未経験歓迎・終身雇用・経験が活かせる・充実の日本交通のタクシードライバー

未経験歓迎・終身雇用・経験が活かせる・充実の日本交通のタクシードライバー

タクシードライバーという存在は、一日中車の中で仕事をして、自分で乗客を見つけて、大変な割には、給与がなかなか上がらないといったきつい仕事というイメージが強いです。

しかし、そのようなことはありません。充実の雇用条件がそろっている日本交通のタクシードライバーについて紹介します。

トップクラスの給与実績

タクシードライバーの仕事というと、自分で街中にタクシーを走らせたりして乗客を積極的に見つけなければ、給与が上がることもなく、下がる可能性が高いつらい仕事というイメージがあります。送迎した乗客の数によって、その月の給与が決まるといった不安定な給与体系の元働かなければならないというものは、将来を考えたうえでも安心できるものではありません。しかし、日本交通の給与は、タクシードライバーが安心して働くことができるように、しっかりとした仕組みがあります。
日本交通のタクシードライバーという仕事は、給与保証がある仕事ということが可能です。日本交通の給与実績データから見てみると、入社1年目の平均年収は420万円、入社2年目の平均年収は450万円となっています。最高で入社2年目で年収664万円となった人もいるほどです。このようにして勤務していけば、入社6年目で年収790万円以上が可能となります。

これらのデータは、もともとタクシードライバーとして働いていた人の給与データではありません。日本交通のタクシードライバーのおよそ99%は未経験入社です。それらの何もわからないような社員を研修制度やサポート体制により支えることで、入社1年目からしっかりと高収入を目指すことを可能としています。

勤務体系を選んで無理なく仕事

日本交通の仕事がいくら給与保証がある仕事といっても、休日も返上して毎日働いているから高収入が保たれているのであったならば意味がありません。高収入を保つために、休みもなく、また急な呼び出しでもって出勤して働いているという状態が長く続くようでいては、結局のところ将来を見据えて永く働き続けることはできなくなります。ライフワークバランスがしっかりと保たれている状態を作らなければ、仕事というものは続けることができないということは基本です。これらの観点から見ても、日本交通のタクシードライバーは充実しているということができます。

日本交通のタクシードライバーでは、「いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社」という考えのもと、終身雇用を基本として、従業員が安心して働ける環境を整える、勤務体系を選べる職場を実現しています。日本交通の勤務は、事前申告のシフト制になっています。勤務予定をあらかじめ決めることができ、休日に急に呼び出されるということはありません。家族と過ごす時間や趣味の時間を確保することもできれば、ノルマを設けることもありません。無理のない勤務体系を選ぶことができるので、新入社員から50代・60代まで安心して働くことが可能です。

充実したサポート体制

タクシードライバーの仕事というものは、送迎する乗客がいなくては成り立ちません。ベテランのタクシードライバーならば、どのような場所や時間帯に人が集まり、効率よく乗客を乗せることができるのかを経験で知ることができるかもしれません。しかし、新入社員のタクシードライバーでは、そのようにはいきません。日本交通では、これらの乗客を探すという点に対しても、しっかりとしたサポート体制が築かれています。

日本交通では、配車アプリの導入がある上に、LINEタクシーを導入しているほか、月間16万回以上の無線配車実績を誇っています。配車アプリとは、自社開発したアプリであり、多くのビジネスパーソンに利用されているアプリです。LINEタクシーとは、LINEからタクシーを呼ぶことができるもので、GPS機能や建物情報から位置を割り出してタクシーを呼び出し、キャッシュレス決済も可能となっているサービスです。これらのサービスを行うことによって、より乗客の要望に沿ったサービスを実施することができています。また、これまで行われてきた無線配車も多く実施して、待ち時間もない効率的なタクシー運用を可能としています。

好感が持てる・自分を出せる仕事

タクシードライバーの仕事の魅力というものは、「ありがとう」をいただける仕事であるということです。ただ乗客を目的地まで送迎することで、感謝の気持ちを頂けることもありますが、それらを知識や好きが活かせる状態で、経験を活かしながら行うことができるとなると、より一層魅力的です。近年では、海外からの旅行客が日本に訪れてタクシードライバーの需要も高くなっています。そのような際に、趣味で習ってはいた・かつての留学で学んでいた英語や中国語などといった外国語を生かすこともできるでしょう。また、日本は高齢化が進むとともに、共働きが増えたことで、高齢者や子どもの送り迎えをタクシードライバーが担うことも増えています。日本交通ではこれらに対応するため、介護資格や経験のあるタクシードライバーを求め、小児MFAプログラムなどの資格サポート体制を整えています。様々な経験や知識を生かすことができる現場がそろっています。

また、日本交通では、恋するフォーチュンクッキーやきゃりーぱみゅぱみゅなどメディアとの連携が盛んにおこなわれています。一社員の発案から実現した、恋するフォーチュンクッキーのダンスを社員全員で踊る動画を公開して好感を得たこともあれば、きゃりーぱみゅぱみゅとなどとコラボレーションした車体を活用するなど、様々な工夫を凝らして個性的な運営が行われています。

日本交通は稼げる!多い日には1日10回以上の無線が鳴る業界トップクラスの無線配車で毎月の月収が10万円以上アップ。タクシーアプリの配車サポートもある

日本交通は稼げる!多い日には1日10回以上の無線が鳴る業界トップクラスの無線配車で毎月の月収が10万円以上アップ。タクシーアプリの配車サポートもある

都内でタクシー会社への転職を考えているなら、業界のことをまず詳しく知ることから始めましょう。
今回は東京の大手タクシー会社である日本交通とはどんな会社か、また仕事内容や知っておくべき情報についてご紹介します。

