過疎地こそライドシェア、タクシー業界はどうなるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライドシェアが、過疎地域を救う可能性があると最近言われています。日本の過疎地域の現状は、交通が不便な方がとても暮らしづらい思いをしながら生活しています。病院や各種施設に遠かったり、アクセスが無く自家用車の運転もできず困っているという方も多いです。
日本にも少しずつ増えてきたライドシェアとは一体どんなものなのか、タクシーとの共存の道はどうなのか、詳しくご紹介していきます。

 

過疎、限界集落の現状

限界集落の定義は、「65歳以上が人口の50%以上」とされています。これは、65歳以上になると生産年齢人口に含まれなくなるので、集落の労働力を若い世代に頼らざるを得なくなるからです。ただ、今は、65歳以上でも体が動けば現役ですし、必ずしも実状と定義が一致しているものではありません。
限界集落になるには、段階があり徐々に準限界集落から限界集落になります。それが進んでしまうと、危機的集落になり、集落自体がなくなる廃村・消滅に至ってしまいます。
限界集落となる地域に若い人が住まなかったりするのは、交通網が不便であったり様々な原因があります。最近は、田舎や過疎地域に住み始める若者が増えてきているので、地域の若返りが起こったりしているそうです。そんな流れを加速させるためにも、過疎地にライドシェアは良いのかもしれません。
65歳以上が人口の50%を超えるという限界集落は、実は全国で約10,000個もあります。集落の数全体のうち15%程度を占めているそうです。
特に数が多いのは、中国、九州、四国地方です。限界集落の増加は、現在も続いているとされます。
日本の中でも、特に山間地、人口の減少傾向、役場から10km以上離れている等の集落は限界集落になりやすいと言われています。

ライドシェアとは
ライドシェアは、相乗りのことです。他人同士で相乗りを行うシステムが、ライドシェアです。今現在日本で勢力を上げてきているのは、Uberやnottecoです。登録しているドライバーが自家用車を使って、同乗希望者を送迎するような仕組みとなっています。

Uberの課題
2009年にサンフランシスコで誕生したUberは、60か国を超える地域で急速に発展しています。スマートフォンなど、従来アナログな面が多かったタクシー業界に新しい風を送り込み、利用者とドライバーをマッチングさせています。
日本では、まだまだ反発の声も強く、運転技能や都市の知識が素人レベルでしかないとタクシー業界からの反発の声もあります。Uberの日本法人では、まず2015年に福岡市でライドシェアの実験が行われました。しかし、すぐに国土交通省からストップがかかる結果となりました。
他にも、安全性への懸念、白タク(自家用車で旅客輸送をすること)ではないかという指摘もあり、タクシー業界と競合するぶぶんが強いと言われています。

タクシー業界の未来とおすすめの会社

ライドシェアなどの競合も増えてきたことから、タクシー業界は、これから品質が重視される時代になっていくでしょう。
日本交通池袋ではエキスパートドライバーサービスという仕組みがあり、観光・子育て・介護分野のそれぞれに特化したサービスがあります。「ひろう」から「えらぶ」タクシーへと進化を遂げるため、業界に先駆けてスタートした、まるでハイヤーのようなサービスです。
労働環境も、年収790万円と高い年収を目指せる環境です。給与保証があるため安心して働ける環境があることだけでなく、業界内でも高い歩合率を設定していることや、配車アプリ・無線配車など予約配車の割合が高いこと、六本木ヒルズや東京汐留ビル・日テレVIP玄関・東京ミッドタウン・大学病院等・お台場周辺など、計38もの専用乗り場を用意しているため乗車率が高いことも、高給与の理由です。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*