全国平均の平均年収低めなタクシードライバーしかし都心だけでみると高いので働くなら都内の営業所で働くことがおすすめです

全国平均の平均年収低めなタクシードライバーしかし都心だけでみると高いので働くなら都内の営業所で働くことがおすすめです

 タクシードライバーで働くことに興味があるなら、どこで働けば稼げるのか気になるのではないでしょうか。
 今回はタクシードライバーの平均年収や都内で働くことのメリット、未経験の方に最適な転職先などについて紹介します。

タクシードライバーの平均年収ってどれくらいなの?

 タクシードライバーへの転職を考えた時、まずはじめに平均年収がどのくらいなのか気になる人が多いのではないでしょうか。タクシードライバーの平均年収は275万4738円となっており、全国平均は低いです。また平均月収は19万6767円で、国内の100職種の中では、58位となっています。

 タクシードライバーの年収が低い理由に、ドライバーの平均年齢が高い点と地方でのタクシーのニーズが低下している点が挙げられます。体力勝負のタクシードライバーは年齢が上がるにつれて体力的にもきつくなってしまい、高齢ドライバーになると年収が下がってしまいます。また地方では過疎化が進みタクシーの利用客が少なくなってきているという現状もあります。

 平均年収低めのタクシードライバーですが、その中でも比較的高い年収のタクシードライバーがいます。なぜ年収の高いタクシードライバーと年収の低いタクシードライバーがいるのかというと、それはタクシードライバーの給与形態のほとんどが歩合制である為です。タクシードライバーの給与は歩合制の割合が高く、給与全体の割合からすると基本給はわずかなのです。したがって給与の中で大きなウエイトを占めている歩合制によって、タクシードライバーの年収の差が激しいといわれています。

タクシードライバーで働くなら都内がおすすめ

 タクシードライバーで働くなら都内の営業所で働くことがおすすめです。タクシードライバーの年収は、全国平均は低いですが都心だけでみると高いのです。なぜ都内のタクシードライバーが地方のタクシードライバーより年収が高いのかというと、都内は人が多いのでタクシーの乗客を流しでもたくさん拾える状況だからです。

 一方、地方は人口が少なくマイカー保有率が高いのでタクシーの利用客が少なく、稼ぐことが難しいといえます。また都内には長距離乗って高額な料金を払ってくれる優良なお客様も多いのも、年収が高い理由の一つといえるでしょう。さらに都内と地方では歩合が支給される割合も異なります。歩合の支給される割合は、全国だと売り上げの50%が給料として支給されるのですが、都内であると売り上げの60%が給料として支給されることが多いのです。この10%の差も都内のタクシードライバーの年収が高い一因なのではないでしょうか。

 都内のタクシードライバーの平均年収は430万円程度です。これは稼働日数の少ない定時制のドライバーも含めているので、正社員としてフル稼働すれば年収500万円くらいまで稼げることになります。さらに都内の稼げるドライバーであれば、年収600万円~800万円位は到達できるでしょう。

業界No.1の会社で働こう

 都内のタクシードライバーで働くのであれば、業界No.1の会社が稼ぎやすいです。業界No.1の会社が稼ぎやすい理由として、「タクシー東京4社」と呼ばれるタクシーチケットの存在が挙げられます。このタクシーチケットの利用者はほとんど企業なので、仕事で利用する人が多く、長距離利用で稼ぐことができます。

 また大手のタクシー会社は信用があるので、予約を取りやすいというメリットがあります。専用乗り場もあるので、大手のタクシードライバーになれば利用客がいなくて稼げないという状況が少ないのです。このように大手のタクシー会社はしっかりと稼げる環境が整っており、業界内でも制度が良いから大手は転職してくる人が多いといえます。

 大手のタクシードライバーの中で稼げる人だと年収800万円程度稼ぐことも可能です。さらにトップクラスになると年収1000万円程度を稼ぐ人もいます。タクシードライバーで高収入を目指すのであればタクシー会社選びが重要なのです。大手であってもタクシーの会社によって給与や条件もそれぞれ異なるので、まずは求人の条件をしっかり確認して自分の条件に合った会社を選ぶようにしましょう。

都内でタクシードライバーとして働きたいなら日本交通へ

 全くの未経験でタクシードライバーへ転職したいと考えているのであれば、日本交通の求人に応募してみるのはいかがでしょうか。老舗最大手である日本交通は、年齢や性別、今までのキャリアは全く問わないので未経験でも応募することができます。

 教育や研修制度が充実しており、未経験者は1ヶ月の研修を行ってくれます。1ヶ月の研修の中では運転や接客、地理などについて丁寧に指導してもらえ、研修中でも日当を受け取ることができます。さらにタクシードライバーに必須である第二種免許の取得費用も全額会社が負担してくれます

 営業所配属後も班長を始め、先輩乗務員がサポートしてくれるので、安心して働くことができます。日本交通の未経験1年目の平均年収は420万円で、入社後3ヶ月間は月給40万円を保証しているので、未経験からでも稼げる環境です。

 したがって他の職種からの転職者にも働きやすい環境は日本交通といえるでしょう。都内にはさまざまなタクシー会社がありますが、タクシードライバーとして長く働こうと考えているのであれば、日本交通のような将来性のある職場で働く方が良いのではないでしょうか。

日本交通のタクシードライバーになろう!安心の研修制度と40万円の月給保障制度で1年目からでも高い年収が見込めます!法定外の残業はなしで充実したプライベートを過ごすことも可能です

日本交通のタクシードライバーになろう!安心の研修制度と40万円の月給保障制度で1年目からでも高い年収が見込めます!法定外の残業はなしで充実したプライベートを過ごすことも可能です

 タクシー会社の転職を考えたときに、大手企業の一つとして日本交通があります。日本交通では、タクシー業務未経験者やペーパードライバー、高齢者や女性でも安心して仕事に取り組めるように、様々な研修制度やサポートが用意されています。

 今回は転職を考えている人のために、日本交通についてご紹介します。

日本交通ってどんな会社?

