タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーが稼ぐにはコツがある!すぐに誰でも高収入にはなれないが、コツを抑えて稼ぐ方法を知れば大幅な年収アップを狙うことが可能です

 タクシードライバーという職業は歩合制の場合が多く、年収アップを狙うには魅力的な仕事です。
 都心部で働こうと考えている方は、稼げるコツをしっかり抑えて働けば、自分の頑張り次第で高収入を目指すことができます。

都内でのタクシードライバーの必要性

 東京は眠らない街とも表現されるくらい、活動的な街です。特に都心は人口密度が高いこともあり、生活スタイルは様々で、24時間どの時間帯でもタクシーを必要とする人々がいます。

 お昼の時間帯は、地方や海外からの観光客や病院へ向かう人など、電車に乗ることが難しいという人々の利用が多いです。また夕方から夜にかけての時間帯は、仕事を終えて飲みに出かける人や夜の仕事へ向かう人などが利用します。そして深夜から朝方にかけての時間帯は電車が止まっているので、終電を逃してしまった人の利用が多くなります。このように、どの時間にもタクシーを必要とする人が一定数存在するのが、都心部の特徴です。
 
 このようにタクシー利用の時間帯に隙間がないのは、都心部だけです。そのため稼げるチャンスはお客様の多い都心部に多く、営業所も都心部にある営業所で働くべきだということが言えます。そして2017年から、東京23区・武蔵野市・三鷹市で始まった「初乗り410円」の影響もあり、今まで初乗り730円を高いと感じて乗っていなかった人たちも、短い距離で気軽に乗るようになりました。都内のタクシー利用人口は増加の傾向にあり、タクシードライバーの必要性も高まっています。

どんなタクシー会社に入れば良いのか

 人口の多い都心部でタクシードライバーになれば、すぐに稼ぐことができそうですが、しっかり稼ぐにはコツがあるため、誰でも高収入にはなれないのです。そして、ただ都心部に営業所がある会社に入れば安心というわけではありません。どの会社で働くのか、ひとつの基準にすべきなのは、ブランド力のある会社で働くべきということです。

 タクシーを利用する人の中には、ブランドでタクシー会社を選ぶ人もいます。都心部にはタクシー会社がたくさんありますが、その中で全く名前を聞いたことのない会社を選ぶのは、利用客も勇気がいります。そしてブランド力があるということは、社員の教育も行き届いている証拠でもあります。利用客にとって支払う料金に差はないので、ブランド力があるほうが安心です。また実際に面接に行ってみて、職場の雰囲気が自分に合うか確認をすることも大切です。

 タクシードライバーという職業は、個人の努力次第かのように思われがちですが、同僚や会社のサポート体制も大いに影響します。多くのタクシー会社がある中で、安定して長く続けられる会社か、面接時に話を聞いて見極める必要があります。

タクシードライバーとして軌道に乗るには

 ドライバーとしてお金を頂くからには、都心部の道路をある程度は頭に入れなくてはなりません。都心部の道路は、地方に比べ一方通行が多く、交通ルールが複雑な場所も多くあります。また同じ目的地でもルートは多岐にわたりますので、周辺の地理を把握しておく必要があるのです。

 そのため、タクシードライバーという仕事で稼げるようになるためには時間がかかりそうですが、多くのタクシー会社には給与保証制度というものがあります。これは、売上が少なくても会社から給与額が保証される制度で、会社により期間は違いますが、この期間に焦らずに仕事を覚える事が出来ます。歩合制が多いタクシードライバーという仕事は、きちんと稼げるようになるまでの不安がありますが、この制度によって、仕事を覚えるまで売り上げが低くても、給与保証があるから安定しているのです。

 給与保証されている期間に、道を覚えて自分の得意なエリアを見つけたり、稼いでいる先輩の仕事のしかたを研究したりと、自分に合う働き方を探すことができます。この期間を有意義に使うことで、タクシードライバーとして軌道に乗ることができるはずです。

タクシーの集客方法の多様化と稼ぐコツ

 タクシードライバーの仕事は、ほとんどが歩合制なので、さらに年収アップを狙うには工夫も必要です。稼ぐためには、駅前のタクシー乗り場で利用客を待ったり、人通りの多い道を走って利用客を探すことだけが方法ではありません。

 タクシー会社には、無線配車やアプリ配車など流し以外の集客があるので、これらを利用することによりコツを抑えて稼ぐことができるようになりました。お客様から連絡を受け、各タクシーへ割り振られる無線配車で、安定的な乗車が期待できます。また、タクシーを指定の場所に配車できるスマホアプリも定着しつつあります。なかには、アプリ内でクレジットカード支払い可能なものもあり、その手軽さが時代に合っていると言えます。タクシードライバーが利用客を自ら探さなくても、利用客の方から来てくれるシステムがあるのです。

 タクシーが時代とともに身近な存在になり、利用客が増えるとともに、サービスの質も以前より求められるようになりました。無線配車やアプリ配車などの便利なサービスがあることは、リピートにもつながります。集客方法の多様化により、タクシードライバーは努力と工夫次第で稼げるということです。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*