有名企業とのコラボも行う知名度が高い日本交通!最新のアプリ導入によりサービスも充実!ドライバーにとっても働きやすい環境

有名企業とのコラボも行う知名度が高い日本交通!最新のアプリ導入によりサービスも充実!ドライバーにとっても働きやすい環境

タクシードライバーの仕事は「就業時間が長い」「給料が安い」などのイメージを持っていませんか。このページではタクシードライバーの毎日の業務や給料面、休日の有無などを説明します。その後、転職方法やおすすめの日本交通の企業内容を詳しく説明します。このページを読めばタクシー会社の就業状況がわかります。

タクシードライバーのメリット

給与が高い
タクシー運転手になって受け取ることが出来る月々の給料は正社員であれば固定給と共にボーナスも受けることが出来ます。更に、売り上げが上位であれば歩合制の料金もその給料に上乗せすることが出来ます。したがって、固定給によって安心して安定的な生活を送ることが出来ますし、更に稼ぎたいという意思があれば自身の心がけ次第で受け取れる給料もアップさせることが出来ます。

休みが多い
体力的にきついと思われるタクシーの運転手ですが、休日に関しては多く取ることも出来ます。タクシー運転手は1日働いた後、翌日は必ず休まなければなりません。これは規則です。更に、1月の間に連休を3~4回ほど取ることも出来ますので、月の半分以上は休んでいるという計算になります。タクシー運転手は休みが多くプライベートが充実した仕事です。

煩わしい人間関係がない
タクシードライバーの1日を簡単に説明すると、朝から営業所で点呼を行い、その後個々人が業務を開始するために方々へ出かけていきます。そして、1日の業務を終えた後はそれぞれが営業所に戻りその日の売り上げ等を納金して終わりになります。営業所のデスクは非常に忙しいタイミングなどはありますがドライバーにとってそのことは気にする必要はなりません。働いている人の多くの悩みの一つが職場の人間関係です。そういった、煩わしい人間関係に関しては気にする必要はなく働きやすい環境です。

タクシー運転手の転職方法

タクシー運転手専門の転職会社を利用する
転職全般に関して、現在では転職サイトを利用して転職をするという方法が増えてきています。タクシーのドライバーに関しては専門の転職会社もあります。転職会社では専門のスタッフが自身と求人先とを繋げてくれるので有利に転職を進めていくことが出来ます。又、担当スタッフに自身の要望や生活状況を伝えることが出来ます。更に、面接などのアドバイスも行ってくれますので安心して試験に臨むことが出来るようになります。その為に、転職後も自身に合った職場環境や条件で働き続けることも可能になります。しかし、転職が決まった後で、転職会社に成功報酬を支払わなければならないので、転職の為にお金が必要になります。

就職希望先のホームページをみる
タクシー会社にはいくつもの大手会社があります。インターネットのホームページで求人募集を行っている会社を探して応募するという方法もあります。直接、会社に連絡をして転職試験を受けるという方法ですが注意も必要です。会社によっては、人手不足の状態で尚且つ利益を上げることに重きを開いている会社もあります。そういった会社に転職してしまうと福利厚生などがはっきりしていないなどの給料面での問題や、長時間の労働を強制してくるような会社もあります。自身でタクシー会社を選ぶ場合は慎重に調べてから面接に臨みましょう。

タクシー運転手で稼ぐために必要なスキルを身につける

交通状況の把握
タクシー運転手に転職してから最初の1カ月ほどは研修期間として、第二種免許の取得と共に都内の地理を学びます。タクシー運転手である以上、地理の把握は勿論です。しかし、地理の把握とはいっても単純に地図を覚えるだけではありません。渋滞の状況やどの時間帯にどの場所に利用客が集中するのか、と言ったことも把握しておかなければサービスに対しても売り上げに対しても不利になっていきます。又、観光客を乗車させるということも多いために観光地としてのガイドが少々出来るということも必要です。ガイドなどのような地理の豆知識があるだけでもサービスの質は高くなります。そして、そのサービスの高さが売り上げの高さとなり、最終的な収入の高さへとつながります。

コミュニケーションの能力
利用者を安全で確実に速く目的地まで送り届けるという業務が第一にあります。しかし、利用者のその時にニーズを読み取って柔軟に対応する必要もあるのです。例えば、観光などで来ているゆっくりと観光を楽しんでいる人に対しては土地のガイドでもしながらゆっくりと会話もしながら目的地に送ります。運転のスキルだけでなくガイドとしての知識や英語も多少勉強しておくと利用者とのコミュニケーションにも役に立ちます。

日本交通の企業内容

圧倒的な知名度の高さ
日本交通では有名企業とのコラボで定期的にプロモーションを行う期間を設けていて、タクシーの外装をコラボする企業の宣伝用に特別仕様にします。そういった試みもあり日本交通はタクシー会社の中で知名度が高い会社です。知名度が高いことは利用者に安心、安全に日本交通を選んで乗車いただける理由でもあります。

最新アプリ導入
日本交通は最新のアプリなどの導入を積極的に行っており、時代のニーズに合わせたサービスを提供し続けています。スマホのアプリ「配車アプリ 全国タクシー」からタクシーの迎えをお願いすることが出来ます。更に、最新のアプリではタクシー乗車中に支払いを済ますことが出来るというサービスを始めました。このことにより、これまで時間を取っていたタクシーの支払いをスムーズに行うことが可能になりました。最新のサービスを導入することで日本交通を選んで乗車いただけるように努力をし続けています。

働きやすさ
日本交通では運転手に対する年金保険や健康保険と言った福利厚生や給与が高いという特徴があります。転職をする上で一番気になる収入面に関しては他の会社に比べて給与が高いです。昇給のシステムや休日も充実しているのでドライバーにとって働きやすい環境が整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーは20代の若手が増えつつありますが、なぜタクシードライバーが職業として選ばれているのでしょうか。
その新卒採用を広く行って規模を拡大している日本交通の魅力についても確認しておきましょう。

人気の理由は新卒でも稼ぎやすいから

タクシードライバーが20代に人気になっている理由としてまず挙げられるのが、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるからです。タクシードライバーは新卒でも比較的高い月給で採用してもらうことができます。それに加えて営業利益を上げれば、その利益に比例する形で給料が増える歩合制になっているのが魅力です。必死に努力して乗客を獲得し、売り上げを伸ばしていくと若手でも十分にベテラン並みに稼げるようになります。年功序列というよりも実力勝負なのが魅力的な部分です。