 日本交通株式会社(Nihon Kotsu Co.,Ltd.)は、1928年4月に創業された約90年の歴史を持つ会社です。

 川崎造船所の運転手をしていた川鍋秋蔵氏が、ハイヤーの個人営業を開始したことにより、この会社の歴史は始まりました。その後拡大を続け、1945年12月に日本交通株式会社に商号を変更し、めざましい発展を遂げ業界No.1の実績がある会社となりました。

 現在の事業内容は、ハイヤーやタクシーにおける一般乗用旅客自動車運送事業やそのマネジメント、自動車整備事業などを行っています。日本交通は通常のタクシー業務の他にも、外国からの観光客の為に、東京の観光スポットを案内する「観光タクシー」や、小さな子どものいる家庭の専属タクシーとなり子どもの成長を見守りつつ送迎を行う「キッズタクシー」、身体が不自由な人のための「ケアタクシー」など、幅広い範囲に渡って、タクシー業務の運行を行っています。

 2017年5月現在の従業員数は9,350人(連結)、車両台数はハイヤー1,262台、タクシー5,424台と日本のタクシー業界を代表する大手企業として、活動の場を広げています。「徳を残そう」を社是としており、本社を東京都千代田区紀尾井町に構え、東京都内に6つのタクシー営業所と4つのハイヤー営業所があります。

日本交通での手厚いサポート体制とは

 日本交通は研修制度が充実している会社です。そのため、タクシー会社への就職が初めての人でも、安心して転職を考えることが可能です。タクシー業務が未経験の場合は、研修期間が約1ヶ月間あり、運転や接客方法、地理についての研修が用意されています。

 タクシーへの転職をする際に必ず必要となる第二種運転免許も、費用を会社が全額負担してくれる上に、この研修期間中には1万円の日当と交通費が支給されるので、自分の生活を心配することなく業務の知識を身につけることができます。実際、日本交通の新入社員の未経験者の割合は、全体の約8割を占めているので、経験が無いからといって尻込みする必要は全くありません。東京の地理が全くわからない地方出身者やペーパードライバーの人でも、総合研修センターでの地理の講習があり、その後営業所の班長からの運転、接客指導や近道や早道などのレクチャーもあります。また、日本交通では全車両にカーナビが搭載されていることもあり、安心して業務を行うことが可能となっています。

 経験者の場合は約10日間の研修期間があり、必要最低限の研修の後に実際路上に出て営業を行うことができます。経験者の場合も未経験者と同様の日当と交通費が支給されるので、業界経験者も働きやすい環境なのです。

日本交通で乗務員になるとどのような生活の流れになるの?

 日本交通では、1日の勤務時間が約15.5時間から18時間で、その中で必ず3時間の休憩や仮眠をとることが定められています。また、法定外の残業はなしとされており、勤務をした翌日は必ず休みになります。そのためシフトに慣れれば、規則的な生活を送ることにより、家族と過ごす時間やプライベートの時間も増え健康的な生活を送ることもできます。

 このように、しっかりと休憩や休日があり法定外の残業がないことから、年齢の高い人や自分の体力に自信のない人でも安心して仕事をすることができます。実際、日本交通には65歳以上の乗務員が400名も勤務しているというのが、年齢が高くても大丈夫という証明となっています。

 ちなみに、日本交通は女性社員も働きやすい環境の職場でもあります。女性乗務員を希望する女性の高齢者のお客様や子どもがいるお母様などからの要望も多く、女性乗務員を積極的に採用しており、毎月のように女性が入社しています。

 日本交通のタクシードライバーの休日に関しては、シフト制を導入しているので連休をとることも可能で、1ヶ月前に会社に申告をすれば、冠婚葬祭や子どもの行事、旅行など休みを考慮してもらえるので、融通を利かせて仕事に取り組むことができます。

日本交通での実際の年収はどうなの?

 日本交通に転職をした際に気になるのが、実際どのくらいの年収になるのかということですが、日本交通では1年目からでも高い年収を得ることが可能です。

 日本交通では入社してはじめの3ヶ月間は40万円の月給保障制度もあるので、安心して働くことができます。この会社では未経験1年目の平均収入が420万円です。細かい分類を見ていくと、600万円以上が全体の約3パーセント、401万から600万までが約68パーセント、301万から400万までが約27パーセント、それ以下は全体の2パーセントとなっています。

 このことからも、正社員で働けるうえに努力した分だけ収入があがり、やる気があれば高収入を得ることができることがうかがえます。実際働いている人の1年目の実例では、元ITエンジニア52歳で457万円、元マンション管理業務31歳で512万円、などの例があり、タクシーとは全く関係のない職場からの転職をした人でも高収入が得られることがわかります。

 また、この会社の最高年収は789万円で、売上によって給与が決定する歩合制を導入しているので、経験に関係無く1年目でもやる気があればベテラン以上の収入を得ることが可能となっています。

タクシードライバーは収入が低い!?全国平均は低いが都心は高い傾向にあるって本当?

タクシードライバーは収入が低い!?全国平均は低いが都心は高い傾向にあるって本当?

 タクシードライバーの募集は、増加傾向にあると言われていますが、年収はどのくらいなのでしょうか。タクシードライバーの年収は低いと考えている人もいるようですが、実際のところ都心では高いというデータもあります。
 
 そこでタクシードライバーの収入について調べてみました。

タクシードライバーになるには

 タクシードライバーは、アベノミクス効果で需要がさらに高まっている仕事です。募集も多く、未経験からでも高年収を目指せるため、人気の職業であると言えますが、タクシードライバーになるには、二種免許を取得することが必要となります。

 二種免許は普通運転免許を取得してから3年以上が経過していれば、挑戦することができます。タクシー会社によっては、研修制度が整っており、免許を取得できるまで給料を支給してくれる場合もあり、取得にかかる費用も負担してくれることもあります。

 タクシードライバーになるための年齢制限は21歳以上であり、上限はありません。また採用試験では、面接などの他に健康診断が実施されます。糖尿病や心臓疾患、肝硬変などの持病があると採用されない場合がありますので注意が必要です。そのような病気は、突発的な発作を起こしてしまう可能性もあるため、ドライバーの仕事は無理であると判断されてしまいます。しかし、定期的に医師の診察を受けており、進行を抑制することができている場合は、採用可能な場合もあるため相談してみてください。その他、コミュニケーション能力や、清潔感など、タクシードライバーに大切であると考えられる資質についても面接等でチェックされることがあります。

タクシードライバーの収入は歩合の要素が強い?

 タクシードライバーの給料は、歩合制の割合が大きいです。一定額の基本給が定められてはいますが、額としては非常に少ないのが事実です。本気でタクシードライバーの仕事をしたいと考えているならば、完全歩合制で働く覚悟を持つ必要があるかもしれません。

 全国レベルで見ると、売り上げの50パーセントが給料として支給されることが多いようですが、東京都内で見ると、売り上げの60パーセントが給料として支給されることもあるようです。タクシードライバーの仕事は、収入が低い!?と感じている人もいますが、そもそも歩合制の要素が強いため、収入の高い人と低い人の差は大きいと考えられます。
 
 また、タクシードライバーの1ヶ月の平均勤務日数は、11日間です。日数で見ると少ないと感じるかもしれませんが、1日当たり平均して18時間勤務しているため、非常に体力のいる仕事です。しかし勤務が11日間だと、残りの20日間は休みになるため身体が回復するには、十分な時間を確保することができます。11日間の勤務だけでなく、最大で2日間まで勤務を増やすこともできるため、1ヶ月に13日間の勤務が可能となります。

タクシードライバーの収入は都心は高い?

