タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

東京都内には、大手とされているタクシー会社が4社存在し、これらを構成する大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の頭文字をとって大日本帝国と呼ばれています。今回はこの大手4社の特徴を紹介するので、転職の際の参考にしてみてください。

大和自動車交通の特徴

昭和14年に設立された大和自動車交通株式会社は大和タクシーとも呼ばれ、東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市、立川市、などでも営業を行っています。連結会社や提携会社を併せたタクシーの台数は約2,400台を数え、他にもハイヤー・福祉ハイヤーを保有しています。タクシー業界では初めて株式市場に上場した企業で、現在は東証2部に上場しています。株式が市場で取引される上場を行うためには、安定的な経営が欠かせませんが、これによって資金を入手することができます。よって、経営が安定しており、豊富な資金を持っていることが覗えます。

「大和のおもてなし」の理念の下、サービスの向上に努めており、夜勤のない昼日勤の設置やセキュリティの完備、産休制度や育児休暇といった福利厚生の充実が特徴的です。このため、新卒や中途採用だけでなく、女性でも安心して働くことができ、採用にも積極的です。

給与の固定額は18万円で、歩合率は59%程度となっており、25万円以上の月収が見込めます。ボーナスは年に3回あり、入社して3ヶ月間は月32万円の給与保証が設けられています。また、東京都23区内営業所においては、1年の内4ヶ月間に40万円か、6ヶ月間で35万円の給与保証制度があります

日本交通の特徴

“日本交通株式会社は、全国12,500社の企業と契約し、「大日本帝国」の中でも最多のタクシーを保有する、この業界において最も安定したトップクラスの企業といえます。特定のタクシー会社しか乗り入れることができない「専用乗り場」が、東京都内に28ヶ所と他の大手タクシー4社と比べて最多の設置数で、ドライバーが乗客を見つけやすいのも強みの一つです。

「徳を残そう」の社是の下サービスを展開していて、新卒やI・Uターン者などを、年齢や性別にかかわらず幅広く採用しています。独自に開発した「全国タクシー配車」というアプリで円滑な配車を実現しているのに加え、最短10日で2種免許を無料で取得できるシステムが設けられています。他にも、稼げるタクシー乗務員になるため、力の入った教育が実施されています。

以上のような経緯から、給与の固定額は他社とあまり変わりませんが、トータルでの給与は高くなっているのが特徴です。具体的には、17万4,200円の固定給と率にして約62%の歩合給で、月46万円が目安となります。研修期間は日給1万円に交通費が支給され、研修後の3ヶ月間は月給40万円の保証があるので安心です。

帝都自動車の特徴

帝都自動車株式会社は、東京23区を中心とした都内14ヶ所にタクシー・ハイヤーの営業所を展開し、「帝都タクシー」の愛称で都民に親しまれています。「大日本帝国」の中では比較的規模が小さめで、タクシー保有台数も940台あまりとなっていますが、タクシー業界内において最大手の一角を占める企業であることに変わりはありません。

「人と人とをつなぐ架け橋」を企業理念に掲げ、21歳~64歳程度までであれば、経験や学歴、性別は問わず採用を行っており、最長で73歳まで就業が可能です。独身寮を設置し、交通費は3万円まで支給されるなど、待遇面や福利厚生が充実しており、社員のライフスタイルに寄り添った働きやすい環境が整っている会社です。
給与固定額は19万円で、これに歩合率約59%の歩合給や諸手当、交通費が支給されることで、月34万円~の収入を見込むことができます。賞与は年に3回で、優良運転者表彰制度が設けられているのに加え、最低給与の保証期間が比較的長く、6ヶ月で34万円が支給されます。ただし、研修期間中の給与は日に1万円(一部では7,000円)で、3万円までの交通費が付きます。

国際自動車の特徴

「kmタクシー」としても知られる国際自動車は大正9年に創業し、東京都をはじめ、埼玉、神奈川、千葉でも営業展開しています。また、タクシー事業に止まらず、「国際ハイヤー」や「ケイエム観光バス」といった事業も行っており、国賓の送迎なども手掛けています。

特徴的な制度としては、社員が会社の株式を定期的に購入することで、中長期の資産作りを支援してもらえる制度があります。加えて、会社からの感謝の気持ちを伝える場として、長年の勤続者への永年勤続表彰や、無事故表彰といった社内表彰制度が設けられています。さらに、「ベネフィット・ステーション」と呼ばれる、レジャーやグルメ、スポーツの他、介護など社員の家族も利用できる福利厚生サービスも揃っています。女性の採用に関しては、特設サイトが設置されており、積極的な女性の採用が行われています。全ドライバーに救命講習が課される他、運行管理者や衛生管理者、救急救命といった資格の取得に関するサポートも万全です。

給与については、固定額の18万円に加え、歩合率は59%ほどで、月給は約41万円となっています。年3回のボーナスがあり、配属後3ヶ月間は月に32万円給与を保証してもらえます。

東京都内でタクシー乗務員に転職する方必見!日本交通がおすすめの理由とは?

東京都内でタクシー乗務員に転職する方必見!日本交通がおすすめの理由とは?

東京には多くのタクシー会社がありますが、ドライバー達の勤務形態や待遇はさまざまです。ここでご紹介する日本交通は、80年以上の歴史を持つタクシー会社です。これまでの実績もさることながら、タクシードライバーとして働くに当たっても条件が良いと評判です。日本交通の魅力について、簡単にご説明していきます。

おすすめの理由その1給与のレベルが高い

業界No.1の実績を持つ日本交通は、タクシー乗務員の給与が概して高いという特徴があります。例えば、入社して1年目のスタッフの場合にも、平均年収は400万円前後です。2年目以降はさらに給与の額が上がる可能性があり、長く働いて経験を積むほど稼げるケースが多いです。

こういったタクシー乗務員の平均年収については、公式サイトなどでも一部公開されています。有名企業ならではの待遇が受けられるところは、日本交通がおすすめの理由の1つです。また、入社して間もないスタッフについては、毎月定額の給与を保証する給与保証の制度が適用されます。実のところ、仕事に慣れないうちは思うように稼げないのではないか、と不安を感じてタクシー乗務員への応募をためらっている方は少なくありません。

日本交通では、そういった方の不安を解消するために、数か月間は実績にかかわらず給与保証を行っています。新たにタクシー乗務員に挑戦する方が安心して働けるように、バックアップ態勢を整えているのがこちらの会社のスタイルなのです。経済的な不安で転職を躊躇している方にとっても、安定して働ける給与保証は魅力的な制度になるでしょう。

