40万円(3ヶ月)もの給与保証がある日本交通グループでならタクシー乗務員として安心して働ける

40万円(3ヶ月)もの給与保証がある日本交通グループでならタクシー乗務員として安心して働ける

タクシー乗務員として働くのに興味を持っているけれど、売り上げがないとほとんど稼げなくて生活が苦しくなりそうだと悩む人もいるでしょう。
そんなときに魅力的なのが給与保証がある会社です。

日本交通グループの魅力を知っておきましょう。

タクシー乗務員が初めてでも安心な給与保証

タクシー乗務員として働くときには一般的には歩合制が取り入れられています。給与が売り上げに応じて決まる仕組みになっていて、乗客を大勢獲得してたくさん売り上げを出すと飛躍的に収入が上がるのです。ベテランになると月に80万円以上も稼いでいる人もいますが、裏を返すと初心者には辛い状況があるとわかるかもしれません。売り上げがないと最低レベルの賃金しかもらえない場合が多いからです。初めてタクシー乗務員として働く人はなかなか乗客を獲得できないのも事実で、ある程度の現場経験と実地で学ぶノウハウがないと売り上げが伸び悩みがちです。しかし、給与保証があればあまり心配する必要はありません。

給与保証は売り上げにかかわらず一定以上の給与を期間限定でもらえる制度です。日本交通グループの場合には40万円(3ヶ月)となっていて、業界でも最高水準になっています。この期間に現場経験を積んでノウハウを習得し、いかにして売り上げを増やすかを学べば良いと考えられるでしょう。最初は誰もが乗客を見つけられなくて苦労することは上層部もよく理解しているので、最初は安心して働けるように給与保証をしているのです。

不安があっても安心して働けるようになるのはなぜか

日本交通グループなら仕事に不安がある人も安心。とよく言われます。これは給与保証が充実していることだけが理由ではありません。不安を抱えてタクシー乗務員になる人もいますが、働いているうちにその不安を払拭できるシステムが整っているのです。タクシー会社としては大勢のタクシー乗務員を抱えているだけでは不十分で、誰もが使いたいと思ってくれるようなサービスを提供しなければなりません。そのために徹底した研修を行い、多くの人に喜んで利用してもらえるようなサービスを自然に提供できる乗務員を育て上げています。研修を受けながら働いているうちに自然に実力がついていき、収入も増えて満足という結果になりやすいのです。

また、体力的な不安を持っている人もいるでしょう。しかし、日本交通グループでは働き方を自由に選べるので安心できます。隔日勤務はタクシー乗務員の場合には典型的ですが、生活リズムが自分には合わないという人もいるでしょう。希望すれば昼日勤や夜勤を選ぶこともできるため、自分なりに働きやすく、かつ稼ぎやすいスケジュールで勤務することができるのです。自分なりに働きやすいスケジュールを作れると長く働けるのは明らかでしょう。

将来まで安心できる日本交通グループの実態

タクシー乗務員はうまくワークスタイルを整えると長く働けるようになりますが、良い会社に勤務すればむしろいつまでも働きたいと思えるようになる可能性があります。会社によって初心者、中級者、ベテランの扱い方には違いがありますが、将来まで安心できるようにシステムを整えている会社も少なくありません。日本交通グループではキャリアアップがあるのも特徴で、タクシー乗務員をずっと続ける以外にもキャリアの選択肢があります。

経営陣に入って会社の運営に携わったり、キャンペーンなどの企画を担当したりするなど、様々なキャリアパスを描くことが可能なのです。充実したサービスを提案し、実行に移せるようになるためには現場経験をある程度は積まなければなりません。そのため、タクシー会社でキャリア構築をする第一歩はタクシー乗務員として現場で働くことになっています。それが自分に合っていると思えばずっと続けることもでき、もっと違う角度からタクシーサービスを向上させて行きたいと思ったらキャリアアップを図ることもできるのです。このような自由度があるのは日本交通グループの特色と言えるでしょう。

