東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でタクシードライバーに未経験転職!その時初心者がすべきこと

タクシードライバーの仕事は、広い街中を知り尽くし、車で走り回って乗客を目的地まで運ぶという仕事です。

膨大な知識量と接客技術が必要であり、初心者や未経験で転職したばかりのうちは、うまくいかないのではないかといった不安が付きまといます。
それらの人々が取り入れるべきテクニックを紹介します。

まずは目標を決める

何かをするとなった時、重要なことは目標を決めることです。タクシードライバーであったとしてもそれは変わりません。東京都内でタクシードライバーに就職・転職したのならば、まずは初心者や未経験者であっても達成できる程度の目標設定をすることが重要となります。目標も定めずに、ただやみくもに努力しようと考えたとしたら、その行動が正しいのかどうかがわからず上達していくことはないでしょう。目標を設定し、達成したのならばそれよりも少し上の目標設定を行い、達成できなかったのならば、何が不足していたのかを考えることが、タクシードライバーを続けていくうえで重要となります。

初心者・未経験者のタクシードライバーでは、経験がないことから、どのような目標を立てるべきなのかといった問題があります。道を覚えることができるか不安ならば、東京都内の担当エリア一区画をいつまでに覚えるといったような目標設定もできます。売り上げを上げられるかどうかが不安ならば、一日の売り上げ目標や一日に乗せる乗客数の目標を定めるという方法が有効です。初心者・未経験者レベルの一日の目安を調査し、目標はできるだけ具体的な数値を交えて立てると、より有効になります。

基本テクニック:左側を走り・曲がる

具体的な目標を立てたところで、それを達成するための技術が不足しているようでは、結局目標を達成することができません。まず、タクシードライバーとして基本となる技術を知っておくことが、初心者・未経験者にとっては重要です。この知識を知っているかどうかによって、無駄な時間を過ごすかを大きく左右することになります。基本的なタクシードライバーの技術のひとつとして、「乗車してもらいやすくするために左側を走る」、「乗車してもらいやすくするために左折で走行を続ける」というものがあります。

法律で定められているため、日本の道路は左側通行となっています。タクシーを利用する人は、基本的に歩道を歩いているため、タクシーが右車線を走っていては、捕まえづらくなってしまいます。また、歩行者がタクシーに合図を送っていたとしても、右側を走っていてはドライバーの方ですぐに対応できません。そのため、左側を走ることが重要となります。また左折運転も重要なテクニックです。東京都内では右折禁止の道が数多くあるほか、対向車線の走行状況によっては右折に時間がかかることもあります。無駄を避け、乗客をすぐ捕まえるためにも、できるだけ左車線走行、左折を心がけることが勧められます。

基本テクニック:信号は先頭で止まる

タクシーの利用者にとって、走行中のタクシーを呼び止めることが難しいと感じることもあります。そのような乗客にもタクシーを利用してもらうためには、交差点や信号での停車時には先頭で止まることが必要です。このことから、タクシードライバーの基本テクニックとしては「交差点でお客様を見つけやすくするために信号は先頭で止まる」があげられます。タクシー利用者は、走行中のタクシーを呼び止めるよりも、信号待ちのタクシーを見つけて乗ったり、信号を渡って乗ってくるという状況が多いです。お客様の視点になって、タクシーを運転させることが重要です。

信号を先頭で止めることは、担当エリアの信号の変わる感覚や普段の走行車両の状況、経路を覚えていないとなかなかできません。また、テクニックを覚えたとしても、人がなかなか通らない道で実践していても利用者を捕まえることはできないでしょう。初心者・未経験者がこの基本テクニックを覚えるためには、とにかく担当エリア内を走ることが必要です。とにかく街中を走り、道順を覚え、タクシーをよく利用する人々が歩く道を把握して、テクニックを磨いていくことが最も早い近道といえるでしょう。

基本テクニック:アイコンタクト

左側走行と左折を心がけること、そして信号で先頭で止まるというタクシードライバーに必要となる基本テクニックを覚えたとしても、簡単に乗客が捕まるわけではありません。これらはあくまでも運転技術の中の基本テクニックだからです。利用者を捕まえるためには、接客のための技術も必要となり、それが「お客様とアイコンタクトできるように安全運転の範囲でゆっくり走る」ということです。利用者を見つけやすい行動を心がけたとしても、確実に乗客にするためには、利用者とのアイコンタクトによる意思確認が必要不可欠です。

利用者が歩道から、タクシーに乗りたいと訴えてきていることを把握することができないうえに、ドライバーの方で利用者に乗せることができるというアピールをすることができなければ、乗せることはできません。これらの意思確認を、走行中に行うことができるようにアイコンタクトをできるようにすることが求められます。そのためには、歩道の利用者を見逃さないように目を配ると同時に、安全運転も心掛けなければならないでしょう。アイコンタクトができ、歩道に注意を払ったとしても安全に走行できる程度の、ゆっくり走る技術が必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*