日本最大手の日本交通は売り上げもNO1。独自のサービスも充実

日本交通は日本最大手のタクシー会社です。車体がレモンイエローのカラーに赤帯のデザインで統一された、「東京四社」と呼ばれる都内大手タクシー会社の筆頭であり、売り上げも全国トップクラスです。日本交通の特徴として、全国約1万社の企業と法人チケット契約していることや、日本交通独自のサービスが充実していることなどが挙げられます。独自のサービスとは、東京に不慣れな外国人や地方の高齢者に向けて、専属で観光名所を案内する「観光タクシー」や、子供の入退院や学習塾への送迎などのサポートをする「キッズタクシー」、高齢者や身体が不自由な方の外出をお手伝いする「ケアタクシー」、妊娠されている方が対象の「陣痛タクシー」などで、様々なニーズに沿って提供しています。また、日本交通は業界トップクラスの無線配車を行っていて、全国129のタクシー会社と連携した「全国タクシー配車」というタクシーアプリの配車サポートもあるので、47都道府県どこにいてもタクシーをワンタッチで呼ぶことができます。このように利用者の立場になって考えられたサービスが充実していることが、業界トップを走り続ける理由の一つでもあります。

未経験者でも安心!手厚いサポートですぐに活躍できる

日本交通は、新人教育制度も整っているので未経験者でも活躍することが可能です。
未経験者の研修は1か月、経験者は10日間に渡ってじっくりと取り組みます。まず、タクシードライバーに必要な第二種免許取得のための研修や運転スキルの習得を行います。基本的な運転技術が身に付いたら、総合研修センターで地理研修を行い、迷いやすい道や利用客の多い道、早道、近道などを学ぶほか、タクシーに必要な接客サービスについても学んでいきます。営業所に配属されてからは、ベテランの班長に同乗してもらいながら路上研修に入ります。実際に運転しながら研修を受けることで、より詳しく地理を理解することができ、同時に具体的な接客マナーも指導してもらえます。日本交通の新人教育制度は運転スキルや接客スキルだけでなく、売り上げ向上のための研修も行うのが特徴です。利用客が多いエリアの共有をし、目標売上額を掲げて日々勉強会を行っているので、新人でも高収入が得られる仕組みが整っています。

尚、第二種免許取得のための費用は全額日本交通が負担してくれますし、研修中の手当てもあり、日当1万円と交通費が支給されます。

未経験の平均年収が420万円!他業種に引けを取らない高収入

日本交通は売り上げ向上のための研修や勉強会を常に行い、集客ができそうなエリアの情報も共有しているため、新入社員でも最初の一か月から高収入を期待することができます。都内の有名ビルや、百貨店など利用客の見込めそうなエリアには日本交通専用のタクシー乗り場が設けられているため、流しの営業で利用客を見つけられない場合は、専用乗り場で待つことができます。また流し営業だけでなく、無線による利用も多いのが日本交通の強みです。業界トップクラスの無線配車により、多い日には1日10回以上の無線が鳴ることもあります。

無線配車の単価は流し営業の単価に比べて2.5倍と高単価であるのと、無線配車数が他社の3倍にもなるので、日本交通は稼げるのです。さらに全国1万を超える企業とのチケット契約があり、一流料亭などで会食を終えた客をタクシーチケットの利用で輸送することもあります。法人チケット単価は現金の約4倍なので、一回の運行で数万円を売り上げる場合もあります。

このような手厚いサポートだけでなく、入社後3か月間のうちは、40万円の月給保証制度があるので、未経験者1年目の年収が平均420万円にもなるのです。転職する前に比べて毎月の月収が10万円以上アップすることも夢ではありません。

事前申告のシフト制でプライベートも充実

日本交通でのタクシー業務は、1業務15.5時間~18時間ですが、法定外の残業はなく、勤務時間には3時間の休憩と仮眠を取る時間が含まれています。ファミリーレストランのチケットが配られる場合もあり、休憩時に使うこともできます。

ノルマもないので、自分なりに一日の勤務スケジュールを組み立てることができます。また出勤日の翌日は必ず休日となっていて、あらかじめ休みがわかるので、家族と過ごす時間が増えるメリットがあります。勤務は事前申告のシフト制になっており、前もって申請すれば連休を取ることもできるので、家族旅行に行ったり子供の学校行事などに参加することも可能です。

勤務体系は慣れるまでは大変な部分もありますが、あらかじめ休みが決まっているので、慣れてしまえばむしろ健康的で、規則正しい生活を送ることができます。このようにプライベートを大切にできる環境が整っていることは、転職を考える上でとても大切です。

更に残業もなし、充実した研修制度で手厚いサポートが受けられ、入社3か月までの月給保証制度も備えている日本交通は、タクシー業界に転職をしたい人におすすめの会社だといえます。

日本交通は資格取得費用は会社負担で東京シティガイド検定やユニバーサルドライバー研修、MFA講習から介護職員初任者研修まで受けられる

日本交通は資格取得費用は会社負担で東京シティガイド検定やユニバーサルドライバー研修、MFA講習から介護職員初任者研修まで受けられる

日本交通では、スキルアップや給与アップに繋がる検定から介護のノウハウを学べる研修まで、働きながらさまざまな資格を取得することができます。

今回は日本交通で、会社負担で受けられる資格について解説していきます。

日本交通では東京シティガイド検定も会社負担で受けられる

東京観光タクシードライバーになるのに欠かせないのが、東京シティガイド検定です。東京シティガイド検定は東京に訪れる旅行者に、観光案内できる知識を身に付けるために実施されている検定です。観光タクシードライバーになるには地元のことを知り尽くし、観光スポットへ案内することができるだけの知識を持っていなければならないため、こうした検定の取得が重要になります。東京シティガイド検定で東京観光についての知識を得ることはもちろんですが、サービスや言葉づかいなど接客の知識も身に付ける必要があります。東京観光タクシードライバー認定研修では、観光タクシードライバーに必要な接客の技術の講習やロールプレイングを行っています。

東京シティガイド検定と東京観光タクシードライバー認定研修を受けて、観光タクシードライバーとしての第一歩を踏み出すことができるというわけです。
検定試験合格や研修を受ける必要がありますが、日本交通のエキスパートドライバーになれるチャンスでもあります。高年収を目指せるチャンスでもあり、通常のタクシードライバーからのステップアップに繋がることも期待できます。

