タクシー業界の99.9%は中小企業で最大手は日本交通。転職するなら最大手の日本交通がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー業界の99.9%は中小企業で最大手は日本交通。転職するなら最大手の日本交通がおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えている人にとって、就職する会社の環境と言うのはとても重要です。

自分が転職して良かったと思えるためにはしっかりとした環境が整った会社に就職する事が何よりも大切な事と言えます。

日本のタクシー業界の現状

現在日本には多くのタクシー会社が存在します。以前はタクシーの数量規制があったのですが2002年にそれが廃止され、業界への参入が容易となった事で多くの業者がタクシー業界に参入した結果、タクシーの数は以前より大幅に増えるという結果になりました。
しかし輸送人数は減り続けており供給過多の状態となった結果、2014年に改正タクシー特別措置法が施行され、再びタクシーの数が減らされているのが現状です。

タクシードライバーに必要なもの

タクシードライバーになるためには運転免許が必要となります。
転職する以前から仕事などで車を運転している人も多いので、この辺りがネックとなるケースは少ないですが、運転免許を所持していない場合は教習所に通う必要があるのである程度の出費が必要となります。

基本的に必要な資格と言えば免許くらいで、あとは健康な体とやる気があるかどうかくらいなので、他の業種と比べれば就職はしやすい部類には入ります。

タクシー業界への転職が人気なのもそういった面に魅力を感じている人が多いという事があります。

失敗しない転職をするためには

誰しも良い所に転職したいと考えている事でしょう。
しかし現実では転職先の待遇が悪くストレスを抱えてしまったり、体調を崩してしまったりといったケースが後を絶ちません。

そういった事のない様、転職で失敗しないためには就職する企業選びでおさえておくべきポイントというのがあります。

まずは給与が高いこと。
タクシー運転手にも苦労はさまざまありますが、それでも給料が良ければ頑張れるという面は大いにあります。
安い給料で大変な苦労をしなければならないとなると、モチベーションも上がりませんし効率の良い仕事をするというのも難しくなるでしょう。給与というのは良い仕事をする上でも重要なのです。

他にも労働条件の良い所というのも大事なポイントです。
長時間の労働は体調面に大きな影響を及ぼします。

ただでさえ車内で長時間の運転をする事になるので、事故や病気を防ぐという意味でも労働条件がしっかりとした所を選ばなければなりません。

こういった条件を満たす企業へと就職する為にはしっかりとした大手に入社する必要があります。
つまり転職で失敗しないためには最大手を選ぶ方が良いという事です。

最大手で働く事の魅力

最大手の日本交通を転職先に選ぶという選択は、新たにタクシー業界を志す人にとってはさまざまなメリットがあります。
中小企業や個人のタクシーの運転手で高収入を目指せるのは高い技能やアイデアを持っている一部の人に限られますが、最大手の日本交通であれば年収790万円を目指せるというのも大きなモチベーションへと繋がります。
もちろん相応の頑張りは必要ですが、努力次第で収入が上がるというのは大手ならではでしょう。

また福利厚生が充実しているというのも大きな魅力です。中小企業ではこういった福利厚生といったものはあまり期待する事が出来ません。
仕事に専念するためにも会社側からのサポートがあるというのはとてもありがたいですし、こういったものがあるからこそ効率的に仕事をこなせるようになるのです。

大手と呼ばれるタクシー会社は他にもありますが、大手四社の中でも圧倒的No.1は日本交通です。

大手であれば他でもそれなりに手厚い待遇が受けられますがやはり転職するなら最大手、日本交通がおすすめです。

転職を成功させ、これからの生活を充実したものにするため、転職先は良く考えて決めるようにしましょう。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*