語学力を活かす!子育て・介護の知識を活かす!タクシー乗務員への転職なら日本交通グループへ!

語学力を活かす!子育て・介護の知識を活かす!タクシー乗務員への転職なら日本交通グループへ!

子育てや介護が一段落して、これから再就職を考えている方もいるはずです。
そんな方には、日本交通グループのタクシー乗務員がおすすめ。

意外かもしれませんが、この仕事には子育てや介護の経験を活かせるチャンスが沢山あります。そこで、日本交通グループのタクシー乗務員について、ここから詳しく見ることにしましょう。

日本交通グループのタクシー乗務員なら、活躍できるフィールドも広い!

タクシー乗務員と聞いて、単にお客様を目的地まで運ぶだけのイメージを持つ方もいることでしょう。確かに、正確かつ安全にお客様を目的地へ運ぶことは、この仕事の基本であり、最も大切なことです。しかし、世の中の幅広く多彩なニーズに応えることも、タクシー乗務員の重要な仕事であり、活躍できるフィールドは広がりつつあります。

この点、日本交通グループでは、専門分野に特化したタクシー乗務員を「エキスパートドライバー」として、積極的に人材を育成しています。例えば、観光タクシーの場合には、専門資格を有するタクシー乗務員が、来日した外国人の方や地方から来た観光客などを相手に、都内各地を専属でガイドします。これまで培ってきた語学力を活かすこともできる上、東京観光への訪日向けにスキルを活かせるチャンスにもなります。またケアタクシーやキッズタクシーの場合にも、子育て・介護の知識を活かす機会が十分にあります。女性の方であれば、子育て経験や子供が好きといった気持ちを活かせる他、前職で介護の仕事をしていた方ならば、介護資格や経験を活かして働ける魅力的な環境が、日本交通グループにはあります。

日本交通グループではキャリアアップのためのサポート体制も充実!

様々な経験や資格を活かした働き方ができるのが、日本交通グループの魅力ですが、そのための具体的なサポートも充実します。この点、観光タクシーのエキスパートドライバーになるには、東京シティガイド検定や東京観光タクシードライバー認定研修、あるいは東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修や英検2級など、数々の資格取得や講習を受ける必要があります。またケアタクシーにおいても、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修といった、介護職と同じような教育が必要になります。さらにキッズタクシーでは、小児MFAプログラム等の特殊な訓練を受けることが求められます。

このような数多くの資格試験や講習を受ける場合にも、費用の負担から勤務時間の調整まで、トータルなサポート体制が日本交通グループにはあるので、安心してキャリアアップに励むことができます。そのうえ、エキスパートドライバーになれば、客単価の高いお得意様と契約したり、コースや時間帯といった運行スケジュール管理など、ドライバー自身の裁量で業務を進めることが可能です。もちろん昇給や手当のアップに加え、管理職へ昇進できる道も開けます。

優れた研修制度によって、短期間で一人前のタクシー乗務員へ!

日本交通グループでエキスパートドライバーを目指すにしても、まずは入社直後から始まる、約1ヵ月間の研修が第一歩になります。ここではドライバー未経験者であっても、短期間のうちに一人前のタクシー乗務員として営業できるように、実践的なカリキュラムが組まれています。まず研修ではタクシードライバーに必須である、第二種免許の取得へ向けて準備が進みます。座学による講義では、ベテラン専任講師が交通法規や地理など、タクシー乗務員になるための基本的事項を徹底的に指導します。また営業所での実地研修でも、熟練の指導教官が車両に同乗して、運転テクニックから接客マナーまで、マンツーマンで教え込みます。

日本交通グループの研修で優れている点は、何といっても売り上げにつながる視点から、一貫して指導が行われること。例えば座学による地理講習では、お客様を見つけやすいエリアや、目的地へ最短で到着できる近道などを、きめ細かく教えます。また実地研修でも、配属先の営業所で実施される定例会議や自主勉強会などを通じて、売り上げに直結する情報やスキルを先輩等から学べます。日本交通グループであれば、ドライバー未経験者からプロのタクシー乗務員へ、効率的に育成できる環境があります。

いつまでも無理なく働き続ける環境を求めるなら、やっぱり日本交通グループ!

せっかくタクシー乗務員として転職に成功しても、いつまでも長く働き続けることができなければ、あまり意味がありません。そのためには、無理なく安定して働ける環境こそ重要になります。この点、日本交通グループには、タクシー乗務員に優しい勤務環境がそろっています。まずスタンダードな勤務シフトは、夜勤を含む2日に1回の隔日勤務。これは月単位に換算すると、1ヵ月のうち半分の出勤で済むことになります。さらに勤務翌日は明番や公休日として、必ず休日になるように設定されています。これならば疲れた身体も十分に癒せる上、プライベートな時間もしっかりと確保できます。

もちろん休日に突然出勤を命じられたり、法定外の残業になることも一切なし。運転している営業中でも、法定3時間の休憩や仮眠が厳守されています。いつでも休みたい場所やタイミングで車両を停めて、マイペースで仕事を進めることが可能です。福利厚生面でも、各種の社会保険を完備している他、年次休暇や特別休暇も充実。そのうえ、マイカー車検修理割引制度や無事故表彰制度などもあり、タクシー乗務員の生活をしっかりサポートします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーへ就職・転職する際に注意すべきカード手数料などの給与天引きについて

タクシードライバーへ就職・転職する際に注意すべきカード手数料などの給与天引きについて

仕事をしていくうえで給与がいくらもらえるのかは重要です。
給与には様々な表現がありわかりにくいという問題もありますが、職場によっては様々な天引き項目や規則などがあり、実際にもらえる金額が少ないと感じることもあります。

タクシードライバーの給与で注意すべき天引きについて紹介します。

クレジットカード払いの手数料

タクシードライバーの給与天引きとして多く上げられるもののひとつが、クレジットカード払いの際にかかるカード手数料です。クレジットカードでの支払いは、現金の持ち歩きをしなくても済み、お釣りの受け取りなどといった手間も省くことができて、支払う側としては非常に便利な支払い方法といえます。しかし、クレジットカードで支払いが行われると、クレジット加盟業者であるタクシー会社は、クレジット決済代金の3から8パーセントをカード手数料としてクレジット会社に支払わなければなりません。このカード手数料が、タクシードライバーの給与から天引きされることが多いです。

