未経験からタクシードライバーへ転職

現在50代、転職でタクシー運転手になれるのか

現在50代、転職でタクシー運転手になれるのか

50代の転職にはさまざまなリスクが伴います。
できれば転職せずに定年を迎えたいと思っている人も少なくないでしょう。役職定年などで収入が大きく下がることが見込まれている人、リストラなどで転職を真剣に検討しなければいけない人は、譲れない条件をしっかり分析・把握することが大切となります。
年齢を重ねると保守的になりがちですが、平均寿命が延びていることを考えれば50代にはまだ一花二花咲かせるチャンスが大いにあるはずです。特にタクシー業界は、ある程度年齢を重ねてから、企業戦士を離脱したい人が人間らしさを求めて始める職業と言えます。

タクシー運転手の収入面

一番重要なことは、必要な年収と転職後に得られる年収のギャップを精緻に予測することです。40代・50代で再就職先を探すとなると、前職の経験を活かせる仕事ではないと給料を維持する事は難しいです。

未経験の職種に再就職すると、給料は初任給まで大幅に下がります。一方でタクシー運転手でしたら、年齢給などなく、歩合制度になるので、頑張り次第では1年目からでも400万円~500万円稼げることもありますし、経験を積んでいけば、2年目、3年目では500万円~600万円を安定して稼ぐ事も出来ます。

タクシー運転手の平均年収は約280万円、平均月収は約20万円となっています。日本国内の職種の中では、真ん中ほどです。
基本給が低めに設定されている代わりに、売上の一部が歩合給となるような給与制度の会社が多くあり、売上が増えれば収入も増える仕組みとなっています。そのため、月収が30万円以上の人が比較的多いことも特徴です。

タクシー運転手の勤務時間

50代で転職して長時間労働に従事したり、長すぎる通勤時間は、あまり現実的ではありません。気持ちはあっても身体が若い時のような負荷に耐えられません。無理なく勤務を続けられる条件か否かを確認することが大切です。
タクシー運転手は、主に「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」という3つの働き方があります。昼日勤と夜日勤の1勤務の労働時間は、一般企業同様の8時間程度です。勤務の頻度も同じく、労働日数は22日から24日といったところ。日勤よりは夜勤の方が深夜料金による加算が得られ、長距離の利用者が増えるため、給与の面では稼ぎやすいでしょう。

隔日勤務の場合は、1勤務当たりの乗車時間が休憩3時間を含む19時間~最大21時間と長いため自分のペースをつかむまでは体力的に厳しいと感じるかと思います。ただし、1回の勤務時間が長いので翌日は必ず休日になります。月々の勤務日数は11~12回程度です。それ以外の月18~19日程度はすべて休日となります。隔日勤務に慣れると、こんなに良い働き方はないと言うタクシー運転手が多くいます。

隔日勤務で1回の乗務時間が19時間を超える場合、その乗務を終えてから20時間以上30時間までタクシー運転手は次の乗務を始められません。つまり勤務後の1日から2日弱が休日であり、月々にすると17日から18日は休日ということに。想像以上に休みが多いです。タクシー運転手の勤務時間は、長い一方で連休が多いのが特徴です。朝から勤務を始めた場合は、次の日の深夜帰りになりますが、その日は明番として休息日になります。そして、公休は基本的に2日連続になるので、明番も合わせれば3連休となります。したがって、体をじっくりと休ませることもできます。

タクシー運転手になって最初のころは、休日の半分ほどは寝て過ごすなど自宅で休むという人も少なくないようです。慣れてからは、自分の趣味や家族サービス、ペットとの時間など、自分の時間を持てる、家族と一緒にいる時間が多い、趣味の時間が多く持てるなどのメリットがあります。

50代からみる、タクシー運転手のやりがい

50代であえて転職する場合でも、やりがいは無視できない要素です。20代~30代の若手であれば、まずは社会人としての経験やスキルを積み、キャリアアップのために働くことが大切。これが30代~40代くらいになると、家族と生活のために働くということが重要でしょう。
そしてまだまだ家族と生活のために、ある程度以上の収入が必要という人がほとんどかと思われます。しかし子供が独立して家のローンの支払いもそろそろ終わるメドがたったというような人であれば、支出面での不安から開放され、精神的な充実を重視するということも考えてもいいかもしれません。

そういった点でタクシー運転手は、収入面は自分の努力次第でいくらでも稼げるためモチベーションアップの大きな部分です。また最近は、エキスパートドライバーという観光や福祉、子供や妊婦の方など特定の方へのタクシーサービスを行う会社も多くなっているため、旅行に興味がある、語学を活かしたい、介護や福祉の仕事に関わりたい、子育ての経験を活かしたい、子供に関わる仕事がしたいとい方にとってはただタクシーを運転するだけでなく、キャリアアップも見込める職種になっているため更なるやりがいを持つことができるでしょう。

50歳からの第二の人生を考えてみよう

人間関係に対するストレスが少なく、お金を稼げて、休みも多く取れる。自由度が高いタクシー運転手ならではのメリットです。人によっては、タクシー運転手に転職して年収が上がったと言う方もいらっしゃいます。そのため、他の異業種に安易に転職するよりも、タクシー運転手として働いた方が、収入を落とさずに済むかもしれません。

タクシーをやったらサラリーマンに戻れない…というのは、タクシー運転手の仕事が良すぎてもう戻りたくないということです。そして60歳以降も、年金受給者はアルバイトとして雇用してもらえるので、さらに自分の時間を使えて副収入になり老後も自分の裁量で働くことが可能なのです。ただタクシー会社によると思うので選ぶのは慎重に、そして事故とクレームだけには注意することです。

50代で未経験でも何も問題はありません、まだまだ働き盛りで遅くはありません。ほどんどのタクシー会社は、養成制度があるので、一種免許の資格取得後3年以上あれば会社負担で受けることができ、その間も給料が保証されます。
これからの人生にタクシー運転手へ挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職or昇格!タクシー乗務員のキャリアアップ

転職or昇格!タクシー乗務員のキャリアアップ

タクシー業界は乗務員をイメージする人が多く見られるものの、実はさまざまな職種が存在します。転職してキャリアアップするのも1つの方法ですが、私は自社内の昇格や部署異動によって乗務員とは違う働き方を選択しました。今回はタクシー乗務員のキャリアアップに関する体験談を紹介するので、是非参考にしてください。

転職と自社内の昇格や部署異動、どっちが良いの?