ユニバーサルドライバー研修もエキスパートドライバーへの一歩

日本交通では観光タクシーやキッズタクシー、ケアタクシーといったサービスを設けています。ケアタクシーのドライバーになるのに必要なのが、ユニバーサルドライバー研修です。ユニバーサルドライバー研修はバリアフリー研修推進実行委員会が開発、推進しているタクシードライバー向けの研修です。バリアフリーの推進に貢献したとして、第6回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞した研修でもあります。ユニバーサルドライバー研修では利用者とのコミュニケーション方法や車いすの乗降の仕方など、体の不自由な方の介助方法を学ぶことができます。研修の内容は講義や映像学習、グループディスカッションや実際に車いすを使用した介助の実践などです。
研修期間は1日7時間で終了し、研修を修了した人には終了証が発行されます。ユニバーサルドライバー研修を修了することは、日本交通のエキスパートドライバーになれるチャンスにも繋がります。高齢者や車いすの利用者へのサービス向上にも繋がるため、タクシードライバーとしてのスキルアップにも繋がる研修です。

日本交通では、こうした研修も働きながら受けることができます。

エキスパートドライバーに必要なMFA講習や介護職員初任者研修

日本交通には高齢者や体の不自由な利用者の買い物や通院、銀行への用事などに付き添うサポートタクシーというサービスがあります。サポートタクシーのドライバーはサポートエキスパートドライバーと呼ばれ、黒タク資格保持者や介護職員初任者研修などの有資格者が担当します。サポートエキスパートドライバーになるための第一歩として、MFA講習があります。MFA講習はメディック・ファーストエイドの略称で、応急救護と手当の訓練プログラムを受けられる講習です。基本的な応急救護の仕方を学べるので、利用者の体調が急変した場合などに役立ちます。介護職員初任者研修は、高齢者などの身体介護をするために必要な資格です。

介護職をするのには必須といわれている資格ですが、タクシーを利用するのが高齢者や体の不自由な方だった場合にも役立てることができます。
取得することでタクシードライバーからのステップアップがあることも期待できる資格で、日本交通ではMFA講習や介護職員初任者研修などの資格も、働きながら取得することができます。

サポートエキスパートドライバーになるにはさまざまな資格を取得する必要がありますが、高年収を目指せるチャンスでもあります。

会社でできる資格取得は稼ぐチャンスになる

東京でタクシードライバーとして稼ぐなら、東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修の修了も給与アップのチャンスです。東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修は外国人利用者に対して、英語でコミュニケーションが取れることを目指した研修です。基本的な利用時の英語での会話や緊急時の対応などを学ぶことができます。こうした研修のほかに英検2級の取得なども、外国人利用者との会話に役立ちます。日本交通では20代~60代の幅広い年代が活躍しています。

資格取得もサポートしているため、一歩ステップアップしてやりがいがある仕事がしたい方には向いた環境です。資格を取得してエキスパートドライバーになると、高年収を目指すことも期待できます。日本交通のタクシードライバーは、誰でも応募できるのが特徴です。普通1種免許しか持っていない人でも、研修制度やサポート体制が充実しているので安心です。初めの3カ月は月収40万円保証制度などもあるため、給与面でも安心して働くことができます。

働きながら資格取得のチャンスもあるので、スキルアップや給与アップを目指しやすい会社です。
まずは応募してみて、自分なりの働き方や稼ぎ方を目指すのもいいでしょう。

8割が未経験スタート!入社一年目は平均420万円!高い平均年収が魅力!手に職をつけて働きたいなら、日本交通のタクシードライバーがおすすめ!

8割が未経験スタート!入社一年目は平均420万円!高い平均年収が魅力!手に職をつけて働きたいなら、日本交通のタクシードライバーがおすすめ!

これから東京都内で、タクシードライバーへの転職を考えている方もいるのではないでしょうか。
どうせ転職するなら、収入や待遇面に優れたタクシー会社がいちばん。

そこで、高い収入が期待できる業界最大手の日本交通について、ここでは紹介しましょう。

充実の研修体制で、入社1年目から高収入が可能!

タクシードライバーへ転職するにあたって、まず最も気になるのが収入面でしょう。
この点、日本交通では8割が未経験スタートにも係わらず、入社一年目から高い収入を実現しています。具体的な数値をみると、入社一年目は平均420万円。全国のタクシードライバーの平均年収が285万円であることを考えれば、これがいかに高い数値なのか理解できるはずです。入社一年目からこの高い平均年収を可能にしているのが、充実した研修体制です。まず未経験で入社すると、じっくり1ヶ月間の研修を受けることになります。研修期間中には、タクシードライバーに必須の第二種免許の取得をはじめ、総合研修センターでの座学や、営業所での実地教習を経験します。

ここで注目したいのは、日本交通の研修では一貫して、売上向上の視点で研修が進むことです。例えば地理の講習では、単にテキストを配って都内の地理を教えるのではなく、売上に結びつく道順やエリアについても、熟練教官がしっかりと説明します。また実地教習でもベテランの班長が必ず同乗して、お客様が多いエリアや時間帯などを覚えさせ、売上アップへつながるように指導します。このため未経験者であっても、実際に運転業務を開始した1ヶ月目から、高い売上の実現が可能になるのです。もちろん運転技術や接客マナーなど、基本的な営業スキルも学べるので、異業種からの転職者でも安心です。もし当初は地理をマスターできなくても、全車両にカーナビが搭載されているので、地方から出てきた方でも心配ありません。
日本交通では入社時点から、手に職をつけて働くことができるように、様々な仕組みが整っています。

最大手ならではの集客システム!きめ細かいサポート体制!

