タクシードライバーは稼げる!年収790万円を目指せる環境で安定した収入を望むなら給与保証がある日本交通がおすすめ

タクシードライバーは稼げる!年収790万円を目指せる環境で安定した収入を望むなら給与保証がある日本交通がおすすめ

タクシードライバーは年収800万円近くを目指すこともできる転職先として夢のある職業です。
そんな稼げるタクシードライバーになるためには、まずドライバーをしっかりサポートしてくれるタクシー会社に入ることが重要です。

そこで今回は、ドライバーの平均年収業界トップクラスの日本交通をご紹介します。

未経験の転職者でも安心の研修体制と給与保証!

待遇に不満があるとはいえ、慣れた仕事を辞めて未経験分野へ転職するは不安だと考えて転職に踏み出せないという方は多くいらっしゃいます。
そんな方には、日本交通でタクシードライバーになるという選択がおすすめできます。

未経験者が日本交通でタクシードライバーになるメリットは主に、充実した研修体制があることと、給与保証があるという二点にあります。
タクシードライバーになるには二種免許の取得が不可欠です。通常は教習所に費用を払って教習を受ける必要があります。

でも、日本交通に入れば会社がその費用を負担してくれるので無料で二種免許を取得することができます。
また、日本交通では研修期間中でも1万円の日当と交通費支給という手厚いサポートがあるので研修期間中の生計も安定させることができます。

費用面だけでなく研修内容も優れています。運転、接客、地理などの基礎的な研修はもちろん、売上向上の研修があるのが日本交通の特徴です。研修を修了し、業務を開始する最初の一ヶ月目から安定した収入を得ることができるように充実した研修が実施されています。
そのため、未経験1年目の平均年収でも420万円という実績を残しています。

研修がしっかりしているとはいえ、最初の数か月はしっかり稼げるか不安だという方でも安心です。
日本交通では、初めの三ヶ月は40万円の月額保証制度があります。つまり、最初からある程度稼げる環境で業務を始めることができるのです。

業界最大手ならではの集客力だから乗客確保に困らない

日本交通は7年連続で売り上げナンバーワンを獲得した実績もある業界のリーディングカンパニーです。
業界最大手で働く安心感の中でタクシードライバー-として働きたいなら、日本交通がおすすめです。

日本交通が高い売り上げを残すことができる理由は、その集客力にあります。
専用乗場や無線配車など稼げる環境が日本交通には揃っているので乗客を確保できないという状況に陥りにくいのです。

また、日本交通の営業所は都心にあって営業しやすいという点も高い集客力を支えています。アプリでの配車など時代にあった営業方法をしていることもスマホの使用率が上がっている現代社会においては有効な方法であり、成功を収めています。
こうした集客の強さがドライバーの高年収にもつながるのです。

さらに、日本交通では従来のタクシー会社にはない幅広い取り組みを実施しています。
外国人観光客を相手に運転だけでなく観光ガイドも行う観光タクシー、親御さんに代わって塾の送迎などを代行するキッズタクシー、高齢者や身体が不自由な方の通院や買い物をサポートするケアタクシー、いつ起こるか分からない陣痛の時に駆け付ける妊婦さん向けの陣痛タクシーなどサービスの幅を拡大しています。

事前申告制でノルマなし!自分の時間もしっかり確保できる

都心を中心に営業する日本交通は年収790万円を目指せる環境であると言えます。
しかし、高年収を目指せるからと聞いて、タクシードライバーになってその実態が法外な労働時間であっては元も子もありません。

「自分の時間を確保できる仕事がしたい」という思いから転職を決意した方もいらっしゃるかと思います。
業界のリーディングカンパニーである日本交通はドライバーがプライベートにあてる時間もしっかり守ってくれるので安心の転職先です。

日本交通はドライバーの勤務状況の管理もしっかりしています。なので、法定外の残業を強いられることもノルマを課せられることもありません。

事前申告制でシフトを組むので、あらかじめ連休を組むことも可能です。
日本交通のタクシードライバーの1日の過ごし方で多いのが、AM8時~AM2時という18時間勤務です。間にはランチタイムの休憩、義務づけられている乗務中の仮眠・休憩が3時間あるので安全運転を継続して行うことができます。

勤務日の翌日は休みになるので、次の乗車に向けてリフレッシュする時間も充分にあります。
この働き方を隔日勤務と呼びます。

プライベートな時間を作りやすい働き方で、公休ももちろんあるので、趣味の時間や家族との時間も守ることができます。

タクシードライバーとしてのキャリアアップも可能!

日本交通には、充実のキャリアアップが用意されています。

日本交通には一般のタクシードライバーのほかに、「エキスパート・ドライバー」と呼ばれるドライバーがいます。エキスパート・ドライバーによるサービスを「EDS(エキスパート・ドライバー・サービス」と呼びます。
エキスパート・ドライバーだけが行うことができるのが、観光地をガイドする観光タクシー、要介護者をサポートするサポートタクシーなど専門的な知識が必要となる業務です。

エキスパート・ドライバーになると、更なる高収入が期待できます。

エキスパート・ドライバーになるには、必要とされる資格を取得する必要があります。
ユニバーサルドライバー研修というサポート専用の車両を運転し、介助を必要とするお客さんをサポートするノウハウを学ぶ研修や、介護職員初任者研修、MFA研修、観光タクシーのための東京シティガイド検定や英検など必要な研修や試験を受ける必要があります。

日本交通はこうした資格を取得し、タクシードライバーとしてキャリアアップしたい人のサポートも手厚くなっています。
研修等に必要とされる費用は全て会社負担です。

安定した仕事環境の中でキャリアアップも目指すことができるのは、日本交通でタクシードライバーになる大きな魅力の一つなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーは持病を持っているなど健康面に問題があると不採用になり、就業できない例があります

タクシードライバーは持病を持っているなど健康面に問題があると不採用になり、就業できない例があります

タクシードライバーは乗客の命を預かる仕事です。
ただ道を間違えずに運転ができればよいというわけではありません。

持病などで事故を起こすことがないように常に不眠や生活習慣病など健康面に留意し、乗客を安全に目的地まで運ぶ使命があります。
そこで、タクシードライバーの健康管理はとても重要な課題となります。

