タクシードライバーは、土日休みは取れるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーは、土日休みは取れるの?

未経験からタクシー会社でタクシードライバーとして働きたいけど、世間的なイメージから”お休みってきちんととれるの?” “休日ってどういう仕組みなってるの?”という不安はあると思います。

タクシードライバーのお仕事は、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や勤務日を選ぶことが可能です。
一見、制約が厳しそうな職業に見えるかもしれませんが、実は自身の時間を有効に使うためには、最適な職業と言えるのです。

タクシードライバーの勤務形態とは

代表的なものは3つに分けられています。

≪日勤形態≫
通常のサラリーマンと同じ、9時に出勤して夕方頃まで働く勤務形態です。
昼間の運転がメインとなるため安全確認がしやすく、道を覚えやすい点がメリットです。
生活リズムが崩れにくいため、タクシードライバーになりたての未経験の方はあまり道を詳しく覚えられていなかったり、ビジネスマン相手の接客が上手な方は、日勤での勤務を行っていることが多いです。

≪夜勤形態≫
夕方に出勤をして、翌朝まで仕事をする勤務形態です。
繁華街を中心に、駅のロータリーでお客様をお乗せしたり、お店の固まっている周辺を流しながら
帰路につくお客様をお乗せしたりするのが基本となり、人通りの多い道を運転する必要があります。
また泥酔しているようなお客様も比較的にお乗せすることも多いため、安全運転はもとより、どのような状態のお客様でもコミュニケーションが取れることが大切となります。
そして夜に勤務することもあり、仮眠時間が設けられているケースもありますが、自分で健康面に気を使うことが求められます。

≪隔日勤務≫
隔日勤務は、朝に出勤して夜中まで仕事を続ける勤務形態です。
長い時間働くことになるため、体力や事故を起こさないための集中力が求められますが、一方で長い休みがとりやすくなるのが特徴と言えます。
通常は、20日前後出勤するのが求められるの対し、隔日出勤は10~13日程度の出勤日数でよいので、長期休暇が任意で取得しやすいのと自分の時間が自由に使えるのが魅力です。
他の職業ではあまり見かけない勤務形態ですが、タクシードライバーの中では珍しくない出勤形態となります。

主婦や資格取得を目指している人にも勤務できる勤務体制

シフト制勤務は決められた曜日に休むのでなく、自身の希望や会社の都合によって、その月や週の休みを決めることです。タクシードライバーは、土日でもお客様が必要とする職業のため、大半のタクシー会社ではシフト制の勤務を採用しています。そう聞くと、子供を抱える女性の場合は、タクシードライバーになることは難しいのではないかと思っている方も多いでしょう。

しかしタクシードライバーのシフト制勤務は、他の業界のシフト制に比べても柔軟性に優れていて、自分の休みたいときに休むことができるのが特徴です。実際にシングルマザーの方で働いている方もいます。また、タクシードライバーの仕事以外の夢があるという方も多く働いています。それはドライバーとして働くことで収入の確保が出来て、プライベートな時間を資格取得や夢を実現するための準備に充ててることが出来るからです。休日を増やしたり、連休も取りやすいため仕事と夢の追求の両立が可能になります。

結局のところ、土日休みをとるには?

もし土日休みにこだわるのであれば、土曜を明休み、日曜と月曜が公休。いずれにしても隔日勤務で全ての土日休みは無理だと思います。残る方法は日勤かナイトで勤務し、カレンダーによっては何日か土・日出勤をするかだと思います。あとは数は少ないですが、土日休みを打ち出しているタクシー会社もありますので詳しく調べてみると良いでしょう。ただ土日休みがなくても、タクシードライバーの仕事の良さはどれも、自身の働きやすさや休みをどのように取りたいかによって選べます。通常の会社では土日や祝日の休みが一般的ですが、休みになるとどこの観光地や行楽地は混んでいる現状です。

また公的期間や金融機関も土日はやっていないところが大半ですが、平日だと困ったときにすぐ利用できます。そういった点で、逆に平日にお休みを取れるというのは意外とメリットがあるといえます。土日休みが良いか、平日休みが良いか、自分の生活リズムや趣味などと相談しながら考えましょう。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*