どの程度がドライバーの負担となるかは、会社ごとに異なり、全額負担の場合もあれば、一部の場合もあります。大手のタクシー会社では事業者負担が多いですが、小規模のタクシー会社ではドライバー負担となることがままあるようです。クレジットカードで支払う乗客が多ければ、ひと月の負担が万単位となることもあります。また、同様にして電子マネー決済やタクシーチケット利用の場合もドライバーが手数料を負担することもあり、収入が大幅に減ってしまいかねません。

帰路の高速代金

乗客を遠方まで送り届けると、支払われる料金も大きくなり、メリットが大きいように感じますが、必ずしもそうとは限りません。タクシー会社によっては、遠方からの帰路の高速代を給与天引きにしている場合があるからです。タクシーは、通常エリアを区切り許認可制の営業となっており、遠方へ乗客を送り届けたならば、その遠方地で乗客を乗せることはできず、一度本拠地に戻らなければなりません。帰路は、遠方であることから、できるだけ早く帰るために高速道路を使用したいところですが、高速代金をタクシードライバーの負担とするタクシー会社は多くあります。

高速道路を利用せず一般道で帰ることもできますが、本拠地に戻るまでに時間がかかり、その日一日遠方への乗客以外の営業をすることができないといったことになりかねず、営業利益が落ちてしまう可能性は大きいです。遠方からの帰路の高速代が、会社の負担ではなくタクシードライバーの給与天引きとなると、その負担は大きなものとなります。遠方まで乗客を乗せ、長時間の移動に耐えて頑張って仕事をしたとしても、手に入ってくる給与が少なくなる可能性が大きいので注意が必要です。

事故に関する費用

タクシードライバーを仕事としていると、交通事故の危険を100パーセント回避することはできません。もし、交通事故を起こしてしまうと、車両の修理代金やけがをした場合の治療費、けがをして仕事をできなくなった場合の休業補償といった損失が発生してしまいます。これらの費用は、通常ならばタクシー会社が加入している保険会社の自動車保険や交通事故の相手の保険でカバーされ、修理も中古パーツを使用して安く修理されることが多いです。しかし、契約の内容によっては保険給付金の対象外となることもあり、その費用負担がタクシードライバーへとかかる場合もあり、大きな重荷となる場合もあるので注意が必要です。

タクシードライバーへ、事故負担金の給与天引きがなされるのは、一種のペナルティーです。事故抑制を目的として、制裁金や罰則金として天引きされるものであり、場合によってはタクシー会社に事故による費用損失がなかったとしても支払わされることがあります。労働基準法では損害賠償金を給与天引きすることは禁止されて言いますが、罰則金として天引きされていることが多いのが実態です。自己のレベルや状況により負担金額が変わることもあるので、詳しく調べることをお勧めします。

ガソリン代金・トラブル・その他の費用

タクシードライバーは、どのような状況で、どのような要望を持った乗客が乗ってくるかわからないので、頻繁に給油をする必要があります。ガソリン代金の負担を減らすために、タクシー会社では使用するガソリンスタンドをあらかじめ指定していることがありますが、必ずしもその指定のガソリンスタンドで給油することができるとは限りません。指定外のガソリンスタンドで給油した場合のガソリン代金を給与天引きでドライバーの負担としているタクシー会社もあります。また、乗客との間での盗難等のトラブルが発生した場合、その対応はタクシー会社によって様々です。

ドライバーに重大な過失があっても、賠償金をそのまま支払うことを要求されることは少ないですが、罰則金や制裁金として負担しなければならないこともあります。
給与の内訳や天引き項目はタクシー会社によってそれぞれ異なります。タクシードライバーへ就職・転職を希望するならば、細かな取り決めを面接や口込みなどであらかじめ確認することが重要です。「給与の内訳は入社前に確認をする」、これを怠ると後々もらえる給与の少なさから、モチベーションが下がってしまい、仕事が苦痛となりかねません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

タクシードライバーの仕事は、広い街中を知り尽くし、車で走り回って乗客を目的地まで運ぶという仕事です。

膨大な知識量と接客技術が必要であり、初心者や未経験で転職したばかりのうちは、うまくいかないのではないかといった不安が付きまといます。
それらの人々が取り入れるべきテクニックを紹介します。

まずは目標を決める

何かをするとなった時、重要なことは目標を決めることです。タクシードライバーであったとしてもそれは変わりません。東京都内でタクシードライバーに就職・転職したのならば、まずは初心者や未経験者であっても達成できる程度の目標設定をすることが重要となります。目標も定めずに、ただやみくもに努力しようと考えたとしたら、その行動が正しいのかどうかがわからず上達していくことはないでしょう。目標を設定し、達成したのならばそれよりも少し上の目標設定を行い、達成できなかったのならば、何が不足していたのかを考えることが、タクシードライバーを続けていくうえで重要となります。

初心者・未経験者のタクシードライバーでは、経験がないことから、どのような目標を立てるべきなのかといった問題があります。道を覚えることができるか不安ならば、東京都内の担当エリア一区画をいつまでに覚えるといったような目標設定もできます。売り上げを上げられるかどうかが不安ならば、一日の売り上げ目標や一日に乗せる乗客数の目標を定めるという方法が有効です。初心者・未経験者レベルの一日の目安を調査し、目標はできるだけ具体的な数値を交えて立てると、より有効になります。

基本テクニック:左側を走り・曲がる

具体的な目標を立てたところで、それを達成するための技術が不足しているようでは、結局目標を達成することができません。まず、タクシードライバーとして基本となる技術を知っておくことが、初心者・未経験者にとっては重要です。この知識を知っているかどうかによって、無駄な時間を過ごすかを大きく左右することになります。基本的なタクシードライバーの技術のひとつとして、「乗車してもらいやすくするために左側を走る」、「乗車してもらいやすくするために左折で走行を続ける」というものがあります。

法律で定められているため、日本の道路は左側通行となっています。タクシーを利用する人は、基本的に歩道を歩いているため、タクシーが右車線を走っていては、捕まえづらくなってしまいます。また、歩行者がタクシーに合図を送っていたとしても、右側を走っていてはドライバーの方ですぐに対応できません。そのため、左側を走ることが重要となります。また左折運転も重要なテクニックです。東京都内では右折禁止の道が数多くあるほか、対向車線の走行状況によっては右折に時間がかかることもあります。無駄を避け、乗客をすぐ捕まえるためにも、できるだけ左車線走行、左折を心がけることが勧められます。

