【転職トラブル】会社が辞めさせてくれない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通の会社に勤めていれば、会社を辞められないということはありません。会社との雇用契約は、双方の合意の上で成り立っています。ただ、残念ながらブラック企業と呼ばれるような理不尽な事を言われてしまう会社も存在します。会社が辞めさせてくれない時に、どのようにすれば良いのか、また会社を辞めたいときのタイミングはどうなのか、考えていきます。

 

退職に関する法律はどうなっているのか
まず、退職に関する法律ですが、通常は14日で申し入れから退職することが出来ます。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法627条1項より引用)

法律は、会社が忙しいから、仕事の引継が、という事よりも、強制力の強いものです。ちなみに、よく就業規則に退職の1ヶ月前には申し出る、等の文言がある場合もありますが、厳密には法律よりも弱いものになります。ただ、会社としてそう書いておいて、なるべく守ってほしいよというものですね。

退職は何か月前に言うべきか
できれば円満退職を目指したいところですが、どのくらい前に退職の意思を申し出るのが良いのでしょうか。1ヶ月前、できることなら2ヶ月前に退職の申し出をするのが一番理想的であると言われています。引き継ぎの事も考えると、時間に余裕がある方が良いですね。

退職に損害賠償請求というトラブルになってしまった場合
もし、本当にその企業がブラック企業で「退職するなら、損害賠償を請求してやる」などと脅されたりした場合は、もう一人で解決するのは危険です。身の安全もそうですし、そんな企業に居るのは時間の無駄でしかありません。労働基準監督署や、嫌がらせなどの事態や暴力に発展している場合は警察に、相談に行きましょう。

退職する時の注意
退職に関するやり取りの書類などは、残しておくようにしましょう。退職願、退職届は違います。退職願は「退職しますけど良いですか」というもので、「退職届」は、「退職します!」という宣言です。退職届に基本的に拒否権はありません。退職に関するトラブルになったら、退職届を郵送で送るのも有効でしょう。

次は良い会社に転職したい
次に入る会社は、良い会社で長く働きたいですね。そんな方にぴったりの求人が、日本交通グループの日本交通池袋です。日本交通グループは、『いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社』という初代の言葉を守り、乗務員が長く、安定して働ける環境を実現しています。離職率の低さが高い品質の維持へと繋がっています。
※サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」(オブザーバー・経済産業省2010年4月)
法定外の残業を禁止するなど、環境整備にも力を入れていますので末永く働けます。

日本交通池袋では、20代~70代まで幅広い年齢層の人が活躍しています。出勤の次の日はお休み(土日祝もお休み可)です。お客様をお乗せしていない時や、休憩時間は一人の空間を楽しむことができるので、自分の時間をたっぷりと持つことができるのも魅力です。定年まで働く方が多いということも、良い環境の証です。

日本交通グループでは、他社の三倍以上の無線配車の数です。無線配車が多いほど、待ち時間が少なくなるため、効率的に稼ぐことができます!無線配車の場合は、平均売上が高いことも特長ですので、高い給与にも繋がっています。「これからの配車を作るアプリ」だけでなく、「これまで親しみのある電話での配車」の双方でお客様のサポートをすることで、お客様からの高い評価をいただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*