おすすめの理由その2集客をサポートする制度がある

タクシー乗務員として幸先の良いスタートを切れるように、日本交通ではさまざまな形で集客サポートを行っています。例えば、こちらの会社では、専用のアプリで利用者からの依頼をタイムリーにキャッチできるシステムを導入。従来の無線配車よりも遥かにスムーズに、乗客を獲得できるのがこちらのシステムの利点です。

また、東京都内の各スポットに日本交通専用の待機スペースを設置。このようなスペースに待機をしていれば、乗客を探して街の中を長時間走行することなく、ほぼ確実に乗客を獲得できます。さらに業界No.1の日本交通は、企業や官公庁からも厚い信頼を寄せられており、1万社以上とチケット契約を結んでいます。したがって、半ば優先的に顧客を獲得するチャンスがあります。集客サポート制度が充実している日本交通の場合、未経験で入社をするタクシー乗務員が約9割です。手厚い集客サポートが受けられる点は、未経験で求人に応募をする転職者にとっても、大きな支えとなるでしょう。

タクシー乗務員にとって1つの難関になる顧客の獲得を、楽にクリアできるところは日本交通ならではのメリットと言えます。

おすすめの理由その3キャリアアップを目指せる環境

転職する際には、今後のキャリアについても考えておきたいところ。日本交通の場合は、入社した後にステップアップができる研修や資格取得のサポート制度が充実しています。

日本交通のタクシー乗務員は、仕事内容やスキルによって3タイプに分かれています。一般の乗務員から黒タク乗務員、エキスパート・ドライバーと、順にステップを上がっていけるキャリアパスを用意しているのが日本交通の大きな特徴です。一般乗務員からスタートしても、その後の努力次第ではよりレベルの高い業務をこなすエキスパート・ドライバーになれます。エキスパート・ドライバーになると、観光や介護サポート、子どもの送迎といった専門分野を持って一般のタクシー乗務員以上の業務をこなすことができます。介護や観光、英語に関する資格を所持するなど、専門性が高いのが日本交通で活躍するエキスパート・ドライバー達です。こういったドライバーを目指せるよう、会社側では無料で利用ができる研修などを用意。資格取得の費用もすべて会社側が負担しており、キャリアアップができる環境が整っています

30代や40代の若い方はもちろん、50代以上の方も努力次第で大きく成長できるのがこちらの会社の魅力です。

おすすめの理由その4残業や急な呼び出しがない

タクシー乗務員の仕事は、勤務形態によっては急な呼び出しがかかるなど、不規則になるケースもあります。勤務のシフトが明確に決まっていない場合は、イレギュラーな対応が求められる状況も増えてくるでしょう。日本交通のタクシー乗務員は、事前に決めたシフトにしたがって勤務を行います。事前に休日として設定した日はほぼ確実に休めるため、プライベートとのバランスが取りやすいところも大きなメリットの1つ。基本的に呼び出しなどもなく、オンとオフの切り替えがしやすい職場です。

タクシー業界で問題になりがちなサービス残業も発生せず、働きやすさの点でも高得点です。こういった勤務形態であれば、家庭を持つ女性の方やリタイア後に転職した方でも負担が大幅に減ります。プライベートの予定が立てやすくなりますので、休日を利用してしっかりと家族サービスをしたい方や趣味に没頭したい方にとっても働きやすい職場です。常に呼び出しを気にする必要がなければ、帰宅後は気持ちをリセットしてゆっくりと休めます。

したがって、次の勤務日のためにしっかりと体調を整える上でも、好ましいスタイルと言えるでしょう。

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

タクシーは、これから国際化や高齢化が進むと予想される日本では、重要になる交通手段だと言われます。
しかしタクシードライバーという仕事は実態があまり知られていません。

タクシードライバーになるメリットとデメリットを解説します。

高収入を得られるタクシードライバー

タクシードライバーとして働くメリットは、まず、その収入の多さです。
東京都のタクシー会社の給与体系は、「固定給+歩合給」であることが多いのです。
最低限の給与は保証された上で、売り上げの一定割合が上乗せされる仕組みです。会社によっては、勤務開始1年間は月給35万円を保証するところもあります

東京都のタクシードライバーの平均年収は約400万円です(一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の資料による)。

しかし、個人の工夫と努力によって、もっと多くの収入を得ることも可能です。売り上げの約半分が、歩合給として手に入りますから、月収50万円以上もらえるドライバーも珍しくありません。一般の会社ではあまり高い給与を得ることができない若い人でも、高額の給与を得ることができる仕事なのです。

ただし、受け身ではいけません。売り上げを増やすために、お客さんが多くいる場所に出て行くことが必要です。「今日はイベントが開かれるあの地区に行ってみよう」「雨が降ってきたから駅の前で待っていよう」など、自分の発想で売り上げを増やせる面白さがあるとも言えます。

タクシードライバーは薄給だと思っている人もいるかもしれませんが、それはイメージであって、実際は高い収入であるケースが多いのです。特に人が集中する東京都内では、タクシードライバーの不足もあって、高収入を得ている人が多くいます。

自由時間が多いタクシードライバー

タクシードライバーは、休みが多い勤務体系だというのもメリットです。
月に12~13日乗務し、休みは月17~18日あります。タクシードライバーの勤務は、一般の会社とはかなり異なっています。朝から乗車すると、翌日の朝か早朝まで、途中で3時間の休憩を取りながら、15時間程度の乗務をします。乗務を終えると、そこから丸1日は休みです。

「乗務・休み」というセットを2回か3回繰り返すと、公休があります。まとめて休みを取ることもできますので、うまくスケジュールを組んで連休にし、海外旅行を楽しむ人もいます。家族サービスや趣味、資格のための勉強などに時間を充てることもいいでしょう。

会社によっては、一般の会社と同じような日勤中心の勤務を設けていることもありますので、家庭の事情などがあれば夜間の乗務を避けることはできます。

いったん勤務に入れば、タクシードライバーは個人事業主のようなものですから、自分で勤務地を選べます。食事や休憩のタイミングも自分で決定できます。他の人に遠慮せずに自分のスタイルを作れますから、お客さんを待っている時間に英会話などの勉強をするドライバーもいます。

安定して長く働け、キャリアアップを目指せる

多くのタクシー会社では、一般ドライバー、黒タクドライバー、エキスパートドライバーなど、ドライバーの段階があり、スキルと経験によって地位がアップしていきます。運転できる車両も良くなりますし、リーダーや管理職に昇進することもできます。

独立して個人タクシーとして働けるようになると、収入もかなり多くなります。そういうキャリアパスがあることも、タクシードライバーになるメリットです。

定年はあっても、延長することができますので、長く働けることもタクシードライバーの魅力の一つです。75歳まで勤務が可能という会社もあるくらいで、高齢でも若い頃と同じような収入を得ることができます。

タクシー業界は安定している業種です。新規参入が難しく、特に外国企業の参入は困難です。他産業では、グローバル化の影響で安い製品が輸入されて利益が落ちることもありますが、タクシー業界にはその心配はありません。むしろ外国人客はタクシーを利用する傾向が強いので、国際化が進むことは業界にとっては望ましいことです。

大学卒、新卒でタクシー会社に就職する人が増えていますが、そのようなメリットに気づいてのことでしょう。
今後ますます外国からの観光客も増えると予想されている東京都のタクシードライバーには、多くの可能性があるのです。

タクシードライバーのデメリットとは?

