日本交通はアプリ導入や有名企業とのコラボも多く、知名度が高い上に働きやすい環境です。

日本交通はアプリ導入や有名企業とのコラボも多く、知名度が高い上に働きやすい環境です。

タクシードライバーへ転職しようと考えている場合、どのような点を考慮してタクシー会社を選びますか。
収入の面で選ぶ方が多いかと思いますが、働きやすさも重要です。

今回は働きやすい環境として定評がある日本交通について紹介します。

働きやすい環境の日本交通

老舗最大手である日本交通は、タクシードライバーの働きやすい環境を維持するために様々な取り組みを行っています。
未経験でタクシードライバーに転職しようと思っている場合、ちゃんと働くことができるか不安になりませんか。

日本交通では教育・研修制度が充実しており、未経験者は1ヶ月間じっくり研修をすることができます。研修期間中は未経験者向けに運転や接客、地理などについて丁寧に教えてもらえるので安心です。
また、研修期間中も1万円の日当と交通費が支給されるので、生活費に困ることはありません。
他にも日本交通では第2種免許の取得や班長同乗指導など様々な手厚いサポートがあります。

タクシードライバーというと、朝から晩まで働いて休みが少ないというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
日本交通では法定外の残業はありません。また、事前申告のシフト制なので、休みが多くプライベートが充実しています。

確かに勤務日は1乗務15.5~18時間働くことになりますが、翌日は必ず休みになります。
また勤務時間中も3時間の休憩・仮眠をとるので、無理なく働くことができるのです。

日本交通って収入の面ではどうなの?

タクシードライバーへ転職を考えているのであれば、どのくらいの収入をもらえるかどうかが気になるのではないでしょうか。

日本交通は働きやすい環境でありながら、給与が高いといわれています。

なぜなら日本交通では未経験で入社して1年目の平均年収が420万円、入社後3ヶ月間は月給40万円を保証してくれるからです。
他の業界であれば未経験でこんなに給料をもらえるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

日本交通では運転スキルよりも接客を大切にしているので、学歴や経歴を不問で採用を行っています。

また、女性や年配の方も積極的に採用しているので、子育て中の女性や50代以上の方でも高収入を得るチャンスがあるのです。
もちろん、前職がフリーターやアルバイトの方でも、努力した分だけ収入を上げることができます。

日本交通のタクシードライバーの最高年収は789万円、給与形態は歩合制なので、経験年数は関係ありません。入社1年目でも売り上げによっては、ベテラン以上の収入を得ることも可能です。
さらに日本交通は全員正社員雇用なので、安定した収入が得られます。

もし収入などに不満があれば、各営業所ごとにある労働組合に相談することもできます。

アプリを導入など日本交通の幅広い取り組みとは?

日本交通ではアプリ導入をして配車をスムーズにするサービスを行っています。

日本交通の配車をアプリで行いたい場合は、配車アプリ 全国タクシーから利用することができます。
操作は簡単で、タクシーのお迎え先を地図上で指定するだけです。電話で配車を頼むと、なかなかつながりにくかったり、説明が難しかったりするので、アプリのサービスは利便性があるのではないでしょうか。さらにこのアプリを利用すれば、現在地から目的地までの概算料金を調べることができる便利な機能もあります。

日本交通では、このような便利なアプリを導入しているので、売り上げにつながっているのです。

他にも日本交通では売り上げにつながる幅広い取り組みを行っています。
取り組みの一つである観光タクシーは、外国人や地方から来る高齢の方に対して、都内の観光名所を案内するサービスです。
英語のスキルがあれば、それを活かすことができます。

キッズタクシーは子どもの病院の送迎や塾や習い事の送迎などを行います。
子育て中の女性ドライバーなどが活躍できるサービスです。

ケアタクシーは高齢の方や身体が不自由な方のお出かけをサポートするサービスです。
前職で介護の仕事を経験しているのであれば、その経験を活かせます。

日本交通は知名度が高い企業です。

日本交通は有名企業とのコラボをして、定期的にプロモーションを行う企業です。有名企業とのコラボを行う場合、タクシーの外装も特別仕様になります。
特別仕様になった外装は、通行人の目を引きやすく、まるで走るプロモーションのようです。

このように日本交通は注目を浴びることが多く、知名度が高いタクシー会社といえます。90年の歴史を持つ老舗のタクシー会社でありながら、新しい取り組みを積極的に行う日本交通は、柔軟性のある企業といえるのではないでしょうか。

しかし、日本交通は新しい取り組みだけをしている企業ではありません。
日本交通では接客をとても大切にしている企業なので、リピーターが多いという特徴があります。

こだわりのある接客として、迎車の連絡を受けたら迅速に出迎えることを行っています。他にも丁寧なドアサービスや社内での挨拶も欠かさず行います。
挨拶をする時はお客様の目をしっかり見て行うので好評です。

このように日本交通は接客を第一に考えて営業を行っているので、お客様が日本交通を選んで乗車いただけるのです。

お客様の中には「タクシーは日本交通しか乗らない」という方もいます。
このように思ってくれるお客様がいる日本交通は、とても働きがいがあるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシー業界の今までの常識を変えることにもなっているのが、日本交通の存在といえるのではないでしょうか。
日本交通では、若手ドライバーの育成に注力しています。

予め決められた休日や無理のない勤務時間などが、若者の就職先として選ばれる理由といえるでしょう。

しっかりと稼げる環境

タクシードライバーに若手が増えているという環境については、多くの人が感じているのではないでしょうか。
従前においては、どちらかというと中高年が多いというイメージが大勢を占めていたタクシー業界に変化の波が押し寄せているのかもしれません。

日本を代表するタクシー会社の一つである日本交通では、積極的に20代の若者の採用を強化しています。
むろん、ただ単に若者の採用を強化するといっても、簡単にいくわけではありません。
当事者である若者たちに就職先として魅力を持ってもらえるかどうかということが重要となってくるのです。

日本交通では、社内全体に若手が活躍できる環境を作り上げることを意識しており、強力におし進めてきました。

その結果として、徐々に若手社員が増えるようになったという結果につながっています。
では、具体的に若手が活躍できる環境とは、どのような環境なのかと疑問に思う人も多いかもしれません。

その答えとして挙げられるのは、未経験でも本人の努力次第で稼ぐことができるという点や勤務時間などが予めしっかりと決められており、プライベートな時間が持てるという点などが挙げられます。

