが乗客を見つけやすくなります。加えて法人との契約も多く、その企業の顧客やお得意様が移動・帰宅時に無料でタクシー利用できる、タクシーチケットの契約をたくさん持っていることも強みです。このサービスは企業側がタクシー代を払い、実際に利用する乗客はお金の心配がないので、より長距離コースになるなど利用料金が高くなりやすく、客単価の上昇につながります。また、独自の配車アプリを開発している会社も多く、円滑な営業が可能です。

その一方で、大手のブランド故に乗客の見る目は厳しいことが多く、些細な事で苦情が入ることも少なくありません。この点、中小企業の方が自由度が高く、収入は劣るかもしれませんが比較的気楽に働けるでしょう。

乗客の見極めも重要なポイント

2017年1月に、都内のタクシー初乗り料金が730円から410円に引き下げられました。このことからも、乗客数を増やすだけでなく、いかに高単価の客に乗ってもらえるか、つまり長距離を移動する乗客を多く獲得できるかも重要になってきます。これが稼げる人と稼げない人の収入差に如実に表れるのですが、人・場所・時間の3点を押さえれば比較的見極めが楽になります。

まず、どのような人が多く支払ってくれるかを考えます。学生や主婦では遠出をすることはあまり考えにくく、高額を支払う可能性も高くありません。これに対し、お金持ちや、会社の経費としてお金をある程度自由に使えるサラリーマンは高単価な傾向にあります。

次に、そのような人が多く居る場所で営業することが大切になります。多くの企業が軒を連ねる港区や中央区、千代田区の中でも、赤坂や銀座、八重洲や丸の内、日本橋といったオフィス街付近が狙い目です。また、会社のエントランス側よりも、裏道に回った方が社長や幹部を乗せる機会が増えるでしょう。

最後に、時間帯としては出勤時の早朝と仕事終わりの深夜が稼ぎ時となります。遅刻しそうで急いでいたり、終電を逃し楽をして帰りたい人を乗せれば収入も上がるはずです。

ハイヤーの運転手になることも手段の一つ

タクシーの営業では、常に金払いの良い乗客を見つけられるわけではないので、収入はあまり安定しません。安定した収入を希望していたり、乗客の見極めが苦手な人は、専属ドライバーとしてハイヤーを運転するのも選択肢の一つとなります。

どちらも乗客を無事に目的地まで送り届ける仕事ですが、ハイヤーの場合、役員などより重役の方を会社に時間通り到着させる必要があります。よって、運転能力や周辺地理の理解、接客能力が必要になるため、これらについての教習や試験を行うタクシー会社も存在します。以上のように求められるものも多いですが、勤務時間に無理がなく安定した収入が見込め、全体の給与平均もタクシードライバーより高くなっています。最初のうちは、冠婚葬祭や会食、ゴルフなどの送迎で経験を積み、会社役員や社長の通勤などで定期的な送迎を行うようになります。専属ドライバーに指名されるようになると、特定企業の役員車の代用として、同じ乗務員と車両で送迎を任されます。

上記のように、専属となるための道のりは長いですが、タクシー乗務員としてある程度経験のある方であれば転職も視野に入れてみると良いでしょう。

タクシードライバーは入社時は資格なしでも働ける!意外と高収入で儲かる仕事

タクシードライバーは入社時は資格なしでも働ける意外と高収入で儲かる仕事

タクシードライバーは入社時は資格なしでも働ける意外と高収入で儲かる仕事
転職したいけれど資格も無いし…、このまま今の仕事を続けるも辛い…。
転職にあたり、そんな悩みを持っている方は多くいることでしょう。
本当に資格が無いと転職には不利なのでしょうか?
ここでは、資格なしでチャレンジ出来る業界を紹介していきます。

