東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットとデメリットは?

車や運転が好き、ある程度自由に行動できる仕事がしたい、年収を上げたいなど東京都でタクシードライバーに転職を考えている人たちは少なくないでしょう。
ここでは東京都のタクシードライバー転職に関するメリットやデメリットなどを紹介します。

稼げるチャンスが多い

東京都でタクシードライバーに転職した際に得られたメリットですが、まずはやはり仕事機会の多さ、引いては稼ぎやすい環境であるということが挙げられるでしょう。ご存知の通り日本の首都である東京は単純に人口が多いのでその分運輸業の需要が非常に高いです。タクシー業界は乗ってくれる人がいないとそもそも仕事になりませんので人口が多い都市で働くというのは大きなアドバンテージになります。

またビジネス関連施設だけでなく繁華街も都内各所に多いです。特に深夜の時間帯はお酒を飲んだり食事をして終電を逃した人などが多くタクシーを利用します。タクシードライバーは基本的に客を乗せれば乗せただけ収入が増えます。したがって稼げるチャンスが多く、収入が上がりやすくなるのが東京都でタクシードライバーに転職する大きなメリットだと言えるでしょう。さらに東京をはじめとする日本の大都市は海外からの観光客が多く訪れます。海外の観光客の中には東京の複雑な公共交通機関の乗り方が分からず、行き先を告げるだけのタクシーを利用する場合も多いです。これも上記の稼げる機会の多さ、引いては収入の増加に繋がっています。

勤務体系もタクシードライバーの大きなメリット

他の業種に転職する際重要になる点が長く働ける仕事なのかという点になるでしょう。長く働けない仕事だと転職もためらいがちになってしまいます。タクシー業界は激務であると言われることがありますが、実は勤務体系を見ればそんなことはありません。勤務体系には普通の企業と同じように日中決められた時間に働く体系もありますが、東京のタクシー会社の多くは「隔日勤務」という勤務体系を採用していることが多いです。隔日勤務とは1日の勤務時間が最大21時間という長い時間働く勤務体系になり、法律により勤務空け20時間は休みとなります。

翌日が休みとなりますので月の勤務日数は11日~13日となり比較的休みが多い勤務体系だと言えます。公休と組み合わせると効果的に自分の時間を作ることが可能なので家族を持っている人も働きやすく、さらに趣味にも多く時間を費やせるようになります。その分1回の勤務につき体力が必要になりますが、仮眠が認められていることもあり、何より歩合制であればやればやった分給料に反映されます。会社の歩合率と自分の頑張り次第では月収50万円以上もらえる可能性もありますし実際に稼いでいる人はいます。上記の稼げるチャンスの多さと併せて時間の自由が利きやすいというのも東京都でタクシードライバーに転職して得られたメリットです。

キャリアパスの充実

東京都のタクシー会社は充実したキャリアプランやキャリアパスがある会社も多いです。入社直後は一般ドライバーからスタートし、経験を積むに連れてグレードの高い黒タクシーやハイグレードタクシーのドライバーになることが可能。グレードの高いタクシードライバーになると流しの営業の他、無線で受ける仕事や収入効率のいい長距離の仕事も増える傾向にあります。特に東京都は近くに羽田空港や成田空港があり、長い距離をタクシーで移動する人が比較的多く、その分稼ぎやすくなっているのです。このように経験を積んだら徐々にグレードの高い仕事にチャレンジできるキャリアプランが確立されているのもタクシードライバーに転職した際のメリットと言えます。

さらにタクシー会社によっては経験を積めば通常のドライバーだけでなく、子供の送り迎えを行うキッズタクシーや介護施設と自宅を往復する介護タクシーなど専門的な仕事を行うドライバーになれるキャリアパスが用意されていることもあります。またタクシードライバーとして独立開業を支援するシステムが用意されている会社もあります。いずれにしてもタクシードライバー業界はこのように豊富なキャリアプランが用意されている場合が多いので将来のキャリアを予想しやすいというのがメリットの一つになっています。

東京都でタクシードライバーに転職した際のデメリット

ただし東京都でタクシードライバーに転職する場合、デメリットもそれなりにあります。まずデメリットとして挙げられるのは給与面での不安定さです。上記の通りタクシー会社の多くは歩合制を基本とした給与体系である場合が多いです。歩合制とは客をタクシーに乗せた分だけ報酬が上がるというシステムなので、収入が安定している月と安定していない月でバラつきが出ることも少なくありません。歩合制と共に固定給を給与体系に組み込んでいる会社や採用して一定期間は給与保証がある会社など各月の給与が安定するようなシステムを導入している会社もありますが、やはり歩合制の場合ある程度年間の平均給与がバラつくことがあります。

またある程度トラブルを自分で解決する能力が求められることもあります。繁華街が多い東京だとどうしても終電が行ってしまった後、お酒に酔っぱらった人などを乗せる機会が多いです。そうなると車内で因縁をつけられたり、支払いの際にトラブルになってしまう可能性もあります。もちろんタクシーは人でごった返す繁華街の真ん中に行かなければならないこともあるので事故のリスクもあります。そうなった場合、会社が対応してくれる場合もありますがある程度現地で自分で解決する能力も求められます。これはタクシードライバーのデメリットと難しさだと言えるでしょう。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*