タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方

「35歳転職限界説」と言われたのも一昔前。
近年では、ミドル層の転職者が増えてきているそうです。
その反面、「50才を過ぎた私に転職先なんてあるのだろうか?」と不安を感じる方が多いのも事実。
果たして50代の転職は無謀なのでしょうか?

50代でもOKな仕事とは?

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方
50代の転職は「仕事がない」「あったとしても選べない」そんなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。
しかし、必ずしもそんなことはありません。
これまでの経験を活かすのも一つ、先入観をリセットして違う世界に飛び込んでみるのも一つ。
すると、意外に幅広い選択肢があるものです。
営業経験がある方は、営業職はもちろん接客業などコミュニケーション力を生かせる仕事が良いでしょう。
資格をお持ちの方は、それを活かせる仕事を探すのも良いでしょう。
そして、何より活かせる資格、それが「自動車運転免許」です。

未経験の転職者

運転免許は、数ある資格の中でも最も一般的なものの一つです。
生活に密着したものでもあるので、資格であることを忘れている方も多いのではないでしょうか?
その認識とは裏腹に、応募条件として「自動車運転免許」を掲げている求人があふれるほどあります。
未経験から新たな業界へと転職するにあたり、非常に強い武器として活用することが出来るでしょう。
運転免許を活用できる仕事として、まず頭に浮かぶのがドライバー職でしょう。
そして、未経験スタートの方に特におすすめしたいのがタクシードライバーです。
なぜタクシードライバーがオススメなのか。
それは、”第一種普通”自動車運転免許があればチャレンジすることが出来るからです。
タクシーを運転するには、いわゆる二種免許が必要となります。
そこでタクシー会社によっては、二種免許取得費用を会社で負担する制度を整えています。
つまり、会社負担で新たな資格を手に入れられる。
これは大きなチャンスです。

高卒活躍中

学歴社会と言われて久しい日本においては、多くの求人で「大卒以上」と学歴の縛りが見受けられます。
しかし、タクシードライバーに必要なのは「運転免許」、ただそれだけです。
学歴を問わず活躍できるのも大きなメリット。
実際に活躍しているドライバーの方々に伺うと、高卒という方が多くいらっしゃいました。

タクシー運転手の年収

転職にあたって、やはり気になるのがお給料。
仕事をする上でとても大切なところです。
実際にタクシードライバーはどれくらい稼ぐことが出来るのでしょうか

業界最大手の日本交通を参考にすると、
 ・未経験1年目の平均年収が、420万円
 ・ベテランの最高年収が、790万円

給料の安いイメージを持たれやすい仕事ですが、
想像以上に稼ぐことが出来るのがわかります。

長く働ける

給料が良いのはわかったけれど、きつい仕事なんでしょ?
そんな声も聞こえてきそうですが、ワークライフバランスがしっかりと取れているのも大きな魅力。
一般的な働き方は、隔日日勤という勤務体制です。
1日17時間ほど働き、その翌日はお休み。
月に12~13乗務で、月の半分以上がお休みとなります。
しかも、これは法律でキチンと決められていて、それ以上勤務することが出来ません。
『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』
これは先ほど給与例に上げた、日本交通の初代の言葉です。
良くないイメージが先行するタクシー業界ですが、
それを払拭するほどの魅力が詰まったお仕事であることがわかります。

東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

タクシー乗務員の給与体系は、固定給と歩合給の合計となっており、年齢によらず頑張った分だけ自分の稼ぎも上がる成果主義なところがあります。年に300万円も稼げない人がいる一方で、その倍以上の収入がある人もいるのです。この違いは一体どこからくるのか紹介していきます。

働く意欲や勤務体系が違いを生む

東京都内のタクシー乗務員の平均年収は約400万円となっていますが、前述のように個々の収入に大きな幅があるのは、ドライバー自身のやる気によるところが大きい傾向にあります。ドライバーの平均年齢は55歳程度と高く、中には年金受給者もいるので、生活が成り立つ程度に稼げるのならばそれで良いという人も多く居ます。タクシー乗務員は稼げない仕事という訳ではなく、稼ごうとする意欲の差が収入に表れやすいのです。そのため、働く意欲のある若い従業員や転職者の収入の方が良くなることも珍しくありません。

