東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

タクシーは、これから国際化や高齢化が進むと予想される日本では、重要になる交通手段だと言われます。
しかしタクシードライバーという仕事は実態があまり知られていません。

タクシードライバーになるメリットとデメリットを解説します。

高収入を得られるタクシードライバー

タクシードライバーとして働くメリットは、まず、その収入の多さです。
東京都のタクシー会社の給与体系は、「固定給+歩合給」であることが多いのです。
最低限の給与は保証された上で、売り上げの一定割合が上乗せされる仕組みです。会社によっては、勤務開始1年間は月給35万円を保証するところもあります

東京都のタクシードライバーの平均年収は約400万円です(一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の資料による)。

しかし、個人の工夫と努力によって、もっと多くの収入を得ることも可能です。売り上げの約半分が、歩合給として手に入りますから、月収50万円以上もらえるドライバーも珍しくありません。一般の会社ではあまり高い給与を得ることができない若い人でも、高額の給与を得ることができる仕事なのです。

ただし、受け身ではいけません。売り上げを増やすために、お客さんが多くいる場所に出て行くことが必要です。「今日はイベントが開かれるあの地区に行ってみよう」「雨が降ってきたから駅の前で待っていよう」など、自分の発想で売り上げを増やせる面白さがあるとも言えます。

タクシードライバーは薄給だと思っている人もいるかもしれませんが、それはイメージであって、実際は高い収入であるケースが多いのです。特に人が集中する東京都内では、タクシードライバーの不足もあって、高収入を得ている人が多くいます。

自由時間が多いタクシードライバー

タクシードライバーは、休みが多い勤務体系だというのもメリットです。
月に12~13日乗務し、休みは月17~18日あります。タクシードライバーの勤務は、一般の会社とはかなり異なっています。朝から乗車すると、翌日の朝か早朝まで、途中で3時間の休憩を取りながら、15時間程度の乗務をします。乗務を終えると、そこから丸1日は休みです。

「乗務・休み」というセットを2回か3回繰り返すと、公休があります。まとめて休みを取ることもできますので、うまくスケジュールを組んで連休にし、海外旅行を楽しむ人もいます。家族サービスや趣味、資格のための勉強などに時間を充てることもいいでしょう。

会社によっては、一般の会社と同じような日勤中心の勤務を設けていることもありますので、家庭の事情などがあれば夜間の乗務を避けることはできます。

いったん勤務に入れば、タクシードライバーは個人事業主のようなものですから、自分で勤務地を選べます。食事や休憩のタイミングも自分で決定できます。他の人に遠慮せずに自分のスタイルを作れますから、お客さんを待っている時間に英会話などの勉強をするドライバーもいます。

安定して長く働け、キャリアアップを目指せる

多くのタクシー会社では、一般ドライバー、黒タクドライバー、エキスパートドライバーなど、ドライバーの段階があり、スキルと経験によって地位がアップしていきます。運転できる車両も良くなりますし、リーダーや管理職に昇進することもできます。

独立して個人タクシーとして働けるようになると、収入もかなり多くなります。そういうキャリアパスがあることも、タクシードライバーになるメリットです。

定年はあっても、延長することができますので、長く働けることもタクシードライバーの魅力の一つです。75歳まで勤務が可能という会社もあるくらいで、高齢でも若い頃と同じような収入を得ることができます。

タクシー業界は安定している業種です。新規参入が難しく、特に外国企業の参入は困難です。他産業では、グローバル化の影響で安い製品が輸入されて利益が落ちることもありますが、タクシー業界にはその心配はありません。むしろ外国人客はタクシーを利用する傾向が強いので、国際化が進むことは業界にとっては望ましいことです。

大学卒、新卒でタクシー会社に就職する人が増えていますが、そのようなメリットに気づいてのことでしょう。
今後ますます外国からの観光客も増えると予想されている東京都のタクシードライバーには、多くの可能性があるのです。

タクシードライバーのデメリットとは?

もちろん、どんな職業にもデメリットはあります。
歩合制を取っていますから、サボってしまうと収入が減るのです。

40・50代で転職すると、前職が管理職などであった場合、以前に比べて給料が減ったと感じる人もいるようです。しかし、中高年で転職して収入が減少するのは、タクシー会社に限ったことではありません。頑張れば高収入を得られるタクシードライバーは、中高年にも魅力ある仕事です。年齢にかかわらず自分の能力を生かして収入を得られることは、タクシードライバーの利点です。

また、慣れていないうちは、夜間の勤務が体力的にキツいと感じる人もいるでしょう。休憩をうまく入れて体調を崩さないように気をつけることが必要です。

また、お客さんとトラブルを起こしてしまう人も、中にはいます。サービス業だということを忘れず、穏やかにお客さんに応対できないといけません。しかし、嫌なお客さんよりは「ありがとう」と感謝してくれるお客さんの方が断然多いのですから、それほど心配は要りません。

地理に不安な人もいるでしょうが、カーナビもありますし、お客さんとうまくコミュニケーションを取っていると、道を教えてもらえますので、意外に大丈夫なのです。地名や道路状況などの勉強やお客さんへの接し方などは、タクシー会社で行われる新人研修を受けて身に付けていきましょう。

タクシードライバーは個人の裁量に任された部分が大きいので、自分から進んでデメリットを克服する姿勢が必要だと言えます。

タクシー業界の99.9%は中小企業で最大手は日本交通。転職するなら最大手の日本交通がおすすめ

タクシー業界の99.9%は中小企業で最大手は日本交通。転職するなら最大手の日本交通がおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えている人にとって、就職する会社の環境と言うのはとても重要です。

自分が転職して良かったと思えるためにはしっかりとした環境が整った会社に就職する事が何よりも大切な事と言えます。

日本のタクシー業界の現状

現在日本には多くのタクシー会社が存在します。以前はタクシーの数量規制があったのですが2002年にそれが廃止され、業界への参入が容易となった事で多くの業者がタクシー業界に参入した結果、タクシーの数は以前より大幅に増えるという結果になりました。
しかし輸送人数は減り続けており供給過多の状態となった結果、2014年に改正タクシー特別措置法が施行され、再びタクシーの数が減らされているのが現状です。

