タクシー運転手で高収入を稼げる人の特徴は

タクシー運転手で高収入を稼げる人の特徴は

タクシー運転手の給与は歩合制が大きな部分を締めています。基本給もあることはありますが雀の涙ほどであり、しっかりと仕事をするのであれば完全歩合制の仕事をしているのと同じ感覚で行うべきです。
全国的に言えば売り上げの50%が給料として支給されるところが多く、東京都内などでは売り上げの60%前後が給料として支給されるのが多いです。
タクシー運転手は、年収が高い人・低い人の差が激しく、稼げる人間と、稼げない人間がいます。稼げる人は年収600万以上貰える人がいる一方で、年収300万に満たない人もいます。

タクシー運転手として都内で稼げる人、稼げない人の違い

タクシー運転手の立場に立って考えると、一番大事な事は、売上をあげるという事です。売上をあげるという事は、多くのお客様に貢献した証拠でもあり、自分の給料も上がるため、双方にとって一番重要な事です。
売り上げを上げる為の要素として考えられる事は3つあり、情報/考え方/根気が挙げられます。タクシー運転手で稼げる人というのは、効率よく自分を仕掛けられる人となります。

情報
タクシー運転手は、どこにお客様がいて、何時から何時までの間にどこ辺にいるのかというのを知っているというのは非常に強力な武器になります。実際に全然稼げなかった運転手にお客さんがいるポイントを伝えるだけで売上は劇的に向上します。情報を知っているというのは、どこに行けば売上をあげられるのかという事に対しての答えを知っているのと同じです。

考え方
2番目は、立ち回りが重要で東京などの都市は広い仕事場所を使って仕事をするため、立ち回りによって売上が変わるのは当然です。つまり効率的に仕事をするための考え方を身につける事が必要になります。

根気
いくら考え方がわかっていて客が乗ってくる場所などの情報を知っていたとしても、やる気や根気が無い方は絶対に稼ぐ事はできません。タクシー運転手は、1人で行いながら、常にお客様がいるポイントを考え動き、それ次第で売上の結果を大きく左右するためこういったことを楽しめる方はタクシーに向いていて、必ず稼げるようになります。

タクシー運転手はベンチャー志向の若者向けの職業

タクシー運転手の平均年収は275万円と決して高くはないですが、中には年収1,000万円を稼ぐ勝ち組もいます。そもそもの収入の仕組みは、低い固定給+歩合制という給与体系で、年齢に限らず若くても年配でも歩合は一緒の成果主義となります。
月50万ぐらい稼ぐ人は全体の3%ぐらいしかいないそうですが、普通のサラリーマンと同等またはそれ以上稼いでいる方も多くいます。有名なところだと、直木賞作家の志茂田景樹さんの息子さんの下田大気さんがタクシー運転手をしていて、彼の年収が800万円だそうです。

現代は不況でお客様の乗車率が減少したり、競争相手が多過ぎて儲からないとの話もありますが、どの業界においてもキチンと努力をする人には、相応の結果がついてきます。年齢や性別は関係はなく、タクシーの仕事に真面目に取り組んで仕事のやり方を真剣に考えて走っているプロの運転手は、ちゃんと稼げています。

高収入の夢をタクシーで実現するには

成果によって得られる仕事というのはこれだけ大きく差が開くものであり、自分の成果以上の報酬は得られないのが当然ともいえます。ですが見方を変えてみれば、それだけの能力さえあれば高い賃金が見込める仕事であるともいえるはずです。

タクシー運転手で高収入を稼ぎたいという、明確な意思を持って転職された方はそのため日々コツコツと努力をすることが大事です。妥協せずに毎日、努力を継続し、満足することなく技量の向上を求めることができるというこれも一種の才能であり、最終的に結果を出し続けることが出来る人になります。何がなんでもという想いがあるからこその原動力があります。

こういったタクシー運転手だと、短期間で目標の金額を達成することができます。そしてそれが給料明細でダイレクトに反映されるため、諦めなくてよかった、転職してよかった、こんな自分でもやれるという自信にもつながり、今後さらに営業収入も比例して上がってきています。

タクシー運転手でホワイト企業の勤務体系

タクシーの運転手は完全に成果報酬なので、若いドライバーの方が絶対に稼げぐことができます。そのため多くのタクシー会社から高収入を目指すのであれば、歩合率60%以上のところであれば確実に高歩合で稼げるということになってきます。
但し、いくら高歩合であっても結局は、各自の努力次第だが基礎が高い方が飛躍する楽しみも大いにあると言えます。そのため意識を高く持っている運転手が多いと、他の皆も自然と上を目指すようになっていきます。稼げる理由にはそこの部分も関係があるでしょう。
そして収入が良くてもタクシー運転手は体が資本のため、勤務形態でお休みが取れなかったり福利厚生がひどい会社であれば長く続けることが難しくなります。それを全てクリアすると、理想とするホワイト企業と言えるでしょう。

おすすめのタクシーの配車アプリ3選

おすすめのタクシーの配車アプリを3つご紹介

東京に住んでいると、街中でタクシーを拾えなくて困ると言うことはほぼありません。流しのタクシーがいたるところに走っています。
ただ、終電を乗り逃がしてしまったり、予定外の飲み会で運転できなくなってしまったという状況で、タクシー乗り場行くと長蛇の列ができていた…あとは街中でタクシーを拾ったら、接客がとんでもなく悪いタクシー運転手に出くわして不愉快な思いをした…そんな時の強い味方が「タクシー配車アプリ」です。
現代の必需品といえるスマホで、あなたのいる場所まで、タクシーがお迎えに来てくれるのです。今回はおすすめのタクシーの配車アプリを3つご紹介していきます。

そもそもタクシーを使うとかなりお金がかかるのでは?