もちろん、どんな職業にもデメリットはあります。
歩合制を取っていますから、サボってしまうと収入が減るのです。

40・50代で転職すると、前職が管理職などであった場合、以前に比べて給料が減ったと感じる人もいるようです。しかし、中高年で転職して収入が減少するのは、タクシー会社に限ったことではありません。頑張れば高収入を得られるタクシードライバーは、中高年にも魅力ある仕事です。年齢にかかわらず自分の能力を生かして収入を得られることは、タクシードライバーの利点です。

また、慣れていないうちは、夜間の勤務が体力的にキツいと感じる人もいるでしょう。休憩をうまく入れて体調を崩さないように気をつけることが必要です。

また、お客さんとトラブルを起こしてしまう人も、中にはいます。サービス業だということを忘れず、穏やかにお客さんに応対できないといけません。しかし、嫌なお客さんよりは「ありがとう」と感謝してくれるお客さんの方が断然多いのですから、それほど心配は要りません。

地理に不安な人もいるでしょうが、カーナビもありますし、お客さんとうまくコミュニケーションを取っていると、道を教えてもらえますので、意外に大丈夫なのです。地名や道路状況などの勉強やお客さんへの接し方などは、タクシー会社で行われる新人研修を受けて身に付けていきましょう。

タクシードライバーは個人の裁量に任された部分が大きいので、自分から進んでデメリットを克服する姿勢が必要だと言えます。

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

これから東京都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
その準備段階として、タクシー会社についての色々な豆知識を抑えておくことも大切。

そこでここでは、東京都内にある「大日本帝国」と呼ばれる、大手タクシー4社について紹介します。

タクシー業界における「大日本帝国」って何?

「大日本帝国」という言葉は誰でも1度は耳にしたことがあると思いますが、タクシー業界でこの言葉を使う場合には、通常一般に知られたものとは、ちょっと違う意味になります。タクシー業界では東京都内のタクシー大手4社である、大和自動車交通・日本交通・帝都自動車・国際自動車それぞれの頭文字を取って、「大日本帝国」と呼びます。

この大手4社は「東京四社営業委員会」という営業組織を組んで相互に連携し、共通チケットをはじめとしたクーポン券の発行や窓口業務を行っている他、無線配車でも協力関係にあります。

またタクシーの車体には球型行灯に加え、レモンイエローに赤帯の共通デザインを採用しており、業界では「四社カラー」と呼ばれています。ただし「黒タク」で知られるハイグレード車については、行灯の形状以外は統一したロゴや字体デザインにはなっていません。

また普通車であっても都区内や武蔵野、さらには三鷹以外の営業区域にある系列事業所では、必ずしも「四社カラー」を採用しておらず、車体のデザインにバラつきがあるので注意が必要です。いずれにしてもレモンイエローに赤帯のタクシーを見かけたら、「大日本帝国」の大手タクシー会社としてイメージしておけば何かと便利でしょう。

そもそも大手4社が「大日本帝国」になった経緯は?

今でこそタクシー業界を代表する大手4社ですが、その経緯を知るには、数多くのタクシー会社を吸収しながら集約された歴史を知る必要があります。
日本で最初に法人タクシーが誕生したのは、1912年(大正元年)の「タクシー自働車株式会社」が始まりと言われています。そして1921年(大正10年)ごろになると、第1次世界大戦後の不景気到来により、雇用対策として「流しの」個人タクシードライバーが急増。

しかし第2次世界大戦の勃発と長期化により燃料等の確保が難しくなり、個人のみならず法人でもタクシー経営が困難なります。そこで政府および軍部が主導し、当時の都内にあった56の法人および約4500台のタクシーを4社に集約して、輸送力という形で戦力に役立てようと企てました。その結果誕生したのが、現在の大手タクシー4社です。

1945年1月に16社を合併して誕生した大和自動車交通を皮切りに、帝都自動車は9社を、さらに国際自動車は12社を合併して誕生。最後は同年12月の日本交通の誕生へと至ります。また4つ社名についても、軍部が戦意高揚のため「大日本帝国」となるように、意図的に採用したとも言われています。戦時中は軍や重要産業をはじめとした、様々な分野でタクシーが活用されましたが、結局は空襲などにより、当初の4分の1の台数しか残りませんでした。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その1

一括りに「大日本帝国」といっても、大手4社それぞれの特徴や、給与を含めた勤務条件などは、当然のことながら異なります。そこでここからは、大手4社の各企業ついて詳しく見ることにしましょう。
まず大和自動車交通は東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市などの近郊エリア、さらには立川市や府中市といった郊外エリアまで広くカバーする、都内有数の大手タクシー会社です。業界初の上場企業でもあり、経営の安定性や豊富な資金量が大きな強みの1つです。

また夜勤を伴わない日勤のみの時間帯を取り入れたり、育児休暇や産休制度等をはじめとする福利厚生も充実していることから、タクシードライバー希望の女性にはおすすめの会社です。

もう1つ紹介するのは、約90年の歴史をもつ信頼と実績の高い日本交通です。こちらは全国でも売り上げナンバーワンを誇り、国内でも最大手のタクシー会社として知られます。都内各所に専用乗り場を数多く有しているため、他社に比べて単価の高いお客を拾える確率に優れています。また接客の仕方や効率的なルートなど、売り上げを伸ばす教育を徹底していることから、他社よりも給与が高い傾向にあります。まさにドライバー未経験からでも、しっかりと稼ぎたい方にはピッタリです。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その2

続けて紹介するのは、帝都自動車です。「大日本帝国」の中では最も保有台数が少なく、比較的規模が小さいながらも、歴史の長さや経営の安定性などから、業界内では最大手の一角を担います。

勤務条件として特徴的なのは、最長73歳までドライバーとして勤務できるなど、高齢者にも働きやすい環境を整えている点です。
また年3回の賞与や優良運転者表彰制度の他、他社に比べて最低給与保証期間が長く、ドライバー全体の待遇面でも恵まれた職場環境があります。