タクシードライバーに必要なもの

タクシードライバーになるためには運転免許が必要となります。
転職する以前から仕事などで車を運転している人も多いので、この辺りがネックとなるケースは少ないですが、運転免許を所持していない場合は教習所に通う必要があるのである程度の出費が必要となります。

基本的に必要な資格と言えば免許くらいで、あとは健康な体とやる気があるかどうかくらいなので、他の業種と比べれば就職はしやすい部類には入ります。

タクシー業界への転職が人気なのもそういった面に魅力を感じている人が多いという事があります。

失敗しない転職をするためには

誰しも良い所に転職したいと考えている事でしょう。
しかし現実では転職先の待遇が悪くストレスを抱えてしまったり、体調を崩してしまったりといったケースが後を絶ちません。

そういった事のない様、転職で失敗しないためには就職する企業選びでおさえておくべきポイントというのがあります。

まずは給与が高いこと。
タクシー運転手にも苦労はさまざまありますが、それでも給料が良ければ頑張れるという面は大いにあります。
安い給料で大変な苦労をしなければならないとなると、モチベーションも上がりませんし効率の良い仕事をするというのも難しくなるでしょう。給与というのは良い仕事をする上でも重要なのです。

他にも労働条件の良い所というのも大事なポイントです。
長時間の労働は体調面に大きな影響を及ぼします。

ただでさえ車内で長時間の運転をする事になるので、事故や病気を防ぐという意味でも労働条件がしっかりとした所を選ばなければなりません。

こういった条件を満たす企業へと就職する為にはしっかりとした大手に入社する必要があります。
つまり転職で失敗しないためには最大手を選ぶ方が良いという事です。

最大手で働く事の魅力

最大手の日本交通を転職先に選ぶという選択は、新たにタクシー業界を志す人にとってはさまざまなメリットがあります。
中小企業や個人のタクシーの運転手で高収入を目指せるのは高い技能やアイデアを持っている一部の人に限られますが、最大手の日本交通であれば年収790万円を目指せるというのも大きなモチベーションへと繋がります。
もちろん相応の頑張りは必要ですが、努力次第で収入が上がるというのは大手ならではでしょう。

また福利厚生が充実しているというのも大きな魅力です。中小企業ではこういった福利厚生といったものはあまり期待する事が出来ません。
仕事に専念するためにも会社側からのサポートがあるというのはとてもありがたいですし、こういったものがあるからこそ効率的に仕事をこなせるようになるのです。

大手と呼ばれるタクシー会社は他にもありますが、大手四社の中でも圧倒的No.1は日本交通です。

大手であれば他でもそれなりに手厚い待遇が受けられますがやはり転職するなら最大手、日本交通がおすすめです。

転職を成功させ、これからの生活を充実したものにするため、転職先は良く考えて決めるようにしましょう。

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

人も車も多く、なにかと混雑した印象の東京都内。都内の運転に慣れていないと、普通に運転するだけでも神経をすり減らしてしまう事も多いものです。

「こんな所でタクシー運転手なんて、やっていけるんだろうか?」と不安になるケースも少なくないはず。
お客様を逃さず、事故を起こさない運転の基本を知っておきましょう。

空車時はゆっくりと走りましょう

実車(お客様を乗せている状態)の時は、お客様がイライラしない程度にテキパキと走る事が求められるのは容易に想像がつくでしょう。

しかし、これはあくまで実車の時。地方のタクシーが電話などで呼んでもらいお迎えにあがる無線配車中心であるのに対して、東京都内のタクシーは手を挙げたお客様を乗せる「流し営業」がメインです。空車の時は、いつ手を挙げる方を発見しても停車できるように、歩道や路肩に注意して走らなければなりません。空車と表示しておきながら停まれなくて通り過ぎたとしたら、お客様から見れば「乗車拒否」と言われても仕方ありません。

タクシードライバーにとって「停まれなかっただけ」でも、お客様から見れば違うのです。都会のタクシードライバーにとって、「停まれない」は避けたいことです。

そのため、どんな時でも手を挙げてくれたお客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走るのが基本です。「安全運転の範囲で」と書きましたが、お客様探しに気をとられすぎると後続車のドライバーをイライラさせたり、運が悪ければ追突される事も考えられます。一般車のドライバーにとってタクシーの動きは特殊であるという事も頭に入れておくべきです。

あくまで道路の流れに合わせて、自然なゆっくりめの速度で走りましょう。また、交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まるという事も大切ですね。これも安全運転の範囲で意識して営業しましょう。

常に左側を走行するのが基本!

都内でタクシードライバーに転職すると最初に教えられる事ですが、空車時は乗車してもらいやすくするために左側を走るのが基本です。高速道ではありませんから追い越し車線というわけではありませんが、基本的に右側車線は停車する気のない車の走るレーンです。

右車線を走っていても、毎日のようにタクシーを使うビジネスマンのお客様などは、あるいは手を挙げてくれるかもしれません。

しかし、病院までタクシーに乗りたい高齢のお客様が右車線を走るタクシーに手を挙げるでしょうか?「危ないから次に通るタクシーにしよう」と、あらかじめ辞退されてしまう事も多いのです。手を挙げる事を辞退されてしまうと、タクシードライバーから見ればお客様がいないようにしか見えません。

つまり右車線を走るという事は、潜在的なお客様がいても気づかずに逃してしまうという事なんですね。また、常に左側を走行していれば、せっかく手を挙げてくれたのに停まれなくて乗せられないという事もなくなります。

右車線を走っている時間が長ければ長いほど、営収(タクシー業界でいう売上金)は確実に落ちます。裏を返せば基本をしっかりと守り左車線を走る事が、タクシードライバーの仕事で高い収入を得るコツでもあるのです。