基本テクニック:信号は先頭で止まる

タクシーの利用者にとって、走行中のタクシーを呼び止めることが難しいと感じることもあります。そのような乗客にもタクシーを利用してもらうためには、交差点や信号での停車時には先頭で止まることが必要です。このことから、タクシードライバーの基本テクニックとしては「交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まる」があげられます。タクシー利用者は、走行中のタクシーを呼び止めるよりも、信号待ちのタクシーを見つけて乗ったり、信号を渡って乗ってくるという状況が多いです。お客様の視点になって、タクシーを運転させることが重要です。

信号を先頭で止めることは、担当エリアの信号の変わる感覚や普段の走行車両の状況、経路を覚えていないとなかなかできません。また、テクニックを覚えたとしても、人がなかなか通らない道で実践していても利用者を捕まえることはできないでしょう。初心者・未経験者がこの基本テクニックを覚えるためには、とにかく担当エリア内を走ることが必要です。とにかく街中を走り、道順を覚え、タクシーをよく利用する人々が歩く道を把握して、テクニックを磨いていくことが最も早い近道といえるでしょう。

基本テクニック:アイコンタクト

左側走行と左折を心がけること、そして信号で先頭で止まるというタクシードライバーに必要となる基本テクニックを覚えたとしても、簡単に乗客が捕まるわけではありません。これらはあくまでも運転技術の中の基本テクニックだからです。利用者を捕まえるためには、接客のための技術も必要となり、それが「お客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走る」ということです。利用者を見つけやすい行動を心がけたとしても、確実に乗客にするためには、利用者とのアイコンタクトによる意思確認が必要不可欠です。

利用者が歩道から、タクシーに乗りたいと訴えてきていることを把握することができないうえに、ドライバーの方で利用者に乗せることができるというアピールをすることができなければ、乗せることはできません。これらの意思確認を、走行中に行うことができるようにアイコンタクトをできるようにすることが求められます。そのためには、歩道の利用者を見逃さないように目を配ると同時に、安全運転も心掛けなければならないでしょう。アイコンタクトができ、歩道に注意を払ったとしても安全に走行できる程度の、ゆっくり走る技術が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

タクシードライバーとして稼ぐには働き続けなければならないと思われがちです。
ブラック企業並みに働き詰めにならないと稼げないというイメージがありますが、そのようなことはありません。

無理のない範囲で働き、しっかりと稼いでいる人も多くいます。タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人との違いを紹介します。

給与形態をしっかりと確かめる

タクシードライバーとして働き、高年収を稼ごうと思うのならば、ただ漫然と働いていてはいけません。高年収を稼げるようになるには、まず勤めている会社の給与形態がどのようになっているのかを確かめることが必要です。自身がどれだけ乗客を乗せて、どれだけの売り上げがあり、そのうちのいくらが実際にもらえている給与なのかということに無頓着では、稼げないでしょう。まず、ただ何となく高年収を望むのではなく、給与に対して興味を持つことが重要です。タクシー会社の給与形態は、おおよそ歩合制ですが、歩合制にもいくつか種類があるので、詳しく見ていきましょう。

歩合制のひとつはA型賃金であり、固定給に歩合給、そして賞与がもらえます。固定給があるため安定した働きができますが、歩合率が低く設定されていることが多いです。B型賃金は、いわゆる完全歩合制というものです。歩合率が高く、稼いだ分だけ取り分が多くなります。給与計算は「月の営業収入×歩合率」と分かりやすくなっています。AB型賃金は、A型とB型とを組み合わせたもので、歩合給ではありますが、月の収入の一部を積み立てして賞与とするものです。

これらの給与形態の違いから、同じ働きでももらえる収入やもらえるタイミングが異なります。自身のライフスタイルや勤務形態も合わせて、給与形態を選ぶことが稼ぐためには必要です。

勤務体系をしっかりと選ぶ

タクシードライバーは、基本的に歩合制を取り入れているため、働けば働くほど稼ぐことができます。しかし、働きづめになるということはありません。タクシードライバーの働き方・労働時間は、しっかりと定められており、違反をすると厳しい罰則があります。このことから会社側から厳しい勤務を強制されることはありません。しかし、働き方がただひとつというわけではなく、様々な勤務体系の中から自分に合った勤務体系を選ぶことが必要です。ライフワークバランスを考慮しつつしっかりと選ばなければ、稼げないタクシードライバーになってしまいます。

タクシードライバーの勤務体系は、おもに昼勤務と夜勤務、そして隔日勤務とに分かれています。昼勤務とは、普通のビジネスマンと同じく8時間勤務に1時間休憩、おおよそ朝の7時から夕方16時まで働くという働き方です。早朝のビジネスマンや高齢者が利用することが多く、売り上げも多いです。夜勤務は、夜だけ働く働き方であり、繁華街へと向かう人、帰宅する人が利用します。深夜割増もあり、利用者も多いため稼ぎやすいです。隔日勤務とは、昼勤務と夜勤務を合わせて2日分を働く働き方です。20時間勤務に3時間の休憩となります。タクシー会社では主流の働き方です。

どのような客層を相手にすることが得意なのか、自分に合った働く時間はいつかを選んでいくと、無理をすることなく稼げるでしょう。

工夫して働く

タクシードライバーが効率よく稼げるようになるためには、給与形態や勤務体系にばかり気にかけているだけではなく、様々な工夫が必要です。タクシードライバーに必要となる技術は、ただ乗客を目的地まで安全に送り届けるための運転技術だけではありません。東京都においてタクシードライバーをするのならば、東京都内の道を知っているだけではなく、どのようにすればより稼げるのかを考えることが必要とされます。稼げないタクシードライバーは、何の工夫もなく道を走らせるだけのドライバーです。

東京都でタクシードライバーをするのならば、東京都内の道に詳しいことは当たり前です。ただ道を覚えるのではなく、どのような道・どのような時間帯にタクシー利用者が集まりやすいのかを日々分析することが効率的な利用客の獲得につながります。道についての情報ばかりを気にするのではなく、その日のどこでどのようなイベントがあり、どの時間帯にどこに行けば利用者を獲得することができるのかを、確かめている人の方が確実に稼げることは確かです。休憩時間も、稼ぎ時に被らないように取るなどといった工夫をする人の方が、より稼ぐことができるでしょう。

