日本交通はアプリ導入や有名企業とのコラボも多く、知名度が高い上に働きやすい環境です。

日本交通はアプリ導入や有名企業とのコラボも多く、知名度が高い上に働きやすい環境です。

タクシードライバーへ転職しようと考えている場合、どのような点を考慮してタクシー会社を選びますか。
収入の面で選ぶ方が多いかと思いますが、働きやすさも重要です。

今回は働きやすい環境として定評がある日本交通について紹介します。

働きやすい環境の日本交通

老舗最大手である日本交通は、タクシードライバーの働きやすい環境を維持するために様々な取り組みを行っています。
未経験でタクシードライバーに転職しようと思っている場合、ちゃんと働くことができるか不安になりませんか。

日本交通では教育・研修制度が充実しており、未経験者は1ヶ月間じっくり研修をすることができます。研修期間中は未経験者向けに運転や接客、地理などについて丁寧に教えてもらえるので安心です。
また、研修期間中も1万円の日当と交通費が支給されるので、生活費に困ることはありません。
他にも日本交通では第2種免許の取得や班長同乗指導など様々な手厚いサポートがあります。

タクシードライバーというと、朝から晩まで働いて休みが少ないというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
日本交通では法定外の残業はありません。また、事前申告のシフト制なので、休みが多くプライベートが充実しています。

確かに勤務日は1乗務15.5~18時間働くことになりますが、翌日は必ず休みになります。
また勤務時間中も3時間の休憩・仮眠をとるので、無理なく働くことができるのです。

日本交通って収入の面ではどうなの?

タクシードライバーへ転職を考えているのであれば、どのくらいの収入をもらえるかどうかが気になるのではないでしょうか。

日本交通は働きやすい環境でありながら、給与が高いといわれています。

なぜなら日本交通では未経験で入社して1年目の平均年収が420万円、入社後3ヶ月間は月給40万円を保証してくれるからです。
他の業界であれば未経験でこんなに給料をもらえるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

日本交通では運転スキルよりも接客を大切にしているので、学歴や経歴を不問で採用を行っています。

また、女性や年配の方も積極的に採用しているので、子育て中の女性や50代以上の方でも高収入を得るチャンスがあるのです。
もちろん、前職がフリーターやアルバイトの方でも、努力した分だけ収入を上げることができます。

日本交通のタクシードライバーの最高年収は789万円、給与形態は歩合制なので、経験年数は関係ありません。入社1年目でも売り上げによっては、ベテラン以上の収入を得ることも可能です。
さらに日本交通は全員正社員雇用なので、安定した収入が得られます。

もし収入などに不満があれば、各営業所ごとにある労働組合に相談することもできます。

アプリを導入など日本交通の幅広い取り組みとは?

日本交通ではアプリ導入をして配車をスムーズにするサービスを行っています。

日本交通の配車をアプリで行いたい場合は、配車アプリ 全国タクシーから利用することができます。
操作は簡単で、タクシーのお迎え先を地図上で指定するだけです。電話で配車を頼むと、なかなかつながりにくかったり、説明が難しかったりするので、アプリのサービスは利便性があるのではないでしょうか。さらにこのアプリを利用すれば、現在地から目的地までの概算料金を調べることができる便利な機能もあります。

日本交通では、このような便利なアプリを導入しているので、売り上げにつながっているのです。

他にも日本交通では売り上げにつながる幅広い取り組みを行っています。
取り組みの一つである観光タクシーは、外国人や地方から来る高齢の方に対して、都内の観光名所を案内するサービスです。
英語のスキルがあれば、それを活かすことができます。

キッズタクシーは子どもの病院の送迎や塾や習い事の送迎などを行います。
子育て中の女性ドライバーなどが活躍できるサービスです。

ケアタクシーは高齢の方や身体が不自由な方のお出かけをサポートするサービスです。
前職で介護の仕事を経験しているのであれば、その経験を活かせます。

日本交通は知名度が高い企業です。

日本交通は有名企業とのコラボをして、定期的にプロモーションを行う企業です。有名企業とのコラボを行う場合、タクシーの外装も特別仕様になります。
特別仕様になった外装は、通行人の目を引きやすく、まるで走るプロモーションのようです。

このように日本交通は注目を浴びることが多く、知名度が高いタクシー会社といえます。90年の歴史を持つ老舗のタクシー会社でありながら、新しい取り組みを積極的に行う日本交通は、柔軟性のある企業といえるのではないでしょうか。

しかし、日本交通は新しい取り組みだけをしている企業ではありません。
日本交通では接客をとても大切にしている企業なので、リピーターが多いという特徴があります。

こだわりのある接客として、迎車の連絡を受けたら迅速に出迎えることを行っています。他にも丁寧なドアサービスや社内での挨拶も欠かさず行います。
挨拶をする時はお客様の目をしっかり見て行うので好評です。

このように日本交通は接客を第一に考えて営業を行っているので、お客様が日本交通を選んで乗車いただけるのです。

お客様の中には「タクシーは日本交通しか乗らない」という方もいます。
このように思ってくれるお客様がいる日本交通は、とても働きがいがあるのではないでしょうか。

タクシードライバーは健康面に問題があると不採用になりやすい?!就業できない例や注意したい持病をご紹介します!

タクシードライバーは健康面に問題があると不採用になりやすい?!就業できない例や注意したい持病をご紹介します!

タクシードライバーは、毎日の健康管理が必要。これから転職を考える場合にも、健康面のチェックはぜひ済ませておきたいところです。

タクシードライバーへの転職で、不採用になりやすい事例や、気を付けたい病気などについて今回は取り上げていきます。

体調管理が求められるのがタクシードライバーの仕事

タクシードライバーの主な仕事は、乗客を乗せて希望の場所まで送迎することです。
タクシー会社によっては、簡単な観光ガイドのような業務も請け負うタクシー会社もありますが、メインはやはり乗客の送迎になります。

運行中、乗客はいわばドライバーに命を預けた状態です。運転ミスによって、大きな事故に巻き込まれる可能性もあるため、ドライバーは常に慎重な運転を心がける必要があります。
ただ、どんなに慎重な方でも、体調が悪い時には判断が狂いがち。

従って、タクシードライバーは日頃から体調管理が求められてきます。
転職の際の採用面接でも、健康面についてのチェックは、大抵行われます。持病があるかどうかや、飲酒の習慣などを質問される場合もあるでしょう。

タクシードライバーの仕事は、シフトによっては長時間に及ぶケースも出てきます。
こういった時に、きちんと仕事をこなせる体力があるかも、1つのチェックポイントになります。

タクシードライバーへの転職を考える時には、自分の体調や体力についても考慮しながら、応募するかどうかを決めていくのがベストです。

短時間のアルバイトが可能なタクシー会社もありますので、各社の勤務スタイルについてもじっくりと比較しておきましょう。

採用のネックになりやすい持病は?

