東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

タクシードライバーの仕事は、広い街中を知り尽くし、車で走り回って乗客を目的地まで運ぶという仕事です。

膨大な知識量と接客技術が必要であり、初心者や未経験で転職したばかりのうちは、うまくいかないのではないかといった不安が付きまといます。
それらの人々が取り入れるべきテクニックを紹介します。

まずは目標を決める

何かをするとなった時、重要なことは目標を決めることです。タクシードライバーであったとしてもそれは変わりません。東京都内でタクシードライバーに就職・転職したのならば、まずは初心者や未経験者であっても達成できる程度の目標設定をすることが重要となります。目標も定めずに、ただやみくもに努力しようと考えたとしたら、その行動が正しいのかどうかがわからず上達していくことはないでしょう。目標を設定し、達成したのならばそれよりも少し上の目標設定を行い、達成できなかったのならば、何が不足していたのかを考えることが、タクシードライバーを続けていくうえで重要となります。

初心者・未経験者のタクシードライバーでは、経験がないことから、どのような目標を立てるべきなのかといった問題があります。道を覚えることができるか不安ならば、東京都内の担当エリア一区画をいつまでに覚えるといったような目標設定もできます。売り上げを上げられるかどうかが不安ならば、一日の売り上げ目標や一日に乗せる乗客数の目標を定めるという方法が有効です。初心者・未経験者レベルの一日の目安を調査し、目標はできるだけ具体的な数値を交えて立てると、より有効になります。

基本テクニック:左側を走り・曲がる

具体的な目標を立てたところで、それを達成するための技術が不足しているようでは、結局目標を達成することができません。まず、タクシードライバーとして基本となる技術を知っておくことが、初心者・未経験者にとっては重要です。この知識を知っているかどうかによって、無駄な時間を過ごすかを大きく左右することになります。基本的なタクシードライバーの技術のひとつとして、「乗車してもらいやすくするために左側を走る」、「乗車してもらいやすくするために左折で走行を続ける」というものがあります。

法律で定められているため、日本の道路は左側通行となっています。タクシーを利用する人は、基本的に歩道を歩いているため、タクシーが右車線を走っていては、捕まえづらくなってしまいます。また、歩行者がタクシーに合図を送っていたとしても、右側を走っていてはドライバーの方ですぐに対応できません。そのため、左側を走ることが重要となります。また左折運転も重要なテクニックです。東京都内では右折禁止の道が数多くあるほか、対向車線の走行状況によっては右折に時間がかかることもあります。無駄を避け、乗客をすぐ捕まえるためにも、できるだけ左車線走行、左折を心がけることが勧められます。

基本テクニック:信号は先頭で止まる

タクシーの利用者にとって、走行中のタクシーを呼び止めることが難しいと感じることもあります。そのような乗客にもタクシーを利用してもらうためには、交差点や信号での停車時には先頭で止まることが必要です。このことから、タクシードライバーの基本テクニックとしては「交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まる」があげられます。タクシー利用者は、走行中のタクシーを呼び止めるよりも、信号待ちのタクシーを見つけて乗ったり、信号を渡って乗ってくるという状況が多いです。お客様の視点になって、タクシーを運転させることが重要です。

信号を先頭で止めることは、担当エリアの信号の変わる感覚や普段の走行車両の状況、経路を覚えていないとなかなかできません。また、テクニックを覚えたとしても、人がなかなか通らない道で実践していても利用者を捕まえることはできないでしょう。初心者・未経験者がこの基本テクニックを覚えるためには、とにかく担当エリア内を走ることが必要です。とにかく街中を走り、道順を覚え、タクシーをよく利用する人々が歩く道を把握して、テクニックを磨いていくことが最も早い近道といえるでしょう。

基本テクニック:アイコンタクト

左側走行と左折を心がけること、そして信号で先頭で止まるというタクシードライバーに必要となる基本テクニックを覚えたとしても、簡単に乗客が捕まるわけではありません。これらはあくまでも運転技術の中の基本テクニックだからです。利用者を捕まえるためには、接客のための技術も必要となり、それが「お客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走る」ということです。利用者を見つけやすい行動を心がけたとしても、確実に乗客にするためには、利用者とのアイコンタクトによる意思確認が必要不可欠です。

利用者が歩道から、タクシーに乗りたいと訴えてきていることを把握することができないうえに、ドライバーの方で利用者に乗せることができるというアピールをすることができなければ、乗せることはできません。これらの意思確認を、走行中に行うことができるようにアイコンタクトをできるようにすることが求められます。そのためには、歩道の利用者を見逃さないように目を配ると同時に、安全運転も心掛けなければならないでしょう。アイコンタクトができ、歩道に注意を払ったとしても安全に走行できる程度の、ゆっくり走る技術が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

タクシードライバーとして稼ぐには働き続けなければならないと思われがちです。
ブラック企業並みに働き詰めにならないと稼げないというイメージがありますが、そのようなことはありません。

無理のない範囲で働き、しっかりと稼いでいる人も多くいます。タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人との違いを紹介します。

給与形態をしっかりと確かめる

タクシードライバーとして働き、高年収を稼ごうと思うのならば、ただ漫然と働いていてはいけません。高年収を稼げるようになるには、まず勤めている会社の給与形態がどのようになっているのかを確かめることが必要です。自身がどれだけ乗客を乗せて、どれだけの売り上げがあり、そのうちのいくらが実際にもらえている給与なのかということに無頓着では、稼げないでしょう。まず、ただ何となく高年収を望むのではなく、給与に対して興味を持つことが重要です。タクシー会社の給与形態は、おおよそ歩合制ですが、歩合制にもいくつか種類があるので、詳しく見ていきましょう。

歩合制のひとつはA型賃金であり、固定給に歩合給、そして賞与がもらえます。固定給があるため安定した働きができますが、歩合率が低く設定されていることが多いです。B型賃金は、いわゆる完全歩合制というものです。歩合率が高く、稼いだ分だけ取り分が多くなります。給与計算は「月の営業収入×歩合率」と分かりやすくなっています。AB型賃金は、A型とB型とを組み合わせたもので、歩合給ではありますが、月の収入の一部を積み立てして賞与とするものです。

これらの給与形態の違いから、同じ働きでももらえる収入やもらえるタイミングが異なります。自身のライフスタイルや勤務形態も合わせて、給与形態を選ぶことが稼ぐためには必要です。