タクシーを利用すると高い代金を払うイメージを持っている方いると思います。ですが、東京は近距離でも電車の乗り換えが多い場所も数多く存在します。そのため、例えば6人乗りのバンに通常料金で乗れるタクシーを配車すると、タクシーの方が安くなるとか普通にあるのです。電車移動しか考えてない方も、大人数の移動の際は、タクシーという選択肢を持っておくと便利です。

タクシー利用を楽しみたいなら「Uber」!

Uber(ウーバー)はアメリカ発の配車アプリです。本来は、タクシー配車ではなく、ドライバーと利用者をマッチングするサービスです。最大の特徴は一般ドライバーがUberに登録して、カーシェアリングする「UberPop」です。日本を含む多くの国で規制の壁があり、普及は難しいようです。

Uberを利用するメリット

1、接客レベルが総じて高く、快適!
ハイヤー業務のドライバーなので、道にも詳しく、接客も丁寧です。

2、降車時の支払が不要!

3、ドライバーと直接連絡がとれる!
配車センターを通さずに連絡できるので、待ち合わせで行き違うことがありません。

4、迎車料金、割増料金が不要!
一般タクシーより2~3割高い料金設定なので、トータルではあまり変わらないと思います。
大人数でバンを利用すると、電車より割安になる場合も。

5、車種を選択できる(プレミアムTAXI)
トヨタクラウンロイヤルシリーズ、BMW 7シリーズ、バンをなどから選択できます。

スマホユーザー必須のLINEからの「LINE TAXI」

ご存じ、LINEの新機能である「LINE TAXI」。2015年1月から東京版(23区内・三鷹市・武蔵野市)のサービスを開始しました。東京版でのリピート利用率は34%、さらにその半数近い15%が3回以上利用しているそうです。現在ではサービスエリアを22都道府県まで拡大しています。LINE Payを利用していれば、追加のアプリインストールやセットアップは一切必要ありません。

1、LINEの画面から、「LINE TAXI」を開きます。
2、GPS機能の利用や建物情報の入力を行乗車位置を指定します。

最短の場合、たったこれだけの操作でタクシーを呼ぶことができます。メーター料金に各タクシー会社が定める迎車料金を加算した金額が、LINE Payを通じてクレジットカード決済されます。

【 注意 】
料金の支払いは「LINE Pay」での決済のみです。事前に「LINE Pay」アプリのインストールとクレジットカードの登録が必要です。

LINE TAXIを利用するメリット

1、待ち時間のイライラを解消する工夫!
配車までの待ち時間、タクシーの現在地がアプリ上に表示されます。

2、依頼する前に迎車料金が表示される!
依頼前に迎車料金が表示されるので、慣れない人にもわかりやすいです。

3、業界でも指折りの配車対象台数!
東京版の配車対象は日本交通の3,340台。
全国では日本交通の提携先129グループの約23,000台が配車対象です。

普段はタクシーを利用しないのに、配車アプリのインストールからだと正直少し面倒ですよね。そんな方には専用アプリをインストールする必要のない、LINE TAXIがオススメです。

57.7%の人が利用中!日本交通の「全国タクシー配車」

全国タクシー配車は、日交データサービスによるタクシー配車アプリです。全国47都道府県、タクシー会社135グループ、約2万台が配車可能です。

全国タクシー配車を利用するメリット

1、日本全国、どこでも使える!
全国47都道府県の主要都市で利用できます。

【要注意】
エリアごとに配車台数やサービスに多少の差異はあります。

2、決済方法が選択できる
クレジットカードを事前登録すれば、手続き不要のネット決済機能が選択できます。
車両の対応状況はアプリ上で確認できます。

3、「料金検索」機能で事前に金額がわかる
区間を指定すると、最適ルートと概算料金が表示されます。

4、「空港定額」サービスで快適な旅立ちを!
事前予約で空港までの送迎を定額利用できます。
対象:羽田空港、成田空港、新千歳空港、中部国際空港セントレア

全国47都道府県の主要都市で利用できます。出張で国内各地に出向くビジネスマンの方や、旅行先でタクシーを利用したい方にとても便利です。飛行機で移動する際には空港定額サービスがお得です。料金検索も土地勘のない地域でタクシーを利用する際には役立つ機能です。