タクシードライバーへの転職で不採用になるケースがあるのが、特定の病気を持っている場合です。

例えば、いつ発作が起きるか分からない重度の心臓病やてんかんなどを患っている方は、不採用になる可能性が高くなります。
こういった病気は、万が一発作が起きると意識を失う恐れがあります。安全な走行が出来る状態かどうかは、採用の1つの基準になるでしょう。

また、メンタル面の病気やアルコール依存症も、不採用になりやすい持病です。
その他、中高年世代に多い糖尿病や肝硬変といった病気が原因で、就業できない例も見られます。

糖尿病や肝硬変の方は、体力が低下しやすく、一般的に体調管理が難しくなります。業務によって睡眠不足や過労が生じると、万全の態勢で就業するのが困難になることも。

このようなタクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)を持っている方の場合は、まず医師や採用担当者に相談してみるのも1つの方法です。
業務をこなす上で支障がない病状であれば、医師の診断書を添付することで、就業が出来るケースもあるかもしれません。

隠し立てすることなく、迷った時には相談をするのが良い方法になるでしょう。

持病がある時に気を付けたいこととは?

どうしてもタクシードライバーとして働きたい方は、面接で実際よりも軽く病状を申告することがあるかもしれません。
こういった自己申告で、無事に面接を通過出来た、というケースもあるでしょう。

ただ、タクシードライバーに転職する時には、面接に合格しても健康診断がある場合が多いことを忘れてはいけません。

医療機関などで行われる健康診断では、勤務能力があるか否かがチェックされます。血液検査や画像検査などで、自己申告の内容と実際の体の状態が食い違っているのが明らかになってしまうと、その時点で問題になる恐れがあります。

自分では自信があっても、実際の診断結果で問題が出た、というパターンも考えられますので、自分サイドでも自身の健康状態を正確に見極めましょう。

1つのタクシー会社で不採用になった場合、物は試しのつもりで他の会社を受けてみる方もいるかもしれません。
しかしながら、タクシードライバーの採用の基準は大体似ていることが多く、健康状態が変わらないと他社でも働けない場合があるから注意するようにしましょう。

きちんと治療をして健康状態が良くなれば、タクシードライバーになれる可能性も出てきますので、面接やヒアリングなどでは採用担当者に正確な状態を伝えましょう。

生活習慣を見直して、採用の可能性をアップさせよう!

今後、タクシードライバーとして仕事をしていきたい方は、健康に気をつけて生活をするのが、採用率をアップするための1つのアプローチになります。
糖尿病や肝硬変といった病気は、生活習慣が原因となって発症するケースが少なくありません。

実のところ、運動不足や食生活の乱れ、過度の飲酒などは、このような病気のリスクを上げる要因です。
健康診断で、たまたま血糖値や肝機能の異常を指摘されたような時には、状態が悪化しないうちに早めに生活習慣を改善しておきましょう。

ストレスや過労も、生活習慣病を誘発する原因の1つ。メタボリックシンドロームや動脈硬化、睡眠時無呼吸症候群などは、糖尿病や肝硬変とも合併しやすく、要注意です。
タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣を意識すれば、中高年世代でも問題なく面接にパス出来る可能性がアップするでしょう。

生活習慣は、一度ついてしまうと中々改善が難しいことも。

将来、タクシードライバーの仕事に就きたい時には、毎日の健康管理を徹底するのが1つのポイントになってきます。
健康状態が転職の障害にならないように、生活習慣を整えていきましょう。

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシー業界の今までの常識を変えることにもなっているのが、日本交通の存在といえるのではないでしょうか。
日本交通では、若手ドライバーの育成に注力しています。

予め決められた休日や無理のない勤務時間などが、若者の就職先として選ばれる理由といえるでしょう。

しっかりと稼げる環境

タクシードライバーに若手が増えているという環境については、多くの人が感じているのではないでしょうか。
従前においては、どちらかというと中高年が多いというイメージが大勢を占めていたタクシー業界に変化の波が押し寄せているのかもしれません。

日本を代表するタクシー会社の一つである日本交通では、積極的に20代の若者の採用を強化しています。
むろん、ただ単に若者の採用を強化するといっても、簡単にいくわけではありません。
当事者である若者たちに就職先として魅力を持ってもらえるかどうかということが重要となってくるのです。

日本交通では、社内全体に若手が活躍できる環境を作り上げることを意識しており、強力におし進めてきました。

その結果として、徐々に若手社員が増えるようになったという結果につながっています。
では、具体的に若手が活躍できる環境とは、どのような環境なのかと疑問に思う人も多いかもしれません。

その答えとして挙げられるのは、未経験でも本人の努力次第で稼ぐことができるという点や勤務時間などが予めしっかりと決められており、プライベートな時間が持てるという点などが挙げられます。

日本交通の際立つ魅力!オンオフの切り替えができる

日本交通で勤務する若手が増える主な要因になっているのが、予め勤務時間が決められているという点が挙げられます。
現代の若者の仕事に対する考え方などをしっかりと把握しているといえる取り組みといえるのではないでしょうか。

休みや残業が明確になっているからプライベート充実することになるといえるでしょう。とりわけ、若者にとっては友達との遊びや自由な時間を大切にしたいという思いが多いことは容易に推測することができます。
オンオフのメリハリがつくことで、仕事に対する前向きな気持ちやモチベーションも維持できることにつながるともいえます。

日本交通では、若者に限らず、全てのドライバーの勤務時間の適正な管理に努めていることでも知られています。
法定外残業やサービス残業は一切ないという点にもこだわりを持って臨んでいるのです。

タクシー会社をめぐっては、まだまだドライバーへの不当な扱いなどの問題が残っていのが現状です。
立場の弱い従業員に対して過剰労働やサービス残業の強要などを求めるタクシー会社も散見されます。

日本交通では、そのようなことが一切ないことも若手に人気を集める理由といえます。

同世代よりも多く稼げる環境

日本交通の特徴として新卒採用を積極的に行うという点もあります。この点についても日本交通に若手ドライバーが多いことの理由になっているといえるでしょう。
新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということも、日本交通で勤務することのメリットといえるのではないでしょうか。