タクシー会社をしっかりと選ぶ

タクシードライバーが稼ぐためにできることは、自分自身でできる工夫・技術の上達以外にも様々なことがあります。それが、しっかりと稼ぐことができるタクシー会社を選んで転職・就職をするということです。給与形態や勤務体系が自分に合った会社を選ぶということもそのひとつですが、それ以外にも安心・快適に働くことができる制度や設備が整っているかどうかをしっかりと見極めることが必要となります。転職・就職したばかりの初心者では、すぐに稼げないことが当たり前です。そのような時期もしっかりと乗り切ることができる制度があると、長く働き、稼ぐことができるようになるでしょう。

長く稼げるタクシー会社には、給与保証や研修体制がしっかりと整っています。初心者のうちは、タクシードライバーとして稼げるための技術がしっかりと身につけられていません。そのような初心者や社員に対して研修体制を整えている会社は、ドライバーを大切にする会社です。また、不安定な時期も安定して働くことができるように、決まった期間・決まった金額の給与保証がある会社は、安心して働くことができ、次第に稼げるようになります。さらに、休憩時間を過ごすための休憩室や車を整備するための洗車場・ガソリンスタンドがある会社も設備が整っており、快適かつ効率的に稼ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

車や運転が好き、ある程度自由に行動できる仕事がしたい、年収を上げたいなど東京都でタクシードライバーに転職を考えている人たちは少なくないでしょう。
ここでは東京都のタクシードライバー転職に関するメリットやデメリットなどを紹介します。

稼げるチャンスが多い

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットですが、まずはやはり仕事機会の多さ、引いては稼ぎやすい環境であるということが挙げられるでしょう。ご存知の通り日本の首都である東京は単純に人口が多いのでその分運輸業の需要が非常に高いです。タクシー業界は乗ってくれる人がいないとそもそも仕事になりませんので人口が多い都市で働くというのは大きなアドバンテージになります。

またビジネス関連施設だけでなく繁華街も都内各所に多いです。特に深夜の時間帯はお酒を飲んだり食事をして終電を逃した人などが多くタクシーを利用します。タクシードライバーは基本的に客を乗せれば乗せただけ収入が増えます。したがって稼げるチャンスが多く、収入が上がりやすくなるのが東京都でタクシードライバーに転職する大きなメリットだと言えるでしょう。さらに東京をはじめとする日本の大都市は海外からの観光客が多く訪れます。海外の観光客の中には東京の複雑な公共交通機関の乗り方が分からず、行き先を告げるだけのタクシーを利用する場合も多いです。これも上記の稼げる機会の多さ、引いては収入の増加に繋がっています。

勤務体系もタクシードライバーの大きなメリット

他の業種に転職する際重要になる点が長く働ける仕事なのかという点になるでしょう。長く働けない仕事だと転職もためらいがちになってしまいます。タクシー業界は激務であると言われることがありますが、実は勤務体系を見ればそんなことはありません。勤務体系には普通の企業と同じように日中決められた時間に働く体系もありますが、東京のタクシー会社の多くは「隔日勤務」という勤務体系を採用していることが多いです。隔日勤務とは1日の勤務時間が最大21時間という長い時間働く勤務体系になり、法律により勤務空け20時間は休みとなります。

翌日が休みとなりますので月の勤務日数は11日~13日となり比較的休みが多い勤務体系だと言えます。公休と組み合わせると効果的に自分の時間を作ることが可能なので家族を持っている人も働きやすく、さらに趣味にも多く時間を費やせるようになります。その分1回の勤務につき体力が必要になりますが、仮眠が認められていることもあり、何より歩合制であればやればやった分給料に反映されます。会社の歩合率と自分の頑張り次第では月収50万円以上もらえる可能性もありますし実際に稼いでいる人はいます。上記の稼げるチャンスの多さと併せて時間の自由が利きやすいというのも東京都でタクシードライバーに転職して得られたメリットです。

キャリアパスの充実

東京都のタクシー会社は充実したキャリアプランやキャリアパスがある会社も多いです。入社直後は一般ドライバーからスタートし、経験を積むに連れてグレードの高い黒タクシーやハイグレードタクシーのドライバーになることが可能。グレードの高いタクシードライバーになると流しの営業の他、無線で受ける仕事や収入効率のいい長距離の仕事も増える傾向にあります。特に東京都は近くに羽田空港や成田空港があり、長い距離をタクシーで移動する人が比較的多く、その分稼ぎやすくなっているのです。このように経験を積んだら徐々にグレードの高い仕事にチャレンジできるキャリアプランが確立されているのもタクシードライバーに転職した際のメリットと言えます。

さらにタクシー会社によっては経験を積めば通常のドライバーだけでなく、子供の送り迎えを行うキッズタクシーや介護施設と自宅を往復する介護タクシーなど専門的な仕事を行うドライバーになれるキャリアパスが用意されていることもあります。またタクシードライバーとして独立開業を支援するシステムが用意されている会社もあります。いずれにしてもタクシードライバー業界はこのように豊富なキャリアプランが用意されている場合が多いので将来のキャリアを予想しやすいというのがメリットの一つになっています。

東京都でタクシードライバーに転職した際のデメリット

ただし東京都でタクシードライバーに転職する場合、デメリットもそれなりにあります。まずデメリットとして挙げられるのは給与面での不安定さです。上記の通りタクシー会社の多くは歩合制を基本とした給与体系である場合が多いです。歩合制とは客をタクシーに乗せた分だけ報酬が上がるというシステムなので、収入が安定している月と安定していない月でバラつきが出ることも少なくありません。歩合制と共に固定給を給与体系に組み込んでいる会社や採用して一定期間は給与保証がある会社など各月の給与が安定するようなシステムを導入している会社もありますが、やはり歩合制の場合ある程度年間の平均給与がバラつくことがあります。

またある程度トラブルを自分で解決する能力が求められることもあります。繁華街が多い東京だとどうしても終電が行ってしまった後、お酒に酔っぱらった人などを乗せる機会が多いです。そうなると車内で因縁をつけられたり、支払いの際にトラブルになってしまう可能性もあります。もちろんタクシーは人でごった返す繁華街の真ん中に行かなければならないこともあるので事故のリスクもあります。そうなった場合、会社が対応してくれる場合もありますがある程度現地で自分で解決する能力も求められます。これはタクシードライバーのデメリットと難しさだと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

タクシードライバーへの転職を考えているという人はいないでしょうか。
タクシー業界は想像している程、厳しい業界ではなく、稼げる仕事なのです。

しかし、それを達成するためにはまず会社選びが大事です。
業界最大手の日本交通について、この機会に知ってみませんか?