心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病などがあると就業できないかもしれません

タクシードライバーになろうとしてタクシー会社に面接に行ったとき、担当者から必ず健康面のことについて聞かれます。そのときに、タクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)を持っている場合は、不採用になることがあるでしょう。心臓疾患や糖尿病は、狭心症や低血糖により、就業中に突然意識を失うことがあります。また糖尿病と肝硬変は体力の低下が起こり、体調管理が難しく、健全な就業が困難になるかもしれません。さらにある種の精神病やアルコール依存症などでは錯乱状態になることも考えられます。このような健康面でのリスクを抱えていると、乗客を安全にタクシーに乗せて運ぶことは難しいと判断され、不採用になってしまうのです。

このような持病を持っている場合は、事前に医療機関にかかり、タクシードライバーとして就業できるかどうか、医師に相談してみましょう。治療によって改善される可能性がある、あるいは治療中で疾病が改善されつつあるのなら、その旨を記載した診断書を書いてもらうとよいです。そして面接時に診断書を提出するとともに、持病について面接担当者とよく話し合いをし、持病の改善や健康管理に努めていることを真摯に訴えましょう。

持病については採用担当者に正直に話し、健康管理への意欲を見せましょう

上記のような持病があるにもかかわらず、それを隠して採用試験を受け、面接に合格しても健康診断があるのです。早い場合はその日のうちに、あるいは数日内に健康診断を受けなければなりません。もしその健康診断の結果、数値に異常があれば、面接時の自己申告と違うことになり問題になります。採用が取り消しになるかもしれません。それほどタクシードライバーの健康管理は重要なわけです。不採用となった場合、他のタクシー会社の入社試験を受けても、他社でも働けない場合があるから注意する必要があります。

どのタクシー会社も同じように健康診断をしていますし、健康診断をする医療機関が違っても、検査結果に変わりはありません。タクシー会社によって、採用基準となる検査結果の数値に多少の誤差があっても、どのタクシー会社も同じような基準で健康診断の結果を判断します。1社で健康が原因で就業できない例があれば、他の会社でも就業できないと考えたほうがよいでしょう。ですから嘘をつかず、正直に持病について面接官に話しましょう。全く就業不可能な健康状態なのか、それとも、ある程度の努力をして健康診断の数値が改善されるのであれば就業できるのか、それが判断できれば、自分が今後どうするべきかも見えてきます。就業できるようになるまで健康状態を改善させる、あるいは今より悪化させないための努力をすれば就業できるなどということがわかれば、自分自身の安心にもつながります。

栄養、運動、休養に配慮し、適度な飲酒と禁煙が大切です

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣は、まず栄養バランスの取れた食事を3食きちんと食べること、適度な運動をすること、休養や睡眠を十分にとり、メンタル面に気をつけることです。心臓病や糖尿病、肝硬変などは食事や飲酒が原因になっていることが多いのです。塩分や脂肪が多すぎると肥満や高血圧になりやすく、動脈硬化を起こし、心臓病や糖尿病などの生活習慣病につながります。炭水化物や脂質、たんぱく質、ミネラルなどをバランスよく摂り、肥満や高血圧にならないよう気をつけましょう。また飲酒もカロリーが増える原因ですし、飲み過ぎるとアルコール性肝炎など肝臓疾患にかかりやすくなります。また二日酔いをするほど飲酒をする習慣があると、タクシードライバーになったとき、業務に支障が出ますから、適度な飲酒を守らなければなりません。

さらに禁煙することが大切です。タクシーを運転しながら喫煙をすることは不可能ですし、タバコの臭いのついた制服でタクシーを運転することは、サービス業としてのマナー違反になるともに、個人だけでなくタクシー会社全体の問題に発展します。また喫煙は肺の病気やがん、脳卒中、心臓病などの危険因子とされていますから、喫煙習慣のある人は、タクシードライバーを目指すのを機に禁煙するとよいでしょう。

タクシードライバーは常日頃から健康管理や生活習慣病予防が大切です

タクシードライバーになれたとしても、タクシー会社の場合は半年に1度、健康診断があります。一般の企業は健康診断が年に1回なので、タクシー会社はそれだけ健康を重視していることになります。年に2回健康診断があると、ちょっとした生活習慣の乱れが検査結果に影響することがあります。したがって、常に健康に気をつけて生活をすることが大切です。タクシードライバーはサービス業であり、いろいろな乗客を相手にすることから、ストレスが溜まりやすい職業です。普段の生活や休みの日などにストレスを発散するよう工夫しましょう。またタクシードライバーは常日頃から座ったままなので、腰痛を起こす人が多くなっています。空き時間にストレッチをする、入浴で腰をよく温めるなど、腰痛を改善することが大切です。また適度なウォーキングは腰痛予防や改善の効果があります。

常日頃から運動不足であったり、肥満があったりすると、タクシードライバーを続けられなくなる恐れもあります。自覚症状がある、健康診断の結果に異常があるなどの場合は、必ず医療機関を受診して治療に専念しましょう。自分の身だけでなく乗客の安全を守るために、健康面に十分配慮し、安全運転を続けていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーは20代の若手が増えつつありますが、なぜタクシードライバーが職業として選ばれているのでしょうか。
その新卒採用を広く行って規模を拡大している日本交通の魅力についても確認しておきましょう。

人気の理由は新卒でも稼ぎやすいから

タクシードライバーが20代に人気になっている理由としてまず挙げられるのが、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるからです。タクシードライバーは新卒でも比較的高い月給で採用してもらうことができます。それに加えて営業利益を上げれば、その利益に比例する形で給料が増える歩合制になっているのが魅力です。必死に努力して乗客を獲得し、売り上げを伸ばしていくと若手でも十分にベテラン並みに稼げるようになります。年功序列というよりも実力勝負なのが魅力的な部分です。

そのためにはある程度の地理感覚やノウハウを習得しなければなりません。新卒の人が最初からそのような能力を持っているわけではないので、タクシー会社も徹底した教育を行うようになっています。やり方こそ会社によって違いがありますが、その教育を受けて現場経験を積むことにより稼げるようになれるのが一般的です。特にまだ20代で若く、知識や技術の習得が早い段階でタクシードライバーになると、すぐに慣れて営業利益を上げられるようになります。その希望を持って他の人よりも稼げる仕事をしようとタクシー会社に就職する20代の人が増えているのです。