日本交通では、新卒採用者に対しての研修制度なども充実しており、社会人としての経験がないことも見据えた上での教育をしています。
都内にも多くのタクシー会社がありますが、日本交通のように研修制度が充実している会社は他に類を見ないといっても過言ではありません。

確かに研修の時間は設けているものの、極めて形式的なものに終わってしまっているというケースが大勢を占めているのが実態かもしれません。

日本交通では、新卒採用者を一からしっかりと育てることが、本人はもとより、タクシー業界全体にとってもプラスに寄与すると考えているのです。

タクシードライバーとしてのスキルを身につけることで、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということにもつながります。

現に他の業界に勤務している同世代と比較しても、年収が多いという若手ドライバーが目立ちます。

長きにわたって活躍できるタクシードライバー

若者の就職先として日本交通が選ばれる理由にもなっているのが、タクシーは将来を見据えた働き方ができるという点にもあります。

当然ながら、若者といえども、将来の自分のあるべき姿などを念頭に置いた就職先選びをすることになります。
今が良ければ良いというような考え方をする人はいないといっても過言ではないでしょう。

新卒採用で入社する際には、独身であっても、将来的には結婚して家庭を築くなどという将来像を思い描くことも大切なことではないでしょうか。
子供を設けてマイホームを購入したいなどの夢や目標を掲げている人も多いはずです。

日本交通では、新卒採用をした社員が、将来も安心して勤務することができるような環境づくりにも積極的に注力しています。

タクシードライバーとして、運転のスキルやテクニックを身につけるということ以外にも、時代の流れを先読みしたさまざまな取り組みをしているのも特徴の一つです。

例えば、グローバル社会を視野に入れての取り組みとして英会話の習得や、高齢化社会に向けての介護タクシーの導入など、タクシードライバーとして長きにわたって活躍することができるようにサポート体制を盤石なものにしようとしています。

東京都内こそタクシーが一番稼げる環境!そして稼ぎやすい会社は日本交通!業界最大手の日本交通で確実に稼ぐ!

東京都内こそタクシーが一番稼げる環境!そして稼ぎやすい会社は日本交通!業界最大手の日本交通で確実に稼ぐ!

これから東京都内でタクシードライバーとして働きたい方もいるはずです。
ところが異業種から転職する未経験の方や、体力的に自信のない中高年の方にとっては、何かと不安がつきまとい、なかなか一歩が踏み出せないかもしれません。

そこで働きやすさで定評のある、業界最大手の日本交通について、ここでは紹介しましょう。

業界最大手にふさわしい、恵まれた給与水準!

タクシードライバーへ転職する際に最も気になるのが、やはり収入面ではないでしょうか。
特にタクシー業界の場合、歩合制を採用している会社が大多数を占めます。そのためタクシードライバーの給与については、世間一般では不安定なイメージを持たれているのもまた事実でしょう。ただし業界最大手の日本交通であれば、この点は心配ありません。
入社1年目のドライバーを見てみると、日本交通の平均年収は420万円という、業界でもトップクラスの数値を誇ります。
さらに翌年には平均450万円台にアップし、入社6年目を迎えるころには年収790万円を目指せる環境も見えてきます。

このように世間のイメージとは大きく異なる、嬉しい現実がここにあります。とは言え、やはり仕事やスキルに慣れない入社1年目は、なかなか売上げに結びつかず、収入面で厳しいこともあるでしょう。

そこで日本交通では、入社3ヶ月までは月収40万円の給与保証により、不慣れな新入社員もしっかりと経済的にサポートします。

さらにタクシードライバーに必須である第二種運転免許の取得費用も、会社が全額負担します。
これならば仕事に慣れるまで収入を気にすることなく、集中して業務に励むことができるでしょう。

高い売上げを可能にする、優れた研修体制!

入社1年目から業界トップクラスの給与水準で、確実に稼ぐことのできる日本交通。その理由は入社直後の研修段階から、既に見ることができます。
まず入社して最初の1ヶ月は、会社の所有する研修所で講義や実習を受けることになります。

ここでは熟練の専門講師や教官によって、タクシードライバーに必須である第2種免許取得に向けての講義をはじめ、地理のマスターや運転スキル、さらには接客スキルや営業ノウハウまで、幅広く徹底的に指導が行われます。
そのうえで見逃せないのは、いかに売上げに結びつくことができるのかという視点で、研修期間中の講義や実習が一貫していることです。

例えば地理講習の際にも、効率よく目的地まで進める道順や近道はもちろん、お客さんが多いエリアや時間帯についても、しっかりとマスターします。
また各地域の営業所に配属後も、ベテランの班長の下で売上げにつながる実地指導を受けたり、営業所の集計データをベースにして、新人のための定期的な勉強会なども開かれます。

このように少しでも早く売上げに結びつき、即戦力となるドライバーを養成するので、地理に不慣れな方や業界未経験者の方でも、どんどん稼ぐことが可能になります。

業界最大手だからこそ可能な、充実の集客システム!

歩合制のタクシードライバーは、努力次第でいくらでも稼ぐことができる職業です。
ただしいくら努力しても、それに応えるだけのサポート環境がなければ、コンスタントに稼ぎ続けることは難しいでしょう。

この点、業界最大手の日本交通では、入社1年目からでもコンスタントに継続して売上げに結びつく、多彩な集客システムを構築しているので心配ありません。

例えば、東京都内というタクシーが一番稼げる環境や立地の中で、さらに都内30か所以上の専用乗場を各エリアの主要拠点に設置。このため、お客を探しながらの流し営業とは異なり、時間を無駄にすることなく、効率よくお客を拾うことができます。

また官公庁や大企業をはじめとした、数多くの法人とチケット契約を結んでいることも、業界最大手の日本交通だからこそできる集客システムの1つ。

チケット利用のお客は単価も高い傾向にあるので、1回の乗車でもスムーズに売上げ向上に貢献します。この他にも独自の専用アプリを採用することで、業界でもトップクラスの無線配車を実現しており、スピーディーかつピンポイントでお客の所在地に駆けつけることも可能です。

このように、稼ぎやすい会社は日本交通と言われても納得できる、充実の集客システムがそろっています。

中高年や女性の方でも働きやすい環境!