タクシー運転手は未経験でも正社員として働ける

タクシー運転手は未経験でも正社員として働ける仕事

近年、働き方が多様化し、フリーターや派遣社員として働く道もありますが、長く働いてきたいと誰でも一度は思うでしょう。そういった点で、安定を求めるならやはり「正社員」を目指したいところです。
その一方、未経験だと正社員として働くのは難しいのではないかと考えている人は多いはずです。実は未経験でも、正社員になりやすい職業は意外とあります。その中でもタクシー運転手は、一定条件をクリアしていればどんな方でも目指せる職業なのです。

正社員で働くメリット

タクシー運転手として、正社員で働くメリットは、定年まで期限なく働くことができることです。大半のタクシー会社では、売り上げによって変わる歩合給制を取り入れていますが、一般的には基本給として一定の収入額が保障されているので、安心して仕事に従事できます。
勤務時間に余裕を持つことができるため、無理のない運転を行うことができ、場合によって収入を得るチャンスを増やすことも可能となります。更に大きなメリットは、社会保険の加入です。月8乗務以下の場合には加入することができない社会保険に、月9乗務以上の正社員である運転手は加入することが義務付けられています。

正社員でも安心の教育体制がある

普通の一般企業であれば、転職で未経験でも1人なためやりながら覚えると思います。ですが、タクシー業界は未経験者はじっくりと1ヶ月間の研修制度を設けている会社は大半となっています。一種免許を取得している方だと、二種免許取得のために約10日間、会社指定の教習所に通うことになり、会社によっては免許取得費用が全額負担のところもあります。
その後は運転、接客、地理、タクシーの周辺機器などについて、基礎から丁寧に指導があり、添乗研修を終えたのちに晴れて初乗務に至ります。ただし初乗務も、各営業所の班長や先輩乗務員がサポートがあるので、きちんと段階を経て着実に成長する体制が整っているのです。

入社すると祝い金がもらえて、月40万円保証があるの?!

タクシー運転手の求人広告や会社HPをみると、入社祝い金の特典がつく企業もあります。「お金に困って、転職できない」「就職したけど、お金がなくて引越しできない」と困っている方にはとても嬉しい制度といえます。また入社して初めの3ヶ月間は40万円の月給が保証されるという会社もあります。正社員雇用のタクシー運転手の平均営業収入は東京都内だと約5万2000円です。
その内、約60%が歩合で取り分になるため、1日3万円、仮に12乗務した場合、月収は37万円になります。入社祝い金や入社3ヵ月間の給与保証があったとしても、長く勤めていくのであれば入社するタクシー会社が本当に稼げる会社なのかという点もみておくと良いでしょう。もちろん稼げるか稼げないかは、自分の頑張り次第にもよりますが目先の収入に惑わされないことも大事です。

未経験で正社員として働くこと

転職が当たり前になりつつある現代は、未経験者で正社員として働くのはそう難しいことではありません。「経験がないから…」と最初から諦めるのではなく、自分の持つ力を活かした職に就けるよう、正社員登用を目指して頑張りましょう。

タクシードライバーの仕事は残業なしで働ける?

タクシー業界は残業なしは出来るのか

未経験でタクシードライバーに転職を考えている人の中には、「1日中走り続けるのは体力的に不安だ」と思っている人もいると思います。
実際にお客様を乗せて運転するので、人の命を預かる仕事ともいます。そのため、安全運転と過労防止を目的に労働時間や労働条件が規制されており、長時間勤務はありません。
タクシードライバーの収入の大半は歩合制ですが、労働時間が規制されていることから、長時間働いて稼ぐという方法は出来ないので、規制された時間内で稼ぐ必要があるのです。

タクシードライバーの勤務形態をおさらい

前回、『タクシードライバーって、土日休みは取れるのか』という記事でも詳しくご紹介しましたが、タクシーには、大きく分けて以下の3つの働き方があります。

昼日勤:昼間だけの勤務
夜日勤:夜間だけの勤務
隔日勤務:昼も夜も働く勤務

厳しいルールがある?

勤務形態には、それぞれ厚生労働省より厳しい勤務時間に関するルールが定められています。例えば昼日勤と夜日勤の場合、月間で299時間、隔日勤務の場合は月間で262時間の拘束しか認められておらず、どこのタクシー会社であっても、原則これを超えてタクシードライバーを勤務させることは出来ないのです。
また、隔日勤務の場合には、1乗務あたりの拘束時間は21時間以内と決められており、1回乗務を終えると20時間以上の休息を取ることが義務付けられています。

残業時間についてもっと詳しく

一般企業はサービス残業などいう習慣がまだありますが、タクシードライバーの場合は、厚生労働省からの指導で一か月の拘束時間は262時間以内となっており、1回の勤務での拘束時間は、最大で21時間、21時間拘束したのちには、27時間の休憩が必要と決められています。
一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の資料によると、直近の平均月間勤務時間は196時間、ここ数年月間勤務時間は200時間前後を推移しています。一般企業で例えると、残業時間が30~40時間というレベルになります。労働時間や拘束時間については、超過すると国土交通省関東運輸局がタクシー会社の営業停止処分を下すケースも出ていることから、業界全体で勤務体制改善の取り組みがされています。

タクシー業界と残業

タクシードライバーは、お客様を乗せて安全に目的地まで運転することが最も大切なことです。疲労を蓄積して事故を起こしてしまうことを避けるためにも、上記に挙げたように厚生労働省からの指導で勤務できる時間が厳密に決められているのは未経験からタクシードライバーを目指す方にとっては安心材料だと思われます。
拘束時間や休息時間が厳しく決められているタクシー業界は、実は残業が少なく、スケジュールも立てやすいため、働きやすい職場と言えます。

タクシードライバーは、土日休みは取れるの?