勤務体系をしっかりと選ぶ

タクシードライバーは、基本的に歩合制を取り入れているため、働けば働くほど稼ぐことができます。しかし、働きづめになるということはありません。タクシードライバーの働き方・労働時間は、しっかりと定められており、違反をすると厳しい罰則があります。このことから会社側から厳しい勤務を強制されることはありません。しかし、働き方がただひとつというわけではなく、様々な勤務体系の中から自分に合った勤務体系を選ぶことが必要です。ライフワークバランスを考慮しつつしっかりと選ばなければ、稼げないタクシードライバーになってしまいます。

タクシードライバーの勤務体系は、おもに昼勤務と夜勤務、そして隔日勤務とに分かれています。昼勤務とは、普通のビジネスマンと同じく8時間勤務に1時間休憩、おおよそ朝の7時から夕方16時まで働くという働き方です。早朝のビジネスマンや高齢者が利用することが多く、売り上げも多いです。夜勤務は、夜だけ働く働き方であり、繁華街へと向かう人、帰宅する人が利用します。深夜割増もあり、利用者も多いため稼ぎやすいです。隔日勤務とは、昼勤務と夜勤務を合わせて2日分を働く働き方です。20時間勤務に3時間の休憩となります。タクシー会社では主流の働き方です。

どのような客層を相手にすることが得意なのか、自分に合った働く時間はいつかを選んでいくと、無理をすることなく稼げるでしょう。

工夫して働く

タクシードライバーが効率よく稼げるようになるためには、給与形態や勤務体系にばかり気にかけているだけではなく、様々な工夫が必要です。タクシードライバーに必要となる技術は、ただ乗客を目的地まで安全に送り届けるための運転技術だけではありません。東京都においてタクシードライバーをするのならば、東京都内の道を知っているだけではなく、どのようにすればより稼げるのかを考えることが必要とされます。稼げないタクシードライバーは、何の工夫もなく道を走らせるだけのドライバーです。

東京都でタクシードライバーをするのならば、東京都内の道に詳しいことは当たり前です。ただ道を覚えるのではなく、どのような道・どのような時間帯にタクシー利用者が集まりやすいのかを日々分析することが効率的な利用客の獲得につながります。道についての情報ばかりを気にするのではなく、その日のどこでどのようなイベントがあり、どの時間帯にどこに行けば利用者を獲得することができるのかを、確かめている人の方が確実に稼げることは確かです。休憩時間も、稼ぎ時に被らないように取るなどといった工夫をする人の方が、より稼ぐことができるでしょう。

タクシー会社をしっかりと選ぶ

タクシードライバーが稼ぐためにできることは、自分自身でできる工夫・技術の上達以外にも様々なことがあります。それが、しっかりと稼ぐことができるタクシー会社を選んで転職・就職をするということです。給与形態や勤務体系が自分に合った会社を選ぶということもそのひとつですが、それ以外にも安心・快適に働くことができる制度や設備が整っているかどうかをしっかりと見極めることが必要となります。転職・就職したばかりの初心者では、すぐに稼げないことが当たり前です。そのような時期もしっかりと乗り切ることができる制度があると、長く働き、稼ぐことができるようになるでしょう。

長く稼げるタクシー会社には、給与保証や研修体制がしっかりと整っています。初心者のうちは、タクシードライバーとして稼げるための技術がしっかりと身につけられていません。そのような初心者や社員に対して研修体制を整えている会社は、ドライバーを大切にする会社です。また、不安定な時期も安定して働くことができるように、決まった期間・決まった金額の給与保証がある会社は、安心して働くことができ、次第に稼げるようになります。さらに、休憩時間を過ごすための休憩室や車を整備するための洗車場・ガソリンスタンドがある会社も設備が整っており、快適かつ効率的に稼ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

車や運転が好き、ある程度自由に行動できる仕事がしたい、年収を上げたいなど東京都でタクシードライバーに転職を考えている人たちは少なくないでしょう。
ここでは東京都のタクシードライバー転職に関するメリットやデメリットなどを紹介します。

稼げるチャンスが多い

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットですが、まずはやはり仕事機会の多さ、引いては稼ぎやすい環境であるということが挙げられるでしょう。ご存知の通り日本の首都である東京は単純に人口が多いのでその分運輸業の需要が非常に高いです。タクシー業界は乗ってくれる人がいないとそもそも仕事になりませんので人口が多い都市で働くというのは大きなアドバンテージになります。

またビジネス関連施設だけでなく繁華街も都内各所に多いです。特に深夜の時間帯はお酒を飲んだり食事をして終電を逃した人などが多くタクシーを利用します。タクシードライバーは基本的に客を乗せれば乗せただけ収入が増えます。したがって稼げるチャンスが多く、収入が上がりやすくなるのが東京都でタクシードライバーに転職する大きなメリットだと言えるでしょう。さらに東京をはじめとする日本の大都市は海外からの観光客が多く訪れます。海外の観光客の中には東京の複雑な公共交通機関の乗り方が分からず、行き先を告げるだけのタクシーを利用する場合も多いです。これも上記の稼げる機会の多さ、引いては収入の増加に繋がっています。

勤務体系もタクシードライバーの大きなメリット

他の業種に転職する際重要になる点が長く働ける仕事なのかという点になるでしょう。長く働けない仕事だと転職もためらいがちになってしまいます。タクシー業界は激務であると言われることがありますが、実は勤務体系を見ればそんなことはありません。勤務体系には普通の企業と同じように日中決められた時間に働く体系もありますが、東京のタクシー会社の多くは「隔日勤務」という勤務体系を採用していることが多いです。隔日勤務とは1日の勤務時間が最大21時間という長い時間働く勤務体系になり、法律により勤務空け20時間は休みとなります。

翌日が休みとなりますので月の勤務日数は11日~13日となり比較的休みが多い勤務体系だと言えます。公休と組み合わせると効果的に自分の時間を作ることが可能なので家族を持っている人も働きやすく、さらに趣味にも多く時間を費やせるようになります。その分1回の勤務につき体力が必要になりますが、仮眠が認められていることもあり、何より歩合制であればやればやった分給料に反映されます。会社の歩合率と自分の頑張り次第では月収50万円以上もらえる可能性もありますし実際に稼いでいる人はいます。上記の稼げるチャンスの多さと併せて時間の自由が利きやすいというのも東京都でタクシードライバーに転職して得られたメリットです。

キャリアパスの充実

東京都のタクシー会社は充実したキャリアプランやキャリアパスがある会社も多いです。入社直後は一般ドライバーからスタートし、経験を積むに連れてグレードの高い黒タクシーやハイグレードタクシーのドライバーになることが可能。グレードの高いタクシードライバーになると流しの営業の他、無線で受ける仕事や収入効率のいい長距離の仕事も増える傾向にあります。特に東京都は近くに羽田空港や成田空港があり、長い距離をタクシーで移動する人が比較的多く、その分稼ぎやすくなっているのです。このように経験を積んだら徐々にグレードの高い仕事にチャレンジできるキャリアプランが確立されているのもタクシードライバーに転職した際のメリットと言えます。