 タクシードライバーの平均年収は、316万円と低めです。全国平均は低いですが、東京都のタクシードライバーの平均年収は417万円となっており、都心は高い傾向にあります。さらに大手のタクシー会社に勤めている人の平均年収となると約450万円であるというデータもあるため、特に最大手は高収入を得ることができると言えます。知名度の高い大手はお客様が集まることも考えられるため、売り上げを上げやすくなります。

 そのため、タクシードライバーになるなら都心の最大手に入社するべきです。東京都の23区内であれば、やる気次第で、年収800万円を稼ぐことも可能であると言われています。先に触れたように、タクシードライバーの仕事はほぼ歩合制であると言えるため、やればやっただけの収入を得ることができるのです。

 タクシードライバーで収入を増やそうと考えるならば、稼ぐ仕事をするべきです。タクシードライバーの仕事は、効率良く稼げて、普通のサラリーマンより高収入を得ることができるという認識を持っている人もいますが、効率良く稼ぐためには、必要なポイントをおさえて仕事を行っていくことが大切です。

タクシードライバーで稼ぐためのポイントとは?

 タクシードライバーの仕事で、効率よく稼ぐためには、意識しておくべきポイントがあります。とにかく売り上げを上げるためには、営業回数勤務時間客単価、この3つを上げていくことが必要となります。

 仕事の効率を上げて、1時間当たりの乗車回数を増やしていくことを考えてみてください。乗車回数が増えれば、自然と売り上げは上がることになります。当たり前のことのようですが、営業回数を増やすだけで月給も変わってくるのです。

 また、勤務時間を増やすことで単純に収入を増やすことができます。11勤務でなく最大の13勤務にすると、その分月給が増えます。勤務を増やすことに関しては、稼ぐコツというよりも体力面と相談することも必要となります。
 
 最後に、客単価を上げることです。客単価が上がると、短時間でも売り上げを増やすことができます。遠距離の移動をする可能性がある人が多いと考えられる位置で待ち、お客を乗せるのは常に成功するとは限らず、運にも左右されます。

 これらの3つのポイントを意識して仕事をしていくことで、月給、年収を増やしていくことは可能です。タクシードライバーの収入は、平均で見ると低いと感じるかもしれませんが、個人差が大きく、高収入を得ている人が多くいるのも事実です。

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

 タクシードライバーという職業は歩合制の場合が多く、年収アップを狙うには魅力的な仕事です。
 都心部で働こうと考えている方は、稼げるコツをしっかり抑えて働けば、自分の頑張り次第で高収入を目指すことができます。

都内でのタクシードライバーの必要性

 東京は眠らない街とも表現されるくらい、活動的な街です。特に都心は人口密度が高いこともあり、生活スタイルは様々で、24時間どの時間帯でもタクシーを必要とする人々がいます。

 お昼の時間帯は、地方や海外からの観光客や病院へ向かう人など、電車に乗ることが難しいという人々の利用が多いです。また夕方から夜にかけての時間帯は、仕事を終えて飲みに出かける人や夜の仕事へ向かう人などが利用します。そして深夜から朝方にかけての時間帯は電車が止まっているので、終電を逃してしまった人の利用が多くなります。このように、どの時間にもタクシーを必要とする人が一定数存在するのが、都心部の特徴です。
 
 このようにタクシー利用の時間帯に隙間がないのは、都心部だけです。そのため稼げるチャンスはお客様の多い都心部に多く、営業所も都心部にある営業所で働くべきだということが言えます。そして2017年から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で始まった「初乗り410円」の影響もあり、今まで初乗り730円を高いと感じて乗っていなかった人たちも、短い距離で気軽に乗るようになりました。都内のタクシー利用人口は増加の傾向にあり、タクシードライバーの必要性も高まっています。

どんなタクシー会社に入れば良いのか

 人口の多い都心部でタクシードライバーになれば、すぐに稼ぐことができそうですが、しっかり稼ぐにはコツがあるため、誰でも高収入にはなれないのです。そして、ただ都心部に営業所がある会社に入れば安心というわけではありません。どの会社で働くのか、ひとつの基準にすべきなのは、ブランド力のある会社で働くべきということです。

 タクシーを利用する人の中には、ブランドでタクシー会社を選ぶ人もいます。都心部にはタクシー会社がたくさんありますが、その中で全く名前を聞いたことのない会社を選ぶのは、利用客も勇気がいります。そしてブランド力があるということは、社員の教育も行き届いている証拠でもあります。利用客にとって支払う料金に差はないので、ブランド力があるほうが安心です。また実際に面接に行ってみて、職場の雰囲気が自分に合うか確認をすることも大切です。

 タクシードライバーという職業は、個人の努力次第かのように思われがちですが、同僚や会社のサポート体制も大いに影響します。多くのタクシー会社がある中で、安定して長く続けられる会社か、面接時に話を聞いて見極める必要があります。

タクシードライバーとして軌道に乗るには

 ドライバーとしてお金を頂くからには、都心部の道路をある程度は頭に入れなくてはなりません。都心部の道路は、地方に比べ一方通行が多く、交通ルールが複雑な場所も多くあります。また同じ目的地でもルートは多岐にわたりますので、周辺の地理を把握しておく必要があるのです。

 そのため、タクシードライバーという仕事で稼げるようになるためには時間がかかりそうですが、多くのタクシー会社には給与保証制度というものがあります。これは、売上が少なくても会社から給与額が保証される制度で、会社により期間は違いますが、この期間に焦らずに仕事を覚える事が出来ます。歩合制が多いタクシードライバーという仕事は、きちんと稼げるようになるまでの不安がありますが、この制度によって、仕事を覚えるまで売り上げが低くても、給与保証があるから安定しているのです。

 給与保証されている期間に、道を覚えて自分の得意なエリアを見つけたり、稼いでいる先輩の仕事のしかたを研究したりと、自分に合う働き方を探すことができます。この期間を有意義に使うことで、タクシードライバーとして軌道に乗ることができるはずです。