タクシードライバーは、土日休みは取れるの?

未経験からタクシー会社でタクシードライバーとして働きたいけど、世間的なイメージから”お休みってきちんととれるの?” “休日ってどういう仕組みなってるの?”という不安はあると思います。

タクシードライバーのお仕事は、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や勤務日を選ぶことが可能です。
一見、制約が厳しそうな職業に見えるかもしれませんが、実は自身の時間を有効に使うためには、最適な職業と言えるのです。

タクシードライバーの勤務形態とは

代表的なものは3つに分けられています。

≪日勤形態≫
通常のサラリーマンと同じ、9時に出勤して夕方頃まで働く勤務形態です。
昼間の運転がメインとなるため安全確認がしやすく、道を覚えやすい点がメリットです。
生活リズムが崩れにくいため、タクシードライバーになりたての未経験の方はあまり道を詳しく覚えられていなかったり、ビジネスマン相手の接客が上手な方は、日勤での勤務を行っていることが多いです。

≪夜勤形態≫
夕方に出勤をして、翌朝まで仕事をする勤務形態です。
繁華街を中心に、駅のロータリーでお客様をお乗せしたり、お店の固まっている周辺を流しながら
帰路につくお客様をお乗せしたりするのが基本となり、人通りの多い道を運転する必要があります。
また泥酔しているようなお客様も比較的にお乗せすることも多いため、安全運転はもとより、どのような状態のお客様でもコミュニケーションが取れることが大切となります。
そして夜に勤務することもあり、仮眠時間が設けられているケースもありますが、自分で健康面に気を使うことが求められます。

≪隔日勤務≫
隔日勤務は、朝に出勤して夜中まで仕事を続ける勤務形態です。
長い時間働くことになるため、体力や事故を起こさないための集中力が求められますが、一方で長い休みがとりやすくなるのが特徴と言えます。
通常は、20日前後出勤するのが求められるの対し、隔日出勤は10~13日程度の出勤日数でよいので、長期休暇が任意で取得しやすいのと自分の時間が自由に使えるのが魅力です。
他の職業ではあまり見かけない勤務形態ですが、タクシードライバーの中では珍しくない出勤形態となります。

主婦や資格取得を目指している人にも勤務できる勤務体制

シフト制勤務は決められた曜日に休むのでなく、自身の希望や会社の都合によって、その月や週の休みを決めることです。タクシードライバーは、土日でもお客様が必要とする職業のため、大半のタクシー会社ではシフト制の勤務を採用しています。そう聞くと、子供を抱える女性の場合は、タクシードライバーになることは難しいのではないかと思っている方も多いでしょう。

しかしタクシードライバーのシフト制勤務は、他の業界のシフト制に比べても柔軟性に優れていて、自分の休みたいときに休むことができるのが特徴です。実際にシングルマザーの方で働いている方もいます。また、タクシードライバーの仕事以外の夢があるという方も多く働いています。それはドライバーとして働くことで収入の確保が出来て、プライベートな時間を資格取得や夢を実現するための準備に充ててることが出来るからです。休日を増やしたり、連休も取りやすいため仕事と夢の追求の両立が可能になります。

結局のところ、土日休みをとるには?

もし土日休みにこだわるのであれば、土曜を明休み、日曜と月曜が公休。いずれにしても隔日勤務で全ての土日休みは無理だと思います。残る方法は日勤かナイトで勤務し、カレンダーによっては何日か土・日出勤をするかだと思います。あとは数は少ないですが、土日休みを打ち出しているタクシー会社もありますので詳しく調べてみると良いでしょう。ただ土日休みがなくても、タクシードライバーの仕事の良さはどれも、自身の働きやすさや休みをどのように取りたいかによって選べます。通常の会社では土日や祝日の休みが一般的ですが、休みになるとどこの観光地や行楽地は混んでいる現状です。

また公的期間や金融機関も土日はやっていないところが大半ですが、平日だと困ったときにすぐ利用できます。そういった点で、逆に平日にお休みを取れるというのは意外とメリットがあるといえます。土日休みが良いか、平日休みが良いか、自分の生活リズムや趣味などと相談しながら考えましょう。

都内で安いタクシーの料金を比較!

都内で安いタクシーの料金を比較!