タクシー業界のメインとなるのは、車両を運転してお客様を送迎するタクシー乗務員です。私も長年タクシー乗務員として勤務していますが、年を重ねるにつれて「別の働き方があるのでは?」と考えるようになりました。せっかく好きな仕事に携わっているので、乗務員以外の仕事も知りたいという好奇心が芽生えたのです。そんな時は転職して別の職種に就く人が多いものの、私は現在の職場に非常に満足しています。

私が在籍しているのは大手タクシー会社です。比較的自由に休日を取ることができ、給料も平均以上を実現しています。資金面に余裕があるため、休憩所や更衣室といった施設も綺麗に整備されています。人間関係も非常に良好で、上司はしっかり現場の声を聞いてくれる人物です。休日・給料・人間関係、どこにも不満がないと言っても過言ではありません。恵まれた環境で働いているため、できれば現在の職場で別の働き方をしたいと考えました。

実はタクシー業界にはさまざまな職種があり、自社内で昇格や部署異動することは十分可能です。大手タクシー会社には多くの部署があるため、改めて長年勤めている会社がどのような事業を行っているか確認してみました。

こんなにあるの!?タクシー乗務員以外の職種

まず、「配車」は社内で待機し、お客様の要望があった時に直行できるタクシー乗務員をピックアップする仕事です。お客様から住所・時間・氏名・電話番号といった情報を正確に聞き取り、乗務員に伝えるのが主な仕事となります。

最近は乗務員がガイド役を担う「観光タクシー」、外国人のお客様を乗せる「バイリンガルタクシー」、妊婦の送迎を担当する「マタニティタクシー」といったさまざまな種類があります。一般的なタクシーとは業務内容が違うため、これらの部署に異動する方法もアリです。ちなみに、観光タクシーには旅行プランを考える、「企画」の仕事も存在します。

その他に広報・人事・営業・管理職といった、一般企業と同じような職種もありました。「広報」は企業のPRのためにホームページを運営し、観光タクシーのプランなどを宣伝する職種です。「人事」はタクシー乗務員を採用する時に活躍します。採用試験以外では仕事が少ないので、他の仕事と兼務しているケースが多く見られます。

マタニティタクシーや法人タクシーなど乗客が限られるタクシーは、「営業」がサービス内容を宣伝する必要があります。これらの3種類は一般企業と業務内容がほぼ同じと考えて大丈夫です。

私が選んだのは「運行管理者」!

数ある職種の中から私が選んだのは「運行管理者」です。さまざまな職種を比較することで、自分の求めているキャリアアップを見つけることができました。運行管理者はタクシー乗務員の勤務状況や健康状態を把握し、安全に業務を遂行できるようにサポートする職種です。売上金の管理・事故の対応・乗務員に対するクレーム対処など、仕事の種類は多岐に渡ります。タクシー業界において必要不可欠な存在なので、やりがいのあることが運行管理者を選んだ理由です。

現場の声を知っている必要があるため、運行管理者はタクシー乗務員出身が非常に多くなっています。乗務員と違って固定給で安定性はありますが、給料が下がる点に注意してください。しかし、私は若い頃に十分稼いだので、給料よりもやりがいを重視しました。

実は長年勤めているタクシー会社なら、運行管理者の基本給を上げて貰える可能性が高いそうです。そのため転職するより乗務員経験を積んでから、自社内でキャリアアップする方が給料は高い傾向にあります。会社によって対応の仕方が違うので、キャリアアップ後の待遇を事前に確認してから転職と自社内の昇格を検討すると良いかもしれません。

講習を受けて国家資格を取得する必要があります!

実は運行管理者になるためには、国家資格を取得しなければなりません。毎年3月と8月の2回試験が実施されているので、事前に勉強することが大切です。さらに、国家試験を受験するには運行管理に関する実務経験が1年以上ある、または専門業者が実施している講習を修了する必要があります。私は実務経験がないので、休日を取って3日間実施されている講習を受けることにしました。

講習は自動車運送事業に関する法律や道路交通法について学びます。運行管理者として必要な知識を身に付けられるので、非常に有意義な時間でした。講習の最終日には簡単な試験があり、不合格の場合は補修を受けることになります。テキストを見ながら試験を受けるため、しっかり勉強していれば問題ありません。
勿論、講習と併せて国家試験に向けて本格的に勉強することも重要です。テキストが販売されているので、過去問を解きながら知識を身に付けてください。私はタクシー乗務員の仕事をしながら勉強したため、勤務中に役立つことがたくさんありました。机に向かって勉強するだけではなく、体で覚えることができます。

上司のサポートもあって、無事運行管理者の国家試験に合格しました。

現在は上司の指導を受けながら運行管理の業務に就いています。今まで自分がしてきたタクシー乗務員の仕事を客観的に見られるので、非常にやりがいを感じています。

0

40万円(3ヶ月)もの給与保証がある日本交通グループでならタクシー乗務員として安心して働ける

40万円(3ヶ月)もの給与保証がある日本交通グループでならタクシー乗務員として安心して働ける

タクシー乗務員として働くのに興味を持っているけれど、売り上げがないとほとんど稼げなくて生活が苦しくなりそうだと悩む人もいるでしょう。
そんなときに魅力的なのが給与保証がある会社です。

日本交通グループの魅力を知っておきましょう。

タクシー乗務員が初めてでも安心な給与保証

タクシー乗務員として働くときには一般的には歩合制が取り入れられています。給与が売り上げに応じて決まる仕組みになっていて、乗客を大勢獲得してたくさん売り上げを出すと飛躍的に収入が上がるのです。ベテランになると月に80万円以上も稼いでいる人もいますが、裏を返すと初心者には辛い状況があるとわかるかもしれません。売り上げがないと最低レベルの賃金しかもらえない場合が多いからです。初めてタクシー乗務員として働く人はなかなか乗客を獲得できないのも事実で、ある程度の現場経験と実地で学ぶノウハウがないと売り上げが伸び悩みがちです。しかし、給与保証があればあまり心配する必要はありません。

給与保証は売り上げにかかわらず一定以上の給与を期間限定でもらえる制度です。日本交通グループの場合には40万円(3ヶ月)となっていて、業界でも最高水準になっています。この期間に現場経験を積んでノウハウを習得し、いかにして売り上げを増やすかを学べば良いと考えられるでしょう。最初は誰もが乗客を見つけられなくて苦労することは上層部もよく理解しているので、最初は安心して働けるように給与保証をしているのです。