せっかくプロのタクシードライバーとしてスタートを切るのであれば、いつまでも長く継続して働きたいものです。

そのためには社員を大切にする、恵まれた職場環境が不可欠であることは言うまでもありません。
この点、日本交通には勤務シフトから福利厚生に至るまで、社員の働きやすい環境をサポートする、様々な制度や取り組みがあります。

勤務については営業中の休憩や仮眠を徹底し、法定外の残業は一切ありません。
また夜勤のある勤務シフトについても、仕事の翌日には必ず明番や公休日を入れて、ドライバーの心身に負担のないように配慮しています。

プライベートな時間もしっかりと確保できるので、家族との団らんや友人とのレジャーなど、理想的なワークライフバランスを実現できます。

福利厚生については、健康保険や労災保険など各種社会保険の完備はもちろん、年次有給や産休育休などの休暇制度もバッチリです。
さらに社内には女性専用の休憩室や仮眠室もあり、女性が働きやすい環境が整っています。この他にも、財形貯蓄制度や無事故表彰制度、さらには自社工場によるマイカー車検修理割引制度といった、経済的なサポート体制も充実しています。

これからタクシードライバーへの転職を考えている方には、業界最大手の日本交通こそ、まさにおすすめの職場と言えるでしょう。

タクシードライバーは稼げる!年収790万円を目指せる環境で安定した収入を望むなら給与保証がある日本交通がおすすめ

タクシードライバーは稼げる!年収790万円を目指せる環境で安定した収入を望むなら給与保証がある日本交通がおすすめ

タクシードライバーは年収800万円近くを目指すこともできる転職先として夢のある職業です。
そんな稼げるタクシードライバーになるためには、まずドライバーをしっかりサポートしてくれるタクシー会社に入ることが重要です。

そこで今回は、ドライバーの平均年収業界トップクラスの日本交通をご紹介します。

未経験の転職者でも安心の研修体制と給与保証!

待遇に不満があるとはいえ、慣れた仕事を辞めて未経験分野へ転職するは不安だと考えて転職に踏み出せないという方は多くいらっしゃいます。
そんな方には、日本交通でタクシードライバーになるという選択がおすすめできます。

未経験者が日本交通でタクシードライバーになるメリットは主に、充実した研修体制があることと、給与保証があるという二点にあります。
タクシードライバーになるには二種免許の取得が不可欠です。通常は教習所に費用を払って教習を受ける必要があります。

でも、日本交通に入れば会社がその費用を負担してくれるので無料で二種免許を取得することができます。
また、日本交通では研修期間中でも1万円の日当と交通費支給という手厚いサポートがあるので研修期間中の生計も安定させることができます。

費用面だけでなく研修内容も優れています。運転、接客、地理などの基礎的な研修はもちろん、売上向上の研修があるのが日本交通の特徴です。研修を修了し、業務を開始する最初の一ヶ月目から安定した収入を得ることができるように充実した研修が実施されています。
そのため、未経験1年目の平均年収でも420万円という実績を残しています。

研修がしっかりしているとはいえ、最初の数か月はしっかり稼げるか不安だという方でも安心です。
日本交通では、初めの三ヶ月は40万円の月額保証制度があります。つまり、最初からある程度稼げる環境で業務を始めることができるのです。

業界最大手ならではの集客力だから乗客確保に困らない

日本交通は7年連続で売り上げナンバーワンを獲得した実績もある業界のリーディングカンパニーです。
業界最大手で働く安心感の中でタクシードライバー-として働きたいなら、日本交通がおすすめです。

日本交通が高い売り上げを残すことができる理由は、その集客力にあります。
専用乗場や無線配車など稼げる環境が日本交通には揃っているので乗客を確保できないという状況に陥りにくいのです。

また、日本交通の営業所は都心にあって営業しやすいという点も高い集客力を支えています。アプリでの配車など時代にあった営業方法をしていることもスマホの使用率が上がっている現代社会においては有効な方法であり、成功を収めています。
こうした集客の強さがドライバーの高年収にもつながるのです。

さらに、日本交通では従来のタクシー会社にはない幅広い取り組みを実施しています。
外国人観光客を相手に運転だけでなく観光ガイドも行う観光タクシー、親御さんに代わって塾の送迎などを代行するキッズタクシー、高齢者や身体が不自由な方の通院や買い物をサポートするケアタクシー、いつ起こるか分からない陣痛の時に駆け付ける妊婦さん向けの陣痛タクシーなどサービスの幅を拡大しています。

事前申告制でノルマなし!自分の時間もしっかり確保できる

都心を中心に営業する日本交通は年収790万円を目指せる環境であると言えます。
しかし、高年収を目指せるからと聞いて、タクシードライバーになってその実態が法外な労働時間であっては元も子もありません。

「自分の時間を確保できる仕事がしたい」という思いから転職を決意した方もいらっしゃるかと思います。
業界のリーディングカンパニーである日本交通はドライバーがプライベートにあてる時間もしっかり守ってくれるので安心の転職先です。

日本交通はドライバーの勤務状況の管理もしっかりしています。なので、法定外の残業を強いられることもノルマを課せられることもありません。

事前申告制でシフトを組むので、あらかじめ連休を組むことも可能です。
日本交通のタクシードライバーの1日の過ごし方で多いのが、AM8時~AM2時という18時間勤務です。間にはランチタイムの休憩、義務づけられている乗務中の仮眠・休憩が3時間あるので安全運転を継続して行うことができます。

勤務日の翌日は休みになるので、次の乗車に向けてリフレッシュする時間も充分にあります。
この働き方を隔日勤務と呼びます。

プライベートな時間を作りやすい働き方で、公休ももちろんあるので、趣味の時間や家族との時間も守ることができます。

タクシードライバーとしてのキャリアアップも可能!