さらにタクシー会社によっては経験を積めば通常のドライバーだけでなく、子供の送り迎えを行うキッズタクシーや介護施設と自宅を往復する介護タクシーなど専門的な仕事を行うドライバーになれるキャリアパスが用意されていることもあります。またタクシードライバーとして独立開業を支援するシステムが用意されている会社もあります。いずれにしてもタクシードライバー業界はこのように豊富なキャリアプランが用意されている場合が多いので将来のキャリアを予想しやすいというのがメリットの一つになっています。

東京都でタクシードライバーに転職した際のデメリット

ただし東京都でタクシードライバーに転職する場合、デメリットもそれなりにあります。まずデメリットとして挙げられるのは給与面での不安定さです。上記の通りタクシー会社の多くは歩合制を基本とした給与体系である場合が多いです。歩合制とは客をタクシーに乗せた分だけ報酬が上がるというシステムなので、収入が安定している月と安定していない月でバラつきが出ることも少なくありません。歩合制と共に固定給を給与体系に組み込んでいる会社や採用して一定期間は給与保証がある会社など各月の給与が安定するようなシステムを導入している会社もありますが、やはり歩合制の場合ある程度年間の平均給与がバラつくことがあります。

またある程度トラブルを自分で解決する能力が求められることもあります。繁華街が多い東京だとどうしても終電が行ってしまった後、お酒に酔っぱらった人などを乗せる機会が多いです。そうなると車内で因縁をつけられたり、支払いの際にトラブルになってしまう可能性もあります。もちろんタクシーは人でごった返す繁華街の真ん中に行かなければならないこともあるので事故のリスクもあります。そうなった場合、会社が対応してくれる場合もありますがある程度現地で自分で解決する能力も求められます。これはタクシードライバーのデメリットと難しさだと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都で魅力あるタクシードライバーに転職するなら日本交通や国際自動車を始めとする大日本帝国の4社がおすすめ

東京都で魅力あるタクシードライバーに転職するなら日本交通や国際自動車を始めとする大日本帝国の4社がおすすめ

タクシードライバーへ転職をする利点は、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるという点を始め、年齢や学歴、または経験なども問われないということが大きいのではないでしょうか。
しかも、高収入ということも外せません。
東京でタクシードライバーを希望するなら、大日本帝国と呼ばれる大手4社がおすすめです。

タクシードライバーという仕事の現状

最近では会社勤めのサラリーマンを自己退社してタクシードライバーへ転職する人も増えています。タクシードライバーが通常のサラリーマンと大きく違う点は、車を走らせての勤務になるということでしょう。そして、実際の仕事というのはお客様を乗せて目的地へ向けて車を走らせることとなります。こうした仕事内容ですから、たとえば休憩などは自分の好きな時間にとることができるわけです。しかし、単純に好きな時間に休めるとは言っても、当然のことですが、仕事にはノルマというものがあり、それを常に意識しながら自己判断で仕事をこなしていかなければなりません。

世の中の景気があまり良くなかった時期にはタクシーを使う人が少なくなってしまったということもありましたが、現在、タクシー業界はかなり上向きの傾向にあります。特に東京都では観光客をターゲットとしたホテルや各施設の急激な増加にともなって、タクシーを利用する人も多くなり、タクシードライバーの仕事はかなり忙しくなりました。また、外国人観光客なども随分と増えています。このような外国人観光客はタクシーを利用することも多いですから、各タクシードライバーは外国人向けのサービスも考えているわけです。

東京のタクシー会社のリーダー的な存在である大日本帝国のタクシー4社

タクシードライバーとして仕事をするためには、まずどんな雇用形態で働くかを決めなければなりません。一番多い雇用形態はタクシー会社に所属して仕事をするというものでしょう。確かに他にも個人タクシーで仕事をするという方法もありますが、タクシードライバーとして仕事をするのが初めてという人は、やはり経験を積むという意味からも、最初はタクシー会社に所属するところからスタートするのがおすすめです。個人タクシーは自営業になりますから、収入面でもタクシー会社勤めよりはかなり厳しいと言えるでしょう。

東京都でタクシードライバーへ転職するならば、やはり大手のタクシー会社が安心です。この東京都には大日本帝国と呼ばれる大手のタクシー4社があります。即ち、大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の4社です。それぞれの頭文字をつなぎ合わせれば大日本帝国という言葉になります。この呼び方は主にタクシー業界関係者の中で通っていたものですが、今ではかなり広く知られるようになりました。古めかしい呼び名ですが、現在、これらタクシー4社は東京のタクシー会社のリーダー的な存在として、各層から厚い信頼を得ています。タクシードライバーはやはり信頼が第一ですから、転職を考えるのであればこの大日本帝国のタクシー4社がおすすめです。

大日本帝国の大手タクシー4社のそれぞれの特徴

大日本帝国の大手タクシー4社へ転職を希望する人は非常に多いです。このタクシー4社の特徴はいったいどういうものなのでしょうか。まず、都内に数箇所の事業所を持つ大和自動車交通株式会社は、タクシーの業界では唯一の上場会社です。自社保有の営業所やビルを始め、燃料販社、保険代理店、不動産管理会社などの関連事業も展開しています。日本交通株式会社で注目したい点は、ハイグレードなサービスを提供する黒タクがあるということです。もちろん、黒タクを運転する乗務員は特別な講習を受けた有資格者となっています。

帝都自動車交通株式会社では、通常のタクシードライバーとして数多くの経験を積んでから、会社の中でさらに管理職を目指すことも可能です。単なるタクシードライバーとして働き続けるのではなく、自己のステップアップを目指したいという人には最適な環境が整っていると言えるでしょう。そして、国際自動車株式会社ですが、これは現在のkmタクシーグループになります。この会社で特筆する点は、丸の内や品川という東京都を代表するビジネス街にハイヤー事業所を置いているということです。ハイグレード車両でそのビジネス街のVIP利用者を多く乗車させることができます。