将来性が高い職業だから

タクシー会社に就職するのは将来的にも活躍できると考えられるからという若手も大勢います。タクシーは全国的に需要が伸びている状況があるからです。東京や大阪などの主要都市圏ではビジネス目的で日常的にタクシーが活用されています。ハイヤーなどもよく利用されているので、ベテランになれば高単価の仕事を得られるようになるでしょう。観光でもタクシーがよく利用されていて、外国人旅行客が増えている影響で英語を話せるドライバーも求められています。最近の若手の人たちは英語教育もよく受けているので、若手が活躍できる環境が整っていると言えるでしょう。

一方、現場でタクシードライバーとして働き続けるのではなく、経営サイドに回ることも可能です。新卒の場合には長いスパンでキャリアを考えることができます。ドライバーとして働くのに魅力があれば継続することも可能ですが、プロジェクトリーダーとしてタクシー会社を牽引する立場となったり、地方の支社のトップとして経営に携わったりすることも可能です。タクシーは将来を見据えた働き方ができるので、早い段階からタクシー会社で働いておこうと考える若手からの人気が高まっています。

上手にワークライフバランスを充実させられるから

タクシードライバーが人気の理由としてもう一つ重要なのがプライベートも充実させられることです。タクシードライバーは隔日勤務をすることが多くて大変だという印象を持っている人もいますが、考え方によってはとてもプライベートを楽しみやすい働き方とも言えるでしょう。朝から翌日の明け方まで働いたら、その日は丸一日自由に使うことが可能です。趣味に勤しむこともできれば、翌日が休みのタイミングであれば小旅行に出かけることもできるでしょう。休みや残業が明確になっているからプライベート充実というのがタクシードライバーの魅力です。

このような形でプライベートを充実させるにはある程度の体力が必要になります。まだ20代で若くて体力に満ち溢れているときであればあまり苦労せずとも隔日勤務を続けることが可能です。昼日勤や夜勤も含めて上手にスケジュールを整えればプライベートも計画的に楽しむことができ、ワークライフバランスを自分なりに充実させられます。いつどのようにして働くかについて自由度が高い現場も多く、休みや残業をどのように組み込むかを計画的に考えやすいのもメリットでしょう。

日本交通の魅力は新卒採用と教育に積極的なこと

このような状況下で特に目立って若手が増えてきているのが日本交通です。日本交通はタクシー業界でも大手であり、東京では特に多くの利用者がいることで知られています。日本交通で若手が増えているのは新卒採用を積極的に行っているからです。他のタクシー会社も新卒採用をしていますが、新卒にとって何が魅力かをよく考えて宣伝広告を行い、有望な若手を獲得する努力を続けているのが日本交通の特徴です。もともと大手として名が知られている影響もあり、若手からよく着目されるようになっています。

新卒にとっての魅力としてキャリアパスを明確にした教育を行っていることが挙げられます。まずはタクシードライバーとして働いて現場を知り、三年目にはプロジェクトリーダーとして働くことを提案しています。そして、経営サイドでの経験を十分に積んだ九年目には地方の会社の経営を担う人材になるというキャリアパスを提示しているのが日本交通です。日本交通は人を育て、タクシー業界全体のサービスを向上させることを目指しています。その経営理念に魅せられた若手が就職先として日本交通を選んでタクシードライバーになっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーへ就職・転職する際に注意すべきカード手数料などの給与天引きについて

タクシードライバーへ就職・転職する際に注意すべきカード手数料などの給与天引きについて

仕事をしていくうえで給与がいくらもらえるのかは重要です。
給与には様々な表現がありわかりにくいという問題もありますが、職場によっては様々な天引き項目や規則などがあり、実際にもらえる金額が少ないと感じることもあります。

タクシードライバーの給与で注意すべき天引きについて紹介します。

クレジットカード払いの手数料

タクシードライバーの給与天引きとして多く上げられるもののひとつが、クレジットカード払いの際にかかるカード手数料です。クレジットカードでの支払いは、現金の持ち歩きをしなくても済み、お釣りの受け取りなどといった手間も省くことができて、支払う側としては非常に便利な支払い方法といえます。しかし、クレジットカードで支払いが行われると、クレジット加盟業者であるタクシー会社は、クレジット決済代金の3から8パーセントをカード手数料としてクレジット会社に支払わなければなりません。このカード手数料が、タクシードライバーの給与から天引きされることが多いです。

どの程度がドライバーの負担となるかは、会社ごとに異なり、全額負担の場合もあれば、一部の場合もあります。大手のタクシー会社では事業者負担が多いですが、小規模のタクシー会社ではドライバー負担となることがままあるようです。クレジットカードで支払う乗客が多ければ、ひと月の負担が万単位となることもあります。また、同様にして電子マネー決済やタクシーチケット利用の場合もドライバーが手数料を負担することもあり、収入が大幅に減ってしまいかねません。

帰路の高速代金

乗客を遠方まで送り届けると、支払われる料金も大きくなり、メリットが大きいように感じますが、必ずしもそうとは限りません。タクシー会社によっては、遠方からの帰路の高速代を給与天引きにしている場合があるからです。タクシーは、通常エリアを区切り許認可制の営業となっており、遠方へ乗客を送り届けたならば、その遠方地で乗客を乗せることはできず、一度本拠地に戻らなければなりません。帰路は、遠方であることから、できるだけ早く帰るために高速道路を使用したいところですが、高速代金をタクシードライバーの負担とするタクシー会社は多くあります。

高速道路を利用せず一般道で帰ることもできますが、本拠地に戻るまでに時間がかかり、その日一日遠方への乗客以外の営業をすることができないといったことになりかねず、営業利益が落ちてしまう可能性は大きいです。遠方からの帰路の高速代が、会社の負担ではなくタクシードライバーの給与天引きとなると、その負担は大きなものとなります。遠方まで乗客を乗せ、長時間の移動に耐えて頑張って仕事をしたとしても、手に入ってくる給与が少なくなる可能性が大きいので注意が必要です。

事故に関する費用

タクシードライバーを仕事としていると、交通事故の危険を100パーセント回避することはできません。もし、交通事故を起こしてしまうと、車両の修理代金やけがをした場合の治療費、けがをして仕事をできなくなった場合の休業補償といった損失が発生してしまいます。これらの費用は、通常ならばタクシー会社が加入している保険会社の自動車保険や交通事故の相手の保険でカバーされ、修理も中古パーツを使用して安く修理されることが多いです。しかし、契約の内容によっては保険給付金の対象外となることもあり、その費用負担がタクシードライバーへとかかる場合もあり、大きな重荷となる場合もあるので注意が必要です。