空車時は右折をしない

こんな事を言うと「右に行きたい時はどうするんだ!」と言われそうですが、空車時は右方向に行きたい場合も左折を繰り返して方向転換するようにしましょう。乗車してもらいやすくするために左折で走行を続けるというのは、一流のタクシードライバーも実践しているテクニックの1つです。右折をするためには、一時的とはいえ1番右側の車線を走らなければなりません。右折レーンで信号待ちをしているタクシーと、左車線で信号待ちをしているタクシーがいたら、ほとんどの方は左車線のタクシーに乗ります。これは先述した左側を走るという事と同じ事です。

1日の営業で10回しか右折しないドライバーと、100回右折するドライバーがいたとしたら、営収の差は目に見えて大きいものになるでしょう。実際に営業してみると、どこに行けばお客様がいるかなぁ?という事ばかり考えてしまいがちで、お客様の多いエリアを目指して急いで右折をしてしまうという事もあるでしょう。

しかし、目の前にいるお客様を逃さない事が大切です。こうして左折で入った細い路地に案外お客様がいたり、自分が知らないお客様の多いスポットがあったりするものです。「お客様のいないタクシーに目的地など無い」という事を肝に銘じておきましょう。

基本の積み重ねが力になる!

この記事で書いてきたことは未経験でタクシー会社に転職をしたら必ず教えられる基本的な事ばかりです。しかし、実際の営業経験を積むうちに忘れてしまいがちな事でもあります。

慣れてきて営業の中心エリアが決まってくると、お客様を降ろした後は急いでそこに戻ろうと右車線を飛ばして走ったり、右折を繰り返してしまったり。これは楽だからなのです。タクシードライバーにとって出発地が決まっている事ほど気楽な事はありません。毎回同じ場所から出発すれば、道順も数パターンだけ知っていればOK。

行先もある程度絞られます。しかし、これを毎日繰り返していたのでは道も覚えませんし、お客様を降ろした後は空車で戻ってくるだけになり、営業効率もよくありません。誰でも最初からすべての道をおぼえる事はできません。初心者のうちは道順で神経をすり減らしたり、お客様に教えていただく事も多いでしょう。

しかし、都内で一流のドライバーとして活躍している方の中には地方出身の方や女性もたくさんいます。将来の自分自身のビジョンや収入にしっかりと目標設定をする事が何よりも大切です。

タクシーはやればやっただけ収入で返ってくる仕事。不安もあると思いますが、謙虚な姿勢で基本を忘れずに積み重ねれば、それが自分の力にも収入にもなります。思い切って踏み出してみてはいかがでしょうか。

東京でタクシー乗務員の求人を探すには

東京でタクシー乗務員の求人を探すには

東京には数多くのタクシー会社があります。どこのタクシー会社でも同じだと思うかもしれませんが、ある程度ポイントを絞って求人を選ばなければ、安定した給料をもらうことは難しいでしょう。私がどのような基準を設けて、今のタクシー会社に入ったかをご紹介します。

社員のことを考えてくれていることが大前提

タクシー乗務員として、東京で過去に2社経験してきましたが、会社のなかには社員のことを考えてくれない職場もあります。社員のことは考えていなくても、上司に食事を誘われたり、励ましの言葉をかけてもらうなど社員の仲が悪いということはありませんでした。しかし、待遇面が充実しておらず安定して稼げないため私は転職を決め、今の会社に落ち着いたのです。
最も気になるのは、社内の体制が十分に整っていないケースです。折角働いているのに、保証がついていなかったり、福利厚生などの待遇があいまいな会社もあります。また、教育をしっかり行っていない会社もありました。社内の体制やドライバーへの保証がない会社では、安心して働くことができず、辞めていった仲間もたくさんいました。

会社によっては、ルールが厳しいことや、規律が細かいタクシー会社もあります。社内の規律が厳しいと、働きにくく感じるかと思うでしょう。しかし、しっかりと体制が整えられていれば、結果的にドライバーのことを考えている会社である可能性が高いのです。働いていく上で人情や緩さも大切かもしれませんが、私は経験上、働きやすい環境を整えてあるタクシー会社をおすすめします。

避けるべきタクシー会社の特徴

具体的にどのようなタクシー会社は要注意なのでしょうか。タクシー乗務員として働いていると、たくさんのドライバーと話す機会があります。私の経験と仲間の話を織り交ぜ、気を付ける悪徳業者の特徴を3つご紹介しましょう。

1つ目は、経費をドライバーに押し付ける会社です。例えば、都内でタクシー乗務員として働いていると、首都高や地方都市に出るため高速を使う機会も少なくありません。

2つ目は事故の保証を行っていない会社です。タクシー乗務員は常に運転をしている仕事なので、事故を起こすこともあるでしょう。保証がない会社の場合、事故で発生した負債を負担させられる場合があります。

3つ目は適正な給料が支払われない場合です。タクシーはしっかりと売上を上げていれば、個人の成果が給料に反映されるものです。しかし、悪徳業者に勤めると、いくら働いても適正な給与が支払われない可能性があります。
1つ目と3つ目は私も経験があり、幾度か高速代金を支払った経験がありました。その後、上司に申請し支払ってもらいましたが、立て替えていた時期はハラハラしたモノです。また、3つ目も給与は支払われましたが、直接言わなければ放置されていた可能性があります。今は大きな企業で体制も整っているため、お金のトラブルはなくなり安定して働けています。