日本交通の際立つ魅力!オンオフの切り替えができる

日本交通で勤務する若手が増える主な要因になっているのが、予め勤務時間が決められているという点が挙げられます。
現代の若者の仕事に対する考え方などをしっかりと把握しているといえる取り組みといえるのではないでしょうか。

休みや残業が明確になっているからプライベート充実することになるといえるでしょう。とりわけ、若者にとっては友達との遊びや自由な時間を大切にしたいという思いが多いことは容易に推測することができます。
オンオフのメリハリがつくことで、仕事に対する前向きな気持ちやモチベーションも維持できることにつながるともいえます。

日本交通では、若者に限らず、全てのドライバーの勤務時間の適正な管理に努めていることでも知られています。
法定外残業やサービス残業は一切ないという点にもこだわりを持って臨んでいるのです。

タクシー会社をめぐっては、まだまだドライバーへの不当な扱いなどの問題が残っていのが現状です。
立場の弱い従業員に対して過剰労働やサービス残業の強要などを求めるタクシー会社も散見されます。

日本交通では、そのようなことが一切ないことも若手に人気を集める理由といえます。

同世代よりも多く稼げる環境

日本交通の特徴として新卒採用を積極的に行うという点もあります。この点についても日本交通に若手ドライバーが多いことの理由になっているといえるでしょう。
新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということも、日本交通で勤務することのメリットといえるのではないでしょうか。

日本交通では、新卒採用者に対しての研修制度なども充実しており、社会人としての経験がないことも見据えた上での教育をしています。
都内にも多くのタクシー会社がありますが、日本交通のように研修制度が充実している会社は他に類を見ないといっても過言ではありません。

確かに研修の時間は設けているものの、極めて形式的なものに終わってしまっているというケースが大勢を占めているのが実態かもしれません。

日本交通では、新卒採用者を一からしっかりと育てることが、本人はもとより、タクシー業界全体にとってもプラスに寄与すると考えているのです。

タクシードライバーとしてのスキルを身につけることで、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということにもつながります。

現に他の業界に勤務している同世代と比較しても、年収が多いという若手ドライバーが目立ちます。

長きにわたって活躍できるタクシードライバー

若者の就職先として日本交通が選ばれる理由にもなっているのが、タクシーは将来を見据えた働き方ができるという点にもあります。

当然ながら、若者といえども、将来の自分のあるべき姿などを念頭に置いた就職先選びをすることになります。
今が良ければ良いというような考え方をする人はいないといっても過言ではないでしょう。

新卒採用で入社する際には、独身であっても、将来的には結婚して家庭を築くなどという将来像を思い描くことも大切なことではないでしょうか。
子供を設けてマイホームを購入したいなどの夢や目標を掲げている人も多いはずです。

日本交通では、新卒採用をした社員が、将来も安心して勤務することができるような環境づくりにも積極的に注力しています。

タクシードライバーとして、運転のスキルやテクニックを身につけるということ以外にも、時代の流れを先読みしたさまざまな取り組みをしているのも特徴の一つです。

例えば、グローバル社会を視野に入れての取り組みとして英会話の習得や、高齢化社会に向けての介護タクシーの導入など、タクシードライバーとして長きにわたって活躍することができるようにサポート体制を盤石なものにしようとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都内こそタクシーが一番稼げる環境!そして稼ぎやすい会社は日本交通!業界最大手の日本交通で確実に稼ぐ!

東京都内こそタクシーが一番稼げる環境!そして稼ぎやすい会社は日本交通!業界最大手の日本交通で確実に稼ぐ!

これから東京都内でタクシードライバーとして働きたい方もいるはずです。
ところが異業種から転職する未経験の方や、体力的に自信のない中高年の方にとっては、何かと不安がつきまとい、なかなか一歩が踏み出せないかもしれません。

そこで働きやすさで定評のある、業界最大手の日本交通について、ここでは紹介しましょう。

業界最大手にふさわしい、恵まれた給与水準!

タクシードライバーへ転職する際に最も気になるのが、やはり収入面ではないでしょうか。
特にタクシー業界の場合、歩合制を採用している会社が大多数を占めます。そのためタクシードライバーの給与については、世間一般では不安定なイメージを持たれているのもまた事実でしょう。ただし業界最大手の日本交通であれば、この点は心配ありません。
入社1年目のドライバーを見てみると、日本交通の平均年収は420万円という、業界でもトップクラスの数値を誇ります。
さらに翌年には平均450万円台にアップし、入社6年目を迎えるころには年収790万円を目指せる環境も見えてきます。

このように世間のイメージとは大きく異なる、嬉しい現実がここにあります。とは言え、やはり仕事やスキルに慣れない入社1年目は、なかなか売上げに結びつかず、収入面で厳しいこともあるでしょう。

そこで日本交通では、入社3ヶ月までは月収40万円の給与保証により、不慣れな新入社員もしっかりと経済的にサポートします。

さらにタクシードライバーに必須である第二種運転免許の取得費用も、会社が全額負担します。
これならば仕事に慣れるまで収入を気にすることなく、集中して業務に励むことができるでしょう。

高い売上げを可能にする、優れた研修体制!

入社1年目から業界トップクラスの給与水準で、確実に稼ぐことのできる日本交通。その理由は入社直後の研修段階から、既に見ることができます。
まず入社して最初の1ヶ月は、会社の所有する研修所で講義や実習を受けることになります。

ここでは熟練の専門講師や教官によって、タクシードライバーに必須である第2種免許取得に向けての講義をはじめ、地理のマスターや運転スキル、さらには接客スキルや営業ノウハウまで、幅広く徹底的に指導が行われます。
そのうえで見逃せないのは、いかに売上げに結びつくことができるのかという視点で、研修期間中の講義や実習が一貫していることです。

例えば地理講習の際にも、効率よく目的地まで進める道順や近道はもちろん、お客さんが多いエリアや時間帯についても、しっかりとマスターします。
また各地域の営業所に配属後も、ベテランの班長の下で売上げにつながる実地指導を受けたり、営業所の集計データをベースにして、新人のための定期的な勉強会なども開かれます。

このように少しでも早く売上げに結びつき、即戦力となるドライバーを養成するので、地理に不慣れな方や業界未経験者の方でも、どんどん稼ぐことが可能になります。

業界最大手だからこそ可能な、充実の集客システム!