そのためにはある程度の地理感覚やノウハウを習得しなければなりません。新卒の人が最初からそのような能力を持っているわけではないので、タクシー会社も徹底した教育を行うようになっています。やり方こそ会社によって違いがありますが、その教育を受けて現場経験を積むことにより稼げるようになれるのが一般的です。特にまだ20代で若く、知識や技術の習得が早い段階でタクシードライバーになると、すぐに慣れて営業利益を上げられるようになります。その希望を持って他の人よりも稼げる仕事をしようとタクシー会社に就職する20代の人が増えているのです。

将来性が高い職業だから

タクシー会社に就職するのは将来的にも活躍できると考えられるからという若手も大勢います。タクシーは全国的に需要が伸びている状況があるからです。東京や大阪などの主要都市圏ではビジネス目的で日常的にタクシーが活用されています。ハイヤーなどもよく利用されているので、ベテランになれば高単価の仕事を得られるようになるでしょう。観光でもタクシーがよく利用されていて、外国人旅行客が増えている影響で英語を話せるドライバーも求められています。最近の若手の人たちは英語教育もよく受けているので、若手が活躍できる環境が整っていると言えるでしょう。

一方、現場でタクシードライバーとして働き続けるのではなく、経営サイドに回ることも可能です。新卒の場合には長いスパンでキャリアを考えることができます。ドライバーとして働くのに魅力があれば継続することも可能ですが、プロジェクトリーダーとしてタクシー会社を牽引する立場となったり、地方の支社のトップとして経営に携わったりすることも可能です。タクシーは将来を見据えた働き方ができるので、早い段階からタクシー会社で働いておこうと考える若手からの人気が高まっています。

上手にワークライフバランスを充実させられるから

タクシードライバーが人気の理由としてもう一つ重要なのがプライベートも充実させられることです。タクシードライバーは隔日勤務をすることが多くて大変だという印象を持っている人もいますが、考え方によってはとてもプライベートを楽しみやすい働き方とも言えるでしょう。朝から翌日の明け方まで働いたら、その日は丸一日自由に使うことが可能です。趣味に勤しむこともできれば、翌日が休みのタイミングであれば小旅行に出かけることもできるでしょう。休みや残業が明確になっているからプライベート充実というのがタクシードライバーの魅力です。

このような形でプライベートを充実させるにはある程度の体力が必要になります。まだ20代で若くて体力に満ち溢れているときであればあまり苦労せずとも隔日勤務を続けることが可能です。昼日勤や夜勤も含めて上手にスケジュールを整えればプライベートも計画的に楽しむことができ、ワークライフバランスを自分なりに充実させられます。いつどのようにして働くかについて自由度が高い現場も多く、休みや残業をどのように組み込むかを計画的に考えやすいのもメリットでしょう。

日本交通の魅力は新卒採用と教育に積極的なこと

このような状況下で特に目立って若手が増えてきているのが日本交通です。日本交通はタクシー業界でも大手であり、東京では特に多くの利用者がいることで知られています。日本交通で若手が増えているのは新卒採用を積極的に行っているからです。他のタクシー会社も新卒採用をしていますが、新卒にとって何が魅力かをよく考えて宣伝広告を行い、有望な若手を獲得する努力を続けているのが日本交通の特徴です。もともと大手として名が知られている影響もあり、若手からよく着目されるようになっています。

新卒にとっての魅力としてキャリアパスを明確にした教育を行っていることが挙げられます。まずはタクシードライバーとして働いて現場を知り、三年目にはプロジェクトリーダーとして働くことを提案しています。そして、経営サイドでの経験を十分に積んだ九年目には地方の会社の経営を担う人材になるというキャリアパスを提示しているのが日本交通です。日本交通は人を育て、タクシー業界全体のサービスを向上させることを目指しています。その経営理念に魅せられた若手が就職先として日本交通を選んでタクシードライバーになっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都内にある日本交通はタクシーが一番稼げる環境です。稼ぎやすい会社は日本交通なのでここで確実に稼ぐようにしましょう。

東京都内にある日本交通はタクシーが一番稼げる環境です。稼ぎやすい会社は日本交通なのでここで確実に稼ぐようにしましょう。

タクシードライバーは飲酒運転厳罰化に伴い年々需要が高まっています。利用者が特に多い東京都内だとタクシードライバーとして稼げるうってつけの場所になります。その中でも稼ぎやすい環境が整っている日本交通を紹介します。

転職活動しやすい万全の体制

日本交通は会社説明会と面接エントリーをセットで行っています。東京都内なら毎日開催しているので、会社説明会終了後に採用担当者へいろんな質問をぶつけられます。転職組としては会社説明会から更に踏み込んだ内容を聞きたいものなので、疑問点をその場で解消できるのは転職組として非常に心強いです。また、既に日本交通への転職が固まっている場合はホームページから面接エントリーできます。後は日時設定して就職活動を進めるのみです。

日本交通が持っている池袋、赤羽、千住、新木場、品川、三鷹と合計6つの営業所がそれぞれの面接会場になりますので、近場で面接試験を受けられるのも有り難いです。特別な資格は普通運転免許を既に取得していれば、タクシーを運転するために必要な第二種運転免許証は日本交通に就職してから取得しても大丈夫です。その際は免許取得費用を全額負担してくれるだけで無く、教習期間中の手当を保証してくれます。このため、安心して資格取得に専念できる環境が整っていると言えます。しっかりと社員の地盤を固めてくれた上で給料を確実に稼ぐことを可能にしてくれるのが日本交通です。

日本交通の詳しい給料体系

日本交通に就職したら稼ぎやすい会社は日本交通であることがすぐに把握できます。他業種からの転職組はタクシードライバー未経験者が大多数を占めるため、その研修期間に1ヶ月設けています。運転のイロハや接客業、担当エリアの地理学などをベテラン社員が教えてくれるので、いち早く経験者に追いつくシステムが整っています。研修期間中に関して、1万円の日当と交通費が支給されます。一方で、経験者は更に早い日数で運転できます。必要最低限の研修は行いますが、だいたい10日間足らずで路上に出ます。

営業所配属後も、ハンチョウを中心としたチームを組みます。先輩乗務員が主導となって日々新しくなる運転技術を丁寧に教えてくれます。散りについてよくわからない人にとっては不安に感じることも少なくありませんが、ベテラン社員が手厚くその都度教えてくれるので少しずつ覚えていけば良いのです。特に仕事上のノルマは無いのでのびのびと活動できます。東京都内という日本列島の中で最も複雑化した交通網を頭にたたき込まなければならないのは骨が折れます。総合研修センターにてより詳しい地理と接客サービスを学べます。