自分に最適だと思われるタクシー会社に応募すること

大日本帝国の大手タクシー4社は、やはり利用者数も東京のタクシー会社の中ではトップクラスと言われるだけあって、仕事のしやすさは抜群です。たとえば、この4社だけで使える共通のタクシー券やプリペイドカードなどもあり、それを使っている企業を多数抱えているため、タクシーの利用者も多いというメリットがあります。この東京都は一番稼げるエリアとして有名ですから、こうしたメリットはかなり大きいと言えるでしょう。大日本帝国のタクシー4社はその最大の強みを存分に活かし、安定した仕事と働きやすい環境を創出しているのです。

様々な業種から転職してタクシードライバーになる人は増えていますが、何と言ってもタクシードライバーとして働くには、所属するタクシー会社は信頼と実績のあるところが一番の条件になるのではないでしょうか。信頼と実績を兼ね備えた大手ならば理想的な働き方ができます。東京都の大手タクシー4社それぞれの特徴を考えて、自分に最適だと思われるタクシー会社に応募することがおすすめです。ちなみにこの大日本帝国と呼ばれる大手タクシー4社では入社祝い金が支給されますので、これも大きな魅力だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

タクシードライバーへの転職を考えているという人はいないでしょうか。
タクシー業界は想像している程、厳しい業界ではなく、稼げる仕事なのです。

しかし、それを達成するためにはまず会社選びが大事です。
業界最大手の日本交通について、この機会に知ってみませんか?

タクシー業界の仕事とは?その現状

タクシー乗務員の1日の仕事の流れは、意外と知られてないのではないでしょうか。出勤してからアルコール検査や車両点検があります。そのあと点呼があり、運行の管理者から1日の注意事項などの説明を受けます。その後出庫・業務従事となります。約8時間の勤務中には休憩時間も数時間含まれます。その後帰庫となり、入金、洗車をして業務終了です。
日本交通では、通常のタクシードライバーの他に、企業の専属ドライバーやジャンボハイヤーの乗務員など、入社1年未満でも更にステップアップするチャンスもあります。そうなりますと、年収500万円を目指せる可能性もあります。

タクシー業界は、慢性的に人材不足という現状にあります。人材不足の背景には、タクシードライバーという職業が勤務時間も長く、激務であるという強固なイメージにあるようです。
近年、女性ドライバーを採用する会社も増加してきているため、タクシードライバーの採用状況もやや好転してきています。しかし、相変わらず人手は引く手あまたの傾向にあるのです。
業界最大手の日本交通では、その98%が業界未経験者という実績があります。しかも、入社後数年で辞めてしまう人が多いタクシー業界で、日本交通は勤続10年以上が社員のほとんどです。勤続20~30年のドライバーも多数勤務しているのです。転職にはおすすめの業界と言えるでしょう。

タクシー業界は稼げる仕事!

このように、タクシー乗務員は稼げる仕事だと言えます。ただし、幾つか条件があるようです。1つには、稼げる地域のタクシー会社なのか、と言うことです。日本交通は、大都市である東京都を中心とした会社ですので、この点はクリアです。
もう1つ、その地区で強い、タクシー会社として大手なのか、ということがポイントになります。日本交通は東京都の大手タクシー会社4社の中に数えられる業者です。
一般の大企業はタクシーを使う際、法人チケットというものを予め購入して、支払いに使うことが多いようです。日本交通では、日本交通&日本交通グループ(提携会社)の約4500台で使えるタクシーチケットを販売しています。もちろんVISA、JCBといったクレジット会社発行のタクシーチケットなら、日本全国で使用できます。
こういったタクシーチケットなどを販売し、法人に使用してもらいやすくしているところも、大切なのです。法人は長距離利用などをする可能性が高いので、良いお客様と言えるからです。

以上の2点から、日本交通は稼げるタクシー会社と言って良いでしょう。
実際に同グループ内で、週3回の勤務で年収790万円を稼いでいる従業員もいます。また、日本交通では、入社後半年間は月給27万円(最大)まで、給与保証がされています。しかし、ほとんどの先輩たちが、入社3ヵ月で保証給与以上を上回る歩合を稼いでいることは事実なのです。日本交通のタクシードライバーは、安定して働ける職場に居ると言えるでしょう。

初心者でも安心!日本交通はサポート体制が完備!

日本交通では、業務運転の経験がなかった社員も多数在籍しています。ですので、教育研修制度(外部研修・接客マナーなど)や、業務をわかりやすくマニュアル化した「スタンダードマニュアル77」も用意されています。
介護や救急救命、認知症のサポートなど、通常の生活にも役立てるような社内研修も定期的に行っていますので、実際に、高齢者や妊婦さんが乗車した際などにも、研修で培った知識を活かすことが出来ます。
また、日本交通の教育システムによって、2種免許が最短9日で取得できるバックアップ体制も完備されています。2種免許の取得費用は全額、日本交通が負担しています。2種免許の合格率は100%だそうです。

乗車する自動車は、最先端の車両が用意されています。アイドリングストップ、全車両禁煙、クレジットカード・電子マネー決済可能の車に乗務することが可能です。
もちろん研修終了後も会社から各種フォローを受けることが出来ますので、初心者でも安心して勤務できるのではないでしょうか。
接客サービスをしたことがないと不安に思う人もいるでしょう。しかし、それまでの人生体験自体が職業に活かせる経験となることもあります。地道に仕事を続けた結果、指名をしてもらえるようになった人もいるのです。

タクシードライバーになるなら日本交通で!

東京都の日本交通は、数あるタクシー会社の中でも、9年連続で、グループ売上高と業界売上高でトップの業績を収めています。日本交通は毎年業績を伸ばしているのです。
他社に比べても、1人1人の売上高が高く、給与額も大きいことが優秀な業績に繋がっています。
労働環境が良いことでも知られています。日本交通は、就労環境が一流であることで、サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業でもあるのです。
また各種メディア(TBS、テレビ東京、日系ビジネスなど)にも取り上げられ、その認知度を上げています。

日本交通は各種最先端サービスにも取り組んでいます。
「お出かけサポート」「観光」「子供のタクシー利用」と言った付加価値の高い仕組みを「エキスパート・ドライバー・サービス」として提供したことや、スマートフォンでタクシーが呼べる「JapanTaxi」アプリの開発など、次々と新しいサービスを供与し続けているのです。エキスパート・ドライバー・サービスは、2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。
タクシードライバーになることを考えているのなら、日本交通を一考に入れてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリットとデメリット

タクシーは、これから国際化や高齢化が進むと予想される日本では、重要になる交通手段だと言われます。
しかしタクシードライバーという仕事は実態があまり知られていません。