タクシー業界の仕事とは?その現状

タクシー乗務員の1日の仕事の流れは、意外と知られてないのではないでしょうか。出勤してからアルコール検査や車両点検があります。そのあと点呼があり、運行の管理者から1日の注意事項などの説明を受けます。その後出庫・業務従事となります。約8時間の勤務中には休憩時間も数時間含まれます。その後帰庫となり、入金、洗車をして業務終了です。
日本交通では、通常のタクシードライバーの他に、企業の専属ドライバーやジャンボハイヤーの乗務員など、入社1年未満でも更にステップアップするチャンスもあります。そうなりますと、年収500万円を目指せる可能性もあります。

タクシー業界は、慢性的に人材不足という現状にあります。人材不足の背景には、タクシードライバーという職業が勤務時間も長く、激務であるという強固なイメージにあるようです。
近年、女性ドライバーを採用する会社も増加してきているため、タクシードライバーの採用状況もやや好転してきています。しかし、相変わらず人手は引く手あまたの傾向にあるのです。
業界最大手の日本交通では、その98%が業界未経験者という実績があります。しかも、入社後数年で辞めてしまう人が多いタクシー業界で、日本交通は勤続10年以上が社員のほとんどです。勤続20~30年のドライバーも多数勤務しているのです。転職にはおすすめの業界と言えるでしょう。

タクシー業界は稼げる仕事!

このように、タクシー乗務員は稼げる仕事だと言えます。ただし、幾つか条件があるようです。1つには、稼げる地域のタクシー会社なのか、と言うことです。日本交通は、大都市である東京都を中心とした会社ですので、この点はクリアです。
もう1つ、その地区で強い、タクシー会社として大手なのか、ということがポイントになります。日本交通は東京都の大手タクシー会社4社の中に数えられる業者です。
一般の大企業はタクシーを使う際、法人チケットというものを予め購入して、支払いに使うことが多いようです。日本交通では、日本交通&日本交通グループ(提携会社)の約4500台で使えるタクシーチケットを販売しています。もちろんVISA、JCBといったクレジット会社発行のタクシーチケットなら、日本全国で使用できます。
こういったタクシーチケットなどを販売し、法人に使用してもらいやすくしているところも、大切なのです。法人は長距離利用などをする可能性が高いので、良いお客様と言えるからです。

以上の2点から、日本交通は稼げるタクシー会社と言って良いでしょう。
実際に同グループ内で、週3回の勤務で年収790万円を稼いでいる従業員もいます。また、日本交通では、入社後半年間は月給27万円(最大)まで、給与保証がされています。しかし、ほとんどの先輩たちが、入社3ヵ月で保証給与以上を上回る歩合を稼いでいることは事実なのです。日本交通のタクシードライバーは、安定して働ける職場に居ると言えるでしょう。

初心者でも安心!日本交通はサポート体制が完備!

日本交通では、業務運転の経験がなかった社員も多数在籍しています。ですので、教育研修制度(外部研修・接客マナーなど)や、業務をわかりやすくマニュアル化した「スタンダードマニュアル77」も用意されています。
介護や救急救命、認知症のサポートなど、通常の生活にも役立てるような社内研修も定期的に行っていますので、実際に、高齢者や妊婦さんが乗車した際などにも、研修で培った知識を活かすことが出来ます。
また、日本交通の教育システムによって、2種免許が最短9日で取得できるバックアップ体制も完備されています。2種免許の取得費用は全額、日本交通が負担しています。2種免許の合格率は100%だそうです。

乗車する自動車は、最先端の車両が用意されています。アイドリングストップ、全車両禁煙、クレジットカード・電子マネー決済可能の車に乗務することが可能です。
もちろん研修終了後も会社から各種フォローを受けることが出来ますので、初心者でも安心して勤務できるのではないでしょうか。
接客サービスをしたことがないと不安に思う人もいるでしょう。しかし、それまでの人生体験自体が職業に活かせる経験となることもあります。地道に仕事を続けた結果、指名をしてもらえるようになった人もいるのです。

タクシードライバーになるなら日本交通で!

東京都の日本交通は、数あるタクシー会社の中でも、9年連続で、グループ売上高と業界売上高でトップの業績を収めています。日本交通は毎年業績を伸ばしているのです。
他社に比べても、1人1人の売上高が高く、給与額も大きいことが優秀な業績に繋がっています。
労働環境が良いことでも知られています。日本交通は、就労環境が一流であることで、サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業でもあるのです。
また各種メディア(TBS、テレビ東京、日系ビジネスなど)にも取り上げられ、その認知度を上げています。

日本交通は各種最先端サービスにも取り組んでいます。
「お出かけサポート」「観光」「子供のタクシー利用」と言った付加価値の高い仕組みを「エキスパート・ドライバー・サービス」として提供したことや、スマートフォンでタクシーが呼べる「JapanTaxi」アプリの開発など、次々と新しいサービスを供与し続けているのです。エキスパート・ドライバー・サービスは、2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。
タクシードライバーになることを考えているのなら、日本交通を一考に入れてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職しても、始めのうちは、どうすれば稼げるか分からず、悩む人も大勢います。タクシー乗務員として成功を収めるために大事なことや、稼ぐための基本的なテクニックを具体的に紹介します。

安全運転が何よりも大切

東京都内でタクシー乗務員に転職した場合、最初は誰でも未経験ですので、分からないことだらけになります。そんな中でタクシー乗務員として成功するために一番大事なことは、「安全運転」になります。会社によっては、事故をしたとしても補償してくれるところもありますが、事故を起こさないに越したことはありません。将来的に黒タクシーの運転手や、ハイヤードライバー、個人タクシーとステップアップを目指すにしても無事故無違反は重要な条件になってきます。

また、無線での配車も事故を起こさないドライバーに優先的に回ってきますので、稼ぎにも大きく関わってくる部分だと言えます。東京都内は、道も複雑ですし、初心者のうちは見込み客を探すだけで精一杯になってしまい、安全確認を怠りがちです。安全に運転するためには、とにかく後ろの車に迷惑にならない範囲で、ゆっくり走ることが肝要です。他にも、合図をなるべく早めに出したり、急発進や急ブレーキは避けること、左折の巻き込みに注意するといった基本的な運転方法に忠実に従うことが大切です。

