タクシードライバーで稼ぐ

タクシードライバーは稼げる!年収790万円を目指せる環境で安定した収入を望むなら給与保証がある日本交通がおすすめ

タクシードライバーは稼げる!年収790万円を目指せる環境で安定した収入を望むなら給与保証がある日本交通がおすすめ

タクシードライバーは年収800万円近くを目指すこともできる転職先として夢のある職業です。
そんな稼げるタクシードライバーになるためには、まずドライバーをしっかりサポートしてくれるタクシー会社に入ることが重要です。

そこで今回は、ドライバーの平均年収業界トップクラスの日本交通をご紹介します。

未経験の転職者でも安心の研修体制と給与保証!

待遇に不満があるとはいえ、慣れた仕事を辞めて未経験分野へ転職するは不安だと考えて転職に踏み出せないという方は多くいらっしゃいます。
そんな方には、日本交通でタクシードライバーになるという選択がおすすめできます。

未経験者が日本交通でタクシードライバーになるメリットは主に、充実した研修体制があることと、給与保証があるという二点にあります。
タクシードライバーになるには二種免許の取得が不可欠です。通常は教習所に費用を払って教習を受ける必要があります。

でも、日本交通に入れば会社がその費用を負担してくれるので無料で二種免許を取得することができます。
また、日本交通では研修期間中でも1万円の日当と交通費支給という手厚いサポートがあるので研修期間中の生計も安定させることができます。

費用面だけでなく研修内容も優れています。運転、接客、地理などの基礎的な研修はもちろん、売上向上の研修があるのが日本交通の特徴です。研修を修了し、業務を開始する最初の一ヶ月目から安定した収入を得ることができるように充実した研修が実施されています。
そのため、未経験1年目の平均年収でも420万円という実績を残しています。

研修がしっかりしているとはいえ、最初の数か月はしっかり稼げるか不安だという方でも安心です。
日本交通では、初めの三ヶ月は40万円の月額保証制度があります。つまり、最初からある程度稼げる環境で業務を始めることができるのです。

業界最大手ならではの集客力だから乗客確保に困らない

日本交通は7年連続で売り上げナンバーワンを獲得した実績もある業界のリーディングカンパニーです。
業界最大手で働く安心感の中でタクシードライバー-として働きたいなら、日本交通がおすすめです。

日本交通が高い売り上げを残すことができる理由は、その集客力にあります。
専用乗場や無線配車など稼げる環境が日本交通には揃っているので乗客を確保できないという状況に陥りにくいのです。

また、日本交通の営業所は都心にあって営業しやすいという点も高い集客力を支えています。アプリでの配車など時代にあった営業方法をしていることもスマホの使用率が上がっている現代社会においては有効な方法であり、成功を収めています。
こうした集客の強さがドライバーの高年収にもつながるのです。

さらに、日本交通では従来のタクシー会社にはない幅広い取り組みを実施しています。
外国人観光客を相手に運転だけでなく観光ガイドも行う観光タクシー、親御さんに代わって塾の送迎などを代行するキッズタクシー、高齢者や身体が不自由な方の通院や買い物をサポートするケアタクシー、いつ起こるか分からない陣痛の時に駆け付ける妊婦さん向けの陣痛タクシーなどサービスの幅を拡大しています。

事前申告制でノルマなし!自分の時間もしっかり確保できる

都心を中心に営業する日本交通は年収790万円を目指せる環境であると言えます。
しかし、高年収を目指せるからと聞いて、タクシードライバーになってその実態が法外な労働時間であっては元も子もありません。

「自分の時間を確保できる仕事がしたい」という思いから転職を決意した方もいらっしゃるかと思います。
業界のリーディングカンパニーである日本交通はドライバーがプライベートにあてる時間もしっかり守ってくれるので安心の転職先です。

日本交通はドライバーの勤務状況の管理もしっかりしています。なので、法定外の残業を強いられることもノルマを課せられることもありません。

事前申告制でシフトを組むので、あらかじめ連休を組むことも可能です。
日本交通のタクシードライバーの1日の過ごし方で多いのが、AM8時~AM2時という18時間勤務です。間にはランチタイムの休憩、義務づけられている乗務中の仮眠・休憩が3時間あるので安全運転を継続して行うことができます。

勤務日の翌日は休みになるので、次の乗車に向けてリフレッシュする時間も充分にあります。
この働き方を隔日勤務と呼びます。

プライベートな時間を作りやすい働き方で、公休ももちろんあるので、趣味の時間や家族との時間も守ることができます。

タクシードライバーとしてのキャリアアップも可能!

日本交通には、充実のキャリアアップが用意されています。

日本交通には一般のタクシードライバーのほかに、「エキスパート・ドライバー」と呼ばれるドライバーがいます。エキスパート・ドライバーによるサービスを「EDS(エキスパート・ドライバー・サービス」と呼びます。
エキスパート・ドライバーだけが行うことができるのが、観光地をガイドする観光タクシー、要介護者をサポートするサポートタクシーなど専門的な知識が必要となる業務です。

エキスパート・ドライバーになると、更なる高収入が期待できます。

エキスパート・ドライバーになるには、必要とされる資格を取得する必要があります。
ユニバーサルドライバー研修というサポート専用の車両を運転し、介助を必要とするお客さんをサポートするノウハウを学ぶ研修や、介護職員初任者研修、MFA研修、観光タクシーのための東京シティガイド検定や英検など必要な研修や試験を受ける必要があります。

日本交通はこうした資格を取得し、タクシードライバーとしてキャリアアップしたい人のサポートも手厚くなっています。
研修等に必要とされる費用は全て会社負担です。

安定した仕事環境の中でキャリアアップも目指すことができるのは、日本交通でタクシードライバーになる大きな魅力の一つなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日本交通グループなら年収790万円を目指せる!高年収で成長できる環境がある!収入も夢も期待できる!

日本交通グループなら年収790万円を目指せる!高年収で成長できる環境がある!収入も夢も期待できる!

転職において会社や職種を選ぶ基準は人それぞれですが、やはり収入面については最も気になるはずです。そんな方には日本交通グループのタクシードライバーがおすすめ。

業界最大手ならではのサポートによって、新人ドライバーでも高収入を期待できます。
ここからは日本交通グループのタクシードライバーについて紹介します。

新人ドライバーでも高年収を実現できる!業界最大手ならではの手厚い経済的サポート!

