東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

東京都内でタクシー乗務員への転職を考えている人必見!稼げる人と稼げない人の違い

タクシー乗務員の給与体系は、固定給と歩合給の合計となっており、年齢によらず頑張った分だけ自分の稼ぎも上がる成果主義なところがあります。年に300万円も稼げない人がいる一方で、その倍以上の収入がある人もいるのです。この違いは一体どこからくるのか紹介していきます。

働く意欲や勤務体系が違いを生む

東京都内のタクシー乗務員の平均年収は約400万円となっていますが、前述のように個々の収入に大きな幅があるのは、ドライバー自身のやる気によるところが大きい傾向にあります。ドライバーの平均年齢は55歳程度と高く、中には年金受給者もいるので、生活が成り立つ程度に稼げるのならばそれで良いという人も多く居ます。タクシー乗務員は稼げない仕事という訳ではなく、稼ごうとする意欲の差が収入に表れやすいのです。そのため、働く意欲のある若い従業員や転職者の収入の方が良くなることも珍しくありません。

また、勤務体系によっても収入は大きく異なってきます。これは、昼間に仕事をする日勤と、夕方から深夜にかけての夜勤、丸一日仕事をして一日休む隔日勤務の3種類に分けられます。体への負担を考慮しなければ、他の交通機関が止まり料金が割り増しになる、夜間の稼げる時間帯に集中して働くことのできる夜勤が、最も稼ぎが良いでしょう。体調が心配であれば、月の2/3程度が休みになる隔日勤務も、夜間の営業ができるので比較的安定した収入が見込めます。ほとんどのドライバーが採用している勤務体系で、休みも多く効率的に稼ぐことができます。

所属するタクシー会社によって収入に差が出ることも

東京都内には中小企業から大手まで様々なタクシー会社があります。それぞれに、所属することによる長所と短所がありますが、収入面で考えれば中小よりも大手の方がより稼ぎやすい傾向にあります。

大手タクシー会社は都内に愛用している乗客も多く、そこのタクシーにしか乗らないという人もいるほどです。特に大日本帝国と呼ばれる東京の最大手4社は、特定の会社のみが使用できる専用のタクシー乗り場も多く、ドライバーが乗客を見つけやすくなります。加えて法人との契約も多く、その企業の顧客やお得意様が移動・帰宅時に無料でタクシー利用できる、タクシーチケットの契約をたくさん持っていることも強みです。このサービスは企業側がタクシー代を払い、実際に利用する乗客はお金の心配がないので、より長距離コースになるなど利用料金が高くなりやすく、客単価の上昇につながります。また、独自の配車アプリを開発している会社も多く、円滑な営業が可能です。

その一方で、大手のブランド故に乗客の見る目は厳しいことが多く、些細な事で苦情が入ることも少なくありません。この点、中小企業の方が自由度が高く、収入は劣るかもしれませんが比較的気楽に働けるでしょう。

乗客の見極めも重要なポイント

2017年1月に、都内のタクシー初乗り料金が730円から410円に引き下げられました。このことからも、乗客数を増やすだけでなく、いかに高単価の客に乗ってもらえるか、つまり長距離を移動する乗客を多く獲得できるかも重要になってきます。これが稼げる人と稼げない人の収入差に如実に表れるのですが、人・場所・時間の3点を押さえれば比較的見極めが楽になります。

まず、どのような人が多く支払ってくれるかを考えます。学生や主婦では遠出をすることはあまり考えにくく、高額を支払う可能性も高くありません。これに対し、お金持ちや、会社の経費としてお金をある程度自由に使えるサラリーマンは高単価な傾向にあります。

次に、そのような人が多く居る場所で営業することが大切になります。多くの企業が軒を連ねる港区や中央区、千代田区の中でも、赤坂や銀座、八重洲や丸の内、日本橋といったオフィス街付近が狙い目です。また、会社のエントランス側よりも、裏道に回った方が社長や幹部を乗せる機会が増えるでしょう。

最後に、時間帯としては出勤時の早朝と仕事終わりの深夜が稼ぎ時となります。遅刻しそうで急いでいたり、終電を逃し楽をして帰りたい人を乗せれば収入も上がるはずです。

ハイヤーの運転手になることも手段の一つ

タクシーの営業では、常に金払いの良い乗客を見つけられるわけではないので、収入はあまり安定しません。安定した収入を希望していたり、乗客の見極めが苦手な人は、専属ドライバーとしてハイヤーを運転するのも選択肢の一つとなります。

どちらも乗客を無事に目的地まで送り届ける仕事ですが、ハイヤーの場合、役員などより重役の方を会社に時間通り到着させる必要があります。よって、運転能力や周辺地理の理解、接客能力が必要になるため、これらについての教習や試験を行うタクシー会社も存在します。以上のように求められるものも多いですが、勤務時間に無理がなく安定した収入が見込め、全体の給与平均もタクシードライバーより高くなっています。最初のうちは、冠婚葬祭や会食、ゴルフなどの送迎で経験を積み、会社役員や社長の通勤などで定期的な送迎を行うようになります。専属ドライバーに指名されるようになると、特定企業の役員車の代用として、同じ乗務員と車両で送迎を任されます。

上記のように、専属となるための道のりは長いですが、タクシー乗務員としてある程度経験のある方であれば転職も視野に入れてみると良いでしょう。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*