歩合制のタクシードライバーは、努力次第でいくらでも稼ぐことができる職業です。
ただしいくら努力しても、それに応えるだけのサポート環境がなければ、コンスタントに稼ぎ続けることは難しいでしょう。

この点、業界最大手の日本交通では、入社1年目からでもコンスタントに継続して売上げに結びつく、多彩な集客システムを構築しているので心配ありません。

例えば、東京都内というタクシーが一番稼げる環境や立地の中で、さらに都内30か所以上の専用乗場を各エリアの主要拠点に設置。このため、お客を探しながらの流し営業とは異なり、時間を無駄にすることなく、効率よくお客を拾うことができます。

また官公庁や大企業をはじめとした、数多くの法人とチケット契約を結んでいることも、業界最大手の日本交通だからこそできる集客システムの1つ。

チケット利用のお客は単価も高い傾向にあるので、1回の乗車でもスムーズに売上げ向上に貢献します。この他にも独自の専用アプリを採用することで、業界でもトップクラスの無線配車を実現しており、スピーディーかつピンポイントでお客の所在地に駆けつけることも可能です。

このように、稼ぎやすい会社は日本交通と言われても納得できる、充実の集客システムがそろっています。

中高年や女性の方でも働きやすい環境!

せっかくプロのタクシードライバーとしてスタートを切るのであれば、いつまでも長く継続して働きたいものです。

そのためには社員を大切にする、恵まれた職場環境が不可欠であることは言うまでもありません。
この点、日本交通には勤務シフトから福利厚生に至るまで、社員の働きやすい環境をサポートする、様々な制度や取り組みがあります。

勤務については営業中の休憩や仮眠を徹底し、法定外の残業は一切ありません。
また夜勤のある勤務シフトについても、仕事の翌日には必ず明番や公休日を入れて、ドライバーの心身に負担のないように配慮しています。

プライベートな時間もしっかりと確保できるので、家族との団らんや友人とのレジャーなど、理想的なワークライフバランスを実現できます。

福利厚生については、健康保険や労災保険など各種社会保険の完備はもちろん、年次有給や産休育休などの休暇制度もバッチリです。
さらに社内には女性専用の休憩室や仮眠室もあり、女性が働きやすい環境が整っています。この他にも、財形貯蓄制度や無事故表彰制度、さらには自社工場によるマイカー車検修理割引制度といった、経済的なサポート体制も充実しています。

これからタクシードライバーへの転職を考えている方には、業界最大手の日本交通こそ、まさにおすすめの職場と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アプリ導入、有名企業とのコラボと業界で知名度が高い会社!働きやすい環境の日本交通について紹介

アプリ導入、有名企業とのコラボと業界で知名度が高い会社!働きやすい環境の日本交通について紹介

数多いタクシー会社の中で、業界をリードしている会社が「日本交通」です。
歴史と実績のあるこのタクシー会社は、全国1万5,000以上もあるといわれるタクシー会社の中で、常に売り上げナンバー1を記録しています。

なぜ日本交通が業界を牽引する存在でいられるのか、日本交通の特色について紹介します。

スマホの簡単操作でタクシーが呼び出せる「全国タクシー」アプリ

現在ほとんどの人がスマホを所有している時代です。そんな時代にいち早く対応したのが日本交通です。
日本交通は新しい配車サービス「配車アプリ 全国タクシー」というアプリ導入を行っています。

通常、タクシーに乗車するにはタクシー乗り場や駅前のターミナルに止まるタクシーに声をかける、あるいは電話で呼び出すなどの方法でした。

しかしスマホアプリ「全国タクシー」をダウンロードすればこのアプリと提携している、全国47都道府県のタクシー会社163グループの約3万台のタクシーの呼び出しが可能になっています。
GPS機能によりお客様が現在いる場所を察知し、その場所に最も近いタクシーがすぐに駆けつけるという流れです。

従来の電話連絡の場合は「電話での口頭で場所を説明するため面倒」、「電話がつながらない時がある」、「通話料がかかる」などのデメリットがありました。
しかしこの全国タクシーアプリを使用すれば、それらの不満点は解消されます。このアプリはAppleStore、Google playなどでダウンロードでき、Apple Payでの支払いにも対応しています。

またLINEで呼び出しができる「LINE TAXI」のサービスにも対応しているのが日本交通なのです。

あのアイドルともコラボ?日本交通のメディア戦略

日本交通の特色といえば有名芸能人、有名企業とのコラボです。多くの話題を集めたのが、あの国民的人気アイドル「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんとのコラボです。
2016年きゃりーさんのアルバム「KPPBEST」の発売を記念して、日本交通の特別仕様タクシー「KPPBEST号」が誕生しました。
このタクシーは車体全体がピンク色で、期間限定で3台のKPPBEST号が都内を運行しました。
派手な外観は街で目立つため、twitterなどのSNSでは多くの反応があり、中でも多かったのが「ピンク色できゃりーらしくて可愛い」という女性からの意見です。

このように人気アイドルに合わせたコラボをする柔軟な姿勢が日本交通の良いところです。

そして大塚製薬とのコラボも行っています。タクシーの街灯がポカリスエットになっている「ポカリタクシー」の運行が話題となりました。
コラボ期間中は日本交通タクシー車内にタブレットが設置され、そこに流れるCMを全部観るとポカリスエット1本がもらえる権利が得られるというサービスを実施し、好評を得ました。

またP&Gのファブリーズ、サントリーの伊右衛門とのコラボなど、数々の企業、芸能人と積極的にコラボを実施しています。
定期的にプロモーションを行うことで、消費者の皆様を楽しませているのが日本交通の特色です。

大手なので働きやすい環境が整っている!

