タクシードライバーは持病を持っているなど健康面に問題があると不採用になり、就業できない例があります

タクシードライバーは持病を持っているなど健康面に問題があると不採用になり、就業できない例があります

タクシードライバーは乗客の命を預かる仕事です。
ただ道を間違えずに運転ができればよいというわけではありません。

持病などで事故を起こすことがないように常に不眠や生活習慣病など健康面に留意し、乗客を安全に目的地まで運ぶ使命があります。
そこで、タクシードライバーの健康管理はとても重要な課題となります。

心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病などがあると就業できないかもしれません

タクシードライバーになろうとしてタクシー会社に面接に行ったとき、担当者から必ず健康面のことについて聞かれます。そのときに、タクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)を持っている場合は、不採用になることがあるでしょう。心臓疾患や糖尿病は、狭心症や低血糖により、就業中に突然意識を失うことがあります。また糖尿病と肝硬変は体力の低下が起こり、体調管理が難しく、健全な就業が困難になるかもしれません。さらにある種の精神病やアルコール依存症などでは錯乱状態になることも考えられます。このような健康面でのリスクを抱えていると、乗客を安全にタクシーに乗せて運ぶことは難しいと判断され、不採用になってしまうのです。

このような持病を持っている場合は、事前に医療機関にかかり、タクシードライバーとして就業できるかどうか、医師に相談してみましょう。治療によって改善される可能性がある、あるいは治療中で疾病が改善されつつあるのなら、その旨を記載した診断書を書いてもらうとよいです。そして面接時に診断書を提出するとともに、持病について面接担当者とよく話し合いをし、持病の改善や健康管理に努めていることを真摯に訴えましょう。

持病については採用担当者に正直に話し、健康管理への意欲を見せましょう

上記のような持病があるにもかかわらず、それを隠して採用試験を受け、面接に合格しても健康診断があるのです。早い場合はその日のうちに、あるいは数日内に健康診断を受けなければなりません。もしその健康診断の結果、数値に異常があれば、面接時の自己申告と違うことになり問題になります。採用が取り消しになるかもしれません。それほどタクシードライバーの健康管理は重要なわけです。不採用となった場合、他のタクシー会社の入社試験を受けても、他社でも働けない場合があるから注意する必要があります。

どのタクシー会社も同じように健康診断をしていますし、健康診断をする医療機関が違っても、検査結果に変わりはありません。タクシー会社によって、採用基準となる検査結果の数値に多少の誤差があっても、どのタクシー会社も同じような基準で健康診断の結果を判断します。1社で健康が原因で就業できない例があれば、他の会社でも就業できないと考えたほうがよいでしょう。ですから嘘をつかず、正直に持病について面接官に話しましょう。全く就業不可能な健康状態なのか、それとも、ある程度の努力をして健康診断の数値が改善されるのであれば就業できるのか、それが判断できれば、自分が今後どうするべきかも見えてきます。就業できるようになるまで健康状態を改善させる、あるいは今より悪化させないための努力をすれば就業できるなどということがわかれば、自分自身の安心にもつながります。

栄養、運動、休養に配慮し、適度な飲酒と禁煙が大切です

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣は、まず栄養バランスの取れた食事を3食きちんと食べること、適度な運動をすること、休養や睡眠を十分にとり、メンタル面に気をつけることです。心臓病や糖尿病、肝硬変などは食事や飲酒が原因になっていることが多いのです。塩分や脂肪が多すぎると肥満や高血圧になりやすく、動脈硬化を起こし、心臓病や糖尿病などの生活習慣病につながります。炭水化物や脂質、たんぱく質、ミネラルなどをバランスよく摂り、肥満や高血圧にならないよう気をつけましょう。また飲酒もカロリーが増える原因ですし、飲み過ぎるとアルコール性肝炎など肝臓疾患にかかりやすくなります。また二日酔いをするほど飲酒をする習慣があると、タクシードライバーになったとき、業務に支障が出ますから、適度な飲酒を守らなければなりません。