タクシードライバーへ、事故負担金の給与天引きがなされるのは、一種のペナルティーです。事故抑制を目的として、制裁金や罰則金として天引きされるものであり、場合によってはタクシー会社に事故による費用損失がなかったとしても支払わされることがあります。労働基準法では損害賠償金を給与天引きすることは禁止されて言いますが、罰則金として天引きされていることが多いのが実態です。自己のレベルや状況により負担金額が変わることもあるので、詳しく調べることをお勧めします。

ガソリン代金・トラブル・その他の費用

タクシードライバーは、どのような状況で、どのような要望を持った乗客が乗ってくるかわからないので、頻繁に給油をする必要があります。ガソリン代金の負担を減らすために、タクシー会社では使用するガソリンスタンドをあらかじめ指定していることがありますが、必ずしもその指定のガソリンスタンドで給油することができるとは限りません。指定外のガソリンスタンドで給油した場合のガソリン代金を給与天引きでドライバーの負担としているタクシー会社もあります。また、乗客との間での盗難等のトラブルが発生した場合、その対応はタクシー会社によって様々です。

ドライバーに重大な過失があっても、賠償金をそのまま支払うことを要求されることは少ないですが、罰則金や制裁金として負担しなければならないこともあります。
給与の内訳や天引き項目はタクシー会社によってそれぞれ異なります。タクシードライバーへ就職・転職を希望するならば、細かな取り決めを面接や口込みなどであらかじめ確認することが重要です。「給与の内訳は入社前に確認をする」、これを怠ると後々もらえる給与の少なさから、モチベーションが下がってしまい、仕事が苦痛となりかねません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

タクシードライバーと言えば中高年や、中途採用者が多いイメージが世間一般では強いかもしれません。
しかし、今や若手のドライバーも、業界では目立ち始めました。
もちろんタクシー会社側が若手や新卒者を積極的に採用していることも、その理由として挙げられます。

ここでは業界最大手の日本交通のケースを紹介しましょう。

無理のない勤務体系でプライベートもバッチリ!

国内での少子化や高齢化に伴う労働人口の減少が予想される中で、タクシー会社でも若手の人材を確保するために、様々な取り組みを行っています。
この点、業界最大手の日本交通でも、20代の方に魅力ある就職先として選ばれるように、若手が活躍できる環境づくりに積極的です。

例えばプライベートを重視する若手の傾向をしっかりと捉え、勤務体系にも配慮しています。
通常、深夜勤務を含めた勤務時間は1乗務15時間30分ですが、翌日は必ず公休や明番になるようにシフト設定されています。
その結果、月換算では11~12回程度の隔日出勤で済むので、月の約半分をプライベートの時間に使うことができます。

また事前申告によるシフト制により、突発的な休日出勤や法定外の残業などは一切ありません。このように、休みや残業が明確になっているからプライベート充実なのも、若手にとっては嬉しい職場環境と言えるでしょう。

さらに、勤務時間中は3時間の仮眠や休憩を遵守しており、過剰労働にならないように徹底しています。
仮眠や休憩も自分の都合のよい時や場所で取れるので、ドライバー未経験の若手でも、無理なくマイペースで働くことが可能です。

業界トップクラスの給与水準で、モチベーションUP!

また、就職するにあたって最も気になる収入面でも、業界最大手にふさわしい魅力が日本交通にはあります。通常タクシー業界では、タクシードライバーに歩合制を適用している会社が大多数。
そのため、活発でフレッシュな新卒なら圧倒的に他の人より稼げる環境があります。
とはいえ新卒採用である以上、運転スキルや地理に疎いため、当初はなかなか売上げに結びつかないのも現実です。
そこで日本交通では、乗車デビュー後の3ヶ月間は月給25万円を保証しています。これならば収入を気にせず業務に集中して、いち早く仕事に慣れることが可能です。

さらに、日本交通の給与水準は、業界でもトップクラスである点も見逃せません。入社1年目の平均給与は約420万円を誇り、これは全業界における新卒者の平均給与の約2倍に当たります。
それが2年目になると約450万円にアップし、5年目を過ぎるころには700万円を超えるドライバーも続々と登場します。
このように歩合制だからこそ、若手でも努力と熱意次第でいくらでも稼げる、嬉しい環境が日本交通にはあります。

また、努力や工夫がそのまま収入に反映するので、ドライバーを続けていくモチベーションもますます高まります。

売上げに直結する、優れた研修制度!

先述したように、日本交通には若手でもガッチリ稼げる環境がありますが、その前提として、充実した研修制度の存在を忘れてはならないでしょう。

まず、入社すると1ヶ月間は研修総合センターや各営業所で、座学や実地研修を受けることになります。
センターでは独自の教育カリキュラムによって、タクシードライバーに必須の第二種免許取得をはじめ、地理講習や接客スキル等を学びます。

なお、第二種免許の取得に必要な経費は、会社が負担するので心配ありません。また、各営業所での実地研修では、熟練の教官スタッフが同乗するマンツーマンの指導により、運転技術から地理マスター、さらに、接客対応や料金計算まで、幅広く実践的な研修を受けます。

ここで注目すべき点は、日本交通の研修では常に一貫して、売上げにつながる視点から、きめ細かい指導が行われていることです。
例えば、地理講習においては単に地理を形式的にマスターするのではなく、お客様を見つけやすいエリアをはじめ、乗車率を高めるルートや近道なども習得します。実地研修においても、各営業所のデータに基づきながら、お客様の多い時間帯や客単価の高いスポットなどを、朝礼や自主勉強会を通じて情報共有するのです。

このように、ドライバー未経験の若手や新卒者を即戦力に育て上げる、優れた研修制度が日本交通にはあります。

将来性のある人生設計が可能な、幅広く豊富なキャリアパス!