入社満足度が物語っている日本交通グループの魅力

タクシー乗務員になって満足できるかどうかはどの会社に入社するかによってかなり違いがあります。受けられる待遇がまるで異なるからで、自分に合っている待遇が整っている会社を選び出すことはとても重要でしょう。どの会社が最良だと一概に言うことはできないものの、日本交通グループを選んで失敗したと思う人はほとんどいません。統計的なデータとして入社満足度98%ということが示されていて、大半の人がタクシー乗務員として日本交通グループで働くのを選んで良かったと思っているのが根拠です。

業界最大手のタクシー会社なので待遇が充実しているだけでなく、信用関係ができている企業が多数あるのが最大の理由でしょう。東京では大企業がオフィスを構えているため、その企業からタクシーを呼んでもらえるとかなり有利になります。大手で十分な実績があるとコネクションも作りやすく、必要なときにはまず日本交通グループに連絡という企業も多いのです。タクシー乗務員としてもメリットは大きく、売り上げにつながる連絡がたくさんやってきます。このような下地があるからこそ日本交通グループで働いて満足している人が多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

車や運転が好き、ある程度自由に行動できる仕事がしたい、年収を上げたいなど東京都でタクシードライバーに転職を考えている人たちは少なくないでしょう。
ここでは東京都のタクシードライバー転職に関するメリットやデメリットなどを紹介します。

稼げるチャンスが多い

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットですが、まずはやはり仕事機会の多さ、引いては稼ぎやすい環境であるということが挙げられるでしょう。ご存知の通り日本の首都である東京は単純に人口が多いのでその分運輸業の需要が非常に高いです。タクシー業界は乗ってくれる人がいないとそもそも仕事になりませんので人口が多い都市で働くというのは大きなアドバンテージになります。

またビジネス関連施設だけでなく繁華街も都内各所に多いです。特に深夜の時間帯はお酒を飲んだり食事をして終電を逃した人などが多くタクシーを利用します。タクシードライバーは基本的に客を乗せれば乗せただけ収入が増えます。したがって稼げるチャンスが多く、収入が上がりやすくなるのが東京都でタクシードライバーに転職する大きなメリットだと言えるでしょう。さらに東京をはじめとする日本の大都市は海外からの観光客が多く訪れます。海外の観光客の中には東京の複雑な公共交通機関の乗り方が分からず、行き先を告げるだけのタクシーを利用する場合も多いです。これも上記の稼げる機会の多さ、引いては収入の増加に繋がっています。

勤務体系もタクシードライバーの大きなメリット

他の業種に転職する際重要になる点が長く働ける仕事なのかという点になるでしょう。長く働けない仕事だと転職もためらいがちになってしまいます。タクシー業界は激務であると言われることがありますが、実は勤務体系を見ればそんなことはありません。勤務体系には普通の企業と同じように日中決められた時間に働く体系もありますが、東京のタクシー会社の多くは「隔日勤務」という勤務体系を採用していることが多いです。隔日勤務とは1日の勤務時間が最大21時間という長い時間働く勤務体系になり、法律により勤務空け20時間は休みとなります。

翌日が休みとなりますので月の勤務日数は11日~13日となり比較的休みが多い勤務体系だと言えます。公休と組み合わせると効果的に自分の時間を作ることが可能なので家族を持っている人も働きやすく、さらに趣味にも多く時間を費やせるようになります。その分1回の勤務につき体力が必要になりますが、仮眠が認められていることもあり、何より歩合制であればやればやった分給料に反映されます。会社の歩合率と自分の頑張り次第では月収50万円以上もらえる可能性もありますし実際に稼いでいる人はいます。上記の稼げるチャンスの多さと併せて時間の自由が利きやすいというのも東京都でタクシードライバーに転職して得られたメリットです。

キャリアパスの充実

東京都のタクシー会社は充実したキャリアプランやキャリアパスがある会社も多いです。入社直後は一般ドライバーからスタートし、経験を積むに連れてグレードの高い黒タクシーやハイグレードタクシーのドライバーになることが可能。グレードの高いタクシードライバーになると流しの営業の他、無線で受ける仕事や収入効率のいい長距離の仕事も増える傾向にあります。特に東京都は近くに羽田空港や成田空港があり、長い距離をタクシーで移動する人が比較的多く、その分稼ぎやすくなっているのです。このように経験を積んだら徐々にグレードの高い仕事にチャレンジできるキャリアプランが確立されているのもタクシードライバーに転職した際のメリットと言えます。