タクシードライバーになるメリットとデメリットを解説します。

高収入を得られるタクシードライバー

タクシードライバーとして働くメリットは、まず、その収入の多さです。
東京都のタクシー会社の給与体系は、「固定給+歩合給」であることが多いのです。
最低限の給与は保証された上で、売り上げの一定割合が上乗せされる仕組みです。会社によっては、勤務開始1年間は月給35万円を保証するところもあります

東京都のタクシードライバーの平均年収は約400万円です(一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の資料による)。

しかし、個人の工夫と努力によって、もっと多くの収入を得ることも可能です。売り上げの約半分が、歩合給として手に入りますから、月収50万円以上もらえるドライバーも珍しくありません。一般の会社ではあまり高い給与を得ることができない若い人でも、高額の給与を得ることができる仕事なのです。

ただし、受け身ではいけません。売り上げを増やすために、お客さんが多くいる場所に出て行くことが必要です。「今日はイベントが開かれるあの地区に行ってみよう」「雨が降ってきたから駅の前で待っていよう」など、自分の発想で売り上げを増やせる面白さがあるとも言えます。

タクシードライバーは薄給だと思っている人もいるかもしれませんが、それはイメージであって、実際は高い収入であるケースが多いのです。特に人が集中する東京都内では、タクシードライバーの不足もあって、高収入を得ている人が多くいます。

自由時間が多いタクシードライバー

タクシードライバーは、休みが多い勤務体系だというのもメリットです。
月に12~13日乗務し、休みは月17~18日あります。タクシードライバーの勤務は、一般の会社とはかなり異なっています。朝から乗車すると、翌日の朝か早朝まで、途中で3時間の休憩を取りながら、15時間程度の乗務をします。乗務を終えると、そこから丸1日は休みです。

「乗務・休み」というセットを2回か3回繰り返すと、公休があります。まとめて休みを取ることもできますので、うまくスケジュールを組んで連休にし、海外旅行を楽しむ人もいます。家族サービスや趣味、資格のための勉強などに時間を充てることもいいでしょう。

会社によっては、一般の会社と同じような日勤中心の勤務を設けていることもありますので、家庭の事情などがあれば夜間の乗務を避けることはできます。

いったん勤務に入れば、タクシードライバーは個人事業主のようなものですから、自分で勤務地を選べます。食事や休憩のタイミングも自分で決定できます。他の人に遠慮せずに自分のスタイルを作れますから、お客さんを待っている時間に英会話などの勉強をするドライバーもいます。

安定して長く働け、キャリアアップを目指せる

多くのタクシー会社では、一般ドライバー、黒タクドライバー、エキスパートドライバーなど、ドライバーの段階があり、スキルと経験によって地位がアップしていきます。運転できる車両も良くなりますし、リーダーや管理職に昇進することもできます。

独立して個人タクシーとして働けるようになると、収入もかなり多くなります。そういうキャリアパスがあることも、タクシードライバーになるメリットです。

定年はあっても、延長することができますので、長く働けることもタクシードライバーの魅力の一つです。75歳まで勤務が可能という会社もあるくらいで、高齢でも若い頃と同じような収入を得ることができます。

タクシー業界は安定している業種です。新規参入が難しく、特に外国企業の参入は困難です。他産業では、グローバル化の影響で安い製品が輸入されて利益が落ちることもありますが、タクシー業界にはその心配はありません。むしろ外国人客はタクシーを利用する傾向が強いので、国際化が進むことは業界にとっては望ましいことです。

大学卒、新卒でタクシー会社に就職する人が増えていますが、そのようなメリットに気づいてのことでしょう。
今後ますます外国からの観光客も増えると予想されている東京都のタクシードライバーには、多くの可能性があるのです。

タクシードライバーのデメリットとは?

もちろん、どんな職業にもデメリットはあります。
歩合制を取っていますから、サボってしまうと収入が減るのです。

40・50代で転職すると、前職が管理職などであった場合、以前に比べて給料が減ったと感じる人もいるようです。しかし、中高年で転職して収入が減少するのは、タクシー会社に限ったことではありません。頑張れば高収入を得られるタクシードライバーは、中高年にも魅力ある仕事です。年齢にかかわらず自分の能力を生かして収入を得られることは、タクシードライバーの利点です。

また、慣れていないうちは、夜間の勤務が体力的にキツいと感じる人もいるでしょう。休憩をうまく入れて体調を崩さないように気をつけることが必要です。

また、お客さんとトラブルを起こしてしまう人も、中にはいます。サービス業だということを忘れず、穏やかにお客さんに応対できないといけません。しかし、嫌なお客さんよりは「ありがとう」と感謝してくれるお客さんの方が断然多いのですから、それほど心配は要りません。

地理に不安な人もいるでしょうが、カーナビもありますし、お客さんとうまくコミュニケーションを取っていると、道を教えてもらえますので、意外に大丈夫なのです。地名や道路状況などの勉強やお客さんへの接し方などは、タクシー会社で行われる新人研修を受けて身に付けていきましょう。

タクシードライバーは個人の裁量に任された部分が大きいので、自分から進んでデメリットを克服する姿勢が必要だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

東京都内タクシードライバーに転職する初心者/未経験者が覚えておきたい基本運転テクニック

人も車も多く、なにかと混雑した印象の東京都内。都内の運転に慣れていないと、普通に運転するだけでも神経をすり減らしてしまう事も多いものです。

「こんな所でタクシー運転手なんて、やっていけるんだろうか?」と不安になるケースも少なくないはず。
お客様を逃さず、事故を起こさない運転の基本を知っておきましょう。

空車時はゆっくりと走りましょう

実車(お客様を乗せている状態)の時は、お客様がイライラしない程度にテキパキと走る事が求められるのは容易に想像がつくでしょう。

しかし、これはあくまで実車の時。地方のタクシーが電話などで呼んでもらいお迎えにあがる無線配車中心であるのに対して、東京都内のタクシーは手を挙げたお客様を乗せる「流し営業」がメインです。空車の時は、いつ手を挙げる方を発見しても停車できるように、歩道や路肩に注意して走らなければなりません。空車と表示しておきながら停まれなくて通り過ぎたとしたら、お客様から見れば「乗車拒否」と言われても仕方ありません。

タクシードライバーにとって「停まれなかっただけ」でも、お客様から見れば違うのです。都会のタクシードライバーにとって、「停まれない」は避けたいことです。

そのため、どんな時でも手を挙げてくれたお客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走るのが基本です。「安全運転の範囲で」と書きましたが、お客様探しに気をとられすぎると後続車のドライバーをイライラさせたり、運が悪ければ追突される事も考えられます。一般車のドライバーにとってタクシーの動きは特殊であるという事も頭に入れておくべきです。

あくまで道路の流れに合わせて、自然なゆっくりめの速度で走りましょう。また、交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まるという事も大切ですね。これも安全運転の範囲で意識して営業しましょう。

常に左側を走行するのが基本!

