タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討するにあたって、いろいろ心配なこと、事前に知っておきたいことがあると思います。

給料ってどれくらい?契約条件は?休みって多いの?少ないの?事故や乗り逃げのリスクは?

少しでも疑問を解決して、タクシードライバーへの転職に向けて一歩踏み出してみてください!

給料の仕組みは?

タクシードライバーへの転職を検討する際、まずは給料について知っておきたいですね。

タクシードライバーは基本的には歩合制です。完全歩合制と言って、保証された月給はなく、売り上げが0円なら給与も0円という会社もありますが、日本交通の場合は月給の保証(およそ18万円)があり、それに上乗せする形での歩合制になっています。

歩合は売上が上がるほど増えるので、売上によって給料も増える仕組みです。

日本交通の歩合率は62%で、これは業界でも最高水準です。タイトルで日本交通がおすすめ!としたのは、ここにも理由があります。

たとえば歩合率が62%の場合、月に50万円を売り上げたとすると、31万円が歩合として保証の給与に上乗せされるということです。

と言っても、未経験者が月に50万円もすぐに稼げるものなの?と心配になるかもしれません。

都内の複雑な道が完璧にわかるわけでもないし、利用者の多い場所の知識もないし・・・

そんな不安はよくわかります。

でも、日本交通なら未経験者には1カ月の研修期間があり、都内の交通事情や地理をベテランドライバーが教えてくれます。

もちろん研修中も給与を支給します。

しかも、研修終了後の3か月間は月給40万円の保証があるのです。

毎月の売り上げを心配することなく、お客さまの多いところを実際に運転して学びつつ、3か月かけて仕事に慣れて行く環境が整えられているわけですね。

事故や乗り逃げのリスクは?

先に述べた給料も大事な契約条件の1つですが、も1つ大切な契約条件があります。

それは、タクシードライバーという仕事をするうえでは避けることのできない、事故や乗り逃げのリスクについてです。

万が一事故を起こしてしまった時の補償について、どこへ入社するにしても事前に確認が必要です。

たとえば、事故による車の修理費用の全額をドライバーに負担させるという会社もあります。

もちろん無事故であるに越したことはありませんが、それでもその修理費用を全額負担していたら、その月の給料が差し引きゼロ(それどころかマイナス)となることもあり得ます。

事故を起こさないように注意する意識を持ってもらうために、あえて修理費用の一部をドライバーに負担させることにしている場合もあります。

一旦は会社が費用を立て替え、後から一括または分割でかかった費用の一部を給料から天引き、というような制度をとっていることが多いです。

では、乗り逃げに遭った場合の補償はどうなのでしょうか。

被害を受けたのはドライバーで、一方的に相手が悪いことなのに、メーターとの不足金額を自己負担しなければならないとなれば、理不尽さを感じざるを得ません。

これについても、会社によってその対応は分かれます。

どんな理由であっても不足分は会社へ納めなければならない、とする、つまり被害に遭った分の金額は自腹となります。

もしくは、警察へ被害届を出すことにより、不足分は減額して納めることが許される、という場合もあります。

万が一これらのことが起きてしまった場合、そのマイナス額に驚くことのないよう、事故の費用負担についてと乗り逃げの対応について、入社前に詳しく聞いておきましょう。

福利厚生はどうなの?

正社員として採用された場合、福利厚生も気になるところです。

たとえば、タクシードライバーとして仕事を始めるには、普通1種免許だけでなく2種の免許を取得する必要があります。

日本交通では、その際にかかる費用を会社が全額負担し、教習期間中にも手当を支給しています。

その他にも、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの社会保険も完備されており、賞与もあります。

食堂や仮眠室、大浴場まで用意されているので、休憩時間に食事をして仮眠を取ったり、業務終了後にゆったりとお風呂に入って疲れを癒やすなんてこともできますね。

それから、タクシードライバーの勤務体系についてです。

1日に20時間ほど働くこともあるタクシードライバーは、1日出勤したら次の1日は休まなければならなかったり、取るべき休憩時間数が決められていたりします。

日本交通では、1日の勤務は15.5時間~18時間で、必ず3時間の休憩を取ることになっています。

食事をしたり、夜の勤務が始まる前に少し仮眠を取ったりでき、無理のないよう配慮されているわけですね。

また、勤務日の翌日は必ず休みになります。シフト制なので、連休を取りたいときには取ることもできます。

一般的な会社員に比べると、時間の使い方は比較的自由なのではないでしょうか。

キャリアアップはできるの?