日本交通には、充実のキャリアアップが用意されています。

日本交通には一般のタクシードライバーのほかに、「エキスパート・ドライバー」と呼ばれるドライバーがいます。エキスパート・ドライバーによるサービスを「EDS(エキスパート・ドライバー・サービス」と呼びます。
エキスパート・ドライバーだけが行うことができるのが、観光地をガイドする観光タクシー、要介護者をサポートするサポートタクシーなど専門的な知識が必要となる業務です。

エキスパート・ドライバーになると、更なる高収入が期待できます。

エキスパート・ドライバーになるには、必要とされる資格を取得する必要があります。
ユニバーサルドライバー研修というサポート専用の車両を運転し、介助を必要とするお客さんをサポートするノウハウを学ぶ研修や、介護職員初任者研修、MFA研修、観光タクシーのための東京シティガイド検定や英検など必要な研修や試験を受ける必要があります。

日本交通はこうした資格を取得し、タクシードライバーとしてキャリアアップしたい人のサポートも手厚くなっています。
研修等に必要とされる費用は全て会社負担です。

安定した仕事環境の中でキャリアアップも目指すことができるのは、日本交通でタクシードライバーになる大きな魅力の一つなのです。

アプリ導入、有名企業とのコラボと業界で知名度が高い会社!働きやすい環境の日本交通について紹介

アプリ導入、有名企業とのコラボと業界で知名度が高い会社!働きやすい環境の日本交通について紹介

数多いタクシー会社の中で、業界をリードしている会社が「日本交通」です。
歴史と実績のあるこのタクシー会社は、全国1万5,000以上もあるといわれるタクシー会社の中で、常に売り上げナンバー1を記録しています。

なぜ日本交通が業界を牽引する存在でいられるのか、日本交通の特色について紹介します。

スマホの簡単操作でタクシーが呼び出せる「全国タクシー」アプリ

現在ほとんどの人がスマホを所有している時代です。そんな時代にいち早く対応したのが日本交通です。
日本交通は新しい配車サービス「配車アプリ 全国タクシー」というアプリ導入を行っています。

通常、タクシーに乗車するにはタクシー乗り場や駅前のターミナルに止まるタクシーに声をかける、あるいは電話で呼び出すなどの方法でした。

しかしスマホアプリ「全国タクシー」をダウンロードすればこのアプリと提携している、全国47都道府県のタクシー会社163グループの約3万台のタクシーの呼び出しが可能になっています。
GPS機能によりお客様が現在いる場所を察知し、その場所に最も近いタクシーがすぐに駆けつけるという流れです。

従来の電話連絡の場合は「電話での口頭で場所を説明するため面倒」、「電話がつながらない時がある」、「通話料がかかる」などのデメリットがありました。
しかしこの全国タクシーアプリを使用すれば、それらの不満点は解消されます。このアプリはAppleStore、Google playなどでダウンロードでき、Apple Payでの支払いにも対応しています。

またLINEで呼び出しができる「LINE TAXI」のサービスにも対応しているのが日本交通なのです。

あのアイドルともコラボ?日本交通のメディア戦略

日本交通の特色といえば有名芸能人、有名企業とのコラボです。多くの話題を集めたのが、あの国民的人気アイドル「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんとのコラボです。
2016年きゃりーさんのアルバム「KPPBEST」の発売を記念して、日本交通の特別仕様タクシー「KPPBEST号」が誕生しました。
このタクシーは車体全体がピンク色で、期間限定で3台のKPPBEST号が都内を運行しました。
派手な外観は街で目立つため、twitterなどのSNSでは多くの反応があり、中でも多かったのが「ピンク色できゃりーらしくて可愛い」という女性からの意見です。

このように人気アイドルに合わせたコラボをする柔軟な姿勢が日本交通の良いところです。

そして大塚製薬とのコラボも行っています。タクシーの街灯がポカリスエットになっている「ポカリタクシー」の運行が話題となりました。
コラボ期間中は日本交通タクシー車内にタブレットが設置され、そこに流れるCMを全部観るとポカリスエット1本がもらえる権利が得られるというサービスを実施し、好評を得ました。

またP&Gのファブリーズ、サントリーの伊右衛門とのコラボなど、数々の企業、芸能人と積極的にコラボを実施しています。
定期的にプロモーションを行うことで、消費者の皆様を楽しませているのが日本交通の特色です。

大手なので働きやすい環境が整っている!

日本交通で働くメリットは、休みが多くプライベートが充実するという点です。
シフトを自分の都合によって組めるので、自分の休みたい時にまとまった連休を取ることが可能です。

仕事をすればするだけ収入アップとなる歩合制のシステムなので、休みが多いとそれだけ収入は下がりますが、その分出勤日に多めに時間的稼働をする、などのバランスを取れるのが有利な点です。

また業界をリードする大手の会社である日本交通は、労働環境が整っている働きやすい環境が用意されていることで有名です。
各種保険など従業員のバックアップも万全なのが日本交通なのです。そして知名度が高いために、何度も利用してくれるリピーターが多いのも特徴です。

日本交通にはタクシーだけでなく、ハイヤーのシステムがありますが、日本交通を選んで乗車いただけるお客様を多数抱えているのが、日本交通の強みです。

ハイヤーの常連客では、企業の社長や大きな会社の役職の方がリピーターとして利用してくれます。
このようなお客様はVIP扱いとなりますが、VIP専属ドライバーになれば、わずかな労働時間で給与が高い乗務員になれることもあります。

お客様の立場になって行うサービスの充実

日本交通では「おもてなし」の精神、ホスピタリティを追求したサービスをお客様に提供するため、徹底した研修制度を設けています。
その研修により運転技術だけでなく、接客業としてのタクシー乗務員の心がまえを教育します。

常にお客様の立場になってサービスを行うのが日本交通の特色です。また女性ドライバーも多いのが日本交通の特徴で、女性でも働きやすい環境の提供、バックアップを行っています。

そして日本交通が力を入れているのが、介護業界への進出です。
日本交通は、将来的にますます拡大する介護社会、あるいは高齢化社会を見据えたサービスに取り組んでいます。
それは高齢者、介護が必要で身体の不自由な方々に特化した「サポートタクシー」のサービスです。お客様の通院や買い物などの付き添いに、乗り心地が良く乗り入れが楽な車を用意し、お客様をサポートします。

サポートドライバーは介護に関する資格所有者が担当します。サポートドライバーが持っている確かな知識をもとに、お客様の送り迎えだけでなく生活もサポートするのが、サポートタクシーの狙いです。
このように日本交通は、タクシー業務だけでなく、将来的に必要となる介護業界への進出も積極的に行っています。

タクシー業界だけにとどまらない新たな挑戦、お客様へのおもてなしを考慮したサービスの数々の実践、そして社内での働きやすい環境の提供などが、多くのお客様、社内の従業員から信頼されている要因なのです。

知名度抜群!実力はお墨付き!タクシードライバーをするなら同業他社の中でもNo.1の日本交通で!

知名度抜群!実力はお墨付き!タクシードライバーをするなら同業他社の中でもNo.1の日本交通で!