不安があっても安心して働けるようになるのはなぜか

日本交通グループなら仕事に不安がある人も安心。とよく言われます。これは給与保証が充実していることだけが理由ではありません。不安を抱えてタクシー乗務員になる人もいますが、働いているうちにその不安を払拭できるシステムが整っているのです。タクシー会社としては大勢のタクシー乗務員を抱えているだけでは不十分で、誰もが使いたいと思ってくれるようなサービスを提供しなければなりません。そのために徹底した研修を行い、多くの人に喜んで利用してもらえるようなサービスを自然に提供できる乗務員を育て上げています。研修を受けながら働いているうちに自然に実力がついていき、収入も増えて満足という結果になりやすいのです。

また、体力的な不安を持っている人もいるでしょう。しかし、日本交通グループでは働き方を自由に選べるので安心できます。隔日勤務はタクシー乗務員の場合には典型的ですが、生活リズムが自分には合わないという人もいるでしょう。希望すれば昼日勤や夜勤を選ぶこともできるため、自分なりに働きやすく、かつ稼ぎやすいスケジュールで勤務することができるのです。自分なりに働きやすいスケジュールを作れると長く働けるのは明らかでしょう。

将来まで安心できる日本交通グループの実態

タクシー乗務員はうまくワークスタイルを整えると長く働けるようになりますが、良い会社に勤務すればむしろいつまでも働きたいと思えるようになる可能性があります。会社によって初心者、中級者、ベテランの扱い方には違いがありますが、将来まで安心できるようにシステムを整えている会社も少なくありません。日本交通グループではキャリアアップがあるのも特徴で、タクシー乗務員をずっと続ける以外にもキャリアの選択肢があります。

経営陣に入って会社の運営に携わったり、キャンペーンなどの企画を担当したりするなど、様々なキャリアパスを描くことが可能なのです。充実したサービスを提案し、実行に移せるようになるためには現場経験をある程度は積まなければなりません。そのため、タクシー会社でキャリア構築をする第一歩はタクシー乗務員として現場で働くことになっています。それが自分に合っていると思えばずっと続けることもでき、もっと違う角度からタクシーサービスを向上させて行きたいと思ったらキャリアアップを図ることもできるのです。このような自由度があるのは日本交通グループの特色と言えるでしょう。

入社満足度が物語っている日本交通グループの魅力

タクシー乗務員になって満足できるかどうかはどの会社に入社するかによってかなり違いがあります。受けられる待遇がまるで異なるからで、自分に合っている待遇が整っている会社を選び出すことはとても重要でしょう。どの会社が最良だと一概に言うことはできないものの、日本交通グループを選んで失敗したと思う人はほとんどいません。統計的なデータとして入社満足度98%ということが示されていて、大半の人がタクシー乗務員として日本交通グループで働くのを選んで良かったと思っているのが根拠です。

業界最大手のタクシー会社なので待遇が充実しているだけでなく、信用関係ができている企業が多数あるのが最大の理由でしょう。東京では大企業がオフィスを構えているため、その企業からタクシーを呼んでもらえるとかなり有利になります。大手で十分な実績があるとコネクションも作りやすく、必要なときにはまず日本交通グループに連絡という企業も多いのです。タクシー乗務員としてもメリットは大きく、売り上げにつながる連絡がたくさんやってきます。このような下地があるからこそ日本交通グループで働いて満足している人が多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都内で転職するならタクシー乗務員がおすすめ!実績圧倒的No.1の業界最大手、日本交通グループなら未経験者でも安心!

東京都内で転職するならタクシー乗務員がおすすめ!実績圧倒的No.1の業界最大手、日本交通グループなら未経験者でも安心!

収入面や労働環境など、タクシー乗務員への転職に不安を感じている方は多いでしょう。
今回は、業界最大手の日本交通グループのタクシー乗務員について解説します。
タクシー乗務員は、実は未経験者でも安心して働くことができる条件が揃っている職業なのです!

日本交通グループは新人をサポートする体制が整っているので安心!

未経験なのでタクシー乗務員としてやっていけるか不安だという方は多いでしょう。でも実は、タクシー乗務員は未経験の転職者が多い職業で、若い人に限らず幅広い年齢層の人が新人としてタクシー会社に入っています。単に入社できるだけでなく、多くの人は短期間で一人前のタクシー乗務員として働くことができるようになっています。

日本交通グループをはじめ、東京都内にある多くのタクシー会社は新人のための研修を実施します。この研修ではタクシー乗務員になるために必要な二種免許試験合格のための対策も実施します。また、二種免許の受講費用等はタクシー会社が負担してくれることがほとんどです。二種試験に合格したらすぐに現場に出されるわけではありません。周辺の地理の勉強や基本的な接客方法など、タクシー乗務員としての最低限のノウハウを学び、路上での研修を行ったうえでようやく一人で働くことができるようになります。

一人立ちできるまでに数カ月ほど時間はかかりますが、その分しっかりとした技術を身に着けてから働くことができるので未経験者でも安心です。研修期間中も正社員として給与をもらうことができるので収入が止まってしまう心配もありません。

隔日勤務だから自分の時間をしっかり取れる!事前申告で勤務日の変更も可能!

タクシー乗務員の労働環境について過酷であるというイメージを持っている人は少なくありません。確かに1日の勤務時間は長い職業です。しかし、多くのタクシー乗務員は隔日勤務という、働いた次の日は必ず休みになるという働き方をしているのでしっかりと休みを取っています。日本交通グループのホームページでは、午前8時から日付を超えて午前2時まで働き、明けたその日は休みになるというスケジュールが紹介されています。また、子どもの運動会の日が出勤日になっているなど休みを取りたい事情がある時は1カ月前に申告すれば考慮することが可能だと記載されています。

隔日勤務は、一般的なサラリーマンの働き方と比較すると日中の空き時間を作りやすいことに大きなメリットがあります。始めのうちは疲れを取ることで精一杯になってしまうかもしれませんが、隔日勤務に慣れてくると休みの日に趣味を楽しむような余裕も生まれてきます。タクシー乗務員への転職をきっかけに趣味を始めたり、家族サービスを積極的に行うようになったという人は多いようです。転職先の条件として休みがしっかりと取れることを掲げている方はタクシー乗務員は適していると言えるでしょう。

日本交通グループならノルマなしで、新人には給与保証もあり!

