タクシードライバーへ転職する時の面接マナー 面接の前にできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
面接

どんな仕事を始めようと思っても、
必ずと言っても良いほど、面接はありますよね。

基本的にタクシー会社でもどこでも面接におけるマナーは変わりません。

特に接客サービス業であるタクシードライバーは、身なりや物腰、話し方などをを厳しくチェックする会社も多くあります。

「誰でも受かる」
はもう、古い考え方です!

しっかりと対策をして、希望の仕事に就きましょう。

タクシードライバーへの転職 面接のポイント

1. 面接時の服装は、スーツやジャケット着用すべし!
※どうしてもスーツなどを揃えるのが難しい場合は、面接前に事情をお話してから、面接に向かいましょう。

2. 運転経歴書を事前にチェック!
運転をするのが基本となります。お客様を乗せるので、安全運転に心がけている人を採用する傾向にあります。事故、免許の点数なども採用基準の一つです。

3. 転職回数や、前職での働き方をまとめる!
面接時には必ずと言って良いほど聞かれる項目なので、事前にメモや履歴書にまとめておきましょう。

4. 未経験者歓迎!
やる気を重視なところが多いので、自身のやる気をしっかりとアピールしましょう。

5. タクシーは接客業。面接中の言葉遣いや仕草もチェックされている!
服装だけでなく、話し方や話の聞き方も採用のポイント。事前に好印象に思われるコツをつかみましょう。

面接中の仕草や言葉遣いは、合否に影響します。
サービス業やお客様と接するため、常識をもった最低限のマナーも守れない人は、乗務開始後にも同じような態度を取ってしまうだろうと推測されてしまうからです。
面接の時にわざと和やかな雰囲気やフランクな話し方、反対に圧迫した面接を行い、対お客様との接し方を見る面接担当の方もいます。
打ち解けるの大切ですが、横柄な態度を取ってしまったり、あまりに萎縮してしまうようでは、実際に働くことは難しいと判断されてしまいます。緊張感を、誠実な受け答えをすることが大切です。

履歴書・職務経歴書を用意しよう

履歴書と職務経歴書もあなたをを判断する重要な要素です。

履歴書と職務経歴書の内容はもちろんですが、まずはしっかりと用意していることや、
読みやすく、丁寧に書かれた文字であるか、誤字脱字がないかが重要になります。

事前に書類送付が必須の場合は、特に読みやすい字と誤字脱字には注意しましょう。
あと、写真貼り付けや空欄がないことも重要な要素の1つです。

履歴書だけでも、採用担当の方に「会って話したい」と思っていただけるよう丁寧に対応しましょう。

書類選考に通過したら、履歴書と職務経歴書を元に面接時に聞かれますので、しっかりとコピーを取り、面接前には読み直すことや、事前に面接に持参しても良いかもしれません。準備を怠らない姿勢は良いポイントですよ!

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*