都内でタクシードライバーに転職すると最初に教えられる事ですが、空車時は乗車してもらいやすくするために左側を走るのが基本です。高速道ではありませんから追い越し車線というわけではありませんが、基本的に右側車線は停車する気のない車の走るレーンです。

右車線を走っていても、毎日のようにタクシーを使うビジネスマンのお客様などは、あるいは手を挙げてくれるかもしれません。

しかし、病院までタクシーに乗りたい高齢のお客様が右車線を走るタクシーに手を挙げるでしょうか?「危ないから次に通るタクシーにしよう」と、あらかじめ辞退されてしまう事も多いのです。手を挙げる事を辞退されてしまうと、タクシードライバーから見ればお客様がいないようにしか見えません。

つまり右車線を走るという事は、潜在的なお客様がいても気づかずに逃してしまうという事なんですね。また、常に左側を走行していれば、せっかく手を挙げてくれたのに停まれなくて乗せられないという事もなくなります。

右車線を走っている時間が長ければ長いほど、営収(タクシー業界でいう売上金)は確実に落ちます。裏を返せば基本をしっかりと守り左車線を走る事が、タクシードライバーの仕事で高い収入を得るコツでもあるのです。

空車時は右折をしない

こんな事を言うと「右に行きたい時はどうするんだ!」と言われそうですが、空車時は右方向に行きたい場合も左折を繰り返して方向転換するようにしましょう。乗車してもらいやすくするために左折で走行を続けるというのは、一流のタクシードライバーも実践しているテクニックの1つです。右折をするためには、一時的とはいえ1番右側の車線を走らなければなりません。右折レーンで信号待ちをしているタクシーと、左車線で信号待ちをしているタクシーがいたら、ほとんどの方は左車線のタクシーに乗ります。これは先述した左側を走るという事と同じ事です。

1日の営業で10回しか右折しないドライバーと、100回右折するドライバーがいたとしたら、営収の差は目に見えて大きいものになるでしょう。実際に営業してみると、どこに行けばお客様がいるかなぁ?という事ばかり考えてしまいがちで、お客様の多いエリアを目指して急いで右折をしてしまうという事もあるでしょう。

しかし、目の前にいるお客様を逃さない事が大切です。こうして左折で入った細い路地に案外お客様がいたり、自分が知らないお客様の多いスポットがあったりするものです。「お客様のいないタクシーに目的地など無い」という事を肝に銘じておきましょう。

基本の積み重ねが力になる!

この記事で書いてきたことは未経験でタクシー会社に転職をしたら必ず教えられる基本的な事ばかりです。しかし、実際の営業経験を積むうちに忘れてしまいがちな事でもあります。

慣れてきて営業の中心エリアが決まってくると、お客様を降ろした後は急いでそこに戻ろうと右車線を飛ばして走ったり、右折を繰り返してしまったり。これは楽だからなのです。タクシードライバーにとって出発地が決まっている事ほど気楽な事はありません。毎回同じ場所から出発すれば、道順も数パターンだけ知っていればOK。

行先もある程度絞られます。しかし、これを毎日繰り返していたのでは道も覚えませんし、お客様を降ろした後は空車で戻ってくるだけになり、営業効率もよくありません。誰でも最初からすべての道をおぼえる事はできません。初心者のうちは道順で神経をすり減らしたり、お客様に教えていただく事も多いでしょう。

しかし、都内で一流のドライバーとして活躍している方の中には地方出身の方や女性もたくさんいます。将来の自分自身のビジョンや収入にしっかりと目標設定をする事が何よりも大切です。

タクシーはやればやっただけ収入で返ってくる仕事。不安もあると思いますが、謙虚な姿勢で基本を忘れずに積み重ねれば、それが自分の力にも収入にもなります。思い切って踏み出してみてはいかがでしょうか。

0

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

東京都内のタクシードライバーの求人の多くは完全歩合制や一部歩合制。転職してすぐに稼ぐ人もいれば、思うように稼げない人がいるのも事実です。

では、タクシーで稼げる人と稼げない人との違いはなんなのでしょうか?

最初から稼げる人は…いる!?

東京都内のタクシードライバーの求人を見ると、「入社後◯カ月間は給与保証◯◯万円」というような広告を多く見かけると思います。完全歩合制という勤務体系がほとんどのタクシー業界。給与保証はとても心強いですよね。

しかし、まったくの未経験で入社した人の中にも、最初から保証給以上の金額を稼げる人がいます。どんな人でしょうか?

それは研修や試験を通じて教わった基本を忠実に実行できている人です。例を挙げると、空車時は左側車線をゆっくり走るようにと教わるはずです。当たり前のように思えますが、稼げない人はこれができていません。どこかで怠けてしまったり、忘れてしまっています。

「経験を積んで、道に精通していないと稼げないのではないか?」「お客さんの多いポイントを熟知していないと稼げないのではないか?」こんな風に考えてしまう方も多いでしょう。これらは決して誤りとは言いません。道に詳しい方が稼げるでしょうし、良いポイントを知っていた方が稼げるでしょう。

しかし、保証給程度の金額を稼ぐためには、これらは全く必要ありません。大切なのは簡単な基本動作を馬鹿にせずにしっかりと繰り返す事。これさえできれば新米ドライバーでもちゃんと稼ぐ事ができます。

向上心を持ち続けられるか

タクシードライバーに転職して数カ月もたつと慣れてきます。場所によっては道にも詳しくなり、よく使う抜け道なども覚えてきます。お客さんを乗せるたびに冷や汗びっしょりだったのが、涼しい顔で運転できるようになっているかもしれません。もちろん、これでもそれなりに稼ぐ事はできるでしょう。

しかしこの時期が、さらなる高年収を得る人と、それ以上稼げない人を分ける大きなポイントになります。
仮に上野周辺をメインに営業していたとします。お客さんを乗せて営業区域(営業できる地域。この場合、23区と武蔵野市・三鷹市)の端っこの三鷹市まで行ったら、あなたならどうしますか?基本通りならそのまま営業ですが、三鷹の道は素人同然。上野まで戻れば、また涼しい顔で営業できます。人によっては1時間以上もかけて回送表示を出して帰ってきてしまうかもしれません。

三鷹⇒新宿⇒日本橋…といった具合に、次々に営業できたら、どんなに効率がいいでしょう。最初はナビや地図で調べて頑張っていたはずが、詳しいエリアができてしまった事によって変なプライドや怠け心が生まれるんですね。

