タクシードライバーは健康面に問題があると不採用になりやすい?!就業できない例や注意したい持病をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーは健康面に問題があると不採用になりやすい?!就業できない例や注意したい持病をご紹介します!

タクシードライバーは、毎日の健康管理が必要。これから転職を考える場合にも、健康面のチェックはぜひ済ませておきたいところです。

タクシードライバーへの転職で、不採用になりやすい事例や、気を付けたい病気などについて今回は取り上げていきます。

体調管理が求められるのがタクシードライバーの仕事

タクシードライバーの主な仕事は、乗客を乗せて希望の場所まで送迎することです。
タクシー会社によっては、簡単な観光ガイドのような業務も請け負うタクシー会社もありますが、メインはやはり乗客の送迎になります。

運行中、乗客はいわばドライバーに命を預けた状態です。運転ミスによって、大きな事故に巻き込まれる可能性もあるため、ドライバーは常に慎重な運転を心がける必要があります。
ただ、どんなに慎重な方でも、体調が悪い時には判断が狂いがち。

従って、タクシードライバーは日頃から体調管理が求められてきます。
転職の際の採用面接でも、健康面についてのチェックは、大抵行われます。持病があるかどうかや、飲酒の習慣などを質問される場合もあるでしょう。

タクシードライバーの仕事は、シフトによっては長時間に及ぶケースも出てきます。
こういった時に、きちんと仕事をこなせる体力があるかも、1つのチェックポイントになります。

タクシードライバーへの転職を考える時には、自分の体調や体力についても考慮しながら、応募するかどうかを決めていくのがベストです。

短時間のアルバイトが可能なタクシー会社もありますので、各社の勤務スタイルについてもじっくりと比較しておきましょう。

採用のネックになりやすい持病は?

タクシードライバーへの転職で不採用になるケースがあるのが、特定の病気を持っている場合です。

例えば、いつ発作が起きるか分からない重度の心臓病やてんかんなどを患っている方は、不採用になる可能性が高くなります。
こういった病気は、万が一発作が起きると意識を失う恐れがあります。安全な走行が出来る状態かどうかは、採用の1つの基準になるでしょう。

また、メンタル面の病気やアルコール依存症も、不採用になりやすい持病です。
その他、中高年世代に多い糖尿病や肝硬変といった病気が原因で、就業できない例も見られます。

糖尿病や肝硬変の方は、体力が低下しやすく、一般的に体調管理が難しくなります。業務によって睡眠不足や過労が生じると、万全の態勢で就業するのが困難になることも。

このようなタクシー運転手になれない病気(心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病など)を持っている方の場合は、まず医師や採用担当者に相談してみるのも1つの方法です。
業務をこなす上で支障がない病状であれば、医師の診断書を添付することで、就業が出来るケースもあるかもしれません。

隠し立てすることなく、迷った時には相談をするのが良い方法になるでしょう。

持病がある時に気を付けたいこととは?

どうしてもタクシードライバーとして働きたい方は、面接で実際よりも軽く病状を申告することがあるかもしれません。
こういった自己申告で、無事に面接を通過出来た、というケースもあるでしょう。

ただ、タクシードライバーに転職する時には、面接に合格しても健康診断がある場合が多いことを忘れてはいけません。

医療機関などで行われる健康診断では、勤務能力があるか否かがチェックされます。血液検査や画像検査などで、自己申告の内容と実際の体の状態が食い違っているのが明らかになってしまうと、その時点で問題になる恐れがあります。

自分では自信があっても、実際の診断結果で問題が出た、というパターンも考えられますので、自分サイドでも自身の健康状態を正確に見極めましょう。

1つのタクシー会社で不採用になった場合、物は試しのつもりで他の会社を受けてみる方もいるかもしれません。
しかしながら、タクシードライバーの採用の基準は大体似ていることが多く、健康状態が変わらないと他社でも働けない場合があるから注意するようにしましょう。

きちんと治療をして健康状態が良くなれば、タクシードライバーになれる可能性も出てきますので、面接やヒアリングなどでは採用担当者に正確な状態を伝えましょう。

生活習慣を見直して、採用の可能性をアップさせよう!

今後、タクシードライバーとして仕事をしていきたい方は、健康に気をつけて生活をするのが、採用率をアップするための1つのアプローチになります。
糖尿病や肝硬変といった病気は、生活習慣が原因となって発症するケースが少なくありません。

実のところ、運動不足や食生活の乱れ、過度の飲酒などは、このような病気のリスクを上げる要因です。
健康診断で、たまたま血糖値や肝機能の異常を指摘されたような時には、状態が悪化しないうちに早めに生活習慣を改善しておきましょう。

ストレスや過労も、生活習慣病を誘発する原因の1つ。メタボリックシンドロームや動脈硬化、睡眠時無呼吸症候群などは、糖尿病や肝硬変とも合併しやすく、要注意です。
タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣を意識すれば、中高年世代でも問題なく面接にパス出来る可能性がアップするでしょう。

生活習慣は、一度ついてしまうと中々改善が難しいことも。

将来、タクシードライバーの仕事に就きたい時には、毎日の健康管理を徹底するのが1つのポイントになってきます。
健康状態が転職の障害にならないように、生活習慣を整えていきましょう。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*