タクシードライバーは収入が低い!?全国平均は低いが都心は高い傾向にあるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーは収入が低い!?全国平均は低いが都心は高い傾向にあるって本当?

 タクシードライバーの募集は、増加傾向にあると言われていますが、年収はどのくらいなのでしょうか。タクシードライバーの年収は低いと考えている人もいるようですが、実際のところ都心では高いというデータもあります。
 
 そこでタクシードライバーの収入について調べてみました。

タクシードライバーになるには

 タクシードライバーは、アベノミクス効果で需要がさらに高まっている仕事です。募集も多く、未経験からでも高年収を目指せるため、人気の職業であると言えますが、タクシードライバーになるには、二種免許を取得することが必要となります。

 二種免許は普通運転免許を取得してから3年以上が経過していれば、挑戦することができます。タクシー会社によっては、研修制度が整っており、免許を取得できるまで給料を支給してくれる場合もあり、取得にかかる費用も負担してくれることもあります。

 タクシードライバーになるための年齢制限は21歳以上であり、上限はありません。また採用試験では、面接などの他に健康診断が実施されます。糖尿病や心臓疾患、肝硬変などの持病があると採用されない場合がありますので注意が必要です。そのような病気は、突発的な発作を起こしてしまう可能性もあるため、ドライバーの仕事は無理であると判断されてしまいます。しかし、定期的に医師の診察を受けており、進行を抑制することができている場合は、採用可能な場合もあるため相談してみてください。その他、コミュニケーション能力や、清潔感など、タクシードライバーに大切であると考えられる資質についても面接等でチェックされることがあります。

タクシードライバーの収入は歩合の要素が強い?

 タクシードライバーの給料は、歩合制の割合が大きいです。一定額の基本給が定められてはいますが、額としては非常に少ないのが事実です。本気でタクシードライバーの仕事をしたいと考えているならば、完全歩合制で働く覚悟を持つ必要があるかもしれません。

 全国レベルで見ると、売り上げの50パーセントが給料として支給されることが多いようですが、東京都内で見ると、売り上げの60パーセントが給料として支給されることもあるようです。タクシードライバーの仕事は、収入が低い!?と感じている人もいますが、そもそも歩合制の要素が強いため、収入の高い人と低い人の差は大きいと考えられます。
 
 また、タクシードライバーの1ヶ月の平均勤務日数は、11日間です。日数で見ると少ないと感じるかもしれませんが、1日当たり平均して18時間勤務しているため、非常に体力のいる仕事です。しかし勤務が11日間だと、残りの20日間は休みになるため身体が回復するには、十分な時間を確保することができます。11日間の勤務だけでなく、最大で2日間まで勤務を増やすこともできるため、1ヶ月に13日間の勤務が可能となります。

タクシードライバーの収入は都心は高い?

 タクシードライバーの平均年収は、316万円と低めです。全国平均は低いですが、東京都のタクシードライバーの平均年収は417万円となっており、都心は高い傾向にあります。さらに大手のタクシー会社に勤めている人の平均年収となると約450万円であるというデータもあるため、特に最大手は高収入を得ることができると言えます。知名度の高い大手はお客様が集まることも考えられるため、売り上げを上げやすくなります。

 そのため、タクシードライバーになるなら都心の最大手に入社するべきです。東京都の23区内であれば、やる気次第で、年収800万円を稼ぐことも可能であると言われています。先に触れたように、タクシードライバーの仕事はほぼ歩合制であると言えるため、やればやっただけの収入を得ることができるのです。

 タクシードライバーで収入を増やそうと考えるならば、稼ぐ仕事をするべきです。タクシードライバーの仕事は、効率良く稼げて、普通のサラリーマンより高収入を得ることができるという認識を持っている人もいますが、効率良く稼ぐためには、必要なポイントをおさえて仕事を行っていくことが大切です。

タクシードライバーで稼ぐためのポイントとは?

 タクシードライバーの仕事で、効率よく稼ぐためには、意識しておくべきポイントがあります。とにかく売り上げを上げるためには、営業回数勤務時間客単価、この3つを上げていくことが必要となります。

 仕事の効率を上げて、1時間当たりの乗車回数を増やしていくことを考えてみてください。乗車回数が増えれば、自然と売り上げは上がることになります。当たり前のことのようですが、営業回数を増やすだけで月給も変わってくるのです。

 また、勤務時間を増やすことで単純に収入を増やすことができます。11勤務でなく最大の13勤務にすると、その分月給が増えます。勤務を増やすことに関しては、稼ぐコツというよりも体力面と相談することも必要となります。
 
 最後に、客単価を上げることです。客単価が上がると、短時間でも売り上げを増やすことができます。遠距離の移動をする可能性がある人が多いと考えられる位置で待ち、お客を乗せるのは常に成功するとは限らず、運にも左右されます。

 これらの3つのポイントを意識して仕事をしていくことで、月給、年収を増やしていくことは可能です。タクシードライバーの収入は、平均で見ると低いと感じるかもしれませんが、個人差が大きく、高収入を得ている人が多くいるのも事実です。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*