都内のタクシードライバーってどれくらい稼げるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
稼ぐドライバー

タクシードライバーの中でも稼げる人、稼げない人がいます。

もちろん、タクシー会社に限らずどんな仕事でも向き不向きやタイミングがあるので、どんな人にもチャンスはあります。
タクシードライバーがどうやってお金をもらっているか。どうやって稼いでいるか、給与の基準になるものを知りましょう。

いくら稼げるの?

タクシードライバーの給料を考えるときによく言われるのが平均営収(へいきんえいしゅう)です。

タクシードライバーの多くは歩合制での給与スタイルです。

固定給ではないので、「いくら稼ぐことができるのかわからない」という気持ちが転職する時には不安になります。

平均営収(へいきんえいしゅう)ってなに?

いわゆる営収(えいしゅう)と呼ばれるものです。

東京都内の平均営業収入は、東京特別区は約47,000円、東京都の特別区外エリアで約44,000円です。

もちろん、100,000円を超える営収の人もいるし、
低い人は730円や2,000~3,000円の時もあります。

上記を含めて、全ての平均なので「目安」としてとらえてください。

効率良く稼ぐには?

「乗車いただく回数をできるだけ増やす」こと。

お客様にご乗車いただかないと営業が始まりません。

駅に付けて時間を浪費したり、
どこかに車を止めて寝たりサボったりしていたら営収が上がらないのは当然のことなんです。

もちろん、営業回数を上げるために努力は必要ですし、適当にやっていてできることではありません。

お客様にご乗車いただく回数をしっかり増やしていれば売上を上げることはできます。

業界最大手 日本交通で働こう

年収例は790万円
給与保証は40万円(3ヶ月)

日本交通では安定して、働ける環境を用意しています。

安心して働ける企業で、しっかり稼いでいきましょう!

採用情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*