さらにタクシー会社によっては経験を積めば通常のドライバーだけでなく、子供の送り迎えを行うキッズタクシーや介護施設と自宅を往復する介護タクシーなど専門的な仕事を行うドライバーになれるキャリアパスが用意されていることもあります。またタクシードライバーとして独立開業を支援するシステムが用意されている会社もあります。いずれにしてもタクシードライバー業界はこのように豊富なキャリアプランが用意されている場合が多いので将来のキャリアを予想しやすいというのがメリットの一つになっています。

東京都でタクシードライバーに転職した際のデメリット

ただし東京都でタクシードライバーに転職する場合、デメリットもそれなりにあります。まずデメリットとして挙げられるのは給与面での不安定さです。上記の通りタクシー会社の多くは歩合制を基本とした給与体系である場合が多いです。歩合制とは客をタクシーに乗せた分だけ報酬が上がるというシステムなので、収入が安定している月と安定していない月でバラつきが出ることも少なくありません。歩合制と共に固定給を給与体系に組み込んでいる会社や採用して一定期間は給与保証がある会社など各月の給与が安定するようなシステムを導入している会社もありますが、やはり歩合制の場合ある程度年間の平均給与がバラつくことがあります。

またある程度トラブルを自分で解決する能力が求められることもあります。繁華街が多い東京だとどうしても終電が行ってしまった後、お酒に酔っぱらった人などを乗せる機会が多いです。そうなると車内で因縁をつけられたり、支払いの際にトラブルになってしまう可能性もあります。もちろんタクシーは人でごった返す繁華街の真ん中に行かなければならないこともあるので事故のリスクもあります。そうなった場合、会社が対応してくれる場合もありますがある程度現地で自分で解決する能力も求められます。これはタクシードライバーのデメリットと難しさだと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

タクシーは、これから国際化や高齢化が進むと予想される日本では、重要になる交通手段だと言われます。
しかしタクシードライバーという仕事は実態があまり知られていません。

タクシードライバーになるメリットとデメリットを解説します。

高収入を得られるタクシードライバー

タクシードライバーとして働くメリットは、まず、その収入の多さです。
東京都のタクシー会社の給与体系は、「固定給+歩合給」であることが多いのです。
最低限の給与は保証された上で、売り上げの一定割合が上乗せされる仕組みです。会社によっては、勤務開始1年間は月給35万円を保証するところもあります

東京都のタクシードライバーの平均年収は約400万円です(一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の資料による)。

しかし、個人の工夫と努力によって、もっと多くの収入を得ることも可能です。売り上げの約半分が、歩合給として手に入りますから、月収50万円以上もらえるドライバーも珍しくありません。一般の会社ではあまり高い給与を得ることができない若い人でも、高額の給与を得ることができる仕事なのです。

ただし、受け身ではいけません。売り上げを増やすために、お客さんが多くいる場所に出て行くことが必要です。「今日はイベントが開かれるあの地区に行ってみよう」「雨が降ってきたから駅の前で待っていよう」など、自分の発想で売り上げを増やせる面白さがあるとも言えます。

タクシードライバーは薄給だと思っている人もいるかもしれませんが、それはイメージであって、実際は高い収入であるケースが多いのです。特に人が集中する東京都内では、タクシードライバーの不足もあって、高収入を得ている人が多くいます。

自由時間が多いタクシードライバー

タクシードライバーは、休みが多い勤務体系だというのもメリットです。
月に12~13日乗務し、休みは月17~18日あります。タクシードライバーの勤務は、一般の会社とはかなり異なっています。朝から乗車すると、翌日の朝か早朝まで、途中で3時間の休憩を取りながら、15時間程度の乗務をします。乗務を終えると、そこから丸1日は休みです。