日本交通で働くメリットは、休みが多くプライベートが充実するという点です。
シフトを自分の都合によって組めるので、自分の休みたい時にまとまった連休を取ることが可能です。

仕事をすればするだけ収入アップとなる歩合制のシステムなので、休みが多いとそれだけ収入は下がりますが、その分出勤日に多めに時間的稼働をする、などのバランスを取れるのが有利な点です。

また業界をリードする大手の会社である日本交通は、労働環境が整っている働きやすい環境が用意されていることで有名です。
各種保険など従業員のバックアップも万全なのが日本交通なのです。そして知名度が高いために、何度も利用してくれるリピーターが多いのも特徴です。

日本交通にはタクシーだけでなく、ハイヤーのシステムがありますが、日本交通を選んで乗車いただけるお客様を多数抱えているのが、日本交通の強みです。

ハイヤーの常連客では、企業の社長や大きな会社の役職の方がリピーターとして利用してくれます。
このようなお客様はVIP扱いとなりますが、VIP専属ドライバーになれば、わずかな労働時間で給与が高い乗務員になれることもあります。

お客様の立場になって行うサービスの充実

日本交通では「おもてなし」の精神、ホスピタリティを追求したサービスをお客様に提供するため、徹底した研修制度を設けています。
その研修により運転技術だけでなく、接客業としてのタクシー乗務員の心がまえを教育します。

常にお客様の立場になってサービスを行うのが日本交通の特色です。また女性ドライバーも多いのが日本交通の特徴で、女性でも働きやすい環境の提供、バックアップを行っています。

そして日本交通が力を入れているのが、介護業界への進出です。
日本交通は、将来的にますます拡大する介護社会、あるいは高齢化社会を見据えたサービスに取り組んでいます。
それは高齢者、介護が必要で身体の不自由な方々に特化した「サポートタクシー」のサービスです。お客様の通院や買い物などの付き添いに、乗り心地が良く乗り入れが楽な車を用意し、お客様をサポートします。

サポートドライバーは介護に関する資格所有者が担当します。サポートドライバーが持っている確かな知識をもとに、お客様の送り迎えだけでなく生活もサポートするのが、サポートタクシーの狙いです。
このように日本交通は、タクシー業務だけでなく、将来的に必要となる介護業界への進出も積極的に行っています。

タクシー業界だけにとどまらない新たな挑戦、お客様へのおもてなしを考慮したサービスの数々の実践、そして社内での働きやすい環境の提供などが、多くのお客様、社内の従業員から信頼されている要因なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

知名度抜群!実力はお墨付き!タクシードライバーをするなら同業他社の中でもNo.1の日本交通で!

知名度抜群!実力はお墨付き!タクシードライバーをするなら同業他社の中でもNo.1の日本交通で!

タクシードライバーへの転職を考えてはいるけれども、未経験ということもあり、なかなか決断できない方もいるはずです。

そこでおすすめなのが日本交通です。
業界最大手なので、他社には見られない安心感やメリットがたくさんあります。

ここではそんな日本交通のタクシードライバーについて紹介します。

入社1年目からでも高収入を実現!

タクシードライバーへの転職を考える人にとって、やはり転職先での収入については気になるところでしょう。
この点、業界内でも「稼げる」と評判の会社で知られる、日本交通なら大丈夫です。

未経験の方でも入社1年目から平均年収420万円を達成。
さらに2年目は平均450万円へとアップし、入社6年にもなると全ドライバーの最高年収が664万円に達します。

このように未経験のスタートからでも、努力次第でどんどん稼げるのがこの業界の魅力です。
そしてそれを実現するには、知名度抜群で同業他社の中でもNo.1の売上げ実績を誇る、日本交通こそ一番の近道です。

タクシードライバーとして働くには最高の環境として、業界内でもその実力はお墨付きです。とは言え、未経験者の方が仕事に慣れるまでは多少の時間を必要とし、収入が不安定になりがちなのもまた事実です。

しかしこの点についても、日本交通なら安心です。
入社して最初の3ヶ月間は、月給40万円の保証制度でしっかりとフォローします

これなら仕事に慣れるまで余裕をもって働くことができます。もちろん研修制度やサポート体制もバッチリなので、給与保証期間が過ぎた後でも心配する必要はありません。

未経験者でもしっかり稼げる充実した研修体制があります!

未経験者の方でも安定して稼げるのには、もちろん理由があります。
まず入社すると、じっくりと1ヶ月の新人研修を受けることになります。

ここで、タクシードライバーには必須の第2種免許を取得する他、運転スキルや接客スキルをはじめ、地理のマスターや営業ノウハウを習得します。
研修では単に運転や接客のスキルを学ぶだけではなく、いかにして売上げにつなげて向上できるかを、みっちりトレーニングします。

例えば地理研修においては、効率のよい早道や近道はもちろんお客さんが多いエリアについても、座学や実地研修を通じて徹底的に学びます。

さらに営業所に配属された後も、時間帯ごとにお客様が多い道やエリアの集計データをベースにして、新人のための勉強会を開催しています。

あるいはベテランの班長が必ず同乗し、売上げにつながる指導を直接受けます。

このように売上げに直結した研修体制なので、未経験者の方はもちろん、地方から出てきて地理に不慣れな方でも、速やかに安定して稼げるようになります。

なお既にタクシードライバーの経験者であれば、研修期間は10日間で済むので、直ぐに路上に出て営業することが可能です。

業界最大手だからこそ、稼ぎやすい仕組みがそろっています!

日本交通では研修体制以外にも、安定して高い稼ぎにつながる仕組みがまだまだあります。
優れた集客システムを構築しているのもその1つ。

都内の主要拠点には幾つもの専用乗り場を設置しているので、流し営業のようにお客様を探すための時間を無駄にすることなく、スムーズかつスピーディにお客様を拾えます。

また信頼と実績ある日本交通では、数多くの企業や官公庁とチケット契約を結んでおり、長距離を移動する客単価の高いお客様を、コンスタントに乗せる機会が沢山あります。

さらにスマホから専用アプリでタクシーを呼べるシステムを開発することで、IT社会に対応した効率のよい配車を実現します。

このため無線配車については、月間約30万件という同業他社の中でもNo.1の実績を誇ります。
その他にも観光案内や介護ケアサービスをはじめ、定期送迎サービスや大口の専属ドライバーなど、専門分野に特化したタクシードライバーのスペシャリストになれば、さらに高い収入も期待できます。

まさにタクシー業界の未来を創るリーディングカンパニーの日本交通だからこそ、幅広く優れた集客システムがあると言えるでしょう。

ただ稼げるだけではない、働きやすい環境があります!