入社1年目から高収入を得られる理由は、まだまだあります。
業界最大手ならではの、優れた集客システムもその1つ。

まず有名オフィス街や大型ターミナル駅といった主要拠点を含め、都内多数の専用乗場を設けています。このため流し営業のように無駄な時間を費やすことなく、直ぐに専用乗り場でお客様を見つけることが可能です。また約12500社にも及ぶ多数のタクシーチケット契約数の多さも、業界No.1の会社ならではの強みです。法人チケットの客単価は現金の約4倍なので、少ない乗車回数でも高い売上に結びつきます。さらに日本交通の集客システムとしては、他社の3倍という業界トップクラスの無線配車数も見逃せないでしょう。ちなみに無線配車の客単価は通常の2.5倍です。こちらも少ない回数で、大きな売上につながります。
特に最近ではアプリ配車も増えてきており、より効率的な集客が可能となっています。この他には、日頃から売上げアップのための社内勉強会を開催しています。

各営業所ごとに集計されたデータに基づいて、お客様が多い道やエリアあるいは時間帯など、様々な情報やノウハウをドライバー同士で共有しています。このような手厚くきめ細かいサポート体制があるので、未経験者でも営業1ヶ月目からしっかりと稼ぐことができます。

年齢や性別を問わず、誰でも働きやすい勤務環境!

いくら収入面に優れていても、無理しながら働くのでは、仕事を長く継続することは難しいでしょう。
この点、日本交通にはドライバーに優しい、恵まれた勤務環境があるので安心です。実際に8割が未経験スタートにも係わらず、長期勤務の方も珍しくありません。また65歳以上のドライバーが400名以上も勤務しており、女性の方も数多く在籍します。基本となる勤務時間は、1乗務あたり夜勤を含め15.5~18時間。これだけ聞くと大変そうに思えますが、乗務中は3時間の休憩あるいは仮眠が厳守されています。もちろん好きなタイミングで休めるので、自分のペースで運転業務することが可能です。また勤務日の翌日は、必ず明番や公休日として休める仕組みになっています。

つまり隔日勤務なので、1ヶ月単位で考えると約半月は休める計算です。このような隔日勤務はプライベートな時間を作りやすく、家族や友人知人と交流する機会も増え、理想的なワーク・ライフ・バランスを実現できます。なお日本交通では事前申告のシフト制を採用しており、シフトの変更や休みの設定も、1か月前に申告すれば考慮してもらえます。冠婚葬祭で休みを取りたい場合でも不自由しません。勤務予定をあらかじめ設定できるので、休日出勤で呼び出されることもありません。
もちろん法定外の残業はないため、規則的で健康的な日常生活を送ることができます。

手厚い福利厚生で、さらにモチベーションUP!

業界最大手の日本交通のタクシードライバーであれば、福利厚生面でも心配する必要はありません。

まず研修終了後、最初の3ヶ月間は40万円の月給保障つき。さらに研修期間中も1万円の日当と交通費が支給されます。
そのうえタクシードライバーに必須の2種免許を取得する際も、費用は会社が全額負担します。社会保険については、年金保険をはじめ健康保険や雇用保険など、一通り完備しています。休暇についても、年次有給休暇はもちろん、産休や育休といった特別休暇制度もあります。

休暇中は会社所有の保養所などを、家族と利用することも可能です。この他にも財形貯蓄制度や慶弔見舞い、あるいは自社工場によるマイカー車検修理割引制度や、乗務の休憩中にも使用できるファミリーレストランの割引券など、様々な経済的サポートがあります。無事故表彰などの制度もあるので、運転スキル向上へのモチベーションも高まります。各営業所の施設内には食堂をはじめ、仮眠室や大浴場なども完備されており、仕事の疲れをしっかりと癒せる環境がそろっています。

また社内にはスポーツから文化芸術まで、幅広く多彩なサークル活動があり、仕事を離れて社員同士の交流が盛んです。

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

東京都内でタクシードライバーとして働きたいと考えている人に、日本交通の入社後の教育、給与体系や勤務形態を紹介します。
日本交通は1928年に創立された老舗の大手タクシー及びハイヤー会社です。

タクシードライバーの給与や勤務待遇などの参考にしてください。

タクシードライバー未経験者に対する、日本交通の手厚い研修制度

日本交通は、タクシードライバーへの転職後の未経験者に対しては、研修がじっくり1か月ある教育を行います。
まずは、会社が全額費用を出して業務に必須の2種免許を取得、運転スキルの習得をさせます。

総合的な研修としては、接客スキルと都内地理、法令などを基礎から丁寧に学びます。特に、都内地理は熟練教官から利用頻度の高い道から学ぶシステムになっています。その後、配属された営業所では、ベテランの班長が同乗して運転技術や接客技術の研修を行います。この時に、売上向上につながる研修として、お客の多いエリアや早道、近道も教えてもらえます。研修期間中も1万円の日当と交通費支給があるので生活も安心です。

会社と各営業所による、このような手厚い研修制度が、ドライバー未経験からでも安心してスタートできる状況をつくっているのです。
日本交通の新入社員の8割が未経験者であるということからも、専門職でありながら、入社時には様々な技術を要求されることは少ないでしょう。

大手会社であるので、未経験者を育てることを可能にしているのです。

また、タクシードライバー経験者の研修期間は10日間です。必要最低限の研修後、すぐに路上に出て営業というかたちになります。10日間の研修期間中も、1万円の日当と交通費が支給されます。

日本交通の給与体系と売上向上のサポート

都内のタクシードライバーは450万の平均年収です。

この平均年収と比較しても、日本交通の給与体系は安定しています。研修終了後の3カ月間は、月給40万円の給与保証がありますので、初月から安定した収入が得られ、安心して働けます。業界大手の日本交通だからこそ、可能にした保証制度です。この保証制度により、未経験者入社1年目でも平均給与は420万円となっています。

給与保証制度後は固定給と歩合制の組み合わせになります。
歩合制であるので、経験年数に関係なく、努力によってベテランのドライバー以上の収入を得ることも可能です。入社2年目の平均給与450万円、2年目の最高年収664万円、全ドライバーの最高年収790万円となっています。サラリーマン以上の年収が可能となることもあるのです。頑張りによって売上を上げると直接給与に反映されるので、努力のしがいがあると言えるでしょう。

また、日本交通は、営業所ごとにお客が多いエリアや道を時間帯別に集計していて、その情報を社内の勉強会で共有しています。
朝礼で班長が新人を教えたり、売り上げ成績の良い先輩が勉強会を開いたりもしています。このように、売上向上の研修がある会社の手厚いサポートも、安定した収入につながっています。