さらに禁煙することが大切です。タクシーを運転しながら喫煙をすることは不可能ですし、タバコの臭いのついた制服でタクシーを運転することは、サービス業としてのマナー違反になるともに、個人だけでなくタクシー会社全体の問題に発展します。また喫煙は肺の病気やがん、脳卒中、心臓病などの危険因子とされていますから、喫煙習慣のある人は、タクシードライバーを目指すのを機に禁煙するとよいでしょう。

タクシードライバーは常日頃から健康管理や生活習慣病予防が大切です

タクシードライバーになれたとしても、タクシー会社の場合は半年に1度、健康診断があります。一般の企業は健康診断が年に1回なので、タクシー会社はそれだけ健康を重視していることになります。年に2回健康診断があると、ちょっとした生活習慣の乱れが検査結果に影響することがあります。したがって、常に健康に気をつけて生活をすることが大切です。タクシードライバーはサービス業であり、いろいろな乗客を相手にすることから、ストレスが溜まりやすい職業です。普段の生活や休みの日などにストレスを発散するよう工夫しましょう。またタクシードライバーは常日頃から座ったままなので、腰痛を起こす人が多くなっています。空き時間にストレッチをする、入浴で腰をよく温めるなど、腰痛を改善することが大切です。また適度なウォーキングは腰痛予防や改善の効果があります。

常日頃から運動不足であったり、肥満があったりすると、タクシードライバーを続けられなくなる恐れもあります。自覚症状がある、健康診断の結果に異常があるなどの場合は、必ず医療機関を受診して治療に専念しましょう。自分の身だけでなく乗客の安全を守るために、健康面に十分配慮し、安全運転を続けていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーは健康面に問題があると不採用になりやすい?!就業できない例や注意したい持病をご紹介します!

タクシードライバーは健康面に問題があると不採用になりやすい?!就業できない例や注意したい持病をご紹介します!

タクシードライバーは、毎日の健康管理が必要。これから転職を考える場合にも、健康面のチェックはぜひ済ませておきたいところです。

タクシードライバーへの転職で、不採用になりやすい事例や、気を付けたい病気などについて今回は取り上げていきます。

体調管理が求められるのがタクシードライバーの仕事

タクシードライバーの主な仕事は、乗客を乗せて希望の場所まで送迎することです。
タクシー会社によっては、簡単な観光ガイドのような業務も請け負うタクシー会社もありますが、メインはやはり乗客の送迎になります。

運行中、乗客はいわばドライバーに命を預けた状態です。運転ミスによって、大きな事故に巻き込まれる可能性もあるため、ドライバーは常に慎重な運転を心がける必要があります。
ただ、どんなに慎重な方でも、体調が悪い時には判断が狂いがち。

従って、タクシードライバーは日頃から体調管理が求められてきます。
転職の際の採用面接でも、健康面についてのチェックは、大抵行われます。持病があるかどうかや、飲酒の習慣などを質問される場合もあるでしょう。

タクシードライバーの仕事は、シフトによっては長時間に及ぶケースも出てきます。
こういった時に、きちんと仕事をこなせる体力があるかも、1つのチェックポイントになります。

タクシードライバーへの転職を考える時には、自分の体調や体力についても考慮しながら、応募するかどうかを決めていくのがベストです。

短時間のアルバイトが可能なタクシー会社もありますので、各社の勤務スタイルについてもじっくりと比較しておきましょう。

採用のネックになりやすい持病は?