営業区域内の道を網羅するまで、ひたすら冷や汗を掻き続けましょう。謙虚な姿勢でお客さんに教えを乞いましょう。日々収入を伸ばしていくためには向上心を持ち続ける事が大切です。

細かい目標設定と自己管理が大切

稼げるタクシードライバーは、営収(売上)から実際に受け取る給与計算をし、日々の営業に細かく目標設定をしています。ばくぜんと「今月は手取りで35万円くらい欲しいなぁ。」ではダメです。月の目標÷出勤日数で出したおおよその日額に、出勤日の曜日などの要素を加味して、1日の目標を定めます。さらに時間帯(早朝・午前・午後・夜・深夜帯)で区切って、1日の目標を達成するにはどのようなペースでいけばいいのかを考えながら仕事に取り組みます。こうした細かい目標設定が無いと、気が付いたら月が終わってしまい「もうちょっと稼ぎたかったなぁ」の繰り返しになりがちです。

また、稼げないドライバーに共通する事は「だらしない」事。タクシードライバーの仕事は、やればやっただけ稼げる仕事ですが、やらなければ稼げない仕事でもあります。出庫して営業に出てしまえば1人きり。頑張るのもサボるのも自由です。人はついつい楽な方に流されて、自分に甘くなってしまうものです。いつでもコツコツと同じ仕事を続けているドライバーは、必ずしっかりと稼いでいます。タクシーに限った事ではありませんが、自己管理が大切なのです。

基本を忘れないドライバーはしっかり稼げる!

いかがでしょうか?タクシードライバーの仕事で稼げる人と稼げない人の違い。それはほんの些細な事の積み重ねなんですね。
当たり前の事をしっかりと継続していけるかどうかが両者を分けるカギです。たしかに東京で一番稼ぐドライバーになるには、特別なテクニックやコツが必要かもしれません。しかしそれは、もっと上のレベルの話。テクニックやコツは基本を積み重ねていった人だけが身につけられるものなんです。

この記事を読んでいただいている方の多くはタクシー未経験の方かと思います。「タクシードライバーに転職してちゃんと食べていけるんだろうか?」と、不安な思いの方もいるのではないでしょうか。

ここまでも書き綴ってきましたが、タクシードライバーは研修などで教えられた基本に忠実に、真面目にコツコツとやっていればしっかりと稼げる仕事です。さらに東京は、企業や店舗・そこで働く多くの人々がひしめく大都市。地方エリアと比べてもタクシー客自体の数も多く、ドライバーの歩合率も高い傾向にあり高年収も十分に期待できます。

しっかりと自己管理をし、真面目に取り組むのなら何一つ不安に思う事はありません。自信をもって飛び込みましょう!

0

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

これから東京都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
その準備段階として、タクシー会社についての色々な豆知識を抑えておくことも大切。

そこでここでは、東京都内にある「大日本帝国」と呼ばれる、大手タクシー4社について紹介します。

タクシー業界における「大日本帝国」って何?

「大日本帝国」という言葉は誰でも1度は耳にしたことがあると思いますが、タクシー業界でこの言葉を使う場合には、通常一般に知られたものとは、ちょっと違う意味になります。タクシー業界では東京都内のタクシー大手4社である、大和自動車交通・日本交通・帝都自動車・国際自動車それぞれの頭文字を取って、「大日本帝国」と呼びます。

この大手4社は「東京四社営業委員会」という営業組織を組んで相互に連携し、共通チケットをはじめとしたクーポン券の発行や窓口業務を行っている他、無線配車でも協力関係にあります。

またタクシーの車体には球型行灯に加え、レモンイエローに赤帯の共通デザインを採用しており、業界では「四社カラー」と呼ばれています。ただし「黒タク」で知られるハイグレード車については、行灯の形状以外は統一したロゴや字体デザインにはなっていません。

また普通車であっても都区内や武蔵野、さらには三鷹以外の営業区域にある系列事業所では、必ずしも「四社カラー」を採用しておらず、車体のデザインにバラつきがあるので注意が必要です。いずれにしてもレモンイエローに赤帯のタクシーを見かけたら、「大日本帝国」の大手タクシー会社としてイメージしておけば何かと便利でしょう。

そもそも大手4社が「大日本帝国」になった経緯は?

今でこそタクシー業界を代表する大手4社ですが、その経緯を知るには、数多くのタクシー会社を吸収しながら集約された歴史を知る必要があります。
日本で最初に法人タクシーが誕生したのは、1912年(大正元年)の「タクシー自働車株式会社」が始まりと言われています。そして1921年(大正10年)ごろになると、第1次世界大戦後の不景気到来により、雇用対策として「流しの」個人タクシードライバーが急増。

しかし第2次世界大戦の勃発と長期化により燃料等の確保が難しくなり、個人のみならず法人でもタクシー経営が困難なります。そこで政府および軍部が主導し、当時の都内にあった56の法人および約4500台のタクシーを4社に集約して、輸送力という形で戦力に役立てようと企てました。その結果誕生したのが、現在の大手タクシー4社です。

1945年1月に16社を合併して誕生した大和自動車交通を皮切りに、帝都自動車は9社を、さらに国際自動車は12社を合併して誕生。最後は同年12月の日本交通の誕生へと至ります。また4つ社名についても、軍部が戦意高揚のため「大日本帝国」となるように、意図的に採用したとも言われています。戦時中は軍や重要産業をはじめとした、様々な分野でタクシーが活用されましたが、結局は空襲などにより、当初の4分の1の台数しか残りませんでした。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その1

一括りに「大日本帝国」といっても、大手4社それぞれの特徴や、給与を含めた勤務条件などは、当然のことながら異なります。そこでここからは、大手4社の各企業ついて詳しく見ることにしましょう。
まず大和自動車交通は東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市などの近郊エリア、さらには立川市や府中市といった郊外エリアまで広くカバーする、都内有数の大手タクシー会社です。業界初の上場企業でもあり、経営の安定性や豊富な資金量が大きな強みの1つです。

また夜勤を伴わない日勤のみの時間帯を取り入れたり、育児休暇や産休制度等をはじめとする福利厚生も充実していることから、タクシードライバー希望の女性にはおすすめの会社です。

もう1つ紹介するのは、約90年の歴史をもつ信頼と実績の高い日本交通です。こちらは全国でも売り上げナンバーワンを誇り、国内でも最大手のタクシー会社として知られます。都内各所に専用乗り場を数多く有しているため、他社に比べて単価の高いお客を拾える確率に優れています。また接客の仕方や効率的なルートなど、売り上げを伸ばす教育を徹底していることから、他社よりも給与が高い傾向にあります。まさにドライバー未経験からでも、しっかりと稼ぎたい方にはピッタリです。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その2