収入アップに役立つ日本交通の様々な集客方法

業界大手である日本交通は様々な集客方法をもっており、ドライバーの収入安定に役立っています。その中から、主なものを4つあげます。

1つは、月間45万件の無線配車。電話でのオペレーター依頼もしくは自動配車によって、すぐにタクシーを呼んだり、希望日時を予約するシステムです。

2つめは、都内35カ所にある日本交通専用乗り場。専用乗り場には案内係が常駐しているか、もしくはデジタル無線GPSシステムにて車両を供給しています。

3つめは、約13,000社とのチケット契約。タクシー利用料金の一括後払いで、社員の通勤、お客様の接待、役員の移動など会社単位で契約され、様々な場面で利用されます。

4つめは、スマートフォン向け配車アプリの利用。すぐに、もしくは希望時間に配車を予約することができます。

街中で客を乗せて目的地まで輸送するという通常の流し営業以外に上記のシステムを利用できるので、客を安定して確保することができます。
それによって売上が上がり、収入をあげることができるのです。上記のシステムは、客がつかまらないのではないかというタクシードライバーの不安を取り除く役目もしています。

日本交通の勤務形態と規則で自分らしく働く

日本交通のタクシードライバーの勤務形態は隔日勤務です。

隔日勤務では、1日勤務(出番)した翌日は休み(明番)となります。このローテーションを3回繰り返した翌日が公休日となります。
出番の日は朝8時に出社。翌日の夜中2時に仕事終了です。1乗務最大18時間ですが、3時間の休憩、仮眠が義務付けられています。また、法定外の残業は禁止されています。出番の翌日は必ず休みとなります。

1乗務は長いですが、休みと交互となっているので、慣れてくると規則的な生活が送れます。休みの日には家族との時間がきちんととれたり、自分の趣味に取り組めたりと、仕事とプライベートを充実させることができます。また、事前シフト制で休みが比較的取りやすいので、自分らしく働けるようになるでしょう。
日本交通には、20代から60代の幅広い年代の人が働いています。これも、1乗務が長くても、勤務中にきちんと休憩をとり、明番という休みがある規則正しい働き方が可能にしていると言えます。

運転に影響を与える健康リスクは事故防止のためにも必要。全タクシードライバーは年2回自社の健康保険組合で健康診断を受けています。このような健康管理も自分らしく働くための大切な要素のひとつになります。

日本交通グループのタクシー乗務員なら、語学力や子育て・介護の知識を活かした転職ができます

日本交通グループのタクシー乗務員なら、語学力や子育て・介護の知識を活かした転職ができます

語学力や子育て・介護の経験、知識がタクシー乗務員としての仕事に役立つと言ったら、意外に聞こえるでしょうか。

日本交通グループでは、様々なシーンに応じたタクシーのサービスを提供しています。
その中で、今までに貴方が習得した知識や経験を活かせる場があるのです。

以下にその内容をご説明しましょう。

語学力を活かして東京案内のエキスパートに

東京は年間1,000万人以上の外国人観光客が訪れる街です。交通網は発達していて、どこへ行くにも不自由は無いように思えます。

しかし、複雑な東京の地下鉄網など、公共交通機関の利用は、初めて日本を訪れる外国人の中には難しさを感じる人もいます。
それに加え、高齢者となると更に移動が大変になります。そうした背景もあり、タクシーで東京を観光するニーズが高まっています。

それは、タクシーであればお客様の好きな場所へ好きな時間に行くオーダーメイドの観光が可能ですし、タクシー乗務員がプライベートなツアーガイドとなり、訪れた先をご案内する非常に質の高いサービスが受けられるからです。

その際に、貴方の語学力を東京観光への訪日向けにスキルを活かせるのです。まだまだタクシー業界では語学のスキルを持っている乗務員が不足しています。そうした中で、世界との絆を作るパートナーになれる仕事が観光タクシーサービスなのです。

この仕事は、東京観光を楽しみにしている外国人のお客様に対して、おもてなしの心で思い出の1ページ作りをお手伝いをする非常にやりがいのあるミッションであると言えます。

お子様の安心にキッズタクシー

また、タクシー乗務員は、子育て・介護の知識を活かすこともできます。

例えば、子育ての場面ではキッズタクシーがあります。キッズタクシーとは、新生児の退院、赤ちゃんの定期健診、またお子様が入退院をする際に付き添ったり、習い事や塾の送迎をしたりなど、子育ての様々場面をサポートするサービスです。
そして、大切なお子様の安全、そしてご家族の安心に対して貢献することで充実感を得られる非常にやりがいのある仕事です。

このサービスは、まだまだ新しいジャンルですが、昨今の社会情勢とお子様への安全に対する意識の高さから、今後ますます需要の高まりが予想されています。そうした中にあって、子育てで大変なお客様には、貴方の子育て経験や子供が好きといった気持ちを活かせるのです。出産・子育て中のお客様に快適な生活をするためのサポートをすることで、ご家族の笑顔を見た時の喜びは格別の嬉しさがあります。また、サービスを通してお子様の成長する過程を実感した時の喜びも格別です。

なお、初心者の方でも日本交通グループの手厚いサポート体制により、安心してお仕事を始められる環境が整っています。

介護の資格や経験を活かすケアタクシー

そして、介護資格や経験を活かして働けるケアタクシーもあります。
ケアタクシーとは、高齢者や身体が不自由な方がお出かけする際のサポートをする仕事で、買い物や通院、冠婚葬祭やお墓参りなど、様々な移動のシーンで必要とされるサービスです。

また、高齢化社会に伴い、ニーズが拡大していることもあり、今後ますます需要が増えると見込まれているサービスです。そこで、これまでに介護の世界に携わったことで、その資格や経験をお持ちの方には、転職先として候補の一つになる仕事なのです。

貴方が前職で得たスキルや経験を、タクシー乗務員という別の形で社会に役立ててみませんか。世の中には様々な理由から、「出かけたいのに出かけられない」というお客様が大勢いらっしゃいます。