また、疲れていると、どうしても注意力が散漫になって、事故を起こしやすくなりますので、しっかりと睡眠や食事を取るといった健康管理も重要になってきます。

笑顔や、話し方にも気を配るのは重要

タクシー乗務員として少し慣れてくると、安全運転が段々と身に付いてきて、余裕が出てきます。タクシードライバーとして成功するための次の段階として、より質の高いサービスを目指すことが挙げられます。

タクシー乗務員としての仕事は、運輸業であるだけでなく、接客業でもあることを忘れないようにしましょう。
具体的には、お客さんに対して笑顔を心がけることや、基本的な挨拶をすること、ハキハキと喋るように努力することです。取って付けたような愛想笑いではなく、相手のことを不快にさせたくないという気持ちがあれば、どのように行動すべきかは自ずと分かるはずです。

休日などに、家族や友人を相手に接客技術を試してみて、技術を磨くのも良い方法です。技術を磨かずに、お客さんを怒らせてしまえば、会社にクレームとして連絡が入って指導を受けることになるでしょう。逆に良いサービスをして、お客さんから高い評価を受ければ、指名で予約が入ることになるかもしれませんし、そうならないとしても、会社からの信頼は厚くなり、無線での配車を回してもらえるようになったり、将来のキャリアアップにも有利に働くことになります。

先輩に分からないことは質問する

タクシードライバーとして成長するためには、自分自身の努力が肝要ですが、自分一人の力だけでは限界があります。先輩にわからないことは聞くという態度も、できるだけ早く成長するためには重要です。あまり色々聞いては失礼だとか思うかもしれませんが、頼られて嬉しくない人はいませんので、接客業の練習も兼ねて積極的に聞いてみることをお勧めします。もちろん、プライベートなことなどをただ闇雲に聞くのではなく、お客さんの情報や事務所からの無線の情報、乗り場や付け待ち場所の情報などを聞くようにすれば、自分自身の売上アップにも繋げることができるでしょう。近道や抜け道などの情報も役に立ちます。

他にもタクシードライバーとしての自分の悩みや問題点などを聞いてもらって、アドバイスをもらうこともできます。先輩も通った道ですので、きっと良いアドバイスをもらえるはずです。大抵の会社では、未経験の新入社員に研修を行なっていますが、なかなか同僚の先輩に質問しにくいという場合には、研修の時の教官に聞いてみても良いでしょう。先輩ドライバーと良い関係を築いておけば、事故やクレームの時なども近くにいれば助けてもらえるかもしれません。

稼ぐための基本テクニック

タクシードライバーとして最初のうちは特に、街中を流してお客さんを見つける「流し営業」が基本になります。流し営業では、いかにたくさんのお客さんを乗せるかが稼ぐための大きなポイントになります。回転率を上げるためにできることは、渋滞の少ない道を記憶しておいたり、車を上手に車線変更するなどコントロールして、なるべく信号待ちに掛からないようにすることです。

東京都内では特に信号が多いので、何回も信号待ちに当たると膨大な時間が取られることになります。他にも、お客さんを見つける集中力も重要になってきます。運転している間は常に、安全に注意しながらも、歩行者の動きに集中することです。ベテランドライバーになると、お客さんが手を挙げていないのに、車を近づけて乗せることもあると言われています。そこまでのレベルになるには時間がかかりますが、歩行者の動きに集中していくうちに、そうした能力を身に付けていくことができます。

また、1日の終わりには、その日の営業を必ず振り返って、売上が伸びたにしても減ったにしても、その理由を分析する習慣をつけるようにしましょう。そうすることによって、売上の伸ばし方や、避けた方が良い営業の仕方を自分の中で蓄積していくことができるようになります。

0

タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

転職市場として人気のあるタクシー業界ですが、特に東京都内のタクシー乗務員になるとメリットが沢山あります。給与面も良く、ライフワークバランスもとりやすい、想像以上の高環境が見込めるタクシー乗務員のメリットとデメリットを見ていきましょう。

年収一千万も夢じゃない!?

タクシー乗務員の給与体系は、基本的に歩合制です。よって、年齢や経験に関係なく高収入が見込めます。一般的なサラリーマンでは、新卒組と転職組で給与体系やキャリアプランが違うケースも見られますが、タクシー乗務員ではそういったことも無く、自分の実力次第でいかようにも給与アップ・キャリアアップが可能です。

特に東京では人口が集中しているため、タクシーの需要も比例して高く、稼ぎやすさも断然高くなります。手取りで月収35万円以上もらえる、年収500~600万円のドライバーも少なくありません。タクシー業界の給与は「安い」というイメージを持たせるデータも多いですが、実際はそんなことはありません。年収平均が300万円前後と言われていますが、年金をもらいながらドライバーをしている人や、副業として勤務しているドライバーも含まれているためこのような結果になっています。

モチベーションの高い方は、年収800万円~1000万円近く稼ぐ方も少なくなく、大手企業のサラリーマンに勝るとも劣らない高収入を得ています。転職してすぐにその高収入を得ることは難しいですが、自分の努力次第ではしっかり稼ぐことのできる夢のある職場です。

休日が多くプライベートが大充実

近年、ライフワークバランスを重要視する方も増えてきていると思いますが、タクシー乗務員は最もライフワークバランスの取りやすい職業の一つです。勤務体系にもよりますが、基本的には1日通して勤務をし、その翌日は休日になるという隔日勤務が取られています。ということは、月の半分は休みということ。

デメリットとして1回当たりの勤務時間は少々長くなりますが、休みが多い分、家族との時間や自分の趣味の時間は間違いなく充実するでしょう。
また、シフト制のため隔日勤務も絶対では無く、平日・週末・短日休み・連休と休みを使い分けられるので、スケジュールもフレキシブルに調整ができます。

都内の大手タクシー会社などでは、短時間勤務も採用していて、子供を持つ女性や、家庭の事情でフルタイムで働けない状況になっても仕事を続けやすい環境ができ始めています。人生、いつ何が起きるかもわかりませんし、どんな状況でも安定して働ける体制が整っているのは嬉しい点です。

有給休暇なども他の職種に比べて気兼ねなく取りやすい環境ですが、休みやスケジュール調整に関しては会社によって様々なので、ご自身に合った福利厚生のある会社を選ぶことが重要です。

キャリアプランが明確!頑張りやすい環境

タクシー乗務員はキャリアパスが明確なので、自身のキャリアアッププランが立てやすく、モチベーションも上がりやすい傾向です。主な方向性として、観光や介護に特化したエキスパート・ドライバー、ハイヤー乗務員や役員付き運転手、個人タクシー、運行管理者などがあり、一般企業のサラリーマンに比べると、非常にシンプルで自分の今やるべきことが明確です。勤務年数を経て、すべてを試しながら自身の可能性をさぐることも可能ですし、はじめから目標を持ちその道のプロフェッショナルになることも可能です。

研修制度が充実している会社も多いので、選ぶ会社によっては給与をもらいながらスキルアップすることもできます。タクシー業界は、会社組織であっても上下関係やつきあいが少ない分、キャリアアップに対しても他人への遠慮が少なくて済みます。余計なことを考えずに、自身のキャリアプランに対して真剣に考え、集中して取り組むことができる環境のため、己との闘いに勝つことができれば、素晴らしい環境や結果を作り出すことができるでしょう。

定年退職も無く、生涯働ける環境なので、自分にとって一番魅力的な環境を作れるでしょう。

今後さらなる展望が見込めるキャリアパスは?