知名度抜群で業界最大手の日本交通には単に稼げるだけではく、終身雇用でいつまでも末永く仕事を継続できるように、福利厚生も充実していて働きやすい環境があります。
健康保険や年金保険といった各種社会保険の完備はもちろん、年次有給をはじめ育児休暇などの特別休暇制度もバッチリそろっています。

また観光スポットに会社の保養所も設置しているので、休暇期間中にレジャーや観光などで気分をリフレッシュすることもできます。
この他にも財形貯蓄制度や慶弔見舞いをはじめ、無事故表彰など様々な制度によって、社員やその家族の生活を経済面からサポートする体制を備えます。

勤務中には3時間の休憩や仮眠を厳守しており、法定外の残業は厳禁となっています。
また勤務日の翌日は必ず明番や公休などの休みが入るシフト制を採用し、家族と過ごしたり趣味に時間を費やせるように、ワークライフバランスの実現に力を入れています。

このように無理なくマイペースで働ける環境があるので、体力に自信のないシニアの方や女性の方でも安心して働くことが可能です。

日本交通が中途だけでなく新卒採用もしていて会社の評判も良いのは、まさにこうした稼ぎやすくて働きやすい環境があるからと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

採用厳しいってホント?高給与とキャリアアップも狙える?車輌設備充実の日本交通の秘密

採用厳しいってホント?高給与とキャリアアップも狙える?車輌設備充実の日本交通の秘密

東京都内の大手タクシー会社の中でも、日本交通の採用は厳しいと言われています。
しかし、どうしてなかなか採用されないのでしょうか。

そこで今回は日本交通の採用の裏に隠された秘密を紹介しながら、日本交通のキャリアアップについても紹介します。

採用が厳しい?日本交通への転職事情

東京都内の大手のタクシー会社の中でも、日本交通は「採用厳しい」といった声が多く聞かれています。
転職希望者の中にはこういった意見にマイナスなイメージを感じてしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、日本交通の厳しい採用の裏にはお客さまへの徹底したサービスへの取り組みが隠されています。

というのも、都内大手4社のひとつに数えられるほどに知名度の高い日本交通は、接客面において非常に高い評価を得ている会社です。
そのため、一定のレベル以上の接客が出来ない人材であると判断される場合には面接で落とされてしまうことがあります。

言いかえれば会社の評価を下げないため、しっかりとした人材選びを行っているのです。

ですので、もし日本交通の採用試験に合格した場合には、お客さまに満足してもらえるサービスが提供できる人材であると評価されたと考えましょう。
そうすることで自信を持って仕事にのぞめます。

また、日本交通では新人研修もしっかり行っているため、若い人にとっても一から接客について学ぶことが可能です。
そういった厳しい研修を受け一人前のドライバーになった際には高給与をもらえる可能性も大いに期待できます。

大手だから得られるメリット

日本交通は知名度の高い大手のタクシー会社であるため、車輌設備充実しているのも特徴です。
この車輌設備の充実は効率よく乗客を獲得するためには欠かせないツールであるといえるでしょう。

車輌設備にはカーナビの搭載や、クレジットカード払いに対応していること、配車アプリなどがあげられます。
まずカーナビを搭載した車であると土地勘のない目的地にもお客さまを送り届けることができます。

例えば、東京都内から土地勘のない神奈川県まで乗車したいというお客さまであっても、不安なく目的地まで送り届けられるでしょう。
また、都内から神奈川県であればかなりの長距離であるため、ドライバーの売上に大きく貢献します。

もしカーナビがなければ乗車を断ることもあるかもしれません。
また、クレジットカードの支払いも同様で、長距離のお客さまの場合には現金を持ち合わせていないこともよくあります。

そのためクレジットカードで支払いができない場合にはお客さまはそのタクシーを選んではくれません。
このようにせっかくのお客さまを逃してしまわないためにも車輌設備充実は非常に大切なのです。

こういった理由からも日本交通は最大手だから働きやすい会社であるといえます。

キャリアアップも可能!上を目指すなら日本交通

日本交通のタクシードライバーは一般ドライバーとして仕事を開始しますが、経験を積むことで黒タクドライバー、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)へのキャリアアップが可能です。
一般ドライバーの間は街中で見かけることの多い黄色のタクシーですが、黒タクドライバーに昇格するとトヨタのクラウンの運転を任されます。

車の外見も一気にランクアップすることで、仕事へのモチベーションが上がるとドライバーの間でも人気があります。
さらに黒タクでは、無線での呼び出し数が増えますのでより効率よく顧客が獲得でき、お客さまにも特別な車内空間を楽しんでもらえるようになります。
黒タクを経験し、ドライバーとしてさらにランクアップすると専門ドライバーとしての資格に挑戦できます。

専門ドライバーになると自発的にお客さまへのサービスが提案できるようになり、より上質なサービスが提供できるようになるでしょう。

また、タクシードライバーとして現場に出るだけでなく、運行管理者や人事といった管理職へのキャリアアップも可能です。

タクシードライバーから所長を目指せる仕事でもありますので、常に高い目標を持って仕事に励めるともいえるでしょう。

やりがいが感じられる仕事はやっぱり楽しい!

日本交通のエキスパート・ドライバー・サービスには東京観光タクシーやキッズタクシー、サポートタクシーなどがあり、それぞれの分野において専門的な知識を身につけたドライバーが活躍しています。
そのなかでも東京観光タクシーでは、お客さまを目的地にお連れするだけでなく観光地のガイドも担当します。
そのため、東京の観光地に対する知識を十分に持ち合わせている必要があり、歴史などについてもしっかりと学んでおかなければいけません。

ですので東京観光タクシーを担当するドライバーは、東京シティーガイド検定を受験するなど日々お客さまに満足のいくガイド業務ができるよう日々勉強に励んでいます。
そういった努力は必要ですが、エキスパート・ドライバー・サービスになると流しなどに比べても非常に稼ぎやすいことから年収790万を目指せるようにもなり、がんばった分が給与や評価で認められるようになります。

頑張り次第で高い給与が期待できる日本交通はドライバーが常に向上心をもって仕事に励んでいます。
他のドライバーにとってもいい刺激が与えられていることから社員の質も高いと評判で、常に上を目指し続けられる環境です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

タクシー乗務員への転職の際に知っておきたい大日本帝国について~東京都内の大手4社:大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の特徴

東京都内には、大手とされているタクシー会社が4社存在し、これらを構成する大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の頭文字をとって大日本帝国と呼ばれています。今回はこの大手4社の特徴を紹介するので、転職の際の参考にしてみてください。