慣れてくるともらえる年収に夢を見られる職場

日本交通の平均年収は420万円であることは就職説明会で採用担当者が話してくれますが、タクシードライバー業界の中でも非常に高い金額であることが確認できます。その理由に利用者が他の都道府県を圧倒していることが挙げられます。人口が最も多い東京都でかつ、依頼自体はひっきりなしにかかってくるので、時間が許す限り仕事が出来る環境です。このため、体力さえあればいとも簡単に業界の平均年収を短期間で超えられます。

ベテランと若手や転職組で経験あり、経験無しなど全ての立場において、会社内の風通しが非常に良く、お互いをすぐに助け合える環境が整っています。日本交通の企業理念に人材を育成することを第一においており、それがお客さんに還元することで会社としての社会貢献が達成できるとしているからです。転職組であっても分け隔て無く接してくれるので、お客さんが多い穴場スポットを教えてくれます。また、効率良く目的地を回れるルートを事前に情報として頭に入れておくことでより多くの件数をこなせます。また、会社内でも質問や相談コーナーを設けており適宜解消できる意味でも集中して仕事に専念できると言えます。

福利厚生がしっかりしている社員に優しい会社

日本交通はタクシーが一番稼げる環境を提供してくれます。その理由に女性が働きやすい環境が挙げられます。育児介護休暇を会社全体で応援しているだけで無く、実際に先輩社員がそれを利用している実績があるので、後輩としては安心して取得出来ます。先輩にも相談しやすい雰囲気が整っているので、社員が休んでいる間の予定管理が万全です。

また、都内30か所以上の専用乗場も完備されていることが挙げられます。お客さんにとってはタクシーを利用したいと思った場所に専用乗場が近ければ近いほど利用しやすいです。日本交通は長年東京都内で多くの利用者に貢献してきたので未だに多くの専用乗場が残っているのです。これが評判の悪い会社だと企業淘汰の波にのまれてまともな専用乗場が用意されていない会社があります。利用者が途切れること無くタクシーを利用してくれる場所が整っているので、年収790万円を目指せる環境であると言えます。転職組が多数日本交通に入って、何年経っても退職しないことからわかるように、給料体系や休暇制度が充実しているので、長年勤める人が多いのです。法定外の残業は無いことからプライベートの時間が取りやすいのもお勧め出来る点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

タクシードライバーと言えば中高年や、中途採用者が多いイメージが世間一般では強いかもしれません。
しかし、今や若手のドライバーも、業界では目立ち始めました。
もちろんタクシー会社側が若手や新卒者を積極的に採用していることも、その理由として挙げられます。

ここでは業界最大手の日本交通のケースを紹介しましょう。

無理のない勤務体系でプライベートもバッチリ!

国内での少子化や高齢化に伴う労働人口の減少が予想される中で、タクシー会社でも若手の人材を確保するために、様々な取り組みを行っています。
この点、業界最大手の日本交通でも、20代の方に魅力ある就職先として選ばれるように、若手が活躍できる環境づくりに積極的です。

例えばプライベートを重視する若手の傾向をしっかりと捉え、勤務体系にも配慮しています。
通常、深夜勤務を含めた勤務時間は1乗務15時間30分ですが、翌日は必ず公休や明番になるようにシフト設定されています。
その結果、月換算では11~12回程度の隔日出勤で済むので、月の約半分をプライベートの時間に使うことができます。

また事前申告によるシフト制により、突発的な休日出勤や法定外の残業などは一切ありません。このように、休みや残業が明確になっているからプライベート充実なのも、若手にとっては嬉しい職場環境と言えるでしょう。

さらに、勤務時間中は3時間の仮眠や休憩を遵守しており、過剰労働にならないように徹底しています。
仮眠や休憩も自分の都合のよい時や場所で取れるので、ドライバー未経験の若手でも、無理なくマイペースで働くことが可能です。

業界トップクラスの給与水準で、モチベーションUP!

また、就職するにあたって最も気になる収入面でも、業界最大手にふさわしい魅力が日本交通にはあります。通常タクシー業界では、タクシードライバーに歩合制を適用している会社が大多数。
そのため、活発でフレッシュな新卒なら圧倒的に他の人より稼げる環境があります。
とはいえ新卒採用である以上、運転スキルや地理に疎いため、当初はなかなか売上げに結びつかないのも現実です。
そこで日本交通では、乗車デビュー後の3ヶ月間は月給25万円を保証しています。これならば収入を気にせず業務に集中して、いち早く仕事に慣れることが可能です。

さらに、日本交通の給与水準は、業界でもトップクラスである点も見逃せません。入社1年目の平均給与は約420万円を誇り、これは全業界における新卒者の平均給与の約2倍に当たります。
それが2年目になると約450万円にアップし、5年目を過ぎるころには700万円を超えるドライバーも続々と登場します。
このように歩合制だからこそ、若手でも努力と熱意次第でいくらでも稼げる、嬉しい環境が日本交通にはあります。

また、努力や工夫がそのまま収入に反映するので、ドライバーを続けていくモチベーションもますます高まります。

売上げに直結する、優れた研修制度!

先述したように、日本交通には若手でもガッチリ稼げる環境がありますが、その前提として、充実した研修制度の存在を忘れてはならないでしょう。

まず、入社すると1ヶ月間は研修総合センターや各営業所で、座学や実地研修を受けることになります。
センターでは独自の教育カリキュラムによって、タクシードライバーに必須の第二種免許取得をはじめ、地理講習や接客スキル等を学びます。

なお、第二種免許の取得に必要な経費は、会社が負担するので心配ありません。また、各営業所での実地研修では、熟練の教官スタッフが同乗するマンツーマンの指導により、運転技術から地理マスター、さらに、接客対応や料金計算まで、幅広く実践的な研修を受けます。

ここで注目すべき点は、日本交通の研修では常に一貫して、売上げにつながる視点から、きめ細かい指導が行われていることです。
例えば、地理講習においては単に地理を形式的にマスターするのではなく、お客様を見つけやすいエリアをはじめ、乗車率を高めるルートや近道なども習得します。実地研修においても、各営業所のデータに基づきながら、お客様の多い時間帯や客単価の高いスポットなどを、朝礼や自主勉強会を通じて情報共有するのです。

このように、ドライバー未経験の若手や新卒者を即戦力に育て上げる、優れた研修制度が日本交通にはあります。

将来性のある人生設計が可能な、幅広く豊富なキャリアパス!