タクシーの集客方法の多様化と稼ぐコツ

 タクシードライバーの仕事は、ほとんどが歩合制なので、さらに年収アップを狙うには工夫も必要です。稼ぐためには、駅前のタクシー乗り場で利用客を待ったり、人通りの多い道を走って利用客を探すことだけが方法ではありません。

 タクシー会社には、無線配車やアプリ配車など流し以外の集客があるので、これらを利用することによりコツを抑えて稼ぐことができるようになりました。お客様から連絡を受け、各タクシーへ割り振られる無線配車で、安定的な乗車が期待できます。また、タクシーを指定の場所に配車できるスマホアプリも定着しつつあります。なかには、アプリ内でクレジットカード支払い可能なものもあり、その手軽さが時代に合っていると言えます。タクシードライバーが利用客を自ら探さなくても、利用客の方から来てくれるシステムがあるのです。

 タクシーが時代とともに身近な存在になり、利用客が増えるとともに、サービスの質も以前より求められるようになりました。無線配車やアプリ配車などの便利なサービスがあることは、リピートにもつながります。集客方法の多様化により、タクシードライバーは努力と工夫次第で稼げるということです。

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーの仕事は街のコンシェルジュとしての一面もあり、地域貢献や地域活性化に繋がる仕事でもあります。
多様なニーズに応えることでお客様との信頼関係を強く結び、やりがいを感じられる仕事にもなります。

街のコンシェルジュとしてのタクシードライバー

 お客様の移動手段として、お客様が行きたい場所まで車で運ぶのがタクシードライバーの仕事ですが、それだけではなく多様なニーズに応えるサービスを行っている会社もあります。地域活性化を助ける仕事や地域貢献ができる仕事街の安全を守る仕事など、タクシードライバーの仕事は幅を広げています。

 地方のタクシー会社では移動手段としてだけでは売り上げが伸び悩み、移動のほかにもさまざまなサービスを行う会社が多く見られます。近年では東京都内でも、地方で見られるような地域密着型のサービスができるタクシー会社が増えてきました。ある都内のタクシー会社では、デパートでの買い物に付き合い売り場を案内したり、病院への付き添いや観光案内など、さまざまなニーズに対応したサービスを提供しています。単なる移動手段だったタクシーのサービスは変化しつつあり、街のコンシェルジュとしてタクシードライバーが活躍できる機会も増えています。

 街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーはお客様との信頼関係を結ぶことで、とてもやりがいのある仕事になります。地域に貢献できるタクシードライバーを目指すなら、細かなサービスを提供するタクシー会社への転職も一つの方法です。

地域活性化を助ける観光タクシードライバー

 街のコンシェルジュであるタクシードライバーの仕事として代表的なのが、観光タクシードライバーです。観光スポットへタクシーで運ぶというだけではなく、おすすめの観光スポットや飲食店、穴場のお土産屋に案内するなど、観光案内するのも仕事に含まれます。タクシードライバーなら誰でもなれるというわけではなく、観光タクシードライバーになるには一定の条件があります。

 都内では東京観光タクシードライバー認定制度が設けられています。東京観光タクシードライバー認定資格は、都内で観光タクシードライバーとなるために必要な資格です。東京観光タクシードライバーに認定されるには、まず東京シティガイド検定を受け合格する必要があります。次に数日間サービスや知識、高齢者や障がい者への対応などを学ぶ研修を受けることで、観光タクシードライバーとして認定されます。観光スポットの知識はもちろん、マナーやコミュニケーションなどの能力を必要とされますが、観光するお客様に地域のよさを知ってもらうことで、地域活性化を助ける仕事でもあります。

 転職を考えるなら、観光タクシードライバーとして活躍できるタクシー会社を検討してみるのも手です。

街の安全を守るタクシードライバーの仕事

 地域密着型のサービスができるタクシードライバーの仕事は、観光タクシードライバーのほかにもさまざまな形で活用が期待されています。例えば、子供の一人歩きを防止する子供送迎タクシーがあります。子供送迎タクシーは幼稚園や学校から自宅への送迎、塾への送迎など子供を安全に送り届けるためのサービスです。

 近年では子供の一人歩きが事件や事故に繋がることもあり、需要が増えつつあるようです。子供の送迎だけではなく、チャイルドシートを設置して、産後退院したばかりの新生児を安全に送迎するサービスもあります。また陣痛がおきた際に、かかりつけの病院まで妊婦を送迎するサービスを行っているタクシー会社もあります。子供の安全な移動をサポートするほかにも、高齢者や障がい者の移動をサポートする介護タクシーも需要が高まっています。

 子供や高齢者、障がい者の安全な移動を助けることで事件や事故などを防止し、街の安全を守る仕事としても、タクシードライバーの仕事は注目されています。運転以外にも自分のスキルや得意なことを活かし、街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すのも選択肢の一つです。

やりがいを感じられる仕事となる

 単なる移動手段としてだけではなく、街のコンシェルジュとして細かなニーズに対応しお客様との信頼関係を結ぶことで、やりがいのある仕事になるのがタクシードライバーです。目的の場所まで送迎するほかにも買い物や病院の付き添い、観光案内ができるタクシードライバー、子供や高齢者、障がい者の安全な送迎をサポートするなど、地域に貢献しながら長く働ける職種の一つでもあります。

 タクシードライバーにとって運転技術も大切ですが、こうしたサービスに対応するスキルやコミュニケーション能力を身に付けることで、安定して将来を見据えた働き方ができるでしょう。街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すなら、自分のスキルが活かせるサービスや興味のあるサービスを提供しているタクシー会社をチェックし、転職を検討してみるのもいいでしょう。

 お客様をさまざまな形でサポートし、地域密着型のサービスができるタクシードライバーを目指すことで、目的地へ送迎するだけでは得られなかった感謝や信頼を得ることができるかもしれません。感謝や信頼が、やりがいに繋がり長く安定して働ける仕事となる可能性も見えてきます。

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

タクシードライバーと言えば中高年や、中途採用者が多いイメージが世間一般では強いかもしれません。
しかし、今や若手のドライバーも、業界では目立ち始めました。
もちろんタクシー会社側が若手や新卒者を積極的に採用していることも、その理由として挙げられます。

ここでは業界最大手の日本交通のケースを紹介しましょう。

無理のない勤務体系でプライベートもバッチリ!

