タクシードライバーの給料形態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバー給与形態

「タクシードライバーの年収は実は高い!」という話を良く聞きませんか?

本当なの?広告じゃないの?
と疑問に思う方も多くいらっしゃるかと思います。

今は、広告の法律がとても厳しいため誇大広告になるようなものはできなくなってきたため、基本的には全て本当だと思って良いと思います。
もちろん、それがあなたにもできるか、一定数の条件があるかは確認が必要です。

高い年収を作るための、月収・月給と、給与のもらい方を知りましょう。

タクシードライバーの給料形態を教えてください!

タクシードライバーの給料体系は歩合制が基本となります。
その中でも完全歩合制なのか、給与保証+歩合給なのか、また歩合給がなく固定給が基本でボーナスやインセンティブがついてくるのかなど体系が変わります。

実は上記のように、この「歩合制」の中にも「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」と、いくつかの種類があります。

この給料体系の意味と解説を以下にまとめましたので参考にしていただければと思います。

A型賃金とは?

固定給+歩合給+賞与

「基本給」+「手当」などの固定給+歩合という形態です。営業系の職種では、よくある給与体系だと思います。

手当の中には、住宅手当や家族手当などの手当金があり、各社毎に内容は異なります。

月収の内訳に固定給があるため、一定数の給与はもらえるという安定した働き方でもあります。
固定給に加え、「歩合給」も支給されるため稼げる環境でもあります。

固定給があるため、他の「B型賃金」「AB型賃金」に比べて歩合率が低く設定されている場合も多いです。
変わりに「固定給」の部分が年々昇給することも多いため、会社全体の売上が高ければ自身の給与も安定して上がっていきます。

安定した給与をもらいたい方には、ベストな賃金体系と言えます。

B型賃金とは?

完全歩合

「A型賃金」は完全歩合給の働き方です。

他の賃金体系の中でも、ダントツに歩合率が高く、いわゆる稼いだら稼いだ分だけ自分の取り分が大きく上昇する給料体系です。
一番稼ぎやすい給与体系とも言えます。

「A型賃金」・「AB型賃金」のようにボーナス制度が無いかわりに、毎月の売上が自身の給与に直結します。
「営業収入」×「歩合率」がもらえるお金です。

この働き方は、合っている人にはこれまでの年収の2倍3倍を多くもらえる環境にも変えることができますが、自身のがんばりがなくなるとその分給与も下がってしまうためモチベーションの維持が必要です。

AB型賃金とは?

A型+B型の給与体系

歩合給ではあるが賞与がある賃金体系です。
毎月の給与支給額から一部を会社に預け、3ヶ月や半年ごとに賞与として支払う形式の賃金体系です。

今のタクシー会社にもっとも多く取り入れられている給与体系で、「A型賃金」と「B型賃金」を合わせ、固定給部分、歩合給部分をそれぞれ給与計算をし、それらの合計額と最低賃金額を比較し計算します。
この金額をもとに積立金とし、ボーナス・賞与として支給します。

積立する割合は月間の売上によって定められています。 売上の50%が給料として支給され、10%~15%が賞与として積み立てられるという、たくさんの社員を抱えるタクシー会社の社会保険料負担を軽減する効果があると言います。 毎月、必ず積立がされ、いずれまとまって返ってくるため、貯金や貯蓄として考えられていることが多いようです。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*