この仕事は、そうしたお客様が、二度と行けないであろうと思っていた場所を訪れるお手伝いをすることで、その感動を分かち合える仕事です。そして同時に、お客様のお役に立てたやりがいを感じることで喜びを得られる満足度の高い仕事でもあります。

お客様が諦めていた夢を叶え、幸せを提供することができる仕事、それがケアタクシーです。

貴方を活かせる仕事、日本交通グループのタクシー乗務員

このように、タクシー乗務員は、語学力を活かす、子育て・介護の知識を活かすなど、これまでに貴方が培ってきたスキルや資格を活かした働き方ができると共に、広くお客様の要望に応えることが可能な仕事です。
しかし、タクシー会社はどこも同じではありません。先ず、大手とそれ以外で大きく違いますし大手の中でも差があるのです。売上高8年連続業界1位の日本交通グループは、創業約90年の伝統ある東京のタクシー会社です。

これまでに積み上げてきた実績と信頼により、「タクシーに乗るなら日本交通」というお客様が大勢、いらっしゃいますし、これは、日本交通グループのタクシー乗務員にとって大きなメリットであり、安定して働ける点と言えます。更に、東京ミッドタウンや六本木ヒルズ、有名百貨店など、お客様が多い場所に日本交通グループのみ入れる専用のタクシー乗り場が配置されています。
お客様が見つからない時でも、この専用乗り場で待機することで、待たずにお客様がいらっしゃいます。これで、空車率を効率良く下げると共に、売上を安定的に確保することが可能になるのです。

更にタクシーチケットの存在も見逃せません。
タクシーチケットとは、日本交通グループのタクシーでのみ利用が可能な専用の小切手に相当するものです。全国約10,000社のお客様と法人チケット契約をしている日本交通グループでは、タクシーチケットをご利用するお客様は、長距離をご利用される確率が高いというデータが出ています。つまり、日本交通グループのタクシー乗務員は、効率的に長距離のお客様を獲得することが可能であると言えます。

また、日本交通グループの平均売り上げ、そして年収は業界トップレベルです。全くの未経験者であっても、万全のフォローアップや実践に即した研修、また電話・アプリや車両設備からの配車などを活用することで、確実な売り上げを作れるタクシー乗務員へと成長します。

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

東京都内のタクシードライバーの求人の多くは完全歩合制や一部歩合制。転職してすぐに稼ぐ人もいれば、思うように稼げない人がいるのも事実です。

では、タクシーで稼げる人と稼げない人との違いはなんなのでしょうか?

最初から稼げる人は…いる!?

東京都内のタクシードライバーの求人を見ると、「入社後◯カ月間は給与保証◯◯万円」というような広告を多く見かけると思います。完全歩合制という勤務体系がほとんどのタクシー業界。給与保証はとても心強いですよね。

しかし、まったくの未経験で入社した人の中にも、最初から保証給以上の金額を稼げる人がいます。どんな人でしょうか?

それは研修や試験を通じて教わった基本を忠実に実行できている人です。例を挙げると、空車時は左側車線をゆっくり走るようにと教わるはずです。当たり前のように思えますが、稼げない人はこれができていません。どこかで怠けてしまったり、忘れてしまっています。

「経験を積んで、道に精通していないと稼げないのではないか?」「お客さんの多いポイントを熟知していないと稼げないのではないか?」こんな風に考えてしまう方も多いでしょう。これらは決して誤りとは言いません。道に詳しい方が稼げるでしょうし、良いポイントを知っていた方が稼げるでしょう。

しかし、保証給程度の金額を稼ぐためには、これらは全く必要ありません。大切なのは簡単な基本動作を馬鹿にせずにしっかりと繰り返す事。これさえできれば新米ドライバーでもちゃんと稼ぐ事ができます。

向上心を持ち続けられるか

タクシードライバーに転職して数カ月もたつと慣れてきます。場所によっては道にも詳しくなり、よく使う抜け道なども覚えてきます。お客さんを乗せるたびに冷や汗びっしょりだったのが、涼しい顔で運転できるようになっているかもしれません。もちろん、これでもそれなりに稼ぐ事はできるでしょう。

しかしこの時期が、さらなる高年収を得る人と、それ以上稼げない人を分ける大きなポイントになります。
仮に上野周辺をメインに営業していたとします。お客さんを乗せて営業区域(営業できる地域。この場合、23区と武蔵野市・三鷹市)の端っこの三鷹市まで行ったら、あなたならどうしますか?基本通りならそのまま営業ですが、三鷹の道は素人同然。上野まで戻れば、また涼しい顔で営業できます。人によっては1時間以上もかけて回送表示を出して帰ってきてしまうかもしれません。

三鷹⇒新宿⇒日本橋…といった具合に、次々に営業できたら、どんなに効率がいいでしょう。最初はナビや地図で調べて頑張っていたはずが、詳しいエリアができてしまった事によって変なプライドや怠け心が生まれるんですね。

営業区域内の道を網羅するまで、ひたすら冷や汗を掻き続けましょう。謙虚な姿勢でお客さんに教えを乞いましょう。日々収入を伸ばしていくためには向上心を持ち続ける事が大切です。

細かい目標設定と自己管理が大切

稼げるタクシードライバーは、営収(売上)から実際に受け取る給与計算をし、日々の営業に細かく目標設定をしています。ばくぜんと「今月は手取りで35万円くらい欲しいなぁ。」ではダメです。月の目標÷出勤日数で出したおおよその日額に、出勤日の曜日などの要素を加味して、1日の目標を定めます。さらに時間帯(早朝・午前・午後・夜・深夜帯)で区切って、1日の目標を達成するにはどのようなペースでいけばいいのかを考えながら仕事に取り組みます。こうした細かい目標設定が無いと、気が付いたら月が終わってしまい「もうちょっと稼ぎたかったなぁ」の繰り返しになりがちです。

また、稼げないドライバーに共通する事は「だらしない」事。タクシードライバーの仕事は、やればやっただけ稼げる仕事ですが、やらなければ稼げない仕事でもあります。出庫して営業に出てしまえば1人きり。頑張るのもサボるのも自由です。人はついつい楽な方に流されて、自分に甘くなってしまうものです。いつでもコツコツと同じ仕事を続けているドライバーは、必ずしっかりと稼いでいます。タクシーに限った事ではありませんが、自己管理が大切なのです。

基本を忘れないドライバーはしっかり稼げる!