国内での少子化や高齢化に伴う労働人口の減少が予想される中で、タクシー会社でも若手の人材を確保するために、様々な取り組みを行っています。
この点、業界最大手の日本交通でも、20代の方に魅力ある就職先として選ばれるように、若手が活躍できる環境づくりに積極的です。

例えばプライベートを重視する若手の傾向をしっかりと捉え、勤務体系にも配慮しています。
通常、深夜勤務を含めた勤務時間は1乗務15時間30分ですが、翌日は必ず公休や明番になるようにシフト設定されています。
その結果、月換算では11~12回程度の隔日出勤で済むので、月の約半分をプライベートの時間に使うことができます。

また事前申告によるシフト制により、突発的な休日出勤や法定外の残業などは一切ありません。このように、休みや残業が明確になっているからプライベート充実なのも、若手にとっては嬉しい職場環境と言えるでしょう。

さらに、勤務時間中は3時間の仮眠や休憩を遵守しており、過剰労働にならないように徹底しています。
仮眠や休憩も自分の都合のよい時や場所で取れるので、ドライバー未経験の若手でも、無理なくマイペースで働くことが可能です。

業界トップクラスの給与水準で、モチベーションUP!

また、就職するにあたって最も気になる収入面でも、業界最大手にふさわしい魅力が日本交通にはあります。通常タクシー業界では、タクシードライバーに歩合制を適用している会社が大多数。
そのため、活発でフレッシュな新卒なら圧倒的に他の人より稼げる環境があります。
とはいえ新卒採用である以上、運転スキルや地理に疎いため、当初はなかなか売上げに結びつかないのも現実です。
そこで日本交通では、乗車デビュー後の3ヶ月間は月給25万円を保証しています。これならば収入を気にせず業務に集中して、いち早く仕事に慣れることが可能です。

さらに、日本交通の給与水準は、業界でもトップクラスである点も見逃せません。入社1年目の平均給与は約420万円を誇り、これは全業界における新卒者の平均給与の約2倍に当たります。
それが2年目になると約450万円にアップし、5年目を過ぎるころには700万円を超えるドライバーも続々と登場します。
このように歩合制だからこそ、若手でも努力と熱意次第でいくらでも稼げる、嬉しい環境が日本交通にはあります。

また、努力や工夫がそのまま収入に反映するので、ドライバーを続けていくモチベーションもますます高まります。

売上げに直結する、優れた研修制度!

先述したように、日本交通には若手でもガッチリ稼げる環境がありますが、その前提として、充実した研修制度の存在を忘れてはならないでしょう。

まず、入社すると1ヶ月間は研修総合センターや各営業所で、座学や実地研修を受けることになります。
センターでは独自の教育カリキュラムによって、タクシードライバーに必須の第二種免許取得をはじめ、地理講習や接客スキル等を学びます。

なお、第二種免許の取得に必要な経費は、会社が負担するので心配ありません。また、各営業所での実地研修では、熟練の教官スタッフが同乗するマンツーマンの指導により、運転技術から地理マスター、さらに、接客対応や料金計算まで、幅広く実践的な研修を受けます。

ここで注目すべき点は、日本交通の研修では常に一貫して、売上げにつながる視点から、きめ細かい指導が行われていることです。
例えば、地理講習においては単に地理を形式的にマスターするのではなく、お客様を見つけやすいエリアをはじめ、乗車率を高めるルートや近道なども習得します。実地研修においても、各営業所のデータに基づきながら、お客様の多い時間帯や客単価の高いスポットなどを、朝礼や自主勉強会を通じて情報共有するのです。

このように、ドライバー未経験の若手や新卒者を即戦力に育て上げる、優れた研修制度が日本交通にはあります。

将来性のある人生設計が可能な、幅広く豊富なキャリアパス!

せっかくプロのドライバーとして働くなら、仕事と共にキャリアアップを図り、人間的にも成長したいものです。
この点、日本交通のタクシーは将来を見据えた働き方ができるので、若手や新卒者の方にはピッタリな職場環境です。
日本交通での具体的なキャリアパスとしては、「黄タク乗務員」と呼ばれる一般ドライバーからスタートし、入社2~3年目には「黒タク乗務員」と呼ばれる班長クラスのドライバーへと昇格します。

その後、自分の進むべき専門分野の様々な研修や資格取得を経て、「エキスパートドライバー」「スリースター乗務員」「ハイヤー乗務員」といった、よりグレードの高いドライバーへとキャリアアップが可能です。
そして、ドライバー以外にも、営業所での運行管理スタッフをはじめ、本社での人事や経理といった内勤スタッフへの配属もあります。

さらに、実力や実績が認められると、将来的には役員への道も拓けます。
なお、日本交通におけるタクシー部の執行役員や取締役は、全員タクシー乗務員の経験者です。
また、新卒で入社した場合、年に一回の自己申告制による面談を受けることができます。ここでは、直属の上司以外の専門スタッフが担当し、将来のキャリア等について親身になって相談に応じてもらえます。

このように、若手や新卒者の将来をしっかりと考え幅広く多彩なキャリアパスを用意している点も、日本交通の魅力と言えるでしょう。

アプリ導入や有名企業とのコラボで知名度が高い!タクシードライバーへの転職なら、働きやすい環境のある日本交通へ!

アプリ導入や有名企業とのコラボで知名度が高い!タクシードライバーへの転職なら、働きやすい環境のある日本交通へ!

これからタクシードライバーへの転職を目指す方もいるはずです。
その際に、何を基準にして職場を選ぶのかは人それぞれでしょう。

しかし、ドライバー未経験者のように業界に疎い方にとっては、色々と迷うかもしれません。
そこで、業界最大手で知名度も高い日本交通について、ここでは詳しく紹介します。

日本交通は知名度も給与水準も抜群!

昭和3年(1928年)創業の日本交通は、業界でも抜群の歴史と実績を誇るタクシー会社です。特にこれからタクシードライバーへの転職を目指す方には、まさにおすすめしたい業界最大手の企業です。
このような会社は知名度が高いだけではなく、給与が高いことや福利厚生など働きやすい環境が整っているからです。

例えば給与については、業界でもトップクラスの水準を誇ります。未経験者でも入社1年目で既に平均420万円を実現。
これが2年目になると約450万円にアップし、さらに5年目を過ぎると最高で約790万円にまで達するドライバーも現れます。

また、充実した福利厚生も日本交通の魅力の1つ。
年金保険や健康保険といった社会保険の完備はもちろん、年次有給や特別休暇制度も充実しています。その上、従業員やその家族の将来を考えた財形貯蓄制度をはじめ、自社工場によるマイカー車検修理割引制度、あるいは無事故表彰他諸制度など、従業員の経済的な負担軽減やモチベーションUPにつながる制度も豊富です。加えて、日本交通では社内のサークル活動がとても活発。
野球やサッカーなどのスポーツの他に、囲碁や将棋、書道や園芸など、幅広いジャンルのサークルが存在します。
プライベートでも従業員同士の交流機会が沢山ある、充実した楽しい職場環境です。

未経験者にも丁寧な研修制度!研修後のフォローも充実!

