40代からの再就職はタクシー運転手が挑戦しやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40代からの再就職はタクシー運転手が挑戦しやすい

「会社が倒産した」
「解雇されてしまった」
「体調を崩して職を一度失ってしまった」

タクシードライバーへの再就職を考えている方の事情は人それぞれだと思います。 再就職を検討しているのと同時に、40代、50代でも再就職できるのか、家族を養えるだけのお金を稼ぐことができるか等の不安も同時に抱えていると思います。

タクシードライバーの平均年齢

タクシードライバ―は、40代でも採用されやすいかということは、その平均年齢が50代の後半ということから考えられます。この平均年齢を知っただけでも、再就職にあたって年齢がそれ程重要ではない事がわかると思います。
また平均年齢が60歳を超えた都道府県もあります。そのため40代はタクシー業界においても平均より若い年代となり、応募したら喜ばれる年齢層と言えます。安心してくださいというのは変かもしれませんが、タクシードライバーとして本気で働く覚悟があるのでしたら、年齢はそれ程関係ありませんし、収入もそれなりには稼ぐ事はできます。

40代でのタクシードライバ―としての適正

タクシーの利用者は若年者は少なく、年齢と共に利用率が高まる傾向となります。そのため年配の利用者の接客はある程度社会経験がないものを言います。その点で、40代は社会経験を十分に積んでいるため、その経験を活かした接客ができるというポイントがタクシー業界で評価されやすい理由の一つです。そして40代は全年齢層の中で最も事故率が低い年齢のため、安全運転できる主力の世代といえます。

家族を養えるお金を稼げるのか

タクシードライバーの平均年収は、約300万円。ただこの数字は全国の数字になり、年金を貰いながら働いている方も含まれています。また、地方と都市部でも年収は大きくことなります。 人口の少ない地域では、年収200万円~300万円の場合もありますが、東京でしたら真面目に働けば年収500万円~600万円を稼ぐことも難しくありません。個人タクシーとして働いてる方の中には、年収1千万円以上稼ぐ方もいます。

そのため、結局はどれだけ本気でタクシードライバーとして働くかによって年収は大きく変わってきます。地方に住んでいる方でしたら、寮や社宅のある東京のタクシー会社に転職して働いた方が稼げる可能性は大きく変わります。
他のタクシードライバーとの人脈を広げる努力して穴場を教えて貰ったり、日々の仕事を通してお客を乗せやすい地域・時間帯の情報を集めて行く事を心掛けるのも大切です。

タクシードライバーの働き方は、雇われサラリーマンというよりも、自営業として売上を上げる程に給料が貰える特徴があります。したがって、稼げる人は稼げますし、努力をしない人は全く稼げないと思った方が良いです。ただ、サラリーマンと違って、結果が給料に明確に反映されるので、仕事に対するやりがいを持てやすいでしょう。

タクシードライバ―と40代

タクシーの仕事っていうのは家族を持ってる人だと少し大変と言うのが実感です。やはり深夜の仕事なので昼間は寝るしかありません。家族とは全くのすれ違い生活になります。小さいお子さんがいる家庭ならばちょっと厳しい試練の場合もあります。
そして大きな事故を起こすかわからない、という不安感を家族に与えてしまいます。出来る事なら明るい昼間の仕事に就けた方が円滑に事が進むということです。そのため体力面と勤務体制がきちんと自分に合っているタクシー会社を選ぶことが重要となってきます。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*