せっかくプロのドライバーとして働くなら、仕事と共にキャリアアップを図り、人間的にも成長したいものです。
この点、日本交通のタクシーは将来を見据えた働き方ができるので、若手や新卒者の方にはピッタリな職場環境です。
日本交通での具体的なキャリアパスとしては、「黄タク乗務員」と呼ばれる一般ドライバーからスタートし、入社2~3年目には「黒タク乗務員」と呼ばれる班長クラスのドライバーへと昇格します。

その後、自分の進むべき専門分野の様々な研修や資格取得を経て、「エキスパートドライバー」「スリースター乗務員」「ハイヤー乗務員」といった、よりグレードの高いドライバーへとキャリアアップが可能です。
そして、ドライバー以外にも、営業所での運行管理スタッフをはじめ、本社での人事や経理といった内勤スタッフへの配属もあります。

さらに、実力や実績が認められると、将来的には役員への道も拓けます。
なお、日本交通におけるタクシー部の執行役員や取締役は、全員タクシー乗務員の経験者です。
また、新卒で入社した場合、年に一回の自己申告制による面談を受けることができます。ここでは、直属の上司以外の専門スタッフが担当し、将来のキャリア等について親身になって相談に応じてもらえます。

このように、若手や新卒者の将来をしっかりと考え幅広く多彩なキャリアパスを用意している点も、日本交通の魅力と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

東京都内でタクシードライバーとして働きたいと考えている人に、日本交通の入社後の教育、給与体系や勤務形態を紹介します。
日本交通は1928年に創立された老舗の大手タクシー及びハイヤー会社です。

タクシードライバーの給与や勤務待遇などの参考にしてください。

タクシードライバー未経験者に対する、日本交通の手厚い研修制度

日本交通は、タクシードライバーへの転職後の未経験者に対しては、研修がじっくり1か月ある教育を行います。
まずは、会社が全額費用を出して業務に必須の2種免許を取得、運転スキルの習得をさせます。

総合的な研修としては、接客スキルと都内地理、法令などを基礎から丁寧に学びます。特に、都内地理は熟練教官から利用頻度の高い道から学ぶシステムになっています。その後、配属された営業所では、ベテランの班長が同乗して運転技術や接客技術の研修を行います。この時に、売上向上につながる研修として、お客の多いエリアや早道、近道も教えてもらえます。研修期間中も1万円の日当と交通費支給があるので生活も安心です。

会社と各営業所による、このような手厚い研修制度が、ドライバー未経験からでも安心してスタートできる状況をつくっているのです。
日本交通の新入社員の8割が未経験者であるということからも、専門職でありながら、入社時には様々な技術を要求されることは少ないでしょう。

大手会社であるので、未経験者を育てることを可能にしているのです。

また、タクシードライバー経験者の研修期間は10日間です。必要最低限の研修後、すぐに路上に出て営業というかたちになります。10日間の研修期間中も、1万円の日当と交通費が支給されます。

日本交通の給与体系と売上向上のサポート

都内のタクシードライバーは450万の平均年収です。

この平均年収と比較しても、日本交通の給与体系は安定しています。研修終了後の3カ月間は、月給40万円の給与保証がありますので、初月から安定した収入が得られ、安心して働けます。業界大手の日本交通だからこそ、可能にした保証制度です。この保証制度により、未経験者入社1年目でも平均給与は420万円となっています。

給与保証制度後は固定給と歩合制の組み合わせになります。
歩合制であるので、経験年数に関係なく、努力によってベテランのドライバー以上の収入を得ることも可能です。入社2年目の平均給与450万円、2年目の最高年収664万円、全ドライバーの最高年収790万円となっています。サラリーマン以上の年収が可能となることもあるのです。頑張りによって売上を上げると直接給与に反映されるので、努力のしがいがあると言えるでしょう。

また、日本交通は、営業所ごとにお客が多いエリアや道を時間帯別に集計していて、その情報を社内の勉強会で共有しています。
朝礼で班長が新人を教えたり、売り上げ成績の良い先輩が勉強会を開いたりもしています。このように、売上向上の研修がある会社の手厚いサポートも、安定した収入につながっています。

収入アップに役立つ日本交通の様々な集客方法

業界大手である日本交通は様々な集客方法をもっており、ドライバーの収入安定に役立っています。その中から、主なものを4つあげます。

1つは、月間45万件の無線配車。電話でのオペレーター依頼もしくは自動配車によって、すぐにタクシーを呼んだり、希望日時を予約するシステムです。

2つめは、都内35カ所にある日本交通専用乗り場。専用乗り場には案内係が常駐しているか、もしくはデジタル無線GPSシステムにて車両を供給しています。

3つめは、約13,000社とのチケット契約。タクシー利用料金の一括後払いで、社員の通勤、お客様の接待、役員の移動など会社単位で契約され、様々な場面で利用されます。

4つめは、スマートフォン向け配車アプリの利用。すぐに、もしくは希望時間に配車を予約することができます。

街中で客を乗せて目的地まで輸送するという通常の流し営業以外に上記のシステムを利用できるので、客を安定して確保することができます。
それによって売上が上がり、収入をあげることができるのです。上記のシステムは、客がつかまらないのではないかというタクシードライバーの不安を取り除く役目もしています。

日本交通の勤務形態と規則で自分らしく働く

日本交通のタクシードライバーの勤務形態は隔日勤務です。

隔日勤務では、1日勤務(出番)した翌日は休み(明番)となります。このローテーションを3回繰り返した翌日が公休日となります。
出番の日は朝8時に出社。翌日の夜中2時に仕事終了です。1乗務最大18時間ですが、3時間の休憩、仮眠が義務付けられています。また、法定外の残業は禁止されています。出番の翌日は必ず休みとなります。

1乗務は長いですが、休みと交互となっているので、慣れてくると規則的な生活が送れます。休みの日には家族との時間がきちんととれたり、自分の趣味に取り組めたりと、仕事とプライベートを充実させることができます。また、事前シフト制で休みが比較的取りやすいので、自分らしく働けるようになるでしょう。
日本交通には、20代から60代の幅広い年代の人が働いています。これも、1乗務が長くても、勤務中にきちんと休憩をとり、明番という休みがある規則正しい働き方が可能にしていると言えます。

運転に影響を与える健康リスクは事故防止のためにも必要。全タクシードライバーは年2回自社の健康保険組合で健康診断を受けています。このような健康管理も自分らしく働くための大切な要素のひとつになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都で魅力あるタクシードライバーに転職するなら日本交通や国際自動車を始めとする大日本帝国の4社がおすすめ

東京都で魅力あるタクシードライバーに転職するなら日本交通や国際自動車を始めとする大日本帝国の4社がおすすめ

タクシードライバーへ転職をする利点は、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるという点を始め、年齢や学歴、または経験なども問われないということが大きいのではないでしょうか。
しかも、高収入ということも外せません。
東京でタクシードライバーを希望するなら、大日本帝国と呼ばれる大手4社がおすすめです。