いかがでしょうか?タクシードライバーの仕事で稼げる人と稼げない人の違い。それはほんの些細な事の積み重ねなんですね。
当たり前の事をしっかりと継続していけるかどうかが両者を分けるカギです。たしかに東京で一番稼ぐドライバーになるには、特別なテクニックやコツが必要かもしれません。しかしそれは、もっと上のレベルの話。テクニックやコツは基本を積み重ねていった人だけが身につけられるものなんです。

この記事を読んでいただいている方の多くはタクシー未経験の方かと思います。「タクシードライバーに転職してちゃんと食べていけるんだろうか?」と、不安な思いの方もいるのではないでしょうか。

ここまでも書き綴ってきましたが、タクシードライバーは研修などで教えられた基本に忠実に、真面目にコツコツとやっていればしっかりと稼げる仕事です。さらに東京は、企業や店舗・そこで働く多くの人々がひしめく大都市。地方エリアと比べてもタクシー客自体の数も多く、ドライバーの歩合率も高い傾向にあり高年収も十分に期待できます。

しっかりと自己管理をし、真面目に取り組むのなら何一つ不安に思う事はありません。自信をもって飛び込みましょう!

タクシーを利用したい初心者の方、必見!東京のタクシーについて知ろう

タクシーを利用したい初心者の方、必見!タクシーについて知ろう

タクシーは、東京都内および首都圏近県で、もはやなくてはならない交通機関となっています。しかし普段タクシーを利用しない人にとっては、わからないことが多いといえます。
「タクシーってあまり乗ったことがなくて、誰にもいえないけど実は乗り方もよくわからない…」
金額やタクシーの呼び方、サービスも地域や会社によって違いの多いタクシー。
今回は、東京のタクシーの基本情報をまとめてご紹介します。

そもそもタクシーとは

タクシーは、乗車地からお客様の目的地までたどり着ける唯一の輸送機関です。街中で手を挙げるなどの乗車意思を示しご利用いただくのが一般的で、個人や社員の帰宅送迎などに向いています。その一方、ハイヤーは完全予約制で、役員の専属社用や海外のVIPの空港へのお迎えなど車格式が重んじられる状況で、よく利用されることが多いと言えます。

タクシーの料金はどうやって計算している?

タクシー料金は、距離と時間で計算されています。乗る距離が長く、時間もかかれば料金は高くなります。「東京23区、武蔵野市及び三鷹市」のタクシー料金で説明すると、現在の初乗り運賃(1.052kmまで)は410円で、時速10km以下で走行した場合90秒毎に80円加算されます。(高速道路走行時には適用されない。)無線配車の場合は、迎車料金が加算されます。

午後10時から翌朝午前5時までの時間帯は、深夜早朝で割増料金となりタクシー会社によって異なりますが1~2割増となります。(「深夜・早朝割増」を適用していない会社もあります)この深夜・早朝料金は、例えば2割の場合は料金が2割増すのではなく、距離が2割分短くなり計算されます。多くの地域では上記の時間が主流ですが、大阪府、福岡市では午後11時から翌朝午前5時となっています。

出迎えや無線配車は、迎車料金が加算される

タクシー会社によっては、お迎えにあがる際にお迎え料を頂戴する会社があります。そのため、自宅に呼んだ時点ですでに料金がかかっているという事があります。

「お迎え料」は2種類

お迎え地点までの距離に関係なく、「1回呼ぶ事に1台○○円。」と一定額を頂戴する。
金額は100円~400円程度となっています。

お迎えの依頼をした時点で料金メーターが作動し、お迎え地点までの料金を頂戴する。
ただしお迎えの地点までの距離が一定の距離(多くは1.0km~2.0km)を超えたら、初乗り料金以上の金額は請求しない。
この方式だとお迎えの依頼をした時点で、すでにメーターが作動している為、乗ってすぐ料金が上がったという誤解が起き、利用者の評判は良くないです。

タクシー会社の違いは?

街中にあるタクシーは、利用者からみればどこも同じに見えますが、実は会社によってさまざまなサービスがあります。
近年では、日本の社会問題に沿って様々な取り組みをしています。

1、妊婦支援タクシー
事前にタクシー会社にお産する病院や緊急連絡先を伝えておくと、出産の時にスムーズに対応してくれます。

2、こども支援タクシー
子供の塾や、幼稚園の送迎を行うサービスです。

3、携帯電話充電器サービス
車内で携帯電話の充電が行えます。

4、高齢者割引
一定の年齢(地域や会社によって異なります)になると割引が適用されます。

5、和装割引
着物や浴衣で乗車すると1割引になります。

上記以外にもさまざまなサービスがあり、自分にあったタクシー会社を見つければ、利便性はさらに高まります。

タクシー業界の面接の実態とは?面接交通費の支給はあるの?

タクシー業界の面接の実態とは?面接交通費の支給はあるの?