大和自動車交通の特徴

昭和14年に設立された大和自動車交通株式会社は大和タクシーとも呼ばれ、東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市、立川市、などでも営業を行っています。連結会社や提携会社を併せたタクシーの台数は約2,400台を数え、他にもハイヤー・福祉ハイヤーを保有しています。タクシー業界では初めて株式市場に上場した企業で、現在は東証2部に上場しています。株式が市場で取引される上場を行うためには、安定的な経営が欠かせませんが、これによって資金を入手することができます。よって、経営が安定しており、豊富な資金を持っていることが覗えます。

「大和のおもてなし」の理念の下、サービスの向上に努めており、夜勤のない昼日勤の設置やセキュリティの完備、産休制度や育児休暇といった福利厚生の充実が特徴的です。このため、新卒や中途採用だけでなく、女性でも安心して働くことができ、採用にも積極的です。

給与の固定額は18万円で、歩合率は59%程度となっており、25万円以上の月収が見込めます。ボーナスは年に3回あり、入社して3ヶ月間は月32万円の給与保証が設けられています。また、東京都23区内営業所においては、1年の内4ヶ月間に40万円か、6ヶ月間で35万円の給与保証制度があります

日本交通の特徴

“日本交通株式会社は、全国12,500社の企業と契約し、「大日本帝国」の中でも最多のタクシーを保有する、この業界において最も安定したトップクラスの企業といえます。特定のタクシー会社しか乗り入れることができない「専用乗り場」が、東京都内に28ヶ所と他の大手タクシー4社と比べて最多の設置数で、ドライバーが乗客を見つけやすいのも強みの一つです。

「徳を残そう」の社是の下サービスを展開していて、新卒やI・Uターン者などを、年齢や性別にかかわらず幅広く採用しています。独自に開発した「全国タクシー配車」というアプリで円滑な配車を実現しているのに加え、最短10日で2種免許を無料で取得できるシステムが設けられています。他にも、稼げるタクシー乗務員になるため、力の入った教育が実施されています。

以上のような経緯から、給与の固定額は他社とあまり変わりませんが、トータルでの給与は高くなっているのが特徴です。具体的には、17万4,200円の固定給と率にして約62%の歩合給で、月46万円が目安となります。研修期間は日給1万円に交通費が支給され、研修後の3ヶ月間は月給40万円の保証があるので安心です。

帝都自動車の特徴

帝都自動車株式会社は、東京23区を中心とした都内14ヶ所にタクシー・ハイヤーの営業所を展開し、「帝都タクシー」の愛称で都民に親しまれています。「大日本帝国」の中では比較的規模が小さめで、タクシー保有台数も940台あまりとなっていますが、タクシー業界内において最大手の一角を占める企業であることに変わりはありません。

「人と人とをつなぐ架け橋」を企業理念に掲げ、21歳~64歳程度までであれば、経験や学歴、性別は問わず採用を行っており、最長で73歳まで就業が可能です。独身寮を設置し、交通費は3万円まで支給されるなど、待遇面や福利厚生が充実しており、社員のライフスタイルに寄り添った働きやすい環境が整っている会社です。
給与固定額は19万円で、これに歩合率約59%の歩合給や諸手当、交通費が支給されることで、月34万円~の収入を見込むことができます。賞与は年に3回で、優良運転者表彰制度が設けられているのに加え、最低給与の保証期間が比較的長く、6ヶ月で34万円が支給されます。ただし、研修期間中の給与は日に1万円(一部では7,000円)で、3万円までの交通費が付きます。

国際自動車の特徴

「kmタクシー」としても知られる国際自動車は大正9年に創業し、東京都をはじめ、埼玉、神奈川、千葉でも営業展開しています。また、タクシー事業に止まらず、「国際ハイヤー」や「ケイエム観光バス」といった事業も行っており、国賓の送迎なども手掛けています。

特徴的な制度としては、社員が会社の株式を定期的に購入することで、中長期の資産作りを支援してもらえる制度があります。加えて、会社からの感謝の気持ちを伝える場として、長年の勤続者への永年勤続表彰や、無事故表彰といった社内表彰制度が設けられています。さらに、「ベネフィット・ステーション」と呼ばれる、レジャーやグルメ、スポーツの他、介護など社員の家族も利用できる福利厚生サービスも揃っています。女性の採用に関しては、特設サイトが設置されており、積極的な女性の採用が行われています。全ドライバーに救命講習が課される他、運行管理者や衛生管理者、救急救命といった資格の取得に関するサポートも万全です。

給与については、固定額の18万円に加え、歩合率は59%ほどで、月給は約41万円となっています。年3回のボーナスがあり、配属後3ヶ月間は月に32万円給与を保証してもらえます。

0

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

東京都でタクシードライバー希望なら、日本交通や国際自動車など「大日本帝国」の大手4社で!

これから東京都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
その準備段階として、タクシー会社についての色々な豆知識を抑えておくことも大切。

そこでここでは、東京都内にある「大日本帝国」と呼ばれる、大手タクシー4社について紹介します。

タクシー業界における「大日本帝国」って何?

「大日本帝国」という言葉は誰でも1度は耳にしたことがあると思いますが、タクシー業界でこの言葉を使う場合には、通常一般に知られたものとは、ちょっと違う意味になります。タクシー業界では東京都内のタクシー大手4社である、大和自動車交通・日本交通・帝都自動車・国際自動車それぞれの頭文字を取って、「大日本帝国」と呼びます。

この大手4社は「東京四社営業委員会」という営業組織を組んで相互に連携し、共通チケットをはじめとしたクーポン券の発行や窓口業務を行っている他、無線配車でも協力関係にあります。

またタクシーの車体には球型行灯に加え、レモンイエローに赤帯の共通デザインを採用しており、業界では「四社カラー」と呼ばれています。ただし「黒タク」で知られるハイグレード車については、行灯の形状以外は統一したロゴや字体デザインにはなっていません。

また普通車であっても都区内や武蔵野、さらには三鷹以外の営業区域にある系列事業所では、必ずしも「四社カラー」を採用しておらず、車体のデザインにバラつきがあるので注意が必要です。いずれにしてもレモンイエローに赤帯のタクシーを見かけたら、「大日本帝国」の大手タクシー会社としてイメージしておけば何かと便利でしょう。

そもそも大手4社が「大日本帝国」になった経緯は?