タクシードライバーという仕事の現状

最近では会社勤めのサラリーマンを自己退社してタクシードライバーへ転職する人も増えています。タクシードライバーが通常のサラリーマンと大きく違う点は、車を走らせての勤務になるということでしょう。そして、実際の仕事というのはお客様を乗せて目的地へ向けて車を走らせることとなります。こうした仕事内容ですから、たとえば休憩などは自分の好きな時間にとることができるわけです。しかし、単純に好きな時間に休めるとは言っても、当然のことですが、仕事にはノルマというものがあり、それを常に意識しながら自己判断で仕事をこなしていかなければなりません。

世の中の景気があまり良くなかった時期にはタクシーを使う人が少なくなってしまったということもありましたが、現在、タクシー業界はかなり上向きの傾向にあります。特に東京都では観光客をターゲットとしたホテルや各施設の急激な増加にともなって、タクシーを利用する人も多くなり、タクシードライバーの仕事はかなり忙しくなりました。また、外国人観光客なども随分と増えています。このような外国人観光客はタクシーを利用することも多いですから、各タクシードライバーは外国人向けのサービスも考えているわけです。

東京のタクシー会社のリーダー的な存在である大日本帝国のタクシー4社

タクシードライバーとして仕事をするためには、まずどんな雇用形態で働くかを決めなければなりません。一番多い雇用形態はタクシー会社に所属して仕事をするというものでしょう。確かに他にも個人タクシーで仕事をするという方法もありますが、タクシードライバーとして仕事をするのが初めてという人は、やはり経験を積むという意味からも、最初はタクシー会社に所属するところからスタートするのがおすすめです。個人タクシーは自営業になりますから、収入面でもタクシー会社勤めよりはかなり厳しいと言えるでしょう。

東京都でタクシードライバーへ転職するならば、やはり大手のタクシー会社が安心です。この東京都には大日本帝国と呼ばれる大手のタクシー4社があります。即ち、大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の4社です。それぞれの頭文字をつなぎ合わせれば大日本帝国という言葉になります。この呼び方は主にタクシー業界関係者の中で通っていたものですが、今ではかなり広く知られるようになりました。古めかしい呼び名ですが、現在、これらタクシー4社は東京のタクシー会社のリーダー的な存在として、各層から厚い信頼を得ています。タクシードライバーはやはり信頼が第一ですから、転職を考えるのであればこの大日本帝国のタクシー4社がおすすめです。

大日本帝国の大手タクシー4社のそれぞれの特徴

大日本帝国の大手タクシー4社へ転職を希望する人は非常に多いです。このタクシー4社の特徴はいったいどういうものなのでしょうか。まず、都内に数箇所の事業所を持つ大和自動車交通株式会社は、タクシーの業界では唯一の上場会社です。自社保有の営業所やビルを始め、燃料販社、保険代理店、不動産管理会社などの関連事業も展開しています。日本交通株式会社で注目したい点は、ハイグレードなサービスを提供する黒タクがあるということです。もちろん、黒タクを運転する乗務員は特別な講習を受けた有資格者となっています。

帝都自動車交通株式会社では、通常のタクシードライバーとして数多くの経験を積んでから、会社の中でさらに管理職を目指すことも可能です。単なるタクシードライバーとして働き続けるのではなく、自己のステップアップを目指したいという人には最適な環境が整っていると言えるでしょう。そして、国際自動車株式会社ですが、これは現在のkmタクシーグループになります。この会社で特筆する点は、丸の内や品川という東京都を代表するビジネス街にハイヤー事業所を置いているということです。ハイグレード車両でそのビジネス街のVIP利用者を多く乗車させることができます。

自分に最適だと思われるタクシー会社に応募すること

大日本帝国の大手タクシー4社は、やはり利用者数も東京のタクシー会社の中ではトップクラスと言われるだけあって、仕事のしやすさは抜群です。たとえば、この4社だけで使える共通のタクシー券やプリペイドカードなどもあり、それを使っている企業を多数抱えているため、タクシーの利用者も多いというメリットがあります。この東京都は一番稼げるエリアとして有名ですから、こうしたメリットはかなり大きいと言えるでしょう。大日本帝国のタクシー4社はその最大の強みを存分に活かし、安定した仕事と働きやすい環境を創出しているのです。

様々な業種から転職してタクシードライバーになる人は増えていますが、何と言ってもタクシードライバーとして働くには、所属するタクシー会社は信頼と実績のあるところが一番の条件になるのではないでしょうか。信頼と実績を兼ね備えた大手ならば理想的な働き方ができます。東京都の大手タクシー4社それぞれの特徴を考えて、自分に最適だと思われるタクシー会社に応募することがおすすめです。ちなみにこの大日本帝国と呼ばれる大手タクシー4社では入社祝い金が支給されますので、これも大きな魅力だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

タクシードライバーへの転職を考えているという人はいないでしょうか。
タクシー業界は想像している程、厳しい業界ではなく、稼げる仕事なのです。

しかし、それを達成するためにはまず会社選びが大事です。
業界最大手の日本交通について、この機会に知ってみませんか?

タクシー業界の仕事とは?その現状

タクシー乗務員の1日の仕事の流れは、意外と知られてないのではないでしょうか。出勤してからアルコール検査や車両点検があります。そのあと点呼があり、運行の管理者から1日の注意事項などの説明を受けます。その後出庫・業務従事となります。約8時間の勤務中には休憩時間も数時間含まれます。その後帰庫となり、入金、洗車をして業務終了です。
日本交通では、通常のタクシードライバーの他に、企業の専属ドライバーやジャンボハイヤーの乗務員など、入社1年未満でも更にステップアップするチャンスもあります。そうなりますと、年収500万円を目指せる可能性もあります。

タクシー業界は、慢性的に人材不足という現状にあります。人材不足の背景には、タクシードライバーという職業が勤務時間も長く、激務であるという強固なイメージにあるようです。
近年、女性ドライバーを採用する会社も増加してきているため、タクシードライバーの採用状況もやや好転してきています。しかし、相変わらず人手は引く手あまたの傾向にあるのです。
業界最大手の日本交通では、その98%が業界未経験者という実績があります。しかも、入社後数年で辞めてしまう人が多いタクシー業界で、日本交通は勤続10年以上が社員のほとんどです。勤続20~30年のドライバーも多数勤務しているのです。転職にはおすすめの業界と言えるでしょう。

タクシー業界は稼げる仕事!