また、勤務体系によっても収入は大きく異なってきます。これは、昼間に仕事をする日勤と、夕方から深夜にかけての夜勤、丸一日仕事をして一日休む隔日勤務の3種類に分けられます。体への負担を考慮しなければ、他の交通機関が止まり料金が割り増しになる、夜間の稼げる時間帯に集中して働くことのできる夜勤が、最も稼ぎが良いでしょう。体調が心配であれば、月の2/3程度が休みになる隔日勤務も、夜間の営業ができるので比較的安定した収入が見込めます。ほとんどのドライバーが採用している勤務体系で、休みも多く効率的に稼ぐことができます。

所属するタクシー会社によって収入に差が出ることも

東京都内には中小企業から大手まで様々なタクシー会社があります。それぞれに、所属することによる長所と短所がありますが、収入面で考えれば中小よりも大手の方がより稼ぎやすい傾向にあります。

大手タクシー会社は都内に愛用している乗客も多く、そこのタクシーにしか乗らないという人もいるほどです。特に大日本帝国と呼ばれる東京の最大手4社は、特定の会社のみが使用できる専用のタクシー乗り場も多く、ドライバーが乗客を見つけやすくなります。加えて法人との契約も多く、その企業の顧客やお得意様が移動・帰宅時に無料でタクシー利用できる、タクシーチケットの契約をたくさん持っていることも強みです。このサービスは企業側がタクシー代を払い、実際に利用する乗客はお金の心配がないので、より長距離コースになるなど利用料金が高くなりやすく、客単価の上昇につながります。また、独自の配車アプリを開発している会社も多く、円滑な営業が可能です。

その一方で、大手のブランド故に乗客の見る目は厳しいことが多く、些細な事で苦情が入ることも少なくありません。この点、中小企業の方が自由度が高く、収入は劣るかもしれませんが比較的気楽に働けるでしょう。

乗客の見極めも重要なポイント

2017年1月に、都内のタクシー初乗り料金が730円から410円に引き下げられました。このことからも、乗客数を増やすだけでなく、いかに高単価の客に乗ってもらえるか、つまり長距離を移動する乗客を多く獲得できるかも重要になってきます。これが稼げる人と稼げない人の収入差に如実に表れるのですが、人・場所・時間の3点を押さえれば比較的見極めが楽になります。

まず、どのような人が多く支払ってくれるかを考えます。学生や主婦では遠出をすることはあまり考えにくく、高額を支払う可能性も高くありません。これに対し、お金持ちや、会社の経費としてお金をある程度自由に使えるサラリーマンは高単価な傾向にあります。

次に、そのような人が多く居る場所で営業することが大切になります。多くの企業が軒を連ねる港区や中央区、千代田区の中でも、赤坂や銀座、八重洲や丸の内、日本橋といったオフィス街付近が狙い目です。また、会社のエントランス側よりも、裏道に回った方が社長や幹部を乗せる機会が増えるでしょう。

最後に、時間帯としては出勤時の早朝と仕事終わりの深夜が稼ぎ時となります。遅刻しそうで急いでいたり、終電を逃し楽をして帰りたい人を乗せれば収入も上がるはずです。

ハイヤーの運転手になることも手段の一つ

タクシーの営業では、常に金払いの良い乗客を見つけられるわけではないので、収入はあまり安定しません。安定した収入を希望していたり、乗客の見極めが苦手な人は、専属ドライバーとしてハイヤーを運転するのも選択肢の一つとなります。