続けるべき優良タクシー会社の特徴

悪い会社の見分け方があるように、良い会社の見分け方があります。ポイントを6つに分けてご紹介しましょう。

1つ目は事故などトラブルの保証がある会社です。ドライバーが違反をした場合でも、違反金の立替を行っている会社もあります。

2つ目は社員教育を行っている会社です。雑な社員教育ではなく、2種免許を取得していない新人でも安心して働ける環境が整っていることが大切です。

3つ目はお金周りが良い会社です。高速代などを負担させないことはもちろん、社員への待遇でボーナスや祝い金などが出る会社は、従業員をやる気にさせてくれます。

4つ目は稼働率や平均の売上が高い会社です。

5つ目は設備が整っている会社です。例えば、ガソリンや天然ガスの補給所が備えてあったり、洗車機があったりすると、仕事がしやすくなります。

6つ目はドライバー同士の人間関係が良い会社です。基本的にタクシーは1人で運転しているイメージですが、無線などを使い周りと連携を取らなければ円滑に仕事をこなすのは難しいでしょう。

この6つは大手なら条件をクリアしている可能性があります。実際、今働いている会社で働いていて気が付いた6つの条件とも言えます。以前働いていた会社では、2つ目の教育体制が整っていなかったり、5つ目の設備がなかったりしました。しかし安定して働くなら、必要な条件だと考えます。避けるべき特徴に関しても、続けるべき特徴に関しても、最大手だからこその理由といえるでしょう。

求人ではどのようなポイントを抑えておけばいい?

良質なタクシー会社の特徴がわかっても、未経験者の転職ではタクシー会社を見極めるのは難しいでしょう。優良な可能性が高い会社を見分けるには、3つのポイントを求人欄から見つけ出すことです。

1つ目は最大手である会社を選びましょう。2つ目は給与保証がされていること。3つ目は待遇やその他の保証面です。
現在働いているタクシー会社も最大手ですが、求人欄には2つ目と3つ目のポイントがしっかりと記載されています。また、私が応募したときに電話でも確認しましたが、丁寧にわかりやすく説明してくれたことを覚えています。最大手はしっかりと教育が行き届いていると感じた瞬間です。
今の会社で働いてからは、特にトラブルなく安定した給与保証のもとで働けています。以前までは給与面にも不安を感じる部分があったので、会社の大きさは働く上では重要なんだと実感しています。同僚ともタクシー会社について話すことがありますが、今の会社で働けてよかったと良く話しているんです。

今のタクシー会社に不満を持っている人や、転職を考えている人は、給料保証などがしっかり整った最大手に応募してみましょう。タクシー乗務員として、安心して働くことができるはずです。

タクシードライバーに転職するなら東京都内がいいの?

タクシードライバーに転職するなら東京都内がいいの?

日本の人口の約10%が集まるという東京。

タクシードライバーとして働きたいと転職を検討されている方にとっては、上京して東京で働くか地方で働くのはどちらがいいのか迷うこともあるでしょう。

今回は、東京のタクシードライバーについて紹介します。

タクシードライバーの給与と平均年収について

タクシードライバーの給与は、基本給はごくわずかで全国どこでも歩合制の部分が大きく占めています。東京では売上の60%前後が給料、地方となると売上の約40~50%が給与として支給されます。歩合は全国共通の仕組みで、年収に差がでるのはこの歩合の割合が大きいことにあります。歩合の割合が一番高いのは東京です。また人口数の多さから考えると、東京のほうがタクシー利用者の多くなることは明白です。

全国のタクシードライバーの平均年収は約300万円です。そして、東京都内の平均年収は400万円前後、地方の主要都市(大阪・名古屋・京都・仙台・札幌・博多等)を除く県になると年収は約250万円と言われています。これらはあくまで平均的な数字になりますが、どの地域でも売上によって年収に差がでます。東京都内の年収が高い理由は、以下の東京で働くメリットで紹介します。

勤務時間や休日は?

東京ハイタク協会によると、タクシードライバーの平均勤務時間は186時間となっています。
ただタクシードライバーの1勤務あたりの労働時間は、タクシー会社によって規定が異なります。主流とされている勤務形態は「隔日勤務」ですが、そのほかにも日勤と夜勤の形態があり、これに応じて休日の取り方も異なってきます。

■隔日勤務の場合
1勤務当たりの乗車時間が休憩3時間を含む19時間~最大21時間と長いので、自分のペースをつかむまでは体力的に厳しいと感じるかもしれません。ただし、1回の勤務時間が長いので翌日は必ず休日になります。月々の勤務日数は11~12回程度です。それ以外の月18~19日程度はすべて休日となります。隔日勤務に慣れると、こんなに良い働き方はないと言うタクシードライバーが多くいらっしゃいます。

■日勤と夜勤形式で勤務する場合
1勤務の労働時間は一般企業同様の8時間程度です。勤務の頻度も同じく、労働日数は22日から24日といったところ。日勤よりは夜勤の方が深夜料金による加算が得られ、長距離の利用者が増えるため、給与の面では稼ぎやすいでしょう。

都内のタクシー利用者について

東京都内は、早朝から深夜まで利用客がいます。あまり人が出歩いていない朝早い時間、夜遅い時間にどれだけ乗車率が高いかで給与に差がでると言われています。そういった面では、都内は地方に比べて稼ぎやすい環境にあります。

数値化すると、タクシーの使用者は年間3.3億人と言われており、比べてJRを使用する人数が年間14億人なので、JRを使っている人数の4分の1がタクシーを利用しているということになります。東京でJRを使ったことがある人ならわかりますが、JRの駅構内は人で溢れかえっています。その人数の4分の1の人数と考えると、タクシー利用者はかなり多いということがイメージできます。ちなみに日に換算すると1日に90万人の方がタクシーを使っているという計算になります。

東京ハイタク協会によると、東京のタクシーの台数は3万台と言われています。故障や事故、人員の確保が出来なかったりもするので3万台すべてが動いているわけではありませんが、多く見積もって全体の90%の2.7万台が毎日稼働していると仮定します。すると1日に乗車をしてくるお客様の数は90万人なので、それを2.7万台で割ると、一台当たり33人が乗車している事がわかります。

東京で働くメリット

仮に地方から東京に出てきた場合、会社の寮が完備されていることも多く家賃も低く抑えることができます。またタクシードライバーとしての給与を上げるためには11日から13日と乗車回数を増やし、勤務時間を伸ばし、乗車率を上げることが求められるところが多いです。勤務時間が長くても乗車率が悪ければ、稼ぎのアップにはつながらないと言えるでしょう。東京で働くメリットは地方よりも圧倒的にお客さんを乗せる機会が多いことです。
そのため、地方よりも断然稼ぎやすい地域だと言われています。

さらに東京が効率よく稼げる理由は、乗車率をあげる工夫がしやすいということです。交通が発達している東京ですが、圧倒的に人口が多い分、人が集まる場所、タクシーを利用する確率が高い場所などをしっかりリサーチしておけば、効率よく乗車率をあげることができます。平均年収は400万円ですが、稼ぎやすいタクシー会社を選べば、年収500~600万円はざらにいますし、年収が高い人は800万~1000万円の方もいるくらいです。

タクシードライバーの仕事は残業なしで働ける?