業界最大手の有名なタクシー会社はノルマが厳しく、安心して働ける環境があるとは言えないのではないかと不安に感じている方は多いかもしれません。しかし近年は、タクシー乗務員に対して厳しいノルマを課している会社は少ないようです。東京都内のタクシー4社の中でもトップの売上高を誇る日本交通グループも、ノルマを課していません。

タクシー乗務員の給料は歩合制のところがほとんどです。つまり、同じ会社のタクシー乗務員でも腕次第で収入に差が生まれるということになります。歩合制に不安を感じる人もいますが、日本交通グループの場合18万2000円が月給として保証されており、それに歩合給が加算される仕組みになっているので月収が極端に大きく減ってしまう可能性は低いと言えます。

まだ技術や知識が未熟な新人に関しては、更に厚い保証が用意されています。研修修了後3ヶ月は給与40万円が保証されるのです。研修が充実しているとはいえ、実践でしか学べないことはたくさんあるでしょう。給与が保証されている期間を利用して稼ぐコツを焦らず身に着けることができます。最初の3ヶ月で先輩ドライバーからアドバイスを聞くなど人それぞれのやり方で稼ぐコツを見つけて行くことが重要になります。

業界最大手だから収入を安定させやすい!

タクシー乗務員への転職はタクシー会社選びが重要になります。労働環境や実績などを確認して長く働けることができそうな会社かどうかをしっかりと確認しましょう。ホームページや口コミなどだけでは分からない会社の雰囲気などについては実際に話を聞きに行って確認するとよいでしょう。

東京都内で未経験者がタクシー乗務員になる場合は、大手を選ぶのが安全と言えます。大手のタクシー会社は研修制度の充実度や給与保証など未経験者が技術を学んでいく場所として恵まれた環境があります。また、タクシー会社全体の売り上げも乗務員一人ひとりの収入に少なからず影響を与えるので知名度のあるタクシー会社が有利だと言えるのです。

東京都内でタクシー乗務員として働くことができる会社の一つが日本交通グループです。日本交通グループは90年以上の伝統があるタクシー会社で、売上や台数規模などトップクラスです。歴代で圧倒的No.1の実績を残しています。近年も毎年売上高は伸びている会社で、9年連続年間売上高で全国1位という記録も残しました。日本交通グループには「安定した集積がある。」という強みがあります。専用のタクシー乗り場が多く、街中ではなくてもお客様を乗せることができます。知名度が高いので配車の依頼も多く、新人であっても多くのチャンスがある環境があると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

語学力を活かす!子育て・介護の知識を活かす!タクシー乗務員への転職なら日本交通グループへ!

語学力を活かす!子育て・介護の知識を活かす!タクシー乗務員への転職なら日本交通グループへ!

子育てや介護が一段落して、これから再就職を考えている方もいるはずです。
そんな方には、日本交通グループのタクシー乗務員がおすすめ。

意外かもしれませんが、この仕事には子育てや介護の経験を活かせるチャンスが沢山あります。そこで、日本交通グループのタクシー乗務員について、ここから詳しく見ることにしましょう。

日本交通グループのタクシー乗務員なら、活躍できるフィールドも広い!

タクシー乗務員と聞いて、単にお客様を目的地まで運ぶだけのイメージを持つ方もいることでしょう。確かに、正確かつ安全にお客様を目的地へ運ぶことは、この仕事の基本であり、最も大切なことです。しかし、世の中の幅広く多彩なニーズに応えることも、タクシー乗務員の重要な仕事であり、活躍できるフィールドは広がりつつあります。

この点、日本交通グループでは、専門分野に特化したタクシー乗務員を「エキスパートドライバー」として、積極的に人材を育成しています。例えば、観光タクシーの場合には、専門資格を有するタクシー乗務員が、来日した外国人の方や地方から来た観光客などを相手に、都内各地を専属でガイドします。これまで培ってきた語学力を活かすこともできる上、東京観光への訪日向けにスキルを活かせるチャンスにもなります。またケアタクシーやキッズタクシーの場合にも、子育て・介護の知識を活かす機会が十分にあります。女性の方であれば、子育て経験や子供が好きといった気持ちを活かせる他、前職で介護の仕事をしていた方ならば、介護資格や経験を活かして働ける魅力的な環境が、日本交通グループにはあります。

日本交通グループではキャリアアップのためのサポート体制も充実!

様々な経験や資格を活かした働き方ができるのが、日本交通グループの魅力ですが、そのための具体的なサポートも充実します。この点、観光タクシーのエキスパートドライバーになるには、東京シティガイド検定や東京観光タクシードライバー認定研修、あるいは東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修や英検2級など、数々の資格取得や講習を受ける必要があります。またケアタクシーにおいても、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修といった、介護職と同じような教育が必要になります。さらにキッズタクシーでは、小児MFAプログラム等の特殊な訓練を受けることが求められます。

このような数多くの資格試験や講習を受ける場合にも、費用の負担から勤務時間の調整まで、トータルなサポート体制が日本交通グループにはあるので、安心してキャリアアップに励むことができます。そのうえ、エキスパートドライバーになれば、客単価の高いお得意様と契約したり、コースや時間帯といった運行スケジュール管理など、ドライバー自身の裁量で業務を進めることが可能です。もちろん昇給や手当のアップに加え、管理職へ昇進できる道も開けます。

優れた研修制度によって、短期間で一人前のタクシー乗務員へ!

日本交通グループでエキスパートドライバーを目指すにしても、まずは入社直後から始まる、約1ヵ月間の研修が第一歩になります。ここではドライバー未経験者であっても、短期間のうちに一人前のタクシー乗務員として営業できるように、実践的なカリキュラムが組まれています。まず研修ではタクシードライバーに必須である、第二種免許の取得へ向けて準備が進みます。座学による講義では、ベテラン専任講師が交通法規や地理など、タクシー乗務員になるための基本的事項を徹底的に指導します。また営業所での実地研修でも、熟練の指導教官が車両に同乗して、運転テクニックから接客マナーまで、マンツーマンで教え込みます。

日本交通グループの研修で優れている点は、何といっても売り上げにつながる視点から、一貫して指導が行われること。例えば座学による地理講習では、お客様を見つけやすいエリアや、目的地へ最短で到着できる近道などを、きめ細かく教えます。また実地研修でも、配属先の営業所で実施される定例会議や自主勉強会などを通じて、売り上げに直結する情報やスキルを先輩等から学べます。日本交通グループであれば、ドライバー未経験者からプロのタクシー乗務員へ、効率的に育成できる環境があります。

いつまでも無理なく働き続ける環境を求めるなら、やっぱり日本交通グループ!

