タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

タクシー乗務員への転職は、断然東京都内がおススメ!そのメリットとデメリットは?

転職市場として人気のあるタクシー業界ですが、特に東京都内のタクシー乗務員になるとメリットが沢山あります。給与面も良く、ライフワークバランスもとりやすい、想像以上の高環境が見込めるタクシー乗務員のメリットとデメリットを見ていきましょう。

年収一千万も夢じゃない!?

タクシー乗務員の給与体系は、基本的に歩合制です。よって、年齢や経験に関係なく高収入が見込めます。一般的なサラリーマンでは、新卒組と転職組で給与体系やキャリアプランが違うケースも見られますが、タクシー乗務員ではそういったことも無く、自分の実力次第でいかようにも給与アップ・キャリアアップが可能です。

特に東京では人口が集中しているため、タクシーの需要も比例して高く、稼ぎやすさも断然高くなります。手取りで月収35万円以上もらえる、年収500~600万円のドライバーも少なくありません。タクシー業界の給与は「安い」というイメージを持たせるデータも多いですが、実際はそんなことはありません。年収平均が300万円前後と言われていますが、年金をもらいながらドライバーをしている人や、副業として勤務しているドライバーも含まれているためこのような結果になっています。

モチベーションの高い方は、年収800万円~1000万円近く稼ぐ方も少なくなく、大手企業のサラリーマンに勝るとも劣らない高収入を得ています。転職してすぐにその高収入を得ることは難しいですが、自分の努力次第ではしっかり稼ぐことのできる夢のある職場です。

休日が多くプライベートが大充実

近年、ライフワークバランスを重要視する方も増えてきていると思いますが、タクシー乗務員は最もライフワークバランスの取りやすい職業の一つです。勤務体系にもよりますが、基本的には1日通して勤務をし、その翌日は休日になるという隔日勤務が取られています。ということは、月の半分は休みということ。

デメリットとして1回当たりの勤務時間は少々長くなりますが、休みが多い分、家族との時間や自分の趣味の時間は間違いなく充実するでしょう。
また、シフト制のため隔日勤務も絶対では無く、平日・週末・短日休み・連休と休みを使い分けられるので、スケジュールもフレキシブルに調整ができます。

都内の大手タクシー会社などでは、短時間勤務も採用していて、子供を持つ女性や、家庭の事情でフルタイムで働けない状況になっても仕事を続けやすい環境ができ始めています。人生、いつ何が起きるかもわかりませんし、どんな状況でも安定して働ける体制が整っているのは嬉しい点です。

有給休暇なども他の職種に比べて気兼ねなく取りやすい環境ですが、休みやスケジュール調整に関しては会社によって様々なので、ご自身に合った福利厚生のある会社を選ぶことが重要です。

キャリアプランが明確!頑張りやすい環境

タクシー乗務員はキャリアパスが明確なので、自身のキャリアアッププランが立てやすく、モチベーションも上がりやすい傾向です。主な方向性として、観光や介護に特化したエキスパート・ドライバー、ハイヤー乗務員や役員付き運転手、個人タクシー、運行管理者などがあり、一般企業のサラリーマンに比べると、非常にシンプルで自分の今やるべきことが明確です。勤務年数を経て、すべてを試しながら自身の可能性をさぐることも可能ですし、はじめから目標を持ちその道のプロフェッショナルになることも可能です。

研修制度が充実している会社も多いので、選ぶ会社によっては給与をもらいながらスキルアップすることもできます。タクシー業界は、会社組織であっても上下関係やつきあいが少ない分、キャリアアップに対しても他人への遠慮が少なくて済みます。余計なことを考えずに、自身のキャリアプランに対して真剣に考え、集中して取り組むことができる環境のため、己との闘いに勝つことができれば、素晴らしい環境や結果を作り出すことができるでしょう。

定年退職も無く、生涯働ける環境なので、自分にとって一番魅力的な環境を作れるでしょう。

今後さらなる展望が見込めるキャリアパスは?

東京都内のタクシー乗務員に関して、観光タクシーや介護のエキスパート・ドライバーは今後さらなる展望が期待できるでしょう。日本全体は現在超高齢化社会と言われていますが、若者が多いイメージのある東京も同様です。急速に高齢者が増えるとともに、必要となってくるのが介護の人材。介護の人材や介護タクシーが足りないと言われている中、タクシー会社によって行われる高齢者や体の不自由な方のお出かけをサポートするサービスは、ますます需要が拡大するでしょう。

観光タクシーに関しては東京オリンピックもあり、日本に来る観光客も年々増加傾向にあるため、こちらも安定した客数が見込めます。介護のエキスパート・ドライバーになるためには、介護職員初任者研修、普通救命技能認定(AED)のスキル、観光タクシーの乗務員になるためには東京シティガイド検定やその他研修を受けるなど、会社によって必要になってくる資格等ももちろんあります。

しかし、興味のある内容であれば、仕事をしながら資格をとったり、それがまた自身のキャリアアップ、収入アップにつながるというのは、前向きに仕事人生を過ごしていく中で大きなメリットになるのではないでしょうか。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*