2017年1月30日、東京23区、三鷹市、武蔵野市地区では運賃が改定となりました。これは各テレビ局でも取り上げていたので、注目のニュースとなりました。
普段タクシーに乗らない方でも、”安くなるならちょっとした時に乗ってみたい”と思ったかもしれません。今回は、東京都のタクシー運賃の紹介と運賃引き下げの背景について取り上げます。

東京都のタクシー運賃をご紹介

東京ハイヤー・タクシー協会および東京都個人タクシー協同組合は1月27日、初乗り410円タクシーの記者発表会を実施しました。短縮運賃は、2017年1月30日より東京23区・武蔵野市・三鷹市で開始予定で、初乗り料金が現行の730円から410円と320円分の引き下げとなりました。
現在の運賃は下記の通りとなります。

■東京23区、武蔵野市、三鷹市
[普通車]

①距離制運賃
 初乗運賃:1.052kmまで410円
 加算運賃:以後237mごとに80円

②時間距離併用制運賃※1分30秒ごとに80円加算

■八王子市
[普通車]

①距離制運賃
 初乗運賃:2.0kmまで730円
 加算運賃:以後276mごとに90円

②時間距離併用制運賃※1分40秒ごとに90円加算

■八丈島、小笠原島
[小型]

①距離制運賃
 初乗運賃:2000mまで660円
 加算運賃:以後255mごとに80円

②時間距離併用制運賃※:1分35秒ごとに80円加算

※高速道路走行時以外で時速10km以下になると、時間を距離に換算する時間距離併用運賃が適用されます。
※高速料金は別途必要となります。

運賃改定の理由とは何か

一つは、人口構成の変化と少子高齢化である。社会問題でもある高齢者の増加により、移動に対する苦労が増えています。そういった点で、初乗り値下げは『ちょい乗り』需要を喚起できるのではないかというもの。病院から駅、買い物など気軽に頻繁に乗っていただき、昨今は若い方があまりタクシーに乗らないが、いち公共交通機関として、お子様のいらっしゃる家庭の足としても使っていただきたいという意図があります。

二つ目は、現代の日本でもっとも変化した訪日外国人の増加です。初乗りが2kmで730円というのは世界有数の長さで、高額な印象を与えていました。これを世界標準に近い価格までに引き下げる。410円は、ロンドン・ニューヨークに比べて十分安く感じていただける運賃だと考えました。また1月30日の午前0時以降に出庫するタクシー車両から、初乗り料金が変わるが、新しいステッカーには初乗りが410円だと訪日外国人にもアピールできるように『First』の文字を追記することを実施したそうです。

初乗りを410円した見通しとは?

この初乗りの運賃を引き下げは、短距離利用者からの運賃収入について一定の減収が見込まれることはすぐわかります。実はその代わりに中長距離利用者の運賃引き上げによってカバーして、全体として運賃収入が変わらないよう運賃を組み替えるという意図があるのです。今回の運賃組替えと併せて、短距離利用者に対する運転者の接客マナーなどのサービスを向上させて、タクシーが短距離でも利用しやすいものとして取り組むことを事業者に求めていくと言います。

また今後3年以内に運賃組替え後の状況について事後検証を行う予定とのことです。東京のタクシー運賃については、4月から7月にかけて、初乗り運賃の見直しを求める事業者からの申請がなされて、同省が審査を進めてきました。同省が実施した審査結果について、公共料金の変更手続きに必要な消費者庁との協議や内閣府の消費者委員会での審議等を経て、12月20日、物価問題に関する関係閣僚会議の了承を得たという経緯があります。

実際にタクシー運賃引き下げは利用者にとってどうなのか

現状、高額のタクシー・チケットは既に大半の企業で認められなくなっています。
それに加えて、労働者の実質賃金は5年連続のマイナスとなっており、更に増税の影響もあり個人の懐具合はますます厳しくなっています。そのため短距離を安く乗るという新しい需要を掘り起こさない限りは、タクシー業界が売上げを維持することは難しいのです。特に東京の場合、外国人観光客の増加で短距離移動需要が拡大しているという追い風もあります。

ここまで業界の足並みが揃ったのは東京という特殊事情に加えて、タクシー最大手の日本交通が積極的に値下げの環境作りを進めたことが大きく影響しています。「タクシー大改革」の一環となる初乗り運賃の改定です。ちょい乗りユーザーが増えて、2017年はタクシーが大きく変わった年と実感してもらえる年になるのか、今後の動向が気になるところです。

未経験からタクシー運転手で高収入になる方法とは?

未経験からタクシー運転手で高収入になる方法とは?