せっかくプロのドライバーとして働くなら、仕事と共にキャリアアップを図り、人間的にも成長したいものです。
この点、日本交通のタクシーは将来を見据えた働き方ができるので、若手や新卒者の方にはピッタリな職場環境です。
日本交通での具体的なキャリアパスとしては、「黄タク乗務員」と呼ばれる一般ドライバーからスタートし、入社2~3年目には「黒タク乗務員」と呼ばれる班長クラスのドライバーへと昇格します。

その後、自分の進むべき専門分野の様々な研修や資格取得を経て、「エキスパートドライバー」「スリースター乗務員」「ハイヤー乗務員」といった、よりグレードの高いドライバーへとキャリアアップが可能です。
そして、ドライバー以外にも、営業所での運行管理スタッフをはじめ、本社での人事や経理といった内勤スタッフへの配属もあります。

さらに、実力や実績が認められると、将来的には役員への道も拓けます。
なお、日本交通におけるタクシー部の執行役員や取締役は、全員タクシー乗務員の経験者です。
また、新卒で入社した場合、年に一回の自己申告制による面談を受けることができます。ここでは、直属の上司以外の専門スタッフが担当し、将来のキャリア等について親身になって相談に応じてもらえます。

このように、若手や新卒者の将来をしっかりと考え幅広く多彩なキャリアパスを用意している点も、日本交通の魅力と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

 タクシードライバーという職業は歩合制の場合が多く、年収アップを狙うには魅力的な仕事です。
 都心部で働こうと考えている方は、稼げるコツをしっかり抑えて働けば、自分の頑張り次第で高収入を目指すことができます。

都内でのタクシードライバーの必要性

 東京は眠らない街とも表現されるくらい、活動的な街です。特に都心は人口密度が高いこともあり、生活スタイルは様々で、24時間どの時間帯でもタクシーを必要とする人々がいます。

 お昼の時間帯は、地方や海外からの観光客や病院へ向かう人など、電車に乗ることが難しいという人々の利用が多いです。また夕方から夜にかけての時間帯は、仕事を終えて飲みに出かける人や夜の仕事へ向かう人などが利用します。そして深夜から朝方にかけての時間帯は電車が止まっているので、終電を逃してしまった人の利用が多くなります。このように、どの時間にもタクシーを必要とする人が一定数存在するのが、都心部の特徴です。
 
 このようにタクシー利用の時間帯に隙間がないのは、都心部だけです。そのため稼げるチャンスはお客様の多い都心部に多く、営業所も都心部にある営業所で働くべきだということが言えます。そして2017年から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で始まった「初乗り410円」の影響もあり、今まで初乗り730円を高いと感じて乗っていなかった人たちも、短い距離で気軽に乗るようになりました。都内のタクシー利用人口は増加の傾向にあり、タクシードライバーの必要性も高まっています。

どんなタクシー会社に入れば良いのか

 人口の多い都心部でタクシードライバーになれば、すぐに稼ぐことができそうですが、しっかり稼ぐにはコツがあるため、誰でも高収入にはなれないのです。そして、ただ都心部に営業所がある会社に入れば安心というわけではありません。どの会社で働くのか、ひとつの基準にすべきなのは、ブランド力のある会社で働くべきということです。

 タクシーを利用する人の中には、ブランドでタクシー会社を選ぶ人もいます。都心部にはタクシー会社がたくさんありますが、その中で全く名前を聞いたことのない会社を選ぶのは、利用客も勇気がいります。そしてブランド力があるということは、社員の教育も行き届いている証拠でもあります。利用客にとって支払う料金に差はないので、ブランド力があるほうが安心です。また実際に面接に行ってみて、職場の雰囲気が自分に合うか確認をすることも大切です。

 タクシードライバーという職業は、個人の努力次第かのように思われがちですが、同僚や会社のサポート体制も大いに影響します。多くのタクシー会社がある中で、安定して長く続けられる会社か、面接時に話を聞いて見極める必要があります。

タクシードライバーとして軌道に乗るには

 ドライバーとしてお金を頂くからには、都心部の道路をある程度は頭に入れなくてはなりません。都心部の道路は、地方に比べ一方通行が多く、交通ルールが複雑な場所も多くあります。また同じ目的地でもルートは多岐にわたりますので、周辺の地理を把握しておく必要があるのです。

 そのため、タクシードライバーという仕事で稼げるようになるためには時間がかかりそうですが、多くのタクシー会社には給与保証制度というものがあります。これは、売上が少なくても会社から給与額が保証される制度で、会社により期間は違いますが、この期間に焦らずに仕事を覚える事が出来ます。歩合制が多いタクシードライバーという仕事は、きちんと稼げるようになるまでの不安がありますが、この制度によって、仕事を覚えるまで売り上げが低くても、給与保証があるから安定しているのです。

 給与保証されている期間に、道を覚えて自分の得意なエリアを見つけたり、稼いでいる先輩の仕事のしかたを研究したりと、自分に合う働き方を探すことができます。この期間を有意義に使うことで、タクシードライバーとして軌道に乗ることができるはずです。

タクシーの集客方法の多様化と稼ぐコツ

 タクシードライバーの仕事は、ほとんどが歩合制なので、さらに年収アップを狙うには工夫も必要です。稼ぐためには、駅前のタクシー乗り場で利用客を待ったり、人通りの多い道を走って利用客を探すことだけが方法ではありません。

 タクシー会社には、無線配車やアプリ配車など流し以外の集客があるので、これらを利用することによりコツを抑えて稼ぐことができるようになりました。お客様から連絡を受け、各タクシーへ割り振られる無線配車で、安定的な乗車が期待できます。また、タクシーを指定の場所に配車できるスマホアプリも定着しつつあります。なかには、アプリ内でクレジットカード支払い可能なものもあり、その手軽さが時代に合っていると言えます。タクシードライバーが利用客を自ら探さなくても、利用客の方から来てくれるシステムがあるのです。

 タクシーが時代とともに身近な存在になり、利用客が増えるとともに、サービスの質も以前より求められるようになりました。無線配車やアプリ配車などの便利なサービスがあることは、リピートにもつながります。集客方法の多様化により、タクシードライバーは努力と工夫次第で稼げるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーの仕事は街のコンシェルジュとしての一面もあり、地域貢献や地域活性化に繋がる仕事でもあります。
多様なニーズに応えることでお客様との信頼関係を強く結び、やりがいを感じられる仕事にもなります。

街のコンシェルジュとしてのタクシードライバー

 お客様の移動手段として、お客様が行きたい場所まで車で運ぶのがタクシードライバーの仕事ですが、それだけではなく多様なニーズに応えるサービスを行っている会社もあります。地域活性化を助ける仕事や地域貢献ができる仕事街の安全を守る仕事など、タクシードライバーの仕事は幅を広げています。