タクシー業界は残業なしは出来るのか

未経験でタクシードライバーに転職を考えている人の中には、「1日中走り続けるのは体力的に不安だ」と思っている人もいると思います。
実際にお客様を乗せて運転するので、人の命を預かる仕事ともいます。そのため、安全運転と過労防止を目的に労働時間や労働条件が規制されており、長時間勤務はありません。
タクシードライバーの収入の大半は歩合制ですが、労働時間が規制されていることから、長時間働いて稼ぐという方法は出来ないので、規制された時間内で稼ぐ必要があるのです。

タクシードライバーの勤務形態をおさらい

前回、『タクシードライバーって、土日休みは取れるのか』という記事でも詳しくご紹介しましたが、タクシーには、大きく分けて以下の3つの働き方があります。

昼日勤:昼間だけの勤務
夜日勤:夜間だけの勤務
隔日勤務:昼も夜も働く勤務

厳しいルールがある?

勤務形態には、それぞれ厚生労働省より厳しい勤務時間に関するルールが定められています。例えば昼日勤と夜日勤の場合、月間で299時間、隔日勤務の場合は月間で262時間の拘束しか認められておらず、どこのタクシー会社であっても、原則これを超えてタクシードライバーを勤務させることは出来ないのです。
また、隔日勤務の場合には、1乗務あたりの拘束時間は21時間以内と決められており、1回乗務を終えると20時間以上の休息を取ることが義務付けられています。

残業時間についてもっと詳しく

一般企業はサービス残業などいう習慣がまだありますが、タクシードライバーの場合は、厚生労働省からの指導で一か月の拘束時間は262時間以内となっており、1回の勤務での拘束時間は、最大で21時間、21時間拘束したのちには、27時間の休憩が必要と決められています。
一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の資料によると、直近の平均月間勤務時間は196時間、ここ数年月間勤務時間は200時間前後を推移しています。一般企業で例えると、残業時間が30~40時間というレベルになります。労働時間や拘束時間については、超過すると国土交通省関東運輸局がタクシー会社の営業停止処分を下すケースも出ていることから、業界全体で勤務体制改善の取り組みがされています。

タクシー業界と残業

タクシードライバーは、お客様を乗せて安全に目的地まで運転することが最も大切なことです。疲労を蓄積して事故を起こしてしまうことを避けるためにも、上記に挙げたように厚生労働省からの指導で勤務できる時間が厳密に決められているのは未経験からタクシードライバーを目指す方にとっては安心材料だと思われます。
拘束時間や休息時間が厳しく決められているタクシー業界は、実は残業が少なく、スケジュールも立てやすいため、働きやすい職場と言えます。

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシー業界の今までの常識を変えることにもなっているのが、日本交通の存在といえるのではないでしょうか。
日本交通では、若手ドライバーの育成に注力しています。

予め決められた休日や無理のない勤務時間などが、若者の就職先として選ばれる理由といえるでしょう。

しっかりと稼げる環境

タクシードライバーに若手が増えているという環境については、多くの人が感じているのではないでしょうか。
従前においては、どちらかというと中高年が多いというイメージが大勢を占めていたタクシー業界に変化の波が押し寄せているのかもしれません。

日本を代表するタクシー会社の一つである日本交通では、積極的に20代の若者の採用を強化しています。
むろん、ただ単に若者の採用を強化するといっても、簡単にいくわけではありません。
当事者である若者たちに就職先として魅力を持ってもらえるかどうかということが重要となってくるのです。

日本交通では、社内全体に若手が活躍できる環境を作り上げることを意識しており、強力におし進めてきました。

その結果として、徐々に若手社員が増えるようになったという結果につながっています。
では、具体的に若手が活躍できる環境とは、どのような環境なのかと疑問に思う人も多いかもしれません。

その答えとして挙げられるのは、未経験でも本人の努力次第で稼ぐことができるという点や勤務時間などが予めしっかりと決められており、プライベートな時間が持てるという点などが挙げられます。

日本交通の際立つ魅力!オンオフの切り替えができる

日本交通で勤務する若手が増える主な要因になっているのが、予め勤務時間が決められているという点が挙げられます。
現代の若者の仕事に対する考え方などをしっかりと把握しているといえる取り組みといえるのではないでしょうか。

休みや残業が明確になっているからプライベート充実することになるといえるでしょう。とりわけ、若者にとっては友達との遊びや自由な時間を大切にしたいという思いが多いことは容易に推測することができます。
オンオフのメリハリがつくことで、仕事に対する前向きな気持ちやモチベーションも維持できることにつながるともいえます。

日本交通では、若者に限らず、全てのドライバーの勤務時間の適正な管理に努めていることでも知られています。
法定外残業やサービス残業は一切ないという点にもこだわりを持って臨んでいるのです。

タクシー会社をめぐっては、まだまだドライバーへの不当な扱いなどの問題が残っていのが現状です。
立場の弱い従業員に対して過剰労働やサービス残業の強要などを求めるタクシー会社も散見されます。