せっかくタクシー乗務員として転職に成功しても、いつまでも長く働き続けることができなければ、あまり意味がありません。そのためには、無理なく安定して働ける環境こそ重要になります。この点、日本交通グループには、タクシー乗務員に優しい勤務環境がそろっています。まずスタンダードな勤務シフトは、夜勤を含む2日に1回の隔日勤務。これは月単位に換算すると、1ヵ月のうち半分の出勤で済むことになります。さらに勤務翌日は明番や公休日として、必ず休日になるように設定されています。これならば疲れた身体も十分に癒せる上、プライベートな時間もしっかりと確保できます。

もちろん休日に突然出勤を命じられたり、法定外の残業になることも一切なし。運転している営業中でも、法定3時間の休憩や仮眠が厳守されています。いつでも休みたい場所やタイミングで車両を停めて、マイペースで仕事を進めることが可能です。福利厚生面でも、各種の社会保険を完備している他、年次休暇や特別休暇も充実。そのうえ、マイカー車検修理割引制度や無事故表彰制度などもあり、タクシー乗務員の生活をしっかりサポートします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーとして就職する20代が増加中!新卒採用を展開する日本交通とは?

タクシードライバーは20代の若手が増えつつありますが、なぜタクシードライバーが職業として選ばれているのでしょうか。
その新卒採用を広く行って規模を拡大している日本交通の魅力についても確認しておきましょう。

人気の理由は新卒でも稼ぎやすいから

タクシードライバーが20代に人気になっている理由としてまず挙げられるのが、新卒なら圧倒的に他の人より稼げるからです。タクシードライバーは新卒でも比較的高い月給で採用してもらうことができます。それに加えて営業利益を上げれば、その利益に比例する形で給料が増える歩合制になっているのが魅力です。必死に努力して乗客を獲得し、売り上げを伸ばしていくと若手でも十分にベテラン並みに稼げるようになります。年功序列というよりも実力勝負なのが魅力的な部分です。

そのためにはある程度の地理感覚やノウハウを習得しなければなりません。新卒の人が最初からそのような能力を持っているわけではないので、タクシー会社も徹底した教育を行うようになっています。やり方こそ会社によって違いがありますが、その教育を受けて現場経験を積むことにより稼げるようになれるのが一般的です。特にまだ20代で若く、知識や技術の習得が早い段階でタクシードライバーになると、すぐに慣れて営業利益を上げられるようになります。その希望を持って他の人よりも稼げる仕事をしようとタクシー会社に就職する20代の人が増えているのです。

将来性が高い職業だから

タクシー会社に就職するのは将来的にも活躍できると考えられるからという若手も大勢います。タクシーは全国的に需要が伸びている状況があるからです。東京や大阪などの主要都市圏ではビジネス目的で日常的にタクシーが活用されています。ハイヤーなどもよく利用されているので、ベテランになれば高単価の仕事を得られるようになるでしょう。観光でもタクシーがよく利用されていて、外国人旅行客が増えている影響で英語を話せるドライバーも求められています。最近の若手の人たちは英語教育もよく受けているので、若手が活躍できる環境が整っていると言えるでしょう。

一方、現場でタクシードライバーとして働き続けるのではなく、経営サイドに回ることも可能です。新卒の場合には長いスパンでキャリアを考えることができます。ドライバーとして働くのに魅力があれば継続することも可能ですが、プロジェクトリーダーとしてタクシー会社を牽引する立場となったり、地方の支社のトップとして経営に携わったりすることも可能です。タクシーは将来を見据えた働き方ができるので、早い段階からタクシー会社で働いておこうと考える若手からの人気が高まっています。

上手にワークライフバランスを充実させられるから

タクシードライバーが人気の理由としてもう一つ重要なのがプライベートも充実させられることです。タクシードライバーは隔日勤務をすることが多くて大変だという印象を持っている人もいますが、考え方によってはとてもプライベートを楽しみやすい働き方とも言えるでしょう。朝から翌日の明け方まで働いたら、その日は丸一日自由に使うことが可能です。趣味に勤しむこともできれば、翌日が休みのタイミングであれば小旅行に出かけることもできるでしょう。休みや残業が明確になっているからプライベート充実というのがタクシードライバーの魅力です。

このような形でプライベートを充実させるにはある程度の体力が必要になります。まだ20代で若くて体力に満ち溢れているときであればあまり苦労せずとも隔日勤務を続けることが可能です。昼日勤や夜勤も含めて上手にスケジュールを整えればプライベートも計画的に楽しむことができ、ワークライフバランスを自分なりに充実させられます。いつどのようにして働くかについて自由度が高い現場も多く、休みや残業をどのように組み込むかを計画的に考えやすいのもメリットでしょう。

日本交通の魅力は新卒採用と教育に積極的なこと

このような状況下で特に目立って若手が増えてきているのが日本交通です。日本交通はタクシー業界でも大手であり、東京では特に多くの利用者がいることで知られています。日本交通で若手が増えているのは新卒採用を積極的に行っているからです。他のタクシー会社も新卒採用をしていますが、新卒にとって何が魅力かをよく考えて宣伝広告を行い、有望な若手を獲得する努力を続けているのが日本交通の特徴です。もともと大手として名が知られている影響もあり、若手からよく着目されるようになっています。

新卒にとっての魅力としてキャリアパスを明確にした教育を行っていることが挙げられます。まずはタクシードライバーとして働いて現場を知り、三年目にはプロジェクトリーダーとして働くことを提案しています。そして、経営サイドでの経験を十分に積んだ九年目には地方の会社の経営を担う人材になるというキャリアパスを提示しているのが日本交通です。日本交通は人を育て、タクシー業界全体のサービスを向上させることを目指しています。その経営理念に魅せられた若手が就職先として日本交通を選んでタクシードライバーになっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

タクシードライバーへの転職でサラリーマン以上の年収を稼ぐ。日本交通は月給40万円の給与保証があるので、未経験からでも安心。

東京都内でタクシードライバーとして働きたいと考えている人に、日本交通の入社後の教育、給与体系や勤務形態を紹介します。
日本交通は1928年に創立された老舗の大手タクシー及びハイヤー会社です。

タクシードライバーの給与や勤務待遇などの参考にしてください。

タクシードライバー未経験者に対する、日本交通の手厚い研修制度

日本交通は、タクシードライバーへの転職後の未経験者に対しては、研修がじっくり1か月ある教育を行います。
まずは、会社が全額費用を出して業務に必須の2種免許を取得、運転スキルの習得をさせます。