 地方のタクシー会社では移動手段としてだけでは売り上げが伸び悩み、移動のほかにもさまざまなサービスを行う会社が多く見られます。近年では東京都内でも、地方で見られるような地域密着型のサービスができるタクシー会社が増えてきました。ある都内のタクシー会社では、デパートでの買い物に付き合い売り場を案内したり、病院への付き添いや観光案内など、さまざまなニーズに対応したサービスを提供しています。単なる移動手段だったタクシーのサービスは変化しつつあり、街のコンシェルジュとしてタクシードライバーが活躍できる機会も増えています。

 街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーはお客様との信頼関係を結ぶことで、とてもやりがいのある仕事になります。地域に貢献できるタクシードライバーを目指すなら、細かなサービスを提供するタクシー会社への転職も一つの方法です。

地域活性化を助ける観光タクシードライバー

 街のコンシェルジュであるタクシードライバーの仕事として代表的なのが、観光タクシードライバーです。観光スポットへタクシーで運ぶというだけではなく、おすすめの観光スポットや飲食店、穴場のお土産屋に案内するなど、観光案内するのも仕事に含まれます。タクシードライバーなら誰でもなれるというわけではなく、観光タクシードライバーになるには一定の条件があります。

 都内では東京観光タクシードライバー認定制度が設けられています。東京観光タクシードライバー認定資格は、都内で観光タクシードライバーとなるために必要な資格です。東京観光タクシードライバーに認定されるには、まず東京シティガイド検定を受け合格する必要があります。次に数日間サービスや知識、高齢者や障がい者への対応などを学ぶ研修を受けることで、観光タクシードライバーとして認定されます。観光スポットの知識はもちろん、マナーやコミュニケーションなどの能力を必要とされますが、観光するお客様に地域のよさを知ってもらうことで、地域活性化を助ける仕事でもあります。

 転職を考えるなら、観光タクシードライバーとして活躍できるタクシー会社を検討してみるのも手です。

街の安全を守るタクシードライバーの仕事

 地域密着型のサービスができるタクシードライバーの仕事は、観光タクシードライバーのほかにもさまざまな形で活用が期待されています。例えば、子供の一人歩きを防止する子供送迎タクシーがあります。子供送迎タクシーは幼稚園や学校から自宅への送迎、塾への送迎など子供を安全に送り届けるためのサービスです。

 近年では子供の一人歩きが事件や事故に繋がることもあり、需要が増えつつあるようです。子供の送迎だけではなく、チャイルドシートを設置して、産後退院したばかりの新生児を安全に送迎するサービスもあります。また陣痛がおきた際に、かかりつけの病院まで妊婦を送迎するサービスを行っているタクシー会社もあります。子供の安全な移動をサポートするほかにも、高齢者や障がい者の移動をサポートする介護タクシーも需要が高まっています。

 子供や高齢者、障がい者の安全な移動を助けることで事件や事故などを防止し、街の安全を守る仕事としても、タクシードライバーの仕事は注目されています。運転以外にも自分のスキルや得意なことを活かし、街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すのも選択肢の一つです。

やりがいを感じられる仕事となる

 単なる移動手段としてだけではなく、街のコンシェルジュとして細かなニーズに対応しお客様との信頼関係を結ぶことで、やりがいのある仕事になるのがタクシードライバーです。目的の場所まで送迎するほかにも買い物や病院の付き添い、観光案内ができるタクシードライバー、子供や高齢者、障がい者の安全な送迎をサポートするなど、地域に貢献しながら長く働ける職種の一つでもあります。

 タクシードライバーにとって運転技術も大切ですが、こうしたサービスに対応するスキルやコミュニケーション能力を身に付けることで、安定して将来を見据えた働き方ができるでしょう。街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すなら、自分のスキルが活かせるサービスや興味のあるサービスを提供しているタクシー会社をチェックし、転職を検討してみるのもいいでしょう。

 お客様をさまざまな形でサポートし、地域密着型のサービスができるタクシードライバーを目指すことで、目的地へ送迎するだけでは得られなかった感謝や信頼を得ることができるかもしれません。感謝や信頼が、やりがいに繋がり長く安定して働ける仕事となる可能性も見えてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

タクシードライバーの仕事は、広い街中を知り尽くし、車で走り回って乗客を目的地まで運ぶという仕事です。

膨大な知識量と接客技術が必要であり、初心者や未経験で転職したばかりのうちは、うまくいかないのではないかといった不安が付きまといます。
それらの人々が取り入れるべきテクニックを紹介します。

まずは目標を決める

何かをするとなった時、重要なことは目標を決めることです。タクシードライバーであったとしてもそれは変わりません。東京都内でタクシードライバーに就職・転職したのならば、まずは初心者や未経験者であっても達成できる程度の目標設定をすることが重要となります。目標も定めずに、ただやみくもに努力しようと考えたとしたら、その行動が正しいのかどうかがわからず上達していくことはないでしょう。目標を設定し、達成したのならばそれよりも少し上の目標設定を行い、達成できなかったのならば、何が不足していたのかを考えることが、タクシードライバーを続けていくうえで重要となります。

初心者・未経験者のタクシードライバーでは、経験がないことから、どのような目標を立てるべきなのかといった問題があります。道を覚えることができるか不安ならば、東京都内の担当エリア一区画をいつまでに覚えるといったような目標設定もできます。売り上げを上げられるかどうかが不安ならば、一日の売り上げ目標や一日に乗せる乗客数の目標を定めるという方法が有効です。初心者・未経験者レベルの一日の目安を調査し、目標はできるだけ具体的な数値を交えて立てると、より有効になります。

基本テクニック:左側を走り・曲がる

具体的な目標を立てたところで、それを達成するための技術が不足しているようでは、結局目標を達成することができません。まず、タクシードライバーとして基本となる技術を知っておくことが、初心者・未経験者にとっては重要です。この知識を知っているかどうかによって、無駄な時間を過ごすかを大きく左右することになります。基本的なタクシードライバーの技術のひとつとして、「乗車してもらいやすくするために左側を走る」、「乗車してもらいやすくするために左折で走行を続ける」というものがあります。

法律で定められているため、日本の道路は左側通行となっています。タクシーを利用する人は、基本的に歩道を歩いているため、タクシーが右車線を走っていては、捕まえづらくなってしまいます。また、歩行者がタクシーに合図を送っていたとしても、右側を走っていてはドライバーの方ですぐに対応できません。そのため、左側を走ることが重要となります。また左折運転も重要なテクニックです。東京都内では右折禁止の道が数多くあるほか、対向車線の走行状況によっては右折に時間がかかることもあります。無駄を避け、乗客をすぐ捕まえるためにも、できるだけ左車線走行、左折を心がけることが勧められます。