日本交通では、そのようなことが一切ないことも若手に人気を集める理由といえます。

同世代よりも多く稼げる環境

日本交通の特徴として新卒採用を積極的に行うという点もあります。この点についても日本交通に若手ドライバーが多いことの理由になっているといえるでしょう。
新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということも、日本交通で勤務することのメリットといえるのではないでしょうか。

日本交通では、新卒採用者に対しての研修制度なども充実しており、社会人としての経験がないことも見据えた上での教育をしています。
都内にも多くのタクシー会社がありますが、日本交通のように研修制度が充実している会社は他に類を見ないといっても過言ではありません。

確かに研修の時間は設けているものの、極めて形式的なものに終わってしまっているというケースが大勢を占めているのが実態かもしれません。

日本交通では、新卒採用者を一からしっかりと育てることが、本人はもとより、タクシー業界全体にとってもプラスに寄与すると考えているのです。

タクシードライバーとしてのスキルを身につけることで、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということにもつながります。

現に他の業界に勤務している同世代と比較しても、年収が多いという若手ドライバーが目立ちます。

長きにわたって活躍できるタクシードライバー

若者の就職先として日本交通が選ばれる理由にもなっているのが、タクシーは将来を見据えた働き方ができるという点にもあります。

当然ながら、若者といえども、将来の自分のあるべき姿などを念頭に置いた就職先選びをすることになります。
今が良ければ良いというような考え方をする人はいないといっても過言ではないでしょう。

新卒採用で入社する際には、独身であっても、将来的には結婚して家庭を築くなどという将来像を思い描くことも大切なことではないでしょうか。
子供を設けてマイホームを購入したいなどの夢や目標を掲げている人も多いはずです。

日本交通では、新卒採用をした社員が、将来も安心して勤務することができるような環境づくりにも積極的に注力しています。

タクシードライバーとして、運転のスキルやテクニックを身につけるということ以外にも、時代の流れを先読みしたさまざまな取り組みをしているのも特徴の一つです。

例えば、グローバル社会を視野に入れての取り組みとして英会話の習得や、高齢化社会に向けての介護タクシーの導入など、タクシードライバーとして長きにわたって活躍することができるようにサポート体制を盤石なものにしようとしています。

安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

歩合制が多いタクシー乗務員の仕事は、未経験の人にとって稼げるかどうかの不安を感じることもあるでしょう。

しかし、タクシー会社を上手に選ぶことで働き始めの給与保証が得られる場合もあるのです。
今回は未経験者の転職先としておすすめの日本交通グループを紹介します。

タクシー会社が売上げを大きく左右する

タクシー乗務員の仕事は歩合制であることが多いため個人事業主の様な形態であるともいえます。
しかしタクシー会社に所属し、そのなかで効率よく売り上げを上げるためにはタクシー会社選びが非常に重要です。タクシー会社によってはより多くの顧客を獲得するための独自のサービスを展開している会社もあります。

また、会社の知名度が高い場合にはお客さまからも選ばれやすくなるでしょう。さらに東京都内にタクシー乗り場を多く設置している会社であれば、付け待ちであっても効率よく顧客が得られます。

そこでおすすめなのが日本交通グループです。日本交通グループ交通グループでは六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどといった利用者の多いエリアにタクシー乗り場を設置しています。
そのため安定した売上げが確保しやすいのが特徴です。

またタクシーチケットも全国約10,000と契約していますので、乗客が積極的に日本交通グループのタクシーを利用します。その他にも配車アプリを導入することで近くにいるタクシーを見つけることもでき、さらに多くの利用者を伸ばし続けています。

日本交通グループは乗客にとっても乗務員にとってもよりよいサービスを提供している会社であるといえるでしょう。

充実した制度で働くのが楽しくなる仕事

業界最大手と言われている日本交通グループは、タクシー乗務員にとって魅力的な制度がたくさんある会社です。
未経験者には40万円(3ヶ月)の給与保証があり、初めての仕事に不安がある人も安心して働けます。

タクシードライバーとして必要な2種免許取得にかかる費用も会社が全額負担し、研修期間中には交通費込みで1日あたり1万1000円が支給されます。福利厚生も充実しているのが特徴で、社会保険もしっかりと完備されています。
仮眠室やシャワールームも設けられ、制服の貸し出しや、財形制度、無事故表彰他諸制度などもあります。

保養所も利用できますので、休暇を利用してゆったりと過ごすことも可能です。
さらに野球やゴルフなどのサークル活動もあり、仕事だけでなく充実した毎日が送れます。

その他にも休みが多いのも特徴で、月6~8日でシフトを組んで休む場合と、日曜または月曜の固定休日に加えて他曜日1~2日を休む場合とが選べます。いずれにしても隔日勤務をする場合には乗務終了後は明けであり、その翌日も休みです。
そこに公休を組み合わせることで3~5日間の連休がとれますので、海外旅行などを楽しむこともできます。

日本交通グループならではのサービスでやりがいを実感

日本交通グループでは各分野に特化したドライバーを集めた「エキスパート・ドライバー・サービス」を行っています。
これには「観光」「ケア」「キッズ」の3つの分野があり、このドライバーに選ばれることでより専門的な仕事が任されキャリアアップがある制度です。

タクシーを単なる送迎だけにとどめないこの制度では個人の顧客に対してもハイヤーのような使いやすさを提供します。ワンランク上のサービスであるため、乗務員の多くが参加を希望しています。乗務員数人で構成されているチームでは勤務時間の希望が伝えやすいのも魅力で、残業もないことも魅力です。

まず観光の分野においては東京の観光スポットを巡るため、東京シティーガイド検定を取得している乗務員が優先されます。さらに外国語にも堪能であれば、活躍できるチャンスも多いでしょう。
また、ケアの分野では高齢や体が不自由な人の毎日をお手伝いするサービスです。ホームヘルパー2級の資格を取得している人が望ましいため介護職からの転職者にはおすすめです。
もう一つのキッズではお子様の学校・塾・自宅へと送迎します。