どちらも乗客を無事に目的地まで送り届ける仕事ですが、ハイヤーの場合、役員などより重役の方を会社に時間通り到着させる必要があります。よって、運転能力や周辺地理の理解、接客能力が必要になるため、これらについての教習や試験を行うタクシー会社も存在します。以上のように求められるものも多いですが、勤務時間に無理がなく安定した収入が見込め、全体の給与平均もタクシードライバーより高くなっています。最初のうちは、冠婚葬祭や会食、ゴルフなどの送迎で経験を積み、会社役員や社長の通勤などで定期的な送迎を行うようになります。専属ドライバーに指名されるようになると、特定企業の役員車の代用として、同じ乗務員と車両で送迎を任されます。

上記のように、専属となるための道のりは長いですが、タクシー乗務員としてある程度経験のある方であれば転職も視野に入れてみると良いでしょう。

タクシードライバーは入社時は資格なしでも働ける!意外と高収入で儲かる仕事

タクシードライバーは入社時は資格なしでも働ける意外と高収入で儲かる仕事

タクシードライバーは入社時は資格なしでも働ける意外と高収入で儲かる仕事
転職したいけれど資格も無いし…、このまま今の仕事を続けるも辛い…。
転職にあたり、そんな悩みを持っている方は多くいることでしょう。
本当に資格が無いと転職には不利なのでしょうか?
ここでは、資格なしでチャレンジ出来る業界を紹介していきます。

資格なしで狙える

経理なら簿記、不動産なら宅建など、持っていることがアドバンテージになる職種であったり、
看護師資格のように、持っていないと就くことが出来ない仕事もあります。
それでは、資格なしでチャレンジ出来る仕事とは、どんなものがあるでしょうか?
代表的なところでは、ドライバー職が挙げられます。
国民皆免許時代と言われる現代では、運転免許の所有率は非常に高い水準で推移しています。
自動車の運転はもちろん、身分証明書として取得した方も多いでしょう。
特に資格をお持ちでなくても、この自動車免許さえあれば出来るのがドライバー職です。

タクシードライバー

ドライバー職の中でも、特におすすめしたいのがタクシードライバーです。
過酷と評されることの多いタクシードライバーが、なぜおすすめなのか。
タクシーに乗務するには、二種免許の取得が必須となります。
「結局資格がいるのか!」
そう思った方はご安心下さい。
多くのタクシー会社は、二種免許取得を会社が支援しています。
一部会社負担っだったり、全額会社負担だったり色々ありますが、
どうせなら0円で資格が取れたらうれしいですよね。
そして、さらにおすすめしたい理由は
ワークライフバランスが取れていることと、意外に稼げるということです。

意外と高収入な職業

タクシードライバーの給与体制はどのようになっているのでしょうか。
一般的なのは、固定給+歩合給。
固定給は保証された上で、売上に応じて歩合が発生するシステムです。
良心的な会社では、売上の上がりづらい新人時代を支える意味で
保証給制度を整えている会社もあります。
7年連続業界売上を誇る日本交通では、
入社3ヶ月間は40万円の給与保証があるそうです。

意外と知らない儲かる仕事

売上が多いほど歩合給も多くなる。
ということは、より売上を確保できるタクシー会社で働けば、
非常に儲かる仕事であるということです。
先ほど例に挙げた日本交通では、4ヶ月目以降のお給料は
月給18万2000円+歩合+手当 だそうです。
ベテランドライバーの方々は、700万円以上を稼ぎ出すとのこと。
最高年収はなんと790万円!
他の仕事でもなかなかこの高年収は実現しにくいのではないでしょうか。
二種免許の取得も全額会社負担なので、ノーリスクで始めることが出来ます。

東京都で残業なし、定時帰宅可能な正社員転職情報の1つをまとめました

東京都で残業なし、定時帰宅可能な正社員転職情報の1つをまとめました

長時間労働が社会問題として取り上げられている今、労働時間は仕事をする上で大切な要素の一つです。
残業なしで定時帰宅が出来る仕事には、どんなものがあるのでしょう。

残業なしの求人

そもそもこのご時世に、残業なしの仕事なんてあるの?
残業なしとは名ばかりで、サービス残業がまかりとおってるんじゃないの?
そういう会社ばかりが目に留まってしまいますが、本当に残業なしという求人も実は多いのです。
たとえばタクシードライバー。
夜通しの運転で大変なイメージが先行しがちですが、調べるととても働きやすいというのがわかります。