タクシードライバーへの転職で不採用になるケースがあるのが、特定の病気を持っている場合です。

例えば、いつ発作が起きるか分からない重度の心臓病やてんかんなどを患っている方は、不採用になる可能性が高くなります。
こういった病気は、万が一発作が起きると意識を失う恐れがあります。安全な走行が出来る状態かどうかは、採用の1つの基準になるでしょう。

また、メンタル面の病気やアルコール依存症も、不採用になりやすい持病です。
その他、中高年世代に多い糖尿病や肝硬変といった病気が原因で、就業できない例も見られます。

糖尿病や肝硬変の方は、体力が低下しやすく、一般的に体調管理が難しくなります。業務によって睡眠不足や過労が生じると、万全の態勢で就業するのが困難になることも。

このようなタクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)を持っている方の場合は、まず医師や採用担当者に相談してみるのも1つの方法です。
業務をこなす上で支障がない病状であれば、医師の診断書を添付することで、就業が出来るケースもあるかもしれません。

隠し立てすることなく、迷った時には相談をするのが良い方法になるでしょう。

持病がある時に気を付けたいこととは?

どうしてもタクシードライバーとして働きたい方は、面接で実際よりも軽く病状を申告することがあるかもしれません。
こういった自己申告で、無事に面接を通過出来た、というケースもあるでしょう。

ただ、タクシードライバーに転職する時には、面接に合格しても健康診断がある場合が多いことを忘れてはいけません。

医療機関などで行われる健康診断では、勤務能力があるか否かがチェックされます。血液検査や画像検査などで、自己申告の内容と実際の体の状態が食い違っているのが明らかになってしまうと、その時点で問題になる恐れがあります。

自分では自信があっても、実際の診断結果で問題が出た、というパターンも考えられますので、自分サイドでも自身の健康状態を正確に見極めましょう。

1つのタクシー会社で不採用になった場合、物は試しのつもりで他の会社を受けてみる方もいるかもしれません。
しかしながら、タクシードライバーの採用の基準は大体似ていることが多く、健康状態が変わらないと他社でも働けない場合があるから注意するようにしましょう。

きちんと治療をして健康状態が良くなれば、タクシードライバーになれる可能性も出てきますので、面接やヒアリングなどでは採用担当者に正確な状態を伝えましょう。

生活習慣を見直して、採用の可能性をアップさせよう!

今後、タクシードライバーとして仕事をしていきたい方は、健康に気をつけて生活をするのが、採用率をアップするための1つのアプローチになります。
糖尿病や肝硬変といった病気は、生活習慣が原因となって発症するケースが少なくありません。

実のところ、運動不足や食生活の乱れ、過度の飲酒などは、このような病気のリスクを上げる要因です。
健康診断で、たまたま血糖値や肝機能の異常を指摘されたような時には、状態が悪化しないうちに早めに生活習慣を改善しておきましょう。

ストレスや過労も、生活習慣病を誘発する原因の1つ。メタボリックシンドロームや動脈硬化、睡眠時無呼吸症候群などは、糖尿病や肝硬変とも合併しやすく、要注意です。
タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣を意識すれば、中高年世代でも問題なく面接にパス出来る可能性がアップするでしょう。

生活習慣は、一度ついてしまうと中々改善が難しいことも。

将来、タクシードライバーの仕事に就きたい時には、毎日の健康管理を徹底するのが1つのポイントになってきます。
健康状態が転職の障害にならないように、生活習慣を整えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

タクシードライバーとして転職を希望する場合、就業できないと判断されるのはどんな場合なのでしょうか?
持病など、健康面での問題があると不採用になるのか、またタクシードライバーへの転職に向けてどんなことに気を付けていけばよいかなどについて考えてみます。

タクシードライバーになれない持病

タクシードライバーは、30代からでも転職しやすい職種であると言われていますが、乗客を乗せるという責任のある職務内容であることから、採用基準としては、安全運転を徹底して実行することができる心身の健康が絶対条件となります。
自動車の運転はただでさえ交通事故などの危険が懸念されるものなので、持病などを持っていると勤務が難しくなることも少なくありません。
タクシードライバーの採用面接の際には、必ず身体検査も行われていますが、採用の際にタクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)の病歴がチェックされます。

そのような持病がある場合は、突発性の発作などを運転中に引き起こす可能性を否定できないので、治療の有無などについても詳細を確認されることになります。仮に上記の持病があったとしても、しっかりと治療を行っており、病気の進行を抑制できているという医師の判断があれば、就業可能な場合もあります。

まずは主治医などに相談をして、現在の健康状態でタクシー運転手の仕事ができるかどうかを確認しておくことが必要です。
また、就業可能ということであれば、診断書を書いてもらうのがよいでしょう。

タクシー運転手になるために気をつけることは?