担当乗務員はメディック・ファースト・エイド(MFA)の資格が必要で、ケア輸送講習、普通救命講習(AED)の受講も求められます。
エキスパートドライバーへは最短で1年半でなることが可能ですので、現在の仕事においてこのような専門分野で活躍していた人は、キャリアアップを目指してやりがいを感じながら働ける仕事です。

満足度が高いから長く続けられる仕事です

日本交通グループは乗務員として働いている側からの評判も高く、入社満足度98%誇っています。
彼らがこれほどまでに満足度を感じている理由のひとつにはノルマがないことがあげられます。ノルマがないことで乗務員同士が乗客を争いガツガツ働く必要がなくなります。リラックスした環境のなか、自分のペースを保ってのんびりゆったり働けるのが魅力でしょう。

また、ノルマがないことは未経験のタクシー乗務員にとっても安心して働けるといえます。さらに休暇を自由に取ることもできますので、ストレスを感じることがありません。その結果長く働ける環境が出来上がっているのです。

それでも知名度の高い日本交通グループはお客さまから選ばれるブランド力を確立していますので、月収30万円を稼ぐこともできます。

のんびりゆったりと仕事をしている中でそれだけの収入を得るためには会社の力が非常に重要です。未経験者に安心の日本交通グループは、働きやすさにおいても満足のできるタクシー会社であるといえるでしょう。

働き始めの3ケ月間は40万円の給与保証があることも安心ですので、未経験者からタクシードライバーへの転職を目指している人におすすめの会社です。

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

 タクシードライバーという職業は歩合制の場合が多く、年収アップを狙うには魅力的な仕事です。
 都心部で働こうと考えている方は、稼げるコツをしっかり抑えて働けば、自分の頑張り次第で高収入を目指すことができます。

都内でのタクシードライバーの必要性

 東京は眠らない街とも表現されるくらい、活動的な街です。特に都心は人口密度が高いこともあり、生活スタイルは様々で、24時間どの時間帯でもタクシーを必要とする人々がいます。

 お昼の時間帯は、地方や海外からの観光客や病院へ向かう人など、電車に乗ることが難しいという人々の利用が多いです。また夕方から夜にかけての時間帯は、仕事を終えて飲みに出かける人や夜の仕事へ向かう人などが利用します。そして深夜から朝方にかけての時間帯は電車が止まっているので、終電を逃してしまった人の利用が多くなります。このように、どの時間にもタクシーを必要とする人が一定数存在するのが、都心部の特徴です。
 
 このようにタクシー利用の時間帯に隙間がないのは、都心部だけです。そのため稼げるチャンスはお客様の多い都心部に多く、営業所も都心部にある営業所で働くべきだということが言えます。そして2017年から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で始まった「初乗り410円」の影響もあり、今まで初乗り730円を高いと感じて乗っていなかった人たちも、短い距離で気軽に乗るようになりました。都内のタクシー利用人口は増加の傾向にあり、タクシードライバーの必要性も高まっています。

どんなタクシー会社に入れば良いのか

 人口の多い都心部でタクシードライバーになれば、すぐに稼ぐことができそうですが、しっかり稼ぐにはコツがあるため、誰でも高収入にはなれないのです。そして、ただ都心部に営業所がある会社に入れば安心というわけではありません。どの会社で働くのか、ひとつの基準にすべきなのは、ブランド力のある会社で働くべきということです。

 タクシーを利用する人の中には、ブランドでタクシー会社を選ぶ人もいます。都心部にはタクシー会社がたくさんありますが、その中で全く名前を聞いたことのない会社を選ぶのは、利用客も勇気がいります。そしてブランド力があるということは、社員の教育も行き届いている証拠でもあります。利用客にとって支払う料金に差はないので、ブランド力があるほうが安心です。また実際に面接に行ってみて、職場の雰囲気が自分に合うか確認をすることも大切です。

 タクシードライバーという職業は、個人の努力次第かのように思われがちですが、同僚や会社のサポート体制も大いに影響します。多くのタクシー会社がある中で、安定して長く続けられる会社か、面接時に話を聞いて見極める必要があります。

タクシードライバーとして軌道に乗るには

 ドライバーとしてお金を頂くからには、都心部の道路をある程度は頭に入れなくてはなりません。都心部の道路は、地方に比べ一方通行が多く、交通ルールが複雑な場所も多くあります。また同じ目的地でもルートは多岐にわたりますので、周辺の地理を把握しておく必要があるのです。

 そのため、タクシードライバーという仕事で稼げるようになるためには時間がかかりそうですが、多くのタクシー会社には給与保証制度というものがあります。これは、売上が少なくても会社から給与額が保証される制度で、会社により期間は違いますが、この期間に焦らずに仕事を覚える事が出来ます。歩合制が多いタクシードライバーという仕事は、きちんと稼げるようになるまでの不安がありますが、この制度によって、仕事を覚えるまで売り上げが低くても、給与保証があるから安定しているのです。

 給与保証されている期間に、道を覚えて自分の得意なエリアを見つけたり、稼いでいる先輩の仕事のしかたを研究したりと、自分に合う働き方を探すことができます。この期間を有意義に使うことで、タクシードライバーとして軌道に乗ることができるはずです。

タクシーの集客方法の多様化と稼ぐコツ

 タクシードライバーの仕事は、ほとんどが歩合制なので、さらに年収アップを狙うには工夫も必要です。稼ぐためには、駅前のタクシー乗り場で利用客を待ったり、人通りの多い道を走って利用客を探すことだけが方法ではありません。

 タクシー会社には、無線配車やアプリ配車など流し以外の集客があるので、これらを利用することによりコツを抑えて稼ぐことができるようになりました。お客様から連絡を受け、各タクシーへ割り振られる無線配車で、安定的な乗車が期待できます。また、タクシーを指定の場所に配車できるスマホアプリも定着しつつあります。なかには、アプリ内でクレジットカード支払い可能なものもあり、その手軽さが時代に合っていると言えます。タクシードライバーが利用客を自ら探さなくても、利用客の方から来てくれるシステムがあるのです。

 タクシーが時代とともに身近な存在になり、利用客が増えるとともに、サービスの質も以前より求められるようになりました。無線配車やアプリ配車などの便利なサービスがあることは、リピートにもつながります。集客方法の多様化により、タクシードライバーは努力と工夫次第で稼げるということです。

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討するにあたって、いろいろ心配なこと、事前に知っておきたいことがあると思います。

給料ってどれくらい?契約条件は?休みって多いの?少ないの?事故や乗り逃げのリスクは?