入社後のキャリアアップには、どんな道があるのでしょうか。

日本交通の場合、まずは一般ドライバーとしてスタートします。その後実績を積んで行くと、黒タクドライバーになることができます。

一般ドライバー(黄色いタクシー)よりも、お客さまを乗せやすくなるメリットがあります。

さらに、実績を積んでいくと、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)として予約のお客さまをお迎えに行く専用のドライバーとなります。

また、ドライバーから内部スタッフへと転向することも可能です。

運行管理者としてサービスの品質管理を担当したり、営業所の所長になったりすることができます。

このように、社員としてのキャリアアップの道もあれば、将来的に個人タクシーとして独立するという選択肢もあります。

どちらにしても、日々の業務に誠実に取り組み、真面目に努力を重ねることでお客さまの信頼を獲得できれば、乗客数も増えて行きます。

そうすることで、どんな人も将来の可能性を拓いて行けるのです。

タクシードライバーとしての将来の明るいビジョンを思い描くことができたなら、転職への一歩を踏み出してみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

採用厳しいってホント?高給与とキャリアアップも狙える?車輌設備充実の日本交通の秘密

採用厳しいってホント?高給与とキャリアアップも狙える?車輌設備充実の日本交通の秘密

東京都内の大手タクシー会社の中でも、日本交通の採用は厳しいと言われています。
しかし、どうしてなかなか採用されないのでしょうか。

そこで今回は日本交通の採用の裏に隠された秘密を紹介しながら、日本交通のキャリアアップについても紹介します。

採用が厳しい?日本交通への転職事情

東京都内の大手のタクシー会社の中でも、日本交通は「採用厳しい」といった声が多く聞かれています。
転職希望者の中にはこういった意見にマイナスなイメージを感じてしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、日本交通の厳しい採用の裏にはお客さまへの徹底したサービスへの取り組みが隠されています。

というのも、都内大手4社のひとつに数えられるほどに知名度の高い日本交通は、接客面において非常に高い評価を得ている会社です。
そのため、一定のレベル以上の接客が出来ない人材であると判断される場合には面接で落とされてしまうことがあります。

言いかえれば会社の評価を下げないため、しっかりとした人材選びを行っているのです。

ですので、もし日本交通の採用試験に合格した場合には、お客さまに満足してもらえるサービスが提供できる人材であると評価されたと考えましょう。
そうすることで自信を持って仕事にのぞめます。

また、日本交通では新人研修もしっかり行っているため、若い人にとっても一から接客について学ぶことが可能です。
そういった厳しい研修を受け一人前のドライバーになった際には高給与をもらえる可能性も大いに期待できます。

大手だから得られるメリット

日本交通は知名度の高い大手のタクシー会社であるため、車輌設備充実しているのも特徴です。
この車輌設備の充実は効率よく乗客を獲得するためには欠かせないツールであるといえるでしょう。

車輌設備にはカーナビの搭載や、クレジットカード払いに対応していること、配車アプリなどがあげられます。
まずカーナビを搭載した車であると土地勘のない目的地にもお客さまを送り届けることができます。

例えば、東京都内から土地勘のない神奈川県まで乗車したいというお客さまであっても、不安なく目的地まで送り届けられるでしょう。
また、都内から神奈川県であればかなりの長距離であるため、ドライバーの売上に大きく貢献します。

もしカーナビがなければ乗車を断ることもあるかもしれません。
また、クレジットカードの支払いも同様で、長距離のお客さまの場合には現金を持ち合わせていないこともよくあります。