最後に紹介したいのは、kmタクシーでお馴染みの国際自動車です。こちらは東京都内を中心としつつも、埼玉県をはじめ神奈川県や千葉県など、一都三県にまたがって幅広く営業活動を展開する大手タクシー会社です。またタクシー事業以外にもハイヤー事業や観光バス事業、さらにかつては自動車教習所まで、手広く多角的な経営をすることで知られます。

勤務条件を見ると、レジャーやグルメからスポーツや介護まで、充実した福利厚生サービスがそろっています。また自社株購入制度によって、社員の中長期的な資産形成をサポートするなど、社員の健康や家族の幸せを大切にする働きやすい会社と言えます。

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京など大都市エリアではタクシーへのニーズが高く、ドライバーになりたい方にとっては勤務地として狙い目と言えるでしょう。

特に大手の有名タクシー会社であれば、福利厚生などもしっかりしているのでおすすめです。
ここではそんな大手有名タクシー会社の1つ、日本交通への転職について紹介します。

日本交通なら給与面で心配する必要はありません。

タクシードライバーへの転職を希望するにあたって、まず心配なのが給与面のことかと思います。
ここ数年の東京都におけるタクシードライバーの平均給与は、賞与も含めておよそ400万円前後で推移しています。この点、東京都の全産業男性労働者の平均年収が、平均700万円前後で推移していることを考えると、やはりタクシードライバーの給与が低いという印象は否めません。

しかしこれはあくまで平均給与の話。タクシードライバーの場合、通常のサラリーマンとは異なり、歩合制を基本としている職場がほとんどです。つまり頑張るほど売り上げにつながり、自分の給与に直接反映します。年収が400万円台のドライバーも多くいれば、600万円台のドライバーもいるのがこの業界です。ちなみに日本交通では、入社1年目の平均給与が420万円であり、2年目には平均で450万円に達します。入社わずかにして、既に東京都のタクシードライバーの平均給与水準をクリアーしているのは、注目に値するでしょう。

さらに入社5年目を超えると、年収が800万円近くにまでアップするドライバーも目立つようになります。世間一般でイメージされるタクシードライバーとは大きく異なる、嬉しい現実がここにあります。

入社1年目から給与面で有利になるのは理由があります。

そもそもなぜ日本交通であれば、1年目のドライバーでも平均水準以上の年収を稼げるのでしょうか?

その理由はズバリ、業界最大手ならではの優れた集客システムを構築しているからです。

例えば日本交通では、都内に35か所もの専用乗り場を設置しています。そして専用乗り場からのお客は単価が高いので、売り上げには有利に働きます。また大企業や官公庁をはじめとした、数多くの法人との取引実績が豊富な点も見逃せません。
特に約1万3千社とのチケット契約をしているので、単価の高いチケット利用のお客を安定して確保できるメリットがあります。さらに日本交通ではインターネット社会への取り組みも積極的に行っており、業界に先駆けてアプリでの配車を実施。これにより月間で約30万車という、業界でもトップクラスの無線配車を実現しています。もちろん無線配車を利用するお客の単価は高いので、売り上げに有利に直結するのは言うまでもありません。

このように業界最大手にふさわしい、幅広く多彩な集客システムを展開しているおかげで、入社間もないドライバーであっても、平均水準以上の年収をクリアーすることが可能です。
しかも入社して初めの3カ月までは、月収40万円という嬉しい給与保証付き。これなら初心者の方でも、安心してスタートを切ることができます。

キャリアアップへの手厚いサポート体制があります。

タクシードライバーへの転職で日本交通をおすすめする理由は、給与面だけではありません。

他社に比べてキャリアアップへのサポートが、格段に優れている点も無視できないメリットの1つです。
日本交通では「エキスパート・ドライバー」制度を採用しており、お客様への高いレスポンスと、きめ細かいホスピタリティによって、安心感のある高付加価値な乗車サービスを提供しています。具体的には「観光」「キッズ」「サポート」それぞれの専門分野に精通した乗務員が、受注から運行スケジュールの立案、さらには実際の送迎までをトータルに担当して、育児支援・バリアフリー・観光案内等の充実したサービスを提供します。

この専門乗務員へのキャリアアップに際しては、会社が一体となってバックアップします。例えばサポートタクシーの専門乗務員であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修などを、会社の費用負担によって受講できます。

この他にも東京観光ドライバー認定研修や東京シティガイド検定、さらには英検2級や東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修など、キャリアアップのための幅広いサポート体制がそろっています。

初心者をはじめ、シニアや女性の方でも安心して働けます。

給与面やキャリアアップの他に、勤務体制や福利厚生などで恵まれた職場環境があるのも、業界最大手の日本交通ならではです。勤務体制については事前申告による完全シフト制なので、シフト外で突発的に勤務を命じられることはありません。
もちろんノルマもないので、ゆとりをもってマイペースで勤務することが可能です。これならば家族サービスする時間も確保できますし、シニアや女性の方でも負担を最小限に抑えて働くことができます。また東京都内の地理に詳しくない初心者の方でも、研修中に詳しい道路事情を学べる他、全車両にカーナビを搭載しているので心配ありません。

さらに運転経験が浅い方であっても大丈夫。日本交通では運転経験の長短に関わらず、入社すれば誰であっても、まずは慣らし運転のカリキュラムを経験します。実際にこのカリキュラムを通じて、初心者の多くの方がプロのタクシードライバーとして勤務しています。したがってペーパードライバーの主婦であっても、あるいは免許を取得して間もないビギナーの方でも、あまり心配する必要はないでしょう。

そのうえ、タクシー運転に必要な2種免許取得の費用についても、会社が全額負担してくれるので助かります。福利厚生については社会保険完備はもちろん、慶弔見舞いや無事故表彰他諸制度の他、年次有給や特別休暇制度、保養所等の施設利用までバッチリそろっています。

最新システムをチェック!?都内でタクシー乗務員に転職!

最新システムをチェック!?都内でタクシー乗務員に転職!

タクシー乗務員は意外と稼げる職種として有名になっています。勤務時間もライフスタイルに合わせることができ、慣れてしまえば非常にホワイトな職場と成り得ます。実際にタクシー乗務員の転職を考えている人は、どこに注目して会社を選んでいますか?

今回は最新システムの有無に着目して転職した、私の体験談を披露します。

システムエンジニアからタクシー乗務員に!