定時帰宅可能

東京都で残業なし、定時帰宅可能な正社員転職情報の1つをまとめました
タクシードライバーは、乗客の安全を預かるお仕事。
だからこそ、ドライバーの働き方は法律でキチンと管理されています。
勤務時間、勤務日数を管理して働きすぎを抑制。
業界最大手の日本交通を例に取ると、法定外の残業を一切禁止しているほどです。
安全に運転することがサービスの根幹なので、
無理して働いて事故を起こさないことが大切です。

正社員

非正規雇用の比率が上がっている今だからこそ、正社員にこだわりたい!
そう思う方こそ、やはりタクシードライバーは魅力が沢山の仕事と言えるでしょう。
『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』
これは前述の日本交通 創業者の言葉です。
ドライバーが長く、安定して働ける環境を実現、高い品質の維持をすることが
会社、業界の発展に不可欠であることの現れです。
正社員として末永く活躍出来る環境を選びたいものですね。

転職情報

それでは、多くのタクシー会社の中で特にオススメしたいのはどの会社でしょうか。
やはり、業界最大手の日本交通にほかならないでしょう。
7年連続業界売上No.1と業績はピカイチ。
専用アプリは300万DLを超え、乗車率はアップ。
都内42箇所の専用乗り場の設置で、売上もしっかり上げることが出来ます。
売上が上がれば、もちろんお給料にも反映されます。
また、従業員の働きやすい環境づくりも特筆すべき点です。
従業員の健康配慮への取り組みを評価され、タクシー業界初の健康経営格付を取得など、
労働環境の整備は折り紙付きです。
離職率の低さが高い接客力へと繋がり、
評判が上がることで売上・お給料も上がる。
理想的なサイクルの中で新たな一歩を踏み出すことは、
あなたのキャリアにおいても非常に有意義なものになるでしょう。

東京都のタクシー転職で失敗しないために知っておく転職情報

東京都のタクシー転職で失敗しないために知っておく転職情報

都内の交通インフラの一端を担うタクシー。
普段利用はするけれど、転職先としてはどうなんだろう?
転職という大きな節目、検討は慎重になりますよね。
ここでは、タクシー業界へ転職した方々の失敗談や、原因についてまとめてみました。

失敗のお話

タクシー業界に限らず、転職で失敗したと思う理由は、

 ・求人広告の内容に騙された
 ・人間関係に悩まされた
 ・残業続きの長時間勤務
 ・休みが少なく体力が持たない

などが挙げられるでしょう

残念ながら、無数にある求人広告の中には、誇大広告スレスレのものも少なくありません。
おそらく、転職に失敗したと感じる方は「騙された!」なんて思いをしていることでしょう。
しかし、「いいことしか書いてないから、この求人はウソだ」と決めつけてしまうのも、
折角のチャンスを潰してしまいかねません。

タクシー転職で失敗した人・後悔した人

東京都のタクシー転職で失敗しないために知っておく転職情報
それでは、タクシー業界はどうでしょうか?

失敗した方の声を聴くと、
 ・体力的にしんどい
 ・思っていたより稼げない
 ・人間関係が良くない
 
裏を返せば、この反対の会社を選べば失敗しないということです。

失敗しない方法

タクシー業界への転職で、失敗しない方法はただ一つ!
いい会社を見極める、この一点に尽きます。

「それがわかれば苦労しないよ」
なんて声が聞こえて来そうですが、良い会社には共通点があります。

1.会社の規模が大きい
2.街中でよく見かける
3.企業HPがしっかりしている
4.様々なサービスを提供している

まず1.と2.ですが、当然規模が大きくなれば、当然街中で見かけることが多くなります。
街中で見かけるということは、それだけ利用されている=サービスが良い、ということです。
良いサービス為には、きちんとした研修体制が不可欠です。
キチンと社員教育をしている証とも言えます。
そして、顧客の支持は売上に反映され、お給料にも直結する重要な要素です。
3.4.については、旧態依然の会社かどうかを見極める指標になります。
いまだに一昔前っぽいHPを使っている企業は、体制も古臭い可能性が高いです。
また、タクシーという枠にとらわれない新サービス、たとえば観光や介護など、
従来のタクシーとは違ったアプローチでサービスを提供する会社は、先見の明がある会社と言えるでしょう。

すぐに再転職してもよいの?