タクシー会社の面接を受けるということ

タクシー業界が注目を集めるようになった近年、就職・転職のための面接は年々厳しくなっているのが実情です。
第二種運転免許を持っていても、面接の結果次第で採用が見送られる場合もあります。
そのためこれからタクシードライバーとして働こうと考えている方に、面接で聞かれる傾向のある質問をご紹介します。

志望動機を具体的に述べる

これはタクシー業界に限らず、どの会社の面接を受けても必ずされる質問です。
この質問の意図は「タクシー業界に入りたい、タクシードライバーになりたい理由」でなく、
『色々なタクシー会社の中から何故ここを選んだのか』ということが問われているのです。
そのため事前に、その会社の勤務形態や給与・営業上のシステムなどの特徴を調べておき、
それを踏まえて答えるのが良いでしょう。

また「何故この業界を志望したのか?」「何故タクシードライバーになろうと思ったのか?」
会社だけでなく、タクシー業界に対してのやる気があるかを問われることも多いです。
特にタクシー業界は業務内容や給与形態などが他の業種と異なり、少し特殊のため
業界の特徴や業務内容を把握しておくことが重要となります。
それに対して「人とコミュニケーションを取ることが好き」「結果を出せばすぐに評価につながることにやりがいを持っている」等、
自分の長所やスキルを活かせる場であることをアピールすると、よりオリジナルの志望動機になります。

過去の事故歴について

タクシードライバーは、お客様を安全運転で確実に目的地へお連れする仕事のため、
今までに重大な事故を起こしている場合は、不採用になる確率が高くなります。
会社側は運転記録証明書を確認するため、嘘をついてもすぐわかってしまいますので素直に伝えましょう。

前の職場を辞めた理由

この質問も転職活動をしている方には、聞かれやすいと思います。
前の会社や職業に不満があっても、それをそのまま伝えるのではなく「自分には合わなかった」という理由に置きかえることです。
また『今はこの業界で頑張りたい、熱意を向けている』というアピールもすると更に良いでしょう。

タクシードライバーの面接を受ける際は、タクシー業界やこの仕事がどういうもので、
どんな人材が求められているのかを予め調べて知っておくことがポイントとなります。
そしてそれらを踏まえながら、自分の長所やスキルを絡め、自分がタクシードライバーの適正を持つ人物であること、
業界や会社の役に立てることを前向きにアピールできるよう、対策を立てておくことが大事となります。

タクシー会社の面接は交通費って支払われる?

求職者としては、転職活動についての資金は出来るだけかけずにしたいものです。
これも業界に限らず、企業によって対応は異なるため一般的には支給か不支給かと回答することは難しいです。
全額を企業側が支給する場合や最終面接のみ支給する場合、全て応募者側が負担する等、様々な対応があります。
しかし現に、会社説明会にクオカードを配布したり、支給限度額ありの交通費支給を支払う会社もあります。
ただ基本的には、面接の交通費は支給されない企業がほとんどのため、気になる企業には同時期に応募し
面接を同じ日に何社か重ねられるように調整するなどスケジュールの組み方を工夫することだけ、交通費の負担は軽減できます。
また説明会の後に面接を実施するところもあるので、時間とお金の面でメリットがあると思ったら受けてみて良いでしょう。

タクシードライバーになるために必須の「普通二種自動車免許」の取得を徹底解説!

タクシードライバーになるために必須の「普通二種自動車免許」の取得を徹底解説!

タクシードライバーになるために必須の「普通二種自動車免許」の取得を徹底解説!
タクシードライバーになるためには、二種免許を必ず取得しなければなりません。
第一種運転免許、いわゆる普通免許を取得後、3年以上経過していれば誰でも取得できる免許です。
二種免許は、旅客自動車を運転する際に必要な免許です。
旅客自動車とは、バス、タクシー、ハイヤーなど、お客様を乗せて商業的に運転するものが当てはまります。
タクシードライバーになるためには、必須の資格となります。
それでは、二種免許を取得するには、どれほどの費用や期間がかかるのでしょうか。
さっそく、二種免許取得方法の詳しい取得方法を記載していきます。

「普通二種自動車免許」の取得

実際に二種免許を取得するには、以下の条件をクリアする必要があります。

 ・第一種免許を取得してから3年が経過していること。
  ※途中免許取り消しがあった場合は、その停止していた期間を除いた累積の期間になります。

 ・視力、聴力など普通免許を取得した時と同じ条件がクリアしていること。
  これに併せて、深視力(遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力)検査も行う。

一種免許は18歳から取得が可能ですので、3年経過というと最低でも21才以上ということです。
まずは、ご自身の年齢と免許を取ってからの年数を確認すると良いでしょう。
 

試験は難しいですか?

多くの方は、二種免許の取得は一種免許に比べてと難しい、というイメージを持っているかもしれません。
実際にはどうでしょうか、それぞれの合格率を比べてみましょう。
警視庁発表の運転免許統計によると、年によってばらつきはあるものの、
普通免許の合格率が70%前後を推移しているのに対して、二種免許の合格率は35%前後となっています。
つまり、二種免許の合格率は一種免許の約半分です。
簡単か難しいか、捉え方は人それぞれかとは思いますが、
少なくとも最難関資格、ということはないようです。

学科試験の難易度は?

学科試験は異種免許と同じくマークシートです。
文章問題90問(各1点)とイラスト問題(各2点)で構成され、合格点は90点以上。
二種免許特有の問題はわずか5問程度なので、一種免許を取ったときの記憶を呼び戻せば
さほど難易度は高くないでしょう。

難しい季節があるの?

教習所の受け入れ体制、という観点では難しい時期があります。
2月~3月など、学生が教習所に集中するシーズンは教習所のキャパを超えてしまうことがしばしばあります。
一種免許を取った際に、予約が取れない経験を味わった方も多いでしょう。
この時期だけは、思うように教習が進まないことは念頭に置いておいて下さい。
場合によっては、一般の教習者のみを受け付け、二種免許は受け付けない教習所もあるようです。

知っておきたい2種免許

それでは、二種免許の取得にかかる費用はどの程度なのでしょうか?
教習所に通うか一発試験かにもよりますが、以下の費用は必ずかかります。

・試験手数料   7,860円(申請費用4,500円、試験車両代3,360円)
・応急救護講習  7,200円
・旅客車講習  18,900円
・免許発行費用  2,100円
      合計36,060円

教習所に通う場合は、教習費用20~25万円程度が別途かかります。
もしこの費用が全部タダ!なんて事になったら、いかがでしょうか?
実はそんな美味しい話があるんです!

業界最大手の日本交通では、二種免許取得費用を全額会社で負担しています。
エキスパート・ドライバー・サービスなど、業界のパイオニアとして
新たなサービスを提供する同社なら、安心してドライバーのキャリアを築くことが出来るでしょう!