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣とはどのようなことなのでしょうか?
タクシー運転手は、毎日安全に乗客を乗せるという責任の求められる仕事です。先に書いたような病気があると、就業できない例も多いですが、日頃の食生活や、習慣などにも気をつけていかなければなりません。
特に食習慣が乱れてくると、病気につながる可能性も大きくなります。

また、タクシー運転手はずっと座って運転し続けるという職業柄、腰痛を起こしやすいですが、その腰痛に繋がりやすくなる肥満は避けたいところです。
面接の際に一定の基準を超えていると不採用になる場合もあるくらいなので、過度の肥満に陥ることがないように日頃の生活習慣を見直しておきましょう。

また、健康面以外のことでは、物を立体的に見る視力などのより深い視力を養うことが必要になります。
タクシー運転手には、普通自動車第一種免許以外にも、乗客を乗せて運転する際に求められる、普通自動車第二種運転免許も必要となります。
試験を受けるのは入社後であり、勤務先に費用を負担してもらえますが、深視力が劣っていると試験に受からない可能性が高いので、気をつけなくてはいけません。

タクシー運転手の採用試験とは?

いざ、タクシー運転手への転職を決めて、採用試験を受けようとすると、どのような流れになるのでしょうか?
タクシー会社によって試験の内容や、日程は多少異なるかもしれませんが、大まかな流れとしては、まずは会社が行う説明会に参加をして、入社の意向がある場合は面接の予約をします。
その後、履歴書や職務経歴書を持参して面接に臨みます。その場でエントリーシートに記入をして書面での適正検査、診断や深視力の測定などを行います。
ここまでの流れでは会社によって内容の差はあるかもしれません。

重要なのは、仮に面接に合格しても健康診断があるということです。
健康診断は面接の日の午後にすぐ行われる場合もあれば、後日行われる場合もあります。

タクシー運転手の業務は長時間に渡る肉体的にも身体的にも疲労する仕事です。応募者の健康状態に関しては、何より重要に考えている会社が多いです。
採用の基準に関わる持病の有無だけではなく、慢性的な腰痛はないか、睡眠時無呼吸症候群のリスクはないかどうかについてもチェックされます。

健康面に問題があり不採用となれば、タクシー会社の採用試験の基準はどの会社も大体同じであることが考えられるので、他社でも働けない場合があるから注意する必要があります。

タクシードライバーを続けるために重要なことは?

タクシー運転手になるためには、採用を目指して健康に気をつけて生活をすることが重要であると書きましたが、それは採用されてからも同様です。
実際に業務が始まると、腰痛や、勤務時間が不規則なことによる胃痛などを引き起こしやすくなります。
一定時間座ったままの仕事になるので、ある程度は仕方ありませんが、定期的に体を少し動かす習慣をつけるなどして気をつけていく必要があります。
普段からの運動不足や、過度の飲酒や食生活の乱れは、ドライバーを続けられなくなるような病気に発展する可能性があります。

健康診断で少しでも異常が見られたら、すぐに受診して治療、改善に臨むようにしていきましょう。健康面に気を付けることは運転をする仕事を続けていくのに最も大事なことであると言えます。
それ以外にもドライバーとして、交通事故や違反などにも最大限注意を払っていかなければなりません。

万が一、一定の点数を超えてしまい免停にでもなれば、文字通り免許の効力が失われてしまうので、その間は車の運転ができなくなってしまいます。
健康面と併せて、乗客を乗せてどんな時でも安全運転を遵守することが、タクシードライバーには求められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0