「乗務・休み」というセットを2回か3回繰り返すと、公休があります。まとめて休みを取ることもできますので、うまくスケジュールを組んで連休にし、海外旅行を楽しむ人もいます。家族サービスや趣味、資格のための勉強などに時間を充てることもいいでしょう。

会社によっては、一般の会社と同じような日勤中心の勤務を設けていることもありますので、家庭の事情などがあれば夜間の乗務を避けることはできます。

いったん勤務に入れば、タクシードライバーは個人事業主のようなものですから、自分で勤務地を選べます。食事や休憩のタイミングも自分で決定できます。他の人に遠慮せずに自分のスタイルを作れますから、お客さんを待っている時間に英会話などの勉強をするドライバーもいます。

安定して長く働け、キャリアアップを目指せる

多くのタクシー会社では、一般ドライバー、黒タクドライバー、エキスパートドライバーなど、ドライバーの段階があり、スキルと経験によって地位がアップしていきます。運転できる車両も良くなりますし、リーダーや管理職に昇進することもできます。

独立して個人タクシーとして働けるようになると、収入もかなり多くなります。そういうキャリアパスがあることも、タクシードライバーになるメリットです。

定年はあっても、延長することができますので、長く働けることもタクシードライバーの魅力の一つです。75歳まで勤務が可能という会社もあるくらいで、高齢でも若い頃と同じような収入を得ることができます。

タクシー業界は安定している業種です。新規参入が難しく、特に外国企業の参入は困難です。他産業では、グローバル化の影響で安い製品が輸入されて利益が落ちることもありますが、タクシー業界にはその心配はありません。むしろ外国人客はタクシーを利用する傾向が強いので、国際化が進むことは業界にとっては望ましいことです。

大学卒、新卒でタクシー会社に就職する人が増えていますが、そのようなメリットに気づいてのことでしょう。
今後ますます外国からの観光客も増えると予想されている東京都のタクシードライバーには、多くの可能性があるのです。

タクシードライバーのデメリットとは?

もちろん、どんな職業にもデメリットはあります。
歩合制を取っていますから、サボってしまうと収入が減るのです。

40・50代で転職すると、前職が管理職などであった場合、以前に比べて給料が減ったと感じる人もいるようです。しかし、中高年で転職して収入が減少するのは、タクシー会社に限ったことではありません。頑張れば高収入を得られるタクシードライバーは、中高年にも魅力ある仕事です。年齢にかかわらず自分の能力を生かして収入を得られることは、タクシードライバーの利点です。

また、慣れていないうちは、夜間の勤務が体力的にキツいと感じる人もいるでしょう。休憩をうまく入れて体調を崩さないように気をつけることが必要です。

また、お客さんとトラブルを起こしてしまう人も、中にはいます。サービス業だということを忘れず、穏やかにお客さんに応対できないといけません。しかし、嫌なお客さんよりは「ありがとう」と感謝してくれるお客さんの方が断然多いのですから、それほど心配は要りません。

地理に不安な人もいるでしょうが、カーナビもありますし、お客さんとうまくコミュニケーションを取っていると、道を教えてもらえますので、意外に大丈夫なのです。地名や道路状況などの勉強やお客さんへの接し方などは、タクシー会社で行われる新人研修を受けて身に付けていきましょう。

タクシードライバーは個人の裁量に任された部分が大きいので、自分から進んでデメリットを克服する姿勢が必要だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

安心して働けるのが最大の魅力!40万円(3ヶ月)の給与保証がある日本交通グループのタクシー乗務員に転職しよう

歩合制が多いタクシー乗務員の仕事は、未経験の人にとって稼げるかどうかの不安を感じることもあるでしょう。

しかし、タクシー会社を上手に選ぶことで働き始めの給与保証が得られる場合もあるのです。
今回は未経験者の転職先としておすすめの日本交通グループを紹介します。

タクシー会社が売上げを大きく左右する

タクシー乗務員の仕事は歩合制であることが多いため個人事業主の様な形態であるともいえます。
しかしタクシー会社に所属し、そのなかで効率よく売り上げを上げるためにはタクシー会社選びが非常に重要です。タクシー会社によってはより多くの顧客を獲得するための独自のサービスを展開している会社もあります。