未経験からタクシードライバーへ

企業で勤務していた人にとっては、複雑な人間関係から解放されて上下関係もなく気軽に1人で仕事をする姿に憧れていたりすることもあり、タクシードライバーへ転職を考える人もいるようですが、これまで別の仕事をしていたのであれば当然、未経験の職種でうまくいくのかどうかと不安があると思います。そしてタクシードライバーは、歩合制のところが多いため収入が安定しないのではないかが一番気になるところです。人によっては今すぐにでも収入をあげたいと野望を持っている方もいるでしょう。では入社して一通り、研修や実習を終えてからいざ独り立ちするまでどういう風にしていけば良いのかご紹介します。

初めはどのくらいの額を目指すのか

それではタクシードライバー初心者の人は、1日どれくらいの売上をあげれば良いのか一般的な目安は下記の通りです。

新人~半年:50,000~60,000円
半年~1年目:60,000~70,000円
1年目~2年目:70,000~80,000円

これはあくまでもおおよその基準なので、会社や地域によって異なります。
ただその売り上げ目標から歩合率を考えて、自分のもらえる給与を考えながら
働くというのもこの仕事の楽しいところかと思います。

稼ぐタクシードライバーが心掛けていること

・とにかく車を走らせる
これは基本中の基本で、お客を乗せないと売り上げは成り立たないのでただ待つという方法は非効率と言えます。また隔勤だと最大365kmまで走行出来るため、とにかく走る事が大事です。

・よく街を観察する
走り慣れた繁華街でも、常に今日はどんな感じだろうと観察し敏感に周囲の環境をチェックします。それは走行中でも良いですし、休憩で車を降りた際に自分で歩いてお店の中を見て空席が多いかなどという行動を意識的にやってみると良いでしょう。場合によって、お偉いさんが好むような街であれば必ずその近くにハイヤーや運転手付きの車が待機してたりするのでタクシーで帰るような人達も多く潜んでいるはずだと自分で過程を立てて実行します。しかしこれはあくまでも例えなので、時間や時期など日々パターンは変わっていくため常に考えることです。

・路地裏などの小さな道まで走り込む
繁華街の大通りは、付け待ちタクシーの大行列が出来きています。しかし何時間も待って乗せたお客様が必ず良いお客とは限らないため、いかないような道で大通りではなく路地をどんどん進んでお客様を見つけるということも少しでも他のタクシードライバーとの差をつける方法です。

・休憩の取り方を工夫する
タクシードライバーは、個人営業で体力勝負でもあるので初めのうちは休憩を取るタイミングに困ると思います。しかし少し走ってすぐ休んで、また少し走ってすぐ休むというのは意味がありません。街の状況は、刻一刻と変わるものなのでさっきまでは人がたくさん手を挙げてたのに、戻ったら誰も居ないということも少なくありません。そのためせっかくのチャンスを休憩で無駄にしてしまうのはとてももったいないことです。ただ長時間労働の時もあるので、休憩をとることは大事です。そのため走るときは思いっきり走り、休む時はしっかり休むという風にオンオフとメリハリをつけてやっていくと良いでしょう。

以上を上げましたが、初心者でも工夫次第で飛躍的に売上を伸ばすことはできます。
大切なのは、自分の視覚や感覚、知識で得た情報を自分なりに推理や予想して、次にどう行動していくかを決めながらとにかくひたすらにタクシーを走らせるということ。ただすぐにそんな実践できないという大器晩成の方は、1つ1つこなして失敗して学んでまた実行してと繰り返すことです。初心者や未経験の方も、売上の伸びに悩んでいる方は参考にしていただきたいです。

転職で失敗しないためのおすすめのタクシー会社の特徴とは

転職で失敗しないためのおすすめのタクシー会社の特徴とは

会社を選び間違えた

夢や期待を持って転職して、働いてみたら実際こんなことを思った方も多いのではないでしょうか。

「この会社に入ったのは間違いだったかも…」

一般的なタクシー運転手のイメージ通り、現在もブラック企業はあります。そのためどこも変わらないと思って、適当に選んでしまうとほどんど失敗します。そして転職を間違えると、労力/時間/お金の大事なエネルギーを無駄にすることになります。では転職に失敗しないために、転職をおすすめ出来る優良企業の特徴を挙げていきます。

タクシー会社の優良企業とは

・社員教育がしっかりしている
タクシー運転手で働くには必要な二種免許の取得費用、取得期間中の日当を補填してくれる会社は転職する方にとってはすごく助かるポイントです。新しく業界に入る方への配慮や売上の出し方等を丁寧に教えてくれる会社に入ることが出来ると、入社後の仕事もスムーズに行う事ができます。初心者や未経験の方にはこの項目は大事な要素を占めていて、安心材料のひとつと言えます。

・お金の動きがいい
金銭の取り扱いが直にやり取りされることも多いこの仕事は、高速代やカード手数料などを社員に払わせない会社は良いです。また社員へのボーナスや出産祝い、結婚祝いを出してくれるところもあります。二種免許の取得期間中の日当や、入社支度金、入社祝い金などがあると二種免許を取得するのに非常に助かるので、その所に注目してみても良いでしょう。そしてこういったところは、基本的に売上の高い利益を上げている会社に多い傾向があります。

・事故補償や違反金の立替をしてくれる
運転手だとどうしても避けられないのが、交通事故です。その事故補償があると安心して働けるのです。もちろん事故を起こさないに越した事はないですが、社員を守って堂々と経営をしている事に受け取ることもできます。そういったバックアップがあるからこそ、しっかりした仕事をする事が可能になってきます。