日本交通では、未経験者の方でも短期間で一人前のドライバーになれるように、密度の濃い丁寧な研修プログラムを用意しています。
まず未経験者の方が入社すると、タクシードライバーには必須である第二種運転免許の取得へ向けて学びます。日本交通独自の教育システムによる指導で、最短9日間で取得可能です。
なお、取得にかかる費用は、会社が負担するので心配ありません。

また、総合研修センターに入ると、地理マスターから接客スキルまで、きめ細かく丁寧な指導を受けます。
さらに、各営業所へ配属後の実地研修では、熟練の教官が同乗しながらマンツーマンで指導を行います。この際には、単に運転スキルや地理状況を覚えるだけではなく、お客様の多いルートや時間帯などをきめ細かく学びます。

このように未経験者の方でも一人前のドライバーとして自立できる、優れた研修制度が日本交通にはあります。
そして、研修が終わった後も、各営業所で実施される会議や勉強会などを通じて、お客様の乗車率や売上げをレベルアップするためのフォロー体制があります。
その上、入社後から3ヶ月間は月給40万円を保証してくれるので、当初は仕事に不慣れな未経験者の方でも、安心して業務に集中できます。

業界最大手ならではの集客システムで、無理なく稼げる!

通常タクシー業界では、ドライバーに歩合制を適用する会社がほとんどです。そのため努力や工夫次第では、未経験者の方でも入社1年目からどんどん稼ぐことが可能です。日本交通ではそんな熱意のあるドライバーに応えられる、数多くの集客システムを用意しています。
例えば、人の流れの多い複数の主要スポットに専用乗り場を設置しているので、お客様を探す時間や手間をかけることなく、スムーズに乗車率をUPすることが可能です。

また、日本交通ではお客様がいつでもどこでもタクシーを呼び出せるように、便利で快適な「配車アプリ 全国タクシー」を導入しています。
ドライバーはお客様のもとへ無駄なくスピーディーに直行できるため、このアプリ導入が集客率UPに結びついています。
これらの他にも、日本交通では有名企業とのコラボにより、タクシーの車体に特別なラッピング塗装をすることで、定期的にプロモーションを行う取り組みをしています。こういった車体は有名企業のプロモーションに役立つだけではなく、街中で人々の目を惹き付けるため、タクシー利用率の向上にもつながります。

そしてもう1つ日本交通の集客システムで忘れてはならないのが、タクシーチケットの存在です。官公庁や大手企業をはじめ、約1万以上の法人と契約しているので、日本交通を選んで乗車いただける客単価の高い固定客を、コンスタントに集客できます。
このように日本交通には、業界最大手ならではの優れた集客システムがあります。

無理なく働ける職場環境なので、女性やシニアの方にもおすすめ!

いくら収入が良くても、やはり継続して勤務できなければ意味がありません。この点、日本交通には性別や年齢に関係なく、誰であっても働きやすい環境が整っています。
夜勤のある勤務シフトについては、翌日に必ず明番や公休が設定されており、しっかりと心身が休める勤務条件になっています。
そして、勤務シフトは事前申告制なので、休日などに突発的な出勤命令や法定外の残業もありません。

また、1乗務15.5~18時間の勤務中には、必ず3時間の休憩や仮眠を取るように厳守されています。都合のよい時や場所で休めるため、女性やシニアのドライバーでも無理なくマイペースで働けます。実質的に月間11~12回乗務ということもあり、休みが多くプライベートが充実。
これなら友人や知人、あるいは家族との楽しい時間も十分に確保できます。

さらに、日本交通には、女性ドライバーに優しい職場環境があります。営業所には更衣室はもちろん、女性専用の休憩室を設けて、女性だけでリラックスできるように配慮されています。
また、タクシー全車に防犯カメラを設置している他、緊急通報システムによって、万が一の場合でも素早く対応できるように準備されています。
この他にも、女性ドライバー専用のタクシー車両や、産休育休が取りやすい勤務条件など、女性ドライバーが働きやすい職場づくりに積極的です。

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

タクシードライバーとして転職を希望する場合、就業できないと判断されるのはどんな場合なのでしょうか?
持病など、健康面での問題があると不採用になるのか、またタクシードライバーへの転職に向けてどんなことに気を付けていけばよいかなどについて考えてみます。

タクシードライバーになれない持病

タクシードライバーは、30代からでも転職しやすい職種であると言われていますが、乗客を乗せるという責任のある職務内容であることから、採用基準としては、安全運転を徹底して実行することができる心身の健康が絶対条件となります。
自動車の運転はただでさえ交通事故などの危険が懸念されるものなので、持病などを持っていると勤務が難しくなることも少なくありません。
タクシードライバーの採用面接の際には、必ず身体検査も行われていますが、採用の際にタクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)の病歴がチェックされます。

そのような持病がある場合は、突発性の発作などを運転中に引き起こす可能性を否定できないので、治療の有無などについても詳細を確認されることになります。仮に上記の持病があったとしても、しっかりと治療を行っており、病気の進行を抑制できているという医師の判断があれば、就業可能な場合もあります。

まずは主治医などに相談をして、現在の健康状態でタクシー運転手の仕事ができるかどうかを確認しておくことが必要です。
また、就業可能ということであれば、診断書を書いてもらうのがよいでしょう。

タクシー運転手になるために気をつけることは?

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣とはどのようなことなのでしょうか?
タクシー運転手は、毎日安全に乗客を乗せるという責任の求められる仕事です。先に書いたような病気があると、就業できない例も多いですが、日頃の食生活や、習慣などにも気をつけていかなければなりません。
特に食習慣が乱れてくると、病気につながる可能性も大きくなります。

また、タクシー運転手はずっと座って運転し続けるという職業柄、腰痛を起こしやすいですが、その腰痛に繋がりやすくなる肥満は避けたいところです。
面接の際に一定の基準を超えていると不採用になる場合もあるくらいなので、過度の肥満に陥ることがないように日頃の生活習慣を見直しておきましょう。

また、健康面以外のことでは、物を立体的に見る視力などのより深い視力を養うことが必要になります。
タクシー運転手には、普通自動車第一種免許以外にも、乗客を乗せて運転する際に求められる、普通自動車第二種運転免許も必要となります。
試験を受けるのは入社後であり、勤務先に費用を負担してもらえますが、深視力が劣っていると試験に受からない可能性が高いので、気をつけなくてはいけません。

タクシー運転手の採用試験とは?