また、会社の知名度が高い場合にはお客さまからも選ばれやすくなるでしょう。さらに東京都内にタクシー乗り場を多く設置している会社であれば、付け待ちであっても効率よく顧客が得られます。

そこでおすすめなのが日本交通グループです。日本交通グループ交通グループでは六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどといった利用者の多いエリアにタクシー乗り場を設置しています。
そのため安定した売上げが確保しやすいのが特徴です。

またタクシーチケットも全国約10,000と契約していますので、乗客が積極的に日本交通グループのタクシーを利用します。その他にも配車アプリを導入することで近くにいるタクシーを見つけることもでき、さらに多くの利用者を伸ばし続けています。

日本交通グループは乗客にとっても乗務員にとってもよりよいサービスを提供している会社であるといえるでしょう。

充実した制度で働くのが楽しくなる仕事

業界最大手と言われている日本交通グループは、タクシー乗務員にとって魅力的な制度がたくさんある会社です。
未経験者には40万円(3ヶ月)の給与保証があり、初めての仕事に不安がある人も安心して働けます。

タクシードライバーとして必要な2種免許取得にかかる費用も会社が全額負担し、研修期間中には交通費込みで1日あたり1万1000円が支給されます。福利厚生も充実しているのが特徴で、社会保険もしっかりと完備されています。
仮眠室やシャワールームも設けられ、制服の貸し出しや、財形制度、無事故表彰他諸制度などもあります。

保養所も利用できますので、休暇を利用してゆったりと過ごすことも可能です。
さらに野球やゴルフなどのサークル活動もあり、仕事だけでなく充実した毎日が送れます。

その他にも休みが多いのも特徴で、月6~8日でシフトを組んで休む場合と、日曜または月曜の固定休日に加えて他曜日1~2日を休む場合とが選べます。いずれにしても隔日勤務をする場合には乗務終了後は明けであり、その翌日も休みです。
そこに公休を組み合わせることで3~5日間の連休がとれますので、海外旅行などを楽しむこともできます。

日本交通グループならではのサービスでやりがいを実感

日本交通グループでは各分野に特化したドライバーを集めた「エキスパート・ドライバー・サービス」を行っています。
これには「観光」「ケア」「キッズ」の3つの分野があり、このドライバーに選ばれることでより専門的な仕事が任されキャリアアップがある制度です。

タクシーを単なる送迎だけにとどめないこの制度では個人の顧客に対してもハイヤーのような使いやすさを提供します。ワンランク上のサービスであるため、乗務員の多くが参加を希望しています。乗務員数人で構成されているチームでは勤務時間の希望が伝えやすいのも魅力で、残業もないことも魅力です。

まず観光の分野においては東京の観光スポットを巡るため、東京シティーガイド検定を取得している乗務員が優先されます。さらに外国語にも堪能であれば、活躍できるチャンスも多いでしょう。
また、ケアの分野では高齢や体が不自由な人の毎日をお手伝いするサービスです。ホームヘルパー2級の資格を取得している人が望ましいため介護職からの転職者にはおすすめです。
もう一つのキッズではお子様の学校・塾・自宅へと送迎します。

担当乗務員はメディック・ファースト・エイド(MFA)の資格が必要で、ケア輸送講習、普通救命講習(AED)の受講も求められます。
エキスパートドライバーへは最短で1年半でなることが可能ですので、現在の仕事においてこのような専門分野で活躍していた人は、キャリアアップを目指してやりがいを感じながら働ける仕事です。

満足度が高いから長く続けられる仕事です

日本交通グループは乗務員として働いている側からの評判も高く、入社満足度98%誇っています。
彼らがこれほどまでに満足度を感じている理由のひとつにはノルマがないことがあげられます。ノルマがないことで乗務員同士が乗客を争いガツガツ働く必要がなくなります。リラックスした環境のなか、自分のペースを保ってのんびりゆったり働けるのが魅力でしょう。