続けて紹介するのは、帝都自動車です。「大日本帝国」の中では最も保有台数が少なく、比較的規模が小さいながらも、歴史の長さや経営の安定性などから、業界内では最大手の一角を担います。

勤務条件として特徴的なのは、最長73歳までドライバーとして勤務できるなど、高齢者にも働きやすい環境を整えている点です。
また年3回の賞与や優良運転者表彰制度の他、他社に比べて最低給与保証期間が長く、ドライバー全体の待遇面でも恵まれた職場環境があります。

最後に紹介したいのは、kmタクシーでお馴染みの国際自動車です。こちらは東京都内を中心としつつも、埼玉県をはじめ神奈川県や千葉県など、一都三県にまたがって幅広く営業活動を展開する大手タクシー会社です。またタクシー事業以外にもハイヤー事業や観光バス事業、さらにかつては自動車教習所まで、手広く多角的な経営をすることで知られます。

勤務条件を見ると、レジャーやグルメからスポーツや介護まで、充実した福利厚生サービスがそろっています。また自社株購入制度によって、社員の中長期的な資産形成をサポートするなど、社員の健康や家族の幸せを大切にする働きやすい会社と言えます。

0

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京など大都市エリアではタクシーへのニーズが高く、ドライバーになりたい方にとっては勤務地として狙い目と言えるでしょう。

特に大手の有名タクシー会社であれば、福利厚生などもしっかりしているのでおすすめです。
ここではそんな大手有名タクシー会社の1つ、日本交通への転職について紹介します。

日本交通なら給与面で心配する必要はありません。

タクシードライバーへの転職を希望するにあたって、まず心配なのが給与面のことかと思います。
ここ数年の東京都におけるタクシードライバーの平均給与は、賞与も含めておよそ400万円前後で推移しています。この点、東京都の全産業男性労働者の平均年収が、平均700万円前後で推移していることを考えると、やはりタクシードライバーの給与が低いという印象は否めません。

しかしこれはあくまで平均給与の話。タクシードライバーの場合、通常のサラリーマンとは異なり、歩合制を基本としている職場がほとんどです。つまり頑張るほど売り上げにつながり、自分の給与に直接反映します。年収が400万円台のドライバーも多くいれば、600万円台のドライバーもいるのがこの業界です。ちなみに日本交通では、入社1年目の平均給与が420万円であり、2年目には平均で450万円に達します。入社わずかにして、既に東京都のタクシードライバーの平均給与水準をクリアーしているのは、注目に値するでしょう。

さらに入社5年目を超えると、年収が800万円近くにまでアップするドライバーも目立つようになります。世間一般でイメージされるタクシードライバーとは大きく異なる、嬉しい現実がここにあります。

入社1年目から給与面で有利になるのは理由があります。

そもそもなぜ日本交通であれば、1年目のドライバーでも平均水準以上の年収を稼げるのでしょうか?

その理由はズバリ、業界最大手ならではの優れた集客システムを構築しているからです。

例えば日本交通では、都内に35か所もの専用乗り場を設置しています。そして専用乗り場からのお客は単価が高いので、売り上げには有利に働きます。また大企業や官公庁をはじめとした、数多くの法人との取引実績が豊富な点も見逃せません。
特に約1万3千社とのチケット契約をしているので、単価の高いチケット利用のお客を安定して確保できるメリットがあります。さらに日本交通ではインターネット社会への取り組みも積極的に行っており、業界に先駆けてアプリでの配車を実施。これにより月間で約30万車という、業界でもトップクラスの無線配車を実現しています。もちろん無線配車を利用するお客の単価は高いので、売り上げに有利に直結するのは言うまでもありません。

このように業界最大手にふさわしい、幅広く多彩な集客システムを展開しているおかげで、入社間もないドライバーであっても、平均水準以上の年収をクリアーすることが可能です。
しかも入社して初めの3カ月までは、月収40万円という嬉しい給与保証付き。これなら初心者の方でも、安心してスタートを切ることができます。

キャリアアップへの手厚いサポート体制があります。

タクシードライバーへの転職で日本交通をおすすめする理由は、給与面だけではありません。

他社に比べてキャリアアップへのサポートが、格段に優れている点も無視できないメリットの1つです。
日本交通では「エキスパート・ドライバー」制度を採用しており、お客様への高いレスポンスと、きめ細かいホスピタリティによって、安心感のある高付加価値な乗車サービスを提供しています。具体的には「観光」「キッズ」「サポート」それぞれの専門分野に精通した乗務員が、受注から運行スケジュールの立案、さらには実際の送迎までをトータルに担当して、育児支援・バリアフリー・観光案内等の充実したサービスを提供します。

この専門乗務員へのキャリアアップに際しては、会社が一体となってバックアップします。例えばサポートタクシーの専門乗務員であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修などを、会社の費用負担によって受講できます。

この他にも東京観光ドライバー認定研修や東京シティガイド検定、さらには英検2級や東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修など、キャリアアップのための幅広いサポート体制がそろっています。

初心者をはじめ、シニアや女性の方でも安心して働けます。

給与面やキャリアアップの他に、勤務体制や福利厚生などで恵まれた職場環境があるのも、業界最大手の日本交通ならではです。勤務体制については事前申告による完全シフト制なので、シフト外で突発的に勤務を命じられることはありません。
もちろんノルマもないので、ゆとりをもってマイペースで勤務することが可能です。これならば家族サービスする時間も確保できますし、シニアや女性の方でも負担を最小限に抑えて働くことができます。また東京都内の地理に詳しくない初心者の方でも、研修中に詳しい道路事情を学べる他、全車両にカーナビを搭載しているので心配ありません。

さらに運転経験が浅い方であっても大丈夫。日本交通では運転経験の長短に関わらず、入社すれば誰であっても、まずは慣らし運転のカリキュラムを経験します。実際にこのカリキュラムを通じて、初心者の多くの方がプロのタクシードライバーとして勤務しています。したがってペーパードライバーの主婦であっても、あるいは免許を取得して間もないビギナーの方でも、あまり心配する必要はないでしょう。

そのうえ、タクシー運転に必要な2種免許取得の費用についても、会社が全額負担してくれるので助かります。福利厚生については社会保険完備はもちろん、慶弔見舞いや無事故表彰他諸制度の他、年次有給や特別休暇制度、保養所等の施設利用までバッチリそろっています。

0