タクシードライバーへの転職を考えてはいるけれども、未経験ということもあり、なかなか決断できない方もいるはずです。

そこでおすすめなのが日本交通です。
業界最大手なので、他社には見られない安心感やメリットがたくさんあります。

ここではそんな日本交通のタクシードライバーについて紹介します。

入社1年目からでも高収入を実現!

タクシードライバーへの転職を考える人にとって、やはり転職先での収入については気になるところでしょう。
この点、業界内でも「稼げる」と評判の会社で知られる、日本交通なら大丈夫です。

未経験の方でも入社1年目から平均年収420万円を達成。
さらに2年目は平均450万円へとアップし、入社6年にもなると全ドライバーの最高年収が664万円に達します。

このように未経験のスタートからでも、努力次第でどんどん稼げるのがこの業界の魅力です。
そしてそれを実現するには、知名度抜群で同業他社の中でもNo.1の売上げ実績を誇る、日本交通こそ一番の近道です。

タクシードライバーとして働くには最高の環境として、業界内でもその実力はお墨付きです。とは言え、未経験者の方が仕事に慣れるまでは多少の時間を必要とし、収入が不安定になりがちなのもまた事実です。

しかしこの点についても、日本交通なら安心です。
入社して最初の3ヶ月間は、月給40万円の保証制度でしっかりとフォローします

これなら仕事に慣れるまで余裕をもって働くことができます。もちろん研修制度やサポート体制もバッチリなので、給与保証期間が過ぎた後でも心配する必要はありません。

未経験者でもしっかり稼げる充実した研修体制があります!

未経験者の方でも安定して稼げるのには、もちろん理由があります。
まず入社すると、じっくりと1ヶ月の新人研修を受けることになります。

ここで、タクシードライバーには必須の第2種免許を取得する他、運転スキルや接客スキルをはじめ、地理のマスターや営業ノウハウを習得します。
研修では単に運転や接客のスキルを学ぶだけではなく、いかにして売上げにつなげて向上できるかを、みっちりトレーニングします。

例えば地理研修においては、効率のよい早道や近道はもちろんお客さんが多いエリアについても、座学や実地研修を通じて徹底的に学びます。

さらに営業所に配属された後も、時間帯ごとにお客様が多い道やエリアの集計データをベースにして、新人のための勉強会を開催しています。

あるいはベテランの班長が必ず同乗し、売上げにつながる指導を直接受けます。

このように売上げに直結した研修体制なので、未経験者の方はもちろん、地方から出てきて地理に不慣れな方でも、速やかに安定して稼げるようになります。

なお既にタクシードライバーの経験者であれば、研修期間は10日間で済むので、直ぐに路上に出て営業することが可能です。

業界最大手だからこそ、稼ぎやすい仕組みがそろっています!

日本交通では研修体制以外にも、安定して高い稼ぎにつながる仕組みがまだまだあります。
優れた集客システムを構築しているのもその1つ。

都内の主要拠点には幾つもの専用乗り場を設置しているので、流し営業のようにお客様を探すための時間を無駄にすることなく、スムーズかつスピーディにお客様を拾えます。

また信頼と実績ある日本交通では、数多くの企業や官公庁とチケット契約を結んでおり、長距離を移動する客単価の高いお客様を、コンスタントに乗せる機会が沢山あります。

さらにスマホから専用アプリでタクシーを呼べるシステムを開発することで、IT社会に対応した効率のよい配車を実現します。

このため無線配車については、月間約30万件という同業他社の中でもNo.1の実績を誇ります。
その他にも観光案内や介護ケアサービスをはじめ、定期送迎サービスや大口の専属ドライバーなど、専門分野に特化したタクシードライバーのスペシャリストになれば、さらに高い収入も期待できます。

まさにタクシー業界の未来を創るリーディングカンパニーの日本交通だからこそ、幅広く優れた集客システムがあると言えるでしょう。

ただ稼げるだけではない、働きやすい環境があります!

知名度抜群で業界最大手の日本交通には単に稼げるだけではく、終身雇用でいつまでも末永く仕事を継続できるように、福利厚生も充実していて働きやすい環境があります。
健康保険や年金保険といった各種社会保険の完備はもちろん、年次有給をはじめ育児休暇などの特別休暇制度もバッチリそろっています。

また観光スポットに会社の保養所も設置しているので、休暇期間中にレジャーや観光などで気分をリフレッシュすることもできます。
この他にも財形貯蓄制度や慶弔見舞いをはじめ、無事故表彰など様々な制度によって、社員やその家族の生活を経済面からサポートする体制を備えます。

勤務中には3時間の休憩や仮眠を厳守しており、法定外の残業は厳禁となっています。
また勤務日の翌日は必ず明番や公休などの休みが入るシフト制を採用し、家族と過ごしたり趣味に時間を費やせるように、ワークライフバランスの実現に力を入れています。

このように無理なくマイペースで働ける環境があるので、体力に自信のないシニアの方や女性の方でも安心して働くことが可能です。

日本交通が中途だけでなく新卒採用もしていて会社の評判も良いのは、まさにこうした稼ぎやすくて働きやすい環境があるからと言えるでしょう。

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討するにあたって、いろいろ心配なこと、事前に知っておきたいことがあると思います。

給料ってどれくらい?契約条件は?休みって多いの?少ないの?事故や乗り逃げのリスクは?

少しでも疑問を解決して、タクシードライバーへの転職に向けて一歩踏み出してみてください!

給料の仕組みは?

タクシードライバーへの転職を検討する際、まずは給料について知っておきたいですね。

タクシードライバーは基本的には歩合制です。完全歩合制と言って、保証された月給はなく、売り上げが0円なら給与も0円という会社もありますが、日本交通の場合は月給の保証(およそ18万円)があり、それに上乗せする形での歩合制になっています。

歩合は売上が上がるほど増えるので、売上によって給料も増える仕組みです。

日本交通の歩合率は62%で、これは業界でも最高水準です。タイトルで日本交通がおすすめ!としたのは、ここにも理由があります。

たとえば歩合率が62%の場合、月に50万円を売り上げたとすると、31万円が歩合として保証の給与に上乗せされるということです。

と言っても、未経験者が月に50万円もすぐに稼げるものなの?と心配になるかもしれません。

都内の複雑な道が完璧にわかるわけでもないし、利用者の多い場所の知識もないし・・・

そんな不安はよくわかります。

でも、日本交通なら未経験者には1カ月の研修期間があり、都内の交通事情や地理をベテランドライバーが教えてくれます。

もちろん研修中も給与を支給します。

しかも、研修終了後の3か月間は月給40万円の保証があるのです。

毎月の売り上げを心配することなく、お客さまの多いところを実際に運転して学びつつ、3か月かけて仕事に慣れて行く環境が整えられているわけですね。

事故や乗り逃げのリスクは?