このように、タクシー乗務員は稼げる仕事だと言えます。ただし、幾つか条件があるようです。1つには、稼げる地域のタクシー会社なのか、と言うことです。日本交通は、大都市である東京都を中心とした会社ですので、この点はクリアです。
もう1つ、その地区で強い、タクシー会社として大手なのか、ということがポイントになります。日本交通は東京都の大手タクシー会社4社の中に数えられる業者です。
一般の大企業はタクシーを使う際、法人チケットというものを予め購入して、支払いに使うことが多いようです。日本交通では、日本交通&日本交通グループ(提携会社)の約4500台で使えるタクシーチケットを販売しています。もちろんVISA、JCBといったクレジット会社発行のタクシーチケットなら、日本全国で使用できます。
こういったタクシーチケットなどを販売し、法人に使用してもらいやすくしているところも、大切なのです。法人は長距離利用などをする可能性が高いので、良いお客様と言えるからです。

以上の2点から、日本交通は稼げるタクシー会社と言って良いでしょう。
実際に同グループ内で、週3回の勤務で年収790万円を稼いでいる従業員もいます。また、日本交通では、入社後半年間は月給27万円(最大)まで、給与保証がされています。しかし、ほとんどの先輩たちが、入社3ヵ月で保証給与以上を上回る歩合を稼いでいることは事実なのです。日本交通のタクシードライバーは、安定して働ける職場に居ると言えるでしょう。

初心者でも安心!日本交通はサポート体制が完備!

日本交通では、業務運転の経験がなかった社員も多数在籍しています。ですので、教育研修制度(外部研修・接客マナーなど)や、業務をわかりやすくマニュアル化した「スタンダードマニュアル77」も用意されています。
介護や救急救命、認知症のサポートなど、通常の生活にも役立てるような社内研修も定期的に行っていますので、実際に、高齢者や妊婦さんが乗車した際などにも、研修で培った知識を活かすことが出来ます。
また、日本交通の教育システムによって、2種免許が最短9日で取得できるバックアップ体制も完備されています。2種免許の取得費用は全額、日本交通が負担しています。2種免許の合格率は100%だそうです。

乗車する自動車は、最先端の車両が用意されています。アイドリングストップ、全車両禁煙、クレジットカード・電子マネー決済可能の車に乗務することが可能です。
もちろん研修終了後も会社から各種フォローを受けることが出来ますので、初心者でも安心して勤務できるのではないでしょうか。
接客サービスをしたことがないと不安に思う人もいるでしょう。しかし、それまでの人生体験自体が職業に活かせる経験となることもあります。地道に仕事を続けた結果、指名をしてもらえるようになった人もいるのです。

タクシードライバーになるなら日本交通で!

東京都の日本交通は、数あるタクシー会社の中でも、9年連続で、グループ売上高と業界売上高でトップの業績を収めています。日本交通は毎年業績を伸ばしているのです。
他社に比べても、1人1人の売上高が高く、給与額も大きいことが優秀な業績に繋がっています。
労働環境が良いことでも知られています。日本交通は、就労環境が一流であることで、サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業でもあるのです。
また各種メディア(TBS、テレビ東京、日系ビジネスなど)にも取り上げられ、その認知度を上げています。

日本交通は各種最先端サービスにも取り組んでいます。
「お出かけサポート」「観光」「子供のタクシー利用」と言った付加価値の高い仕組みを「エキスパート・ドライバー・サービス」として提供したことや、スマートフォンでタクシーが呼べる「JapanTaxi」アプリの開発など、次々と新しいサービスを供与し続けているのです。エキスパート・ドライバー・サービスは、2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。
タクシードライバーになることを考えているのなら、日本交通を一考に入れてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシーが一番稼げる環境のある東京都内で、確実に稼ぐなら日本交通がおすすめ!稼ぎやすい会社は日本交通で決まり!

タクシーが一番稼げる環境のある東京都内で、確実に稼ぐなら日本交通がおすすめ!稼ぎやすい会社は日本交通で決まり!

これから東京都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
ただしせっかく働くならば、稼ぎやすく働きやすい条件のそろった、有名なタクシー会社がいちばん。

そこで充実した職場環境で知られる、業界最大手の日本交通について、ここでは紹介しましょう。

業界最大手だからこその、魅力的な給与水準!

タクシードライバーへの転職を考えている方にとって、まず最も気になるのが収入のことではないしょうか。この点、通常タクシー業界では、ドライバーの売上げに歩合制を適用しているケースがほとんどです。
そのため、タクシードライバーに対する世間一般のイメージでは、収入が不安定で低いといったイメージがあるかもしれません。

しかし、少なくとも業界最大手の日本交通に限ってみれば、そのイメージは正確なものとは言えないでしょう。
なぜならドライバー未経験の方であっても、入社1年目での日本交通の平均年収は420万円。
これは業界でも平均水準を上回る数値です。
しかも2年目以降は450万円にアップし、5年目を過ぎる頃には年収790万円を目指せる環境水準のドライバーも、続々と現れ始めます。
さらに、入社後3ヶ月までは、なんと月収40万円の保障制度まであります。
これならば、運転スキルや地理に不慣れなドライバー未経験者の方であっても、当面は収入を気にすることなく業務に集中することができるでしょう。

このように世間一般のイメージとはかけ離れた、恵まれたタクシードライバーの収入環境が、日本交通にはあります。

安定して高い給与水準を維持できるのには訳があります!その1

東京都内ほど、タクシーが一番稼げる環境に恵まれているエリアはないと言っても、過言ではないでしょう。
その中にあって、安定して確実に稼ぐなら、やはり業界最大手の日本交通がいちばん。
もちろん、それを実現するだけの訳があります。

まず、入社後から1ヶ月間は、タクシードライバーには必須の第2種免許の取得をはじめ、総合研修センターでの座学。さらには、各営業所に配属後の実地研修に至るまで、充実したカリキュラムを幅広く体験することになります。
この一連の研修を通じて、運転スキルや接客マナーはもちろん、地理講習から交通法規までしっかりとマスターします。

特に日本交通の研修で見逃してはならない点は、常に売上げ向上のための観点からカリキュラムが組まれていることです。
例えば地理講習一つを見ても、単に都内の道路網を覚えるだけではなく、乗車率を上げるための合理的かつスピーディーな近道や裏道などを、きめ細かく学びます。
この他にも、営業所での実地研修では、お客様が多いエリアや時間帯またはルート等を、熟練の教官スタッフが同乗しながら、みっちりと指導します。
加えて、営業所内で蓄積された独自のデータを利用しながら、朝礼や自主勉強会を通じて、売上げ向上のためのノウハウを社員同士で共有します。