いざ、タクシー運転手への転職を決めて、採用試験を受けようとすると、どのような流れになるのでしょうか?
タクシー会社によって試験の内容や、日程は多少異なるかもしれませんが、大まかな流れとしては、まずは会社が行う説明会に参加をして、入社の意向がある場合は面接の予約をします。
その後、履歴書や職務経歴書を持参して面接に臨みます。その場でエントリーシートに記入をして書面での適正検査、診断や深視力の測定などを行います。
ここまでの流れでは会社によって内容の差はあるかもしれません。

重要なのは、仮に面接に合格しても健康診断があるということです。
健康診断は面接の日の午後にすぐ行われる場合もあれば、後日行われる場合もあります。

タクシー運転手の業務は長時間に渡る肉体的にも身体的にも疲労する仕事です。応募者の健康状態に関しては、何より重要に考えている会社が多いです。
採用の基準に関わる持病の有無だけではなく、慢性的な腰痛はないか、睡眠時無呼吸症候群のリスクはないかどうかについてもチェックされます。

健康面に問題があり不採用となれば、タクシー会社の採用試験の基準はどの会社も大体同じであることが考えられるので、他社でも働けない場合があるから注意する必要があります。

タクシードライバーを続けるために重要なことは?

タクシー運転手になるためには、採用を目指して健康に気をつけて生活をすることが重要であると書きましたが、それは採用されてからも同様です。
実際に業務が始まると、腰痛や、勤務時間が不規則なことによる胃痛などを引き起こしやすくなります。
一定時間座ったままの仕事になるので、ある程度は仕方ありませんが、定期的に体を少し動かす習慣をつけるなどして気をつけていく必要があります。
普段からの運動不足や、過度の飲酒や食生活の乱れは、ドライバーを続けられなくなるような病気に発展する可能性があります。

健康診断で少しでも異常が見られたら、すぐに受診して治療、改善に臨むようにしていきましょう。健康面に気を付けることは運転をする仕事を続けていくのに最も大事なことであると言えます。
それ以外にもドライバーとして、交通事故や違反などにも最大限注意を払っていかなければなりません。

万が一、一定の点数を超えてしまい免停にでもなれば、文字通り免許の効力が失われてしまうので、その間は車の運転ができなくなってしまいます。
健康面と併せて、乗客を乗せてどんな時でも安全運転を遵守することが、タクシードライバーには求められています。

タクシーが一番稼げる環境のある東京都内で、確実に稼ぐなら日本交通がおすすめ!稼ぎやすい会社は日本交通で決まり!

タクシーが一番稼げる環境のある東京都内で、確実に稼ぐなら日本交通がおすすめ!稼ぎやすい会社は日本交通で決まり!

これから東京都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
ただしせっかく働くならば、稼ぎやすく働きやすい条件のそろった、有名なタクシー会社がいちばん。

そこで充実した職場環境で知られる、業界最大手の日本交通について、ここでは紹介しましょう。

業界最大手だからこその、魅力的な給与水準!

タクシードライバーへの転職を考えている方にとって、まず最も気になるのが収入のことではないしょうか。この点、通常タクシー業界では、ドライバーの売上げに歩合制を適用しているケースがほとんどです。
そのため、タクシードライバーに対する世間一般のイメージでは、収入が不安定で低いといったイメージがあるかもしれません。

しかし、少なくとも業界最大手の日本交通に限ってみれば、そのイメージは正確なものとは言えないでしょう。
なぜならドライバー未経験の方であっても、入社1年目での日本交通の平均年収は420万円。
これは業界でも平均水準を上回る数値です。
しかも2年目以降は450万円にアップし、5年目を過ぎる頃には年収790万円を目指せる環境水準のドライバーも、続々と現れ始めます。
さらに、入社後3ヶ月までは、なんと月収40万円の保障制度まであります。
これならば、運転スキルや地理に不慣れなドライバー未経験者の方であっても、当面は収入を気にすることなく業務に集中することができるでしょう。

このように世間一般のイメージとはかけ離れた、恵まれたタクシードライバーの収入環境が、日本交通にはあります。

安定して高い給与水準を維持できるのには訳があります!その1

東京都内ほど、タクシーが一番稼げる環境に恵まれているエリアはないと言っても、過言ではないでしょう。
その中にあって、安定して確実に稼ぐなら、やはり業界最大手の日本交通がいちばん。
もちろん、それを実現するだけの訳があります。

まず、入社後から1ヶ月間は、タクシードライバーには必須の第2種免許の取得をはじめ、総合研修センターでの座学。さらには、各営業所に配属後の実地研修に至るまで、充実したカリキュラムを幅広く体験することになります。
この一連の研修を通じて、運転スキルや接客マナーはもちろん、地理講習から交通法規までしっかりとマスターします。

特に日本交通の研修で見逃してはならない点は、常に売上げ向上のための観点からカリキュラムが組まれていることです。
例えば地理講習一つを見ても、単に都内の道路網を覚えるだけではなく、乗車率を上げるための合理的かつスピーディーな近道や裏道などを、きめ細かく学びます。
この他にも、営業所での実地研修では、お客様が多いエリアや時間帯またはルート等を、熟練の教官スタッフが同乗しながら、みっちりと指導します。
加えて、営業所内で蓄積された独自のデータを利用しながら、朝礼や自主勉強会を通じて、売上げ向上のためのノウハウを社員同士で共有します。

安定して高い給与水準を維持できるのには訳があります!その2

一通りの研修が終わっても、それで直ぐに稼げるわけではありません。
特に、運転スキルや地理に疎いドライバー未経験者の方であれば、なかなか売上げに結びつかないのが現実です。
この点、日本交通では売上げに直結する、優れた集客システムを構築しているので安心です。

例えば都内30か所以上の専用乗場もその1つ。
大型駅前ロータリーや有名ホテル、あるいは観光スポットや公共施設の周辺など、人々の流れの多い主要拠点に専用乗り場を設置。
お客様を探しながらの流し営業のように、無駄な時間をかけることなく、効率的かつスムーズな集客を可能にします。

もう1つ日本交通の集客力で見逃せないのは、タクシーチケットの存在です。
官公庁や大企業をはじめ、数多くの法人と取引実績があるので、客単価の高い固定客をコンスタントに確保することが可能です。

この他にも、スマートフォンの乗車予約アプリを活用して、IT時代にも対応しており、ピンポイントで素早くお客様のいる地点へ直行できるため、効率よく売上げにつなげることができます。
稼ぎやすい会社は日本交通と言われるのは、まさにこのような充実した集客システムがあるからです。

未経験者はもちろん、女性やシニアの方でも働きやすい環境です!