基本テクニック:信号は先頭で止まる

タクシーの利用者にとって、走行中のタクシーを呼び止めることが難しいと感じることもあります。そのような乗客にもタクシーを利用してもらうためには、交差点や信号での停車時には先頭で止まることが必要です。このことから、タクシードライバーの基本テクニックとしては「交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まる」があげられます。タクシー利用者は、走行中のタクシーを呼び止めるよりも、信号待ちのタクシーを見つけて乗ったり、信号を渡って乗ってくるという状況が多いです。お客様の視点になって、タクシーを運転させることが重要です。

信号を先頭で止めることは、担当エリアの信号の変わる感覚や普段の走行車両の状況、経路を覚えていないとなかなかできません。また、テクニックを覚えたとしても、人がなかなか通らない道で実践していても利用者を捕まえることはできないでしょう。初心者・未経験者がこの基本テクニックを覚えるためには、とにかく担当エリア内を走ることが必要です。とにかく街中を走り、道順を覚え、タクシーをよく利用する人々が歩く道を把握して、テクニックを磨いていくことが最も早い近道といえるでしょう。

基本テクニック:アイコンタクト

左側走行と左折を心がけること、そして信号で先頭で止まるというタクシードライバーに必要となる基本テクニックを覚えたとしても、簡単に乗客が捕まるわけではありません。これらはあくまでも運転技術の中の基本テクニックだからです。利用者を捕まえるためには、接客のための技術も必要となり、それが「お客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走る」ということです。利用者を見つけやすい行動を心がけたとしても、確実に乗客にするためには、利用者とのアイコンタクトによる意思確認が必要不可欠です。

利用者が歩道から、タクシーに乗りたいと訴えてきていることを把握することができないうえに、ドライバーの方で利用者に乗せることができるというアピールをすることができなければ、乗せることはできません。これらの意思確認を、走行中に行うことができるようにアイコンタクトをできるようにすることが求められます。そのためには、歩道の利用者を見逃さないように目を配ると同時に、安全運転も心掛けなければならないでしょう。アイコンタクトができ、歩道に注意を払ったとしても安全に走行できる程度の、ゆっくり走る技術が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

タクシードライバーとして稼ぐには働き続けなければならないと思われがちです。
ブラック企業並みに働き詰めにならないと稼げないというイメージがありますが、そのようなことはありません。

無理のない範囲で働き、しっかりと稼いでいる人も多くいます。タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人との違いを紹介します。

給与形態をしっかりと確かめる

タクシードライバーとして働き、高年収を稼ごうと思うのならば、ただ漫然と働いていてはいけません。高年収を稼げるようになるには、まず勤めている会社の給与形態がどのようになっているのかを確かめることが必要です。自身がどれだけ乗客を乗せて、どれだけの売り上げがあり、そのうちのいくらが実際にもらえている給与なのかということに無頓着では、稼げないでしょう。まず、ただ何となく高年収を望むのではなく、給与に対して興味を持つことが重要です。タクシー会社の給与形態は、おおよそ歩合制ですが、歩合制にもいくつか種類があるので、詳しく見ていきましょう。

歩合制のひとつはA型賃金であり、固定給に歩合給、そして賞与がもらえます。固定給があるため安定した働きができますが、歩合率が低く設定されていることが多いです。B型賃金は、いわゆる完全歩合制というものです。歩合率が高く、稼いだ分だけ取り分が多くなります。給与計算は「月の営業収入×歩合率」と分かりやすくなっています。AB型賃金は、A型とB型とを組み合わせたもので、歩合給ではありますが、月の収入の一部を積み立てして賞与とするものです。

これらの給与形態の違いから、同じ働きでももらえる収入やもらえるタイミングが異なります。自身のライフスタイルや勤務形態も合わせて、給与形態を選ぶことが稼ぐためには必要です。

勤務体系をしっかりと選ぶ

タクシードライバーは、基本的に歩合制を取り入れているため、働けば働くほど稼ぐことができます。しかし、働きづめになるということはありません。タクシードライバーの働き方・労働時間は、しっかりと定められており、違反をすると厳しい罰則があります。このことから会社側から厳しい勤務を強制されることはありません。しかし、働き方がただひとつというわけではなく、様々な勤務体系の中から自分に合った勤務体系を選ぶことが必要です。ライフワークバランスを考慮しつつしっかりと選ばなければ、稼げないタクシードライバーになってしまいます。

タクシードライバーの勤務体系は、おもに昼勤務と夜勤務、そして隔日勤務とに分かれています。昼勤務とは、普通のビジネスマンと同じく8時間勤務に1時間休憩、おおよそ朝の7時から夕方16時まで働くという働き方です。早朝のビジネスマンや高齢者が利用することが多く、売り上げも多いです。夜勤務は、夜だけ働く働き方であり、繁華街へと向かう人、帰宅する人が利用します。深夜割増もあり、利用者も多いため稼ぎやすいです。隔日勤務とは、昼勤務と夜勤務を合わせて2日分を働く働き方です。20時間勤務に3時間の休憩となります。タクシー会社では主流の働き方です。

どのような客層を相手にすることが得意なのか、自分に合った働く時間はいつかを選んでいくと、無理をすることなく稼げるでしょう。

工夫して働く

タクシードライバーが効率よく稼げるようになるためには、給与形態や勤務体系にばかり気にかけているだけではなく、様々な工夫が必要です。タクシードライバーに必要となる技術は、ただ乗客を目的地まで安全に送り届けるための運転技術だけではありません。東京都においてタクシードライバーをするのならば、東京都内の道を知っているだけではなく、どのようにすればより稼げるのかを考えることが必要とされます。稼げないタクシードライバーは、何の工夫もなく道を走らせるだけのドライバーです。

東京都でタクシードライバーをするのならば、東京都内の道に詳しいことは当たり前です。ただ道を覚えるのではなく、どのような道・どのような時間帯にタクシー利用者が集まりやすいのかを日々分析することが効率的な利用客の獲得につながります。道についての情報ばかりを気にするのではなく、その日のどこでどのようなイベントがあり、どの時間帯にどこに行けば利用者を獲得することができるのかを、確かめている人の方が確実に稼げることは確かです。休憩時間も、稼ぎ時に被らないように取るなどといった工夫をする人の方が、より稼ぐことができるでしょう。