先に述べた給料も大事な契約条件の1つですが、も1つ大切な契約条件があります。

それは、タクシードライバーという仕事をするうえでは避けることのできない、事故や乗り逃げのリスクについてです。

万が一事故を起こしてしまった時の補償について、どこへ入社するにしても事前に確認が必要です。

たとえば、事故による車の修理費用の全額をドライバーに負担させるという会社もあります。

もちろん無事故であるに越したことはありませんが、それでもその修理費用を全額負担していたら、その月の給料が差し引きゼロ(それどころかマイナス)となることもあり得ます。

事故を起こさないように注意する意識を持ってもらうために、あえて修理費用の一部をドライバーに負担させることにしている場合もあります。

一旦は会社が費用を立て替え、後から一括または分割でかかった費用の一部を給料から天引き、というような制度をとっていることが多いです。

では、乗り逃げに遭った場合の補償はどうなのでしょうか。

被害を受けたのはドライバーで、一方的に相手が悪いことなのに、メーターとの不足金額を自己負担しなければならないとなれば、理不尽さを感じざるを得ません。

これについても、会社によってその対応は分かれます。

どんな理由であっても不足分は会社へ納めなければならない、とする、つまり被害に遭った分の金額は自腹となります。

もしくは、警察へ被害届を出すことにより、不足分は減額して納めることが許される、という場合もあります。

万が一これらのことが起きてしまった場合、そのマイナス額に驚くことのないよう、事故の費用負担についてと乗り逃げの対応について、入社前に詳しく聞いておきましょう。

福利厚生はどうなの?

正社員として採用された場合、福利厚生も気になるところです。

たとえば、タクシードライバーとして仕事を始めるには、普通1種免許だけでなく2種の免許を取得する必要があります。

日本交通では、その際にかかる費用を会社が全額負担し、教習期間中にも手当を支給しています。

その他にも、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの社会保険も完備されており、賞与もあります。

食堂や仮眠室、大浴場まで用意されているので、休憩時間に食事をして仮眠を取ったり、業務終了後にゆったりとお風呂に入って疲れを癒やすなんてこともできますね。

それから、タクシードライバーの勤務体系についてです。

1日に20時間ほど働くこともあるタクシードライバーは、1日出勤したら次の1日は休まなければならなかったり、取るべき休憩時間数が決められていたりします。

日本交通では、1日の勤務は15.5時間~18時間で、必ず3時間の休憩を取ることになっています。

食事をしたり、夜の勤務が始まる前に少し仮眠を取ったりでき、無理のないよう配慮されているわけですね。

また、勤務日の翌日は必ず休みになります。シフト制なので、連休を取りたいときには取ることもできます。

一般的な会社員に比べると、時間の使い方は比較的自由なのではないでしょうか。

キャリアアップはできるの?

入社後のキャリアアップには、どんな道があるのでしょうか。

日本交通の場合、まずは一般ドライバーとしてスタートします。その後実績を積んで行くと、黒タクドライバーになることができます。

一般ドライバー(黄色いタクシー)よりも、お客さまを乗せやすくなるメリットがあります。

さらに、実績を積んでいくと、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)として予約のお客さまをお迎えに行く専用のドライバーとなります。

また、ドライバーから内部スタッフへと転向することも可能です。

運行管理者としてサービスの品質管理を担当したり、営業所の所長になったりすることができます。

このように、社員としてのキャリアアップの道もあれば、将来的に個人タクシーとして独立するという選択肢もあります。

どちらにしても、日々の業務に誠実に取り組み、真面目に努力を重ねることでお客さまの信頼を獲得できれば、乗客数も増えて行きます。

そうすることで、どんな人も将来の可能性を拓いて行けるのです。

タクシードライバーとしての将来の明るいビジョンを思い描くことができたなら、転職への一歩を踏み出してみませんか。

採用厳しいってホント?高給与とキャリアアップも狙える?車輌設備充実の日本交通の秘密

採用厳しいってホント?高給与とキャリアアップも狙える?車輌設備充実の日本交通の秘密

東京都内の大手タクシー会社の中でも、日本交通の採用は厳しいと言われています。
しかし、どうしてなかなか採用されないのでしょうか。

そこで今回は日本交通の採用の裏に隠された秘密を紹介しながら、日本交通のキャリアアップについても紹介します。

採用が厳しい?日本交通への転職事情

東京都内の大手のタクシー会社の中でも、日本交通は「採用厳しい」といった声が多く聞かれています。
転職希望者の中にはこういった意見にマイナスなイメージを感じてしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、日本交通の厳しい採用の裏にはお客さまへの徹底したサービスへの取り組みが隠されています。

というのも、都内大手4社のひとつに数えられるほどに知名度の高い日本交通は、接客面において非常に高い評価を得ている会社です。
そのため、一定のレベル以上の接客が出来ない人材であると判断される場合には面接で落とされてしまうことがあります。

言いかえれば会社の評価を下げないため、しっかりとした人材選びを行っているのです。

ですので、もし日本交通の採用試験に合格した場合には、お客さまに満足してもらえるサービスが提供できる人材であると評価されたと考えましょう。
そうすることで自信を持って仕事にのぞめます。

また、日本交通では新人研修もしっかり行っているため、若い人にとっても一から接客について学ぶことが可能です。
そういった厳しい研修を受け一人前のドライバーになった際には高給与をもらえる可能性も大いに期待できます。

大手だから得られるメリット

日本交通は知名度の高い大手のタクシー会社であるため、車輌設備充実しているのも特徴です。
この車輌設備の充実は効率よく乗客を獲得するためには欠かせないツールであるといえるでしょう。

車輌設備にはカーナビの搭載や、クレジットカード払いに対応していること、配車アプリなどがあげられます。
まずカーナビを搭載した車であると土地勘のない目的地にもお客さまを送り届けることができます。

例えば、東京都内から土地勘のない神奈川県まで乗車したいというお客さまであっても、不安なく目的地まで送り届けられるでしょう。
また、都内から神奈川県であればかなりの長距離であるため、ドライバーの売上に大きく貢献します。