日本交通の勤務条件で優れているのは、なにも収入面だけではありません。
勤務シフトから福利厚生まで、業界最大手にふさわしい数々の制度や仕組みが用意されています。

まず勤務時間については、事前申告を原則とした完全シフト制なので、突発的な休日出勤などは一切ありません。
また勤務日の翌日は必ず明番休みや公休日を設定しており、しっかりと心身をリフレッシュできる時間があります。

もちろん業務時間帯の休憩や仮眠の確保も徹底しているので、自分の好きなタイミングや場所でゆっくりと休むことが可能です。
このようにシニアや女性が働きやすい環境があり、無理なくマイペースで勤め続けることができます。

また、福利厚生については、年金保険や労災保険など各種の社会保険がバッチリ完備されています。
さらには、慶弔見舞いをはじめ財形貯蓄制度や無事故表彰制度、さらには自社工場によるマイカー車検修理割引制度などによって、社員やその家族の生活を経済的にサポートします。

休暇制度についても、有給休暇はもちろん産休や育休など、様々なライフイベントに対応できる制度が整っているので安心です。
この他にも、会社と提携している保養施設やスポーツジムなど、リーズナブルな料金で利用できるので、充実したプライベートの時間を過ごすこともできます。

タクシードライバーに就職、転職する時に知っておきたいのが給与天引きのシステム!カード手数料は自己負担?

タクシードライバーに就職、転職する時に知っておきたいのが給与天引きのシステム!カード手数料は自己負担?

勤務先の給与の実情は、実際に支払いを受けてみないと分からないことがあります。
タクシードライバーの仕事の場合、もらった明細書を見て、初めて給与天引きの事実に気付くこともあるでしょう。

ここでは、タクシードライバーの給与に多く見られる、天引きの項目についてお伝えしていきます。

給与天引きにありがちな項目1事故に関する費用

タクシー会社の中には、万が一ドライバーが勤務中に事故を起こした場合、費用を給与天引きにするところもあります。
例えば、衝突事故を起こすと、車両の修理代金などが発生します。

乗客やタクシードライバーが怪我をした時には、治療費などが必要になってくるでしょう。このような費用は、通常はタクシー会社が契約している自動車保険でカバーされます。
ただ、契約の条件によっては保険金給付の対象外になるケースも出てきます。

また、ドライバーが仕事に復帰をするまで時間がかかる時には、休業補償などで新たに会社側に負担が発生する場合も。このような事情がある場合はもちろんですが、タクシー会社側に特に金銭的な損失がなくても、1種のペナルティの形でタクシードライバーに一定の金額を支払わせるケースも見られます。
労働基準法では、損害賠償金などを給与天引きすることは禁止されていますが、罰則金などの名目で多少の事故負担金が発生することはあり得ます。

事故のレベルや状況によっても扱いが変わることが多く、タクシー会社に就職や転職をする時には事故負担金の詳細について調べておいた方が良いでしょう。

給与天引きにありがちな項目2遠距離走行の場合の高速代金

乗客を遠隔地まで送るような時には、高速道路を使うケースも出てくるでしょう。このような場合に発生する往路の高速代は、乗客に料金として請求することが出来ます。
しかしながら、遠方からの帰路の高速代については給与天引きとなる可能性も少なくありません。

乗客がいない帰路の場合は、一般道で帰ることももちろん出来ますので、敢えて高速道路を使った場合は、高速代がタクシードライバーの自己負担になることがあります。
タクシードライバーの仕事は、営業区域が予め決まっています。
そのため、営業区域以外の場所で乗客を拾うことは、現実的に難しくなるでしょう。
自分の営業区域まで戻るまではいわば仕事が出来ない状態になるため、到着まで時間がかかり過ぎると、丸1日仕事が出来ないというケースもあるわけです。
こうなると、就業しているのにもかかわらず営業利益が落ちてしまうのが問題です。

こういった事情から、帰路も高速道路を使うタクシードライバーは少なくないのが現実です。
ただ、タクシー会社によっては、営業区域までの高速代を負担しています。
遠方からの帰路の高速代を誰が負担するかは、入社する時に確認しておきたい1つのポイントになるでしょう。

給与天引きにありがちな項目3カード払いの場合の手数料

タクシーを利用した乗客がクレジットカードでの支払いを選択した場合、一定の割合でカード会社に支払う手数料が発生します。
このようなカード手数料も、タクシードライバーの給与天引きになりがちな項目の1つです。

比較的大手のタクシー会社は、カード手数料についても事業者負担として取り扱っていることが少なくありません。
しかしながら、地域密着型の小規模なタクシー会社の場合は、カード手数料をドライバーからの給与天引きにしているケースもあります。
カード手数料が給与天引きされると、都市部などのクレジットカードの利用者が多い地域では、ドライバーの負担も大きくなるでしょう。
その都度手数料を負担する必要が出てくるため、現金払いの時に比べて取り分が少なくなります。
本来の取り分がカード手数料の分だけ減ってしまうことになりますので、クレジットカード払いの乗客を敬遠するドライバーも出てきます。

こういったカード手数料の給与天引きについては、余り公にしていないタクシー会社が多いため、実態が分かりにくいのが難点です。
入社する時に心配な時には、口コミ情報などを見てその会社のシステムを把握しておくと安心です。

給与天引きにありがちな項目4ガソリン代金やトラブルの費用

タクシーで走行中には、頻繁に給油をする必要があります。こういった給油の際のガソリン代金は、タクシー会社の負担となるのが一般的です。
しかしながら、給油に利用出来るガソリンスタンドが予め指定されている場合は、タクシードライバーがガソリン代金を負担する状況も現実的に出てきます。

例えば、給油が必要な時に指定のガソリンスタンドが見つからなければ、指定外のスタンドを利用して給油をしなければならなくなります。給与天引きになる可能性があるのが、このような時に発生するガソリン代金です。
遠距離走行の際には、最寄りのガソリンスタンドで、急きょ給油しなければならない状況も出てくるでしょう。
この手の状況を考慮して、一定の金額の範囲内であれば、指定外のスタンドで給油をしてもガソリン代金を事業者負担の扱いにするタクシー会社も見られます。

また、盗難等のトラブルに関しては、タクシー会社の方針で対応が分かれるところです。タクシードライバーに重大な過失があり、万が一乗客から損害賠償を請求された場合でも、その金額をそのまま給与天引きされることはありません。
ただ、事故の場合と同様に、何らかの形で負担金が発生する可能性はあります。
給与の内訳は入社前に確認をするのが、タクシードライバーに転職をする時の基本と言えるでしょう。