通常タクシー業界では、ドライバーに歩合制を導入している会社が大多数を占めます。つまり熱意や努力あるいは工夫次第によっては、いくらでも高年収を実現できる環境があります。この点、日本交通グループに入社すれば、1年目からの平均年収がいきなり420万円。これが2年目には450万円に上昇し、5年目を過ぎるころには年収790万円を目指せるレベルに到達します。全国のタクシードライバーの平均年収が285万円であることを考えると、日本交通グループでの年収がいかに優れているのか、よく理解できるでしょう。

この他にも日本交通グループには、新人ドライバーへの手厚い経済的サポートがあります。例えば、給与保証制度もその1つ。研修後の3ヵ月間については、月収40万円もの給与保証が与えられます。また研修期間中であっても、1万円の日当と交通費が支給されるので、落ち着いて研修に励むことができます。収入が高いこと以外にも、このような手厚い経済的サポートがあるので、業界内でも移動してくる人が多いのが、この日本交通グループの特徴と言えます。タクシードライバーとして順調にスタートを切るならば、やはり業界最大手の日本交通グループがいちばんです。

新人ドライバーでも大丈夫!集客への充実した取り組みがある!

日本交通グループでは、新人ドライバーでも安定して高い年収が実現できるように、様々な取り組みを実施しています。例えば官公庁や企業など、約1万3千社もの法人とタクシーチケット契約を結んでおり、コンスタントに集客できる仕組みがあります。またチケット客は長距離で客単価も高いので、新人ドライバーでもお得意様さえ見つければ、安定的に高い収入へつなげることが可能です。

さらに都内の主要ポイントに、幾つもの専用乗場があるから付け待ちしやすい点も、高収入への取り組みとして無視できません。日本交通グループでは、代表的なターミナル駅前や商業施設、あるいは有名なオフィス街や観光スポットなど、人々の流れが多い場所に専用乗場を設置しています。このため、流し営業のように時間を浪費することなく、効率的にお客様を拾うことができます。地理に不慣れな新人ドライバーにとっては、まさに有難い集客への取り組みと言えます。

この他にも、配車アプリ・無線配車で安定して稼げることも、日本交通グループが誇る優れた取り組みです。月間約45万件という業界トップクラスの無線配車や、独自に開発した配車アプリによって、お客様の所在地へピンポイントでのアクセスを可能にします。乗車回転率を高めながら、ストレートに売上げや収入に結びつきます。

実践的な研修制度によって、高収入を実現できるドライバーへ!

日本交通グループでコンスタントに高収入が実現できる理由は、すでに研修の段階にあるといっても過言ではありません。入社すると直ぐに始まる1か月間の研修では、会社所有の総合研修センターに入り、タクシードライバーに必須である第2種免許の取得を目指しながら、座学によって地理や交通法規などをトータルに学びます。また実地研修で配属される営業所でも、熟練の指導スタッフが車両に同乗し、運転スキルや接客マナーあるいは効率的なルートなどを、マンツーマンでみっちり指導します。

この研修期間で注目すべきは、一貫して売上向上の視点から実践的に指導が進むこと。例えば、座学による地理講習では、単にテキストだけを読み進めるのではなく、乗車率をアップするためのエリアやルートあるいは時間帯まで、きめ細かくレクチャーします。また実地研修においても、営業所が独自に調査したデータを活用しながら、定例会議や自主勉強会などを通じて、売上げにつながる情報やノウハウを、社員がお互いに共有します。研修ドライバーであっても、先輩ドライバーから集客のコツや接客スキルを吸収できる機会が、この時点で沢山あります。

働きやすい魅力的な環境!キャリアアップも図れる!

日本交通グループには収入面以外にも、業界最大手だから働きやすい、魅力的な制度や環境が整っています。福利厚生については、各種の社会保険が完備されている上、特別休暇や産休育休といった制度も充実。さらに会社と提携している保養所やジムなどの施設も利用できます。この他にも財形貯蓄制度や家賃補助制度、あるいはマイカー車検修理割引制度などを通じて、生活に必要な経済的サポートも行います。会社内にはスポーツから文化芸術に至るまで様々なサークルがあり、仕事を離れた時間にも、仲間づくりをしやすい環境があります。

日本交通グループでは、将来へ向けてキャリアアップできるように、観光・子育て・介護に特化した「エキスパートドライバー」制度を導入し、向上心の高いドライバーが成長できる環境を用意しています。エキスパートドライバーを目指す際には、必要となる資格や講習あるいは諸費用などについては、会社が全面的にバックアップしており、安心して目標に邁進できます。さらにエキスパートドライバーになると、受注から運行プランまでトータルに担当するため、そこから管理職への道も開けます。日本交通グループであれば、収入も夢も期待できる魅力的な環境がそろっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都内にある日本交通はタクシーが一番稼げる環境です。稼ぎやすい会社は日本交通なのでここで確実に稼ぐようにしましょう。

東京都内にある日本交通はタクシーが一番稼げる環境です。稼ぎやすい会社は日本交通なのでここで確実に稼ぐようにしましょう。

タクシードライバーは飲酒運転厳罰化に伴い年々需要が高まっています。利用者が特に多い東京都内だとタクシードライバーとして稼げるうってつけの場所になります。その中でも稼ぎやすい環境が整っている日本交通を紹介します。

転職活動しやすい万全の体制

日本交通は会社説明会と面接エントリーをセットで行っています。東京都内なら毎日開催しているので、会社説明会終了後に採用担当者へいろんな質問をぶつけられます。転職組としては会社説明会から更に踏み込んだ内容を聞きたいものなので、疑問点をその場で解消できるのは転職組として非常に心強いです。また、既に日本交通への転職が固まっている場合はホームページから面接エントリーできます。後は日時設定して就職活動を進めるのみです。

日本交通が持っている池袋、赤羽、千住、新木場、品川、三鷹と合計6つの営業所がそれぞれの面接会場になりますので、近場で面接試験を受けられるのも有り難いです。特別な資格は普通運転免許を既に取得していれば、タクシーを運転するために必要な第二種運転免許証は日本交通に就職してから取得しても大丈夫です。その際は免許取得費用を全額負担してくれるだけで無く、教習期間中の手当を保証してくれます。このため、安心して資格取得に専念できる環境が整っていると言えます。しっかりと社員の地盤を固めてくれた上で給料を確実に稼ぐことを可能にしてくれるのが日本交通です。

日本交通の詳しい給料体系

日本交通に就職したら稼ぎやすい会社は日本交通であることがすぐに把握できます。他業種からの転職組はタクシードライバー未経験者が大多数を占めるため、その研修期間に1ヶ月設けています。運転のイロハや接客業、担当エリアの地理学などをベテラン社員が教えてくれるので、いち早く経験者に追いつくシステムが整っています。研修期間中に関して、1万円の日当と交通費が支給されます。一方で、経験者は更に早い日数で運転できます。必要最低限の研修は行いますが、だいたい10日間足らずで路上に出ます。

