東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

タクシードライバーとして稼ぐには働き続けなければならないと思われがちです。
ブラック企業並みに働き詰めにならないと稼げないというイメージがありますが、そのようなことはありません。

無理のない範囲で働き、しっかりと稼いでいる人も多くいます。タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人との違いを紹介します。

給与形態をしっかりと確かめる

タクシードライバーとして働き、高年収を稼ごうと思うのならば、ただ漫然と働いていてはいけません。高年収を稼げるようになるには、まず勤めている会社の給与形態がどのようになっているのかを確かめることが必要です。自身がどれだけ乗客を乗せて、どれだけの売り上げがあり、そのうちのいくらが実際にもらえている給与なのかということに無頓着では、稼げないでしょう。まず、ただ何となく高年収を望むのではなく、給与に対して興味を持つことが重要です。タクシー会社の給与形態は、おおよそ歩合制ですが、歩合制にもいくつか種類があるので、詳しく見ていきましょう。

歩合制のひとつはA型賃金であり、固定給に歩合給、そして賞与がもらえます。固定給があるため安定した働きができますが、歩合率が低く設定されていることが多いです。B型賃金は、いわゆる完全歩合制というものです。歩合率が高く、稼いだ分だけ取り分が多くなります。給与計算は「月の営業収入×歩合率」と分かりやすくなっています。AB型賃金は、A型とB型とを組み合わせたもので、歩合給ではありますが、月の収入の一部を積み立てして賞与とするものです。

これらの給与形態の違いから、同じ働きでももらえる収入やもらえるタイミングが異なります。自身のライフスタイルや勤務形態も合わせて、給与形態を選ぶことが稼ぐためには必要です。

勤務体系をしっかりと選ぶ

タクシードライバーは、基本的に歩合制を取り入れているため、働けば働くほど稼ぐことができます。しかし、働きづめになるということはありません。タクシードライバーの働き方・労働時間は、しっかりと定められており、違反をすると厳しい罰則があります。このことから会社側から厳しい勤務を強制されることはありません。しかし、働き方がただひとつというわけではなく、様々な勤務体系の中から自分に合った勤務体系を選ぶことが必要です。ライフワークバランスを考慮しつつしっかりと選ばなければ、稼げないタクシードライバーになってしまいます。

タクシードライバーの勤務体系は、おもに昼勤務と夜勤務、そして隔日勤務とに分かれています。昼勤務とは、普通のビジネスマンと同じく8時間勤務に1時間休憩、おおよそ朝の7時から夕方16時まで働くという働き方です。早朝のビジネスマンや高齢者が利用することが多く、売り上げも多いです。夜勤務は、夜だけ働く働き方であり、繁華街へと向かう人、帰宅する人が利用します。深夜割増もあり、利用者も多いため稼ぎやすいです。隔日勤務とは、昼勤務と夜勤務を合わせて2日分を働く働き方です。20時間勤務に3時間の休憩となります。タクシー会社では主流の働き方です。

どのような客層を相手にすることが得意なのか、自分に合った働く時間はいつかを選んでいくと、無理をすることなく稼げるでしょう。

工夫して働く

タクシードライバーが効率よく稼げるようになるためには、給与形態や勤務体系にばかり気にかけているだけではなく、様々な工夫が必要です。タクシードライバーに必要となる技術は、ただ乗客を目的地まで安全に送り届けるための運転技術だけではありません。東京都においてタクシードライバーをするのならば、東京都内の道を知っているだけではなく、どのようにすればより稼げるのかを考えることが必要とされます。稼げないタクシードライバーは、何の工夫もなく道を走らせるだけのドライバーです。

東京都でタクシードライバーをするのならば、東京都内の道に詳しいことは当たり前です。ただ道を覚えるのではなく、どのような道・どのような時間帯にタクシー利用者が集まりやすいのかを日々分析することが効率的な利用客の獲得につながります。道についての情報ばかりを気にするのではなく、その日のどこでどのようなイベントがあり、どの時間帯にどこに行けば利用者を獲得することができるのかを、確かめている人の方が確実に稼げることは確かです。休憩時間も、稼ぎ時に被らないように取るなどといった工夫をする人の方が、より稼ぐことができるでしょう。

タクシー会社をしっかりと選ぶ

タクシードライバーが稼ぐためにできることは、自分自身でできる工夫・技術の上達以外にも様々なことがあります。それが、しっかりと稼ぐことができるタクシー会社を選んで転職・就職をするということです。給与形態や勤務体系が自分に合った会社を選ぶということもそのひとつですが、それ以外にも安心・快適に働くことができる制度や設備が整っているかどうかをしっかりと見極めることが必要となります。転職・就職したばかりの初心者では、すぐに稼げないことが当たり前です。そのような時期もしっかりと乗り切ることができる制度があると、長く働き、稼ぐことができるようになるでしょう。

長く稼げるタクシー会社には、給与保証や研修体制がしっかりと整っています。初心者のうちは、タクシードライバーとして稼げるための技術がしっかりと身につけられていません。そのような初心者や社員に対して研修体制を整えている会社は、ドライバーを大切にする会社です。また、不安定な時期も安定して働くことができるように、決まった期間・決まった金額の給与保証がある会社は、安心して働くことができ、次第に稼げるようになります。さらに、休憩時間を過ごすための休憩室や車を整備するための洗車場・ガソリンスタンドがある会社も設備が整っており、快適かつ効率的に稼ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

あなたはどっち?東京都内でタクシードライバーへ転職して稼げる人と稼げない人の違い

東京都内のタクシードライバーの求人の多くは完全歩合制や一部歩合制。転職してすぐに稼ぐ人もいれば、思うように稼げない人がいるのも事実です。

では、タクシーで稼げる人と稼げない人との違いはなんなのでしょうか?