安定して高い給与水準を維持できるのには訳があります!その2

一通りの研修が終わっても、それで直ぐに稼げるわけではありません。
特に、運転スキルや地理に疎いドライバー未経験者の方であれば、なかなか売上げに結びつかないのが現実です。
この点、日本交通では売上げに直結する、優れた集客システムを構築しているので安心です。

例えば都内30か所以上の専用乗場もその1つ。
大型駅前ロータリーや有名ホテル、あるいは観光スポットや公共施設の周辺など、人々の流れの多い主要拠点に専用乗り場を設置。
お客様を探しながらの流し営業のように、無駄な時間をかけることなく、効率的かつスムーズな集客を可能にします。

もう1つ日本交通の集客力で見逃せないのは、タクシーチケットの存在です。
官公庁や大企業をはじめ、数多くの法人と取引実績があるので、客単価の高い固定客をコンスタントに確保することが可能です。

この他にも、スマートフォンの乗車予約アプリを活用して、IT時代にも対応しており、ピンポイントで素早くお客様のいる地点へ直行できるため、効率よく売上げにつなげることができます。
稼ぎやすい会社は日本交通と言われるのは、まさにこのような充実した集客システムがあるからです。

未経験者はもちろん、女性やシニアの方でも働きやすい環境です!

日本交通の勤務条件で優れているのは、なにも収入面だけではありません。
勤務シフトから福利厚生まで、業界最大手にふさわしい数々の制度や仕組みが用意されています。

まず勤務時間については、事前申告を原則とした完全シフト制なので、突発的な休日出勤などは一切ありません。
また勤務日の翌日は必ず明番休みや公休日を設定しており、しっかりと心身をリフレッシュできる時間があります。

もちろん業務時間帯の休憩や仮眠の確保も徹底しているので、自分の好きなタイミングや場所でゆっくりと休むことが可能です。
このようにシニアや女性が働きやすい環境があり、無理なくマイペースで勤め続けることができます。

また、福利厚生については、年金保険や労災保険など各種の社会保険がバッチリ完備されています。
さらには、慶弔見舞いをはじめ財形貯蓄制度や無事故表彰制度、さらには自社工場によるマイカー車検修理割引制度などによって、社員やその家族の生活を経済的にサポートします。

休暇制度についても、有給休暇はもちろん産休や育休など、様々なライフイベントに対応できる制度が整っているので安心です。
この他にも、会社と提携している保養施設やスポーツジムなど、リーズナブルな料金で利用できるので、充実したプライベートの時間を過ごすこともできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシードライバーが多く在籍する日本交通の新卒採用の実態。20代の就職先として人気を集める理由とは

タクシー業界の今までの常識を変えることにもなっているのが、日本交通の存在といえるのではないでしょうか。
日本交通では、若手ドライバーの育成に注力しています。

予め決められた休日や無理のない勤務時間などが、若者の就職先として選ばれる理由といえるでしょう。

しっかりと稼げる環境

タクシードライバーに若手が増えているという環境については、多くの人が感じているのではないでしょうか。
従前においては、どちらかというと中高年が多いというイメージが大勢を占めていたタクシー業界に変化の波が押し寄せているのかもしれません。

日本を代表するタクシー会社の一つである日本交通では、積極的に20代の若者の採用を強化しています。
むろん、ただ単に若者の採用を強化するといっても、簡単にいくわけではありません。
当事者である若者たちに就職先として魅力を持ってもらえるかどうかということが重要となってくるのです。

日本交通では、社内全体に若手が活躍できる環境を作り上げることを意識しており、強力におし進めてきました。

その結果として、徐々に若手社員が増えるようになったという結果につながっています。
では、具体的に若手が活躍できる環境とは、どのような環境なのかと疑問に思う人も多いかもしれません。

その答えとして挙げられるのは、未経験でも本人の努力次第で稼ぐことができるという点や勤務時間などが予めしっかりと決められており、プライベートな時間が持てるという点などが挙げられます。

日本交通の際立つ魅力!オンオフの切り替えができる

日本交通で勤務する若手が増える主な要因になっているのが、予め勤務時間が決められているという点が挙げられます。
現代の若者の仕事に対する考え方などをしっかりと把握しているといえる取り組みといえるのではないでしょうか。

休みや残業が明確になっているからプライベート充実することになるといえるでしょう。とりわけ、若者にとっては友達との遊びや自由な時間を大切にしたいという思いが多いことは容易に推測することができます。
オンオフのメリハリがつくことで、仕事に対する前向きな気持ちやモチベーションも維持できることにつながるともいえます。

日本交通では、若者に限らず、全てのドライバーの勤務時間の適正な管理に努めていることでも知られています。
法定外残業やサービス残業は一切ないという点にもこだわりを持って臨んでいるのです。

タクシー会社をめぐっては、まだまだドライバーへの不当な扱いなどの問題が残っていのが現状です。
立場の弱い従業員に対して過剰労働やサービス残業の強要などを求めるタクシー会社も散見されます。

日本交通では、そのようなことが一切ないことも若手に人気を集める理由といえます。

同世代よりも多く稼げる環境

日本交通の特徴として新卒採用を積極的に行うという点もあります。この点についても日本交通に若手ドライバーが多いことの理由になっているといえるでしょう。
新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということも、日本交通で勤務することのメリットといえるのではないでしょうか。

日本交通では、新卒採用者に対しての研修制度なども充実しており、社会人としての経験がないことも見据えた上での教育をしています。
都内にも多くのタクシー会社がありますが、日本交通のように研修制度が充実している会社は他に類を見ないといっても過言ではありません。

確かに研修の時間は設けているものの、極めて形式的なものに終わってしまっているというケースが大勢を占めているのが実態かもしれません。

日本交通では、新卒採用者を一からしっかりと育てることが、本人はもとより、タクシー業界全体にとってもプラスに寄与すると考えているのです。

タクシードライバーとしてのスキルを身につけることで、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるということにもつながります。

現に他の業界に勤務している同世代と比較しても、年収が多いという若手ドライバーが目立ちます。

長きにわたって活躍できるタクシードライバー

若者の就職先として日本交通が選ばれる理由にもなっているのが、タクシーは将来を見据えた働き方ができるという点にもあります。

当然ながら、若者といえども、将来の自分のあるべき姿などを念頭に置いた就職先選びをすることになります。
今が良ければ良いというような考え方をする人はいないといっても過言ではないでしょう。

新卒採用で入社する際には、独身であっても、将来的には結婚して家庭を築くなどという将来像を思い描くことも大切なことではないでしょうか。
子供を設けてマイホームを購入したいなどの夢や目標を掲げている人も多いはずです。

日本交通では、新卒採用をした社員が、将来も安心して勤務することができるような環境づくりにも積極的に注力しています。

タクシードライバーとして、運転のスキルやテクニックを身につけるということ以外にも、時代の流れを先読みしたさまざまな取り組みをしているのも特徴の一つです。

例えば、グローバル社会を視野に入れての取り組みとして英会話の習得や、高齢化社会に向けての介護タクシーの導入など、タクシードライバーとして長きにわたって活躍することができるようにサポート体制を盤石なものにしようとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アプリ導入や有名企業とのコラボで知名度が高い!タクシードライバーへの転職なら、働きやすい環境のある日本交通へ!