営業所配属後も、ハンチョウを中心としたチームを組みます。先輩乗務員が主導となって日々新しくなる運転技術を丁寧に教えてくれます。散りについてよくわからない人にとっては不安に感じることも少なくありませんが、ベテラン社員が手厚くその都度教えてくれるので少しずつ覚えていけば良いのです。特に仕事上のノルマは無いのでのびのびと活動できます。東京都内という日本列島の中で最も複雑化した交通網を頭にたたき込まなければならないのは骨が折れます。総合研修センターにてより詳しい地理と接客サービスを学べます。

慣れてくるともらえる年収に夢を見られる職場

日本交通の平均年収は420万円であることは就職説明会で採用担当者が話してくれますが、タクシードライバー業界の中でも非常に高い金額であることが確認できます。その理由に利用者が他の都道府県を圧倒していることが挙げられます。人口が最も多い東京都でかつ、依頼自体はひっきりなしにかかってくるので、時間が許す限り仕事が出来る環境です。このため、体力さえあればいとも簡単に業界の平均年収を短期間で超えられます。

ベテランと若手や転職組で経験あり、経験無しなど全ての立場において、会社内の風通しが非常に良く、お互いをすぐに助け合える環境が整っています。日本交通の企業理念に人材を育成することを第一においており、それがお客さんに還元することで会社としての社会貢献が達成できるとしているからです。転職組であっても分け隔て無く接してくれるので、お客さんが多い穴場スポットを教えてくれます。また、効率良く目的地を回れるルートを事前に情報として頭に入れておくことでより多くの件数をこなせます。また、会社内でも質問や相談コーナーを設けており適宜解消できる意味でも集中して仕事に専念できると言えます。

福利厚生がしっかりしている社員に優しい会社

日本交通はタクシーが一番稼げる環境を提供してくれます。その理由に女性が働きやすい環境が挙げられます。育児介護休暇を会社全体で応援しているだけで無く、実際に先輩社員がそれを利用している実績があるので、後輩としては安心して取得出来ます。先輩にも相談しやすい雰囲気が整っているので、社員が休んでいる間の予定管理が万全です。

また、都内30か所以上の専用乗場も完備されていることが挙げられます。お客さんにとってはタクシーを利用したいと思った場所に専用乗場が近ければ近いほど利用しやすいです。日本交通は長年東京都内で多くの利用者に貢献してきたので未だに多くの専用乗場が残っているのです。これが評判の悪い会社だと企業淘汰の波にのまれてまともな専用乗場が用意されていない会社があります。利用者が途切れること無くタクシーを利用してくれる場所が整っているので、年収790万円を目指せる環境であると言えます。転職組が多数日本交通に入って、何年経っても退職しないことからわかるように、給料体系や休暇制度が充実しているので、長年勤める人が多いのです。法定外の残業は無いことからプライベートの時間が取りやすいのもお勧め出来る点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

20代でタクシードライバーに就職!?信頼と実績の業界最大手!新卒採用なら日本交通で決まり!

タクシードライバーと言えば中高年や、中途採用者が多いイメージが世間一般では強いかもしれません。
しかし、今や若手のドライバーも、業界では目立ち始めました。
もちろんタクシー会社側が若手や新卒者を積極的に採用していることも、その理由として挙げられます。

ここでは業界最大手の日本交通のケースを紹介しましょう。

無理のない勤務体系でプライベートもバッチリ!

国内での少子化や高齢化に伴う労働人口の減少が予想される中で、タクシー会社でも若手の人材を確保するために、様々な取り組みを行っています。
この点、業界最大手の日本交通でも、20代の方に魅力ある就職先として選ばれるように、若手が活躍できる環境づくりに積極的です。

例えばプライベートを重視する若手の傾向をしっかりと捉え、勤務体系にも配慮しています。
通常、深夜勤務を含めた勤務時間は1乗務15時間30分ですが、翌日は必ず公休や明番になるようにシフト設定されています。
その結果、月換算では11~12回程度の隔日出勤で済むので、月の約半分をプライベートの時間に使うことができます。

また事前申告によるシフト制により、突発的な休日出勤や法定外の残業などは一切ありません。このように、休みや残業が明確になっているからプライベート充実なのも、若手にとっては嬉しい職場環境と言えるでしょう。

さらに、勤務時間中は3時間の仮眠や休憩を遵守しており、過剰労働にならないように徹底しています。
仮眠や休憩も自分の都合のよい時や場所で取れるので、ドライバー未経験の若手でも、無理なくマイペースで働くことが可能です。

業界トップクラスの給与水準で、モチベーションUP!

また、就職するにあたって最も気になる収入面でも、業界最大手にふさわしい魅力が日本交通にはあります。通常タクシー業界では、タクシードライバーに歩合制を適用している会社が大多数。
そのため、活発でフレッシュな新卒なら圧倒的に他の人より稼げる環境があります。
とはいえ新卒採用である以上、運転スキルや地理に疎いため、当初はなかなか売上げに結びつかないのも現実です。
そこで日本交通では、乗車デビュー後の3ヶ月間は月給25万円を保証しています。これならば収入を気にせず業務に集中して、いち早く仕事に慣れることが可能です。

さらに、日本交通の給与水準は、業界でもトップクラスである点も見逃せません。入社1年目の平均給与は約420万円を誇り、これは全業界における新卒者の平均給与の約2倍に当たります。
それが2年目になると約450万円にアップし、5年目を過ぎるころには700万円を超えるドライバーも続々と登場します。
このように歩合制だからこそ、若手でも努力と熱意次第でいくらでも稼げる、嬉しい環境が日本交通にはあります。

また、努力や工夫がそのまま収入に反映するので、ドライバーを続けていくモチベーションもますます高まります。

売上げに直結する、優れた研修制度!

先述したように、日本交通には若手でもガッチリ稼げる環境がありますが、その前提として、充実した研修制度の存在を忘れてはならないでしょう。

まず、入社すると1ヶ月間は研修総合センターや各営業所で、座学や実地研修を受けることになります。
センターでは独自の教育カリキュラムによって、タクシードライバーに必須の第二種免許取得をはじめ、地理講習や接客スキル等を学びます。

なお、第二種免許の取得に必要な経費は、会社が負担するので心配ありません。また、各営業所での実地研修では、熟練の教官スタッフが同乗するマンツーマンの指導により、運転技術から地理マスター、さらに、接客対応や料金計算まで、幅広く実践的な研修を受けます。

ここで注目すべき点は、日本交通の研修では常に一貫して、売上げにつながる視点から、きめ細かい指導が行われていることです。
例えば、地理講習においては単に地理を形式的にマスターするのではなく、お客様を見つけやすいエリアをはじめ、乗車率を高めるルートや近道なども習得します。実地研修においても、各営業所のデータに基づきながら、お客様の多い時間帯や客単価の高いスポットなどを、朝礼や自主勉強会を通じて情報共有するのです。

このように、ドライバー未経験の若手や新卒者を即戦力に育て上げる、優れた研修制度が日本交通にはあります。

将来性のある人生設計が可能な、幅広く豊富なキャリアパス!