総合的な研修としては、接客スキルと都内地理、法令などを基礎から丁寧に学びます。特に、都内地理は熟練教官から利用頻度の高い道から学ぶシステムになっています。その後、配属された営業所では、ベテランの班長が同乗して運転技術や接客技術の研修を行います。この時に、売上向上につながる研修として、お客の多いエリアや早道、近道も教えてもらえます。研修期間中も1万円の日当と交通費支給があるので生活も安心です。

会社と各営業所による、このような手厚い研修制度が、ドライバー未経験からでも安心してスタートできる状況をつくっているのです。
日本交通の新入社員の8割が未経験者であるということからも、専門職でありながら、入社時には様々な技術を要求されることは少ないでしょう。

大手会社であるので、未経験者を育てることを可能にしているのです。

また、タクシードライバー経験者の研修期間は10日間です。必要最低限の研修後、すぐに路上に出て営業というかたちになります。10日間の研修期間中も、1万円の日当と交通費が支給されます。

日本交通の給与体系と売上向上のサポート

都内のタクシードライバーは450万の平均年収です。

この平均年収と比較しても、日本交通の給与体系は安定しています。研修終了後の3カ月間は、月給40万円の給与保証がありますので、初月から安定した収入が得られ、安心して働けます。業界大手の日本交通だからこそ、可能にした保証制度です。この保証制度により、未経験者入社1年目でも平均給与は420万円となっています。

給与保証制度後は固定給と歩合制の組み合わせになります。
歩合制であるので、経験年数に関係なく、努力によってベテランのドライバー以上の収入を得ることも可能です。入社2年目の平均給与450万円、2年目の最高年収664万円、全ドライバーの最高年収790万円となっています。サラリーマン以上の年収が可能となることもあるのです。頑張りによって売上を上げると直接給与に反映されるので、努力のしがいがあると言えるでしょう。

また、日本交通は、営業所ごとにお客が多いエリアや道を時間帯別に集計していて、その情報を社内の勉強会で共有しています。
朝礼で班長が新人を教えたり、売り上げ成績の良い先輩が勉強会を開いたりもしています。このように、売上向上の研修がある会社の手厚いサポートも、安定した収入につながっています。

収入アップに役立つ日本交通の様々な集客方法

業界大手である日本交通は様々な集客方法をもっており、ドライバーの収入安定に役立っています。その中から、主なものを4つあげます。

1つは、月間45万件の無線配車。電話でのオペレーター依頼もしくは自動配車によって、すぐにタクシーを呼んだり、希望日時を予約するシステムです。

2つめは、都内35カ所にある日本交通専用乗り場。専用乗り場には案内係が常駐しているか、もしくはデジタル無線GPSシステムにて車両を供給しています。

3つめは、約13,000社とのチケット契約。タクシー利用料金の一括後払いで、社員の通勤、お客様の接待、役員の移動など会社単位で契約され、様々な場面で利用されます。

4つめは、スマートフォン向け配車アプリの利用。すぐに、もしくは希望時間に配車を予約することができます。

街中で客を乗せて目的地まで輸送するという通常の流し営業以外に上記のシステムを利用できるので、客を安定して確保することができます。
それによって売上が上がり、収入をあげることができるのです。上記のシステムは、客がつかまらないのではないかというタクシードライバーの不安を取り除く役目もしています。

日本交通の勤務形態と規則で自分らしく働く

日本交通のタクシードライバーの勤務形態は隔日勤務です。

隔日勤務では、1日勤務(出番)した翌日は休み(明番)となります。このローテーションを3回繰り返した翌日が公休日となります。
出番の日は朝8時に出社。翌日の夜中2時に仕事終了です。1乗務最大18時間ですが、3時間の休憩、仮眠が義務付けられています。また、法定外の残業は禁止されています。出番の翌日は必ず休みとなります。

1乗務は長いですが、休みと交互となっているので、慣れてくると規則的な生活が送れます。休みの日には家族との時間がきちんととれたり、自分の趣味に取り組めたりと、仕事とプライベートを充実させることができます。また、事前シフト制で休みが比較的取りやすいので、自分らしく働けるようになるでしょう。
日本交通には、20代から60代の幅広い年代の人が働いています。これも、1乗務が長くても、勤務中にきちんと休憩をとり、明番という休みがある規則正しい働き方が可能にしていると言えます。

運転に影響を与える健康リスクは事故防止のためにも必要。全タクシードライバーは年2回自社の健康保険組合で健康診断を受けています。このような健康管理も自分らしく働くための大切な要素のひとつになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

タクシードライバーの仕事は、広い街中を知り尽くし、車で走り回って乗客を目的地まで運ぶという仕事です。

膨大な知識量と接客技術が必要であり、初心者や未経験で転職したばかりのうちは、うまくいかないのではないかといった不安が付きまといます。
それらの人々が取り入れるべきテクニックを紹介します。

まずは目標を決める

何かをするとなった時、重要なことは目標を決めることです。タクシードライバーであったとしてもそれは変わりません。東京都内でタクシードライバーに就職・転職したのならば、まずは初心者や未経験者であっても達成できる程度の目標設定をすることが重要となります。目標も定めずに、ただやみくもに努力しようと考えたとしたら、その行動が正しいのかどうかがわからず上達していくことはないでしょう。目標を設定し、達成したのならばそれよりも少し上の目標設定を行い、達成できなかったのならば、何が不足していたのかを考えることが、タクシードライバーを続けていくうえで重要となります。

初心者・未経験者のタクシードライバーでは、経験がないことから、どのような目標を立てるべきなのかといった問題があります。道を覚えることができるか不安ならば、東京都内の担当エリア一区画をいつまでに覚えるといったような目標設定もできます。売り上げを上げられるかどうかが不安ならば、一日の売り上げ目標や一日に乗せる乗客数の目標を定めるという方法が有効です。初心者・未経験者レベルの一日の目安を調査し、目標はできるだけ具体的な数値を交えて立てると、より有効になります。

基本テクニック:左側を走り・曲がる

具体的な目標を立てたところで、それを達成するための技術が不足しているようでは、結局目標を達成することができません。まず、タクシードライバーとして基本となる技術を知っておくことが、初心者・未経験者にとっては重要です。この知識を知っているかどうかによって、無駄な時間を過ごすかを大きく左右することになります。基本的なタクシードライバーの技術のひとつとして、「乗車してもらいやすくするために左側を走る」、「乗車してもらいやすくするために左折で走行を続ける」というものがあります。

