タクシー運賃を見てから、乗車が可能に!アプリ使い2017年度実験へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシーアプリ、実験の概要
近い将来、タクシー運賃を見てから、乗車が可能になるようです。その実験が、来年度行われることが明らかになりました。この仕組みは、スマートフォンでタクシー予約をする「配車アプリ」をもとに、現在地や目的地を入力し、運賃を自動計算するというものです。利用者は、金額を見てから、利用するかどうかを決められるようなり、タクシーに対する不安感を払拭する等の狙いがあります。サービスは配車を依頼する場合でも、路上で走っているタクシーを拾う場合でも利用できるようにします。
タクシー運賃は、乗車時間、距離をもとに決まりますが、渋滞などが懸念事項であったりします。同じ区間で、運賃に大きく差が出てしまうこともあり、従来の運賃計算等では対応できなかった部分があります。今回の実験では、渋滞情報やGPSなどを利用して現実に近い金額を自動計算できるようになる予定だそうです。画期的なのが、メーター運賃と比較して安い方を最終的に選べる仕組みも検討されているのだそうです。ちなみに、利用するタクシーアプリはタクシー会社ごとに異なる物を利用するのではなく、複数の会社が共通で利用できるタイプを考えているそうです。

タクシー運賃、値下げについて
東京のタクシーの初乗り運賃は、現在の730円から410円へと引き下げられました。国土交通省によれば23区と武蔵野市、三鷹市のタクシー会社のほとんどから新運賃への変更の申請があったそうで、これから具体的な手続きに入りますが、今年末には都内のタクシーは新料金へと変更になる見込みです。この料金体系の変更で、タクシーの利用は変わるのでしょうか。想定されることとして、今回の料金変更でタクシー業界の抱えている課題を解決しそうという見方が強いです。現在、タクシー業界で課題とされているのは、 まずタクシー台数です。登録制になったため全体的に台数が増加し、その状態が続いています。供給が多くなり、競争が激しくなるような構造です。 一方で、利用者の節約志向は強くなってきているので、一昔前を比較するとタクシーには空車が目立つようになっています。タクシーの競争激化により、以前よりは実車率が低い状態であるというのが現在のタクシー業界の抱える課題です。
初乗り料金が値下げになることで、タクシーに乗車しなかった層のお客様を取り込むことができるようになります。特に、短距離の料金が安くなるので、短距離でも気軽に利用するお客様が増えて、タクシー利用のハードルが下がることでしょう。

タクシー運賃を見てから乗れるメリットとは
日本のタクシーの料金は、実は諸外国と比べて高いといわれています。2020年に向けて、外国からのお客様の需要を積極的に取り込んでいきたいという狙いもあり、気軽にタクシーを利用できる環境整備に乗り出しています。日本周辺のアジア諸国では、タクシー料金がとても安い国が多いです。ただ、日本のタクシー料金は高く、知らない土地等に行った時もどれぐらいのタクシー料金になるか不安になるときがあると多くの人が言います。今は、空港を利用する時の定額タクシーがありますが、このようにどこへ行くにも事前に料金が確定されていれば、乗車するお客様は安心できます。

タクシーの未来
タクシーの運賃が値下げしたり、事前に運賃が分かって身近になると利用者も増えます。そうなった時に、競争に勝っていくタクシー会社は、どのような会社でしょうか。やはり、時代についていける柔軟さや品質が安定して高いタクシー会社なのではないでしょうか。日本交通グループ、日本交通池袋なら、7年連続グループ売上ナンバー1で、常に革新的なサービスを打ち出し続けています。タクシーの未来に向けて、進化していくタクシー会社が良いですね。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*