転職をしてはみたものの、ギャップを感じてすぐに再転職しても良いものでしょうか?
答えはNOです。
もちろん、転職は個人の自由ですが、一般的にはあわてないほうがよいということが多いです。
企業側からすれば、採用した人がすぐに辞めてしまうリスクは避けたいと考えます。
あまりにも職を転々としすぎていると、職歴を見た段階で選考から落とされてしまう可能性が高まります。
だからこそ、はじめてのタクシー会社は、慎重に選ぶ必要があるのです。
そこでオススメしたいのが、業界最大手の日本交通です。
都内で見かけない日はないほど、街中を走り続けています。
観光タクシー、キッズタクシー、介護タクシーなど、様々なサービスを提供しているのも魅力。
プロポーズタクシーなんてサービスも企画しているとか。
最大手であり、ベンチャースピリットを持つ日本交通なら、
新たなキャリアを安心して始めることが出来るでしょう。

英語や中国語のスキルも活かせるタクシードライバーの仕事

英語のスキルや中国語のスキルを活かして仕事をしたいという人が増えています。広くとらえると、たくさんの仕事があります。ただ、自分がどのようなスキルを活かしたいのかによっても就くべき仕事が変わってくると思います。今回は、英語や中国語等の外国語を自分の思うように活かして伸ばしていくにはどうしたら良いのかを考えていきたいと思います。

外国語はツールでしかないという認識を持つ
英語のスキルや中国語のスキルを活かして仕事をしたい人は、この認識が無い人が多いです。例えば、英語が話せるというだけで製品知識や交渉スキルが無かったとしたら使い物になりません。英語が話せるから、他が何もできなくても英語を活かせる仕事に就いたら成功出来るというのは残念ながら、今の世の中ではほとんどありません。昔は、外国語ができる人が少なかったこともあり、それだけで重宝されるところがありました。今は、外国語を使って何ができるのかがポイントになることが多いようです。ちなみに、「私英語できるんです」という雰囲気を出しすぎると、日本の職場ではあまり良い顔をされないことが往々にしてありますので注意が必要です。本当に出来る人は、あまり自分から誇張することはありません。

外国語のどの力を伸ばしたいのか
これから仕事を通じて外国語のスキルを学んでいきたい人にとっては、外国語のどのスキルを伸ばしたいのかを明確に考えておくと良いです。それは、書く力なのか話す力なのか、読む力なのか。話せるように、コミュニケーションが取れるようになりたい人が、英文事務等の仕事でひたすら経験を積んでも、多くの場合は遠回りになってしまいます。

ネイティブスピーカーではない人の方が多いという事実
世の中には、自分と同じようにネイティブスピーカーではない人が外国語として英語や中国語を話しているケースが多いです。特に、アジア地域を相手に仕事をしていくことが多くなっていくと思います。自分が思い描いていたネイティブスピーカーとの仕事、というケースはそれほど多くないかもしれません。金融、IT、教育、サービスに至るまで、人口が多く発展途上のASEANをビジネスチャンスとしています。ネイティブの方以外と外国語で話をした経験や話を聞いた経験がどれだけあるでしょうか。インドや、ベトナム、中国の英語は、アメリカ英語に耳が慣れていたとしても、上手く聞き取ることができないという声をよく聞きます。発音、文法も気合でぶつけてくるので間違っていることも多いです。意思疎通ができてコミュニケーションが成り立てば関係ないという認識をもっている人も多いのです。本当の意味で国際人になりたいという方は、いわゆるアメリカ英語・イギリス英語だけでなく、もっとたくさんの国籍の人が話す英語を聞いてみる経験が必要になってくるでしょう。