また、ノルマがないことは未経験のタクシー乗務員にとっても安心して働けるといえます。さらに休暇を自由に取ることもできますので、ストレスを感じることがありません。その結果長く働ける環境が出来上がっているのです。

それでも知名度の高い日本交通グループはお客さまから選ばれるブランド力を確立していますので、月収30万円を稼ぐこともできます。

のんびりゆったりと仕事をしている中でそれだけの収入を得るためには会社の力が非常に重要です。未経験者に安心の日本交通グループは、働きやすさにおいても満足のできるタクシー会社であるといえるでしょう。

働き始めの3ケ月間は40万円の給与保証があることも安心ですので、未経験者からタクシードライバーへの転職を目指している人におすすめの会社です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方

「35歳転職限界説」と言われたのも一昔前。
近年では、ミドル層の転職者が増えてきているそうです。
その反面、「50才を過ぎた私に転職先なんてあるのだろうか?」と不安を感じる方が多いのも事実。
果たして50代の転職は無謀なのでしょうか?

50代でもOKな仕事とは?

タクシー運転手は50代の未経験からでも活躍できて長く働ける働き方
50代の転職は「仕事がない」「あったとしても選べない」そんなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。
しかし、必ずしもそんなことはありません。
これまでの経験を活かすのも一つ、先入観をリセットして違う世界に飛び込んでみるのも一つ。
すると、意外に幅広い選択肢があるものです。
営業経験がある方は、営業職はもちろん接客業などコミュニケーション力を生かせる仕事が良いでしょう。
資格をお持ちの方は、それを活かせる仕事を探すのも良いでしょう。
そして、何より活かせる資格、それが「自動車運転免許」です。

未経験の転職者

運転免許は、数ある資格の中でも最も一般的なものの一つです。
生活に密着したものでもあるので、資格であることを忘れている方も多いのではないでしょうか?
その認識とは裏腹に、応募条件として「自動車運転免許」を掲げている求人があふれるほどあります。
未経験から新たな業界へと転職するにあたり、非常に強い武器として活用することが出来るでしょう。
運転免許を活用できる仕事として、まず頭に浮かぶのがドライバー職でしょう。
そして、未経験スタートの方に特におすすめしたいのがタクシードライバーです。
なぜタクシードライバーがオススメなのか。
それは、”第一種普通”自動車運転免許があればチャレンジすることが出来るからです。
タクシーを運転するには、いわゆる二種免許が必要となります。
そこでタクシー会社によっては、二種免許取得費用を会社で負担する制度を整えています。
つまり、会社負担で新たな資格を手に入れられる。
これは大きなチャンスです。

高卒活躍中

学歴社会と言われて久しい日本においては、多くの求人で「大卒以上」と学歴の縛りが見受けられます。
しかし、タクシードライバーに必要なのは「運転免許」、ただそれだけです。
学歴を問わず活躍できるのも大きなメリット。
実際に活躍しているドライバーの方々に伺うと、高卒という方が多くいらっしゃいました。

タクシー運転手の年収

転職にあたって、やはり気になるのがお給料。
仕事をする上でとても大切なところです。
実際にタクシードライバーはどれくらい稼ぐことが出来るのでしょうか

業界最大手の日本交通を参考にすると、
 ・未経験1年目の平均年収が、420万円
 ・ベテランの最高年収が、790万円

給料の安いイメージを持たれやすい仕事ですが、
想像以上に稼ぐことが出来るのがわかります。

長く働ける

給料が良いのはわかったけれど、きつい仕事なんでしょ?
そんな声も聞こえてきそうですが、ワークライフバランスがしっかりと取れているのも大きな魅力。
一般的な働き方は、隔日日勤という勤務体制です。
1日17時間ほど働き、その翌日はお休み。
月に12~13乗務で、月の半分以上がお休みとなります。
しかも、これは法律でキチンと決められていて、それ以上勤務することが出来ません。
『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』
これは先ほど給与例に上げた、日本交通の初代の言葉です。
良くないイメージが先行するタクシー業界ですが、
それを払拭するほどの魅力が詰まったお仕事であることがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0