東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でタクシードライバーに転職するなら、日本交通がおすすめ!

タクシードライバーへの転職を考えているという人はいないでしょうか。
タクシー業界は想像している程、厳しい業界ではなく、稼げる仕事なのです。

しかし、それを達成するためにはまず会社選びが大事です。
業界最大手の日本交通について、この機会に知ってみませんか?

タクシー業界の仕事とは?その現状

タクシー乗務員の1日の仕事の流れは、意外と知られてないのではないでしょうか。出勤してからアルコール検査や車両点検があります。そのあと点呼があり、運行の管理者から1日の注意事項などの説明を受けます。その後出庫・業務従事となります。約8時間の勤務中には休憩時間も数時間含まれます。その後帰庫となり、入金、洗車をして業務終了です。
日本交通では、通常のタクシードライバーの他に、企業の専属ドライバーやジャンボハイヤーの乗務員など、入社1年未満でも更にステップアップするチャンスもあります。そうなりますと、年収500万円を目指せる可能性もあります。

タクシー業界は、慢性的に人材不足という現状にあります。人材不足の背景には、タクシードライバーという職業が勤務時間も長く、激務であるという強固なイメージにあるようです。
近年、女性ドライバーを採用する会社も増加してきているため、タクシードライバーの採用状況もやや好転してきています。しかし、相変わらず人手は引く手あまたの傾向にあるのです。
業界最大手の日本交通では、その98%が業界未経験者という実績があります。しかも、入社後数年で辞めてしまう人が多いタクシー業界で、日本交通は勤続10年以上が社員のほとんどです。勤続20~30年のドライバーも多数勤務しているのです。転職にはおすすめの業界と言えるでしょう。

タクシー業界は稼げる仕事!

このように、タクシー乗務員は稼げる仕事だと言えます。ただし、幾つか条件があるようです。1つには、稼げる地域のタクシー会社なのか、と言うことです。日本交通は、大都市である東京都を中心とした会社ですので、この点はクリアです。
もう1つ、その地区で強い、タクシー会社として大手なのか、ということがポイントになります。日本交通は東京都の大手タクシー会社4社の中に数えられる業者です。
一般の大企業はタクシーを使う際、法人チケットというものを予め購入して、支払いに使うことが多いようです。日本交通では、日本交通&日本交通グループ(提携会社)の約4500台で使えるタクシーチケットを販売しています。もちろんVISA、JCBといったクレジット会社発行のタクシーチケットなら、日本全国で使用できます。
こういったタクシーチケットなどを販売し、法人に使用してもらいやすくしているところも、大切なのです。法人は長距離利用などをする可能性が高いので、良いお客様と言えるからです。

以上の2点から、日本交通は稼げるタクシー会社と言って良いでしょう。
実際に同グループ内で、週3回の勤務で年収790万円を稼いでいる従業員もいます。また、日本交通では、入社後半年間は月給27万円(最大)まで、給与保証がされています。しかし、ほとんどの先輩たちが、入社3ヵ月で保証給与以上を上回る歩合を稼いでいることは事実なのです。日本交通のタクシードライバーは、安定して働ける職場に居ると言えるでしょう。

初心者でも安心!日本交通はサポート体制が完備!

日本交通では、業務運転の経験がなかった社員も多数在籍しています。ですので、教育研修制度(外部研修・接客マナーなど)や、業務をわかりやすくマニュアル化した「スタンダードマニュアル77」も用意されています。
介護や救急救命、認知症のサポートなど、通常の生活にも役立てるような社内研修も定期的に行っていますので、実際に、高齢者や妊婦さんが乗車した際などにも、研修で培った知識を活かすことが出来ます。
また、日本交通の教育システムによって、2種免許が最短9日で取得できるバックアップ体制も完備されています。2種免許の取得費用は全額、日本交通が負担しています。2種免許の合格率は100%だそうです。

乗車する自動車は、最先端の車両が用意されています。アイドリングストップ、全車両禁煙、クレジットカード・電子マネー決済可能の車に乗務することが可能です。
もちろん研修終了後も会社から各種フォローを受けることが出来ますので、初心者でも安心して勤務できるのではないでしょうか。
接客サービスをしたことがないと不安に思う人もいるでしょう。しかし、それまでの人生体験自体が職業に活かせる経験となることもあります。地道に仕事を続けた結果、指名をしてもらえるようになった人もいるのです。

タクシードライバーになるなら日本交通で!

東京都の日本交通は、数あるタクシー会社の中でも、9年連続で、グループ売上高と業界売上高でトップの業績を収めています。日本交通は毎年業績を伸ばしているのです。
他社に比べても、1人1人の売上高が高く、給与額も大きいことが優秀な業績に繋がっています。
労働環境が良いことでも知られています。日本交通は、就労環境が一流であることで、サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業でもあるのです。
また各種メディア(TBS、テレビ東京、日系ビジネスなど)にも取り上げられ、その認知度を上げています。

日本交通は各種最先端サービスにも取り組んでいます。
「お出かけサポート」「観光」「子供のタクシー利用」と言った付加価値の高い仕組みを「エキスパート・ドライバー・サービス」として提供したことや、スマートフォンでタクシーが呼べる「JapanTaxi」アプリの開発など、次々と新しいサービスを供与し続けているのです。エキスパート・ドライバー・サービスは、2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。
タクシードライバーになることを考えているのなら、日本交通を一考に入れてみませんか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*