今でこそタクシー業界を代表する大手4社ですが、その経緯を知るには、数多くのタクシー会社を吸収しながら集約された歴史を知る必要があります。
日本で最初に法人タクシーが誕生したのは、1912年(大正元年)の「タクシー自働車株式会社」が始まりと言われています。そして1921年(大正10年)ごろになると、第1次世界大戦後の不景気到来により、雇用対策として「流しの」個人タクシードライバーが急増。

しかし第2次世界大戦の勃発と長期化により燃料等の確保が難しくなり、個人のみならず法人でもタクシー経営が困難なります。そこで政府および軍部が主導し、当時の都内にあった56の法人および約4500台のタクシーを4社に集約して、輸送力という形で戦力に役立てようと企てました。その結果誕生したのが、現在の大手タクシー4社です。

1945年1月に16社を合併して誕生した大和自動車交通を皮切りに、帝都自動車は9社を、さらに国際自動車は12社を合併して誕生。最後は同年12月の日本交通の誕生へと至ります。また4つ社名についても、軍部が戦意高揚のため「大日本帝国」となるように、意図的に採用したとも言われています。戦時中は軍や重要産業をはじめとした、様々な分野でタクシーが活用されましたが、結局は空襲などにより、当初の4分の1の台数しか残りませんでした。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その1

一括りに「大日本帝国」といっても、大手4社それぞれの特徴や、給与を含めた勤務条件などは、当然のことながら異なります。そこでここからは、大手4社の各企業ついて詳しく見ることにしましょう。
まず大和自動車交通は東京23区をはじめ、武蔵野市や三鷹市などの近郊エリア、さらには立川市や府中市といった郊外エリアまで広くカバーする、都内有数の大手タクシー会社です。業界初の上場企業でもあり、経営の安定性や豊富な資金量が大きな強みの1つです。

また夜勤を伴わない日勤のみの時間帯を取り入れたり、育児休暇や産休制度等をはじめとする福利厚生も充実していることから、タクシードライバー希望の女性にはおすすめの会社です。

もう1つ紹介するのは、約90年の歴史をもつ信頼と実績の高い日本交通です。こちらは全国でも売り上げナンバーワンを誇り、国内でも最大手のタクシー会社として知られます。都内各所に専用乗り場を数多く有しているため、他社に比べて単価の高いお客を拾える確率に優れています。また接客の仕方や効率的なルートなど、売り上げを伸ばす教育を徹底していることから、他社よりも給与が高い傾向にあります。まさにドライバー未経験からでも、しっかりと稼ぎたい方にはピッタリです。

大手4社「大日本帝国」を、それぞれ詳しくチェック!その2

続けて紹介するのは、帝都自動車です。「大日本帝国」の中では最も保有台数が少なく、比較的規模が小さいながらも、歴史の長さや経営の安定性などから、業界内では最大手の一角を担います。

勤務条件として特徴的なのは、最長73歳までドライバーとして勤務できるなど、高齢者にも働きやすい環境を整えている点です。
また年3回の賞与や優良運転者表彰制度の他、他社に比べて最低給与保証期間が長く、ドライバー全体の待遇面でも恵まれた職場環境があります。

最後に紹介したいのは、kmタクシーでお馴染みの国際自動車です。こちらは東京都内を中心としつつも、埼玉県をはじめ神奈川県や千葉県など、一都三県にまたがって幅広く営業活動を展開する大手タクシー会社です。またタクシー事業以外にもハイヤー事業や観光バス事業、さらにかつては自動車教習所まで、手広く多角的な経営をすることで知られます。

勤務条件を見ると、レジャーやグルメからスポーツや介護まで、充実した福利厚生サービスがそろっています。また自社株購入制度によって、社員の中長期的な資産形成をサポートするなど、社員の健康や家族の幸せを大切にする働きやすい会社と言えます。

0

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京など大都市エリアではタクシーへのニーズが高く、ドライバーになりたい方にとっては勤務地として狙い目と言えるでしょう。

特に大手の有名タクシー会社であれば、福利厚生などもしっかりしているのでおすすめです。
ここではそんな大手有名タクシー会社の1つ、日本交通への転職について紹介します。

日本交通なら給与面で心配する必要はありません。

タクシードライバーへの転職を希望するにあたって、まず心配なのが給与面のことかと思います。
ここ数年の東京都におけるタクシードライバーの平均給与は、賞与も含めておよそ400万円前後で推移しています。この点、東京都の全産業男性労働者の平均年収が、平均700万円前後で推移していることを考えると、やはりタクシードライバーの給与が低いという印象は否めません。

しかしこれはあくまで平均給与の話。タクシードライバーの場合、通常のサラリーマンとは異なり、歩合制を基本としている職場がほとんどです。つまり頑張るほど売り上げにつながり、自分の給与に直接反映します。年収が400万円台のドライバーも多くいれば、600万円台のドライバーもいるのがこの業界です。ちなみに日本交通では、入社1年目の平均給与が420万円であり、2年目には平均で450万円に達します。入社わずかにして、既に東京都のタクシードライバーの平均給与水準をクリアーしているのは、注目に値するでしょう。

さらに入社5年目を超えると、年収が800万円近くにまでアップするドライバーも目立つようになります。世間一般でイメージされるタクシードライバーとは大きく異なる、嬉しい現実がここにあります。

入社1年目から給与面で有利になるのは理由があります。

そもそもなぜ日本交通であれば、1年目のドライバーでも平均水準以上の年収を稼げるのでしょうか?