資格なしで狙える

経理なら簿記、不動産なら宅建など、持っていることがアドバンテージになる職種であったり、
看護師資格のように、持っていないと就くことが出来ない仕事もあります。
それでは、資格なしでチャレンジ出来る仕事とは、どんなものがあるでしょうか?
代表的なところでは、ドライバー職が挙げられます。
国民皆免許時代と言われる現代では、運転免許の所有率は非常に高い水準で推移しています。
自動車の運転はもちろん、身分証明書として取得した方も多いでしょう。
特に資格をお持ちでなくても、この自動車免許さえあれば出来るのがドライバー職です。

タクシードライバー

ドライバー職の中でも、特におすすめしたいのがタクシードライバーです。
過酷と評されることの多いタクシードライバーが、なぜおすすめなのか。
タクシーに乗務するには、二種免許の取得が必須となります。
「結局資格がいるのか!」
そう思った方はご安心下さい。
多くのタクシー会社は、二種免許取得を会社が支援しています。
一部会社負担っだったり、全額会社負担だったり色々ありますが、
どうせなら0円で資格が取れたらうれしいですよね。
そして、さらにおすすめしたい理由は
ワークライフバランスが取れていることと、意外に稼げるということです。

意外と高収入な職業

タクシードライバーの給与体制はどのようになっているのでしょうか。
一般的なのは、固定給+歩合給。
固定給は保証された上で、売上に応じて歩合が発生するシステムです。
良心的な会社では、売上の上がりづらい新人時代を支える意味で
保証給制度を整えている会社もあります。
7年連続業界売上を誇る日本交通では、
入社3ヶ月間は40万円の給与保証があるそうです。

意外と知らない儲かる仕事

売上が多いほど歩合給も多くなる。
ということは、より売上を確保できるタクシー会社で働けば、
非常に儲かる仕事であるということです。
先ほど例に挙げた日本交通では、4ヶ月目以降のお給料は
月給18万2000円+歩合+手当 だそうです。
ベテランドライバーの方々は、700万円以上を稼ぎ出すとのこと。
最高年収はなんと790万円!
他の仕事でもなかなかこの高年収は実現しにくいのではないでしょうか。
二種免許の取得も全額会社負担なので、ノーリスクで始めることが出来ます。

東京都で残業なし、定時帰宅可能な正社員転職情報の1つをまとめました

東京都で残業なし、定時帰宅可能な正社員転職情報の1つをまとめました

長時間労働が社会問題として取り上げられている今、労働時間は仕事をする上で大切な要素の一つです。
残業なしで定時帰宅が出来る仕事には、どんなものがあるのでしょう。

残業なしの求人

そもそもこのご時世に、残業なしの仕事なんてあるの?
残業なしとは名ばかりで、サービス残業がまかりとおってるんじゃないの?
そういう会社ばかりが目に留まってしまいますが、本当に残業なしという求人も実は多いのです。
たとえばタクシードライバー。
夜通しの運転で大変なイメージが先行しがちですが、調べるととても働きやすいというのがわかります。

定時帰宅可能

東京都で残業なし、定時帰宅可能な正社員転職情報の1つをまとめました
タクシードライバーは、乗客の安全を預かるお仕事。
だからこそ、ドライバーの働き方は法律でキチンと管理されています。
勤務時間、勤務日数を管理して働きすぎを抑制。
業界最大手の日本交通を例に取ると、法定外の残業を一切禁止しているほどです。
安全に運転することがサービスの根幹なので、
無理して働いて事故を起こさないことが大切です。

正社員

非正規雇用の比率が上がっている今だからこそ、正社員にこだわりたい!
そう思う方こそ、やはりタクシードライバーは魅力が沢山の仕事と言えるでしょう。
『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』
これは前述の日本交通 創業者の言葉です。
ドライバーが長く、安定して働ける環境を実現、高い品質の維持をすることが
会社、業界の発展に不可欠であることの現れです。
正社員として末永く活躍出来る環境を選びたいものですね。

