英語や中国語のスキルも活かせるタクシードライバーの仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語のスキルや中国語のスキルを活かして仕事をしたいという人が増えています。広くとらえると、たくさんの仕事があります。ただ、自分がどのようなスキルを活かしたいのかによっても就くべき仕事が変わってくると思います。今回は、英語や中国語等の外国語を自分の思うように活かして伸ばしていくにはどうしたら良いのかを考えていきたいと思います。

外国語はツールでしかないという認識を持つ
英語のスキルや中国語のスキルを活かして仕事をしたい人は、この認識が無い人が多いです。例えば、英語が話せるというだけで製品知識や交渉スキルが無かったとしたら使い物になりません。英語が話せるから、他が何もできなくても英語を活かせる仕事に就いたら成功出来るというのは残念ながら、今の世の中ではほとんどありません。昔は、外国語ができる人が少なかったこともあり、それだけで重宝されるところがありました。今は、外国語を使って何ができるのかがポイントになることが多いようです。ちなみに、「私英語できるんです」という雰囲気を出しすぎると、日本の職場ではあまり良い顔をされないことが往々にしてありますので注意が必要です。本当に出来る人は、あまり自分から誇張することはありません。

外国語のどの力を伸ばしたいのか
これから仕事を通じて外国語のスキルを学んでいきたい人にとっては、外国語のどのスキルを伸ばしたいのかを明確に考えておくと良いです。それは、書く力なのか話す力なのか、読む力なのか。話せるように、コミュニケーションが取れるようになりたい人が、英文事務等の仕事でひたすら経験を積んでも、多くの場合は遠回りになってしまいます。

ネイティブスピーカーではない人の方が多いという事実
世の中には、自分と同じようにネイティブスピーカーではない人が外国語として英語や中国語を話しているケースが多いです。特に、アジア地域を相手に仕事をしていくことが多くなっていくと思います。自分が思い描いていたネイティブスピーカーとの仕事、というケースはそれほど多くないかもしれません。金融、IT、教育、サービスに至るまで、人口が多く発展途上のASEANをビジネスチャンスとしています。ネイティブの方以外と外国語で話をした経験や話を聞いた経験がどれだけあるでしょうか。インドや、ベトナム、中国の英語は、アメリカ英語に耳が慣れていたとしても、上手く聞き取ることができないという声をよく聞きます。発音、文法も気合でぶつけてくるので間違っていることも多いです。意思疎通ができてコミュニケーションが成り立てば関係ないという認識をもっている人も多いのです。本当の意味で国際人になりたいという方は、いわゆるアメリカ英語・イギリス英語だけでなく、もっとたくさんの国籍の人が話す英語を聞いてみる経験が必要になってくるでしょう。

タクシードライバーは英語や中国語のスキルも活かせる仕事
前述のように、様々な人と話す経験が本当の意味で国際的な人材を創ります。タクシードライバーは、意外に思われるかもしれませんが英語や中国語のスキルも活かせる仕事です。近年、都内を訪れる訪日外国人はどんどん増えています。もちろんその中には、ネイティブスピーカーの方ばかりではありませんし、時には日本について色々な事を聞かれることもあるでしょう。そういった、生活に密着した活きた外国語を話していくことが経験になります。また日本交通池袋なら、観光ドライバーという道もあります。予約のあった旅行の方を、スキルがあれば外国語でおもてなしをすることができます。想い出に残る一日を創って感謝の言葉を頂けた時には、本当にやりがいを感じるそうです。日本交通グループでは、働きながら介護・福祉に関する資格や東京シティガイド検定などの資格も取得することができます。また、そこで得られた運転スキルや接客スキルは一生モノです。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*