タクシードライバーは英語や中国語のスキルも活かせる仕事
前述のように、様々な人と話す経験が本当の意味で国際的な人材を創ります。タクシードライバーは、意外に思われるかもしれませんが英語や中国語のスキルも活かせる仕事です。近年、都内を訪れる訪日外国人はどんどん増えています。もちろんその中には、ネイティブスピーカーの方ばかりではありませんし、時には日本について色々な事を聞かれることもあるでしょう。そういった、生活に密着した活きた外国語を話していくことが経験になります。また日本交通池袋なら、観光ドライバーという道もあります。予約のあった旅行の方を、スキルがあれば外国語でおもてなしをすることができます。想い出に残る一日を創って感謝の言葉を頂けた時には、本当にやりがいを感じるそうです。日本交通グループでは、働きながら介護・福祉に関する資格や東京シティガイド検定などの資格も取得することができます。また、そこで得られた運転スキルや接客スキルは一生モノです。

都内のタクシードライバーってどれくらい稼げるの?

稼ぐドライバー

タクシードライバーの中でも稼げる人、稼げない人がいます。

もちろん、タクシー会社に限らずどんな仕事でも向き不向きやタイミングがあるので、どんな人にもチャンスはあります。
タクシードライバーがどうやってお金をもらっているか。どうやって稼いでいるか、給与の基準になるものを知りましょう。

いくら稼げるの?

タクシードライバーの給料を考えるときによく言われるのが平均営収(へいきんえいしゅう)です。

タクシードライバーの多くは歩合制での給与スタイルです。

固定給ではないので、「いくら稼ぐことができるのかわからない」という気持ちが転職する時には不安になります。

平均営収(へいきんえいしゅう)ってなに?

いわゆる営収(えいしゅう)と呼ばれるものです。

東京都内の平均営業収入は、東京特別区は約47,000円、東京都の特別区外エリアで約44,000円です。

もちろん、100,000円を超える営収の人もいるし、
低い人は730円や2,000~3,000円の時もあります。

上記を含めて、全ての平均なので「目安」としてとらえてください。

効率良く稼ぐには?

「乗車いただく回数をできるだけ増やす」こと。

お客様にご乗車いただかないと営業が始まりません。

駅に付けて時間を浪費したり、
どこかに車を止めて寝たりサボったりしていたら営収が上がらないのは当然のことなんです。

もちろん、営業回数を上げるために努力は必要ですし、適当にやっていてできることではありません。

お客様にご乗車いただく回数をしっかり増やしていれば売上を上げることはできます。

自動車免許を履歴書に書く時のマナー

ドライバーの方が面接に行く時、自動車免許の書き方に迷うことがあると思います。意外と知らない、自動車免許を履歴書に記載する時に気を付けたいポイントや注意点について確認していきます。今回は、一番該当する方が多い普通自動車免許についてご紹介いたしますので、履歴書の作成の際にも是非参考になさってください。

 

免許の種類を、要確認

2007年6月1日以前に普通自動車の運転免許を取得した人は特に注意してください。ご取得した免許の種類が変わっています。お気づきの方もいるかもしれませんが、更新のタイミングで表記が「中型」に変わっています。これは、2007年6月1日の道路交通法改正によって普通自動車の分類が変わった事が原因です。これ以降の新しい普通自動車免許を取った方は、運転する車の制限が5トン車までになっています。ただし、それまでに普通自動車免許を所持していた方は、8トン車まで運転することが出来ます。
履歴書への記載の方法は、免許を以前に取得していて免許証に「8tに限る」という文言がない場合「中型自動車免許」と記載しましょう。タクシードライバーの面接などで、2種免許ではないとわかるように区別したいという時は、「中型自動車第一種運転免許」と記載しても良いでしょう。