アプリ導入や有名企業とのコラボで知名度が高い!タクシードライバーへの転職なら、働きやすい環境のある日本交通へ!

これからタクシードライバーへの転職を目指す方もいるはずです。
その際に、何を基準にして職場を選ぶのかは人それぞれでしょう。

しかし、ドライバー未経験者のように業界に疎い方にとっては、色々と迷うかもしれません。
そこで、業界最大手で知名度も高い日本交通について、ここでは詳しく紹介します。

日本交通は知名度も給与水準も抜群!

昭和3年(1928年)創業の日本交通は、業界でも抜群の歴史と実績を誇るタクシー会社です。特にこれからタクシードライバーへの転職を目指す方には、まさにおすすめしたい業界最大手の企業です。
このような会社は知名度が高いだけではなく、給与が高いことや福利厚生など働きやすい環境が整っているからです。

例えば給与については、業界でもトップクラスの水準を誇ります。未経験者でも入社1年目で既に平均420万円を実現。
これが2年目になると約450万円にアップし、さらに5年目を過ぎると最高で約790万円にまで達するドライバーも現れます。

また、充実した福利厚生も日本交通の魅力の1つ。
年金保険や健康保険といった社会保険の完備はもちろん、年次有給や特別休暇制度も充実しています。その上、従業員やその家族の将来を考えた財形貯蓄制度をはじめ、自社工場によるマイカー車検修理割引制度、あるいは無事故表彰他諸制度など、従業員の経済的な負担軽減やモチベーションUPにつながる制度も豊富です。加えて、日本交通では社内のサークル活動がとても活発。
野球やサッカーなどのスポーツの他に、囲碁や将棋、書道や園芸など、幅広いジャンルのサークルが存在します。
プライベートでも従業員同士の交流機会が沢山ある、充実した楽しい職場環境です。

未経験者にも丁寧な研修制度!研修後のフォローも充実!

日本交通では、未経験者の方でも短期間で一人前のドライバーになれるように、密度の濃い丁寧な研修プログラムを用意しています。
まず未経験者の方が入社すると、タクシードライバーには必須である第二種運転免許の取得へ向けて学びます。日本交通独自の教育システムによる指導で、最短9日間で取得可能です。
なお、取得にかかる費用は、会社が負担するので心配ありません。

また、総合研修センターに入ると、地理マスターから接客スキルまで、きめ細かく丁寧な指導を受けます。
さらに、各営業所へ配属後の実地研修では、熟練の教官が同乗しながらマンツーマンで指導を行います。この際には、単に運転スキルや地理状況を覚えるだけではなく、お客様の多いルートや時間帯などをきめ細かく学びます。

このように未経験者の方でも一人前のドライバーとして自立できる、優れた研修制度が日本交通にはあります。
そして、研修が終わった後も、各営業所で実施される会議や勉強会などを通じて、お客様の乗車率や売上げをレベルアップするためのフォロー体制があります。
その上、入社後から3ヶ月間は月給40万円を保証してくれるので、当初は仕事に不慣れな未経験者の方でも、安心して業務に集中できます。

業界最大手ならではの集客システムで、無理なく稼げる!

通常タクシー業界では、ドライバーに歩合制を適用する会社がほとんどです。そのため努力や工夫次第では、未経験者の方でも入社1年目からどんどん稼ぐことが可能です。日本交通ではそんな熱意のあるドライバーに応えられる、数多くの集客システムを用意しています。
例えば、人の流れの多い複数の主要スポットに専用乗り場を設置しているので、お客様を探す時間や手間をかけることなく、スムーズに乗車率をUPすることが可能です。

また、日本交通ではお客様がいつでもどこでもタクシーを呼び出せるように、便利で快適な「配車アプリ 全国タクシー」を導入しています。
ドライバーはお客様のもとへ無駄なくスピーディーに直行できるため、このアプリ導入が集客率UPに結びついています。
これらの他にも、日本交通では有名企業とのコラボにより、タクシーの車体に特別なラッピング塗装をすることで、定期的にプロモーションを行う取り組みをしています。こういった車体は有名企業のプロモーションに役立つだけではなく、街中で人々の目を惹き付けるため、タクシー利用率の向上にもつながります。

そしてもう1つ日本交通の集客システムで忘れてはならないのが、タクシーチケットの存在です。官公庁や大手企業をはじめ、約1万以上の法人と契約しているので、日本交通を選んで乗車いただける客単価の高い固定客を、コンスタントに集客できます。
このように日本交通には、業界最大手ならではの優れた集客システムがあります。

無理なく働ける職場環境なので、女性やシニアの方にもおすすめ!

いくら収入が良くても、やはり継続して勤務できなければ意味がありません。この点、日本交通には性別や年齢に関係なく、誰であっても働きやすい環境が整っています。
夜勤のある勤務シフトについては、翌日に必ず明番や公休が設定されており、しっかりと心身が休める勤務条件になっています。
そして、勤務シフトは事前申告制なので、休日などに突発的な出勤命令や法定外の残業もありません。

また、1乗務15.5~18時間の勤務中には、必ず3時間の休憩や仮眠を取るように厳守されています。都合のよい時や場所で休めるため、女性やシニアのドライバーでも無理なくマイペースで働けます。実質的に月間11~12回乗務ということもあり、休みが多くプライベートが充実。
これなら友人や知人、あるいは家族との楽しい時間も十分に確保できます。

さらに、日本交通には、女性ドライバーに優しい職場環境があります。営業所には更衣室はもちろん、女性専用の休憩室を設けて、女性だけでリラックスできるように配慮されています。
また、タクシー全車に防犯カメラを設置している他、緊急通報システムによって、万が一の場合でも素早く対応できるように準備されています。
この他にも、女性ドライバー専用のタクシー車両や、産休育休が取りやすい勤務条件など、女性ドライバーが働きやすい職場づくりに積極的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0