そのためクレジットカードで支払いができない場合にはお客さまはそのタクシーを選んではくれません。
このようにせっかくのお客さまを逃してしまわないためにも車輌設備充実は非常に大切なのです。

こういった理由からも日本交通は最大手だから働きやすい会社であるといえます。

キャリアアップも可能!上を目指すなら日本交通

日本交通のタクシードライバーは一般ドライバーとして仕事を開始しますが、経験を積むことで黒タクドライバー、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)へのキャリアアップが可能です。
一般ドライバーの間は街中で見かけることの多い黄色のタクシーですが、黒タクドライバーに昇格するとトヨタのクラウンの運転を任されます。

車の外見も一気にランクアップすることで、仕事へのモチベーションが上がるとドライバーの間でも人気があります。
さらに黒タクでは、無線での呼び出し数が増えますのでより効率よく顧客が獲得でき、お客さまにも特別な車内空間を楽しんでもらえるようになります。
黒タクを経験し、ドライバーとしてさらにランクアップすると専門ドライバーとしての資格に挑戦できます。

専門ドライバーになると自発的にお客さまへのサービスが提案できるようになり、より上質なサービスが提供できるようになるでしょう。

また、タクシードライバーとして現場に出るだけでなく、運行管理者や人事といった管理職へのキャリアアップも可能です。

タクシードライバーから所長を目指せる仕事でもありますので、常に高い目標を持って仕事に励めるともいえるでしょう。

やりがいが感じられる仕事はやっぱり楽しい!

日本交通のエキスパート・ドライバー・サービスには東京観光タクシーやキッズタクシー、サポートタクシーなどがあり、それぞれの分野において専門的な知識を身につけたドライバーが活躍しています。
そのなかでも東京観光タクシーでは、お客さまを目的地にお連れするだけでなく観光地のガイドも担当します。
そのため、東京の観光地に対する知識を十分に持ち合わせている必要があり、歴史などについてもしっかりと学んでおかなければいけません。

ですので東京観光タクシーを担当するドライバーは、東京シティーガイド検定を受験するなど日々お客さまに満足のいくガイド業務ができるよう日々勉強に励んでいます。
そういった努力は必要ですが、エキスパート・ドライバー・サービスになると流しなどに比べても非常に稼ぎやすいことから年収790万を目指せるようにもなり、がんばった分が給与や評価で認められるようになります。

頑張り次第で高い給与が期待できる日本交通はドライバーが常に向上心をもって仕事に励んでいます。
他のドライバーにとってもいい刺激が与えられていることから社員の質も高いと評判で、常に上を目指し続けられる環境です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京都でタクシードライバーに転職したいなら、日本交通がおすすめです。

東京など大都市エリアではタクシーへのニーズが高く、ドライバーになりたい方にとっては勤務地として狙い目と言えるでしょう。

特に大手の有名タクシー会社であれば、福利厚生などもしっかりしているのでおすすめです。
ここではそんな大手有名タクシー会社の1つ、日本交通への転職について紹介します。

日本交通なら給与面で心配する必要はありません。

タクシードライバーへの転職を希望するにあたって、まず心配なのが給与面のことかと思います。
ここ数年の東京都におけるタクシードライバーの平均給与は、賞与も含めておよそ400万円前後で推移しています。この点、東京都の全産業男性労働者の平均年収が、平均700万円前後で推移していることを考えると、やはりタクシードライバーの給与が低いという印象は否めません。

しかしこれはあくまで平均給与の話。タクシードライバーの場合、通常のサラリーマンとは異なり、歩合制を基本としている職場がほとんどです。つまり頑張るほど売り上げにつながり、自分の給与に直接反映します。年収が400万円台のドライバーも多くいれば、600万円台のドライバーもいるのがこの業界です。ちなみに日本交通では、入社1年目の平均給与が420万円であり、2年目には平均で450万円に達します。入社わずかにして、既に東京都のタクシードライバーの平均給与水準をクリアーしているのは、注目に値するでしょう。

さらに入社5年目を超えると、年収が800万円近くにまでアップするドライバーも目立つようになります。世間一般でイメージされるタクシードライバーとは大きく異なる、嬉しい現実がここにあります。

入社1年目から給与面で有利になるのは理由があります。

そもそもなぜ日本交通であれば、1年目のドライバーでも平均水準以上の年収を稼げるのでしょうか?