タクシー会社をしっかりと選ぶ

タクシードライバーが稼ぐためにできることは、自分自身でできる工夫・技術の上達以外にも様々なことがあります。それが、しっかりと稼ぐことができるタクシー会社を選んで転職・就職をするということです。給与形態や勤務体系が自分に合った会社を選ぶということもそのひとつですが、それ以外にも安心・快適に働くことができる制度や設備が整っているかどうかをしっかりと見極めることが必要となります。転職・就職したばかりの初心者では、すぐに稼げないことが当たり前です。そのような時期もしっかりと乗り切ることができる制度があると、長く働き、稼ぐことができるようになるでしょう。

長く稼げるタクシー会社には、給与保証や研修体制がしっかりと整っています。初心者のうちは、タクシードライバーとして稼げるための技術がしっかりと身につけられていません。そのような初心者や社員に対して研修体制を整えている会社は、ドライバーを大切にする会社です。また、不安定な時期も安定して働くことができるように、決まった期間・決まった金額の給与保証がある会社は、安心して働くことができ、次第に稼げるようになります。さらに、休憩時間を過ごすための休憩室や車を整備するための洗車場・ガソリンスタンドがある会社も設備が整っており、快適かつ効率的に稼ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

車や運転が好き、ある程度自由に行動できる仕事がしたい、年収を上げたいなど東京都でタクシードライバーに転職を考えている人たちは少なくないでしょう。
ここでは東京都のタクシードライバー転職に関するメリットやデメリットなどを紹介します。

稼げるチャンスが多い

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットですが、まずはやはり仕事機会の多さ、引いては稼ぎやすい環境であるということが挙げられるでしょう。ご存知の通り日本の首都である東京は単純に人口が多いのでその分運輸業の需要が非常に高いです。タクシー業界は乗ってくれる人がいないとそもそも仕事になりませんので人口が多い都市で働くというのは大きなアドバンテージになります。

またビジネス関連施設だけでなく繁華街も都内各所に多いです。特に深夜の時間帯はお酒を飲んだり食事をして終電を逃した人などが多くタクシーを利用します。タクシードライバーは基本的に客を乗せれば乗せただけ収入が増えます。したがって稼げるチャンスが多く、収入が上がりやすくなるのが東京都でタクシードライバーに転職する大きなメリットだと言えるでしょう。さらに東京をはじめとする日本の大都市は海外からの観光客が多く訪れます。海外の観光客の中には東京の複雑な公共交通機関の乗り方が分からず、行き先を告げるだけのタクシーを利用する場合も多いです。これも上記の稼げる機会の多さ、引いては収入の増加に繋がっています。

勤務体系もタクシードライバーの大きなメリット

他の業種に転職する際重要になる点が長く働ける仕事なのかという点になるでしょう。長く働けない仕事だと転職もためらいがちになってしまいます。タクシー業界は激務であると言われることがありますが、実は勤務体系を見ればそんなことはありません。勤務体系には普通の企業と同じように日中決められた時間に働く体系もありますが、東京のタクシー会社の多くは「隔日勤務」という勤務体系を採用していることが多いです。隔日勤務とは1日の勤務時間が最大21時間という長い時間働く勤務体系になり、法律により勤務空け20時間は休みとなります。

翌日が休みとなりますので月の勤務日数は11日~13日となり比較的休みが多い勤務体系だと言えます。公休と組み合わせると効果的に自分の時間を作ることが可能なので家族を持っている人も働きやすく、さらに趣味にも多く時間を費やせるようになります。その分1回の勤務につき体力が必要になりますが、仮眠が認められていることもあり、何より歩合制であればやればやった分給料に反映されます。会社の歩合率と自分の頑張り次第では月収50万円以上もらえる可能性もありますし実際に稼いでいる人はいます。上記の稼げるチャンスの多さと併せて時間の自由が利きやすいというのも東京都でタクシードライバーに転職して得られたメリットです。

キャリアパスの充実

東京都のタクシー会社は充実したキャリアプランやキャリアパスがある会社も多いです。入社直後は一般ドライバーからスタートし、経験を積むに連れてグレードの高い黒タクシーやハイグレードタクシーのドライバーになることが可能。グレードの高いタクシードライバーになると流しの営業の他、無線で受ける仕事や収入効率のいい長距離の仕事も増える傾向にあります。特に東京都は近くに羽田空港や成田空港があり、長い距離をタクシーで移動する人が比較的多く、その分稼ぎやすくなっているのです。このように経験を積んだら徐々にグレードの高い仕事にチャレンジできるキャリアプランが確立されているのもタクシードライバーに転職した際のメリットと言えます。

さらにタクシー会社によっては経験を積めば通常のドライバーだけでなく、子供の送り迎えを行うキッズタクシーや介護施設と自宅を往復する介護タクシーなど専門的な仕事を行うドライバーになれるキャリアパスが用意されていることもあります。またタクシードライバーとして独立開業を支援するシステムが用意されている会社もあります。いずれにしてもタクシードライバー業界はこのように豊富なキャリアプランが用意されている場合が多いので将来のキャリアを予想しやすいというのがメリットの一つになっています。

東京都でタクシードライバーに転職した際のデメリット

ただし東京都でタクシードライバーに転職する場合、デメリットもそれなりにあります。まずデメリットとして挙げられるのは給与面での不安定さです。上記の通りタクシー会社の多くは歩合制を基本とした給与体系である場合が多いです。歩合制とは客をタクシーに乗せた分だけ報酬が上がるというシステムなので、収入が安定している月と安定していない月でバラつきが出ることも少なくありません。歩合制と共に固定給を給与体系に組み込んでいる会社や採用して一定期間は給与保証がある会社など各月の給与が安定するようなシステムを導入している会社もありますが、やはり歩合制の場合ある程度年間の平均給与がバラつくことがあります。

またある程度トラブルを自分で解決する能力が求められることもあります。繁華街が多い東京だとどうしても終電が行ってしまった後、お酒に酔っぱらった人などを乗せる機会が多いです。そうなると車内で因縁をつけられたり、支払いの際にトラブルになってしまう可能性もあります。もちろんタクシーは人でごった返す繁華街の真ん中に行かなければならないこともあるので事故のリスクもあります。そうなった場合、会社が対応してくれる場合もありますがある程度現地で自分で解決する能力も求められます。これはタクシードライバーのデメリットと難しさだと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0