・設備が充実している
終日車内での勤務が多いタクシー運転手は、寮や仮眠室などの設備が整っているとモチベーションは上がると思います。会社によっては、大浴場があったり仮眠室が綺麗、自前のガススタンドがある、洗車機が置いてあるところもポイントが高いです。

優良企業に出会うために

良い条件をあげてみましたが、共通して社員のことを考えている、守ってくれる会社かどうかによります。また実際にそのような会社を見つけるには自分が将来どうやって働いていきたいのか、どういうことを求めているのか、自分に合った人はいるのかどうかを見極めていくことも大事です。そのためには、求人広告を比較することはもちろんその会社のHPをじっくりみる、あるいは専門の転職アドバイザーに聞いたり、実際に会社説明会に足を運んでみるなど色々試してみることをお勧めします。もしどうしてもわからない時は自分で利用してみて、実際に働いているタクシー運転手の方に尋ねてみるのもいいと思います。

こんなはずじゃなかったと思う前に、じっくりしっかりと企業研究して良い会社への転職を目指しましょう。

働きやすいタクシー会社を見つけるための求人情報の見極め方

働きやすいタクシー会社を見つけるための求人情報の見極め方

タクシー乗務員を始める場合、大切なのは会社選び

タクシー乗務員は、お金や時間、そして一人の自由を確保しながら働けるということもあり、未経験から始める方が多くいます。でも「タクシー会社なんてどこも変わらないのでは…」と思っていると転職した際に失敗する可能性は高いです。そもそも業界に限らず、転職活動で会社選びは慎重になります。そしてタクシー業界でも同じで会社によって平均年収に明らかな差が出てくる場合もあります。そのため会社選びは、勤務を続けるにあたって自分に快適なのかを決める重要なことと言えます。そして決して「家から近い」という、安易な理由だけで会社は選びをしないようにしましょう。

タクシーをやりたいけど会社選びに迷っている
タクシー会社は全部同じだと思っていた
今のタクシー会社に不満を持っている

上記に当てはまった方は、数多くあるタクシー会社の求人からどこを重視して選んだら良いのか、押さえておきたいポイントをご紹介します。

働きやすいタクシー会社の特徴

〇研修が充実している、免許取得費用を負担してくれる
未経験から入社する方にとっては、運転の技術だけでなく、接客に必要なサービスマナーや地理研修など一定の期間学んでから、各営業所へ配属して実践経験を積んでいくという着実にステップアップできる会社を選ぶと良いでしょう。

〇二種免許取得費用を負担してくれる
タクシー業界に初めて就職する人にとって、二種免許の取得は避けて通れない最初の関門といえます。通常、自分で二種免許の取得すると10~20万円くらいの費用が掛かりますが、この費用を負担してくれるタクシー会社が多くなっています。ただし、短期間で退職されてしまってはタクシー会社にとっては損失のため、勤務期間に一定の縛りを設けているケースが主流となります。また二種免許取得時の自己負担はないものの、毎月の報酬の中から少しずつ天引きされているところもあるようなので、事前に適用条件をしっかりと確認しておことおすすめします。

〇入社祝い金や給料補償制度がある
タクシー会社によって、入社時に祝い金あるいは支度金という名目で、まとまった報酬を提供してくれるというケースもあります。そして入社してから、実際に運転手として独り立ちするまでの期間、最低限の給与保証してもらえるのが一般的と言えます。その金額は、タクシー会社によって差がありますので、事前に条件を確認しておいたほうが良いでしょう。

〇自分でシフトを選べる
タクシー乗務員は、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や勤務日を選ぶことが可能です。制約が厳しそうな職業に見えますが、実際は自身の時間を有効に使うために最適な職業といえます。タクシードライバーの勤務形態には、日勤・夜勤と隔日勤務の3つがあるのが一般的で、生活リズムや趣味、子育てなどの家庭事情により自分にあったシフトを自由に選べるところが良いでしょう。場合によっては、初めの面接で会社の方に提案してもらったという場合もあるため気軽に相談できる会社を見つけることが大切です。

〇マイカー通勤OK
タクシー会社だと営業所が、駅から遠いという場合もあります。その点、マイカー通勤が可能だと自分のペースで行けて、朝の通勤ラッシュに巻き込まれないというメリットがあります。

〇設備が十分である
独身の方であれば、寮が完備されていると住むところに安心という方も多いはずです。また家族で住むことができる家族寮がある会社もあります。その他、自社寮か借上げ寮なのか、部屋の広さ、会社に近いかなどもチェックしておくと良いでしょう。ただし寮制度は、期限が設けられている場合もあるので初めに詳細を確認しておく必要があります。そして寮に限らず、休憩室や更衣室も整っているところもはずせません。最近では、女性のタクシー運転手も増えているため女性専用の更衣室を完備してある会社もあります。

〇大手のタクシー会社を狙う
どの業界でも必ず入る条件の1つだと思います。タクシー会社であれば大手はお客様から専属契約のような形でご利用いただけているところがあります。つまり固定客がいるというわけで、また大手のネームバリューからの安心感とファンのお客様も多くいます。そのため営業するにしても、流し運転や駅待ち営業などの比率を小さくすることができ安定して稼げる環境が整っているとみれるでしょう。

〇稼働率や平均売り上げの高い
これは大手の項目とも被りますが、稼働率が高いということは、社員が定着している証なので働きやすい何かがあります。そして平均売り上げが高いということは、それだけ社員の平均年収が高いということに直結するため、稼げる会社と判断できます。

働きやすいタクシー会社は、どう見極めて判断すればいいの?