せっかくプロのドライバーとして働くなら、仕事と共にキャリアアップを図り、人間的にも成長したいものです。
この点、日本交通のタクシーは将来を見据えた働き方ができるので、若手や新卒者の方にはピッタリな職場環境です。
日本交通での具体的なキャリアパスとしては、「黄タク乗務員」と呼ばれる一般ドライバーからスタートし、入社2~3年目には「黒タク乗務員」と呼ばれる班長クラスのドライバーへと昇格します。

その後、自分の進むべき専門分野の様々な研修や資格取得を経て、「エキスパートドライバー」「スリースター乗務員」「ハイヤー乗務員」といった、よりグレードの高いドライバーへとキャリアアップが可能です。
そして、ドライバー以外にも、営業所での運行管理スタッフをはじめ、本社での人事や経理といった内勤スタッフへの配属もあります。

さらに、実力や実績が認められると、将来的には役員への道も拓けます。
なお、日本交通におけるタクシー部の執行役員や取締役は、全員タクシー乗務員の経験者です。
また、新卒で入社した場合、年に一回の自己申告制による面談を受けることができます。ここでは、直属の上司以外の専門スタッフが担当し、将来のキャリア等について親身になって相談に応じてもらえます。

このように、若手や新卒者の将来をしっかりと考え幅広く多彩なキャリアパスを用意している点も、日本交通の魅力と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

 タクシードライバーという職業は歩合制の場合が多く、年収アップを狙うには魅力的な仕事です。
 都心部で働こうと考えている方は、稼げるコツをしっかり抑えて働けば、自分の頑張り次第で高収入を目指すことができます。

都内でのタクシードライバーの必要性

 東京は眠らない街とも表現されるくらい、活動的な街です。特に都心は人口密度が高いこともあり、生活スタイルは様々で、24時間どの時間帯でもタクシーを必要とする人々がいます。

 お昼の時間帯は、地方や海外からの観光客や病院へ向かう人など、電車に乗ることが難しいという人々の利用が多いです。また夕方から夜にかけての時間帯は、仕事を終えて飲みに出かける人や夜の仕事へ向かう人などが利用します。そして深夜から朝方にかけての時間帯は電車が止まっているので、終電を逃してしまった人の利用が多くなります。このように、どの時間にもタクシーを必要とする人が一定数存在するのが、都心部の特徴です。
 
 このようにタクシー利用の時間帯に隙間がないのは、都心部だけです。そのため稼げるチャンスはお客様の多い都心部に多く、営業所も都心部にある営業所で働くべきだということが言えます。そして2017年から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で始まった「初乗り410円」の影響もあり、今まで初乗り730円を高いと感じて乗っていなかった人たちも、短い距離で気軽に乗るようになりました。都内のタクシー利用人口は増加の傾向にあり、タクシードライバーの必要性も高まっています。

どんなタクシー会社に入れば良いのか

 人口の多い都心部でタクシードライバーになれば、すぐに稼ぐことができそうですが、しっかり稼ぐにはコツがあるため、誰でも高収入にはなれないのです。そして、ただ都心部に営業所がある会社に入れば安心というわけではありません。どの会社で働くのか、ひとつの基準にすべきなのは、ブランド力のある会社で働くべきということです。

 タクシーを利用する人の中には、ブランドでタクシー会社を選ぶ人もいます。都心部にはタクシー会社がたくさんありますが、その中で全く名前を聞いたことのない会社を選ぶのは、利用客も勇気がいります。そしてブランド力があるということは、社員の教育も行き届いている証拠でもあります。利用客にとって支払う料金に差はないので、ブランド力があるほうが安心です。また実際に面接に行ってみて、職場の雰囲気が自分に合うか確認をすることも大切です。

 タクシードライバーという職業は、個人の努力次第かのように思われがちですが、同僚や会社のサポート体制も大いに影響します。多くのタクシー会社がある中で、安定して長く続けられる会社か、面接時に話を聞いて見極める必要があります。

タクシードライバーとして軌道に乗るには

 ドライバーとしてお金を頂くからには、都心部の道路をある程度は頭に入れなくてはなりません。都心部の道路は、地方に比べ一方通行が多く、交通ルールが複雑な場所も多くあります。また同じ目的地でもルートは多岐にわたりますので、周辺の地理を把握しておく必要があるのです。

 そのため、タクシードライバーという仕事で稼げるようになるためには時間がかかりそうですが、多くのタクシー会社には給与保証制度というものがあります。これは、売上が少なくても会社から給与額が保証される制度で、会社により期間は違いますが、この期間に焦らずに仕事を覚える事が出来ます。歩合制が多いタクシードライバーという仕事は、きちんと稼げるようになるまでの不安がありますが、この制度によって、仕事を覚えるまで売り上げが低くても、給与保証があるから安定しているのです。

 給与保証されている期間に、道を覚えて自分の得意なエリアを見つけたり、稼いでいる先輩の仕事のしかたを研究したりと、自分に合う働き方を探すことができます。この期間を有意義に使うことで、タクシードライバーとして軌道に乗ることができるはずです。

タクシーの集客方法の多様化と稼ぐコツ

 タクシードライバーの仕事は、ほとんどが歩合制なので、さらに年収アップを狙うには工夫も必要です。稼ぐためには、駅前のタクシー乗り場で利用客を待ったり、人通りの多い道を走って利用客を探すことだけが方法ではありません。

 タクシー会社には、無線配車やアプリ配車など流し以外の集客があるので、これらを利用することによりコツを抑えて稼ぐことができるようになりました。お客様から連絡を受け、各タクシーへ割り振られる無線配車で、安定的な乗車が期待できます。また、タクシーを指定の場所に配車できるスマホアプリも定着しつつあります。なかには、アプリ内でクレジットカード支払い可能なものもあり、その手軽さが時代に合っていると言えます。タクシードライバーが利用客を自ら探さなくても、利用客の方から来てくれるシステムがあるのです。