私はシステム開発の上流工程を担当する、システムエンジニアとして長年働いてきました。IT業界は最新技術が次々に登場するため、システムエンジニアは専門知識を学び続ける必要があります。中高年になって専門知識を覚えることが難しくなり、管理職へのキャリアアップを検討していました。しかし、せっかくなら「大好きな車に携わる仕事がしたい」と考え、思い切ってシステムエンジニアからタクシー乗務員になることを決意したのです。

転職活動する上で給料や待遇を重視する人が多いかもしれませんが、私は最新システムを導入している点に着目しました。なぜなら最新システムを整備している会社は資金面で余裕がある証拠だからです。さらに、最新システムによって売上アップが期待できるため、将来的に高待遇となる可能性があります。意外と最新システムをチェックしていない人が多いので、転職する時は是非参考にしてください。

また、都内はタクシー利用者が多いことから、タクシー乗務員は利益を上げやすいそうです。

高収入で知られるシステムエンジニアと同じくらい稼いでいる人もいると知った時は、非常に驚きました。

最新システムとは?GPS-AVM・CTI・IVR

これまでのタクシー業界ではアナログ方式の無線と電話を使って、受付や配車を行っていました。オペレーターがお客様の位置情報を把握し、全車両に無線で伝えるという仕組みです。音声通話で確認する方法はどうしても時間がかかるため、最近はデジタル無線とGPS-AVMシステムを導入している会社が増加しています。
デジタル無線はアナログ無線より伝送速度が格段に速く、データ容量の多いことが特徴です。「GPS-AVMシステム」はGPSを使ってお客様の場所を特定する方法を指します。これまで電話で位置情報を確認していたやり取りが不要なので、スムーズに配車が完了します。お客様の情報はカーナビを使って画面表示されるため、オペレーターとタクシー乗務員が無線で会話をすることはほとんどないそうです。

さらに、「CTI」と呼ばれるコンピュータを使って顧客情報を管理している会社もあります。電話番号が通知された状態でお客様から連絡が来ると、CTIが自動で顧客情報をピックアップしてくれます。お客様は氏名や住所を伝える必要がなく、非常に便利です。全自動受付システムとなる「IVR」を導入していれば、さらにポイントが高いと言えるでしょう。

このように最新システムがあると気軽にタクシーを配車できるため、利用者が増えて売り上げアップに繋がるのです。

ここまであれば完璧!タクシーアプリやその他のサービス

先程述べたシステムに加えて、「タクシーアプリ」を利用している会社は質が高いと判断できます。タクシーアプリは携帯端末から予約しやすいサービスなので、携帯端末の利用率が高い若者層にアプローチできることがポイントです。最新システムは作業の効率化を図るだけではなく、ターゲット層を広げるメリットもあります。英語表記の外国人用アプリまで配信していれば、利用客を格段にアップできるでしょう。

ホワイトな会社を探したい人は、アプリのサービス内容までチェックすることが大切です。例えばお気に入り機能があれば、配車先を登録してスムーズに予約できます。クーポンを発行している会社もあるので、実際にアプリをダウンロードして使い勝手を確認しましょう。私はアプリを使って数社のタクシーを利用してから履歴書を提出しました。あらかじめ社員の雰囲気やサービス内容を確認できるので、転職活動の時に実践してみてください。

その他にネット決済や電子マネーを導入している会社も、応募してみました。携帯端末があれば現金のやり取りをせずに支払いを済ませることができるため、お客様にとって便利なサービスと成り得ます。

このように最新システムに注目するとタクシー会社が利用客のことをどれだけ考えているか、簡単に理解できます。

プライベートまで充実!?転職活動の結果は?

数々の最新システムに着目して応募した結果、複数の会社から面接の連絡が来ました。面接時は毎日車で出勤していたことや、システムエンジニアの仕事内容を説明しました。実はシステムエンジニアはさまざまな人と接する機会があり、優れたコミュニケーション能力が問われます。システムエンジニア時代に培ったコミュニケーション能力はサービス業であるタクシー業界でも生かせると考え、積極的にアピールしたのです。

志望動機を聞かれた時は、最新システムについて力説しました。給料や運営方針を軸に志望動機を述べる人が多いので、最新システムのことを伝えれば面接官の印象に残る可能性が高いです。

前職の経験を生かして転職活動を行った結果、無事タクシー乗務員として採用されました。現在は自社の配車システムやタクシーアプリの機能について、上司から意見を聞かれることもあります。大好きな車の仕事に携われるだけではなく、システムエンジニア時代の知識を存分に発揮しています。さらに、タクシー業界は同年代の男性が多いので、休日は一緒にゴルフをするようになりました。

タクシー乗務員になって仕事とプライベートの両方が充実し、大満足しています!

タクシー乗務員として転職するなら是非とも東京へ!

タクシー乗務員として転職するなら是非とも東京へ!

タクシー業界への転職を考えている人、地方都市のタクシー乗務員として働きながらも収入が上がらずくすぶっている人と色んな人がいるかと思います。

今回は私の転職体験から都会で働くタクシー乗務員の魅力を紹介したいと思います。

タクシー乗務員ってこんな勤務方法で魅力的です!

私は長らく地方のタクシー乗務員として働いてきましたが、タクシー乗務員の魅力は独特の業務体系にあると思っています。法律の関係で一日に走れる距離が決まっているとはいえ、基本的には沢山のお客を獲得して長い距離を走ることで収入が変わる歩合給の仕事なので、自分の力で稼いでいるという実感が得られやすい職業です。会社勤めのように同じオフィスでずっと仕事をするわけではないので、人間関係もそこまで気にならず、会社に所属している私のようなドライバーでも自営業のような心持ちで働いています。普通の会社勤めが肌に合わないと感じた人や、職場の人間関係が嫌になってしまった人にはうってつけの転職先と言えるかもしれません。

また、私を含め多くの乗務員の契約体系として採用されているのが隔勤という制度です。これは”1日働いて1日休む”という働き方で、前日の疲れを引きずったまま運転して事故を起こすことを防ぐことが目的ではありますが、つまりはひと月に15日以上の休みがあるということです。この程度の出勤日数であってもタクシー乗務員の平均年収は450万程度と言われていますから、贅沢せず慎ましくものんびり暮らしたいという人におススメできます。

稼ぐドライバーはこうやって稼いでいます!