東京都内のタクシー乗務員に関して、観光タクシーや介護のエキスパート・ドライバーは今後さらなる展望が期待できるでしょう。日本全体は現在超高齢化社会と言われていますが、若者が多いイメージのある東京も同様です。急速に高齢者が増えるとともに、必要となってくるのが介護の人材。介護の人材や介護タクシーが足りないと言われている中、タクシー会社によって行われる高齢者や体の不自由な方のお出かけをサポートするサービスは、ますます需要が拡大するでしょう。

観光タクシーに関しては東京オリンピックもあり、日本に来る観光客も年々増加傾向にあるため、こちらも安定した客数が見込めます。介護のエキスパート・ドライバーになるためには、介護職員初任者研修、普通救命技能認定(AED)のスキル、観光タクシーの乗務員になるためには東京シティガイド検定やその他研修を受けるなど、会社によって必要になってくる資格等ももちろんあります。

しかし、興味のある内容であれば、仕事をしながら資格をとったり、それがまた自身のキャリアアップ、収入アップにつながるというのは、前向きに仕事人生を過ごしていく中で大きなメリットになるのではないでしょうか。

0

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

タクシーは、これから国際化や高齢化が進むと予想される日本では、重要になる交通手段だと言われます。
しかしタクシードライバーという仕事は実態があまり知られていません。

タクシードライバーになるメリットとデメリットを解説します。

高収入を得られるタクシードライバー

タクシードライバーとして働くメリットは、まず、その収入の多さです。
東京都のタクシー会社の給与体系は、「固定給+歩合給」であることが多いのです。
最低限の給与は保証された上で、売り上げの一定割合が上乗せされる仕組みです。会社によっては、勤務開始1年間は月給35万円を保証するところもあります

東京都のタクシードライバーの平均年収は約400万円です(一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の資料による)。

しかし、個人の工夫と努力によって、もっと多くの収入を得ることも可能です。売り上げの約半分が、歩合給として手に入りますから、月収50万円以上もらえるドライバーも珍しくありません。一般の会社ではあまり高い給与を得ることができない若い人でも、高額の給与を得ることができる仕事なのです。

ただし、受け身ではいけません。売り上げを増やすために、お客さんが多くいる場所に出て行くことが必要です。「今日はイベントが開かれるあの地区に行ってみよう」「雨が降ってきたから駅の前で待っていよう」など、自分の発想で売り上げを増やせる面白さがあるとも言えます。

タクシードライバーは薄給だと思っている人もいるかもしれませんが、それはイメージであって、実際は高い収入であるケースが多いのです。特に人が集中する東京都内では、タクシードライバーの不足もあって、高収入を得ている人が多くいます。

自由時間が多いタクシードライバー

タクシードライバーは、休みが多い勤務体系だというのもメリットです。
月に12~13日乗務し、休みは月17~18日あります。タクシードライバーの勤務は、一般の会社とはかなり異なっています。朝から乗車すると、翌日の朝か早朝まで、途中で3時間の休憩を取りながら、15時間程度の乗務をします。乗務を終えると、そこから丸1日は休みです。

「乗務・休み」というセットを2回か3回繰り返すと、公休があります。まとめて休みを取ることもできますので、うまくスケジュールを組んで連休にし、海外旅行を楽しむ人もいます。家族サービスや趣味、資格のための勉強などに時間を充てることもいいでしょう。

会社によっては、一般の会社と同じような日勤中心の勤務を設けていることもありますので、家庭の事情などがあれば夜間の乗務を避けることはできます。

いったん勤務に入れば、タクシードライバーは個人事業主のようなものですから、自分で勤務地を選べます。食事や休憩のタイミングも自分で決定できます。他の人に遠慮せずに自分のスタイルを作れますから、お客さんを待っている時間に英会話などの勉強をするドライバーもいます。

安定して長く働け、キャリアアップを目指せる

多くのタクシー会社では、一般ドライバー、黒タクドライバー、エキスパートドライバーなど、ドライバーの段階があり、スキルと経験によって地位がアップしていきます。運転できる車両も良くなりますし、リーダーや管理職に昇進することもできます。

独立して個人タクシーとして働けるようになると、収入もかなり多くなります。そういうキャリアパスがあることも、タクシードライバーになるメリットです。

定年はあっても、延長することができますので、長く働けることもタクシードライバーの魅力の一つです。75歳まで勤務が可能という会社もあるくらいで、高齢でも若い頃と同じような収入を得ることができます。

タクシー業界は安定している業種です。新規参入が難しく、特に外国企業の参入は困難です。他産業では、グローバル化の影響で安い製品が輸入されて利益が落ちることもありますが、タクシー業界にはその心配はありません。むしろ外国人客はタクシーを利用する傾向が強いので、国際化が進むことは業界にとっては望ましいことです。

大学卒、新卒でタクシー会社に就職する人が増えていますが、そのようなメリットに気づいてのことでしょう。
今後ますます外国からの観光客も増えると予想されている東京都のタクシードライバーには、多くの可能性があるのです。

タクシードライバーのデメリットとは?