 タクシーが時代とともに身近な存在になり、利用客が増えるとともに、サービスの質も以前より求められるようになりました。無線配車やアプリ配車などの便利なサービスがあることは、リピートにもつながります。集客方法の多様化により、タクシードライバーは努力と工夫次第で稼げるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーは長く働ける職種の一つ。街のコンシェルジュとしてお客様との信頼関係を築くことでやりがいのある仕事になる

タクシードライバーの仕事は街のコンシェルジュとしての一面もあり、地域貢献や地域活性化に繋がる仕事でもあります。
多様なニーズに応えることでお客様との信頼関係を強く結び、やりがいを感じられる仕事にもなります。

街のコンシェルジュとしてのタクシードライバー

 お客様の移動手段として、お客様が行きたい場所まで車で運ぶのがタクシードライバーの仕事ですが、それだけではなく多様なニーズに応えるサービスを行っている会社もあります。地域活性化を助ける仕事や地域貢献ができる仕事街の安全を守る仕事など、タクシードライバーの仕事は幅を広げています。

 地方のタクシー会社では移動手段としてだけでは売り上げが伸び悩み、移動のほかにもさまざまなサービスを行う会社が多く見られます。近年では東京都内でも、地方で見られるような地域密着型のサービスができるタクシー会社が増えてきました。ある都内のタクシー会社では、デパートでの買い物に付き合い売り場を案内したり、病院への付き添いや観光案内など、さまざまなニーズに対応したサービスを提供しています。単なる移動手段だったタクシーのサービスは変化しつつあり、街のコンシェルジュとしてタクシードライバーが活躍できる機会も増えています。

 街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーはお客様との信頼関係を結ぶことで、とてもやりがいのある仕事になります。地域に貢献できるタクシードライバーを目指すなら、細かなサービスを提供するタクシー会社への転職も一つの方法です。

地域活性化を助ける観光タクシードライバー

 街のコンシェルジュであるタクシードライバーの仕事として代表的なのが、観光タクシードライバーです。観光スポットへタクシーで運ぶというだけではなく、おすすめの観光スポットや飲食店、穴場のお土産屋に案内するなど、観光案内するのも仕事に含まれます。タクシードライバーなら誰でもなれるというわけではなく、観光タクシードライバーになるには一定の条件があります。

 都内では東京観光タクシードライバー認定制度が設けられています。東京観光タクシードライバー認定資格は、都内で観光タクシードライバーとなるために必要な資格です。東京観光タクシードライバーに認定されるには、まず東京シティガイド検定を受け合格する必要があります。次に数日間サービスや知識、高齢者や障がい者への対応などを学ぶ研修を受けることで、観光タクシードライバーとして認定されます。観光スポットの知識はもちろん、マナーやコミュニケーションなどの能力を必要とされますが、観光するお客様に地域のよさを知ってもらうことで、地域活性化を助ける仕事でもあります。

 転職を考えるなら、観光タクシードライバーとして活躍できるタクシー会社を検討してみるのも手です。

街の安全を守るタクシードライバーの仕事

 地域密着型のサービスができるタクシードライバーの仕事は、観光タクシードライバーのほかにもさまざまな形で活用が期待されています。例えば、子供の一人歩きを防止する子供送迎タクシーがあります。子供送迎タクシーは幼稚園や学校から自宅への送迎、塾への送迎など子供を安全に送り届けるためのサービスです。

 近年では子供の一人歩きが事件や事故に繋がることもあり、需要が増えつつあるようです。子供の送迎だけではなく、チャイルドシートを設置して、産後退院したばかりの新生児を安全に送迎するサービスもあります。また陣痛がおきた際に、かかりつけの病院まで妊婦を送迎するサービスを行っているタクシー会社もあります。子供の安全な移動をサポートするほかにも、高齢者や障がい者の移動をサポートする介護タクシーも需要が高まっています。

 子供や高齢者、障がい者の安全な移動を助けることで事件や事故などを防止し、街の安全を守る仕事としても、タクシードライバーの仕事は注目されています。運転以外にも自分のスキルや得意なことを活かし、街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すのも選択肢の一つです。

やりがいを感じられる仕事となる

 単なる移動手段としてだけではなく、街のコンシェルジュとして細かなニーズに対応しお客様との信頼関係を結ぶことで、やりがいのある仕事になるのがタクシードライバーです。目的の場所まで送迎するほかにも買い物や病院の付き添い、観光案内ができるタクシードライバー、子供や高齢者、障がい者の安全な送迎をサポートするなど、地域に貢献しながら長く働ける職種の一つでもあります。

 タクシードライバーにとって運転技術も大切ですが、こうしたサービスに対応するスキルやコミュニケーション能力を身に付けることで、安定して将来を見据えた働き方ができるでしょう。街のコンシェルジュとしてのタクシードライバーを目指すなら、自分のスキルが活かせるサービスや興味のあるサービスを提供しているタクシー会社をチェックし、転職を検討してみるのもいいでしょう。

 お客様をさまざまな形でサポートし、地域密着型のサービスができるタクシードライバーを目指すことで、目的地へ送迎するだけでは得られなかった感謝や信頼を得ることができるかもしれません。感謝や信頼が、やりがいに繋がり長く安定して働ける仕事となる可能性も見えてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

タクシードライバーへの転職を考えているという人はいないでしょうか。
タクシー業界は想像している程、厳しい業界ではなく、稼げる仕事なのです。

しかし、それを達成するためにはまず会社選びが大事です。
業界最大手の日本交通について、この機会に知ってみませんか?

タクシー業界の仕事とは?その現状

タクシー乗務員の1日の仕事の流れは、意外と知られてないのではないでしょうか。出勤してからアルコール検査や車両点検があります。そのあと点呼があり、運行の管理者から1日の注意事項などの説明を受けます。その後出庫・業務従事となります。約8時間の勤務中には休憩時間も数時間含まれます。その後帰庫となり、入金、洗車をして業務終了です。
日本交通では、通常のタクシードライバーの他に、企業の専属ドライバーやジャンボハイヤーの乗務員など、入社1年未満でも更にステップアップするチャンスもあります。そうなりますと、年収500万円を目指せる可能性もあります。

タクシー業界は、慢性的に人材不足という現状にあります。人材不足の背景には、タクシードライバーという職業が勤務時間も長く、激務であるという強固なイメージにあるようです。
近年、女性ドライバーを採用する会社も増加してきているため、タクシードライバーの採用状況もやや好転してきています。しかし、相変わらず人手は引く手あまたの傾向にあるのです。
業界最大手の日本交通では、その98%が業界未経験者という実績があります。しかも、入社後数年で辞めてしまう人が多いタクシー業界で、日本交通は勤続10年以上が社員のほとんどです。勤続20~30年のドライバーも多数勤務しているのです。転職にはおすすめの業界と言えるでしょう。

タクシー業界は稼げる仕事!