タクシー乗務員に転職して今までよりも高収入を目指したいという人はやはり戦略を立てることが大切です。タクシー乗務員にも稼ぎ方の常道というものがあるのです。

一つ目がリピーターです。普通のお店でもそうですが、リピーターが多いお店というものは繁盛しやすいものです。お金持ちなお客さんをリピーターに付けることができれば旅行の度に運転手を仰せつかることになって大きな報酬にありつけます。
二つ目は企業等の法人を味方につけることです。リピーターとも共通することですが、特に法人からの乗車の場合にはタクシーチケットが利用されることが多々あります。これは金額を書くだけで支払いが完了する便利な代物で、経費で落とせるものなので使う側も長距離を堂々と利用してくれるため、乗務員側としても助かっています。

このような固定客を得るためにはお客に安心してもらえるような安全運転であるのはもちろんですが、誠実な態度で仕事をこなし愛想のよい対応を心がけることが必要となります。必ずしもトークが上手かったり必要以上のサービスをすることが求められているのではありません。常識通りの接客でまた使いたいと思わせることが重要なのです。

どうせやるなら都会がいいですよね!

地方の小さな町でタクシー乗務員をやっている人の中には、東京など都会のタクシー会社に転職したいと考えている人がいるかもしれません。実際私はそう思って東京まで出てきました。

確かに地方のタクシードライバーにも魅力はあります。客が顔見知りならいつも指名して利用してくれる固定客になってくれますし、他の交通手段がない比較的長距離の移動に使われることが多いです。それに比べて都会のお客はよっぽどのことがないと一つのタクシーのリピーターにはなってくれないでしょうし、一駅間程度の短距離移動に鉄道の代わりのちょっとリッチな交通手段として使われることも多いです。しかしやはりメリットもあります。それが多くのお客にありつくことができるということです。地方都市や町レベルだと駅周辺で客待ちをしていても全然お客が来てくれずに一日を無駄に過ごしてしまった経験を何度もしました。しかし都会のタクシーとなるとそうはいきません。大きな駅やショッピングモールの近くではいつでもタクシー乗り場にお客が長蛇の列を作っています。

都会のタクシードライバーは暇する時間もなくお客を取ることができるのです。質よりも量を取りたいと考えている人にはおすすめです。

東京の中でもおすすめはターミナル駅!

転職を考えているタクシー乗務員の中にも人気の高い憧れの勤務地があります。それが新宿や渋谷、池袋などのターミナル駅周辺です。これらの駅のどこに大きな魅力があるのでしょうか。

魅力の一つは沢山のお客をとれることです。複数の鉄道路線が交差しているため、これらの駅は常時人で溢れかえっています。勿論それが分かっているので多くのタクシーが集まっていますから、タクシー自体の列の中で待つ時間はあるでしょうが、確実にお客が取れると分かっている待ち時間はただの客待ちとは全く違う気持ちです。

またもう一つの魅力としては都会にいながら長距離のお客をとりやすいということがあります。様々な路線が交差しているだけではなく埼玉方面や神奈川方面の玄関口になっているこれらの駅には、煩雑な電車の乗り換えを嫌がって東京まで出てきた所であとはタクシーで目的地まで向かう、というお客が沢山待っているというわけです。多いのが関東近郊の地方都市から羽田や成田などへの空港を目指してやってくるお客で、大きな荷物を持って移動したり、事前予約や席確保を面倒がるためにタクシーを利用する可能性が高いのです。このようなお客をつかまえやすいのが地方からの玄関口となるターミナル駅です。

転職or昇格!タクシー乗務員のキャリアアップ

転職or昇格!タクシー乗務員のキャリアアップ

タクシー業界は乗務員をイメージする人が多く見られるものの、実はさまざまな職種が存在します。転職してキャリアアップするのも1つの方法ですが、私は自社内の昇格や部署異動によって乗務員とは違う働き方を選択しました。今回はタクシー乗務員のキャリアアップに関する体験談を紹介するので、是非参考にしてください。

転職と自社内の昇格や部署異動、どっちが良いの?

タクシー業界のメインとなるのは、車両を運転してお客様を送迎するタクシー乗務員です。私も長年タクシー乗務員として勤務していますが、年を重ねるにつれて「別の働き方があるのでは?」と考えるようになりました。せっかく好きな仕事に携わっているので、乗務員以外の仕事も知りたいという好奇心が芽生えたのです。そんな時は転職して別の職種に就く人が多いものの、私は現在の職場に非常に満足しています。

私が在籍しているのは大手タクシー会社です。比較的自由に休日を取ることができ、給料も平均以上を実現しています。資金面に余裕があるため、休憩所や更衣室といった施設も綺麗に整備されています。人間関係も非常に良好で、上司はしっかり現場の声を聞いてくれる人物です。休日・給料・人間関係、どこにも不満がないと言っても過言ではありません。恵まれた環境で働いているため、できれば現在の職場で別の働き方をしたいと考えました。

実はタクシー業界にはさまざまな職種があり、自社内で昇格や部署異動することは十分可能です。大手タクシー会社には多くの部署があるため、改めて長年勤めている会社がどのような事業を行っているか確認してみました。

こんなにあるの!?タクシー乗務員以外の職種

まず、「配車」は社内で待機し、お客様の要望があった時に直行できるタクシー乗務員をピックアップする仕事です。お客様から住所・時間・氏名・電話番号といった情報を正確に聞き取り、乗務員に伝えるのが主な仕事となります。

最近は乗務員がガイド役を担う「観光タクシー」、外国人のお客様を乗せる「バイリンガルタクシー」、妊婦の送迎を担当する「マタニティタクシー」といったさまざまな種類があります。一般的なタクシーとは業務内容が違うため、これらの部署に異動する方法もアリです。ちなみに、観光タクシーには旅行プランを考える、「企画」の仕事も存在します。

その他に広報・人事・営業・管理職といった、一般企業と同じような職種もありました。「広報」は企業のPRのためにホームページを運営し、観光タクシーのプランなどを宣伝する職種です。「人事」はタクシー乗務員を採用する時に活躍します。採用試験以外では仕事が少ないので、他の仕事と兼務しているケースが多く見られます。

マタニティタクシーや法人タクシーなど乗客が限られるタクシーは、「営業」がサービス内容を宣伝する必要があります。これらの3種類は一般企業と業務内容がほぼ同じと考えて大丈夫です。

私が選んだのは「運行管理者」!

数ある職種の中から私が選んだのは「運行管理者」です。さまざまな職種を比較することで、自分の求めているキャリアアップを見つけることができました。運行管理者はタクシー乗務員の勤務状況や健康状態を把握し、安全に業務を遂行できるようにサポートする職種です。売上金の管理・事故の対応・乗務員に対するクレーム対処など、仕事の種類は多岐に渡ります。タクシー業界において必要不可欠な存在なので、やりがいのあることが運行管理者を選んだ理由です。

現場の声を知っている必要があるため、運行管理者はタクシー乗務員出身が非常に多くなっています。乗務員と違って固定給で安定性はありますが、給料が下がる点に注意してください。しかし、私は若い頃に十分稼いだので、給料よりもやりがいを重視しました。

実は長年勤めているタクシー会社なら、運行管理者の基本給を上げて貰える可能性が高いそうです。そのため転職するより乗務員経験を積んでから、自社内でキャリアアップする方が給料は高い傾向にあります。会社によって対応の仕方が違うので、キャリアアップ後の待遇を事前に確認してから転職と自社内の昇格を検討すると良いかもしれません。

講習を受けて国家資格を取得する必要があります!