その理由はズバリ、業界最大手ならではの優れた集客システムを構築しているからです。

例えば日本交通では、都内に35か所もの専用乗り場を設置しています。そして専用乗り場からのお客は単価が高いので、売り上げには有利に働きます。また大企業や官公庁をはじめとした、数多くの法人との取引実績が豊富な点も見逃せません。
特に約1万3千社とのチケット契約をしているので、単価の高いチケット利用のお客を安定して確保できるメリットがあります。さらに日本交通ではインターネット社会への取り組みも積極的に行っており、業界に先駆けてアプリでの配車を実施。これにより月間で約30万車という、業界でもトップクラスの無線配車を実現しています。もちろん無線配車を利用するお客の単価は高いので、売り上げに有利に直結するのは言うまでもありません。

このように業界最大手にふさわしい、幅広く多彩な集客システムを展開しているおかげで、入社間もないドライバーであっても、平均水準以上の年収をクリアーすることが可能です。
しかも入社して初めの3カ月までは、月収40万円という嬉しい給与保証付き。これなら初心者の方でも、安心してスタートを切ることができます。

キャリアアップへの手厚いサポート体制があります。

タクシードライバーへの転職で日本交通をおすすめする理由は、給与面だけではありません。

他社に比べてキャリアアップへのサポートが、格段に優れている点も無視できないメリットの1つです。
日本交通では「エキスパート・ドライバー」制度を採用しており、お客様への高いレスポンスと、きめ細かいホスピタリティによって、安心感のある高付加価値な乗車サービスを提供しています。具体的には「観光」「キッズ」「サポート」それぞれの専門分野に精通した乗務員が、受注から運行スケジュールの立案、さらには実際の送迎までをトータルに担当して、育児支援・バリアフリー・観光案内等の充実したサービスを提供します。

この専門乗務員へのキャリアアップに際しては、会社が一体となってバックアップします。例えばサポートタクシーの専門乗務員であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修などを、会社の費用負担によって受講できます。

この他にも東京観光ドライバー認定研修や東京シティガイド検定、さらには英検2級や東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修など、キャリアアップのための幅広いサポート体制がそろっています。

初心者をはじめ、シニアや女性の方でも安心して働けます。

給与面やキャリアアップの他に、勤務体制や福利厚生などで恵まれた職場環境があるのも、業界最大手の日本交通ならではです。勤務体制については事前申告による完全シフト制なので、シフト外で突発的に勤務を命じられることはありません。
もちろんノルマもないので、ゆとりをもってマイペースで勤務することが可能です。これならば家族サービスする時間も確保できますし、シニアや女性の方でも負担を最小限に抑えて働くことができます。また東京都内の地理に詳しくない初心者の方でも、研修中に詳しい道路事情を学べる他、全車両にカーナビを搭載しているので心配ありません。

さらに運転経験が浅い方であっても大丈夫。日本交通では運転経験の長短に関わらず、入社すれば誰であっても、まずは慣らし運転のカリキュラムを経験します。実際にこのカリキュラムを通じて、初心者の多くの方がプロのタクシードライバーとして勤務しています。したがってペーパードライバーの主婦であっても、あるいは免許を取得して間もないビギナーの方でも、あまり心配する必要はないでしょう。

そのうえ、タクシー運転に必要な2種免許取得の費用についても、会社が全額負担してくれるので助かります。福利厚生については社会保険完備はもちろん、慶弔見舞いや無事故表彰他諸制度の他、年次有給や特別休暇制度、保養所等の施設利用までバッチリそろっています。

0

40代の転職、理想の職場に出会えた話

日本交通池袋

40代の転職で、苦労しながらもベストな道を選ぶことが出来た44歳の女性の体験談をご紹介します。

転職するまでの苦悩
40代半ばの44歳、それなり年齢的に経験値を積んできました。そして結婚して専業主婦になりました。その後別居をして、離れていた社会に再び復帰しました。その時の職場では経理を担当しました。44歳の私が若手の環境で私を含め先輩と2名で経理室に隔離されている状況でした。
その先輩と折り合いが合わず、鬱病に近い状態にまで追い込まれてしまいました。そんな酷い状況の中、私は転職を考えました。私はかなりポジティブな人間でひどい状況でも平気なタイプですが、知らない間に疲弊していたようでした。

女の世界はストレスが多い
女性
前の職場は年齢層が高く、中心が「女子」なので、まるで映画かドラマのような世界が繰り広げられました。
ランチは会議室で女子全員で食べ、取引先からのお土産等々は、まず査定会議みたいになりました。「これはいくらいくらよね!」とか、「またコレ?」という会議があります。集団心理で、いただいた物は自分が美味しいと思っていてもあれこれと文句を言いながら食べないといけない、という流れが怖いなと思っていました。集団に外れてはいけないプレッシャーを感じていました。ですが、私はどんな状況でも「大丈夫」と思っていました。44歳という年齢で、就職先がすぐ見つかるのかという不安が社会人生活を支えていました。

40代女性の転職は不利だった
つらい状況で考えたのは2職種でした。同じ経理職と興味があったエンジニアです。ただ、40代で経理職なら、実務は当たり前、簿記3級も当たり前というところがほとんどです。簿記を取得していない、40代という年齢に年齢給を出さなければならない、大変厳しい状況でした。比較的安く雇える若手、実務経験が無くとも育てる価値がある人材を採用するわけで私は問題外でした。
エンジニアも考えましたが、未経験歓迎!なんて文句は若者に向けた言葉で、育てても対価が取りづらい世代は採用には至りませんでした。片っ端から受けましたが落とされてしまい、40代の女性の転職は本当に厳しかったです。

40代の転職で求める条件
多くの職場にある価値観は、若くて比較的賃金安くて会社好みに育てられる人材重視ということだと感じました。40代になると、ただがむしゃらに働くのは体力的に厳しかったり、アルバイトだととても不安が大きかったりします。長く出来る安定した仕事がしたいというのがこの世代の就活の1番大切な核ではないでしょうか。ただし、その1番大切な所を求めるのが難しいのがこの世代でもあります。私だけではなく、同じように苦しんでいる人は沢山いると思います。

40代の転職で活躍できる職場
女性
私が、最終的に見つけた職場は日本交通グループの池袋営業所でした。きっかけは、転職サイトに登録していて、仕事紹介のメールを頂いたことでした。最初は、私にタクシードライバーができるのかと不安が大きかったですが、面接を進めるにつれて、年齢や学歴などの表面的な事ではなく、自分の内面や今まで生きてきたことを評価して頂いている気持ちになって不安が消えていきました。入社してみて、女性に対する配慮や施設・設備も充実していて働きやすいと感じています。
昔の職場で感じていた女性の職場特有のストレスも皆無ですし、実は収入も前職に比べて増えました。タクシードライバーという仕事に就いて、年齢や学歴などの表面的なことではなく内面を見てくれた理由が分かってきました。お客様は、色々なバックグラウンドを持ってタクシーに乗車されます。自分自身の経験から、個性のあるサービスをそれぞれが考えていける仕事だと思います。ここにたどり着くまでに苦労しましたが、自分が求めていた長く出来る安定した仕事、楽しくできる仕事に、やっと巡り合えたと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0