オートマ限定は記載するべきか
結論から言うと、職種によるのではないかと思います。営業職で日常的に車を使う、ドライバー職、募集要項にマニュアル所持の条件がある、等の仕事を受ける場合以外は、オートマ限定で不利になることはあまりないでしょう。ただし、絶対とは言い切れません。不利になる可能性のあることを自ら記載してアピールすることも無いので、必要が無ければ書類で記載せずに、聞かれたら答えるという程度で良いと思います。

ドライバー職の面接のときには記載忘れに注意
ドライバー職志望の場合は、免許の所持が必須要件である場合も多いでしょう。記載忘れをすると、書類選考で落ちてしまうということにもなりかねません。書き終わった後、必ず漏れが無いか確認しましょう。第2種免許は、旅客を乗せての運転に必要な免許です。「第2種」表記は正式には漢数字の「第二種」が正しいそうです。既に第2種免許を所持している方は「平成○○年○月 普通自動車第二種免許 取得」と記載しましょう。

運転免を複数持っている場合の記載方法
履歴書では往々にして言える事ではありますが、運転免許は古いものから全て書くことが一番理想です。ただ、車が好きでドライバー経験が長かったりする場合には、書ききれないほど複数の免許を持っていることもあるでしょう。そんな時は省略しましょう。二輪、四輪、特殊に共通して、すべて大きい方の免許を記載しておけば伝わります。大型の免許を持っていると書けば、普通車と両方運転できると言う認識で受け取ってもらうことが出来ます。
履歴書を出す企業がドライバー職ではない場合によくあるケースですが、たくさんの資格を持っていて何を記載すれば良いか分からない時には、その職業に関連の深いものから記載していくようにします。履歴書の免許・資格欄は行数が少ないこともあります。もし運転免許の他に関連のある大切な免許・資格がある場合は、そちらを優先して記載しても良いでしょう。

募集要項 給与・勤務条件の見方

募集要項

タクシー会社には、給与保証や家賃手当以外にも、入社祝い金や二種免許負担金などの制度が設けてあります。
遠方から転職される方も多いので、寮がある求人内容や、事故保障、カーナビ設置など他にも諸条件が用意されています。

入社祝い金支給

入社時に企業より支給されるお金です。入社祝い金の他に、転職祝い金、入社準備金、転職準備金などと呼ぶ場合があります。

給与保証

タクシーは歩合制であるのに対し、この制度のある会社は、一定期間の収入を固定給料として支払ってくれます。企業によっては、保障期間中に稼いだ額が保障給を超えた場合、額面の多い方が支給されます。

二種免許費用負担

タクシードライバーに必須な、二種免許の取得費用を企業側が負担します。

日払い・週払いあり

研修中の日払いや週払い対応が可能な会社

寮完備

自社、借上げにて寮制度のある会社

賞与あり

賞与の支給がある企業。AB型賃金の場合は、毎月のお給料からプールされた分を支給される

年金基金あり

年金基金への加盟が可能な会社

退職金制度あり

退職金制度がある会社

事故保障あり

乗務中(営業中)に起きた事故について、免責などを設け、乗務員の自己負担額を低減するなんらかの救済制度のある企業。(制度の内容、規定については各社の規定に基づく)

カーナビあり

カーナビゲーションを搭載した車両を保有している企業

ETC車載機あり

ETC車載機を搭載した車両を保有している会社

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーを搭載した車両を保有している会社

日勤あり(昼・夜)