少しでも疑問を解決して、タクシードライバーへの転職に向けて一歩踏み出してみてください!

給料の仕組みは?

タクシードライバーへの転職を検討する際、まずは給料について知っておきたいですね。

タクシードライバーは基本的には歩合制です。完全歩合制と言って、保証された月給はなく、売り上げが0円なら給与も0円という会社もありますが、日本交通の場合は月給の保証(およそ18万円)があり、それに上乗せする形での歩合制になっています。

歩合は売上が上がるほど増えるので、売上によって給料も増える仕組みです。

日本交通の歩合率は62%で、これは業界でも最高水準です。タイトルで日本交通がおすすめ!としたのは、ここにも理由があります。

たとえば歩合率が62%の場合、月に50万円を売り上げたとすると、31万円が歩合として保証の給与に上乗せされるということです。

と言っても、未経験者が月に50万円もすぐに稼げるものなの?と心配になるかもしれません。

都内の複雑な道が完璧にわかるわけでもないし、利用者の多い場所の知識もないし・・・

そんな不安はよくわかります。

でも、日本交通なら未経験者には1カ月の研修期間があり、都内の交通事情や地理をベテランドライバーが教えてくれます。

もちろん研修中も給与を支給します。

しかも、研修終了後の3か月間は月給40万円の保証があるのです。

毎月の売り上げを心配することなく、お客さまの多いところを実際に運転して学びつつ、3か月かけて仕事に慣れて行く環境が整えられているわけですね。

事故や乗り逃げのリスクは?

先に述べた給料も大事な契約条件の1つですが、も1つ大切な契約条件があります。

それは、タクシードライバーという仕事をするうえでは避けることのできない、事故や乗り逃げのリスクについてです。

万が一事故を起こしてしまった時の補償について、どこへ入社するにしても事前に確認が必要です。

たとえば、事故による車の修理費用の全額をドライバーに負担させるという会社もあります。

もちろん無事故であるに越したことはありませんが、それでもその修理費用を全額負担していたら、その月の給料が差し引きゼロ(それどころかマイナス)となることもあり得ます。

事故を起こさないように注意する意識を持ってもらうために、あえて修理費用の一部をドライバーに負担させることにしている場合もあります。

一旦は会社が費用を立て替え、後から一括または分割でかかった費用の一部を給料から天引き、というような制度をとっていることが多いです。

では、乗り逃げに遭った場合の補償はどうなのでしょうか。

被害を受けたのはドライバーで、一方的に相手が悪いことなのに、メーターとの不足金額を自己負担しなければならないとなれば、理不尽さを感じざるを得ません。

これについても、会社によってその対応は分かれます。

どんな理由であっても不足分は会社へ納めなければならない、とする、つまり被害に遭った分の金額は自腹となります。

もしくは、警察へ被害届を出すことにより、不足分は減額して納めることが許される、という場合もあります。

万が一これらのことが起きてしまった場合、そのマイナス額に驚くことのないよう、事故の費用負担についてと乗り逃げの対応について、入社前に詳しく聞いておきましょう。

福利厚生はどうなの?

正社員として採用された場合、福利厚生も気になるところです。

たとえば、タクシードライバーとして仕事を始めるには、普通1種免許だけでなく2種の免許を取得する必要があります。

日本交通では、その際にかかる費用を会社が全額負担し、教習期間中にも手当を支給しています。

その他にも、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの社会保険も完備されており、賞与もあります。

食堂や仮眠室、大浴場まで用意されているので、休憩時間に食事をして仮眠を取ったり、業務終了後にゆったりとお風呂に入って疲れを癒やすなんてこともできますね。

それから、タクシードライバーの勤務体系についてです。

1日に20時間ほど働くこともあるタクシードライバーは、1日出勤したら次の1日は休まなければならなかったり、取るべき休憩時間数が決められていたりします。

日本交通では、1日の勤務は15.5時間~18時間で、必ず3時間の休憩を取ることになっています。

食事をしたり、夜の勤務が始まる前に少し仮眠を取ったりでき、無理のないよう配慮されているわけですね。

また、勤務日の翌日は必ず休みになります。シフト制なので、連休を取りたいときには取ることもできます。

一般的な会社員に比べると、時間の使い方は比較的自由なのではないでしょうか。

キャリアアップはできるの?

入社後のキャリアアップには、どんな道があるのでしょうか。

日本交通の場合、まずは一般ドライバーとしてスタートします。その後実績を積んで行くと、黒タクドライバーになることができます。

一般ドライバー(黄色いタクシー)よりも、お客さまを乗せやすくなるメリットがあります。

さらに、実績を積んでいくと、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)として予約のお客さまをお迎えに行く専用のドライバーとなります。

また、ドライバーから内部スタッフへと転向することも可能です。

運行管理者としてサービスの品質管理を担当したり、営業所の所長になったりすることができます。

このように、社員としてのキャリアアップの道もあれば、将来的に個人タクシーとして独立するという選択肢もあります。

どちらにしても、日々の業務に誠実に取り組み、真面目に努力を重ねることでお客さまの信頼を獲得できれば、乗客数も増えて行きます。

そうすることで、どんな人も将来の可能性を拓いて行けるのです。

タクシードライバーとしての将来の明るいビジョンを思い描くことができたなら、転職への一歩を踏み出してみませんか。