このように、タクシー乗務員は稼げる仕事だと言えます。ただし、幾つか条件があるようです。1つには、稼げる地域のタクシー会社なのか、と言うことです。日本交通は、大都市である東京都を中心とした会社ですので、この点はクリアです。
もう1つ、その地区で強い、タクシー会社として大手なのか、ということがポイントになります。日本交通は東京都の大手タクシー会社4社の中に数えられる業者です。
一般の大企業はタクシーを使う際、法人チケットというものを予め購入して、支払いに使うことが多いようです。日本交通では、日本交通&日本交通グループ(提携会社)の約4500台で使えるタクシーチケットを販売しています。もちろんVISA、JCBといったクレジット会社発行のタクシーチケットなら、日本全国で使用できます。
こういったタクシーチケットなどを販売し、法人に使用してもらいやすくしているところも、大切なのです。法人は長距離利用などをする可能性が高いので、良いお客様と言えるからです。

以上の2点から、日本交通は稼げるタクシー会社と言って良いでしょう。
実際に同グループ内で、週3回の勤務で年収790万円を稼いでいる従業員もいます。また、日本交通では、入社後半年間は月給27万円(最大)まで、給与保証がされています。しかし、ほとんどの先輩たちが、入社3ヵ月で保証給与以上を上回る歩合を稼いでいることは事実なのです。日本交通のタクシードライバーは、安定して働ける職場に居ると言えるでしょう。

初心者でも安心!日本交通はサポート体制が完備!

日本交通では、業務運転の経験がなかった社員も多数在籍しています。ですので、教育研修制度(外部研修・接客マナーなど)や、業務をわかりやすくマニュアル化した「スタンダードマニュアル77」も用意されています。
介護や救急救命、認知症のサポートなど、通常の生活にも役立てるような社内研修も定期的に行っていますので、実際に、高齢者や妊婦さんが乗車した際などにも、研修で培った知識を活かすことが出来ます。
また、日本交通の教育システムによって、2種免許が最短9日で取得できるバックアップ体制も完備されています。2種免許の取得費用は全額、日本交通が負担しています。2種免許の合格率は100%だそうです。

乗車する自動車は、最先端の車両が用意されています。アイドリングストップ、全車両禁煙、クレジットカード・電子マネー決済可能の車に乗務することが可能です。
もちろん研修終了後も会社から各種フォローを受けることが出来ますので、初心者でも安心して勤務できるのではないでしょうか。
接客サービスをしたことがないと不安に思う人もいるでしょう。しかし、それまでの人生体験自体が職業に活かせる経験となることもあります。地道に仕事を続けた結果、指名をしてもらえるようになった人もいるのです。

タクシードライバーになるなら日本交通で!

東京都の日本交通は、数あるタクシー会社の中でも、9年連続で、グループ売上高と業界売上高でトップの業績を収めています。日本交通は毎年業績を伸ばしているのです。
他社に比べても、1人1人の売上高が高く、給与額も大きいことが優秀な業績に繋がっています。
労働環境が良いことでも知られています。日本交通は、就労環境が一流であることで、サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業でもあるのです。
また各種メディア(TBS、テレビ東京、日系ビジネスなど)にも取り上げられ、その認知度を上げています。

日本交通は各種最先端サービスにも取り組んでいます。
「お出かけサポート」「観光」「子供のタクシー利用」と言った付加価値の高い仕組みを「エキスパート・ドライバー・サービス」として提供したことや、スマートフォンでタクシーが呼べる「JapanTaxi」アプリの開発など、次々と新しいサービスを供与し続けているのです。エキスパート・ドライバー・サービスは、2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。
タクシードライバーになることを考えているのなら、日本交通を一考に入れてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシーが一番稼げる環境のある東京都内で、確実に稼ぐなら日本交通がおすすめ!稼ぎやすい会社は日本交通で決まり!

タクシーが一番稼げる環境のある東京都内で、確実に稼ぐなら日本交通がおすすめ!稼ぎやすい会社は日本交通で決まり!

これから東京都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
ただしせっかく働くならば、稼ぎやすく働きやすい条件のそろった、有名なタクシー会社がいちばん。

そこで充実した職場環境で知られる、業界最大手の日本交通について、ここでは紹介しましょう。

業界最大手だからこその、魅力的な給与水準!

タクシードライバーへの転職を考えている方にとって、まず最も気になるのが収入のことではないしょうか。この点、通常タクシー業界では、ドライバーの売上げに歩合制を適用しているケースがほとんどです。
そのため、タクシードライバーに対する世間一般のイメージでは、収入が不安定で低いといったイメージがあるかもしれません。

しかし、少なくとも業界最大手の日本交通に限ってみれば、そのイメージは正確なものとは言えないでしょう。
なぜならドライバー未経験の方であっても、入社1年目での日本交通の平均年収は420万円。
これは業界でも平均水準を上回る数値です。
しかも2年目以降は450万円にアップし、5年目を過ぎる頃には年収790万円を目指せる環境水準のドライバーも、続々と現れ始めます。
さらに、入社後3ヶ月までは、なんと月収40万円の保障制度まであります。
これならば、運転スキルや地理に不慣れなドライバー未経験者の方であっても、当面は収入を気にすることなく業務に集中することができるでしょう。

このように世間一般のイメージとはかけ離れた、恵まれたタクシードライバーの収入環境が、日本交通にはあります。

安定して高い給与水準を維持できるのには訳があります!その1

東京都内ほど、タクシーが一番稼げる環境に恵まれているエリアはないと言っても、過言ではないでしょう。
その中にあって、安定して確実に稼ぐなら、やはり業界最大手の日本交通がいちばん。
もちろん、それを実現するだけの訳があります。

まず、入社後から1ヶ月間は、タクシードライバーには必須の第2種免許の取得をはじめ、総合研修センターでの座学。さらには、各営業所に配属後の実地研修に至るまで、充実したカリキュラムを幅広く体験することになります。
この一連の研修を通じて、運転スキルや接客マナーはもちろん、地理講習から交通法規までしっかりとマスターします。

特に日本交通の研修で見逃してはならない点は、常に売上げ向上のための観点からカリキュラムが組まれていることです。
例えば地理講習一つを見ても、単に都内の道路網を覚えるだけではなく、乗車率を上げるための合理的かつスピーディーな近道や裏道などを、きめ細かく学びます。
この他にも、営業所での実地研修では、お客様が多いエリアや時間帯またはルート等を、熟練の教官スタッフが同乗しながら、みっちりと指導します。
加えて、営業所内で蓄積された独自のデータを利用しながら、朝礼や自主勉強会を通じて、売上げ向上のためのノウハウを社員同士で共有します。