昼日勤、夜日勤の勤務体系がある会社

勤務地複数

勤務地(営業所)が複数あり、入社後に異動が可能な会社

ハイヤーあり

ハイヤー車両を保有している会社、またはハイヤー運転手への転職・ステップアップが可能な会社

マイカー通勤可

マイカーでの通勤が可能な会社

徒歩10分以内

最寄りの駅から、徒歩10分以内にある会社

電話面接可

電話での面接が可能な会社

出張面接可

地方の方からの応募に対し、出向いて面接を行う会社

クラブ活動あり

クラブ活動がある会社

年金受給者歓迎

年金を受給しており、定時制や嘱託で働きたい方を歓迎

女性歓迎

女性の受け入れ体制があるや、女性が活躍している会社

40代の転職、理想の職場に出会えた話

日本交通池袋

40代の転職で、苦労しながらもベストな道を選ぶことが出来た44歳の女性の体験談をご紹介します。

転職するまでの苦悩
40代半ばの44歳、それなり年齢的に経験値を積んできました。そして結婚して専業主婦になりました。その後別居をして、離れていた社会に再び復帰しました。その時の職場では経理を担当しました。44歳の私が若手の環境で私を含め先輩と2名で経理室に隔離されている状況でした。
その先輩と折り合いが合わず、鬱病に近い状態にまで追い込まれてしまいました。そんな酷い状況の中、私は転職を考えました。私はかなりポジティブな人間でひどい状況でも平気なタイプですが、知らない間に疲弊していたようでした。

女の世界はストレスが多い
女性
前の職場は年齢層が高く、中心が「女子」なので、まるで映画かドラマのような世界が繰り広げられました。
ランチは会議室で女子全員で食べ、取引先からのお土産等々は、まず査定会議みたいになりました。「これはいくらいくらよね!」とか、「またコレ?」という会議があります。集団心理で、いただいた物は自分が美味しいと思っていてもあれこれと文句を言いながら食べないといけない、という流れが怖いなと思っていました。集団に外れてはいけないプレッシャーを感じていました。ですが、私はどんな状況でも「大丈夫」と思っていました。44歳という年齢で、就職先がすぐ見つかるのかという不安が社会人生活を支えていました。

40代女性の転職は不利だった
つらい状況で考えたのは2職種でした。同じ経理職と興味があったエンジニアです。ただ、40代で経理職なら、実務は当たり前、簿記3級も当たり前というところがほとんどです。簿記を取得していない、40代という年齢に年齢給を出さなければならない、大変厳しい状況でした。比較的安く雇える若手、実務経験が無くとも育てる価値がある人材を採用するわけで私は問題外でした。
エンジニアも考えましたが、未経験歓迎!なんて文句は若者に向けた言葉で、育てても対価が取りづらい世代は採用には至りませんでした。片っ端から受けましたが落とされてしまい、40代の女性の転職は本当に厳しかったです。

40代の転職で求める条件
多くの職場にある価値観は、若くて比較的賃金安くて会社好みに育てられる人材重視ということだと感じました。40代になると、ただがむしゃらに働くのは体力的に厳しかったり、アルバイトだととても不安が大きかったりします。長く出来る安定した仕事がしたいというのがこの世代の就活の1番大切な核ではないでしょうか。ただし、その1番大切な所を求めるのが難しいのがこの世代でもあります。私だけではなく、同じように苦しんでいる人は沢山いると思います。

40代の転職で活躍できる職場
女性
私が、最終的に見つけた職場は日本交通グループの池袋営業所でした。きっかけは、転職サイトに登録していて、仕事紹介のメールを頂いたことでした。最初は、私にタクシードライバーができるのかと不安が大きかったですが、面接を進めるにつれて、年齢や学歴などの表面的な事ではなく、自分の内面や今まで生きてきたことを評価して頂いている気持ちになって不安が消えていきました。入社してみて、女性に対する配慮や施設・設備も充実していて働きやすいと感じています。
昔の職場で感じていた女性の職場特有のストレスも皆無ですし、実は収入も前職に比べて増えました。タクシードライバーという仕事に就いて、年齢や学歴などの表面的なことではなく内面を見てくれた理由が分かってきました。お客様は、色々なバックグラウンドを持ってタクシーに乗車されます。自分自身の経験から、個性のあるサービスをそれぞれが考えていける仕事だと思います。ここにたどり着くまでに苦労しましたが、自分が求めていた長く出来る安定した仕事、楽しくできる仕事に、やっと巡り合えたと思っています。