法律で定められているため、日本の道路は左側通行となっています。タクシーを利用する人は、基本的に歩道を歩いているため、タクシーが右車線を走っていては、捕まえづらくなってしまいます。また、歩行者がタクシーに合図を送っていたとしても、右側を走っていてはドライバーの方ですぐに対応できません。そのため、左側を走ることが重要となります。また左折運転も重要なテクニックです。東京都内では右折禁止の道が数多くあるほか、対向車線の走行状況によっては右折に時間がかかることもあります。無駄を避け、乗客をすぐ捕まえるためにも、できるだけ左車線走行、左折を心がけることが勧められます。

基本テクニック:信号は先頭で止まる

タクシーの利用者にとって、走行中のタクシーを呼び止めることが難しいと感じることもあります。そのような乗客にもタクシーを利用してもらうためには、交差点や信号での停車時には先頭で止まることが必要です。このことから、タクシードライバーの基本テクニックとしては「交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まる」があげられます。タクシー利用者は、走行中のタクシーを呼び止めるよりも、信号待ちのタクシーを見つけて乗ったり、信号を渡って乗ってくるという状況が多いです。お客様の視点になって、タクシーを運転させることが重要です。

信号を先頭で止めることは、担当エリアの信号の変わる感覚や普段の走行車両の状況、経路を覚えていないとなかなかできません。また、テクニックを覚えたとしても、人がなかなか通らない道で実践していても利用者を捕まえることはできないでしょう。初心者・未経験者がこの基本テクニックを覚えるためには、とにかく担当エリア内を走ることが必要です。とにかく街中を走り、道順を覚え、タクシーをよく利用する人々が歩く道を把握して、テクニックを磨いていくことが最も早い近道といえるでしょう。

基本テクニック:アイコンタクト

左側走行と左折を心がけること、そして信号で先頭で止まるというタクシードライバーに必要となる基本テクニックを覚えたとしても、簡単に乗客が捕まるわけではありません。これらはあくまでも運転技術の中の基本テクニックだからです。利用者を捕まえるためには、接客のための技術も必要となり、それが「お客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走る」ということです。利用者を見つけやすい行動を心がけたとしても、確実に乗客にするためには、利用者とのアイコンタクトによる意思確認が必要不可欠です。

利用者が歩道から、タクシーに乗りたいと訴えてきていることを把握することができないうえに、ドライバーの方で利用者に乗せることができるというアピールをすることができなければ、乗せることはできません。これらの意思確認を、走行中に行うことができるようにアイコンタクトをできるようにすることが求められます。そのためには、歩道の利用者を見逃さないように目を配ると同時に、安全運転も心掛けなければならないでしょう。アイコンタクトができ、歩道に注意を払ったとしても安全に走行できる程度の、ゆっくり走る技術が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

車や運転が好き、ある程度自由に行動できる仕事がしたい、年収を上げたいなど東京都でタクシードライバーに転職を考えている人たちは少なくないでしょう。
ここでは東京都のタクシードライバー転職に関するメリットやデメリットなどを紹介します。

稼げるチャンスが多い

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットですが、まずはやはり仕事機会の多さ、引いては稼ぎやすい環境であるということが挙げられるでしょう。ご存知の通り日本の首都である東京は単純に人口が多いのでその分運輸業の需要が非常に高いです。タクシー業界は乗ってくれる人がいないとそもそも仕事になりませんので人口が多い都市で働くというのは大きなアドバンテージになります。

またビジネス関連施設だけでなく繁華街も都内各所に多いです。特に深夜の時間帯はお酒を飲んだり食事をして終電を逃した人などが多くタクシーを利用します。タクシードライバーは基本的に客を乗せれば乗せただけ収入が増えます。したがって稼げるチャンスが多く、収入が上がりやすくなるのが東京都でタクシードライバーに転職する大きなメリットだと言えるでしょう。さらに東京をはじめとする日本の大都市は海外からの観光客が多く訪れます。海外の観光客の中には東京の複雑な公共交通機関の乗り方が分からず、行き先を告げるだけのタクシーを利用する場合も多いです。これも上記の稼げる機会の多さ、引いては収入の増加に繋がっています。

勤務体系もタクシードライバーの大きなメリット

他の業種に転職する際重要になる点が長く働ける仕事なのかという点になるでしょう。長く働けない仕事だと転職もためらいがちになってしまいます。タクシー業界は激務であると言われることがありますが、実は勤務体系を見ればそんなことはありません。勤務体系には普通の企業と同じように日中決められた時間に働く体系もありますが、東京のタクシー会社の多くは「隔日勤務」という勤務体系を採用していることが多いです。隔日勤務とは1日の勤務時間が最大21時間という長い時間働く勤務体系になり、法律により勤務空け20時間は休みとなります。

翌日が休みとなりますので月の勤務日数は11日~13日となり比較的休みが多い勤務体系だと言えます。公休と組み合わせると効果的に自分の時間を作ることが可能なので家族を持っている人も働きやすく、さらに趣味にも多く時間を費やせるようになります。その分1回の勤務につき体力が必要になりますが、仮眠が認められていることもあり、何より歩合制であればやればやった分給料に反映されます。会社の歩合率と自分の頑張り次第では月収50万円以上もらえる可能性もありますし実際に稼いでいる人はいます。上記の稼げるチャンスの多さと併せて時間の自由が利きやすいというのも東京都でタクシードライバーに転職して得られたメリットです。

キャリアパスの充実

東京都のタクシー会社は充実したキャリアプランやキャリアパスがある会社も多いです。入社直後は一般ドライバーからスタートし、経験を積むに連れてグレードの高い黒タクシーやハイグレードタクシーのドライバーになることが可能。グレードの高いタクシードライバーになると流しの営業の他、無線で受ける仕事や収入効率のいい長距離の仕事も増える傾向にあります。特に東京都は近くに羽田空港や成田空港があり、長い距離をタクシーで移動する人が比較的多く、その分稼ぎやすくなっているのです。このように経験を積んだら徐々にグレードの高い仕事にチャレンジできるキャリアプランが確立されているのもタクシードライバーに転職した際のメリットと言えます。

さらにタクシー会社によっては経験を積めば通常のドライバーだけでなく、子供の送り迎えを行うキッズタクシーや介護施設と自宅を往復する介護タクシーなど専門的な仕事を行うドライバーになれるキャリアパスが用意されていることもあります。またタクシードライバーとして独立開業を支援するシステムが用意されている会社もあります。いずれにしてもタクシードライバー業界はこのように豊富なキャリアプランが用意されている場合が多いので将来のキャリアを予想しやすいというのがメリットの一つになっています。

