日本交通のタクシードライバーになろう!安心の研修制度と40万円の月給保障制度で1年目からでも高い年収が見込めます!法定外の残業はなしで充実したプライベートを過ごすことも可能です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本交通のタクシードライバーになろう!安心の研修制度と40万円の月給保障制度で1年目からでも高い年収が見込めます!法定外の残業はなしで充実したプライベートを過ごすことも可能です

 タクシー会社の転職を考えたときに、大手企業の一つとして日本交通があります。日本交通では、タクシー業務未経験者やペーパードライバー、高齢者や女性でも安心して仕事に取り組めるように、様々な研修制度やサポートが用意されています。

 今回は転職を考えている人のために、日本交通についてご紹介します。

日本交通ってどんな会社?

 日本交通株式会社(Nihon Kotsu Co.,Ltd.)は、1928年4月に創業された約90年の歴史を持つ会社です。

 川崎造船所の運転手をしていた川鍋秋蔵氏が、ハイヤーの個人営業を開始したことにより、この会社の歴史は始まりました。その後拡大を続け、1945年12月に日本交通株式会社に商号を変更し、めざましい発展を遂げ業界No.1の実績がある会社となりました。

 現在の事業内容は、ハイヤーやタクシーにおける一般乗用旅客自動車運送事業やそのマネジメント、自動車整備事業などを行っています。日本交通は通常のタクシー業務の他にも、外国からの観光客の為に、東京の観光スポットを案内する「観光タクシー」や、小さな子どものいる家庭の専属タクシーとなり子どもの成長を見守りつつ送迎を行う「キッズタクシー」、身体が不自由な人のための「ケアタクシー」など、幅広い範囲に渡って、タクシー業務の運行を行っています。

 2017年5月現在の従業員数は9,350人(連結)、車両台数はハイヤー1,262台、タクシー5,424台と日本のタクシー業界を代表する大手企業として、活動の場を広げています。「徳を残そう」を社是としており、本社を東京都千代田区紀尾井町に構え、東京都内に6つのタクシー営業所と4つのハイヤー営業所があります。

日本交通での手厚いサポート体制とは

 日本交通は研修制度が充実している会社です。そのため、タクシー会社への就職が初めての人でも、安心して転職を考えることが可能です。タクシー業務が未経験の場合は、研修期間が約1ヶ月間あり、運転や接客方法、地理についての研修が用意されています。

 タクシーへの転職をする際に必ず必要となる第二種運転免許も、費用を会社が全額負担してくれる上に、この研修期間中には1万円の日当と交通費が支給されるので、自分の生活を心配することなく業務の知識を身につけることができます。実際、日本交通の新入社員の未経験者の割合は、全体の約8割を占めているので、経験が無いからといって尻込みする必要は全くありません。東京の地理が全くわからない地方出身者やペーパードライバーの人でも、総合研修センターでの地理の講習があり、その後営業所の班長からの運転、接客指導や近道や早道などのレクチャーもあります。また、日本交通では全車両にカーナビが搭載されていることもあり、安心して業務を行うことが可能となっています。

 経験者の場合は約10日間の研修期間があり、必要最低限の研修の後に実際路上に出て営業を行うことができます。経験者の場合も未経験者と同様の日当と交通費が支給されるので、業界経験者も働きやすい環境なのです。

日本交通で乗務員になるとどのような生活の流れになるの?

 日本交通では、1日の勤務時間が約15.5時間から18時間で、その中で必ず3時間の休憩や仮眠をとることが定められています。また、法定外の残業はなしとされており、勤務をした翌日は必ず休みになります。そのためシフトに慣れれば、規則的な生活を送ることにより、家族と過ごす時間やプライベートの時間も増え健康的な生活を送ることもできます。

 このように、しっかりと休憩や休日があり法定外の残業がないことから、年齢の高い人や自分の体力に自信のない人でも安心して仕事をすることができます。実際、日本交通には65歳以上の乗務員が400名も勤務しているというのが、年齢が高くても大丈夫という証明となっています。

 ちなみに、日本交通は女性社員も働きやすい環境の職場でもあります。女性乗務員を希望する女性の高齢者のお客様や子どもがいるお母様などからの要望も多く、女性乗務員を積極的に採用しており、毎月のように女性が入社しています。

 日本交通のタクシードライバーの休日に関しては、シフト制を導入しているので連休をとることも可能で、1ヶ月前に会社に申告をすれば、冠婚葬祭や子どもの行事、旅行など休みを考慮してもらえるので、融通を利かせて仕事に取り組むことができます。

日本交通での実際の年収はどうなの?

 日本交通に転職をした際に気になるのが、実際どのくらいの年収になるのかということですが、日本交通では1年目からでも高い年収を得ることが可能です。

 日本交通では入社してはじめの3ヶ月間は40万円の月給保障制度もあるので、安心して働くことができます。この会社では未経験1年目の平均収入が420万円です。細かい分類を見ていくと、600万円以上が全体の約3パーセント、401万から600万までが約68パーセント、301万から400万までが約27パーセント、それ以下は全体の2パーセントとなっています。

 このことからも、正社員で働けるうえに努力した分だけ収入があがり、やる気があれば高収入を得ることができることがうかがえます。実際働いている人の1年目の実例では、元ITエンジニア52歳で457万円、元マンション管理業務31歳で512万円、などの例があり、タクシーとは全く関係のない職場からの転職をした人でも高収入が得られることがわかります。

 また、この会社の最高年収は789万円で、売上によって給与が決定する歩合制を導入しているので、経験に関係無く1年目でもやる気があればベテラン以上の収入を得ることが可能となっています。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*