その理由はズバリ、業界最大手ならではの優れた集客システムを構築しているからです。

例えば日本交通では、都内に35か所もの専用乗り場を設置しています。そして専用乗り場からのお客は単価が高いので、売り上げには有利に働きます。また大企業や官公庁をはじめとした、数多くの法人との取引実績が豊富な点も見逃せません。
特に約1万3千社とのチケット契約をしているので、単価の高いチケット利用のお客を安定して確保できるメリットがあります。さらに日本交通ではインターネット社会への取り組みも積極的に行っており、業界に先駆けてアプリでの配車を実施。これにより月間で約30万車という、業界でもトップクラスの無線配車を実現しています。もちろん無線配車を利用するお客の単価は高いので、売り上げに有利に直結するのは言うまでもありません。

このように業界最大手にふさわしい、幅広く多彩な集客システムを展開しているおかげで、入社間もないドライバーであっても、平均水準以上の年収をクリアーすることが可能です。
しかも入社して初めの3カ月までは、月収40万円という嬉しい給与保証付き。これなら初心者の方でも、安心してスタートを切ることができます。

キャリアアップへの手厚いサポート体制があります。

タクシードライバーへの転職で日本交通をおすすめする理由は、給与面だけではありません。

他社に比べてキャリアアップへのサポートが、格段に優れている点も無視できないメリットの1つです。
日本交通では「エキスパート・ドライバー」制度を採用しており、お客様への高いレスポンスと、きめ細かいホスピタリティによって、安心感のある高付加価値な乗車サービスを提供しています。具体的には「観光」「キッズ」「サポート」それぞれの専門分野に精通した乗務員が、受注から運行スケジュールの立案、さらには実際の送迎までをトータルに担当して、育児支援・バリアフリー・観光案内等の充実したサービスを提供します。

この専門乗務員へのキャリアアップに際しては、会社が一体となってバックアップします。例えばサポートタクシーの専門乗務員であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修などを、会社の費用負担によって受講できます。

この他にも東京観光ドライバー認定研修や東京シティガイド検定、さらには英検2級や東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修など、キャリアアップのための幅広いサポート体制がそろっています。

初心者をはじめ、シニアや女性の方でも安心して働けます。

給与面やキャリアアップの他に、勤務体制や福利厚生などで恵まれた職場環境があるのも、業界最大手の日本交通ならではです。勤務体制については事前申告による完全シフト制なので、シフト外で突発的に勤務を命じられることはありません。
もちろんノルマもないので、ゆとりをもってマイペースで勤務することが可能です。これならば家族サービスする時間も確保できますし、シニアや女性の方でも負担を最小限に抑えて働くことができます。また東京都内の地理に詳しくない初心者の方でも、研修中に詳しい道路事情を学べる他、全車両にカーナビを搭載しているので心配ありません。

さらに運転経験が浅い方であっても大丈夫。日本交通では運転経験の長短に関わらず、入社すれば誰であっても、まずは慣らし運転のカリキュラムを経験します。実際にこのカリキュラムを通じて、初心者の多くの方がプロのタクシードライバーとして勤務しています。したがってペーパードライバーの主婦であっても、あるいは免許を取得して間もないビギナーの方でも、あまり心配する必要はないでしょう。

そのうえ、タクシー運転に必要な2種免許取得の費用についても、会社が全額負担してくれるので助かります。福利厚生については社会保険完備はもちろん、慶弔見舞いや無事故表彰他諸制度の他、年次有給や特別休暇制度、保養所等の施設利用までバッチリそろっています。

0