東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でタクシードライバーに転職して稼げる人と稼げない人との違い

タクシードライバーとして稼ぐには働き続けなければならないと思われがちです。
ブラック企業並みに働き詰めにならないと稼げないというイメージがありますが、そのようなことはありません。

無理のない範囲で働き、しっかりと稼いでいる人も多くいます。タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人との違いを紹介します。

給与形態をしっかりと確かめる

タクシードライバーとして働き、高年収を稼ごうと思うのならば、ただ漫然と働いていてはいけません。高年収を稼げるようになるには、まず勤めている会社の給与形態がどのようになっているのかを確かめることが必要です。自身がどれだけ乗客を乗せて、どれだけの売り上げがあり、そのうちのいくらが実際にもらえている給与なのかということに無頓着では、稼げないでしょう。まず、ただ何となく高年収を望むのではなく、給与に対して興味を持つことが重要です。タクシー会社の給与形態は、おおよそ歩合制ですが、歩合制にもいくつか種類があるので、詳しく見ていきましょう。

歩合制のひとつはA型賃金であり、固定給に歩合給、そして賞与がもらえます。固定給があるため安定した働きができますが、歩合率が低く設定されていることが多いです。B型賃金は、いわゆる完全歩合制というものです。歩合率が高く、稼いだ分だけ取り分が多くなります。給与計算は「月の営業収入×歩合率」と分かりやすくなっています。AB型賃金は、A型とB型とを組み合わせたもので、歩合給ではありますが、月の収入の一部を積み立てして賞与とするものです。

これらの給与形態の違いから、同じ働きでももらえる収入やもらえるタイミングが異なります。自身のライフスタイルや勤務形態も合わせて、給与形態を選ぶことが稼ぐためには必要です。

勤務体系をしっかりと選ぶ

タクシードライバーは、基本的に歩合制を取り入れているため、働けば働くほど稼ぐことができます。しかし、働きづめになるということはありません。タクシードライバーの働き方・労働時間は、しっかりと定められており、違反をすると厳しい罰則があります。このことから会社側から厳しい勤務を強制されることはありません。しかし、働き方がただひとつというわけではなく、様々な勤務体系の中から自分に合った勤務体系を選ぶことが必要です。ライフワークバランスを考慮しつつしっかりと選ばなければ、稼げないタクシードライバーになってしまいます。

タクシードライバーの勤務体系は、おもに昼勤務と夜勤務、そして隔日勤務とに分かれています。昼勤務とは、普通のビジネスマンと同じく8時間勤務に1時間休憩、おおよそ朝の7時から夕方16時まで働くという働き方です。早朝のビジネスマンや高齢者が利用することが多く、売り上げも多いです。夜勤務は、夜だけ働く働き方であり、繁華街へと向かう人、帰宅する人が利用します。深夜割増もあり、利用者も多いため稼ぎやすいです。隔日勤務とは、昼勤務と夜勤務を合わせて2日分を働く働き方です。20時間勤務に3時間の休憩となります。タクシー会社では主流の働き方です。

どのような客層を相手にすることが得意なのか、自分に合った働く時間はいつかを選んでいくと、無理をすることなく稼げるでしょう。

工夫して働く

タクシードライバーが効率よく稼げるようになるためには、給与形態や勤務体系にばかり気にかけているだけではなく、様々な工夫が必要です。タクシードライバーに必要となる技術は、ただ乗客を目的地まで安全に送り届けるための運転技術だけではありません。東京都においてタクシードライバーをするのならば、東京都内の道を知っているだけではなく、どのようにすればより稼げるのかを考えることが必要とされます。稼げないタクシードライバーは、何の工夫もなく道を走らせるだけのドライバーです。

東京都でタクシードライバーをするのならば、東京都内の道に詳しいことは当たり前です。ただ道を覚えるのではなく、どのような道・どのような時間帯にタクシー利用者が集まりやすいのかを日々分析することが効率的な利用客の獲得につながります。道についての情報ばかりを気にするのではなく、その日のどこでどのようなイベントがあり、どの時間帯にどこに行けば利用者を獲得することができるのかを、確かめている人の方が確実に稼げることは確かです。休憩時間も、稼ぎ時に被らないように取るなどといった工夫をする人の方が、より稼ぐことができるでしょう。

タクシー会社をしっかりと選ぶ

タクシードライバーが稼ぐためにできることは、自分自身でできる工夫・技術の上達以外にも様々なことがあります。それが、しっかりと稼ぐことができるタクシー会社を選んで転職・就職をするということです。給与形態や勤務体系が自分に合った会社を選ぶということもそのひとつですが、それ以外にも安心・快適に働くことができる制度や設備が整っているかどうかをしっかりと見極めることが必要となります。転職・就職したばかりの初心者では、すぐに稼げないことが当たり前です。そのような時期もしっかりと乗り切ることができる制度があると、長く働き、稼ぐことができるようになるでしょう。

長く稼げるタクシー会社には、給与保証や研修体制がしっかりと整っています。初心者のうちは、タクシードライバーとして稼げるための技術がしっかりと身につけられていません。そのような初心者や社員に対して研修体制を整えている会社は、ドライバーを大切にする会社です。また、不安定な時期も安定して働くことができるように、決まった期間・決まった金額の給与保証がある会社は、安心して働くことができ、次第に稼げるようになります。さらに、休憩時間を過ごすための休憩室や車を整備するための洗車場・ガソリンスタンドがある会社も設備が整っており、快適かつ効率的に稼ぐことができます。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*