安定して高い給与水準を維持できるのには訳があります!その2

一通りの研修が終わっても、それで直ぐに稼げるわけではありません。
特に、運転スキルや地理に疎いドライバー未経験者の方であれば、なかなか売上げに結びつかないのが現実です。
この点、日本交通では売上げに直結する、優れた集客システムを構築しているので安心です。

例えば都内30か所以上の専用乗場もその1つ。
大型駅前ロータリーや有名ホテル、あるいは観光スポットや公共施設の周辺など、人々の流れの多い主要拠点に専用乗り場を設置。
お客様を探しながらの流し営業のように、無駄な時間をかけることなく、効率的かつスムーズな集客を可能にします。

もう1つ日本交通の集客力で見逃せないのは、タクシーチケットの存在です。
官公庁や大企業をはじめ、数多くの法人と取引実績があるので、客単価の高い固定客をコンスタントに確保することが可能です。

この他にも、スマートフォンの乗車予約アプリを活用して、IT時代にも対応しており、ピンポイントで素早くお客様のいる地点へ直行できるため、効率よく売上げにつなげることができます。
稼ぎやすい会社は日本交通と言われるのは、まさにこのような充実した集客システムがあるからです。

未経験者はもちろん、女性やシニアの方でも働きやすい環境です!

日本交通の勤務条件で優れているのは、なにも収入面だけではありません。
勤務シフトから福利厚生まで、業界最大手にふさわしい数々の制度や仕組みが用意されています。

まず勤務時間については、事前申告を原則とした完全シフト制なので、突発的な休日出勤などは一切ありません。
また勤務日の翌日は必ず明番休みや公休日を設定しており、しっかりと心身をリフレッシュできる時間があります。

もちろん業務時間帯の休憩や仮眠の確保も徹底しているので、自分の好きなタイミングや場所でゆっくりと休むことが可能です。
このようにシニアや女性が働きやすい環境があり、無理なくマイペースで勤め続けることができます。

また、福利厚生については、年金保険や労災保険など各種の社会保険がバッチリ完備されています。
さらには、慶弔見舞いをはじめ財形貯蓄制度や無事故表彰制度、さらには自社工場によるマイカー車検修理割引制度などによって、社員やその家族の生活を経済的にサポートします。

休暇制度についても、有給休暇はもちろん産休や育休など、様々なライフイベントに対応できる制度が整っているので安心です。
この他にも、会社と提携している保養施設やスポーツジムなど、リーズナブルな料金で利用できるので、充実したプライベートの時間を過ごすこともできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討しているなら、日本交通がおすすめ!給料や契約条件は?

タクシードライバーへの転職を検討するにあたって、いろいろ心配なこと、事前に知っておきたいことがあると思います。

給料ってどれくらい?契約条件は?休みって多いの?少ないの?事故や乗り逃げのリスクは?

少しでも疑問を解決して、タクシードライバーへの転職に向けて一歩踏み出してみてください!

給料の仕組みは?

タクシードライバーへの転職を検討する際、まずは給料について知っておきたいですね。

タクシードライバーは基本的には歩合制です。完全歩合制と言って、保証された月給はなく、売り上げが0円なら給与も0円という会社もありますが、日本交通の場合は月給の保証(およそ18万円)があり、それに上乗せする形での歩合制になっています。

歩合は売上が上がるほど増えるので、売上によって給料も増える仕組みです。

日本交通の歩合率は62%で、これは業界でも最高水準です。タイトルで日本交通がおすすめ!としたのは、ここにも理由があります。

たとえば歩合率が62%の場合、月に50万円を売り上げたとすると、31万円が歩合として保証の給与に上乗せされるということです。

と言っても、未経験者が月に50万円もすぐに稼げるものなの?と心配になるかもしれません。

都内の複雑な道が完璧にわかるわけでもないし、利用者の多い場所の知識もないし・・・

そんな不安はよくわかります。

でも、日本交通なら未経験者には1カ月の研修期間があり、都内の交通事情や地理をベテランドライバーが教えてくれます。

もちろん研修中も給与を支給します。

しかも、研修終了後の3か月間は月給40万円の保証があるのです。

毎月の売り上げを心配することなく、お客さまの多いところを実際に運転して学びつつ、3か月かけて仕事に慣れて行く環境が整えられているわけですね。

事故や乗り逃げのリスクは?

先に述べた給料も大事な契約条件の1つですが、も1つ大切な契約条件があります。

それは、タクシードライバーという仕事をするうえでは避けることのできない、事故や乗り逃げのリスクについてです。

万が一事故を起こしてしまった時の補償について、どこへ入社するにしても事前に確認が必要です。

たとえば、事故による車の修理費用の全額をドライバーに負担させるという会社もあります。

もちろん無事故であるに越したことはありませんが、それでもその修理費用を全額負担していたら、その月の給料が差し引きゼロ(それどころかマイナス)となることもあり得ます。

事故を起こさないように注意する意識を持ってもらうために、あえて修理費用の一部をドライバーに負担させることにしている場合もあります。

一旦は会社が費用を立て替え、後から一括または分割でかかった費用の一部を給料から天引き、というような制度をとっていることが多いです。

では、乗り逃げに遭った場合の補償はどうなのでしょうか。

被害を受けたのはドライバーで、一方的に相手が悪いことなのに、メーターとの不足金額を自己負担しなければならないとなれば、理不尽さを感じざるを得ません。

これについても、会社によってその対応は分かれます。

どんな理由であっても不足分は会社へ納めなければならない、とする、つまり被害に遭った分の金額は自腹となります。

もしくは、警察へ被害届を出すことにより、不足分は減額して納めることが許される、という場合もあります。

万が一これらのことが起きてしまった場合、そのマイナス額に驚くことのないよう、事故の費用負担についてと乗り逃げの対応について、入社前に詳しく聞いておきましょう。

福利厚生はどうなの?