実は運行管理者になるためには、国家資格を取得しなければなりません。毎年3月と8月の2回試験が実施されているので、事前に勉強することが大切です。さらに、国家試験を受験するには運行管理に関する実務経験が1年以上ある、または専門業者が実施している講習を修了する必要があります。私は実務経験がないので、休日を取って3日間実施されている講習を受けることにしました。

講習は自動車運送事業に関する法律や道路交通法について学びます。運行管理者として必要な知識を身に付けられるので、非常に有意義な時間でした。講習の最終日には簡単な試験があり、不合格の場合は補修を受けることになります。テキストを見ながら試験を受けるため、しっかり勉強していれば問題ありません。
勿論、講習と併せて国家試験に向けて本格的に勉強することも重要です。テキストが販売されているので、過去問を解きながら知識を身に付けてください。私はタクシー乗務員の仕事をしながら勉強したため、勤務中に役立つことがたくさんありました。机に向かって勉強するだけではなく、体で覚えることができます。

上司のサポートもあって、無事運行管理者の国家試験に合格しました。

現在は上司の指導を受けながら運行管理の業務に就いています。今まで自分がしてきたタクシー乗務員の仕事を客観的に見られるので、非常にやりがいを感じています。

都内大手の求人を見て転職してみたタクシー乗務員の体験談

都内大手の求人を見て転職してみたタクシー乗務員の体験談

私は東京都内で車両保有台数が20台に満たない零細企業に勤務していましたが、将来の不安もあり大手のタクシー会社の求人に応募し転職しました。私のケースはちょっと極端かもしれませんが、私の体験談が大手タクシー会社の求人を見て転職を考えている方の参考になればと思います。

本当に歩合率で選んでいいのか?

私なりの結論から言ってしまうと、歩合率はあまり気にしないほうがいいと思います。
私のケースでは歩合率が高めでも低めでも、実際の収入に大きな違いは生まれませんでした。

小規模事業者に在籍していた時は概ね一律65%程度と高め。それに対して移籍した都内大手タクシー会社の歩合率は、平均営収によって段階的にステップアップできるシステムでした。これによって52%ほどから62%くらいまでの幅があったと思います。

日頃から頑張って十分に利益を上げてくれる社員は歩合率が高くなるという事ですね。これほどの差があるのになぜ実際の収入が同じになるのでしょうか。それは大手タクシー会社と契約している企業のタクシーチケット利用客だったように思います。

都心の繁華街などで営業していると、中小のタクシー会社の車を避けて私の車に手を挙げてくれるのです。こういったお客さんが都心から郊外の自宅まで長距離利用してくれました。また、移籍前はほとんどなかった無線配車が多いのです。それも結構な割合で中・長距離のお客さんです。某有名ホテルのタクシー乗り場に並んでいた時に印象深い思い出があります。他のタクシーと一緒にタクシー乗り場に順番待ちをしていたのですが、ボーイさんが順番を3台ほど飛ばして軽井沢までという長距離の外国人客を回してくれました。

これはまさに会社のネームバリューですね。大手はこのように乗務員が稼ぎやすい様々な環境が整っているんですね。

大手は車が違う!営業所が違う!

大手タクシー会社に移籍してまず感じるのは車の良さです。私が在籍していた小規模事業者では大手企業の払い下げの中古のクラウン・コンフォートを塗りなおして使っていました。
ボディーをよく見ると大手タクシー会社の特徴的なラインが入っているのが見えます…。走行距離も廃車にした方がいいんじゃないかと思うほどです。セドリックもありましたがグレードはやはりクラシック。

大手ではクラウンはスーパーデラックスになり乗り心地も快適になり、エアコンもしっかりと効きます。タクシー経験者ならわかると思いますが、コンフォートとスーパーデラックスでは車としてまるで違うのです。乗り心地の違いを表現すると、商用バンと乗用車というのがわかりやすいかと思います。私は隔日勤務で長時間乗務でしたので、本当に体が楽になりました。それに加えて実車時の神経の使い方に大きな違いが出ました。グレードの低い車に乗っている時は、知らず知らずのうちに乗り心地を良くしようと神経を使っているのです。

プロのタクシー乗務員として当然の事ではありますが、車のグレードが上がった事で神経の疲れ具合が全く変わりました。営業所は6畳1間のコンテナハウスから大浴場や仮眠室もある自社ビルになり、洗車スペースも使いやすく乗務以外の面でもとても快適になりました。

安定企業で将来を見据えて自分を高められる

私が大手タクシー会社へと移籍を考えたのにはいくつかのきっかけがありました。
当時在籍していた小規模タクシー会社に不安を感じたからです。ある時、会社が行政処分を受け、ただでさえ少ない車両の4分の1ほどが営業停止となってしまいました。新米だった私は車に乗れないという非常事態に。詳しくは教えてもらえませんでしたが、時間オーバーや走行距離オーバーなどの各々の無理な営業を指摘されたのでしょう。潰れるとは思いませんでしたが、やはりこれは不安でした。

大手タクシー会社のメリットの1つが、長い目で見た時の安心感でしょう。タクシー業界自体は必須交通機関の一部とも考えられており、安定業界と言われます。しかし、近年では海外のWEB配車サービスなど、業界の安定を脅かすライバルも現れてきています。そんな中で大手では独自のWEB配車サービスも始めています。また介護タクシーや妊婦さん向けの配車サービスなど、たくさんの新サービスを導入して仕事の幅を広げています。

介護資格など特殊技能を身に着ける事で、自分に単なるタクシードライバーというだけではない付加価値を付けていく事も可能です。

私が大手タクシー会社に移籍してみた感想のまとめ

私の場合、大手タクシー会社に再就職してデメリットというのはありませんでした。
もしあなたが大手の求人を見て迷っているのなら、積極的に検討する事をおすすめします。心配していた収入も、歩合率こそ若干下がったものの営収が伸びた事で実際の収入は少しアップ。福利厚生面では全国に安く利用できる保養施設もあり、家族のある方は利用しているようでした。
しいて言うならば私が移籍した大手タクシー会社には労働組合があり、半ば強制的に加入させられるのが面倒に感じましたが…。これは私がこの手のものが嫌いだからであって、みなさんには苦にならないかもしれません。