もしカーナビがなければ乗車を断ることもあるかもしれません。
また、クレジットカードの支払いも同様で、長距離のお客さまの場合には現金を持ち合わせていないこともよくあります。

そのためクレジットカードで支払いができない場合にはお客さまはそのタクシーを選んではくれません。
このようにせっかくのお客さまを逃してしまわないためにも車輌設備充実は非常に大切なのです。

こういった理由からも日本交通は最大手だから働きやすい会社であるといえます。

キャリアアップも可能!上を目指すなら日本交通

日本交通のタクシードライバーは一般ドライバーとして仕事を開始しますが、経験を積むことで黒タクドライバー、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)へのキャリアアップが可能です。
一般ドライバーの間は街中で見かけることの多い黄色のタクシーですが、黒タクドライバーに昇格するとトヨタのクラウンの運転を任されます。

車の外見も一気にランクアップすることで、仕事へのモチベーションが上がるとドライバーの間でも人気があります。
さらに黒タクでは、無線での呼び出し数が増えますのでより効率よく顧客が獲得でき、お客さまにも特別な車内空間を楽しんでもらえるようになります。
黒タクを経験し、ドライバーとしてさらにランクアップすると専門ドライバーとしての資格に挑戦できます。

専門ドライバーになると自発的にお客さまへのサービスが提案できるようになり、より上質なサービスが提供できるようになるでしょう。

また、タクシードライバーとして現場に出るだけでなく、運行管理者や人事といった管理職へのキャリアアップも可能です。

タクシードライバーから所長を目指せる仕事でもありますので、常に高い目標を持って仕事に励めるともいえるでしょう。

やりがいが感じられる仕事はやっぱり楽しい!

日本交通のエキスパート・ドライバー・サービスには東京観光タクシーやキッズタクシー、サポートタクシーなどがあり、それぞれの分野において専門的な知識を身につけたドライバーが活躍しています。
そのなかでも東京観光タクシーでは、お客さまを目的地にお連れするだけでなく観光地のガイドも担当します。
そのため、東京の観光地に対する知識を十分に持ち合わせている必要があり、歴史などについてもしっかりと学んでおかなければいけません。

ですので東京観光タクシーを担当するドライバーは、東京シティーガイド検定を受験するなど日々お客さまに満足のいくガイド業務ができるよう日々勉強に励んでいます。
そういった努力は必要ですが、エキスパート・ドライバー・サービスになると流しなどに比べても非常に稼ぎやすいことから年収790万を目指せるようにもなり、がんばった分が給与や評価で認められるようになります。

頑張り次第で高い給与が期待できる日本交通はドライバーが常に向上心をもって仕事に励んでいます。
他のドライバーにとってもいい刺激が与えられていることから社員の質も高いと評判で、常に上を目指し続けられる環境です。

タクシー業界の99.9%は中小企業で最大手は日本交通。転職するなら最大手の日本交通がおすすめ

タクシー業界の99.9%は中小企業で最大手は日本交通。転職するなら最大手の日本交通がおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えている人にとって、就職する会社の環境と言うのはとても重要です。

自分が転職して良かったと思えるためにはしっかりとした環境が整った会社に就職する事が何よりも大切な事と言えます。

日本のタクシー業界の現状

現在日本には多くのタクシー会社が存在します。以前はタクシーの数量規制があったのですが2002年にそれが廃止され、業界への参入が容易となった事で多くの業者がタクシー業界に参入した結果、タクシーの数は以前より大幅に増えるという結果になりました。
しかし輸送人数は減り続けており供給過多の状態となった結果、2014年に改正タクシー特別措置法が施行され、再びタクシーの数が減らされているのが現状です。

タクシードライバーに必要なもの

タクシードライバーになるためには運転免許が必要となります。
転職する以前から仕事などで車を運転している人も多いので、この辺りがネックとなるケースは少ないですが、運転免許を所持していない場合は教習所に通う必要があるのである程度の出費が必要となります。

基本的に必要な資格と言えば免許くらいで、あとは健康な体とやる気があるかどうかくらいなので、他の業種と比べれば就職はしやすい部類には入ります。

タクシー業界への転職が人気なのもそういった面に魅力を感じている人が多いという事があります。

失敗しない転職をするためには

誰しも良い所に転職したいと考えている事でしょう。
しかし現実では転職先の待遇が悪くストレスを抱えてしまったり、体調を崩してしまったりといったケースが後を絶ちません。

そういった事のない様、転職で失敗しないためには就職する企業選びでおさえておくべきポイントというのがあります。

まずは給与が高いこと。
タクシー運転手にも苦労はさまざまありますが、それでも給料が良ければ頑張れるという面は大いにあります。
安い給料で大変な苦労をしなければならないとなると、モチベーションも上がりませんし効率の良い仕事をするというのも難しくなるでしょう。給与というのは良い仕事をする上でも重要なのです。

他にも労働条件の良い所というのも大事なポイントです。
長時間の労働は体調面に大きな影響を及ぼします。

ただでさえ車内で長時間の運転をする事になるので、事故や病気を防ぐという意味でも労働条件がしっかりとした所を選ばなければなりません。

こういった条件を満たす企業へと就職する為にはしっかりとした大手に入社する必要があります。
つまり転職で失敗しないためには最大手を選ぶ方が良いという事です。

最大手で働く事の魅力

最大手の日本交通を転職先に選ぶという選択は、新たにタクシー業界を志す人にとってはさまざまなメリットがあります。
中小企業や個人のタクシーの運転手で高収入を目指せるのは高い技能やアイデアを持っている一部の人に限られますが、最大手の日本交通であれば年収790万円を目指せるというのも大きなモチベーションへと繋がります。
もちろん相応の頑張りは必要ですが、努力次第で収入が上がるというのは大手ならではでしょう。

また福利厚生が充実しているというのも大きな魅力です。中小企業ではこういった福利厚生といったものはあまり期待する事が出来ません。
仕事に専念するためにも会社側からのサポートがあるというのはとてもありがたいですし、こういったものがあるからこそ効率的に仕事をこなせるようになるのです。

大手と呼ばれるタクシー会社は他にもありますが、大手四社の中でも圧倒的No.1は日本交通です。

大手であれば他でもそれなりに手厚い待遇が受けられますがやはり転職するなら最大手、日本交通がおすすめです。

転職を成功させ、これからの生活を充実したものにするため、転職先は良く考えて決めるようにしましょう。