転職情報

それでは、多くのタクシー会社の中で特にオススメしたいのはどの会社でしょうか。
やはり、業界最大手の日本交通にほかならないでしょう。
7年連続業界売上No.1と業績はピカイチ。
専用アプリは300万DLを超え、乗車率はアップ。
都内42箇所の専用乗り場の設置で、売上もしっかり上げることが出来ます。
売上が上がれば、もちろんお給料にも反映されます。
また、従業員の働きやすい環境づくりも特筆すべき点です。
従業員の健康配慮への取り組みを評価され、タクシー業界初の健康経営格付を取得など、
労働環境の整備は折り紙付きです。
離職率の低さが高い接客力へと繋がり、
評判が上がることで売上・お給料も上がる。
理想的なサイクルの中で新たな一歩を踏み出すことは、
あなたのキャリアにおいても非常に有意義なものになるでしょう。

東京都のタクシー転職で失敗しないために知っておく転職情報

東京都のタクシー転職で失敗しないために知っておく転職情報

都内の交通インフラの一端を担うタクシー。
普段利用はするけれど、転職先としてはどうなんだろう?
転職という大きな節目、検討は慎重になりますよね。
ここでは、タクシー業界へ転職した方々の失敗談や、原因についてまとめてみました。

失敗のお話

タクシー業界に限らず、転職で失敗したと思う理由は、

 ・求人広告の内容に騙された
 ・人間関係に悩まされた
 ・残業続きの長時間勤務
 ・休みが少なく体力が持たない

などが挙げられるでしょう

残念ながら、無数にある求人広告の中には、誇大広告スレスレのものも少なくありません。
おそらく、転職に失敗したと感じる方は「騙された!」なんて思いをしていることでしょう。
しかし、「いいことしか書いてないから、この求人はウソだ」と決めつけてしまうのも、
折角のチャンスを潰してしまいかねません。

タクシー転職で失敗した人・後悔した人

東京都のタクシー転職で失敗しないために知っておく転職情報
それでは、タクシー業界はどうでしょうか?

失敗した方の声を聴くと、
 ・体力的にしんどい
 ・思っていたより稼げない
 ・人間関係が良くない
 
裏を返せば、この反対の会社を選べば失敗しないということです。

失敗しない方法

タクシー業界への転職で、失敗しない方法はただ一つ!
いい会社を見極める、この一点に尽きます。

「それがわかれば苦労しないよ」
なんて声が聞こえて来そうですが、良い会社には共通点があります。

1.会社の規模が大きい
2.街中でよく見かける
3.企業HPがしっかりしている
4.様々なサービスを提供している

まず1.と2.ですが、当然規模が大きくなれば、当然街中で見かけることが多くなります。
街中で見かけるということは、それだけ利用されている=サービスが良い、ということです。
良いサービス為には、きちんとした研修体制が不可欠です。
キチンと社員教育をしている証とも言えます。
そして、顧客の支持は売上に反映され、お給料にも直結する重要な要素です。
3.4.については、旧態依然の会社かどうかを見極める指標になります。
いまだに一昔前っぽいHPを使っている企業は、体制も古臭い可能性が高いです。
また、タクシーという枠にとらわれない新サービス、たとえば観光や介護など、
従来のタクシーとは違ったアプローチでサービスを提供する会社は、先見の明がある会社と言えるでしょう。

すぐに再転職してもよいの?

転職をしてはみたものの、ギャップを感じてすぐに再転職しても良いものでしょうか?
答えはNOです。
もちろん、転職は個人の自由ですが、一般的にはあわてないほうがよいということが多いです。
企業側からすれば、採用した人がすぐに辞めてしまうリスクは避けたいと考えます。
あまりにも職を転々としすぎていると、職歴を見た段階で選考から落とされてしまう可能性が高まります。
だからこそ、はじめてのタクシー会社は、慎重に選ぶ必要があるのです。
そこでオススメしたいのが、業界最大手の日本交通です。
都内で見かけない日はないほど、街中を走り続けています。
観光タクシー、キッズタクシー、介護タクシーなど、様々なサービスを提供しているのも魅力。
プロポーズタクシーなんてサービスも企画しているとか。
最大手であり、ベンチャースピリットを持つ日本交通なら、
新たなキャリアを安心して始めることが出来るでしょう。