東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職した未経験の初心者が成功するために大事な事

東京都内でタクシー乗務員に転職しても、始めのうちは、どうすれば稼げるか分からず、悩む人も大勢います。タクシー乗務員として成功を収めるために大事なことや、稼ぐための基本的なテクニックを具体的に紹介します。

安全運転が何よりも大切

東京都内でタクシー乗務員に転職した場合、最初は誰でも未経験ですので、分からないことだらけになります。そんな中でタクシー乗務員として成功するために一番大事なことは、「安全運転」になります。会社によっては、事故をしたとしても補償してくれるところもありますが、事故を起こさないに越したことはありません。将来的に黒タクシーの運転手や、ハイヤードライバー、個人タクシーとステップアップを目指すにしても無事故無違反は重要な条件になってきます。

また、無線での配車も事故を起こさないドライバーに優先的に回ってきますので、稼ぎにも大きく関わってくる部分だと言えます。東京都内は、道も複雑ですし、初心者のうちは見込み客を探すだけで精一杯になってしまい、安全確認を怠りがちです。安全に運転するためには、とにかく後ろの車に迷惑にならない範囲で、ゆっくり走ることが肝要です。他にも、合図をなるべく早めに出したり、急発進や急ブレーキは避けること、左折の巻き込みに注意するといった基本的な運転方法に忠実に従うことが大切です。

また、疲れていると、どうしても注意力が散漫になって、事故を起こしやすくなりますので、しっかりと睡眠や食事を取るといった健康管理も重要になってきます。

笑顔や、話し方にも気を配るのは重要

タクシー乗務員として少し慣れてくると、安全運転が段々と身に付いてきて、余裕が出てきます。タクシードライバーとして成功するための次の段階として、より質の高いサービスを目指すことが挙げられます。

タクシー乗務員としての仕事は、運輸業であるだけでなく、接客業でもあることを忘れないようにしましょう。
具体的には、お客さんに対して笑顔を心がけることや、基本的な挨拶をすること、ハキハキと喋るように努力することです。取って付けたような愛想笑いではなく、相手のことを不快にさせたくないという気持ちがあれば、どのように行動すべきかは自ずと分かるはずです。

休日などに、家族や友人を相手に接客技術を試してみて、技術を磨くのも良い方法です。技術を磨かずに、お客さんを怒らせてしまえば、会社にクレームとして連絡が入って指導を受けることになるでしょう。逆に良いサービスをして、お客さんから高い評価を受ければ、指名で予約が入ることになるかもしれませんし、そうならないとしても、会社からの信頼は厚くなり、無線での配車を回してもらえるようになったり、将来のキャリアアップにも有利に働くことになります。

先輩に分からないことは質問する

タクシードライバーとして成長するためには、自分自身の努力が肝要ですが、自分一人の力だけでは限界があります。先輩にわからないことは聞くという態度も、できるだけ早く成長するためには重要です。あまり色々聞いては失礼だとか思うかもしれませんが、頼られて嬉しくない人はいませんので、接客業の練習も兼ねて積極的に聞いてみることをお勧めします。もちろん、プライベートなことなどをただ闇雲に聞くのではなく、お客さんの情報や事務所からの無線の情報、乗り場や付け待ち場所の情報などを聞くようにすれば、自分自身の売上アップにも繋げることができるでしょう。近道や抜け道などの情報も役に立ちます。

他にもタクシードライバーとしての自分の悩みや問題点などを聞いてもらって、アドバイスをもらうこともできます。先輩も通った道ですので、きっと良いアドバイスをもらえるはずです。大抵の会社では、未経験の新入社員に研修を行なっていますが、なかなか同僚の先輩に質問しにくいという場合には、研修の時の教官に聞いてみても良いでしょう。先輩ドライバーと良い関係を築いておけば、事故やクレームの時なども近くにいれば助けてもらえるかもしれません。

稼ぐための基本テクニック

タクシードライバーとして最初のうちは特に、街中を流してお客さんを見つける「流し営業」が基本になります。流し営業では、いかにたくさんのお客さんを乗せるかが稼ぐための大きなポイントになります。回転率を上げるためにできることは、渋滞の少ない道を記憶しておいたり、車を上手に車線変更するなどコントロールして、なるべく信号待ちに掛からないようにすることです。

東京都内では特に信号が多いので、何回も信号待ちに当たると膨大な時間が取られることになります。他にも、お客さんを見つける集中力も重要になってきます。運転している間は常に、安全に注意しながらも、歩行者の動きに集中することです。ベテランドライバーになると、お客さんが手を挙げていないのに、車を近づけて乗せることもあると言われています。そこまでのレベルになるには時間がかかりますが、歩行者の動きに集中していくうちに、そうした能力を身に付けていくことができます。

また、1日の終わりには、その日の営業を必ず振り返って、売上が伸びたにしても減ったにしても、その理由を分析する習慣をつけるようにしましょう。そうすることによって、売上の伸ばし方や、避けた方が良い営業の仕方を自分の中で蓄積していくことができるようになります。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*