また、大手では接客マナーの教育は非常にしっかりしていました。今、読まれている方の中には居ないと思いますが「そんなの面倒くさい」と思ってしまう方には大手タクシー会社での勤務は難しいでしょう。

最後になりますが、会社を移るというのは新しい環境に身を投じる訳で、それなりのパワーが必要ですし会社に慣れるまでは精神的に疲れもあるかと思います。

しかし、それは一時の事。長く続けていく仕事です。思い切って踏み出して、大手で再スタートを切ってみてはいかがでしょうか。

現在50代、転職でタクシー運転手になれるのか

現在50代、転職でタクシー運転手になれるのか

50代の転職にはさまざまなリスクが伴います。
できれば転職せずに定年を迎えたいと思っている人も少なくないでしょう。役職定年などで収入が大きく下がることが見込まれている人、リストラなどで転職を真剣に検討しなければいけない人は、譲れない条件をしっかり分析・把握することが大切となります。
年齢を重ねると保守的になりがちですが、平均寿命が延びていることを考えれば50代にはまだ一花二花咲かせるチャンスが大いにあるはずです。特にタクシー業界は、ある程度年齢を重ねてから、企業戦士を離脱したい人が人間らしさを求めて始める職業と言えます。

タクシー運転手の収入面

一番重要なことは、必要な年収と転職後に得られる年収のギャップを精緻に予測することです。40代・50代で再就職先を探すとなると、前職の経験を活かせる仕事ではないと給料を維持する事は難しいです。

未経験の職種に再就職すると、給料は初任給まで大幅に下がります。一方でタクシー運転手でしたら、年齢給などなく、歩合制度になるので、頑張り次第では1年目からでも400万円~500万円稼げることもありますし、経験を積んでいけば、2年目、3年目では500万円~600万円を安定して稼ぐ事も出来ます。

タクシー運転手の平均年収は約280万円、平均月収は約20万円となっています。日本国内の職種の中では、真ん中ほどです。
基本給が低めに設定されている代わりに、売上の一部が歩合給となるような給与制度の会社が多くあり、売上が増えれば収入も増える仕組みとなっています。そのため、月収が30万円以上の人が比較的多いことも特徴です。

タクシー運転手の勤務時間

50代で転職して長時間労働に従事したり、長すぎる通勤時間は、あまり現実的ではありません。気持ちはあっても身体が若い時のような負荷に耐えられません。無理なく勤務を続けられる条件か否かを確認することが大切です。
タクシー運転手は、主に「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」という3つの働き方があります。昼日勤と夜日勤の1勤務の労働時間は、一般企業同様の8時間程度です。勤務の頻度も同じく、労働日数は22日から24日といったところ。日勤よりは夜勤の方が深夜料金による加算が得られ、長距離の利用者が増えるため、給与の面では稼ぎやすいでしょう。

隔日勤務の場合は、1勤務当たりの乗車時間が休憩3時間を含む19時間~最大21時間と長いため自分のペースをつかむまでは体力的に厳しいと感じるかと思います。ただし、1回の勤務時間が長いので翌日は必ず休日になります。月々の勤務日数は11~12回程度です。それ以外の月18~19日程度はすべて休日となります。隔日勤務に慣れると、こんなに良い働き方はないと言うタクシー運転手が多くいます。

隔日勤務で1回の乗務時間が19時間を超える場合、その乗務を終えてから20時間以上30時間までタクシー運転手は次の乗務を始められません。つまり勤務後の1日から2日弱が休日であり、月々にすると17日から18日は休日ということに。想像以上に休みが多いです。タクシー運転手の勤務時間は、長い一方で連休が多いのが特徴です。朝から勤務を始めた場合は、次の日の深夜帰りになりますが、その日は明番として休息日になります。そして、公休は基本的に2日連続になるので、明番も合わせれば3連休となります。したがって、体をじっくりと休ませることもできます。

タクシー運転手になって最初のころは、休日の半分ほどは寝て過ごすなど自宅で休むという人も少なくないようです。慣れてからは、自分の趣味や家族サービス、ペットとの時間など、自分の時間を持てる、家族と一緒にいる時間が多い、趣味の時間が多く持てるなどのメリットがあります。

50代からみる、タクシー運転手のやりがい

50代であえて転職する場合でも、やりがいは無視できない要素です。20代~30代の若手であれば、まずは社会人としての経験やスキルを積み、キャリアアップのために働くことが大切。これが30代~40代くらいになると、家族と生活のために働くということが重要でしょう。
そしてまだまだ家族と生活のために、ある程度以上の収入が必要という人がほとんどかと思われます。しかし子供が独立して家のローンの支払いもそろそろ終わるメドがたったというような人であれば、支出面での不安から開放され、精神的な充実を重視するということも考えてもいいかもしれません。

そういった点でタクシー運転手は、収入面は自分の努力次第でいくらでも稼げるためモチベーションアップの大きな部分です。また最近は、エキスパートドライバーという観光や福祉、子供や妊婦の方など特定の方へのタクシーサービスを行う会社も多くなっているため、旅行に興味がある、語学を活かしたい、介護や福祉の仕事に関わりたい、子育ての経験を活かしたい、子供に関わる仕事がしたいとい方にとってはただタクシーを運転するだけでなく、キャリアアップも見込める職種になっているため更なるやりがいを持つことができるでしょう。

50歳からの第二の人生を考えてみよう

人間関係に対するストレスが少なく、お金を稼げて、休みも多く取れる。自由度が高いタクシー運転手ならではのメリットです。人によっては、タクシー運転手に転職して年収が上がったと言う方もいらっしゃいます。そのため、他の異業種に安易に転職するよりも、タクシー運転手として働いた方が、収入を落とさずに済むかもしれません。

タクシーをやったらサラリーマンに戻れない…というのは、タクシー運転手の仕事が良すぎてもう戻りたくないということです。そして60歳以降も、年金受給者はアルバイトとして雇用してもらえるので、さらに自分の時間を使えて副収入になり老後も自分の裁量で働くことが可能なのです。ただタクシー会社によると思うので選ぶのは慎重に、そして事故とクレームだけには注意することです。

50代で未経験でも何も問題はありません、まだまだ働き盛りで遅くはありません。ほどんどのタクシー会社は、養成制度があるので、一種免許の資格取得後3年以上あれば会社負担で受けることができ、その間も給料が保証されます。
これからの人生にタクシー運転手へ挑戦してみてはいかがでしょうか。