正社員として採用された場合、福利厚生も気になるところです。

たとえば、タクシードライバーとして仕事を始めるには、普通1種免許だけでなく2種の免許を取得する必要があります。

日本交通では、その際にかかる費用を会社が全額負担し、教習期間中にも手当を支給しています。

その他にも、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの社会保険も完備されており、賞与もあります。

食堂や仮眠室、大浴場まで用意されているので、休憩時間に食事をして仮眠を取ったり、業務終了後にゆったりとお風呂に入って疲れを癒やすなんてこともできますね。

それから、タクシードライバーの勤務体系についてです。

1日に20時間ほど働くこともあるタクシードライバーは、1日出勤したら次の1日は休まなければならなかったり、取るべき休憩時間数が決められていたりします。

日本交通では、1日の勤務は15.5時間~18時間で、必ず3時間の休憩を取ることになっています。

食事をしたり、夜の勤務が始まる前に少し仮眠を取ったりでき、無理のないよう配慮されているわけですね。

また、勤務日の翌日は必ず休みになります。シフト制なので、連休を取りたいときには取ることもできます。

一般的な会社員に比べると、時間の使い方は比較的自由なのではないでしょうか。

キャリアアップはできるの?

入社後のキャリアアップには、どんな道があるのでしょうか。

日本交通の場合、まずは一般ドライバーとしてスタートします。その後実績を積んで行くと、黒タクドライバーになることができます。

一般ドライバー(黄色いタクシー)よりも、お客さまを乗せやすくなるメリットがあります。

さらに、実績を積んでいくと、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)として予約のお客さまをお迎えに行く専用のドライバーとなります。

また、ドライバーから内部スタッフへと転向することも可能です。

運行管理者としてサービスの品質管理を担当したり、営業所の所長になったりすることができます。

このように、社員としてのキャリアアップの道もあれば、将来的に個人タクシーとして独立するという選択肢もあります。

どちらにしても、日々の業務に誠実に取り組み、真面目に努力を重ねることでお客さまの信頼を獲得できれば、乗客数も増えて行きます。

そうすることで、どんな人も将来の可能性を拓いて行けるのです。

タクシードライバーとしての将来の明るいビジョンを思い描くことができたなら、転職への一歩を踏み出してみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

健康面でタクシードライバーとして就業できない例は?健康面で持病があると不採用になる?

タクシードライバーとして転職を希望する場合、就業できないと判断されるのはどんな場合なのでしょうか?
持病など、健康面での問題があると不採用になるのか、またタクシードライバーへの転職に向けてどんなことに気を付けていけばよいかなどについて考えてみます。

タクシードライバーになれない持病

タクシードライバーは、30代からでも転職しやすい職種であると言われていますが、乗客を乗せるという責任のある職務内容であることから、採用基準としては、安全運転を徹底して実行することができる心身の健康が絶対条件となります。
自動車の運転はただでさえ交通事故などの危険が懸念されるものなので、持病などを持っていると勤務が難しくなることも少なくありません。
タクシードライバーの採用面接の際には、必ず身体検査も行われていますが、採用の際にタクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)の病歴がチェックされます。

そのような持病がある場合は、突発性の発作などを運転中に引き起こす可能性を否定できないので、治療の有無などについても詳細を確認されることになります。仮に上記の持病があったとしても、しっかりと治療を行っており、病気の進行を抑制できているという医師の判断があれば、就業可能な場合もあります。

まずは主治医などに相談をして、現在の健康状態でタクシー運転手の仕事ができるかどうかを確認しておくことが必要です。
また、就業可能ということであれば、診断書を書いてもらうのがよいでしょう。

タクシー運転手になるために気をつけることは?

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣とはどのようなことなのでしょうか?
タクシー運転手は、毎日安全に乗客を乗せるという責任の求められる仕事です。先に書いたような病気があると、就業できない例も多いですが、日頃の食生活や、習慣などにも気をつけていかなければなりません。
特に食習慣が乱れてくると、病気につながる可能性も大きくなります。

また、タクシー運転手はずっと座って運転し続けるという職業柄、腰痛を起こしやすいですが、その腰痛に繋がりやすくなる肥満は避けたいところです。
面接の際に一定の基準を超えていると不採用になる場合もあるくらいなので、過度の肥満に陥ることがないように日頃の生活習慣を見直しておきましょう。

また、健康面以外のことでは、物を立体的に見る視力などのより深い視力を養うことが必要になります。
タクシー運転手には、普通自動車第一種免許以外にも、乗客を乗せて運転する際に求められる、普通自動車第二種運転免許も必要となります。
試験を受けるのは入社後であり、勤務先に費用を負担してもらえますが、深視力が劣っていると試験に受からない可能性が高いので、気をつけなくてはいけません。

タクシー運転手の採用試験とは?

いざ、タクシー運転手への転職を決めて、採用試験を受けようとすると、どのような流れになるのでしょうか?
タクシー会社によって試験の内容や、日程は多少異なるかもしれませんが、大まかな流れとしては、まずは会社が行う説明会に参加をして、入社の意向がある場合は面接の予約をします。
その後、履歴書や職務経歴書を持参して面接に臨みます。その場でエントリーシートに記入をして書面での適正検査、診断や深視力の測定などを行います。
ここまでの流れでは会社によって内容の差はあるかもしれません。

重要なのは、仮に面接に合格しても健康診断があるということです。
健康診断は面接の日の午後にすぐ行われる場合もあれば、後日行われる場合もあります。

タクシー運転手の業務は長時間に渡る肉体的にも身体的にも疲労する仕事です。応募者の健康状態に関しては、何より重要に考えている会社が多いです。
採用の基準に関わる持病の有無だけではなく、慢性的な腰痛はないか、睡眠時無呼吸症候群のリスクはないかどうかについてもチェックされます。

健康面に問題があり不採用となれば、タクシー会社の採用試験の基準はどの会社も大体同じであることが考えられるので、他社でも働けない場合があるから注意する必要があります。

タクシードライバーを続けるために重要なことは?

タクシー運転手になるためには、採用を目指して健康に気をつけて生活をすることが重要であると書きましたが、それは採用されてからも同様です。
実際に業務が始まると、腰痛や、勤務時間が不規則なことによる胃痛などを引き起こしやすくなります。
一定時間座ったままの仕事になるので、ある程度は仕方ありませんが、定期的に体を少し動かす習慣をつけるなどして気をつけていく必要があります。
普段からの運動不足や、過度の飲酒や食生活の乱れは、ドライバーを続けられなくなるような病気に発展する可能性があります。

健康診断で少しでも異常が見られたら、すぐに受診して治療、改善に臨むようにしていきましょう。健康面に気を付けることは運転をする仕事を続けていくのに最も大事なことであると言えます。
それ以外にもドライバーとして、交通事故や違反などにも最大限注意を払っていかなければなりません。

万が一、一定の点数を超えてしまい免停にでもなれば、文字通り免許の効力が失われてしまうので、その間は車の運転ができなくなってしまいます。
健康面と併せて、乗客を乗せてどんな時でも安全運転を遵守することが、タクシードライバーには求められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0