最初から稼げる人は…いる!?

東京都内のタクシードライバーの求人を見ると、「入社後◯カ月間は給与保証◯◯万円」というような広告を多く見かけると思います。完全歩合制という勤務体系がほとんどのタクシー業界。給与保証はとても心強いですよね。

しかし、まったくの未経験で入社した人の中にも、最初から保証給以上の金額を稼げる人がいます。どんな人でしょうか?

それは研修や試験を通じて教わった基本を忠実に実行できている人です。例を挙げると、空車時は左側車線をゆっくり走るようにと教わるはずです。当たり前のように思えますが、稼げない人はこれができていません。どこかで怠けてしまったり、忘れてしまっています。

「経験を積んで、道に精通していないと稼げないのではないか?」「お客さんの多いポイントを熟知していないと稼げないのではないか?」こんな風に考えてしまう方も多いでしょう。これらは決して誤りとは言いません。道に詳しい方が稼げるでしょうし、良いポイントを知っていた方が稼げるでしょう。

しかし、保証給程度の金額を稼ぐためには、これらは全く必要ありません。大切なのは簡単な基本動作を馬鹿にせずにしっかりと繰り返す事。これさえできれば新米ドライバーでもちゃんと稼ぐ事ができます。

向上心を持ち続けられるか

タクシードライバーに転職して数カ月もたつと慣れてきます。場所によっては道にも詳しくなり、よく使う抜け道なども覚えてきます。お客さんを乗せるたびに冷や汗びっしょりだったのが、涼しい顔で運転できるようになっているかもしれません。もちろん、これでもそれなりに稼ぐ事はできるでしょう。

しかしこの時期が、さらなる高年収を得る人と、それ以上稼げない人を分ける大きなポイントになります。
仮に上野周辺をメインに営業していたとします。お客さんを乗せて営業区域(営業できる地域。この場合、23区と武蔵野市・三鷹市)の端っこの三鷹市まで行ったら、あなたならどうしますか?基本通りならそのまま営業ですが、三鷹の道は素人同然。上野まで戻れば、また涼しい顔で営業できます。人によっては1時間以上もかけて回送表示を出して帰ってきてしまうかもしれません。

三鷹⇒新宿⇒日本橋…といった具合に、次々に営業できたら、どんなに効率がいいでしょう。最初はナビや地図で調べて頑張っていたはずが、詳しいエリアができてしまった事によって変なプライドや怠け心が生まれるんですね。

営業区域内の道を網羅するまで、ひたすら冷や汗を掻き続けましょう。謙虚な姿勢でお客さんに教えを乞いましょう。日々収入を伸ばしていくためには向上心を持ち続ける事が大切です。

細かい目標設定と自己管理が大切

稼げるタクシードライバーは、営収(売上)から実際に受け取る給与計算をし、日々の営業に細かく目標設定をしています。ばくぜんと「今月は手取りで35万円くらい欲しいなぁ。」ではダメです。月の目標÷出勤日数で出したおおよその日額に、出勤日の曜日などの要素を加味して、1日の目標を定めます。さらに時間帯(早朝・午前・午後・夜・深夜帯)で区切って、1日の目標を達成するにはどのようなペースでいけばいいのかを考えながら仕事に取り組みます。こうした細かい目標設定が無いと、気が付いたら月が終わってしまい「もうちょっと稼ぎたかったなぁ」の繰り返しになりがちです。

また、稼げないドライバーに共通する事は「だらしない」事。タクシードライバーの仕事は、やればやっただけ稼げる仕事ですが、やらなければ稼げない仕事でもあります。出庫して営業に出てしまえば1人きり。頑張るのもサボるのも自由です。人はついつい楽な方に流されて、自分に甘くなってしまうものです。いつでもコツコツと同じ仕事を続けているドライバーは、必ずしっかりと稼いでいます。タクシーに限った事ではありませんが、自己管理が大切なのです。

基本を忘れないドライバーはしっかり稼げる!

いかがでしょうか?タクシードライバーの仕事で稼げる人と稼げない人の違い。それはほんの些細な事の積み重ねなんですね。
当たり前の事をしっかりと継続していけるかどうかが両者を分けるカギです。たしかに東京で一番稼ぐドライバーになるには、特別なテクニックやコツが必要かもしれません。しかしそれは、もっと上のレベルの話。テクニックやコツは基本を積み重ねていった人だけが身につけられるものなんです。

この記事を読んでいただいている方の多くはタクシー未経験の方かと思います。「タクシードライバーに転職してちゃんと食べていけるんだろうか?」と、不安な思いの方もいるのではないでしょうか。

ここまでも書き綴ってきましたが、タクシードライバーは研修などで教えられた基本に忠実に、真面目にコツコツとやっていればしっかりと稼げる仕事です。さらに東京は、企業や店舗・そこで働く多くの人々がひしめく大都市。地方エリアと比べてもタクシー客自体の数も多く、ドライバーの歩合率も高い傾向にあり高年収も十分に期待できます。

しっかりと自己管理をし、真面目に取り組むのなら何一つ不安に思う事はありません。自信をもって飛び込みましょう!

0