以上で良いタクシー会社のポイントをご紹介しましたが、これらを全て満たす会社はおそらくないでしょう。そうなってくると重要なのは、自分はどの条件が譲れないのかと、自分とその会社が合うかどうかになってきます。また働きやすい職場というのは、職場の人間関係や風通しの良さにもよります。どれだけ良い条件の会社に入っても、そこが悪い会社の離職率はとても高いと言えます。タクシー会社は大半は、個人での営業時間が多いですが何かと体力勝負で時に大変なこともあります。そんな時に、自分の働き方や人間性と合う先輩や同僚がいるかどうかで働くモチベーションもかなり変わってくるでしょう。そういったところは、入社してみないとわからないということもありますが実際、会社説明会も実施している会社もあるのでそういった機会に見てみるのも良いですし、街中で働いているタクシー運転手の顔がイキイキしているかどうか調査してみるのも1つの判断基準かと思います。ぜひ自分にあったタクシー会社を見つけて、転職活動を成功させていただきたいです。

転勤なしの都内タクシー会社を徹底リサーチ

転勤なしの都内タクシー会社を徹底リサーチ

転勤なしにこだわった転職活動

現代の日本では、高齢化が進み、結婚や育児に加えてこれから介護の問題は誰にとっても身近な問題になってきます。既婚されている方は、家族にも影響してくることなので転職活動の際には絶対に外せない条件に挙げられると思います。そのため、労働時間や勤務地など何らかの制約がある従業員が増えてきます。つまり転勤による勤務地の変更は、全ての人とって他人事ではありません。そうなると、会社側は制約がない求職者を採用する前提に人事を考えることはどんどん困難になっていき、転勤が前提の企業は採用力も下がっていくはずです。このような傾向から、転勤なしを求人情報に掲載する企業も多くなっているのです。また男性だと年収を上げたくても、どうしても一般企業だと転勤がある職業が多いため困っている方も多いはず。その点タクシー運転手は、一か所に落ち着いて仕事をしたいと思っている方には最適の仕事と言えます。

タクシー運転手で転勤なしのメリット

就職してから同じ営業所に所属するということは、タクシー運転手にとって良いメリットがあります。基本的に、お客様を希望の場所へ送り届けることが業務のため同じエリアで日々勤務していると土地勘が鍛えられるのです。特に東京や大阪などタクシー需要が高い都市のタクシー会社では地理試験も、実施されていることから複雑な街をいかに覚えるかが重要になります。初めのうちは、全く知らないエリアでカーナビに頼っていても段々そのエリアのプロになれます。例えば、「信号待ちや渋滞する場所があるが違うあるルートを行けばスムーズに行けたりする」「こんな場所に新しいお店ができた」「この時間は人が多いな」など日々繰り返す中でも新しい発見を感じられるのです。
これは売上の法則にも関わってくるので、転勤がなくて収入も増やすことができるという事も可能になります。

おすすめの都内タクシー会社

都内でタクシー運転手に転職するのであれば、日本交通株式会社をお勧めします。転居を伴う転勤はなく、勤務地によってはマイカー通勤OKのところもあるのもうれしいです。また日本交通株式会社は、日本交通グループとして他のタクシー会社ともグループ関係にあるので様々な場所に営業所があり、希望の場所の勤務地が必ず見つかります。

下記に都内の営業をご紹介いたします。

【タクシー営業所】

・池袋営業所
 〒170-6090 豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 B2F / 電話:03-3590-2151

・赤羽営業所
 〒115-0051 北区浮間5-4-51 / 電話:03-3965-8652

・千住営業所
 〒120-0024 足立区千住関屋町19-2 / 電話:03-3888-2151

・品川営業所
 〒140-0002 品川区東品川3-32-25 / 電話:03-6712-0360

・新木場営業所
 〒136-0082 江東区新木場1-17-6 / 電話:03-3522-2151

・三鷹営業所
 〒181-0014 三鷹市野崎1-10-2 / 電話:0422-49-2151

【ハイヤー営業所(ドライバー派遣営業所)】

・赤坂営業所
 〒100-6190 千代田区永田町2-11-1 / 電話:03-3591-2151

・中央第一営業所
 〒103-0026 中央区日本橋兜町1-13先 / 電話:03-3665-2151

・中央第二営業所
 〒103-0026 中央区日本橋兜町1-13先 / 電話:03-3662-2155 ※中央第一営業所と同じ

・銀座営業所
 〒104-0061 中央区銀座1-11-3 / 電話:03-3595-2151