もちろん、どんな職業にもデメリットはあります。
歩合制を取っていますから、サボってしまうと収入が減るのです。

40・50代で転職すると、前職が管理職などであった場合、以前に比べて給料が減ったと感じる人もいるようです。しかし、中高年で転職して収入が減少するのは、タクシー会社に限ったことではありません。頑張れば高収入を得られるタクシードライバーは、中高年にも魅力ある仕事です。年齢にかかわらず自分の能力を生かして収入を得られることは、タクシードライバーの利点です。

また、慣れていないうちは、夜間の勤務が体力的にキツいと感じる人もいるでしょう。休憩をうまく入れて体調を崩さないように気をつけることが必要です。

また、お客さんとトラブルを起こしてしまう人も、中にはいます。サービス業だということを忘れず、穏やかにお客さんに応対できないといけません。しかし、嫌なお客さんよりは「ありがとう」と感謝してくれるお客さんの方が断然多いのですから、それほど心配は要りません。

地理に不安な人もいるでしょうが、カーナビもありますし、お客さんとうまくコミュニケーションを取っていると、道を教えてもらえますので、意外に大丈夫なのです。地名や道路状況などの勉強やお客さんへの接し方などは、タクシー会社で行われる新人研修を受けて身に付けていきましょう。

タクシードライバーは個人の裁量に任された部分が大きいので、自分から進んでデメリットを克服する姿勢が必要だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

人も車も多く、なにかと混雑した印象の東京都内。都内の運転に慣れていないと、普通に運転するだけでも神経をすり減らしてしまう事も多いものです。

「こんな所でタクシー運転手なんて、やっていけるんだろうか?」と不安になるケースも少なくないはず。
お客様を逃さず、事故を起こさない運転の基本を知っておきましょう。

空車時はゆっくりと走りましょう

実車(お客様を乗せている状態)の時は、お客様がイライラしない程度にテキパキと走る事が求められるのは容易に想像がつくでしょう。

しかし、これはあくまで実車の時。地方のタクシーが電話などで呼んでもらいお迎えにあがる無線配車中心であるのに対して、東京都内のタクシーは手を挙げたお客様を乗せる「流し営業」がメインです。空車の時は、いつ手を挙げる方を発見しても停車できるように、歩道や路肩に注意して走らなければなりません。空車と表示しておきながら停まれなくて通り過ぎたとしたら、お客様から見れば「乗車拒否」と言われても仕方ありません。

タクシードライバーにとって「停まれなかっただけ」でも、お客様から見れば違うのです。都会のタクシードライバーにとって、「停まれない」は避けたいことです。

そのため、どんな時でも手を挙げてくれたお客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走るのが基本です。「安全運転の範囲で」と書きましたが、お客様探しに気をとられすぎると後続車のドライバーをイライラさせたり、運が悪ければ追突される事も考えられます。一般車のドライバーにとってタクシーの動きは特殊であるという事も頭に入れておくべきです。

あくまで道路の流れに合わせて、自然なゆっくりめの速度で走りましょう。また、交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まるという事も大切ですね。これも安全運転の範囲で意識して営業しましょう。

常に左側を走行するのが基本!

都内でタクシードライバーに転職すると最初に教えられる事ですが、空車時は乗車してもらいやすくするために左側を走るのが基本です。高速道ではありませんから追い越し車線というわけではありませんが、基本的に右側車線は停車する気のない車の走るレーンです。

右車線を走っていても、毎日のようにタクシーを使うビジネスマンのお客様などは、あるいは手を挙げてくれるかもしれません。

しかし、病院までタクシーに乗りたい高齢のお客様が右車線を走るタクシーに手を挙げるでしょうか?「危ないから次に通るタクシーにしよう」と、あらかじめ辞退されてしまう事も多いのです。手を挙げる事を辞退されてしまうと、タクシードライバーから見ればお客様がいないようにしか見えません。

つまり右車線を走るという事は、潜在的なお客様がいても気づかずに逃してしまうという事なんですね。また、常に左側を走行していれば、せっかく手を挙げてくれたのに停まれなくて乗せられないという事もなくなります。

右車線を走っている時間が長ければ長いほど、営収(タクシー業界でいう売上金)は確実に落ちます。裏を返せば基本をしっかりと守り左車線を走る事が、タクシードライバーの仕事で高い収入を得るコツでもあるのです。

空車時は右折をしない

こんな事を言うと「右に行きたい時はどうするんだ!」と言われそうですが、空車時は右方向に行きたい場合も左折を繰り返して方向転換するようにしましょう。乗車してもらいやすくするために左折で走行を続けるというのは、一流のタクシードライバーも実践しているテクニックの1つです。右折をするためには、一時的とはいえ1番右側の車線を走らなければなりません。右折レーンで信号待ちをしているタクシーと、左車線で信号待ちをしているタクシーがいたら、ほとんどの方は左車線のタクシーに乗ります。これは先述した左側を走るという事と同じ事です。

1日の営業で10回しか右折しないドライバーと、100回右折するドライバーがいたとしたら、営収の差は目に見えて大きいものになるでしょう。実際に営業してみると、どこに行けばお客様がいるかなぁ?という事ばかり考えてしまいがちで、お客様の多いエリアを目指して急いで右折をしてしまうという事もあるでしょう。

しかし、目の前にいるお客様を逃さない事が大切です。こうして左折で入った細い路地に案外お客様がいたり、自分が知らないお客様の多いスポットがあったりするものです。「お客様のいないタクシーに目的地など無い」という事を肝に銘じておきましょう。

基本の積み重ねが力になる!

この記事で書いてきたことは未経験でタクシー会社に転職をしたら必ず教えられる基本的な事ばかりです。しかし、実際の営業経験を積むうちに忘れてしまいがちな事でもあります。

慣れてきて営業の中心エリアが決まってくると、お客様を降ろした後は急いでそこに戻ろうと右車線を飛ばして走ったり、右折を繰り返してしまったり。これは楽だからなのです。タクシードライバーにとって出発地が決まっている事ほど気楽な事はありません。毎回同じ場所から出発すれば、道順も数パターンだけ知っていればOK。

行先もある程度絞られます。しかし、これを毎日繰り返していたのでは道も覚えませんし、お客様を降ろした後は空車で戻ってくるだけになり、営業効率もよくありません。誰でも最初からすべての道をおぼえる事はできません。初心者のうちは道順で神経をすり減らしたり、お客様に教えていただく事も多いでしょう。

しかし、都内で一流のドライバーとして活躍している方の中には地方出身の方や女性もたくさんいます。将来の自分自身のビジョンや収入にしっかりと目標設定をする事が何よりも大切です。

タクシーはやればやっただけ収入で返ってくる仕事。不安もあると思いますが、謙虚な姿勢で基本を忘れずに積み重ねれば、それが自分の力にも収入にもなります。思い切って踏み出してみてはいかがでしょうか。

0