東京都でタクシードライバーに転職した際のデメリット

ただし東京都でタクシードライバーに転職する場合、デメリットもそれなりにあります。まずデメリットとして挙げられるのは給与面での不安定さです。上記の通りタクシー会社の多くは歩合制を基本とした給与体系である場合が多いです。歩合制とは客をタクシーに乗せた分だけ報酬が上がるというシステムなので、収入が安定している月と安定していない月でバラつきが出ることも少なくありません。歩合制と共に固定給を給与体系に組み込んでいる会社や採用して一定期間は給与保証がある会社など各月の給与が安定するようなシステムを導入している会社もありますが、やはり歩合制の場合ある程度年間の平均給与がバラつくことがあります。

またある程度トラブルを自分で解決する能力が求められることもあります。繁華街が多い東京だとどうしても終電が行ってしまった後、お酒に酔っぱらった人などを乗せる機会が多いです。そうなると車内で因縁をつけられたり、支払いの際にトラブルになってしまう可能性もあります。もちろんタクシーは人でごった返す繁華街の真ん中に行かなければならないこともあるので事故のリスクもあります。そうなった場合、会社が対応してくれる場合もありますがある程度現地で自分で解決する能力も求められます。これはタクシードライバーのデメリットと難しさだと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都で魅力あるタクシードライバーに転職するなら日本交通や国際自動車を始めとする大日本帝国の4社がおすすめ

東京都で魅力あるタクシードライバーに転職するなら日本交通や国際自動車を始めとする大日本帝国の4社がおすすめ

タクシードライバーへ転職をする利点は、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるという点を始め、年齢や学歴、または経験なども問われないということが大きいのではないでしょうか。
しかも、高収入ということも外せません。
東京でタクシードライバーを希望するなら、大日本帝国と呼ばれる大手4社がおすすめです。

タクシードライバーという仕事の現状

最近では会社勤めのサラリーマンを自己退社してタクシードライバーへ転職する人も増えています。タクシードライバーが通常のサラリーマンと大きく違う点は、車を走らせての勤務になるということでしょう。そして、実際の仕事というのはお客様を乗せて目的地へ向けて車を走らせることとなります。こうした仕事内容ですから、たとえば休憩などは自分の好きな時間にとることができるわけです。しかし、単純に好きな時間に休めるとは言っても、当然のことですが、仕事にはノルマというものがあり、それを常に意識しながら自己判断で仕事をこなしていかなければなりません。

世の中の景気があまり良くなかった時期にはタクシーを使う人が少なくなってしまったということもありましたが、現在、タクシー業界はかなり上向きの傾向にあります。特に東京都では観光客をターゲットとしたホテルや各施設の急激な増加にともなって、タクシーを利用する人も多くなり、タクシードライバーの仕事はかなり忙しくなりました。また、外国人観光客なども随分と増えています。このような外国人観光客はタクシーを利用することも多いですから、各タクシードライバーは外国人向けのサービスも考えているわけです。

東京のタクシー会社のリーダー的な存在である大日本帝国のタクシー4社

タクシードライバーとして仕事をするためには、まずどんな雇用形態で働くかを決めなければなりません。一番多い雇用形態はタクシー会社に所属して仕事をするというものでしょう。確かに他にも個人タクシーで仕事をするという方法もありますが、タクシードライバーとして仕事をするのが初めてという人は、やはり経験を積むという意味からも、最初はタクシー会社に所属するところからスタートするのがおすすめです。個人タクシーは自営業になりますから、収入面でもタクシー会社勤めよりはかなり厳しいと言えるでしょう。

東京都でタクシードライバーへ転職するならば、やはり大手のタクシー会社が安心です。この東京都には大日本帝国と呼ばれる大手のタクシー4社があります。即ち、大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の4社です。それぞれの頭文字をつなぎ合わせれば大日本帝国という言葉になります。この呼び方は主にタクシー業界関係者の中で通っていたものですが、今ではかなり広く知られるようになりました。古めかしい呼び名ですが、現在、これらタクシー4社は東京のタクシー会社のリーダー的な存在として、各層から厚い信頼を得ています。タクシードライバーはやはり信頼が第一ですから、転職を考えるのであればこの大日本帝国のタクシー4社がおすすめです。

大日本帝国の大手タクシー4社のそれぞれの特徴

大日本帝国の大手タクシー4社へ転職を希望する人は非常に多いです。このタクシー4社の特徴はいったいどういうものなのでしょうか。まず、都内に数箇所の事業所を持つ大和自動車交通株式会社は、タクシーの業界では唯一の上場会社です。自社保有の営業所やビルを始め、燃料販社、保険代理店、不動産管理会社などの関連事業も展開しています。日本交通株式会社で注目したい点は、ハイグレードなサービスを提供する黒タクがあるということです。もちろん、黒タクを運転する乗務員は特別な講習を受けた有資格者となっています。

帝都自動車交通株式会社では、通常のタクシードライバーとして数多くの経験を積んでから、会社の中でさらに管理職を目指すことも可能です。単なるタクシードライバーとして働き続けるのではなく、自己のステップアップを目指したいという人には最適な環境が整っていると言えるでしょう。そして、国際自動車株式会社ですが、これは現在のkmタクシーグループになります。この会社で特筆する点は、丸の内や品川という東京都を代表するビジネス街にハイヤー事業所を置いているということです。ハイグレード車両でそのビジネス街のVIP利用者を多く乗車させることができます。

自分に最適だと思われるタクシー会社に応募すること

大日本帝国の大手タクシー4社は、やはり利用者数も東京のタクシー会社の中ではトップクラスと言われるだけあって、仕事のしやすさは抜群です。たとえば、この4社だけで使える共通のタクシー券やプリペイドカードなどもあり、それを使っている企業を多数抱えているため、タクシーの利用者も多いというメリットがあります。この東京都は一番稼げるエリアとして有名ですから、こうしたメリットはかなり大きいと言えるでしょう。大日本帝国のタクシー4社はその最大の強みを存分に活かし、安定した仕事と働きやすい環境を創出しているのです。

様々な業種から転職してタクシードライバーになる人は増えていますが、何と言ってもタクシードライバーとして働くには、所属するタクシー会社は信頼と実績のあるところが一番の条件になるのではないでしょうか。信頼と実績を兼ね備えた大手ならば理想的な働き方ができます。東京都の大手タクシー4社それぞれの特徴を考えて、自分に最適だと思われるタクシー会社に応募することがおすすめです。ちなみにこの大日本帝国と呼ばれる大手タクシー4社では入社祝い金が支給されますので、これも大きな魅力だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0