日本交通は資格取得費用は会社負担で東京シティガイド検定やユニバーサルドライバー研修、MFA講習から介護職員初任者研修まで受けられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本交通は資格取得費用は会社負担で東京シティガイド検定やユニバーサルドライバー研修、MFA講習から介護職員初任者研修まで受けられる

日本交通では、スキルアップや給与アップに繋がる検定から介護のノウハウを学べる研修まで、働きながらさまざまな資格を取得することができます。

今回は日本交通で、会社負担で受けられる資格について解説していきます。

日本交通では東京シティガイド検定も会社負担で受けられる

東京観光タクシードライバーになるのに欠かせないのが、東京シティガイド検定です。東京シティガイド検定は東京に訪れる旅行者に、観光案内できる知識を身に付けるために実施されている検定です。観光タクシードライバーになるには地元のことを知り尽くし、観光スポットへ案内することができるだけの知識を持っていなければならないため、こうした検定の取得が重要になります。東京シティガイド検定で東京観光についての知識を得ることはもちろんですが、サービスや言葉づかいなど接客の知識も身に付ける必要があります。東京観光タクシードライバー認定研修では、観光タクシードライバーに必要な接客の技術の講習やロールプレイングを行っています。

東京シティガイド検定と東京観光タクシードライバー認定研修を受けて、観光タクシードライバーとしての第一歩を踏み出すことができるというわけです。
検定試験合格や研修を受ける必要がありますが、日本交通のエキスパートドライバーになれるチャンスでもあります。高年収を目指せるチャンスでもあり、通常のタクシードライバーからのステップアップに繋がることも期待できます。

ユニバーサルドライバー研修もエキスパートドライバーへの一歩

日本交通では観光タクシーやキッズタクシー、ケアタクシーといったサービスを設けています。ケアタクシーのドライバーになるのに必要なのが、ユニバーサルドライバー研修です。ユニバーサルドライバー研修はバリアフリー研修推進実行委員会が開発、推進しているタクシードライバー向けの研修です。バリアフリーの推進に貢献したとして、第6回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞した研修でもあります。ユニバーサルドライバー研修では利用者とのコミュニケーション方法や車いすの乗降の仕方など、体の不自由な方の介助方法を学ぶことができます。研修の内容は講義や映像学習、グループディスカッションや実際に車いすを使用した介助の実践などです。
研修期間は1日7時間で終了し、研修を修了した人には終了証が発行されます。ユニバーサルドライバー研修を修了することは、日本交通のエキスパートドライバーになれるチャンスにも繋がります。高齢者や車いすの利用者へのサービス向上にも繋がるため、タクシードライバーとしてのスキルアップにも繋がる研修です。

日本交通では、こうした研修も働きながら受けることができます。

エキスパートドライバーに必要なMFA講習や介護職員初任者研修

日本交通には高齢者や体の不自由な利用者の買い物や通院、銀行への用事などに付き添うサポートタクシーというサービスがあります。サポートタクシーのドライバーはサポートエキスパートドライバーと呼ばれ、黒タク資格保持者や介護職員初任者研修などの有資格者が担当します。サポートエキスパートドライバーになるための第一歩として、MFA講習があります。MFA講習はメディック・ファーストエイドの略称で、応急救護と手当の訓練プログラムを受けられる講習です。基本的な応急救護の仕方を学べるので、利用者の体調が急変した場合などに役立ちます。介護職員初任者研修は、高齢者などの身体介護をするために必要な資格です。

介護職をするのには必須といわれている資格ですが、タクシーを利用するのが高齢者や体の不自由な方だった場合にも役立てることができます。
取得することでタクシードライバーからのステップアップがあることも期待できる資格で、日本交通ではMFA講習や介護職員初任者研修などの資格も、働きながら取得することができます。

サポートエキスパートドライバーになるにはさまざまな資格を取得する必要がありますが、高年収を目指せるチャンスでもあります。

会社でできる資格取得は稼ぐチャンスになる

東京でタクシードライバーとして稼ぐなら、東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修の修了も給与アップのチャンスです。東京タクシーセンター外国人旅客接遇研修は外国人利用者に対して、英語でコミュニケーションが取れることを目指した研修です。基本的な利用時の英語での会話や緊急時の対応などを学ぶことができます。こうした研修のほかに英検2級の取得なども、外国人利用者との会話に役立ちます。日本交通では20代~60代の幅広い年代が活躍しています。

資格取得もサポートしているため、一歩ステップアップしてやりがいがある仕事がしたい方には向いた環境です。資格を取得してエキスパートドライバーになると、高年収を目指すことも期待できます。日本交通のタクシードライバーは、誰でも応募できるのが特徴です。普通1種免許しか持っていない人でも、研修制度やサポート体制が充実しているので安心です。初めの3カ月は月収40万円保証制度などもあるため、給与面でも安心して働くことができます。

働きながら資格取得のチャンスもあるので、スキルアップや給与アップを目指しやすい会社です。
まずは応募してみて、自分なりの働き方や稼ぎ方を目指すのもいいでしょう。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*